Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† 導入 †
序章
ゲームの目的
用語の解説


† 妹キャラクター †
キャラクター作成の基本
組織


クラスデータ

 (0) 愚者/ドジっ娘
 (1) 魔術師/技術者
 (2) 女祭/メイド
 (3) 女帝/癒し系
 (4) 皇帝/高貴
 (5) 法王/チャネリング
 (6) 恋人/リリカル
 (7) 戦車/ボーイッシュ
 (8) 力/ケモノっ娘
 (9) 隠者/一匹狼
 (10) 運命の輪/来訪者
 (11) 正義/委員長
 (12) 吊し人/人間不信
 (13) 死神/過去の旅人
 (14) 節制/関西
 (15) 悪魔/ギャル
 (16) 塔/病弱
 (17) 星/無邪気
 (18) 月/コンビ
 (19) 太陽/外人
 (20) 審判/ロボ
 (21) 世界/実妹


† 判定システム †
判定
萌え戦闘
選択ルール


† ゲーム進行 †
ゲームの全体像
セッション
シーン

 ・キャンペーン
 キャンペーン
 PCの変化


† マスターセクション †
兄とシナリオの作成
因子共鳴のリスト
兄のハンドリング
サンプル兄キャラクター


† チャート †
秘蹟の一覧
因子共鳴のリスト
サマリー


判定

判定とは?
PCはシナリオ中、様々な状況と遭遇します。たとえば、担任教師をなじるとか、ライバルの腹を殴るとか、うわばきに画鋲を入れるとかです。判定とはそういった状況で、PCが上手に対処できたかどうかを知るための方法です。
もちろん、(大事な!)妹術による攻撃の成功不成功も、この判定で行われます。


判定(ロール)の方法

判定のやり方は簡単です。
式:判定に関連した能力値+2d6≧難易度
これだけです。

能力値と判定の関係は以下のようになっています。
技術:手先や身につけた技術を表す数値です。何らかの技術的行為、工作や家事、捜査などが成功したかどうかの判定に用いられます。
感情:精神の豊かさを表す数値です。説得や優しさなどが効果を及ぼしたかどうかの判定に使われます。
肉体:身体的能力と身体の美しさを現します。単純な運動能力の成功判定に用いられます。
天与:コネや遺産、運などの本人の資質とは無関係の判定を行います。運がいいか悪いか、知り合いが豊富かどうか、遺産やアイテムを豊富に持っているかどうかなどの判定に用いられます。


墓穴
ロールの際に、純粋にダイス目だけの合計(通常は2d6の部分です)が自分の「きゅんかるま」の数値以下になってしまった場合、そのロールの結果は「墓穴」と呼ばれる状態になってしまいます。「墓穴」は大失敗の一種ですがコミカルな結果で、自業自得の事態になります。PLもしくはGMは「墓穴」を描写してください。「墓穴」が発生した場合、ドキドキテーブルにある墓穴の数値だけ、自分のDPが増加してしまいます、そして即座に「きゅんかるま」が1点低下します。
墓穴は、「きゅんかるまによりダイスの増加ができる判定」のロールで発生します。


「きゅんかるま」による成功度増加
ほとんどずべての判定ではロールする前に宣言をすれば、通常は2d6であるダイスを増やすことが出来ます。PCは「きゅんかるま」を1増やす代わりに、ダイスを一個増やすことが出来ます。この方法で増やせるダイスは一回のロールにつき3個まで、つまり合計5d6までしか振ることは出来ません。きゅんかるまの上限が10点ですので、10点を越える様な使用は出来ません。
きゅんかるまでダイスを増やすことが可能なのは、萌え攻撃の成功判定、その防御判定、登場判定、一般判定などです。また、増やすことができないのは抵抗判定、墓穴のダメージ決定などです。


対抗ロール
セッションを進めるうちに、二人のキャラクターが競うような判定に出くわすことがあるでしょう。たとえば、どちらが先に目的地に着くかのランニング競争や、隠れたキャラクターと見つけるキャラクターの競争などです。
こういった競争を解決するのが対抗ロールと呼ばれる、特殊なロールです。
もちろん、萌え攻撃の命中、もしくは回避といった局面も、この対抗ロールで決着をつけます。
対抗判定時は、参加するキャラクターがそれぞれ該当の能力値で判定を行います。ロールの結果がもっとも大きな数値を出したキャラクターが勝利を収めます。
もし同じ数が出てしまった場合、受動側が有利に裁定するものとします。


ドキドキテーブル
ドキドキテーブルとは、自分のDPによってどんな状態になっているかが一目でわかる表です。DPはゲーム開始時は0ですが、好奇属性の萌え攻撃で上昇していくポイントです。対象を意識したり、憧れたり、好意を持ったり気になったりすると上がっていくわけです。
[恋愛防御]は、[恋愛]属性の萌え攻撃を受けたときにどれだけダメージ軽減が出来るかをあらわします。DPがあがるにしたがい防御力はなくなっていきます。
[墓穴]は、墓穴が発生したとき、自分のDPがどれだけ上昇してしまうかを示します。
[抵抗目標]は、抵抗ロールを行うときの目標値です。DPが低いときはどんなにLPが高くても、まず抵抗ロールは成功します。

DP恋愛防御墓穴抵抗目標
1〜102d6+2LP−25
11〜15322d6LP−20
16〜20161d6+2LP−15
21〜2581d6LP−10
26〜3041d6LP−5
31〜4021d6+1LP−2
41〜5011d6+2LP
51〜6002d6LP+2
61〜02d6+2LP+4


抵抗ロール
自分のLPに抵抗するのが抵抗ロールです。たとえば、組織の命令と兄への思慕の板ばさみになったときなどに発生します。抵抗ロールはGMの指示で行われます。通常は行う必要はありません。
抵抗ロールは特殊なロールで、以下のように行います。
式:2d6≧抵抗目標
成功した場合は、LPを押さえ込んで、自分の意思で行動できます。失敗した場合は「LP」にひきずられて、兄のことを考えた行動を取ってしまいます。
この判定では墓穴は発生しませんし、きゅんかるまを使用することが出来ません。

Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _