Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† 導入 †
序章
ゲームの目的
用語の解説


† 妹キャラクター †
キャラクター作成の基本
組織


クラスデータ

 (0) 愚者/ドジっ娘
 (1) 魔術師/技術者
 (2) 女祭/メイド
 (3) 女帝/癒し系
 (4) 皇帝/高貴
 (5) 法王/チャネリング
 (6) 恋人/リリカル
 (7) 戦車/ボーイッシュ
 (8) 力/ケモノっ娘
 (9) 隠者/一匹狼
 (10) 運命の輪/来訪者
 (11) 正義/委員長
 (12) 吊し人/人間不信
 (13) 死神/過去の旅人
 (14) 節制/関西
 (15) 悪魔/ギャル
 (16) 塔/病弱
 (17) 星/無邪気
 (18) 月/コンビ
 (19) 太陽/外人
 (20) 審判/ロボ
 (21) 世界/実妹


† 判定システム †
判定
萌え戦闘
選択ルール


† ゲーム進行 †
ゲームの全体像
セッション
シーン

 ・キャンペーン
 キャンペーン
 PCの変化


† マスターセクション †
兄とシナリオの作成
因子共鳴のリスト
兄のハンドリング
サンプル兄キャラクター


† チャート †
秘蹟の一覧
因子共鳴のリスト
サマリー


選択ルール

ここではセッションによって導入される選択ルールを記載します。
子の項目に示された選択ルールはセッションごと、キャンペーンごとにGMが判断を行い導入するかどうかを決定します。
詳細はGM判断によります。


《妹術》を用いた一般行為判定
キャラクターは判定に関係するいくつかの《妹術》を持っている可能性もあります。たとえば高速で向かってくるサッカーボールをよけるために、来訪者の《テレポート》は使用できそうです。GMが許可した場合、判定ロールに《妹術》のダメージ修正をさらに足すことが出来ます。
たとえば《テレポート》は好奇+4ですが、この「好奇」の部分は無視して+4だけロールに修正を加えることが出来ます。
式:判定に関連した能力値+2d6+修正≧難易度
《妹術》はそれぞれセッション中に使用できる回数が決まっています。この方法であっても消費されるので、使用回数をメモしておきましょう。


困難なチャレンジ
同じ身を隠すにしても、ロッカーの有る部室の中の場合もあれば、何もない校庭の真ん中の場合もあるでしょう。回りの明るさによってもずいぶん違うはずです。GMはこういった状況を考えて、ロールの修正を付けてもかまいません。状況を考えたこれら修正は、通常+3〜−3の範囲内に収まるようにしてください。−4を越えるようだった場合は、「それは出来そうにもない判定だね」とプレイヤーに告げてください。


協力攻撃
協力攻撃とは自分以外の登場人物(兄、義妹)の行った萌え攻撃に便乗して、大きなダメージを与える攻撃です。

たとえば、義妹Aが兄Bに攻撃を行った直後に、Cの立場にある人間ができる攻撃を指します。Cの立場の義妹は当然シーンに登場してなくてはなりません。その上で義妹Cは『協力攻撃を行います』と宣言をし、権利をえるためにきゅんかるまを即座に1、消費します。このきゅんかるまは純粋に協力攻撃を行う権利のためであり、有効判定のダイスは増加しません。
また協力攻撃宣言は、義妹Aの萌え攻撃有効判定、兄が防御判定の前である必要があります。
宣言が行われた場合、判定作業を一時中断して、協力攻撃の確認を行います。

義妹Aは消費するきゅんかるまの数、《妹術》を宣言します。
義妹Cは消費するきゅんかるまの数、《妹術》を宣言します。このとき、《妹術》のダメージ属性は義妹Aのそれと一致している必要があります。

消費するきゅんかるまの数の合計は3以内である必要があります。確認がされた後で、義妹A、義妹Cはそれぞれに萌え攻撃を行います。この時、攻撃は以下のようになります。

・義妹Aの攻撃
有効判定:(2+二人で使用した合計きゅんかるま)d6+義妹Aの使用した《妹術》の範囲内から任意の能力値
ダメージ:ダイスから求められる基本威力+自分が使用した《妹術》のダメージ修正+他の協力攻撃参加者が使用した《妹術》の修正、参加者につきひとつ。

・義妹Cの攻撃
有効判定:(2+二人で使用した合計きゅんかるま)d6+義妹Cの使用した《妹術》の範囲内から任意の能力値
ダメージ:ダイスから求められる基本威力+自分が使用した《妹術》のダメージ修正+他の協力攻撃参加者が使用した《妹術》の修正、参加者につきひとつ。

上記の例では2人の妹が協力して兄を攻撃していますが、兄の自分に対する攻撃に協力(相打ち攻撃)、3人での協力攻撃、兄のほかの義妹に対する攻撃への協力攻撃も行うことができます。

兄Cの側はそれぞれのダメージを受けることになります。この時いくつかの点で注意が必要です。

・兄の側の注意事項
・兄の側の防御判定は一回だけ行い、その数値を協力攻撃をした全ての義妹の有効判定と比較します。
・恋愛防御はそれぞれに有効です。さらに協力攻撃に対する恋愛防御は3倍として扱います。
・《因子共鳴 :おでこをこつん》は一回の使用で、二つの攻撃を返すことができます。
・あにかるまが回復する可能性があることに注意してください。


妨害攻撃
妨害攻撃とは自分以外の登場人物(兄、義妹)の行った萌え攻撃を妨害するように繰り出される萌え攻撃です。

たとえば、義妹Aが兄Bに攻撃を行った直後に、Cの立場にある人間ができる攻撃を指します。Cの立場の義妹は、『妨害攻撃を行います』と宣言した上で萌え攻撃を行ってください。条件は二つあります。
・シーンに登場している必要がある。
・攻撃権利を消費し、《妹術》も消費する。これは通常の萌え攻撃と変わりありません。
・義妹Aの兄Bに対する攻撃と同じ属性の攻撃/コンボでないと意味がありません。

攻撃を行ったら、義妹Aの萌え攻撃の有効判定値と、義妹Cの萌え攻撃の有効判定値をくらべます。

1)義妹Aの値>義妹Cの値の場合
妨害は失敗です。義妹Aの攻撃は通常通り効果を発揮します。しかも義妹Cの萌え攻撃は、攻撃に含まれる《妹術》ひとつが、足の引っ張り合いの中で無効化されてしまいます。無効化される義妹Cの《妹術》は義妹Aが任意に決定することができます。

2)義妹Aの値=義妹Cの値の場合
妨害は痛みわけに終わります。二人は足を引っ張り合いをおこないました。義妹Aの萌え攻撃に使用した《妹術》は、義妹Cの萌え攻撃に使用した《妹術》と同じ数までしか有効ではありませんでした。
たとえば義妹Aは《妹術》が4つコンボを繰り出し、それを義妹Cの《妹術》1つの萌え攻撃で妨害したのなら、義妹Aの《妹術》は1つしか有効ではありません。有効にしたい《妹術》は義妹Aの任意で決定することができます。 両者の《妹術》の数が同じ、もしくは義妹Cの萌え攻撃に使用した《妹術》の数のほうが多い場合、両方の攻撃はすべての効果を発揮します。

3)義妹Aの値<義妹Cの値の場合
妨害は成功です。義妹Cの妨害により、義妹Aは間抜けな、もしくは無意味な状態に陥りました。義妹Aの萌え攻撃は、攻撃に含まれる《妹術》ひとつが、妨害で無効化されてしまいます。無効化される義妹Aの《妹術》は義妹Cの側が任意に決定することができます。
義妹Cの攻撃は通常通り効果を発揮します。

Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _