Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† 導入 †
序章
ゲームの目的
用語の解説


† 妹キャラクター †
キャラクター作成の基本
組織


クラスデータ

 (0) 愚者/ドジっ娘
 (1) 魔術師/技術者
 (2) 女祭/メイド
 (3) 女帝/癒し系
 (4) 皇帝/高貴
 (5) 法王/チャネリング
 (6) 恋人/リリカル
 (7) 戦車/ボーイッシュ
 (8) 力/ケモノっ娘
 (9) 隠者/一匹狼
 (10) 運命の輪/来訪者
 (11) 正義/委員長
 (12) 吊し人/人間不信
 (13) 死神/過去の旅人
 (14) 節制/関西
 (15) 悪魔/ギャル
 (16) 塔/病弱
 (17) 星/無邪気
 (18) 月/コンビ
 (19) 太陽/外人
 (20) 審判/ロボ
 (21) 世界/実妹


† 判定システム †
判定
萌え戦闘
選択ルール


† ゲーム進行 †
ゲームの全体像
セッション
シーン

 ・キャンペーン
 キャンペーン
 PCの変化


† マスターセクション †
兄とシナリオの作成
因子共鳴のリスト
兄のハンドリング
サンプル兄キャラクター


† チャート †
秘蹟の一覧
因子共鳴のリスト
サマリー


シーン


シーンとは?
シーンとはセッションを構成する単位で、一つの場所や時間を指します。舞台で言う一つの場面と考えてください。シーンにはシーンPCと兄が存在し、そのほかのPCやNPCが登場する可能性があります。


幕間とは?
幕間とはシーンとシーンの間の隙間のようなものです。幕間はシーンではありませんから登場するキャラクターは存在せず、ゲーム内的には時間も流れません。
一つ前のシーンに登場しなかったPCは、幕間で「きゅんかるま」を2点低下させることが出来ます。これはオープニングが終わった後に有効です。(全PCがゲームに登場してからの処置となります)
また、「きゅんかるま」を1点上昇させることによって、一つの《妹術》の使用回数をすべて回復させることも出来ます。きゅんかるまの上限が10点であることに注意してください。
幕間で使用することの出来る「秘蹟」もここで使用することが出来ます。正確には次のシーンプレイヤーの発表も幕間での出来事となります。

幕間で各PLが出来ること。
・きゅんかるまの低下。
・《妹術》の使用回数回復。
・[幕間使用]の《秘蹟》を使う。

幕間で行うべきこと。
・次シーンのシーンPCを決定(GM任意orシーンオークション)
・シーンPCの希望《妹術》orシチュエーションを聞く。
・登場難易度の発表(通常は10)
・登場判定に用いる能力値の決定(シーンPC)


シーンPC
シーンPCとはそのシーンの主役PCのことです。シーンPCはGMの任意で決定されますが、基本的には「お兄ちゃん側のLP、もしくはDPが最も低いPC」を選択してください。LPの具体的な数値を発表する必要はもちろんありません。
シーンPCは、シーンの主役ですから複数のPCがシーンに登場している場合も、優先的に初回の萌え攻撃・告白が可能です。


シーンオークション
シーンPCは基本的には「お兄ちゃん側のLPもしくはDPが最も低いPC」で決定されますが、いくつかの重要な場面やそれほどLPやDPの差のない場面も当然存在します。

こういった場合、シーンに参加する可能性のあるPCは、オークション主催PCの指定した能力値でロールを行います。最も大きい目を出したPCがシーンPCとして、次シーンを行います。
オークション主催PCとは、兄側のDPがもっとも低いPCとします。
式:任意の能力値+2d6がもっとも大きいPC
このダイスを振るときに、プレイヤーはきゅんかるまをいくつか消費することにしてもかまいません。消費したきゅんかるま1にたいして、ふるダイスを一個増やすことが出来ます。この場合もきゅんかるまの上限が10点、一度に使用できるのは3点までであることに注意してください。
きゅんかるま消費をしたい場合、GMにその旨申告します。それを聞いたほかのプレイヤも同様に、もしくはそれ以上に消費してもかまいません。全員の申告が終わり、全員がこれ以上はきゅんかるまを消費しないことが確認されてから、ダイスを振ることになります。


シーンの開始
シーンが開始される直前、GMはシーンプレイヤーを発表します。シーンプレイヤーはシーンPCをもつプレイヤーです。シーンプレイヤーはGMにシーンプレイヤーの特権として、どんなシーンにしたいかををひとつ告げます、もしくはこのシーンで使いたい《妹術》一つを告げてもいいでしょう。
GMはこの申告を考慮して、新しいシーンが始まった時点で、「どういう場所でどういう時間か、目的」などを簡潔に説明してください。

例:「学校からの帰り道」、「遊園地の観覧車の中」

シーンは基本的にシーンプレイヤーのPCと兄が存在しますが、GM裁量で他のPCやNPCを登場させてもかまいません。GMは申告された《妹術》を使用できるようなシーンを心がけてあげてください。しかし最終的にその《妹術》を使用できるかどうかはプレイヤーにもかかわっていますから、結果的にその《妹術》が使用できないということもありえます。


シーンではどんなことがおきるか?
このゲームの進行の中核にあるのがシーンです。ですからシーン関係のルールは詳しく把握する必要があります。とはいっても難しいことはありません。
シーンでは以下のようなイベントが起きる可能性があります。

a)シーンPCから兄への萌え戦闘
b)シーンPCの《秘蹟》使用
c)シーンPCの告白イベント

シーンPCはシーンの主役です。遠慮せずにどんどん兄へ攻撃を仕掛けましょう。シーンはそのために存在してるといえます。《秘蹟》にはそれぞれ使用タイミングがありますので、その記述に従って使用することも出来ます。
基本的に、ひとつのシーンで兄に攻撃を仕掛けられる最大数は2回までで、きゅんかるまを1上昇させることにより3回目の攻撃をおこうなうことが出来ます。4回以上は特殊な事情(GM裁量、秘蹟や組織の特殊ルールなど)がないかぎり実行できません。
オープニングではこの萌え攻撃は1回に限定され、きゅんかるまによる追加攻撃も不可能です。
告白イベントも一回の萌え攻撃に相当することに注意してください。適当な台詞を言ったあと、『告白イベント』を宣言すれば、GMは兄側の抵抗ロールを判定して告白イベントを処理することになります。

d)兄からPCへの萌え戦闘
e)兄の《因子共鳴》使用

兄はシーンPCや、そのシーンに登場してる他のPCに、攻撃を仕掛けることが出来ます。攻撃を仕掛ける回数は1PCにつき2回までです。
また兄は、シーンごとにシーンに登場する義妹の数と等しい『あにかるま』を持っています。あにかるまを使用してダイスの数を1つ増やすことが出来ます。あには墓穴が発生しませんので、あにかるまはシーンごとに自動発生する以外では回復や増加などはありえません。
あにかるまについての詳しい発生や増加の方法は、兄のハンドリングの項目を参照してください。

f)シーンPC以外のPCの登場判定
g)シーンPC以外のPCから兄への萌え戦闘
h)シーンPC以外のPCの《秘蹟》使用
i)シーンPC以外のPCの告白イベント

シーンPC以外のPCは、GMもしくはシーンPCの[幕間]時の許可、もしくは登場判定成功によりシーンに登場することが出来ます。シーンPC以外のPCは、そのシーンにおいての重要度としてシーンPCに劣ります。ですからシーンPCより先に萌え攻撃を行うことは出来ません。またきゅんかるまを使用して3回目の攻撃を行うこともできません。


シーンの間に出来ること
通常、シーンにはシーンPCを含むPCと兄が登場しています。(NPCが登場している場合もありえます)。
PCは兄と同じシーンに出ていればいつでも兄に「萌え攻撃」を仕掛けることが出来ますが、一回のシーンで兄に攻撃を仕掛けられる最大数は2回までで、きゅんかるまを1上昇させることにより3回目の攻撃をおこうなうことが出来ます。4回以上は特殊な事情(GM裁量)がないかぎり実行できません。

また、十分にLPを蓄積したと判断したPCは、クライマックスシーンにおいて、告白イベントを起こすことも可能です。告白イベントを起こしたPCと兄は抵抗ロールを行います。抵抗ロールに成功した場合は、自分の思うとおりに行動できますが、失敗した場合は相手に(つまり恋の対象に)身も心もささげてしまいます。
この抵抗ロールを行うとき、兄と告白イベントを巻き起こした以外のPCがいる場合、兄は抵抗ロールに+2のボーナスを得ます。
兄が「抵抗ロール」に失敗した状態で、該当PCが肉体的接触(キスとか、まぁそれに類する行動)を取ると、兄は意識を失って《因子》が発現します。該当PCはこの状態の兄を確保して、組織に帰ればゲームは終了です。
義妹の側が「抵抗ロール」に失敗した場合、兄のことが何よりも大事になってしまいます。義妹の性格にもよるでしょうが、組織に兄と《因子》を引き渡して、兄が研究材料にされるようなエンディングは避けたがるでしょう。
告白を成功させたPC以外もシーンに登場していれば、同時告白を行うこともできます。時には複数のPCが1つのシーンで告白に成功することもあるでしょう。その場合、兄は複数のPCに心奪われた状態で《因子》を発現させてしまいます。この場合《因子》は1PCにつき1つづつの願いをかなえることになります。


シーンからの退場
シーンPCを含むPCは、望めばいつでもシーンから退場することが出来ます。GMは基本的に許可を与えますが、兄がまだそれぞれ2回の攻撃を終えていない場合は、この攻撃を終了させることにしてもかまいません。PCがすべて退場した時点でシーンは終了します。
CSTにおけるシーンは、PCから兄への萌え攻撃を仕掛ける場として存在します。ですから萌え攻撃(もしくは告白など)の行動を起こす気のないPC、また3回の攻撃を終えたPCはなるべく速やかにシーンから退場をすることが望ましいのです。
GMは必要があれば、シーンを強引に終わらせてしまっても構いません。


登場判定
GMが特に指定していない、このシーンには未登場のPCがシーンに実際に登場するためには登場判定が必要です。登場判定はシーンPLが決める任意の能力値ロールです。この任意の能力値はシーン単位で決定されます。登場判定ごとの決定ではありません。
式:任意の能力値+2d6+修正≧難易度
登場判定には修正があります。そのシーン内で、PCであれ兄であれ、萌え攻撃をしていた場合、萌え攻撃一回につき+1の修正が発生するのです。登場判定も「きゅんかるま」によりダイスを増やすことは可能です。
きゅんかるまの上限は10であり、一度に使用出来るきゅんかるまは3点までだと言うことに注意してください。
一般的なシーンの登場難易度は10です。

例:シーンPLと兄がそれぞれ1回づつ萌え攻撃をしているシーンに、ほかのPCがジャマをしに登場したい。この場合は登場判定に+2の修正が発生する。

しかし、登場判定に限りダイスが減る可能性もあります。シーンプレイヤーは「私が主役のシーンに入ってきてほしくない」と思えば、「きゅんかるま」を1点消費ごとに、登場したいPCの登場判定ダイス一個を減らすことが出来ます。
登場判定に失敗したキャラクターが再度登場判定を行いたい場合は登場難易度が、失敗したときよりも2以上低下していることが必要です。

Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _