Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† 導入 †
序章
ゲームの目的
用語の解説


† 妹キャラクター †
キャラクター作成の基本
組織


クラスデータ

 (0) 愚者/ドジっ娘
 (1) 魔術師/技術者
 (2) 女祭/メイド
 (3) 女帝/癒し系
 (4) 皇帝/高貴
 (5) 法王/チャネリング
 (6) 恋人/リリカル
 (7) 戦車/ボーイッシュ
 (8) 力/ケモノっ娘
 (9) 隠者/一匹狼
 (10) 運命の輪/来訪者
 (11) 正義/委員長
 (12) 吊し人/人間不信
 (13) 死神/過去の旅人
 (14) 節制/関西
 (15) 悪魔/ギャル
 (16) 塔/病弱
 (17) 星/無邪気
 (18) 月/コンビ
 (19) 太陽/外人
 (20) 審判/ロボ
 (21) 世界/実妹


† 判定システム †
判定
萌え戦闘
選択ルール


† ゲーム進行 †
ゲームの全体像
セッション
シーン

 ・キャンペーン
 キャンペーン
 PCの変化


† マスターセクション †
兄とシナリオの作成
因子共鳴のリスト
兄のハンドリング
サンプル兄キャラクター


† チャート †
秘蹟の一覧
因子共鳴のリスト
サマリー


因子共鳴のリスト

ここではリファレンスとして因子共鳴の効果を列挙します。ゲーム中の参照などで使用してください。


因子共鳴 :受け流し
効果 :PC側の「ダイスの目を2つまで自由に変更できる」効果を持つ秘蹟《ホントの気持ち》、《任せて!》、《見える、聞こえる》、《気持ちいいよ》を打ち消すことが出来る。
習得 :


因子共鳴 :懸命
効果 :一回の萌え攻撃の達成値を+4、ダメージにも+2できる
習得 :


因子共鳴 :回想シーン
効果 :舞台裏から義妹を攻撃できる。この攻撃は義妹側の回想として扱われる。[幕間に使用]
習得 :


因子共鳴 :まだ諦めない
効果 :シーン中、兄側の萌え攻撃を行った後に宣言する《因子共鳴》。兄側にも追加攻撃権1回をもたらす。この追加攻撃には自動的に兄かるま1が付属する。
習得 :1


因子共鳴 :その胸に届け
効果 :[萌え攻撃が命中したときに使用する]DPもしくはLPのダメージを与えると同時に、対象のきゅんかるまを2点上昇させる。
習得 :


因子共鳴 :おでこをこつん
効果 :[萌え攻撃でダメージを受けた直後に使用する]直前に受けたのと等しい属性とダメージを、攻撃を行った義妹にも返す。兄が受けたダメージ(兄側の恋愛防御を差し引いたもの)を妹側にも返すため、妹側の恋愛防御は無効。またこのダメージは萌え攻撃ではないため、攻撃権を消費しない、さらに《秘蹟:えへ、どっちだ》で無効化することもできない。
習得 :


因子共鳴 :胸の高まり
効果 :すべての義妹はこの幕間できゅんかるまを回復できない。[幕間に使用]
習得 :


因子共鳴 :ドキドキシーン
効果 :幕間に使用を宣言する《因子共鳴》。次の1シーンの間、登場した義妹側はきゅんかるまを1点つかうたびにDPが自動的に2づつ上昇してしまう。
習得 :1


因子共鳴 :ドジっ娘シーン
効果 :幕間に使用を宣言する《因子共鳴》。次の1シーンの間、義妹側は墓穴の発生する判定を行う場合、いくらきゅんかるまを使っても、振ったダイス目の中で最も小さい二つを選んで、墓穴かどうかを判定しなければならない。判定そのものの成否はダイス全体で行うことができる。
例:きゅんかるま2個を使用し、ダイス目が5,6,2,1だった場合、ダイス目の合計そのものは5+6+2+1で14だが、墓穴判定は2+1の3で行わなければならない。
習得 :1


因子共鳴 :活躍シーン
効果 :1シーンの間、すべてのロールの達成値+2。[幕間に使用]
習得 :


因子共鳴 :優しさを見てしまう
効果 :一回の萌え攻撃をシーンにいる全義妹に効果を持つようにする。《因子共鳴:懸命》などの萌え攻撃を強化する《因子共鳴》は全体に効果を持つようになる。
習得 :


因子共鳴 :かっこいいところを見せる
効果 :萌え攻撃を行うと同時に、シーンにいる全義妹のきゅんかるまを2点増加させる。
習得 :


因子共鳴 :もっと!活躍シーン
効果 :1シーンの間、すべてのロールの達成値+2。ダメージに+2。[幕間に使用]
習得 :


因子共鳴 :忘れないでね
効果 :指定した一人の義妹のDPが2d6+2上昇。DPが25以下の妹にしか使えない。
習得 :

Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _