Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† 導入 †
序章
ゲームの目的
用語の解説


† 妹キャラクター †
キャラクター作成の基本
組織


クラスデータ

 (0) 愚者/ドジっ娘
 (1) 魔術師/技術者
 (2) 女祭/メイド
 (3) 女帝/癒し系
 (4) 皇帝/高貴
 (5) 法王/チャネリング
 (6) 恋人/リリカル
 (7) 戦車/ボーイッシュ
 (8) 力/ケモノっ娘
 (9) 隠者/一匹狼
 (10) 運命の輪/来訪者
 (11) 正義/委員長
 (12) 吊し人/人間不信
 (13) 死神/過去の旅人
 (14) 節制/関西
 (15) 悪魔/ギャル
 (16) 塔/病弱
 (17) 星/無邪気
 (18) 月/コンビ
 (19) 太陽/外人
 (20) 審判/ロボ
 (21) 世界/実妹


† 判定システム †
判定
萌え戦闘
選択ルール


† ゲーム進行 †
ゲームの全体像
セッション
シーン

 ・キャンペーン
 キャンペーン
 PCの変化


† マスターセクション †
兄とシナリオの作成
因子共鳴のリスト
兄のハンドリング
サンプル兄キャラクター


† チャート †
秘蹟の一覧
因子共鳴のリスト
サマリー


サマリー

判定(ロール)の方法
・通常の判定
式:判定に関連した能力値+2d6≧難易度

・《妹術》を用いた判定
式:判定に関連した能力値+2d6+妹術の修正≧難易度


「きゅんかるま」による成功度増加
「きゅんかるま」を1上昇させるごとに判定のダイス+1個。ただし、+3個まで。また「きゅんかるま」の上限は10。
「きゅんかるま」によってダイスが増やせる判定は
・萌え攻撃有効判定
・萌え攻撃防御判定
・一般行為判定
・登場判定
・シーンオークション


墓穴(ファンブル)
判定でダイス目の合計が「きゅんかるま」以下ならば墓穴発生。萌え攻撃時の場合、「DP」が「ときめき墓穴」の値だけ上昇する。墓穴が発生した場合、即座に「きゅんかるま」が1点低下する。


ドキドキテーブル

DP恋愛防御ときめき墓穴抵抗目標
1〜102d6+2LP−25
11〜15322d6LP−20
16〜20161d6+2LP−15
21〜2581d6LP−10
26〜3041d6LP−5
31〜4021d6+1LP−2
41〜5011d6+2LP
51〜6002d6LP+2
61〜02d6+2LP+4


抵抗ロール
LPを押さえ込むための判定。成功すればLPを無視できる。
式:2d6≧抵抗目標(ドキドキテーブルに記載)


萌え戦闘の概要
1シーンで1人のPCは2回の萌え攻撃を行える。シーンPCのみは1点のきゅんかるまを支払えば、追加で3回目の萌え攻撃を行ってもよい。4回以上は基本的には不可能。
オープニングはこの限りではなく、萌え攻撃は1回のみ。きゅんかるまによる追加も存在しない。
また、告白イベントは萌え攻撃の回数一回を消費する。


萌え攻撃
1)攻撃する《妹術》の決定
ダメージ属性が同じものでないと組み合わせることは出来ない。
現在のきゅんかるまの値以上の種類の妹術はコンボに入れられない。

2)有効判定
《妹術》に設定された能力値で有効判定。複数記載/コンボの場合は任意で一つの能力値を選んでよい。
式:記載された能力値+2d6≧回避側の該当能力+2d6

3)ダメージ決定
有効判定時にふったダイス目で一番大きい目+1が出た個数が基本威力。これに使用した《妹術》のダメージボーナスを全て足したものが、最終ダメージとなる。

4)ダメージ処理
ダメージ属性が[恋愛]の場合
式:実際に増加する「LP」=[恋愛]属性のダメージ−恋愛防御

ダメージ属性が「好奇」の場合
式:実際に増加する「DP」=[好奇]属性のダメージ


セッションの進行
セッションは基本的に以下のパートに分かれている。各パートは1〜5程度のシーンを含む。

1) セッション前:ガイダンス
2) オープニング(PL数だけのシーン)
3) ミドル
4) クライマックス
5) エンディング(PL数だけのシーン)


幕間
幕間で出来ること
・きゅんかるまの低下2点
・《妹術》の使用回数回復
・[幕間使用]の《秘蹟》を使う

幕間で行うべきこと
・次シーンのシーンPCを決定(GM任意orシーンオークション)
・シーンPCの希望《妹術》orシチュエーションを聞く
・登場難易度の発表(通常は10)
・登場判定に用いる能力値の決定(シーンPC)


シーンオークション
参加者は2d6をふる権利を持っている。「きゅんかるま」を1点支払うごとにさらにダイスを一個増加できる。全員の支払う「きゅんかるま」が決定した後にダイスを振ること。オークション主催PLが発表した能力とダイスすべての目の合計が一番大きかったPCがシーンPCになる。


シーンで発生すること
a)シーンPCから兄への萌え戦闘
b)シーンPCの《秘蹟》使用
c)シーンPCの告白イベント (クライマックスのみ発生可能)
d)兄からPCへの萌え戦闘
e)兄の《因子共鳴》使用
f)シーンPC以外のPCの登場判定
g)シーンPC以外のPCから兄への萌え戦闘
h)シーンPC以外のPCの《秘蹟》使用
i)シーンPC以外のPCの告白イベント (クライマックスのみ発生可能)

なお、萌え攻撃の残り回数がないPC、攻撃の意思がないPCは速やかにシーンから退場することが望ましい。


登場判定
式:任意の能力値+2d6+修正≧難易度
任意の能力値は、シーンPCがシーン単位で決定する。PC単位ではない。
シーンで行われた萌え攻撃一回ごとに+1の修正を得ることが出来る。
シーンPCは登場を妨害するためにきゅんかるまを使用できる。その場合登場判定が−1dされる。登場を希望するPCはきゅんかるまを1つ消費するごとに+1dすることが出来る。どちらの場合もきゅんかるまの上限は10で、一度に使用できるのは3までであることに注意すること。

Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _