文責:raopu

CSTオンラインコンベンション03’秋 E卓

「実行委員会だより」


■ 目次 ■

■ Opening 01:ももかの場合「そして出会いは…おやくそく?」
■ Opening 02:晴海の場合「バイトの達人」
■ Opening 03:圭子の場合「最初から急接近」
■ ミドル01:ももか:文化祭狂想曲
■ ミドル02:晴海:暗闇の中で
■ ミドル03:田中の趣味は割烹着
■ ミドル04:ももか:不揃いな男女七人は突然に the ムービー6〜小さな娘は好きですか〜
■ マスターシーン:地上最大の告白作戦
■ クライマックス:ダンスパーティ「Senjyou-No-bara」
■ ending 01:ももか:「宴の後」
■ ending 02:圭子:「一日の始まり」
■ ending 03:晴海:「空の中」


■ ガイダンス ■

【謎の男/GM】「……皆さんお揃いのようですね。それでは早速始めましょう。こちらが、今回のターゲッ トです」

八十島 楓丸(やそしま かえでまる)

年齢:18歳
身長:185cm
体重:???kg
戦場ヶ原学園高等部3年生。今回の学園祭実行委員会の第一高等部副委員長。(実行委員会は、大学、高校、中学、小学の四つにまたがって存在する)
温厚でまじめ勉強も出来るのだが、友情に厚く、篤実で先生からの覚えもめでたい、その上弓道の腕前もたいしたものと、人も羨むようなスーパー高校生。
そのせいかどうか初心なところもあり、いちどドツボにはまると抜け出せないという特徴もある。
この秋は文化祭実行委員会副会長になり、類稀な処理能力と行政手腕を発揮中。文化祭開催中は、権限の多くを部下に任せて、構内巡回に勤める模様。

「以上がターゲットおよびその周辺の概要です。
今回のターゲットは、なかなかの傑物です。
 ですがこの程度の存在であれば、皆様の麗しい魅力の前には一人の男、義兄に過ぎません。いつもと同じく、皆様の能力を思う存分発揮してください。
 さあ、お待たせしました。【紳士協定】は今ここに、因子回収の解禁を宣言いたします。
 皆様のご活躍、期待しておりますよ……」

「それでは御唱和を」

「「「地には平安を! 天には公正を! 我らには《因子》の英知を!」」」


■ 義妹PC一覧 ■

“インラインスケートをはいた小天使”
小山内 ももか(おさない ももか)
PL:SasamiT
所属組織:修道会
クラス:愚者/ドジっ娘、星/無邪気、恋人/リリカル


“白熱のBL、それより高く”
霧島 晴海(きりしま はるみ)
PL:selene05
所属組織:World Women War
クラス:戦車/ボーイッシュ、隠者/一匹狼


“割烹着、それは無冠の帝王”
菅野 圭子(すがの けいこ)
PL:たくわん
所属組織:エメラルドピース
クラス:愚者/ドジっ娘、正義/委員長、女帝/癒し系





なお、各PCの詳細データに関しては、別途資料
セッション追加ルールに関しては、ガイダンスを参照のこと

目次へ

■ 開幕前 ■


【GM】南第六校舎文化練地下30m『秋光祭特別管制室』。暗い室内には20以上のモニターが光を放っている。ここでは秋光祭の南地区約半分をカバーする管制を行っているのだ。
【GM】ひっきりなしのテレタイプの音と控えめな警報、かなり多くのスタッフが働いているにもかかわらず、私語を交わすものはいない。
【GM】指揮を執るのは八十島 楓丸(やそしま かえでまる)。
【GM】眉目秀麗、温厚でまじめ、文武に秀でて、情に厚く、先生からの覚えもめでたい、学園の有名人の一人だ。今回の文化祭では、高等部に二人の副委員長としてその辣腕を振るっている。
【GM】 
【GM】【女生徒A】「6−4で看板打ち付け中に事故っ! 負傷レベルはDと推定されますっ。付近に救急班はいませんっ!」悲鳴のようなオペレーターの声
【GM/楓丸】「……落ち着いて。そのまま渡り廊下を挟んで高等部1−2に搬送。ナース喫茶を設営中、看護士資格を持ってる生徒もつめているはずだよ」
【GM】【女生徒A】「はっ、はいっ!」
【GM】【男子生徒A】「――楓丸先輩……、これを……」
【GM/楓丸】「……4課にまわして青のファイルで処理。マニュアルは作成してあるから」
【GM】【女生徒B】「高等部Dで火災発生、ボヤレベルですが……」
【GM/楓丸】「――野球部グラウンドの放送を入れてください。『防災実技』だといって人を集めて自主消火開始。ひどくなるようだったら追加報告――えっと、ボランティア消火スタッフには後日、文化祭勇猛賞を発送しましょう。リストも同時に製作しておいて欲しいな」
【GM】【女生徒B】「わかりましたっ!」
【GM/楓丸】「さて……」
【GM】 
【GM】楓丸はジャケットをはためかせると踵を返す。
【GM】 
【GM】【女生徒A】「楓丸先輩っ! どちらへいらっしゃるんですかっ!?」
【GM/楓丸】「心配要らない。この程度のトラブル、君たちだけでもう完璧に処理できるはずだよ」楓丸は微笑む。
【GM/楓丸】「――折角の文化祭だ、僕は校内を見回ろう。まだ見ぬ何かが、ここにいてはわからない何かがあるような気がするんだ。――後はよろしくね、いってきます」

【観客:suzumeya】こんばんわ〜
【GM】ばんわー
【観客:me_341_】表よろしいですか?
【観客:misuta】お邪魔〜
【GM】どぞ>おもて
【観客:torazou】お邪魔します
【観客:MMG_e】こっちにもおじゃま〜
【GM】いらっしゃいませー
【GM】表舞台にもどうぞ
【観客:Re-Alice】おじゃましまーす
【観客:R695】おじゃましますーv
【GM】開演まで、あと20数分、おくつろぎください
【GM】EのPLさんはきてるかな?
【観客:Re-Alice】あ、表舞台よろしいですか?
【GM】どうぞぉ
【観客:Re-Alice】表にお邪魔しましたよー
【観客:uind】こんばんわー。表いいですか?
【GM】おもてへもどうぞー
【観客:yuki_21】ども〜見学OKですか〜?
【GM】ようこそ、本日のライバル殿よ。表もどうぞ
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】おつかれさまです、今日のGMのraopuです。
【GM】PLの皆様、観客の皆様、お集まり、感謝! 今からセッションを始めたいと思います。
【晴海PL】 わー
【ももPL】 どきどきどきどき
【晴海PL】 よろしくお願いしますっ!
【圭子PL】 初めてなんで、お手柔らかに。
【GM】では、最初にいくつかガイダンスしますー
【圭子PL】 OKです。
【晴海PL】 了解です。
【ももPL】 OKです。
【GM】今回はこんな感じでシーンを重ねていこうと思います〜。皆様よろしくお願いします。
【GM】オープニング:文化祭1日目
【GM】ミドル:文化祭2日目
【GM】クライマックス:文化祭3日目&後夜祭
【GM】あにカルマについては微妙に変更を。「1シーンにつき1点+誰か妹が乱入した時点で1点回復+最初から数点所持している」です。
【GM】ルールについて、質問は他にありますか?
【圭子PL】 あの、質問なのですが。
【GM】どうぞー
【圭子PL】 《甘えてください》の「肉体ロールの達成度に+2」とは、ダメージにも適用されますか?
【GM】ロール達成度なので、命中のみ影響です。
【圭子PL】 了解です。
【GM】ほかはOK?
【晴海PL】 OKです
【ももPL】 こちらはOK〜。
【圭子PL】 OKです〜。
【GM】それでは、プレイを開始しましょう。
【GM】では、えと、こほん。いつものアレで(w
【GM】ジェントル、プレイっ(w
【ももPL】 じぇんとる☆ぷれいっ!
【晴海PL】 ジェントル★プレイ
【圭子PL】 ジェントル☆プレイッ(どきどき)
【GM】さて、今回はコンベンション。掲示板のデータに目を通しきってない人も多いと思います。そこで義妹キャラクターの自己紹介をここではさみたいと思います。
【GM】自己紹介は、▼名前、体型、クラス、組織、簡単な設定。でお願いします。掲示板の復習みたいなもんでよろしくお願いします。では、ももか→晴海→圭子でお願いします。

【ももPL】 了解〜。
【ももか】「みなさん、はじめましてっ。ももはおさない ももかっていいます。
【ももか】「クラスは、ドジっ娘、無邪気、リリカルで、しょぞくそしきはしゅーどーかい!」
【ももか】「背はすっごく低いの…小学生に見られる…もう高校生なんだけどなぁ。胸とかもその…ごにょごにょ」
【ももか】「チャームポイントはピンクの髪とポニーテール!」
【ももか】「文化祭では第15料理部の部員としてがんばっちゃおうとおもってます!…こんなかんじでいいのかな?」
【GM】OKです、感謝。
【GM】んじゃ、次の晴海さん、おねがいします!
【晴海PL】 了解。
【晴海PL】 「えーと、初めまして。ボクの名前は霧島晴海(きりしま はるみ)。戦場ヶ原学園高等部3年の男子生徒です(嘘)」
【GM】あ、そうだよね。男装の美少女だよね(w
【晴海】「あ、でもここにいる皆にはばれているみたいだからいいか」
【晴海】「クラスは、ボーイッシュ、一匹狼」
【晴海】「でも、実はリリカルなんだ」
【晴海】「僕はWorld Woman Warという組織に属していて、本当は女の子なんだけど、演技で男の子のふりをしてる」
【晴海】「胸は小さくて……男の子に変装する分にはいいんだけど、なんか複雑……」
【晴海】「あと、結構神出鬼没って言われるかな」
【晴海PL】 以上です
【GM】はいありがとうございます!
【GM】では、続きまして、圭子さん。よろしくです
【圭子PL】 了解です。
【圭子】「皆さん、はじめまして〜。私は、菅野圭子(すがのけいこ)といいます〜」
【圭子】「ドジっ娘、委員長、癒し系で、エメラルドピースに所属しています〜」
【圭子】「体型は…その…胸が…人より大きいので、ちょっと恥ずかしいです〜」
【圭子】「3年ですが、八十島くんと一緒のクラスではないです…はぁ…(ため息)」
【圭子】「うちのクラスでは、喫茶店をやっています。ぜひお越しくださいね〜」
【圭子PL】 こんなところでいいですか?
【GM】OK!
【GM】では、早速プレイ開始、シーンオークションいきたいとおもいます
【ももPL】 おーっ!
【晴海PL】 あいさー!
【GM】最初なので、能力値はなし。ダイスのみ。きゅんかるまを投入するPLはいますか?
【晴海PL】 私はなしです。
【圭子PL】 素で行きます。
【ももPL】 無しでいきますー。
【GM】いやよびわすれてたよ(w
【GM】じゃ、2d6どうぞ
【ももPL】 うん、おかしいなぁって思ったw
【ももPL】 2d6
サイコロ……momo: 6(2D6) = 6
【圭子PL】 あ、すいません、振り方は?
【GM】1d6+1d6
サイコロ……GM: 1(1D6)+3(1D6) = 4
【GM】こんな表記で振れます
【晴海PL】 1d6+1d6
サイコロ……harumi: 6(1D6)+5(1D6) = 11
【圭子PL】 1d6+1d6
サイコロ……keiko: 6(1D6)+1(1D6) = 7
【GM】では、晴海、圭子、ももの順番で優先権があるけど
【GM】順番変更希望はありますか?
【晴海PL】 後でも先でもよかですか、先にやりたい人いますならどぞー
【GM】圭子の希望は?
【圭子PL】 私は後が良いです〜
【GM】ももは?
【ももPL】 1番希望(w
【晴海PL】 じゃ、私は2番かな?
【圭子PL】 じゃあ最後ということで〜
【GM】じゃ、それでいきましょう!
【GM】早速、もものシーン希望、および希望妹術、タイトルをどうぞ
【ももPL】 15料理部のデリバリークルーとして配達途中に、八十島先輩にぶつかりたいと思いますw
【GM】あい、妹術と希望タイトルは?
【ももPL】 妹術は<ラブコメ体質>他、タイトルは『そして出会いは…おやくそく?』でお願いしますー。
【GM】あい、でははじめます


【ももPL】 あにき…かっこいいなぁもう。
【圭子PL】 優しげだ〜
【観客:tagui】あああああ。正直PLやるより緊張するかも<CGI
【観客:Damian】こんばんわ。観戦OKでしょうか
【観客:god-dqn】 こっちはただいまGMが説明してる真っ最中です。しばしお待ちください
【観客:ro-q-ku】落ち着いて、一つ一つ操作すれば大丈夫ですよ>CGI
【観客:tagui】はいー>老朽区氏
【GM】ジェントル、プレイっ(w
【観客:tagui】ジェントル・プレイ!
【ももPL】 じぇんとる☆ぷれいっ!
【観客:kenopl】じぇんとる・ぷれぇい♪
【観客:torazou】じぇんとる☆ぷれいっ!
【観客:god-dqn】 ジェントル★プレイ!
【GM】それにしても莫大な見学者なのですが(w
【圭子PL】 ジェントル☆プレイ!
【観客:god-dqn】 ところでGM、見学希望者への応対は基本的に歓迎でいいのですか?
【観客:kenopl】現在24名です
【GM】どうぞ、誘導お願いします!
【観客:god-dqn】 すげぇ!w
【観客:tagui】目指せ100万人!(嘘)
【晴海PL】 24…なんて数のジェントルだ……(驚愕
【観客:god-dqn】 ジェントル100人できるかな?w
【圭子PL】 私、初めてなのに…こんなところで…するの…?
そんなものですよ(笑)
【観客:tagui】無問題。私なんて初TRPGがCSTw
【観客:Damian】それはすごい(w
【観客:god-dqn】 【謎義姉】「大丈夫、すぐに慣れるわ。ほら、肩の力を抜いて。一緒に楽しみましょ?」<takuwanさん
【GM】これ、簡易キャラデータまとめです
【GM】よし、こっからテンションあげてくぜ。
【観客:tagui】15もあったんだ……料理部。
【GM】今回共通の
【GM】戦場ヶ原学園大文化祭についてのグランドガイダンスは
【GM】公式サイトにありまするるる。観戦のお供にどうぞ(w
【ももPL】 目通しまくりネタ探しまくりだぜ!w
【ももPL】 …語られてないところは当然でっちあげてOKですよね?
【観客:kenopl】【観客】売り子さ〜んパンフ一枚ちょうだーい
【GM】でっちあげまくってください(w
【GM】まぁ、お祭り学園なので、皆やりたい放題いこう!
【観客:god-dqn】 【売り子】「はいはーい。ついでにポップコーンなどいかがですかー?」
【観客:tagui】【売り子】は〜い。こちらの通常パンフレットは無料です。こちらのヒミツのパンフレットは有料となっておりますが
【観客:kenopl】【観客】ひ、秘密ですか?…是非下さい(小声で)
【GM】【GM】「GMなんだから一部サービスでくださいっ!」
【観客:ALC_MASK】全部買いましょう(笑
【観客:tagui】【売り子】残念ながらこのヒミツのパンフレットには因子知識によるプロテクトがかかっておりまして、
【観客:god-dqn】 【売り子】「ビール〜ビール〜、ビールはいらんかね〜?」
【観客:tagui】【売り子】お買い上げになった方だけが読めるのでございます
【晴海PL】 【売り子晴海】「焼きそばいかがですか〜美味しいですよ〜」
【観客:Damian】【通行人】義妹饅頭いっちょ〜
【晴海PL】 【売り子晴海】「はい。S型饅頭や修道院饅頭などがありますが、どれにします?」
【観客:god-dqn】 【売り子】「お買い上げありがとうございま〜す!一緒に義妹サブレもいかがですかー?」
【観客:kenopl】【某兄】「S型饅頭?…ぱく…(チュドーン!
【晴海PL】 さて、今日のダイス君はどうでるか……
【観客:kenopl】それっきり、彼を見たものはいない…
【観客:Damian】【通行人】「う、うう、獣娘のサブレひとつ」
【観客:god-dqn】 【某妹】「あぁっ!?お兄ちゃん!?」
【GM】こんばんわー
【観客:god-dqn】 こんばんはー。今夜も楽しんでいってくださいなー
【観客:sf】じーっ。
【観客:tagui】こんばんはー
【ももPL】 こんばんは〜。
【観客:Damian】こんばんわぁ
【晴海PL】 こんばんはー
【観客:kenopl】こんばんわ♪
【晴海PL】 って……見られてる……じーっと見られてるよぉ……
目次へ

■ Opening 01:ももかの場合「そして出会いは…おやくそく?」


【GM】文化祭初日。時間はまだ早かったが校内はすさまじい賑わいを見せていた。
【ももPL】 第15料理部が誇る文化祭名物の一つ、イタリアンデリバリー『インライン特急』。
【GM】その人ごみの中を、楓丸は何か楽しいことでも見つけたかのように、ニコニコと微笑みながら歩いてゆく。
【ももPL】 シェフコートにスカーフとスパッツのおそろいコスチュームに身をつつみ、
【ももPL】 手には料理が山と盛られた載ったプレートを持って、
【ももPL】 人でごったがえした校内の、道を、壁を、フェンスの上を、そして空を、華麗な技とスピードで駆け抜けてゆく、高速の少女達
【ももPL】 どんな場所からのオーダーだって、必ず規定時間内に届けてみせる!
【ももPL】 合言葉は『最速無敵』。 しかし、みそっかすもいるわけで…。
【もも】「はわわ…すみませぇーん」
【ももPL】 ぽーん
【ももか】「はわわ…ごめんなさぁ〜い」
【ももPL】 ぽーん
【GM】ぶつかりまくってるわけだね(w
【料理部前田】 「……先輩、また小山内がピンボール状態やってますよ?」(校舎の窓から下を見て)
【料理部長 「はぁやれやれ。熱意を買って任せてみてんけど、やっぱあかんかった?」
【料理部前田「小山内がデリバリークルーってどう考えてもミスキャストですし…(苦笑」
【料理部長】 「どうしてもやりたいゆうてきかんかってな(苦笑。 まぁ、次遅れたら下ろすゆうてあるし…セグウェイ野郎どもとの勝負もあるさかいなぁ、あんま足引っ張られたらかなわん」
【ももPL】 人にぶつかりぶつかり、他の部員のように華麗に壁を蹴ってすすむどころか、人ごみのほうに突っ込んでいってしまう。
【ももPL】 隙を見つけて人ごみからなんとか飛び出す、
【ももPL】 けど、
【GM/楓丸】「危なっかしいなぁ……おや、軌道が……」
【もも】「きゃん、あれ、あれれ、と、とまら、とまらない(はわわ」(くるくる)
【ももPL】 どすん。
【GM/楓丸】「交差軌道なわけだけど……避けたほうがいいのかなぁ。避けると被害が拡大しそうな……おっと」
【ももPL】 かわされたっ!?w
【もも】「きゃんっ!」
【GM】いや、受け止めています
【ももPL】 では、それで攻撃w
【GM】楓丸は、ももの小柄なからだをしっかりきゃっち。片手で料理も支えて……どうぞ!
【もも】「(ぎゅっと目をつぶったまま)あれ…痛くない。(もそもそ)」
【ももPL】 っと、<ラブコメ体質><隙だらけ>で感情アタック!
【GM】どんとどうぞ
【ももPL】 さらにきゅん1点!
【GM】OK!
サイコロ……momo: 4(1D6)+1(1D6)+2(1D6)+6 = 13
サイコロ……GM: 3(1D6)+3(1D6)+1 = 7
【GM】ダメージください
【ももPL】 DP9点でーす。
【GM/楓丸】「……大丈夫かい? 小さいお嬢ちゃん?」
【GM】で、反撃入れます
【ももPL】 どぞどぞ。
【GM】<副委員長術弐式・沈着冷静>+<文武両道>+<凛々しい背中> きゅん1 肉体
サイコロ……GM: 1(1D6)+4(1D6)+4(1D6)+5 = 14
サイコロ……momo: 8(2D6)+2 = 10
【GM】DP11です(w
【ももPL】 いただきます。
【ももPL】 ごちそうさまw
【もも】「…はわわ、や、八十島せんぱい〜」
【GM/楓丸】「………えーっと……小山内 ももか。つまり中学生ではない」
【もも】「え、あ、なんで、せんぱいが目の前に?え、も、ももの名前知ってるんですか!?」
【GM/楓丸】「もちろんだ……よいしょ」と、ももかを地面に立たせて、ほこりを払う。
【GM/楓丸】「交通安全などと野暮を云う気はないが、もうちょっとなんだ……ん、適職を見つけるというアイデアを検討してはどうか?」
【もも】(せんぱい…かっこいいなぁ)
【GM】楓丸は、ももかの頭にぽんぽんと手を置くと、そのまま別の方向に視線をやるよ
【もも】「……あ…ありがとうございましたっ!」
【GM/楓丸】「ああ(にこり)

【ももPL】 かぶっちた、ごめんなさい^^;
【GM】きにしないきにしない、どんどんいこう!
【観客:ro-q-ku】スパッツ……(・∀・)イイ!
【観客:toveta】こんばんは、見学させてもらってもよいですか?
【GM】どぞ、おもてもOK!
【観客:toveta】では、失礼して
【GM】というか、打って置いたね(w>ももさん やるね
【ももPL】 ばれたw
【観客:kenopl】流石は最速無敵ですねw
【観客:kenopl】>打っておいた
【ももPL】 なので1番でさっさとw
【観客:tagui】んでお兄ちゃんの時だけハデにひっくりかえる、と<ぶつかりまくり
.

.

.

.

. 【観客:tagui】来たな前田。
【観客:kenopl】前田キター!
【観客:Damian】前田だぁっ
【観客:toveta】前田ー(笑)
【GM】攻撃カモーン(w
【GM】いらっしゃいませ。表舞台へもどうぞ
【GM】ゲームの簡単な紹介や背景説明は特設ラヂオでやってますよー
.

.

.

.

.

.

【観客:tagui】たぶんダメージはそれでいいし、命中もしてると思うけど……そんな計算式でしたっけ?
.

.

.

.

.

.

【観客:me_341_】小さい…て、正直は時に残酷だぜ…。
【観客:kenopl】副委員長術式?(w
【観客:toveta】しかも弐番目?(笑)
【圭子PL】 中学生って…ひでぇ
【観客:kenopl】確認してるー!?
【GM】だってちいさいだもんーん(w

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】おつかれさまでした
【ももPL】 おつかれさまでしたー。
【GM】えーっと、つぎは晴海ですか?
【晴海PL】 はいなー
【GM】では、シーン希望、妹術、タイトルをどうぞ
【晴海PL】 楓丸にあちこち、イベントを巡回してもらおうかと。
【晴海PL】 使用妹術は<バイト>
【晴海PL】 タイトルは「バイトの達人」
【GM】おお、了解(w
【GM】使用秘蹟は?
【晴海PL】 ありません。

【ももPL】 冒頭しか書いてなかったのがばればれだっw
【観客:tagui】おつかれですー
【GM】おつかれさまっ(w
【圭子PL】 おつかれさまです〜
【観客:kenopl】乙〜
【観客:toveta】おつかれさまですー
目次へ

■ Opening 02:晴海の場合「バイトの達人」


【GM】楓丸は校内を巡回していた。移動アクセサリー屋や、占い横丁、似顔絵屋、軽音部。様々な出店の間を縫うように、秋の風を楽しむように軽快に歩いていく。
【GM】ロケット燃料研究部(JPC)の打ち上げ施設をしみじみ眺めたかと思うと、移動屋台でラムネをかって一服。
【晴海PL】 向こう側の方から、声が聞こえてくる。
【GM/楓丸】「……楽しそうだなぁ、みんな」
【GM/楓丸】そちらを振り返ります
【晴海】「干し首〜干し首いりませんか〜」
【GM/楓丸】ちょっと頭を振って、目を擦って確認する。
【晴海PL】 男子用ブレザーを着た、童顔の生徒が売り歩きをしている。
【GM/楓丸】「……干し柿? にしてはしなびてるなぁ」
【GM/楓丸】その生徒に接近していくよ。
【晴海PL】 こちらも、そっちに気付きます。
【GM/楓丸】「あー。実行委員会のものだが、許可証はあるのかな?」
【晴海】「ん?」
【晴海】「あ、なんだ。楓じゃないか。こんなところで遇うなんて偶然だね」
【晴海PL】 ええと、クラスメートということで
【GM/楓丸】「……晴海かぁ。(男友達にしか見せないニヤリとした笑いを浮かべる) お前、なに売ってんだ?」
【晴海】「何って、干し首だよ、楓もどう?」
【GM/楓丸】「……おお、干し首干し首。そうそう、携帯ストラップに最適なんだよね〜って、なんだそりゃぁ!」
【GM】楓丸が笑いながら突っ込みを入れる。
【GM/楓丸】「……まさかこれホンモノかぁ!? お前、こんな趣味あったっけ?」
【晴海】「まさか、バイトだよバイト。スプラッター同好会の人手が足りないらしくてさ、手伝ってるんだよ」
【GM/楓丸】「そうかぁ、お前も人がいいなぁ」
【晴海】「うん。よく言われる」にこ
【晴海】「あ、そうだ楓」
【GM/楓丸】「――なんだ?」
【晴海】「この干し首、一個あげるよ」
【GM/楓丸】「――はぁ……あ、ああ。えーっと、いいのか? ありがとう」
【晴海】「仕事運が上がるご利益がらしいよ」
【GM/楓丸】「――仕事運かぁ、ありがたいのかどうなのか」楓丸は小さく笑う
【晴海】「楓は文化祭の実行委員で頑張ってるからさ、応援するよ。がんばってね」
【晴海PL】 萌え攻撃
【GM】どうぞ
【晴海PL】 <バイト><応援してる>でいきます
【晴海PL】 きゅん1
【GM】かもん!
サイコロ……harumi: 4(1D6)+1D6+6(1D6)+3 = 19
サイコロ……GM: 1(1D6)+3(1D6)+1 = 5
【GM】えへ。GMらしいダイス目で回避失敗です(w
【晴海PL】 真ん中は6ですね
【GM】だね
【GM】DPはいくつ?
【晴海PL】 通らば好奇12点です
【GM】もらいます
【GM】で、反撃
【晴海PL】 はいな
【GM/楓丸】「複雑なもんだけど、まぁありがとう。――お返しってわけでもないけど、お前にこれやるよ」と、チケットをわたす。
【晴海】「ん? 何?」
【晴海PL】 ニコニコしながら受け取る。
【GM/楓丸】「なんとか連合っていうところのやる『校内制服娘コンテスト特別優待券』だそうだ。お前、なんか、あんまりにも女の子に興味がないからクラスメイトがやいのやいの言うんだよ。これでも見てぱぁあーっと、そのなんだ。がんばれ。超がんばれ」
【GM】<眉目秀麗>+<厚い人望>+<副委員長術参式・用意周到> きゅん1、技術
【晴海】「ふーん……まぁ、もらっておくよ」
サイコロ……GM: 6(1D6)+1(1D6)+4(1D6)+5 = 16
【GM】とおれば13DP
サイコロ……harumi: 2(1D6)+4(1D6)+2 = 8
【晴海PL】 くらいますた
【GM】チケットの表面には「巨大美少女大会(だいたい2mくらい)! 学内の美少女飛び入り歓迎各種制服お貸しします!」とかかれている。
【GM/楓丸】「――ま、ちょっとお前のこと心配でさ」
【晴海】「そんな心配しなくていいよ。僕は――」
【GM/楓丸】「お前、黙ってれば線が細いいい男なんだから、きっともてるんだろうになぁ。俺なんかとつるんでると、苦労ばっかりだぞ」
【晴海】「楓とつるんでるほうが、ずっと楽しいよ」」
【晴海PL】 言葉がハモった。
【GM】楓丸は、一瞬だまって、にこっと笑うと、晴海の頭をくしゃっとする。
【GM/楓丸】「――俺もお前といると、楽しいよ」

【観客:toveta】おかえりなさいませ(笑)
【観客:yuki_21】落されました〜表いいですか?
【観客:toveta】干し首って(笑)
【観客:god-dqn】 干し首っ!?
【観客:uind】干し…首っ!?
【観客:kenopl】欲しく美
【観客:god-dqn】 ああ、どうぞどうぞー<表
【観客:kenopl】あ、違う干し首ですか(汗
【観客:tagui】何の首なんだろうなあ。犬のんとかだったら呪いに使えそうかもかも。
【もも】「…食べもの?<干し首」w
【観客:tagui】こんばんはー
【GM】こんばんはぁ
【観客:me_341_】こんばんはー
【観客:toveta】こんばんわー
【観客:youjo】はじめまして。幼女です。別に幼くもなければ女でもありません。
【ももPL】 こんばんはー。
【観客:torazou】こんばんわ
【観客:youjo】見学よろしいですか?
【圭子PL】 こんばんわ〜。
.

.

【観客:uind】ノリツッコミ完備か(笑)<兄
【観客:god-dqn】 こんばんは。どうぞ見学していってくださいな〜
【観客:tagui】欲しくねぇぇ(笑)<干し首
【観客:youjo】…む?私の表示おかしくなってはおりませんか?
【GM】どんなふうに?
【観客:youjo】なんだか名前が無いように見えますが…
【GM】みえるよ、こっちからは
【観客:god-dqn】 えぇと、ソフトは何使ってます?
【観客:youjo】は、そうでしたか…では仕様ですかな?
【観客:youjo】TakIRCですが…>god dqnさん
【観客:toveta】これが本物のGMのダイスですか……(笑)
【観客:tagui】うんうん。CSTのGMらしいダイスですね! ばっちりGM期待値!w
【観客:god-dqn】 ああ、失礼。もしかすると仕様じゃないかと思って。でもTak使ってないからわかんないや、ごめん<幼女兄ぃ
.

.

.

.

【観客:MMG_e】兄ダイス〜 兄ダイス〜 こっちもやっぱり兄ダイス〜(笑)
【観客:tagui】私は向こうは見てないんですけど、Dも兄ダイスなんですか?(笑)
【ももPL】 …偽化したにょw
【観客:me_341_】超がんばれ…
【観客:me_341_】それでも3Dで11って、期待値なんだけどな。
【観客:youjo】いえ、お気になさらず>dqn氏
【観客:toveta】えと、GM期待値で計算すると、3d6は7.5になりますが(笑)
【GM】1d6の期待値は2.5だよね^(w

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】おつかれさまでしたっ!
【GM】んじゃ、最後、圭子のOPですね
【圭子PL】 は〜い
【GM】シーン希望、妹術、秘蹟、タイトル希望どうぞー!
【圭子PL】 「ドジっ娘」の専売特許、曲がり角でぶつかって出会うシーンということで。
【圭子PL】 楓丸くんは、またぶつかられるわけですがw
【圭子PL】 妹術は〈ラブコメ体質〉〈おおきなむね〉〈甘い香り〉あたりで。
【GM】了解、秘蹟はなし?
【圭子PL】 秘蹟は無しです。
【GM】タイトルはどうしましょう?
【圭子PL】 えーと、考えてなかったんですが…
【GM】曲がり角は、屋内と屋外とどっちがいい?
【圭子PL】 屋内で。
【GM】了解、んじゃ

【観客:me_341_】…普通に薔薇世界だぞ。
【ももPL】 おつかれさまでしw
【圭子PL】 おつかれです〜
【観客:tagui】おつかれさまでした。
【晴海PL】 ちと手間取ったw
【観客:youjo】お疲れ様でした。健闘を讃えます。
【GM】おつかれさまでした(w
【晴海PL】 おつかれさまです。
【観客:god-dqn】 萌えました!すごい勢いで萌えました!<晴海くん
【観客:toveta】おつかれさまです。晴海くんは萌えます。っていうか、なんだか見てるだけでドキドキします。
【晴海PL】 オープニングは男友達として、と考えてたので、こんな感じに
【観客:tagui】最近801板に出入りしているせいか、そういう風にしか見えない_| ̄|○
【晴海PL】 801板……_| ̄|○
目次へ

■ Opening 03:圭子の場合「最初から急接近」


【圭子PL】 文化祭でにぎわう校内。その中を小さな箱を持った一人の少女が駆けて行く。
【圭子PL】 その少女は「あ〜、いそがないといそがないと〜」といいながら、トテトテと走る。
【圭子PL】 そして曲がり角にさしかかったそのとき、一人の少年とぶつかってしまう。
【GM】昼食を終えた楓丸は、まだ一人で校内の巡回を続けていた。そして一人の少女とぶつかる。
【圭子PL】 「きゃっ!」
【GM/楓丸】「――あ、いたっ……」
【GM】楓丸も転んでます
【圭子PL】 楓丸の体に、同世代の女の子の平均よりはるかに大きい胸が「たゆん」と押し付けられる。
【圭子PL】 そして、女の子特有の甘い香り。
【GM/楓丸】「――ごめんなさい、不注意でした。――大丈夫、ですか?」
【GM】攻撃?
【圭子PL】 どうぞ。
【GM】いや、こちらはまだですにょ。
【圭子PL】 あ、じゃあお先に。
【圭子PL】 〈不可抗力〉〈ラブコメ体質〉〈おおきなむね〉〈甘い香り〉肉体、好奇で。きゅん2点
サイコロ……keiko: 6(1D6)+6(1D6)+2(1D6)+4(1D6)+4 = 22
サイコロ……GM: 4(1D6)+5(1D6)+1 = 10
【GM】ハッハッハ(アメリカ人笑い) ナイス攻撃!
【圭子PL】 DP19点で。
【GM/楓丸】(赤くなって視線をそらして)「……ごめんなさい、ほんとうに。立てますか?」
【GM】と手を貸しつつ攻撃
【圭子PL】 どぞ。
【GM】<眉目秀麗>+<紅潮した頬>+<凛々しい背中>+《因子共鳴:懸命》きゅん1天与
サイコロ……GM: 1(1D6)+6(1D6)+5(1D6)+5+4 = 21
サイコロ……keiko: 3(1D6)+1(1D6)+2 = 6
【GM】DP15で
【圭子PL】 墓穴だ〜
【GM】墓穴処理を先にどうぞ!(w
サイコロ……keiko: 9(2D6)+2 = 11
【圭子PL】 い、痛い…
【GM】合計、26DPで……
【圭子】「ご、ごめんね〜?」
【圭子】「あれ,八十島くんだよね〜?」
【GM/楓丸】立ち上がらせるために手を貸しながら「菅野?」
【圭子】「えへへ、覚えててくれたんだ。ちょっとうれしいな〜。ありがと〜」
【GM/楓丸】「ああ、ひさしぶりだね(ちょっと微笑む)」
【圭子】「うん、おひさしぶり〜。今何やってるの〜?」
【GM/楓丸】荷物も拾い上げて、手渡しながら「実行委員会の巡回で……菅野は?」
【圭子】「私は、ケーキを運んでる最中…ってあー!そうだケーキ〜!」
【圭子】「よかった〜。どうやら無事みたい〜」
【GM/楓丸】(ほっとした顔で)「変わらないなぁ。菅野は」
【圭子】「えへへ、そうかなぁ〜?」
【GM/楓丸】「うん……あー、いい意味でだぞ?」(と、目を細める)
【圭子】「うん、わかってるよ?八十島くん、優しいもん〜。女の子の悪口は、言わないんだもんね〜?」
【GM/楓丸】「(口をへの字にして)面白みのない男なのだ。すまんな」と胸を張ります。
【圭子】「ううん、そんなことないよ」(ぽっ)
【GM】えーっと、ここらでいったんきりますか?
【圭子PL】 あ、ちょっと待ってください。
【圭子】「あっ、あのね、今うちのクラス、喫茶店やってるんだ〜。今のお詫びとお礼を兼ねて、後でうちのクラスにも寄ってくれないかな〜?おごるよ〜?ね?いいでしょ?」
【GM】どぞどぞ
【GM/楓丸】「そうか、わかったよ」(と、やわらかく微笑みます)
【圭子】「明日、私ウエイトレスやってるから〜。絶対に来てね〜!?」

【観客:kenopl】大丈夫。私にも801にしか見えません(爆
【観客:tagui】た ゆ ん !!!!!
【観客:toveta】たゆん、キター(笑)
【観客:me_341_】やっぱりたゆんはいい…。
【観客:R695】たゆんはいいねぇ…v
【観客:god-dqn】 その描写だけでドキドキしちゃうw<たゆん
【晴海】「大きな胸……うらやましい……」
【観客:tagui】ああ、来た。ベタゆえの破壊力ある攻撃だ
【観客:toveta】ダイス君もはりきってるなぁ(笑)
.

.

.

.

【観客:youjo】っと、もうしわけありません。時間が無いゆえ、ここで失礼させていただきます。
【もも】「……くすん」
【GM】おつかれさま、またあした!
【観客:toveta】おつかれさまでしたー
【ももPL】 おつかれさま〜。
【観客:youjo】さようなら。またいづれ。
【観客:R695】おつかれさまーv
.

.

【観客:tagui】ダイス君も「たゆんイイ!」とおっしゃってます。
【観客:tagui】おつかれさまでしたー
【観客:ALC_MASK】いよぉ〜っ、たゆん!(笑
【観客:kenopl】お疲れ様です
【ももPL】 たゆんって66が二個でる確立高いよねw
【晴海PL】 たゆんたゆん
【観客:kenopl】桃色の背景にエコーがかかってるよー(涙
【圭子PL】 そんなにたゆんが好きですかw
【観客:me_341_】はい(断言
【観客:me_341_】激しく偽だ
【観客:MAGE】今晩は。お邪魔させていただきますー
【観客:kenopl】いらっしゃいませー
【観客:toveta】こんばんわ
【ももPL】 クロスカウンターって感じだなぁw
【観客:tagui】こんばんはー
【観客:kenopl】2番窓口CST−Eにお進みくださ〜い
【観客:uind】ガチっすなぁ(^^;
【観客:toveta】OPの墓穴は痛いですねー
【晴海PL】 すごw
【観客:tagui】データ入力こちゃこちゃ間違えて申し訳ない。一応PLの皆様はチェックしておいてくださいね……?
【GM】OPの墓穴はダメージもでかいんだよね……

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】おつかれさまでしたー!
【GM】OPはこれで終了です、滑らかな滑り出し♪
【ももPL】 おつかれさまでした〜^^
【晴海PL】 おつかれさまです〜
【GM】ではでは、次はミドル。つまり二日目です。
【GM】ここからが本番です!
【圭子PL】 はい!
【GM】順番ですが、兄側DPの低い順、つまり ももか→晴海→圭子の順番で行きましょう
【ももPL】 OKでーす。
【圭子PL】 了解です〜
【晴海PL】 了解っす
【GM】というあたりで23:10まで休憩です。ももかはシーン考えておいてくださいね!
【ももPL】 はいなっ!
【GM】では、時間になりました
【GM】はじめましょうか!
【圭子PL】 はいな〜
【GM】ご希望のシーン更正、妹術、秘蹟、そのほかタイトル、出し物、お値段、ぶつかり具合に黄色い悲鳴などありましたらどうぞ!
【ももPL】 シーンは文化祭の片隅の人垣の輪の中、不良2人に絡まれるもも。助けてくれるとうれしいなw
【ももPL】 妹術は好奇全般、秘蹟<あのね、あのねっ>使用!
【GM】ふむふむ
【GM】大体了解。こっからは乱入が可能です>ALL
【GM】乱入能力はなにに設定します?>ももかさん
【ももPL】 技術でw
【圭子PL】 1しかないよ〜w
【晴海PL】 2しかないよ〜w
【ももPL】 あ、不良はもちろん修道会関係者ネ!w
【GM】わざと狙ったね。ももたん(w
【GM】あいあいさ>不良
【GM】《因子共鳴:活躍シーン》1シーンの間、すべてのロールの達成値+2。[幕間に使用]を使用します。
【ももPL】 タイトルはおまかせでー。
【GM】あいあいさ

【観客:tagui】おつかれさまです
【晴海PL】 おつかれさまでし
【GM】おつかれさまですー
【観客:toveta】おつかれさまでしたー
【圭子PL】 おつかれさまです〜
【圭子PL】 い、痛いよ〜
【観客:tagui】まあまあ。喰らったダメージもでかいけど、与えたのも大きいですしー>たくわんさん
【観客:tagui】さて、今のうちに珈琲淹れてこよ
【晴海PL】 買い物行ってきます〜
【ももPL】 いってらっしゃいませ〜
【GM】いってらっしゃいなので
【圭子PL】 いってらっしゃい〜
【晴海PL】 ただいま〜
【ももPL】 おかえり〜。
【圭子PL】 おかえりなさい〜
【観客:toveta】おかえりなさいー
【観客:tagui】おかえりなさーい。
【GM】再開ごー!
【観客:tagui】なんかももちゃん見てるとだね、アル王子の時の修道会のコ思い出すにゃ〜。
【観客:tagui】お約束さいこー。
【観客:toveta】面倒見のいいタイプの義兄には有効な戦術ですね(笑)>不良絡まれ
【観客:tagui】不良のエキストラも必要かにゃ?
【ももPL】 あ、してくれるとありがたいです。
【ももPL】 一人は頭からスパゲッティかぶって、シャツにケチャップの染みでもついててくれるとなお可w
【観客:tagui】おけ。……CGIの方が忙しくなければ。
【観客:god-dqn】 げふぅwそれは面白いぜ!エキストラで入りますねー
目次へ

■ ミドル01:ももか:文化祭狂想曲


or=#202040>【GM】描写はこっちリードでよい?
【ももPL】 あ、お願いしますw
【GM】文化祭の喧騒の中、ひとだかりがある。何を行ってしまったのかは判らないが一人の小柄な少女が他校の生徒に絡まれているのだ。
【もも】「ご…ごめんなさい…」
【GM】どうやらデリバリーの途中で料理をぶつけてしまったらしい。不良は少女の胸倉をつかみ揚げている。
【tagui:不良1】<「オイお前! どうしてくれるんだよこれ!」
【不良2】「ああーん、おめぇなぁ」
【不良2】「このちびすけ。大迫さん、やっちまいますかっ!?」
【もも】「…ぐす…(ごしごし)…とれない…」
【不良2】「塗り広げてどうするんだ!? このちびがっ!」
【もも】「ちびじゃないもん…もももう高校生だもん…」
【不良3】「年齢でも背丈でもねぇっ! 俺たちは胸のでかさを云ってるんだっ!(断言)」
【観客:god-dqn】 【不良3】「こんな薄っぺらい胸じゃガキって言われてもしょうがねぇよなぁ?」(ふにふに)
【もも】「……きゃっ、いやぁ、やめてよぉ(じたばた」
【tagui:不良1】「っはん。はずかしがるほどねーだろーがよ」
【GM/楓丸】(SE:ズシャァァァァァ!)と、一人をぶっ飛ばします。車田正美風のポーズで。
【ももPL】 じゃ、ここまでで萌え攻撃w
【GM】あい、どうぞ
【観客:god-dqn】 【不良3】「げぶはぁっ!?」
【ももPL】 <隙だらけ><ラブコメ体質>感情アタックきゅん1点!
【GM】どんどんどうぞ!
サイコロ……momo: 4(1D6)+3(1D6)+1(1D6)+6 = 14
【GM】ふりなおしどうぞ
サイコロ……GM: 2(1D6)+2(1D6)+1+2 = 7
【GM】いただきます
【ももPL】 DP10点でーす。
【GM/楓丸】「あー、そこの小さい子が迷惑をかけていたら……多分かけてるのであろうが申し訳ないが。構内での恐喝行為は禁止されているので、ご遠慮願いたい」
【晴海PL】 乱入しまーす。
【GM】どうぞ
【晴海PL】 きゅん1
【GM】目標値9
【晴海PL】 妨害は?
【ももPL】 無しで。
サイコロ……harumi: 6(1D6)+1(1D6)+4(1D6)+2 = 13
【GM】乱入は成功、好きに登場してください!
【もも】(八十島せんぱい……もものこと助けにきてくれたんだ…)
【晴海PL】 うい
【不良2】「おめぇ、ぶっ飛ばした後になにほざいてるんだよ!?」
【観客:god-dqn】 【不良3】「はひゃあっ!痛ぇ、痛ぇよぉ〜!?」
【GM/楓丸】ももかのところまでやってくると、背中側にかばう
【晴海】「うりゃぁぁぁ!」
【GM】【不良ボス】「ちっ。いけすかねぇ――なにっ!?」
【tagui:不良1】「恐喝はだめで、殴るのはいいってのか……よ!」(殴りかかる)
【晴海PL】 不良2の背後から、とび蹴りをかます。
【晴海PL】 で、登場
【GM】どうぞ
【ももPL】 じゃ、ぎゅっと楓丸の服のすそにつかまっちゃおうw
【GM】ぶったおしちゃっていい?
【ももPL】 そのための不良でふw
【晴海】「大丈夫、楓?」
【GM/楓丸】「ああ……(にやっと笑って) どこにでもいるなぁ、お前」
【晴海】「(ももを見て)……ふーん、大体分かったよ」
【不良ボス】「おまっ、おまっ! おまえら! ちょっともてそうなビジュアルだからっていい気になりやがって!」
【もも】(きょとん)
【晴海】「楓、こいつら倒していいんでしょ? ひさびさに、やる?」
【不良ボス】「うぉぉー」と晴海につかみかかります。
【GM/楓丸】「よろしく、はるみ」
【晴海】「OK」
【もも】「せんぱいっ、まえっまえっ」
【不良ボス】「うわぁ。格好よくて強いなんてお前ら嫌いだぁぁ……」
【晴海】(不良ボスと戦いながら)「そっちはまかせるよ!」
【GM】不良ボスは晴海につかみかかってベアハッグしようとしています。倒したいなら宣言すればOKとしましょう。
【晴海PL】 かかと落しで一撃
【GM】楓丸は、復活した2と3のコンビを、ももかを小脇に抱えて蹴りまくっています。見かけによらず、無慈悲です。
【晴海PL】 萌え攻撃行きます
【GM】もらいます。
【観客:god-dqn】 【不良3】「ぐふっ!?こいつらムチャクチャ強ぇ!?」
【晴海PL】 <応援してる><仲間意識>
【GM】萌え攻撃、どうします? OKOK
【晴海PL】 きゅん1
サイコロ……harumi: 6(1D6)+6(1D6)+1(1D6)+3 = 16
【晴海PL】 感情です
サイコロ……GM: 6(1D6)+1(1D6)+1+2 = 10
【晴海PL】 DP11点です。
【GM】絶対無駄な時にがんばりますね>ダイス君
【GM/楓丸】(相変わらずスマートなけりをするなぁ、こいつ)
【晴海PL】 晴海は微笑を浮かべたまま、あっさりと不良を倒していく。
【GM/楓丸】相手を倒しきると、ももかを地面におろして昨日と同じようにほこりを落とします。
【圭子PL】 じゃあ戦闘が終わったころを見計らってダメ元で乱入〜
【GM】どうぞ
サイコロ……keiko: 6(2D6)+1+2 = 9
【圭子PL】 同値?
【GM】成功です、自由に登場してね
【ももか】「ありがとうございますっ!昨日も助けてもらって…せんぱいはももの命の恩人ですっ!白馬に乗った王子様です!」
【圭子PL】 うい。
【GM】イヤ、萌え攻撃一回ごとに目標値は下がっていくから
【圭子】「八十島く〜ん、大丈夫〜!?」と上のほうから声が聞こえます。
【ももPL】 といって、抱きつきたいー。抱きついてるとこ見られたいw
【圭子PL】 見ましょうw
【GM】萌え攻撃があるなら、どうぞ。そのあとに反撃が出ます
【ももPL】 そしてそれを萌え攻撃にw
【圭子】「怪我しなかった〜!?」3階の隅のほうの窓から聞きます。
【GM】で、ちょっと質問。各人の今の格好を説明してほしいです。
【ももPL】 抱きついてるw
【圭子PL】 私もですか?
【晴海PL】 詰襟姿で不良倒して手を払っている。
【GM】全員ね
【圭子PL】 服装は見えない、ということにしときたいんですがW
【GM】OK、納得(w
【ももPL】 では、萌え攻撃いいでしょか?
【GM】ももは昨日と同じ格好?
【GM】つまり、服装だけど。コックコートの下ってナニを着ているの?
【ももPL】 普通にTシャツですw
【ももPL】 …第15料理部のクラブTシャツかなぁ。
【GM】OK,攻撃ください
【ももPL】 抱きついたもものポニーテルが跳ねた。としてw
【GM】どぞ(w
【ももPL】 <大好き!><隙だらけ><ポニーテール>で感情アタックw
【ももPL】 きゅん1点!
サイコロ……momo: 4(1D6)+6(1D6)+4(1D6)+6 = 20
【ももPL】 おしw
サイコロ……GM: 3(1D6)+2(1D6)+1+2 = 8
【GM】もらいます、二回目ですね
【ももPL】 DP14点ですー。
【ももPL】 2回目です^^
【圭子PL】 こっちも萌え攻撃良いですか?
【GM】先にこっち、一回目やらせてもらいますね
【圭子PL】 どうぞ〜
【GM/楓丸】「小山内。……感謝はいいんだが。あーごほん……コート、破れてるぞ」 コートとその下のTシャツがべりっよやぶけちゃってます
【GM/楓丸】「とりあえず、でかいけど、これを来ておけよ」と詰襟を渡しつつ
【もも】「ふえ?………きゃあっ!(うずくまりっ)」
【GM】<眉目秀麗>+<紅潮した頬>+<凛々しい背中>:《因子共鳴:優しさを見てしまう》きゅん2:技術
サイコロ……GM: 4(1D6)+6(1D6)+2(1D6)+3(1D6)+5+2 = 22
【圭子PL】 全体攻撃!?
【GM】全体攻撃です。もちろん
【GM】あたれば全員12DPプレゼンツ
【ももPL】 うけますw
サイコロ……momo: 5(2D6)+2 = 7
サイコロ……harumi: 1(1D6)+2(1D6)+2 = 5
【圭子PL】 墓穴チェックだけ〜
【ももPL】 そして墓穴w
【晴海PL】 墓穴や〜
【GM/楓丸】(ああ、こりゃだめだ。袖引きずりかねんぞ。このサイズ……子供みたいなやつだなぁ)
サイコロ……keiko: 8(2D6)+1 = 9
サイコロ……harumi: だいすがつくえからおちたですぅ
【圭子PL】 12DPくらいます〜
サイコロ……harumi: 10(2D6) = 10
【晴海PL】 ……22DPくらうデス
【ももPL】 【もも(ぶかぶかガクラン装備)】(…せんぱいの匂いがする…}
【GM】そだね、圭子は墓穴じゃないですね
サイコロ……momo: 5(2D6) = 5
【ももPL】 墓穴で5点〜
【GM】えーっと。攻撃があるならどうぞ
【圭子PL】 じゃあ行かせてもらいます。
【圭子】「理由はよくわからないけど、けんかしちゃダメだよ〜!?」
【ももPL】 #最後に追撃いきます宣言
【圭子】「怪我すると、八十島くんのファンの子が心配するんだからね〜!?気をつけたほうが良いよ〜!?」
【圭子PL】 〈演説or説得〉単体、きゅん1点
【GM】どうぞ
【もも】「せんぱい達は悪くないの…もものせいなの…」
サイコロ……keiko: 4(1D6)+2(1D6)+1(1D6)+1 = 8
【圭子PL】 だめか?
サイコロ……GM: 2(1D6)+4(1D6)+1+2 = 9
【圭子PL】 だめだ〜
【GM】かわしました
【GM/楓丸】「怪我なんてしないよ、晴海がいたんだから。こいつ、こう見えて強いからさぁ」と窓を見上げます
【圭子PL】 うい。じゃあ最後に「ほんとに気をつけてね〜!?」と言って退場します。
【GM】二回攻撃できるけど、退場しておく?
【圭子PL】 しときます。
【GM】りょうかい
【晴海】「そーそ、別に気にすること無いんだよ、ええと……ももちゃんでいいのかな?」
【GM/楓丸】「おー、あとでいくからなぁ」>菅野
【圭子】「それでも、心配だよ…」とつぶやいておきます。
【圭子PL】 なんかちぐはぐだw
【もも】「はいっ。おさないももかっていいます。えっと…」
【晴海】「あ、ボクは晴海、霧島晴海。よろしくね、ももかちゃん」
【GM/楓丸】「あんまり無茶ばっかりしないほうがいいぞ。小山内」と、デリバリー容器を渡します
【もも】「はるみせんぱいもありがとうございました^^」
【もも】「…ごめんなさぁい」
【GM/楓丸】「がんばれよ」(頭をぽむぽむ、優しそうな瞳で)
【晴海PL】 そんな二人を見て、
【晴海】(なんだろう…………この気持ち……)
【もも】「はいっ!(にこっ」
【GM/楓丸】「――」(晴海をちょっと見て)「じゃ、小山内はこれで平気か? 俺はもう行くぞ?」
【もも】「あ、せんぱい!ちょっとまってくださいっ」
【GM/楓丸】「――?」
【もも】「ちょっと耳をかしてください…」
【GM/楓丸】じゃぁ、しゃがみこんで耳を貸します。
【ももPL】 ついげーきw
【ももPL】 <はじめてのキス(ほっぺただけどな!><スキンシップ>で感情アタック
【GM】そういうポーズを取ってると、楓丸は、すごく優しそうで格好いい、血統書付きの大型犬みたいに見えます。
【GM】えーっとダイスをどうぞ
【ももPL】 きゅん1点
サイコロ……momo: 6(1D6)+5(1D6)+6(1D6)+6 = 23
【ももPL】 おしおしw
サイコロ……GM: 3(1D6)+2(1D6)+1+2 = 8
【GM】いただきます
【ももPL】 LP10点ー。
【GM】反撃
【もも】チュッ
【もも】「えへへ、たすけてもらったおれいです(赤っ
【ももPL】 どぞ。
【晴海】「……!」
【GM】<眉目秀麗>+<紅潮した頬>+<凛々しい背中> 肉体できゅん1
サイコロ……GM: 2(1D6)+2(1D6)+4(1D6)+5+2 = 15
【GM】とおれば10DP
サイコロ……momo: 9(2D6)+2 = 11
【ももPL】 拝領します。
【GM/楓丸】がばっと勢い良く立ち上がって、3mほど電光石火の早業で飛び下がります。
【GM/楓丸】「お、小山内!おまえ、良くそういう頓狂な冗談を!? あ、あ、……(真っ赤になって言葉を失う)」
【晴海PL】 あー、攻撃ok?
【GM】どぞ。
【晴海PL】 それを見て、晴海も顔を真っ赤にする。
【晴海】「ああ、ええと……じゃ、ボクはもう行くよ、がんばってね、楓」
【晴海PL】 何を頑張れというのか、晴海はギクシャクした態度で去ろうとする。
【GM/楓丸】(助けを求める瞳>>晴海)
【晴海PL】 そして、楓丸にすれ違いざまに一言。
【GM】ほい
【晴海】「(目を見て)…………しらないよ…………ばかやろ……」
【晴海PL】 <こぼれた本音><応援してる>
【GM】いただきまひゅ。かまん
【晴海PL】 感情、きゅん1
サイコロ……harumi: 2(1D6)+3(1D6)+6(1D6)+3 = 14
サイコロ……GM: 5(1D6)+4(1D6)+1+2 = 12
【晴海PL】 DP12点です
【GM】何点でしょうか?
【GM】OK,いただきました
【GM】楓丸はうちひしがれています
【GM】んじゃ、この辺で一回きりますか?
【ももPL】 SE;ちゃらららーちゃららー(何かチャクメロ
【晴海PL】 きりー
【ももか】「あ、やばい!配達途中だった!せんぱい、ありがとうございました…てへっ(赤」
【ももPL】 で、切りでw
【GM】はい。じゃ、きりましょう。

【GM】で、不良のエキストラ、誰かでないか?
【観客:tagui】今行くっす
【観客:god-dqn】 【ジャック】「YEAH!ミーにお任せヨ!」
【ももPL】 ねーちゃんつきあってもらおうかーで〆て欲しいw
【観客:tagui】あ、ジャックさんお願いしますw
【観客:tagui】で、大迫って誰さ(笑)
.

.

. 【観客:tagui】広がってる! 広がってるよ汚れ!
【観客:toveta】さすがドジっ娘!(笑)
【観客:tagui】[momo] シーンは文化祭の片隅の人垣の輪の中、不良2人に絡まれるもも。助けてくれるとうれしいなw]
【観客:tagui】……二人?
【観客:tagui】ま、いっかぁ♪
【GM】ま、そこはそれ(w
【観客:toveta】ふにふにキター(笑)
【圭子】「女の子を胸で判断するのはよくないことだと思うよ〜?」
.

.

.

【観客:Damian】お、兄の必殺拳でた〜
【観客:tagui】GMっぽい出目だなぁw
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:me_341_】…不良ボスは、誰の気持ちを代弁しているのだろう…。
【観客:tagui】【不良1】「大迫さん! いくら顔にコンプレックス持ってるからって、そんなに分かりやすくセリフにしちゃだめですよ!」w
【観客:toveta】不良のやられ役っぷりが極まってて素敵ですね(笑)
【観客:yuki_21】ボス、自分のこと気にしてるんだw
【圭子】「男の子の顔じゃないよ」
【圭子】「あ、間違えた〜。男の子は顔じゃないよ、だ〜」
【ももPL】 どんな顔なんだぁw
【観客:kenopl】ボス…哀れな(涙
【観客:tagui】なんかわりと正当なこと言ってる気がしてきたw<お前ら嫌いだ
【観客:tagui】理想的な目でてるなあ>晴海しゃん
【ももPL】 かっこいい〜w
【観客:toveta】ももちゃんが晴海くんに惚れそうに?(笑)
【観客:kenopl】【ギャラリー】素敵ー♪
【観客:god-dqn】 上から声?チラリ?チラリか!?
【観客:kenopl】無意味に風が吹く、とw
【ももPL】 晴海くんルートあるよなー、もも視点ゲームだとw
【観客:kenopl】百合ルート?(爆
【晴海PL】 ありえますなーw
【観客:god-dqn】 イイネイイネー
【観客:tagui】何を仕込んできたんだ。<恵子しゃんの服装
【観客:me_341_】王子様だと思っていたら、お姫様だった!
【観客:tagui】誤 恵子  正 圭子
【観客:kenopl】少女革命ウ○ナ(ボソ
【圭子PL】 や、もっと地味ですw
【圭子PL】 つーかかなり。
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:tagui】やっぱ全員揃うと全体攻撃出るよなー。
【観客:tagui】む。偽だ。
【ももPL】 でもかっこいいぞ、あにw
【GM】そりょでますよ、全体攻撃ですよなぎ払いですよ(w
【観客:tagui】えと、圭子しゃんは墓穴なしの攻撃くらいでいいのか。
【GM】マクロスで云えば「ホーミングミサイル」、マジンガーで云えば「ブレストファイヤー」ですよ
【観客:tagui】んで晴海くんが合わせて22、と。
【観客:tagui】ももかちゃんのが17か。
【観客:tagui】おけ。これでいいはず
【ももPL】 きゅん1点さげ、かな?
【圭子PL】 ごくろうさまです〜
【ももPL】 <墓穴分
【観客:tagui】あい、了解
【観客:me_341_】【謎の義妹】「なぎ払え!」
【観客:tagui】ちょいたんま。回線の調子がよろしくない
【観客:tagui】PLのみなさん、データこれでよろしいでしょうか?
【ももPL】 ももか分はOKだと思いますー。
【圭子PL】 こちらもOKでーす
【晴海PL】 OKでふ
【観客:tagui】チェックありがとうございます。
【圭子PL】 でけぇ〜w
【圭子PL】 ちっちぇぇ〜
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:tagui】や、兄の方は兄期待値よ?w
【観客:me_341_】なんか微笑ましいシーンだ。…年齢はあんまり違わないはずなんだけどな。
【観客:me_341_】警戒してる!?
【観客:Damian】なに、実年齢より、精神年齢・外見年齢のが大事ですぞ。  …どんなに小さくても18歳以上(ry
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:tagui】純情だなあ、兄w
【観客:kenopl】ストレートぉ
【ももPL】 さぁて、キスはつかった
【ももPL】 次どうするかなぁw
【観客:kenopl】何を頑張れと
【観客:tagui】イロイロと、に決まってるでしょうw>がんばれ
【観客:yui】こんばんわ。お邪魔してもよろしいですか?(^^
【ももPL】 あ、追撃分できゅんを1点増やしてくださいませー。
【ももPL】 こんばんは、どうぞご覧下さいませ^^
【圭子PL】 どうぞ〜
【観客:tagui】あいよー。
【観客:god-dqn】 ようこそー。どうぞ見学していってくださいなー
【観客:yui】ありがとうございますっ(^^
【観客:me_341_】気がつけば晴海のDPが20越えていますな。
【晴海PL】 そうですな
【圭子PL】 そして次のシーンプレイヤーが晴海たん

目次へ

■ 幕間 ■


【ももPL】 おつかれさまでしたー。
【GM】おつかれさまでした。攻めてたはずなのに、晴海ににらまれて悪人気分です(w
【晴海PL】 おつかれさまでしたー
【圭子PL】 おつかれさまでしたー
【GM】では、次は晴海ですね
【晴海PL】 えーと、晴海のDPが20越えました。
【GM】おお、そうか!
【GM】ということは、バレイベントがあるんでしょうが……希望はありますか?
【GM】なければ、こっちででっち上げて主導しますし。
【晴海PL】 えーとですね
【晴海PL】 ……いや、そちら主導でお願いします。
【GM】じゃぁ、質問ですけど、今のとこ晴海は「秘密をもうばらしちゃいたい」とおもってますか? それとも「出来ることならこのまま」とおもってますか?
【晴海PL】 楓丸以外には発覚しない方向で、
【晴海PL】 性別に関しては……まだ隠せるなら、それで
【GM】楓丸には、云いたい? それとも、偶然ばれたい?
【晴海PL】 偶然、で
【GM】了解。
【GM】じゃはじめますね。
【GM】秘蹟、そのほかの希望は?
【晴海PL】 秘蹟は<甘い雰囲気>使います
【GM】了解。
【GM】いっちゃっていいかな?
【晴海PL】 OKです。

【観客:tagui】おつかれですー
【GM】おつかれさまです
【ももPL】 ちょっとだけ離席しまーす
【ももPL】 5分で帰ってきます。
【圭子PL】 おつかれさまー
【観客:kenopl】お疲れ様ー
【観客:me_341_】偶然バレるのもいいけど、自分からバラすのもいいな。
【観客:kenopl】やはり、ばれるなら「最悪のタイミング」で!(鬼
【ももPL】 もどりー
【観客:me_341_】王道で言えば、水をかぶって下着のラインが見えるとかだけど…。
【観客:tagui】水かぶって「かぜひくから」って義兄に剥かれる。(鬼
【ももPL】 わくわくw
目次へ

■ ミドル02:晴海:暗闇の中で


【GM】おっと、乱入用の能力をどうぞ
【晴海PL】 天与で
【GM】先ほどの10分後……
【GM/楓丸】「まて。追い待てよ、晴海! さっきのってどう意味だよ」
【GM】晴海を追いかけて息せき切って走った楓丸。
【晴海】「…………追いかけてこないでよ!」
【GM/楓丸】「下級生がふざけただけだろう、ああいうの、態度悪いぞ、おまえっー」楓丸は困惑したような表情をしている。多分、晴海が女だなんて疑ってもいないのだろう。
【晴海PL】 動揺を隠せないまま、晴海は走る。
【GM/楓丸】「お前、そこあぶなっ」と、手首をつかみます。
【GM】大きな移動屋台をかろうじて避けた二人の足元で、突然地面が口をあける。何がなんだかわからないうちに二人はその落とし穴だか、シュートに落下していく。
【晴海】「えっ……うわっ!?」
【GM】(SE:ヒュルルルルルルー              ドスン!)
【GM/楓丸】「いってぇー……」
【GM】そこは真っ暗な穴の中。エレベーターほどの広さの落とし穴だか地下壕のようです。
【晴海】「…ん……んん……何が……どうしたの?」
【GM/楓丸】「わかんないけど……うわたっ!」(何かに激突する音)
【GM/楓丸】「狭いぞ、案外。気をつけろよ……立たないほうがいいかも」
【晴海】「…………え………」
【GM】(SE:ふにっ)
【GM/楓丸】「うわぁ! す、すまん!」
【晴海】「…ひあっ!?」
【GM】まったく真っ暗で、一切ものが見えません。
【GM/楓丸】(ごそごそと座り込む気配)
【GM/楓丸】「――怪我はないか?」
【晴海】「……うん。大丈夫」
【GM/楓丸】「――何で機嫌が悪いんだよ」(ぶっきらぼうな口調)
【GM】晴海は、楓丸がこういう子供っぽいしゃべり方をするのは、自分だけだと知っている。
【GM】気を許した楓丸のしゃべり方……。
【晴海】「……と……たく…………なか……から………」
【晴海PL】 消え入りそうな声で、一度言う。
【GM/楓丸】「――ん? 聞こえなかったぞ?」(問いかける気配)
【晴海】「……あの娘に……ももかちゃんに…………」
【GM/楓丸】(耳を傾けているらしい)
【晴海】「………楓を……取られた………と……思ったから」
【GM/楓丸】「そんなわけないじゃないかっ!」(勢い込んで)
【晴海】「え……か、楓?」
【GM/楓丸】「あんな小さい子にさっ。それにおれは、まだまだ男同士でつるんでたほうが楽しいよ」(優しい笑い声)
【GM/楓丸】「そりゃあんないたずらやられて、ちょっとはそのぅ……ドキドキしたけどさっ。まぁ、お前とラーメンくいに行くのが一番楽しいよ。なっ!」っと
【晴海PL】 晴海はしばらく、きょとんとした顔で、楓の方を見る。
【GM】頭をかき混ぜようとする、いつもの楓丸の癖で手が伸びてきます。
【晴海PL】 見えないけど
【GM】(SE:ふにぃ−っ)
【GM/楓丸】「……ふにぃ?」
【晴海】「……あっ…………」
【GM/楓丸】「……あっ?」
【晴海】「…………ああああああ、あのあのあの……」
【GM/楓丸】「………………」(必死に考えてる気配)
【GM/楓丸】「………………」(さらに激烈に必死に考えてる気配)
【GM/楓丸】「…………ふにぃ?」(首をかしげる気配。脳細胞を微弱電流が駆け巡りシナプスが結合し、アイデアがわく気配!!)
【晴海】「……か、楓……」
【GM/楓丸】「…………おまえ、胸に肉まんでも入れてるんだろうっ! 俺にも一個よこせっ!」
【晴海】「……………………」
【晴海PL】 呆ける
【GM/楓丸】「――って、そんなわけあるかぁぁぁ!!」(SE:スパコーン!!)
【GM/楓丸】「いくらなんぼでもわかるわっ! ぼけっ!」
【晴海】「っつ! 痛っっっ!」
【晴海】「何するんだよ! 楓!」
【GM/楓丸】「……いや、すまなかった。錯乱した。落ち着け、俺」
【晴海】「…………うう……」
【GM/楓丸】「(激しく気まずい雰囲気)……あー。なんだ、その。マジか?」
【晴海】「……っく……ひっく」
【GM/楓丸】「(動揺、あわてる)泣くなっ! その、泣くのは禁止。俺とお前の約束。ぢゃない、どうも晴海と話してると茶化す癖が抜けない……ぢゃなくて、泣くのはやめろ」
【晴海】「………そうだよ………あたりだよ………わるいかよぉ………ばかやろ……」
【GM/楓丸】(ずりずり近づいて……さっきより慎重に……来る気配)
【GM】逃げます?
【晴海PL】 今は逃げときますか
【GM/楓丸】「……そっか、ごめんな」
【GM/楓丸】「気がつかないなんて、友達じゃないよな、そりゃ……」
【晴海】「…………ばかやろ……」
【GM/楓丸】「うん、……ばかだ」
【晴海】「遅すぎるんだよ…………」
【GM/楓丸】「うん……遅すぎた」
【晴海】「なんでもできるくせに、こういうことには疎くて…」
【GM/楓丸】「ごめんな、返す言葉もない……」手を伸ばす気配、でもためらう。
【晴海PL】 その手を取る。
【晴海PL】 そして、手を抱きしめるように包む。
【GM】暗闇の中で、手をとられる楓丸。緊張しているのか、熱くて、しっとりしていて……手を握っただけで激しい動悸が伝わってくる。
【GM/楓丸】「――晴海?」
【晴海】「そうだよ……ボクは……女の子だよ……」
【GM/楓丸】「――ごめんな――それでも……」もう一方の手で、いつもより何十倍も優しく、髪の毛の中をかき回す。
【GM】攻撃、します
【晴海PL】 OK
【GM】<やわらかい笑顔>+<凛々しい背中>+<副委員長術壱式・士気高揚> きゅん1:感情
サイコロ……GM: 6(1D6)+3(1D6)+3(1D6)+5 = 17
【晴海PL】 きゅん1
サイコロ……harumi: 1(1D6)+1(1D6)+3(1D6)+3 = 8
【晴海PL】 はい。もらいました
【GM】12LP
【GM/楓丸】「それでも、晴海は晴海だよ。ずっと一緒にバカやってきたもんな」
【晴海PL】 墓穴も掘りました。
【GM】今まで聞いた中で、一番優しくて暖かい声だよ。
【GM】では、墓穴もどうぞ
サイコロ……harumi: 6(1D6)+1 = 7
【晴海PL】 DP7点
【晴海】「……うん……そうだね……」
【晴海】「…………一緒に……いろんなことしてきた」
【GM/楓丸】「そうだよ」
【晴海】「楓、ひとつだけ、お願いがあるんだけど……聞いてくれる?」
【GM/楓丸】「ああ、いってみろよ」
【晴海】「ボクが女の子って知ってからも…………今までと、同じように、友達でいてくれる?」
【GM/楓丸】「……えーっと、うーん。善処する」
【晴海】「…………ありがとう……」
【GM/楓丸】「何でそんなことしてるのか、聞かれたくないから聞かないし、お前の秘密だから絶対守るけど……よくなったら聞かせてくれよな」
【晴海】「……うん。わかった……」
【晴海PL】 晴海は、そのまま楓丸の体にもたれかかる。
【晴海PL】 萌え攻撃行きます
【GM】どうぞ
【晴海PL】 <無防備な肢体>単品、きゅん1
サイコロ……harumi: 2(1D6)+6(1D6)+3(1D6)+4 = 15
【GM】楓丸の身体が一瞬はねる。緊張してがちがちになって、どうやら闇の中で正座しているようだ。かわいそうになるくらいビックリしてるけど。必死に動かないようにしているようだ。
サイコロ……GM: 5(1D6)+2(1D6)+1 = 8
【GM】もらいます
【晴海PL】 LP11−2で9点です
【晴海】「ごめん……楓丸……しばらくこのままでいさせて……」
【GM/楓丸】「まかせとけ……」(緊張した声)
【晴海】「ありがとう……楓……」
【GM/楓丸】「……(無理やり明るく)……お前こうしてると細いもんな。気がつかなかった俺が馬鹿だったな」
【晴海】「……うん……楓も馬鹿だけど……………ボクも、馬鹿だよ………」
【晴海PL】 えーと、一回しか攻撃していませんが、そろそろ切ろうかと
【GM】了解
【GM/楓丸】(……だめだ、もう女の子にしか見えない。こんなんじゃ晴海に失礼だ……あたまを冷やさなきゃ……)
【GM】では、きりましょうか
【晴海PL】 はいな

【観客:me_341_】言葉の端に、女性らしさが出ているのぅ。
【ももPL】 わくわくw
【ももPL】 純粋に展開が楽しみ〜
【観客:SIN】・・・・シュート?w
【ももPL】 なんてぇ学校だいw
【観客:me_341_】この穴の正体は何なんだろな。
【観客:tagui】まあ、戦場ヶ原だし。←全ての問題はこれで片付く罠w
.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:me_341_】ふにっ!
【観客:kenopl】ふに〜
【ももPL】 いいなぁ、なんかいいなぁw
【観客:god-dqn】 ドキドキしてきたぁ
【圭子PL】 暗闇の密室で男女が二人きり〜
【観客:me_341_】暗闇の密室で男男が二人きり〜(兄視点
【観客:kenopl】薔薇が、薔薇が散ってますわ、お兄様!w
【観客:god-dqn】 楓丸×晴海…
【観客:tagui】来るぞ、来るぞ♪
【GM】たのむからボーイズラブにしないでぇぇぇ(涙
【ももPL】 あぁ楽しいなぁもうw
【観客:suzumeya】ひゃっほう!BLばんざーいい¥
【晴海PL】 楽し♪
【観客:tagui】そうかBLはダメか。さぶならいいのか?(追い討ち)>raopu殿
【もも】「ちいさくないもんっ」
【観客:kenopl】最近、本屋の棚のBL率があがってるんだよねー(謎
.

.

.

.

.

.

.

【観客:me_341_】手を押し付けたー!!
【観客:tagui】ふにー
【GM】さぶはやだ。アドンもサムソンも全国いい街菊マップもやだぁ!
【観客:kenopl】ふに〜〜〜〜っ!!!?w
【ももPL】 ふにラッシュw
【観客:god-dqn】 さすがに気付くだろ!気付かないか?
【観客:yuki_21】気付くよね〜
【観客:kenopl】気付かなかったら神!
【観客:tagui】つーかすでに気付いててわざとやってたり?
【観客:me_341_】いままでの思い込みがあるから、思いつかないかもしれないぞ?
【観客:kenopl】【偽楓丸】意外と太ってるんだなお前
【ももPL】 Σ(゜Д゜;エーッ!
【観客:kenopl】そう来たかーっ!?w
【圭子PL】 気付けYO!
【観客:kenopl】あ、気付いたw
【ももPL】 Σ(゜Д゜;エーッ!
【観客:me_341_】泣け!泣きつけ!
【観客:yuki_21】いや気付いてない!泣きつけっ
【観客:tagui】一人ツッコミ一人ボケで相手はたくのはダメダメだと思うぜ?>兄
【観客:kenopl】大丈夫、まだ明言してない!w
【観客:god-dqn】 さすが鬼の風紀委員、恐るべき鈍感さだw
【観客:me_341_】ほら!行け!抱きついて泣け!(ビール片手に)
【観客:tagui】あ。泣いた!
【観客:tagui】つーか、泣かした!
【ももPL】 …わくわく(ぱりもぐむしゃ
【観客:me_341_】揉まれた、叩かれた、バレた どれが一番の原因だ?
【観客:kenopl】つーか、ホントにばれたのこれ?明言してないけどw
【観客:me_341_】分かったみたいではあるけど…。
【GM】きつい、緊張する(w
【ももPL】 がんばれ、ジェントルX。まけるな、ジェントルX〜w
【ももPL】 …ごくり…(ぱり…ん
【観客:me_341_】どきどき(ビールをぐびり
【観客:god-dqn】 やべぇ、これは強い!強いッスよ!
【観客:Damian】いけー、いけー(親父的声援)
【観客:tagui】乱入とか不可能だよね……
【圭子PL】 王道だ〜
【観客:me_341_】言った言ったよ!晴海が言った!
【ももPL】 でけんてか、ものすごい引き立て役っぽw
【晴海PL】 失礼しました。かなりもたついてしまった。>ALL
【観客:me_341_】おら!一息だ!相手に女を感じさせろ!手綱を取れ!主導権を握れ!義兄を自陣に引きずり込め!
【ももPL】 いえいえ、もうぐいぐい引き込まれまくりw
【観客:ALC_MASK】籠絡!(笑
【観客:tagui】うわーうそくせーダイスぅw
【ももPL】 ひでえw
【圭子PL】 入った〜!!
【観客:tagui】しかも墓穴ですかひょっとして。
【ももPL】 ですな^^;
【観客:me_341_】墓穴ですな。しかもここでLP入りって、晴海くんにはツライなぁ。
.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:tagui】こんばんはー
【GM】こんばんはー
【観客:YAMAGE】はじめまして
【観客:ro-q-ku】こちらでもこんばんわー
【ももPL】 こんばんはー
【観客:me_341_】こんばんはー
【圭子PL】 こんばんわ〜
【GM】表舞台は#CST-Eです、こちらは感想言える場所です。ではどうぞー
【GM】あるら
【観客:me_341_】普段なら遠慮なく抱き合ってたりするんかな…。何もしていないって事は、やっぱり意識せざるをえんよねぇ。
【観客:me_341_】LP8点ですぜ。
【観客:tagui】む?
【観客:me_341_】<無防備な肢体>恋愛+3 +5(ダイス目)
【ももPL】 6でてるよー?
【GM】+2が秘蹟じゃない?
【観客:tagui】ダイス目6よ?
【観客:me_341_】めっさ失礼。
【観客:me_341_】…それでも、9点じゃ?
【ももPL】 甘い雰囲気使ってるはずっす
【観客:me_341_】…なるほど!これは申し訳ない。
【圭子PL】 そう言えばraopuさんは+1した?
【GM】あ、してないね。そこ、たしておいてお願いします
【ももPL】 はぁ…緊張からだんだん弛緩してきたー。w
【観客:kenopl】お疲れ様〜

目次へ

■ 幕間 ■


【晴海PL】 おつかれさまです
【GM】おつかれさまです、タイマンで緊張しました
【圭子PL】 おつかれさまでした〜、よかったよ〜
【GM】じゃぁ、圭子ですね
【ももPL】 おつかれさまでした〜
【圭子PL】 はーい
【GM】シーン定義、妹術、秘蹟、タイトル、差し入れ、お弁当、お持ち帰りはいかがしましょう?
【圭子PL】 またラブコメ路線に戻りますw
【圭子PL】 楓丸くんがうちのクラスの喫茶店に来た、というシーンで。
【圭子PL】 秘蹟《甘えてください》を使用します。
【圭子PL】 使用妹術は好奇系全般で…というかドジっ娘セットで。
【GM】了解ですぽ
【圭子PL】 タイトルはお任せします〜

【GM】おつかれさまでしたー
【観客:kenopl】萌えの中の義妹〜、兄の中の因子〜、愛は此処にあるの〜報われること願い〜♪(今の脳内音楽)プロジェクトX風味にw
【GM】というか、ここまでタイマンの密室戦闘CSTやったのはじめてぽ(w
【GM】明日の番組がそんな感じ>X風(w
【ももPL】 割り込み無粋すぎw
【ももPL】 かも
【GM】おかえりー
【観客:god-dqn】 ようこそー
【圭子PL】 ども〜
【観客:YAMAGE】どもです
【GM】リードされてる(w
【観客:god-dqn】 こちらは#CST-Eの観客席です。どうぞ#CST-Eをご覧になってください
【観客:suzumeya】割烹着萌え〜(心から)
【GM】入って良くなったら教えてね(w)>表>楓丸
【圭子PL】 あ、どぞどぞ。
【ももPL】 登場能力なんでしょう〜?
【観客:god-dqn】 そういう方面か!萌えるなぁw
【観客:toveta】心激しく揺さぶられますね(笑)>旦那様
【ももPL】 任意乱入モードってあったんだ…
目次へ

■ ミドル03:田中の趣味は割烹着


【圭子PL】 高等部3階の一番隅の教室、そこが圭子のクラスだった。
【圭子PL】 立地条件のせいか、それほど人はおらず、ゆっくり休むにはもってこいかもしれない。
【圭子PL】 …そう思っていた。
【圭子PL】 看板に大きく書かれた「割烹着喫茶」というあやしげな文字をみるまでは。
【GM】では、一人の背の高い少年がとぼとぼとあるいてきて、看板を見てビックリする。
【GM/楓丸】「何を考えてるんだ、菅野のクラスは……」
【GM】とはいえ、それらしく作られた和風の引き戸を開けて中に入る。
【圭子PL】 【割烹着を着たウェイトレス達】「お帰りなさいませ、旦那様!」と一礼。
【GM/楓丸】「(防御の構えで)……あ、はい。菅野はいますか?」
【GM】あ、登場能力決めてませんでしたね。
【圭子PL】 「お帰りなさいませ〜」と圭子が出てくる。
【圭子PL】 あー、なんでも良いです。出たい人は出てください。
【GM】じゃ、乱入OKで。了解。
【圭子】「ふふっ、こちらへどうぞ、旦那様〜」と、割烹着を着た圭子が席に案内します。
【GM/楓丸】「お帰りなさいませなんだ?(いぶかしげに)」
【GM】席に素直に案内される。
【圭子】「うん、いらっしゃいませのことだよ。旦那様って言うのはお客様のこと。」
【圭子】「ほんとに来てくれたんだね〜」
【圭子】「どうかな〜?似合う?」その場でくるりと一回転
【GM/楓丸】「うん、その……(赤面)にあうな、それ」
【圭子】「えへへ、ありがと〜」ふわりと微笑みます。
【GM/楓丸】「うへぇ。疲れた」とばったりとテーブルに顔を伏せて。「メニューは何があるの?」
【圭子PL】 んー、お任せでいいかな?
【圭子PL】 すません、上は圭子の発言です。
【GM】いいよ、もちろん。PL主導で(w
【GM】あ、OKOK
【GM/楓丸】「うん、何かよろしくお願いシマス」(ぐったりして)
【圭子】「じゃあただいま、お飲み物をお持ちします。少々お待ちください、旦那様〜」
【GM/楓丸】(あーパタパタ走っちゃって……。いいな、こういうのも)
【GM/楓丸】(それにしても小山内といい晴海といい……なんでこういうのが重なるんだ、これは何か。いぢめかっ!)
【圭子PL】 ちょっとして。
【圭子】「お待たせしまっ…きゃああっ!」何かが切れるような「ぶつっ」という音と、悲鳴がします。
【GM/楓丸】(まじめに勉強やって委員会やって弓道もやって、がんばってんのに、俺だけ嫌いですか神様。女のことはさっぱりわかりません。助けてくださいよ、まったく)
【GM/楓丸】「え?」
【圭子PL】 そして背中に「ふよん」とした重みとホット紅茶がかかります。
【GM】じゃばじゃばと? あぅー熱い?
【圭子PL】 ええ、熱いです。
【圭子】「ご、ごめんなさいっ!鼻緒が切れちゃって、それで…ああっ、紅茶が、熱いし、大丈夫?」
【GM/楓丸】(割合涼しい顔で)「――熱いかも」
【圭子PL】 萌え攻撃、OK?
【GM】どうぞ
【圭子PL】 〈不可抗力〉〈ラブコメ体質〉〈おおきなむね〉〈甘い香り〉きゅん2点、肉体で。
サイコロ……keiko: 4(1D6)+3(1D6)+5(1D6)+3(1D6)+4+2 = 21
サイコロ……GM: 2(1D6)+5(1D6)+1 = 8
【GM】いただきます
【圭子PL】 DP18点で。
【圭子】「しみになっちゃうし、とりあえず脱いでっ!」と大慌てでバックヤードに連れて行って服を脱がせようとします。
【GM/楓丸】(ちょっと我慢する表情)「さんきゅ」で、ついていきます
【圭子PL】 で、バックヤード
【圭子】「ごめんね、大丈夫だった?」
【GM/楓丸】「菅原、脱ぐから後ろ向いててよ」といって、脱ぎ始めます
【圭子】「ちょっと私も汚れちゃったから、着替えるね?」
【GM】詰襟の上は着てないから、いきなりシャツですね。こっちは、で、その下がTシャツ
【圭子】「悪いけど、もしよかったら乾くまでここの制服着ててもらえる?そこの箱の中に入ってると思うから」
【GM/楓丸】「――!! おまえはっ! 別の場所ないのかっ! って、俺が出るっ!
【圭子PL】 や、仕切りがあるんでだいじょうぶで素w
【GM/楓丸】「仕切りがあるなら早くだせっ(真っ赤)」がしゃがしゃ
【GM】で、楓丸は服をばさばさと脱いで、しきりに引っ掛けます。
【GM】攻撃
【圭子PL】 どぞ。
【GM】<副委員長術弐式・沈着冷静>+<凛々しい背中> 肉体 きゅん1
サイコロ……GM: 3(1D6)+2(1D6)+3(1D6)+5 = 13
【GM】とおれば7LP
サイコロ……keiko: 7(2D6)+4+2 = 13
【圭子PL】 かわしました
【GM】かわされました
【GM/楓丸】「で、どの服なら着ていいんだい?」
【圭子PL】 箱の中には、女物の割烹着しか入ってないです。
【GM/楓丸】「……」
【圭子】「ごめんね、本当に。鼻緒が切れなきゃ大丈夫だったんだけど。和服だからね」
【GM/楓丸】「……まったくだ(ホントついてないな、俺)」
【圭子】「あのね、最初はメイド喫茶か巫女喫茶の予定だったんだけど〜、田中くんが『エプロンドレスさえ着てれば誰でもメイドか?緋袴さえはいていれば誰でも巫女か?違うだろう!?我々はそんなものに萌えるのか?否ッッ!!断じて否ッッ!!!』って物凄い勢いで反対して…」
【圭子】「それで、『ここは両方の意見を取り入れつつ、癒しをテーマに割烹着という大英断を講じたい!!』ってことになったの〜」
【GM/楓丸】「……田中はそういうやつだ。気が向けば単三電池にでも萌えるヤツだよ」(うつろな声)
【圭子PL】 繰り返しますが、割烹着以外の服は見当たりません
【GM/楓丸】「……っていうか、服がないぞ。菅原?」(まったいらな声で)
【圭子】「え?な〜に〜?」と下着姿で出てきます。
【GM/楓丸】高速で背中を向けます。
【圭子】「〜〜〜っ!!」気づいて赤くなり、また引っ込みます。
【GM/楓丸】「……田中ぁ! 出てこいおまえ!(逆切れ)」
【圭子PL】 萌え攻撃。
【GM】どうぞ
【圭子PL】 〈(田中の)演説or説得〉〈ラブコメ体質〉〈おおきなむね〉、きゅん2点使用。
サイコロ……keiko: 5(1D6)+6(1D6)+5(1D6)+6(1D6)+4+2 = 28
【圭子PL】 肉体で。
サイコロ……GM: 6(1D6)+1(1D6)+1 = 8
【GM】えへ。
【圭子PL】 DP16点で。
【GM】DPでいいの? いいんだよね
【圭子PL】 追撃しますから〜
【GM/楓丸】「……割烹着を着てれば大和なでしこかっ!! 否っ! 旦那様って呼べば萌えかっ!! 否っ! お前日本の優美な伝統と恥じらいはどこにお行きあそばられたんだっ! ってこれはもちろん菅野に云ってんだからなっ!」
【圭子】(やっぱり、怒ってるかな〜…怒ってるよね〜…招待しといて紅茶かけちゃったもんね…)
【GM】萌え攻撃。
【圭子PL】 どぞ。
【GM】<スタンピード>+<紅潮した頬>+<眉目秀麗> 感情 きゅん……1いっとけ。
サイコロ……GM: 5(1D6)+5(1D6)+4(1D6)+5 = 19
【GM】LP11
サイコロ……keiko: 3(2D6)+5 = 8
【圭子PL】 墓穴〜
サイコロ……keiko: 2(1D6)+1 = 3
【圭子PL】 3点のDPと11点?のLPもらいました〜
【GM】さしあげました
【圭子PL】 まだちょっと続きます〜
【圭子】(いじめられるのかな…もしかして「どれいになれ」とかいわれてご飯作ったりお掃除したりしなきゃだめなのかな…)
【GM/楓丸】(急にまじめな声で)「菅野っ!」
【圭子】(ううん、それどころかHなことも…たとえば、おっぱいさわられたりとか、スカートめくられたりとか…うぅ…)
【圭子】「な、何?」
【GM/楓丸】(じろり)「……なんか考えてただろう?」
【圭子】「あのさ、八十島くん!」
【GM/楓丸】「なにさ?」(胸を張って)
【圭子】「そういうのはふじゅんいせーこーゆーなんだよ?エッチなのはいけないんだよ!?その、おっぱいとか、スカートめくりとか…」
【GM/楓丸】「……菅野」
【圭子】「なんでもいいの〜!とにかくだめなの〜!」
【圭子PL】 きゅん1点使って追撃〜
【GM】どうぞ
【圭子PL】 〈エプロン〉〈Hな妄想〉〈天然ボケ〉〈お小言〉肉体で。
【圭子PL】 きゅん2点使用
サイコロ……keiko: 5(1D6)+6(1D6)+1(1D6)+3(1D6)+4+2 = 21
サイコロ……GM: 6(1D6)+4(1D6)+1 = 11
【圭子PL】 LP12点です。
【GM】もらいました
【GM/楓丸】「菅野〜! いいから落ち着けっ! 見えてるっ! 見えてるってぇ〜!」
【圭子】「もう、エッチ〜!!でてって〜!!」
【GM/楓丸】(しょんぼり)
【GM】きりますか?
【圭子PL】 はい。

【ももPL】 さっきのシーンでなかった二人はきゅん回復だよね?
【晴海PL】 ですね>回復
【GM】いましょりするね
【GM】やりまひた
【ももPL】 どもども^^
【ももPL】 狙われてるからってドライな返答ができるんだよなぁ、CSTw
【ももPL】 おかえりなさいましー
【GM】おかえりぽーん
【晴海PL】 強いなー。ふよん
【ももPL】 Σ(゜Д゜;エーッ! シキリアルノ? w
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:kenopl】不吉なw>鼻緒
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:kenopl】田中ぁ!!!
【ももPL】 GJ!
【観客:Damian】よくやった田中!(ぇ
【観客:god-dqn】 田中ぁ!お前最高だぁっ!!w
【ももPL】 う、ミドル4回ってきそうか。
【ももPL】 考えんと…w
【観客:raiva】・・・・あいかわらずのだめっぷりだなぁ田中w
【GM】今回の田中は随分優秀だろう(w
【GM】少なくとも割烹着喫茶を成立させてるぞ?(w
【ももPL】 ええ仕事してるよ、実際(ぉ
【観客:Damian】田中は勇者… ってスカートめくってんのか田中!?
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【GM】妄想入ったー!
【圭子PL】 入れますとも〜!!
【GM】ぎりぎり29!
【ももPL】 ぐふぅ!w
【晴海PL】 もう1シーン発生か
【ももPL】 あら、なんかきゅんが下がったw
【圭子PL】 全妹術使用達成〜
【観客:Damian】才×〒"├ー
【ももPL】 うう、予定外だw
【圭子PL】 ぎりぎり足りなかったですね〜
【ももPL】 乱入無粋な風だったしなぁw
【圭子PL】 最初からいっしょにいるとかでもなければ出られない雰囲気だったもんね。

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】おつかれさまでしたぁ
【圭子PL】 おつかれさまでした〜
【ももPL】 おつかれさまでした〜
【圭子PL】 ちょっと駆け足だったかな?
【晴海PL】 おつかれさまです。
【GM】いえいえ。いい感じだったでしょう
【GM】兄側はこの幕間で
【GM】《因子共鳴:胸の高まり》義妹はこの幕間できゅんかるまを回復できない。[幕間に使用]
【GM】を使用します。
【晴海PL】 ひゃっほうw
【GM】で、先ほどの圭子様の絶妙なラブコメ寸止めで、LPが29なので、ミドル4があります(w
【圭子PL】 がんばれ〜<他の人
【ももPL】 がんばる〜w
【GM】ももかですね、シーン定義、妹術、秘蹟、そタイトル希望などありますか?
【GM】で、シーン定義、妹術、秘蹟、そタイトル希望などはどうですか?
【ももPL】 つかみんなでろおおおおw
【晴海PL】 うひゃ!?>おろおろ
【ももPL】 えーと、ゲリラロケハン隊のロケハンに巻き込まれて無理やりそのシーンのヒロインにされたももっ!
【ももPL】 そしてやっぱり無理やりヒーローにされた楓くんってことでw
【ももPL】 使う妹術は恋愛全般
【GM】了解。
【ももPL】 おっけーw
【ももPL】 秘蹟はなしっ、タイトルおまかせっ!
【ももPL】 冒頭描写はお願いしますっ(ぉ
【GM】乱入は?
【ももPL】 肉体っw。じゃなくて任意! でたい人はでるっ。
【GM】乱入上等ね
【GM】OKOK
【晴海PL】 ……わかりました! 出ます!

【GM】生真面目兄に同調して、GMもキワキワです。
【晴海PL】 _| ̄|○ 
【GM】LP的に見ても、三人とも同じくらい好きかもということらしい
【GM】その中でも圭子が一番ドキドキしてるのは、たぶん下着姿を見てしまったせいかと……
【圭子PL】 そんな理由で!?
【GM】ただ、「今のところ」、彼は性格上、みつまたとかすごくいやなので。それは避けるために悩んでいるのでせう
【GM】というか、ラヂオでちょうど晴海さんのくだりがレポートされてるね(w
【晴海PL】 あははははw
【晴海PL】 時間かかりすぎたのが何より申し訳ないところだった。
【ももPL】 もう全然ネタストックないからぶっつけだーw
目次へ

■ ミドル04:ももか:不揃いな男女七人は突然に the ムービー6
〜小さな娘は好きですか〜


【GM】『ゲリラロケハン隊』とは何か?
【GM】それは学園祭を背景に描く青春グラフティ『不揃いな男女七人は突然に the ムービー6』撮影部隊である。
【GM】この自主制作映画の特徴は、撮影の全てを学園祭当日に行う事である。ロケハンは突発的に行われ、時には役者ですらその場で徴用される、恐ろしく乱暴な企画。製作された映画は、編集の上、最終日に上映される。
【GM】三日でつくる映画! この伝統ある企画は今年で六回目を迎えていた……そしていま……。
【GM】文化祭二日目を迎え、撮影は佳境を迎えていた!! 互いの愛を告白しあった小桃(ももか)と静介(楓丸)は、体育用具室で運命の一夜を過ごすのだが、悪辣な共闘一派の手による、二人が実の兄妹であることが暴かれてしまう!! しかも、傷心の静介(楓丸)の心には別の女性の影もあるのであった!!
【監督】「テイク3、スタートゥゥ!!」
【GM/静介/楓丸】「えーっと……」
【監督】「カットカット! この大根野郎!!」
【ももPL】 【もも/小桃】「……せんぱい、大丈夫?」
【監督】「夕暮れの逆光は貴重な時間なんだから一発で決めてくれよ副委員長!! なぁ、ももかちゃんはうまいじゃねぇか」
【GM/静介/楓丸】「……(呆然)」
【監督】「気合入れていくぜ、こう、ムード満点でな! じゃ、ももかちゃん、リードしてやってな!」
【GM/静介/楓丸】「うー。了解。がんばります!」
【ももか】「はぁい。かんとくぅ〜」
【監督】「テイク4、スタートゥゥ!!」
【GM/静介/楓丸】「……小桃」
【ももPL】 【もも/小桃】「………静かだね…静ちゃん」
【GM/静介/楓丸】「……ああ、綺麗だね。夕日」
【GM】二人の姿が夕日の中に浮かび上がる! 
【GM】観客のDPが上昇するシーンだ。
【ももPL】 既に体育用具室の中?
【GM】いや、それはおわって……
【ももPL】 あ、なるほど。読み違えてましたっ!^^;
【GM】そのあと、二人は実の兄妹だとばらされて、ここはお別れをする(はず)のシーンだ(w
【ももPL】 【小桃/もも】「これからもずーっとずーっと、なんかいもなんかいも、静ちゃんと一緒に夕日を見たいな…」
【GM/静介/楓丸】(ぶっきらぼうに)「ごめんな、小桃」
【小桃/もも】 「ううん…静ちゃんの…静ちゃんのせいじゃないもん…」
【GM/静介/楓丸】「おれ、お前にキスしてもらったとき……胸が燃え上がったよ。抱きしめたいと思った。守ってあげたいと思ってたんだ……だけど、もう……」伸ばした指先がももかの唇をなぞる
【小桃/もも】 「静ちゃん……静ちゃぁん」楓丸に抱きつくももか。両腕を首にからませ頭を抱く。
【GM/静介/楓丸】楓丸も抱きしめる。その言葉は、もう、台本なのかそうでないのか、わからない。
【GM/静介/楓丸】「……この小さな胸の中にも、きっといろんな気持ちが詰まってるんだよな」
【小桃/もも】 ゆっくりと腕の力を緩め、楓丸の顔が見えるところまで頭を引くももか。
【GM/静介/楓丸】楓丸の表情は逆光で見えない。そのままゆっくりと近づいて
【GM】萌え攻撃。
【小桃/もも】 「うん、つまってるよ…。静ちゃん……」
【ももPL】 こいっ。
【GM】<眉目秀麗>+<紅潮した頬>+<おでこにキス>きゅん1 肉体
サイコロ……GM: 3(1D6)+5(1D6)+2(1D6)+5 = 15
【ももPL】 きゅん3!
サイコロ……momo: 20(5D6)+2 = 22
【GM】回避成功ね
【ももPL】 はふぅ。
【GM/静介/楓丸】楓丸はももかのおでこに、触れるか触れないかのキスをします。
【小桃/もも】 徐々に近づく楓丸の顔。ん、静介?
【小桃/もも】 「嫌だよ。一緒にいようよ。離れたくないよ……だって大好きだから」そして…涙。
【小桃/もも】 すがりつくように楓丸の体を抱きしめるもも。
【ももPL】 萌え攻撃ーw
【GM/静介/楓丸】楓丸は指先でその涙をすくい、だきしめます
【GM】いただきますー
【ももPL】 あぁ、どっちからともなくなったw
【GM】へ?
【ももPL】 <幼児体形><スキンシップ>で感情アタック
【ももPL】 いや、抱きしめたのがどっちからでもなくなったなぁとw
【GM】抱き合ってるんですね
【GM】どうぞ>攻撃
【ももPL】 秘蹟<ほんとの気持ち>も使いまふ。
【晴海PL】 打ち消しー
【晴海PL】 <ゆうこときけって>
【GM】打ち消し成功。
【ももPL】 ちっw
サイコロ……momo: 6(1D6)+1(1D6)+6 = 13
【ももPL】 …理想的とも言えなくないけどーTT
サイコロ……GM: 3(1D6)+4(1D6)+1 = 8
【GM】いただきます.
【ももPL】 LP10です。
【ももPL】 で、墓穴ですな^^;
【GM】ふってぇな
サイコロ……momo: 4(1D6)+1 = 5
【GM】■《因子共鳴:おでこをこつん》実ダメージ反射
【ももPL】 おっけーw
【GM/静介/楓丸】「それでも、小桃は俺の……妹だからさ」無理やり小桃の肩をつかんで引き離して、微笑みます。
【晴海PL】 そろそろ……出ようかな。
【GM】どうぞ。自分で役柄と名前と立ち位置決めてください(w
【小桃/もも】 「………おにいちゃん…(涙笑」
【晴海PL】 名前は晴奈。静介の影の女。w
【GM】えー、わかりました。じゃ、一応女装?
【ももPL】 女装でクルカー!w
【晴海PL】 女装だーw
【圭子PL】 割烹着貸そうかー?
【GM】割烹着(w
【晴海PL】 じゃ着る
【GM】きるのかー!?(w
【圭子PL】 どうぞーw
【ももPL】 割烹着であらわれる影の女っ!?
【GM】すごいドラマだ。NHKでもなかなかないぞ(w
【晴奈/晴海】 「……本当に、それでいいんですか、静介さん!」
【晴海PL】 唐突に、割烹着を着た女が、現れる。
【GM/静介/楓丸】「晴奈……」ふりかえる楓丸。
【小桃/もも】 「…誰なの?静ちゃん」
【監督】(いったぁ! そこでこう、激しい戦いをしろぉっ!)
【晴奈/晴海】 「本当に……そんなことで、小桃様を諦めていいんですか」
【GM/静介/楓丸】「……晴奈さん。僕の……恋人だ」唇をかんで
【ももPL】 え、影の女味方?え、でも恋人?w
【晴海PL】 その女性、晴奈はきりっとした態度で、言う。
【小桃/もも】 「……恋人って…どういうことなの静ちゃん!」
【GM/静介/楓丸】ももかに背を向けると、晴海に近づく。
【晴奈/晴海】 「……静介さん、貴方は……選んだはずです」
【GM/静介/楓丸】「それでも――小桃とはもう一緒にいられない、いいんだ晴奈さん。もう、終わったんだ」
【晴海PL】 晴奈は懐から二挺拳銃を取り出す。
【晴海PL】 そして、それを静介に向ける。
【晴奈/晴海】 「関係や……間柄だけで……すべて割り切れるんですか?」
【GM/静介/楓丸】「――晴奈」(暗い瞳)
【晴奈/晴海】 「そんなに簡単に切りすてられるんですか?」
【小桃/もも】 背後から成り行きを見つめるももかw
【晴奈/晴海】 「そんな中途半端な想いなら……私はいりません!」
【GM/静介/楓丸】「――切り捨てられない。でも、選ばなきゃならないんだ。こんなものは(横を向いて)他人を傷つけてまで、追ってはいけないものなんだ」
【晴奈/晴海】 「小桃様…………貴方は、どう思っているのですか?」
【晴海PL】 小桃(ももか)の方を向く。
【小桃/もも】 「わたし…わたしは……静ちゃんと…静ちゃんといっしょに…」
【小桃/もも】 改めて問われて思いの枷が外れてしまいそうなももか。楓丸の横顔見つめる。
【GM/静介/楓丸】「――晴奈。やめるんだ」
【GM/静介/楓丸】「――確かに僕は君のことをわかってやれなかった。あんなに長い間そばにいたのに、君が隠してたことにちっとも気がつかなかった。君をただの……ただの親父の愛人だと思っていた」
【晴奈/晴海】 「…………」
【GM/静介/楓丸】「今は少しは判るよ、きっと何か秘密があって、君がそんなふりをしていたって。小桃も、君も。きっと辛い気持ちをしていたんだと思う。」
【GM/静介/楓丸】「でも、もうやめよう。これ以上傷つけあうのは……ぼくは(言葉に詰まる)」
【監督】(おおお! やればできるじゃねぇか、あの兄ちゃん!)
【小桃/もも】 「……静ちゃん…」
【GM/静介/楓丸】「……二人とも好きだよ」(顔を上げて微笑む)
【晴奈/晴海】 「…………静介さん……」
【晴海PL】 その瞬間、
【晴海PL】 晴奈は気づいた。
【晴奈/晴海】 「!」
【晴海PL】 そして、割烹着を着ている使用人とはとても思えないスピードで、小桃の方に向かう。
【圭子PL】 乱入してよろしいですかー?
【GM】いいですが、この晴海のアクションを見届けましょう。
【晴海PL】 遥か遠方から、小さな夕日の乱反射が見えた。そう、あれは--
【晴奈/晴海】 「危ない!小桃様!」
【晴海PL】 晴奈は小桃を突き飛ばす。そして
【小桃/もも】 「きゃっ」
【晴海PL】 銃声が、響いた。
【晴海PL】 そして、晴奈がゆっくりと、その場に崩れ落ちる。
【晴海PL】 胸元は、赤く、染まっていた。
【GM】乱入するなら、このタイミングでいけます
【晴海PL】 どぞー
【GM/静介/楓丸】駆け寄る楓丸。
【圭子PL】 スナイパーやらしてもらいますーw
【GM】もちろんどうぞ(w
【小桃/もも】 目の前でくず折れていく晴奈の体…いく滴かの鮮血が顔を濡らす。
【晴奈/晴海】 「小桃……様……」
【GM/静介/楓丸】二人を抱きしめるように「晴奈っ!晴奈っ!」
【恵/圭子】「また、あなたは邪魔をするのね…」
【晴海PL】 萌え攻撃
【GM】どうぞ(w
【小桃/もも】 「…どうして…どうして助けてくれたの?わたしが居なくなれば晴奈さん静ちゃんと幸せになれたのに…」
【晴海PL】 行きます。<身体能力>単品
サイコロ……harumi: 5(1D6)+3(1D6)+3 = 11
【晴海PL】 天与で
サイコロ……GM: 1(1D6)+6(1D6)+1 = 8
【GM】だめーじは?
【晴海PL】 6−2で4点LP
【圭子PL】 晴奈と同じ割烹着を着てライフルを持った女性が現れます。
【GM/静介/楓丸】「なんでっ……なんでっ……」
【晴奈/晴海】 「………やはり……あなただったのね………」
【恵/圭子】「あなたはどうしてそんなに私の邪魔ばかりするの?ねぇ、晴奈」と倒れた晴奈に近づきます。
【晴奈/晴海】 「…………そんなの、簡単じゃない」
【晴海PL】 喀血しながら、晴奈が言う。
【晴奈/晴海】 「……なにもかもあなたの思い通りなんて、反吐が出るわ……」
【恵/圭子】「ねぇ、私の大切なものはどんどんあなたのところに言ってしまうの。妹の分際でッ、妹の分際でッ、妹の分際でッッ!!」
【晴奈/晴海】 「がっ! がはっ!!」
【恵/圭子】「でも、良いことを思いついたの。こうやって私の大事なものをみんな壊してしまえば、あなたのところになんか行きやしないわ」
【晴海PL】 晴奈は血を吐き、苦しむ。
【小桃/もも】 「どうして、わたし……晴奈さんの大事なものなんかじゃない!なのになんで…」
【GM/静介/楓丸】「やめろっ!」
【恵/圭子】 「くっ、ガキは引っ込んでなさい!」とライフルを向けようとします。
【GM/静介/楓丸】「撃つなら、僕を撃てっ! 」っと、夕闇が迫る中圭子のライフルの銃口を自分に当てます
【GM】静寂
【GM】そして銃声。
【小桃/もも】 「静ちゃんだめぇ!」
【小桃/もも】 こももの手には硝煙を上げる拳銃が!w
【監督】「かっとぉ! よかったぞ! 最高だ!」
【監督】「戦場ヶ原ノワールだっ! そこの胸のでかいおねえちゃんも、乱入ありがとうなっ!」
【圭子】「あ、おつかれさまでした〜。いえいえ、私は何も…」
【GM/楓丸】撃たれたままの体勢で「……うん、よくわかった。俺ってかっこ悪かったんだ」
【晴海】「ええと、こんな感じでよかったんでしょーか?」
【もも】「もももちゃんとでき…(ラブシーンを思い出した)………はわわわ〜(赤赤」
【GM】では、ここでいったんきりますね。

【観客:yuki_21】きたっ!ゲリラロケハン!!
【ももPL】 なんでもつかうぜーw
【ももPL】 GMに負担かけたけど…ごめんね^^;
【晴海PL】 ……別の女性の影って、私じゃないですよね?
【GM】出るならそうかも、そうじゃないかも(w
【GM】タイミング見計らって出るなら出てー(w
【晴海PL】 もうちょい様子見…
【GM】おかえりー
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【圭子PL】 こつんキター!!
【ももPL】 予定どおりさっ!w
【晴海PL】 必須共鳴こつんキター!
【ももPL】 墓穴は予定外だっ!w
【GM】えーいまのところ、まだいろいろあるよ(w)
【観客:Damian】こっそりおちます。おつかれさま〜
【GM】小桃の婚約者とか、静介の元彼女とか、いまの思い人とか、思いを胸に秘めた男装の秘書とか(w
【圭子PL】 おつかれです〜
【観客:kenopl】え〜〜と?静介ってだれ?(←暫くパソがフリーズしてた奴
【ももPL】 役名w
【観客:kenopl】OK、理解した!
【圭子PL】 混沌としてきたなw
【観客:kenopl】修羅場突入?
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【GM】いや、これくらいハードにしていただけると、テンション上がって助かります(w
【GM】えええええ!?(w
【ももPL】 ええええええええええ?!(w
【圭子PL】 な、何だってー!?(AA略
【観客:kenopl】まて!これジャンル何!?w
【圭子PL】 ピュアでマッド!
【GM】トレンディドラマだよ!(w
【ももPL】 冬のソナタおもいだすなぁw
【観客:kenopl】【偽AD】監督…これ台本にないですよ!?
【観客:kenopl】【偽監督】いいから、カメラ回せ!
【ももPL】 なんちゅう入り組んだ関係やw
【観客:toveta】すいません、途中ですがこれにて失礼します。がんばってくださいー。
【ももPL】 おやすみ〜ぃ
【観客:kenopl】お休みなさい〜
【圭子PL】 おやすみなさーい
【GM】攻撃くれよー攻撃をー(w
【圭子PL】 うわー、でときゃよかったー!
【GM】あはははは(w
【ももPL】 なんだなんだw
【観客:kenopl】おお、仕掛けるか?
【GM】GMにもまったく判らないっ!
【ももPL】 なにしようとしてたんだわたしっw
【GM】ええええー!?(ドンパッチの顔)
【観客:kenopl】スナイパー!?
【ももPL】 えええ、打たれようと思ったら先につきとばされたーっ!(ぉ
【観客:kenopl】ここはひとつ、スナイパー役で!>乱入
【晴海PL】 あああああ、地震がーー
【GM】先輩、僕にもどういうストーリーかわかりません(w
【ももPL】 こっちは全然ゆれてないっすw
【ももPL】 てか、このままだと小桃も撃たれて終わりだけど…あ、そうか…ごそごそw
【GM】ごそごそしてる(w
【ももPL】 他にもなにかしてるんだ、恵w
【GM】えええーーーーーー!!?
【観客:kenopl】悪女だw
(w
【GM】って云うか、僕観客なんですがっ!?(w
【GM】えーっと、さらに萌え攻撃を仕掛ける予定の人はいますでしょうか?
【GM】いなければ、そろそろいったんきりたいと思うんですが……
【ももPL】 こちらは無いっすーw
【晴海PL】 ないっす
【圭子PL】 ないでーす<何しに出てきた
【観客:kenopl】兄、無駄にカッコイイねw

目次へ

■ 幕間 ■


【ももPL】 おつかれさまー。予定外なだけあって、スペシャルステージなかんーじw
【GM】おつかれさまー。
【GM】全然読めませんですた(w
【晴海PL】 おつかれですー
【圭子PL】 おつかれー。
【GM】さて、予定では「高等部主催、我らが選ぶ美少女コンテスト有志密室編」でクライマックスを考えてたんですが
【GM】ストーリーだけを追うと、ちょっと消化不良になりそうなかんじです。
【GM】でいくつか案はあるんですが
【GM】1.シーンオークションで普通に1PLを選んで告白
【GM】2.マスターシーンをはさんで、全員で集まって告白
【GM】3.予定通り「高等部主催、我らが選ぶ美少女コンテスト有志密室編」で告白
【GM】2の場合は
【GM】ダンスパーティー Senjyou-No-bara:校内外のダンスサークル、アカペラグループ、チアリーディングチームの発表、3日目の夕方から開催される戦場ヶ原学園最大のクラシックダンスパーティーでは毎年ベストカップルが選出されています。
【GM】これを使おうと考えています。
【GM】希望はどれがいいですカー?
【ももPL】 2かなぁ。
【圭子PL】 や、どれでも。しいて言えば2か3…かな?
【晴海PL】 2で、いいかも
【GM】2の場合、「ドレスアップしてダンス」してもらいますよ?(w
【GM】OK?>特に晴海
【ももPL】 のぞむところーっ!はじめてのアレもまだのこってるぅぅw
【晴海PL】 もーまんたーい
【圭子PL】 OK!
【晴海PL】 そしてGM
【GM】んじゃ、2にしましょう
【GM】ほいほい
【晴海PL】 秘蹟<思いを馳せる>
【GM】そんなのが、まだ残っていたかぁ
【GM】どぞ!
【圭子PL】 ここでかっ!
【ももPL】 メインストーリーっぽ!w
【晴海PL】 二日目の夕方。保健室です。
【晴海PL】 楓丸には過労で倒れてもらいませう
【晴海PL】 保健医さんは出払ってていません。


【GM】■ 《思いを馳せる》:晴海
【GM】では、兄はベッドで寝ています
【晴海PL】 清潔な、消毒液の匂いがほのかに漂う空間。
【晴海PL】 赤い夕日が差し込む保健室で、楓丸は、目を覚ます。
【晴海PL】 撮影の直後ということで
【GM/楓丸】「ああ……寝てたのか……」
【晴海PL】 晴海は割烹着を着たままです
【晴海】「楓……大丈夫?」
【GM/楓丸】「うん……(優しく笑う)……ちゃんと似合ってるじゃないか、そういうかっこう」
【晴海】「……うん、ありがと……」
【晴海】「あのさ……楓」
【GM/楓丸】「なに?」
【晴海PL】 言いながら、晴海は保健室の扉へ向かう。
【晴海PL】 そして、
【晴海】「……ボクは……楓に、今までと同じように友達でいてくれないか……ってお願いしたけど……」
【晴海PL】 鍵を、閉めた。
【GM/楓丸】(上半身を起こす)
【晴海PL】 晴海が、またゆっくりと、楓丸に向かっていく
【晴海】「それは…………”男”としてボクを見て……っていう、意味じゃ、なくて……」
【晴海PL】 一歩、一歩
【晴海】「女の子だって、分かっても、今までみたいに」
【GM/楓丸】(綺麗だな、こいつ。夕日に透けて……こんなに綺麗な髪をしてたんだ……)
【晴海】「一緒に、馬鹿やって、騒いで…………やっていきたいって、事だから……」
【GM/楓丸】「うん……」
【晴海PL】 そして、楓丸のすぐ近くに、来る。
【晴海】「……楓……にはね……楓だけにはね……」
【晴海】「…………女の子としても、見られていいって、思ってるから……」
【GM/楓丸】(真っ赤になって、それでも目を離さない)
【晴海】「ねぇ、楓。正直に答えて」
【晴海】「楓は今……ボクの事、女の子として……男の子として……どっちで、見てるの……?」
【晴海PL】 そう言って、晴海は楓丸の体を包むように抱く。
【GM/楓丸】(反射的に抱きしめて)「えー……怒るなよ? 女だ。もう、男にゃ見えないよ」
【晴海】「…そっか……」
【晴海】「楓にそういう風にしか見られないとなると、もう学校の皆にも隠せないかな…」
【GM/楓丸】「理由は知らないけどさ……もう……」
【GM/楓丸】「やめなよ。『晴海』にかわいそうだよ」
【GM/楓丸】「お前、本当のお前のほうが、どんなにか素直でカッコイイよ」
【晴海】「……………………」
【晴海】「…………うん」
【晴海】「楓………ボク、女の子に戻るよ……」
【GM/楓丸】自分のおでこを、晴海のそれに重ねて目を見つめる。
【GM/楓丸】「……うん」
【晴海】「…………だから、楓……お願い…」
【晴海PL】 晴海は楓丸に抱かれて、ゆっくりと言う。
【GM】絡めあう指先
【GM】肌寒い中で感じるお互いの体温
【晴海】「…………ボクを、女に、して」
【GM】ください。
【GM】攻撃ならばこのタイミングでどうぞ。
【晴海PL】 <はじめてのアレ><無防備な肢体><部室(密室)の鍵>天与で
【晴海PL】 きゅん3点
【GM】どうぞ
サイコロ……harumi: 2(1D6)+3(1D6)+5(1D6)+5(1D6)+6(1D6)+3 = 24
サイコロ……GM: 6(1D6)+5(1D6)+1 = 12
【GM】わるくないっ! かなりいいのだが、到底届かぬ!!
【GM】いくつ?
【晴海PL】 16−2で、14点LPです。
【GM】はふぅ
【GM/楓丸】「……大好きだよ」晴海の身を横たえて、キス。
【晴海】「…あっ………」
【GM/楓丸】「でも、晴海もわかってるだろう? 俺のこと。だから、もうちょっとだけ待って。――明日まで」
【晴海】「………楓……」
【GM/楓丸】「……きっとケジメをつけるから……」(震える肩)
【晴海】「…………わかった」
【GM/楓丸】(いつもの穏やかな微笑み)「ごめんね」
【GM】で、いいでしょうか?
【晴海】「…………いいんだよ。それが……ボクの知ってる楓だもん」
【晴海PL】 OK


【GM】お疲れ様でした、綺麗でした!
【圭子PL】 おつかれです〜
【晴海PL】 おつかれさまです
【GM】ここまできて激しいロック感(w
【GM】んでは、次シーンはマスターシーンですが、よろしいですか?
【圭子PL】 どぞ〜
【ももPL】 どぞー

【圭子PL】 ほんとに着たのか!w
【観客:kenopl】…なんか某かまど神を髣髴とw>割烹着
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【ももPL】 お約束っぽいのキターw
【晴海PL】 予定妹術〈はじめてのアレ〉で
【ももPL】 ……わくわく(ばりばりぼりっ
【観客:kenopl】どきどき(もぐもぐ…
【観客:god-dqn】 いいなぁ、こういう雰囲気…
【圭子PL】 くっ、萌える!!
【もも】「鮎川に対するひかるちゃんの気持ちですぅ」(ぉ
【観客:kenopl】……!!(身を捩って悶え中)
【ももPL】 くそう、勝てない勝てないなー(ごきゅごきゅ
【GM】ぎゃふー
【GM】攻撃ください〜(身もだえ
【ももPL】 きゃあ、何をお願いしとるんだちみ〜
【ももPL】 ぐあう(奇声
【圭子PL】 えろえろだー
【観客:yuki_21】すてきーw
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:yuki_21】キターー
【圭子PL】 キターー<女にして
【観客:kenopl】キタァ!!
【観客:god-dqn】 えらくダイレクトだなオイ
【ももPL】 やめてー(ノ´∀`*)キャーw
【GM】攻撃ならばこのタイミングで(w
【観客:kenopl】エロだ!限りなくエロだ!でもピュアラブだぁああっ!!(暴走気味
【ももPL】 メンバーといいシチュといい、いい学園物だよねー、王道だーw
【ももPL】 そしてピュアラブin保健室ですよおにーさんっ!!え
【圭子PL】 そう言う君はどうなのかな〜?<ももかたん
【観客:kenopl】ダイス目でかっ!
【観客:god-dqn】 ああでも「男の子のまま愛して」も捨てがたい!ああ漏れはどうすればいいのだあっ!
【観客:kenopl】も、もちかえりしていいですか?(目がマジ
【観客:kaori】くは、見に来てみたらすごいことに?
【ももPL】 ごぎが(奇声
【圭子PL】 なんか、勝てねえ。数値的なもんじゃなくて、気持ち的に。
【観客:ro-q-ku】なんだ、なんだこの雰囲気! 副委員長&晴海たんカッコよすぎ!
【観客:kenopl】これは余人の付け入る隙がねぇ…(戦慄
【ももPL】 もう、いい引き立て役ですよはいw

目次へ

■ マスターシーン:地上最大の告白作戦




〜ONAIR中〜

【沙耶】「あははは!」
【沙耶】「皆さんの意見の代表?魂の叫びだね(笑)」
【沙耶】「ではでは、次は」
【沙耶】「おにいちゃんねーむSさん、有難うございます〜(^^)」
【沙耶】「ええと…」

(SE:ガチャン!! ずかずかずかずか!!)
【沙耶】「え?」
【楓丸】「マイク、借りるから」
【沙耶】「ちょっとちょっと!?」
【楓丸】「あーっと、これ、入ってるよね? あーあー」
【沙耶】「はいってるけど、なになに?生なんだよ?」
【楓丸】「高等部3年生。八十島 楓丸(やそしま かえでまる)です。極私的な要件によって当ラジオの回線を占拠させていただきました」
【沙耶】「先輩待ってくださいよ!これ生なんですよ!」
【楓丸】「あー。こうやってまじめに話すのもダメダメです。ですが話さなければならないので、こうして占有させてもらっています」
【楓丸】「告白しますが、今回僕は、小山内ももかさん、霧島晴海さん、菅野圭子さんの三人を好きになってしまいました」
【沙耶】「え?もしかして、無視されてます?」
【楓丸】(まるで無視して)「みつまたです。最低です。かっこ悪くてダメダメです。今まで皆さんが信頼を寄せてくださった副委員長の僕は死にましたっ。ここにいるのは産業廃棄物の八十島です。それでも……(息を呑む音)」
【楓丸】「それでもよければ、小山内ももかさん、霧島晴海さん、菅野圭子さんSenjyou-No-baraのダンスパーティー会場で待ってます。結論をはっきり出そうと思います。フられたらサラシモノになるつもりです」
【沙耶】「クールなのか!?これで!?例の先輩でしょこの人!?」
【楓丸】「以上、ありがとうございましたっ。えー……マイク、返す」
【沙耶】「は?え?」
【沙耶】「終わり?」
(SE:ずかずかずかずか!! ガチャン!!)

【沙耶】「えーーーーーーー!!!???」
【沙耶】「ちょっとちょっとちょっとぉ!!!!」


.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:kaori】ご苦労様です(最敬礼)
【観客:kenopl】お疲れ様です(タオルを差し出す
【観客:yuki_21】お疲れ様です〜
【晴海PL】 お疲れ様です……あう
【観客:god-dqn】 まさかマスターシーンって……おいおい、マジですか?
【観客:kenopl】あ、ラジオに兄が!
【ももPL】 へ?!
【観客:ro-q-ku】全員、ラジオに注目してくれ〜
【観客:ro-q-ku】現在、あちらでマスターシーン展開中!
【観客:god-dqn】 マスターシーンはラジオにて展開中だ!w
【晴海PL】 あが!?
【観客:kenopl】前代未聞のマスターシーンだな!
【観客:ro-q-ku】やってくれるぜコンチキショウ!(w
【観客:ALC_MASK】物凄いマスターシーンだ!(笑
【観客:kenopl】けじめってコレか・・・
【もも】「…な、なんか恥ずかしいよ(赤」
【観客:god-dqn】 うわーうわー、リプログ書くの大変だぞこりゃあ
【圭子】「わわっ、めだってるよっ」
【晴海】「………馬鹿じゃなくて、大馬鹿だ、アイツ」
【観客:kenopl】【生徒A】あれ?でも霧島って男じゃなかったけ?
【観客:kenopl】【生徒B】ってことは、801〜!?きゃぁー
【観客:kenopl】【生徒C】こ、これは見にいくか!

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】お疲れ様ですー
【圭子PL】 …びっくりした。
【ももPL】 お疲れ様でふw
【晴海PL】 ……すご
【GM】たまには、ビックリもいいでしょ? えへへ
【GM】で、次がクライマックス。3カ目のダンスパーティーです。そのまえに35分まで、休憩にいたしましょう
【晴海PL】 まさか、電波ジャックをやらかすとか
【GM】皆、どんなドレスで出るか考えておいてくださいね。
【圭子PL】 ドレス自体は普通じゃよ〜?(にやり)
【GM】割烹着?(ドキドキ
【圭子PL】 ……ひ、み、つ☆
【GM】再開しましょうか
【ももPL】 はふ、おっけーっ!
【GM】では、いよいよクライマックスです。秘蹟の使用とかは有りますか?
【ももPL】 残すのもなんなんで<<甘い雰囲気>>w
【GM】他は有りますか?
【圭子PL】 えー、いまさらですが《不純なのは許しません!》使います〜
【GM】了解です

【GM】クライマックスのダンスシーンはエキストラ歓迎、皆で出ちゃってください♪
【観客:kenopl】ラジオをジャックして告白を敢行した義兄・八十島楓丸!
【観客:kenopl】その相手は、三人の少女!小山内ももか、霧島晴海、菅野圭子!
【観客:kenopl】誰がその想いを受け止めるのか!?
【観客:kenopl】答えは、最終日ダンスパーティで、判明する!
【GM】しかも衆人環視の中で(w
【観客:kenopl】括目して、待てっっ!!
【観客:kenopl】ナレーション、終わりw
目次へ

■ クライマックス:ダンスパーティ「Senjyou-No-bara」


【GM】南地区最大の多目的ホール朱雀の間には、いまや立錐の余地もないほどの人だかり。文化祭最終日。ここではいつも恒例のクラシックダンスパーティーが開かれる。
【GM】しかし、今日は普段の数倍する人数がこのホールに詰めかねていた。キャットウォークに溢れる見物人の数々。
【GM】全て壁際に立つ長身の美少年に注目している。
【GM】彼こそは昨日から全校生徒に注目される、「みつまた男」の八十島楓丸である。
【GM/楓丸】「……来てくれるのかなぁ」
【GM/楓丸】ノンアルコールワインを持った楓丸は、今日はきりっとしたモーニングの正装だった。委員会室から借り受けてきたものだ。
【GM】涼しげな風貌の楓丸には良く似合っている。
【GM/楓丸】「だれも、来ないか……」
【GM】楓丸は壁に寄りかかる。その間も皆が注目しているようだ。
【ももPL】 【???】「せんぱぁい。えへへ、きましたよ」
【GM/楓丸】「あ!」(顔が明るくなる)
【ももPL】 不意に少女が楓丸に声をかけた。
【ももPL】 ピンクの明るい色のドレス。フリルを多用したかわいらしいデザイン。
【GM/楓丸】「えーっと」(赤くなって鼻をかく)「……かわいいね、ももかちゃん」
【ももPL】 細身の体でボリュームがないのを、そのフリルと肩からかけたストールがうまくごまかしているw
【もも】「…なぁんだ、すぐももだってわかっちゃいました?けっこう見違えたと思ったのになー」
【ももPL】 そう言って、いつもはポニーテールにしているピンクの髪をストレートに下ろし、
【ももPL】 うっすらと化粧をした、少女が楓丸に笑いかけた。
【GM/楓丸】「だって、いつもと同じ笑顔だったから。(ちょっと肩を落として)ラヂオ、きいてくれた? ――そういうわけなんだ、ごめんなさい」
【もも】「ううん…思いは誰も止められないもん。でも、せんぱいはちゃんと独りを選んでくれようとしてる…」
【GM】その時メロディーが変わる『ベリヨースカのこだま』。
【もも】「ラジオ、かっこよかったよ。…いまもかっこいいよ(にこっ」
【GM/楓丸】「(照れながら)一曲お願いできるかな、小さなレディ」楓丸はそういって片手を優雅に差し出す。
【もも】「よろこんでおうけいたします…楓丸さま…(てへっ」
【GM】【オーケストラA】「……、もっとフルートをっ!」
【GM】ホールにはいくつもノカップルが歩みだし、花のようなダンスを見せ始める。
【GM】くるくるくるくる。
【ももPL】 【前田】「…中野さん、上手だね」
【ももPL】 【中野】「前田くんのリードがいいから…(ぽっ」
【GM/楓丸】「ももかちゃんは、本当に軽いね」
【GM】軽く身をかがめた楓丸。そのせいかどうかわからないけれど、ももかもまるで無常力の中にいるかのように優雅に踊る。
【もも】「…えへへ…ちっちゃいのいやだったけど。今は幸せ…せんぱいにこんな風にしてもらえるこはももだけだもん」
【GM】【報道班A】「あのカップルだ! とりあえず押さえておけ!」
【GM】楓丸はももかの腰を支えてそのまま優雅にターン
【ももPL】 楓丸に誘われて、優雅に舞うももか
【GM/楓丸】「……ももかちゃんにぶつかった時から文化祭が始まって、大事なことを勉強したよ。ありがと」
【GM/楓丸】「……大好きだよ」(告白相当:抵抗ロールは後でまとめまてやりましょう)
【もも】「…ももかも、せんぱいのこと、大好き、です」
【GM/楓丸】「……ありがとう」
【GM】で、曲が変わります。
【もも】「…えへへ」
【ももPL】 どう、下がろう^^;
【観客:kenopl】【ももかの友人】「ももか、ふぁいとっ(影から)」
【GM】楓丸が、そのまま壁際まで手を引いていくよ。
【GM/楓丸】「……ありがとうね。ちょっとだけ、待ってて」
【もも】「ありがとうございましたっ、せんぱい
【GM/楓丸】(視線で他の人を探す)
【圭子PL】 じゃあ、行きます。
【圭子PL】 ももかとのダンスが終わるころ、シックな感じのドレスに身を包んだ圭子が朱雀の間にやってくる。
【圭子】「私と踊って、頂けますか?」
【圭子PL】 いつもののんびりとした感じはなく、何かを決意したような、そんな感じの目をしている。
【GM】楓丸は片膝をついて、手の甲にキス
【GM/楓丸】「光栄です(微笑み)」
【GM】甘い調べがホールに流れ始める『ばらの園』
【圭子PL】 微笑を返して。
【GM/楓丸】「……えーっと、ごほん」くるくると回りながら
【GM】景色がゆっくりと流れてゆく
【GM/楓丸】(目のやり場にこまって)「突然ごめんな」
【ももPL】 【田中】「…圭子さんが…くっそぉ…あんなやつに…ぎりぎりぎり
【圭子】「ううん、ごめんね、私こそ。八十島くんは、何も悪くないのに。」
【観客:god-dqn】 【男子生徒】「ちくしょう、八十島の奴……うまくやりやがって…頑張れよ…」
【GM/楓丸】「いや、悪い。最悪に悪い(苦虫を噛み潰したような顔)……女性に二股かけるなんて男の風上にも置けないが、みつまたは人間の風上にも置けない」
【GM】【女生徒】「うわぁ、きれいなひとだねぇ……」
【GM】【女生徒】「3年の菅野先輩だよ〜」
【ももPL】 【文化祭委員A】「…八十島せんぱい…ずっとお慕いもうしあげてたのに…」
【GM】【オーケストラ】「もっと甘く、ゆっくり……」
【圭子】「何も悪くないよ、八十島くんは。みんな、大切に思ってるんでしょ?だったら、それだけで十分。
【圭子PL】 それだけが必要なこと。」
【観客:kenopl】【独身教師】「八十島、オマエって奴ぁ…(涙」
【ももPL】 【文化祭委員B】「…私達の使命はあの方の影になり日向になり働くことよ…辛いけど、ね」
【GM/楓丸】「ここに来て、そういうこと云うかぁ!? ……お前は昔からそういうあらぬ妄想にふけってタダでさえ転んだり滑ったりつまづいたり倒れたりしやすい身体を余計危機に陥れてるから……だから……」
【圭子】「あ、ちょっとまって。」楓丸くんの言葉をさえぎって、自分のドレスに手をかけます。
【GM】ドキドキ
【圭子】「どきどきしてるのは、私もおんなじなんだから」
【圭子】「こういうのはね、女の子のほうからさせて欲しいな…」くすりと笑って。
【圭子PL】 そしてドレスをばっと脱ぎ去ると、おなじみの割烹着が!
【圭子】「えへへ…昨日、八十島くんが似合うって言ってくれたから…」
【圭子】「だから…この格好で告白します。」
【圭子】「ずっと前から好きでした!付き合ってください!」
【圭子PL】 どぞ。w
【GM/楓丸】「(噴出すのをこらえて、すごく優しい顔で)……あはははは、お前ってそういうヤツだから、守ってやらなきゃなって、思ってたけど……やっぱりかなわないなぁ」
【GM】楓丸は、圭子の腰をぎゅっと引き寄せて踊りながら
【GM/楓丸】「大好きだよ。こういうのを思い出させてくれたのは、菅野だもんな」
【ももPL】 【報道班B】「…ざざっ…マイクッ!拾えてるかっ!…」
【観客:kenopl】【食堂のおばちゃん】「ふふ、割烹着も捨てたもんじゃないわねー」
【圭子PL】 モーニングと割烹着の、奇妙な取り合わせ。
【圭子PL】 でもそれは、本人達にとって、一番の晴れ着。
【ももPL】 【報道班C】「感度良好!ばっちりです!」
【圭子PL】 だから、きっとそれが、一番幸せ。
【GM】くるくるくるくる、ダンスガ優雅に続いていく
【GM】そこで、曲調が変わる
【GM/楓丸】「……ちょっとだけ待っててくれるか?」
【観客:kenopl】【裁縫部】「来年の流行は割烹着ね!(きらーん!)」
【ももPL】 【祝】(…エージェント同士の熾烈な争いね。…さて、どうなるか見物だわ…)
【GM】楓丸はそのまま、優雅に手をとって壁際に圭子を送り届ける。
【圭子】「うん、いってあげなよ。きっと、「彼女」も喜ぶから。」
【GM/楓丸】「……ごほんっ、ごほんっ! ……来てくれるか判らないよ」
【圭子】「女の勘は、なめちゃいけないよ?」
【GM/楓丸】「(まじまじと見つめて)――ありがとうな」
【GM】楓丸は視線で「彼女」の姿を探します
【晴海PL】 ……
【晴海PL】 そして、入り口の一角が、少しざわつく。
【GM】雑踏の中でそちらに視線を向けます。
【晴海PL】 入り口には、一人の少女が立っています。
【GM】すべるように近づいていく楓丸。
【GM】【男子生徒】「かわいいー! だれだよあの子!?」
【GM】【男子生徒】「アイドルかぁ!?」
【観客:kenopl】【保健室の先生】「んー?どっかでもたような?」
【晴海PL】 白を基調とした、ドレスに身を包む少女。
【ももPL】 【女生徒】「あんなこ、いたっけ?
【GM/楓丸】「――(ちょっと言葉を失って) あの……晴海?」
【晴海】「……来たよ。楓」
【GM/楓丸】(片手を差し出して)「踊っていただけますか?」
【晴海PL】 少し呆れたような顔をしている。
【GM/楓丸】「(小声で)見違えたの。悪いかよ」
【晴海】「……ラジオの事だよ。ばか」
【GM/楓丸】「(ため息。浮気がばれた彼氏みたいな顔で)……アッチは本当に悪かった」
【GM/楓丸】「――そういうわけで、ダメだったんだよ。俺、格好悪いなぁ。自分ではもうちょっと理性的な人間のつもりだったんだけど……」
【晴海】「あんなことやらかして、まったく……ばかなんだからな……」
【GM/楓丸】「――何百回でもお叱りを受けるよ、本当に」
【晴海】「楓も……それに付き合ってるボクも………ばかばっかりだ」
【晴海PL】 手を取ります。
【GM】三度メロディーが変わる。その曲は『白の組曲』
【GM/楓丸】(腰を支えて一礼、ゆっくりと踊りだす)「バカっていいよな」
【GM/楓丸】「――昔からいろんなことが器用にこなせたからさ、バカでいられるのはお前と一緒のときくらいだったよ」
【晴海】「…………そっか」
【GM】ターンターン 右にステップ、踏み足を変えてループ
【GM/楓丸】「――高校最後のこの文化祭でさ、なんだかわからないけど、あの地下室から出た時、何かが変わるような気がしたんだよ」
【晴海PL】 生まれて初めてドレスを着た筈の晴海だが、その踊りに乱れは無い。
【晴海】「………何かって……?」
【GM/楓丸】「――その時は判らなかったんだ。でも変わってみたら、『普通もいいな』って思えた。『普通』の高校生だったら、こうやってドジをして、悩んで、格好ワルイコトだってあるんだろう?」
【晴海】「……普通……か……」
【GM/楓丸】「それにさ、変わってみたら……」
【GM/楓丸】「こんなに綺麗な宝石のおまけがついてきたし」と、高く支えて 二回転
【GM】【女生徒】「すごーい!!」
【GM】【女生徒】「ロマンチックだね、きれぇぇ」
【晴海】「……普通の高校生は、ラジオ乗っ取ったり、しないと思うよ」
【GM/楓丸】「え!? そ、そうなのか?」
【晴海PL】 楽しそうに、苦笑する。
【圭子PL】 【男子生徒】「」
【もも】「せんぱいも晴海せんぱいもすごく楽しそう…」
【晴海】「…………普通じゃなかったのは……ボクも同じだよ……」
【圭子】「ほんとに…きれい…」
【GM/楓丸】「だから、二人でバカになりたいな……って。あー、つまり(真っ赤になって)――好きだよ。告白だ」
【晴海】「…………ばか正直」
【GM/楓丸】「これからはそうなるんだ。ホンモノの楓丸になるんだ」
【晴海】「そっか」
【晴海】「…………ボクはね…………楓……」
【GM/楓丸】「ん……?」
【晴海】「文化祭が始まるまで…………正確には、一緒に穴に落ちたあの時まで……」
【晴海】「女の子に戻るつもりなんて……なかったんだよ」
【GM/楓丸】「そっか……」
【晴海】「でも、さ」
【晴海】「ボクは今、ドレスを着て、女の子として、ここにいるよ」
【GM】晴海の腰を抱き寄せて、ターン。もう一度ターン。
【晴海】「ボクは…………霧島晴海は、楓のためだけに、”女の子”に戻ったんだよ」
【晴海】「楓のことが……どうしようもないくらいに……好きだから……」
【GM】何も云わない楓丸は、晴海の細くてしなやかな腰を痛いくらいに抱きしめる。
【GM】ホールの中は様々な色の花びらのような男女の群れ、その中でたった二人きりのように踊る二人。
【晴海】「……今まで、ずっと近くにいたけど…………こんなに近く感じたことは……なかったね」
【GM/楓丸】「大好きだよ」
【晴海】「……ボクも…大好きだよ……楓……」
【GM】【GM】ではここで、
【GM】【GM】全員の抵抗判定を行いたいと思います。
【ももPL】 OK−。
【晴海PL】 はいなー
【圭子PL】 OK!
【GM】全員が舞台に登場してるので、兄側は-4.妹側はそのままです。
【GM】ももか
【GM】2d6
サイコロ……GM: 4(2D6) = 4
【GM】はるみ
【GM】2d6
サイコロ……GM: 6(2D6) = 6
【GM】圭子
【GM】2d6
サイコロ……GM: 6(2D6) = 6
【GM】(゜∀゜)兄は抵抗する気がないみたいです
【ももPL】 そんな君が大好きさ!w
【圭子PL】 最高。
【GM】三人とも大好きでメロメロです。
【GM】では、一応妹側も抵抗してみてください
サイコロ……keiko: 8(2D6) = 8
【GM】成功すれば組織へ忠誠を誓えますし、失敗すれば恋に生きてしまうという路線ですね
サイコロ……momo: 3(2D6) = 3
サイコロ……harumi: 9(2D6) = 9
【ももPL】 だみだ|゜∀゜)ノ
【圭子PL】 失敗〜めろめろ〜w
【GM】全員、失敗か
【晴海PL】 堕ちました。てーか堕ちます。
【GM】では……
【GM】楓丸は晴海の手を取り二人のところへ連れてゆきます。
【晴海PL】 連れて行かれます。
【GM/楓丸】(つらそうな顔をして)「あのね、聞いてほしいことがあるんだ……」
【GM】圭子やももかと、晴海に話しかけようとしますが、その時、ホール全体の証明が落ちます。停電のようです。
【GM】楓丸葉その闇の中で突然そっと目を閉じると崩れ落ちます。
【晴海】「!?」
【圭子】「えっ!?」
【GM/楓丸】「あれ……大事なことなのに……」
【晴海】「楓……?」
【もも】「せんぱ……これはこの感じは……」
【GM/楓丸】「……まって、折角……折角変われたのに……ちょっと……寒……まってよ、神様……」
【GM/楓丸】「……ずるいなぁ……こんなので、ゲームオーバーかよ……クソゲーだろ、そりゃ」
【晴海】「え? ……楓? ……楓! どうしたの楓! 楓!!」
【GM】タキシードに包まれたその胸部からビー玉ほどの光の珠が浮かび上がる。珠はほろほろと泣きたくなるような、紅葉の深い紅。秋の夕暮れの残光の色。
【晴海PL】 崩れ落ちた楓丸を、支えるように抱き上げる。
【もも】「晴海せんぱい……出るよ……因子…が」
【圭子】「そんな…そんなの、もういらないのにっ!」
【晴海】「どうして……」
【GM】楓は意識を失って完全にぐったりと倒れています。
【GM】闇の中の赤い光……それを隠蔽するように、会場にはなぜかうっすらと輝く花びらがはらはらと降りしきります。
【晴海】「楓……の……因子…………」
【もも】「条件を満たしてしまったから……因子は出現した……」
【GM】【指揮者】「…………V! ソロからっ!」
【GM】チャイコフスキーの「花のワルツ」。会場の闇は赤い花びらに照らされて美しく
【圭子】「何で、何でこんなものがあるのよぅ…」
【GM】ホールの中では凍り付いていたカップル達が踊り始めます。
【もも】「…ううん…まだ、おそくないよ…。私達は、願いを叶えられる…」
【GM】【GM】会場の誰もが4人には注意を向けていません。願いをどうぞ
【もも】「ももは…ももはせんぱいと…みんなと一緒に…ずっと文化祭みたいににぎやかで楽しい毎日を過ごし…たいです」
【圭子】「私も…みんなと一緒に…普通に生きて、普通に暮らせる、そんな毎日を望みます…」
【晴海】「……全部、無かったことにできる」
【晴海】「……皆、組織にも何も所属してない普通の女の子で……」
【晴海】「……楓の体にも……因子なんて無くて……」
【晴海】「幸せに、皆で幸せに暮らしたい」
【晴海】「でも…………」
【晴海】「今までのこと……今日までのこと…………」
【晴海】「この文化祭での思い出を………失いたくは無い」
【晴海】「大切な……思い出だから……」
【GM】急速にはじける虹の色を持った光。真っ白に染まっていくホールと精神
【GM】「花のワルツ」の明るく切ない調べが反響する。

【ももPL】 でていいのかな?w
【GM】では、登場した順に1曲づつ踊りたいと思います
【晴海PL】 お先にどうぞ
【ももPL】 じゃ、1番手でいい?
【圭子PL】 じゃあ2番手もらいます。
【晴海PL】 …じゃあ、3番で
【ももPL】 では、はいります…。
【GM】では、観客の皆さんも、バンバン入っちゃってOKですよ(w
【GM】まってますよん
【GM】ああ、順番に踊る都合上、このシーンの告白は全て同時として扱いますね。
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:uind】【田中】「くそっ…前田の奴…あいつだけは、あいつだけは仲間だと思ってたのに…くそおっ…(血涙」
【観客:kenopl】【友人A】「ももか頑張れ(小声)」
【GM】表で云え表で(w
【観客:kenopl】皆さんもーw
【観客:kenopl】【老講師】若いというのは良いものですなぁふぉふぉふぉふぉ…
【ももPL】 ああん、みんなアダルティだぁw
【ももPL】 …訂正、アダルティ訂正w
【観客:kenopl】すとれーとだ!限りなく!
【GM】おかえりー
【観客:kenopl】おかえりー
【観客:R695】ただいま〜。
【観客:kenopl】いま、表舞台乱入OKですよー
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【圭子】「うん、いってあげなよ。きっと、「彼女」も喜ぶから。」
【圭子PL】 ごめん、間違えた。
【ももPL】 乱入させようにも持ちキャラがないなぁw
【観客:kenopl】でっちあげればOK!
【圭子PL】 前田田中中野はいないし。
【圭子PL】 あ、大迫くん?
【観客:kenopl】なら、野村と村前で!w
【ももPL】 くそう、いいなぁw
【圭子PL】 やっぱり、大トリは、ね?
【観客:me_341_】一気に場を持って行くな…。今までの伏線が爆発した感じ。
【ももPL】 うまいなぁ〜
【観客:kenopl】ステキー
【観客:R695】く。状況わからないがなんかステキだ…
【ももPL】 ああ、説明しようとしたがうまくできねぇw
【観客:kenopl】状況:ラジオを参照!
【圭子PL】 リプログに期待しる!w
【観客:R695】うむ期待する(w
【GM】リプログじゃぁ伝わらないような気もする(w
【観客:masamune】リアルタイムで見れて良かった。いいモン見せてもらいました。
【観客:R695】(´・ω・`)ショホ゛ーン <リプログじゃ伝わらない
【GM】まぁだいじょうぶだ! きっと伝える!
【ももPL】 くそう、勝てねぇ、3回目くらいかこれ!w
【観客:R695】よろしくジェントルー。
【圭子】「これで馬鹿正直なら、私は何?」w
【もも】「ただの…ううんなんでもないの」
【GM】萌え正直(w
【圭子PL】 むうw
【観客:kenopl】あれって墓穴だったんじゃ?>穴
【観客:me_341_】シーン墓穴w
【圭子PL】 さすが戦場ヶ原w
.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:me_341_】まずは義妹側の抵抗判定?
【観客:me_341_】…全員にメロメロやで…。兄…。
【観客:kenopl】だめじゃん!w
【観客:me_341_】義妹側の抵抗にかかってるのか。
【ももPL】 可能性がそれなりにある8の目よ ももか
【圭子PL】 10とはいえ、油断できない。
【観客:R695】兄は抵抗ダメやなぁ。つかさすが中の人(w
【観客:me_341_】妹側もダメだったー!
【観客:me_341_】誰も捨てられないんだな…。
【観客:kenopl】ハーレムエンドかー?w
【観客:yuki_21】こっちはハーレムですか〜
【観客:R695】このラブラブの旗に集っちまった者ドモめ(w
【観客:kenopl】お隣は爆発したのにw
【観客:uind】対照的ですなぁ(^^;
おめでと〜(笑)
【ももPL】 くそう、「はっはっは、我に英知をー」ってやりたいのにw
【観客:uind】とりあえずお幸せに〜(笑)
【観客:me_341_】お幸せに〜
【観客:kaori】おめでとうー(涙)
【観客:kenopl】おめでとう〜、あと夜道に気をつけて〜w
【観客:R695】神様ーーー!?
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

【観客:me_341_】楓丸くんもゲームするのな。ちょっと意外。
【観客:kenopl】因・子・発・動!
【GM】落ちゲー専門らしいよ?(w
【観客:me_341_】サクラwar対戦コラムスとか、ときメモ対戦ぱずる玉とかやるんか…。
【観客:R695】女の子落としげー?(w
【観客:kenopl】ヤヴァイよ、それ>女の子落としゲー
【観客:R695】一般的なギャルゲーは全ておんにゃのこ落としゲーだと思うのじゃが(w
【GM】女の子じゃないやい(w
【観客:uind】まさか、男の子落としげ(ざくっ

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】お疲れ様でしたー
【圭子PL】 おつかれっしたッ!!
【晴海PL】 お疲れさまでした!
【GM】えーっと、次からはEDだっ。
【ももPL】 おつかれさましたぁっ!
【GM】EDの順番と内容の希望は?
【ももPL】 一番かなぁ流れ的にw
【圭子PL】 最後以外。
【晴海PL】 ……最期で。
【GM】じゃぁ、もも>圭子>晴海と
【晴海PL】 じゃなくて、最後
【GM】内容の希望はありますかー?
【ももPL】 内容は他の2人と関連性があるのがベター。
【GM】最期ってヲイ!(w
【晴海PL】 あぶねぇあぶねぇw
【圭子PL】 死んじゃだめだよ〜w
【ももPL】 やばいEDになるとこだー(ふぅw
【GM】んでは、ももは「文化祭の後片付け、望めば他の二人の乱入も有り」でいいのかな?
【ももPL】 いいすよー。
【GM】では、あのダンスパーティーの停電から後の記憶はエージェント以外からは消えてるっぽいというような設定で

【晴海PL】 3人それぞれ?<願い
【GM】うん、一個づつ
【圭子PL】 どーしよ…適当なのが思い浮かばない。
【圭子PL】 下手な願い事すると、不幸になりそうだし。
【晴海PL】 3人の願いって、それぞれで矛盾が生じてもいいのですか?
【観客:me_341_】いいんじゃない? それぞれに願いがあって当然だし。
【GM】全然かまいませんが、その場合因子の判断で(GM側で)調整が生じてしまいますね。
【ももPL】 言ってみたw
【圭子PL】 こっちもw
【GM】他の人も、じっくり悩んでいってくだされ
【ももPL】 うぐ.
【GM】OK?
【晴海PL】 OK
目次へ

■ ending 01:ももか:「宴の後」


【GM】翌日。
【GM】戦場ヶ原学園はまた別種の熱気に包まれていた。何週間もかけて飾り付けをした大仕掛けは数日では片付けられない。
【もも】「ふぅ…」
【GM】あちらでもこちらでも、後片付けの生徒が群れを成していた・
【GM】【男子生徒】「倒すぞー! 危ないぞー!!」
【ももPL】 【料理部長】「(メガホン)こぉら、おさないっ!きりきりうごぉく!
【GM】【男子生徒】「えーやっ! えーっや!」
【もも】(……終っちゃったんだな…お祭り…)
【GM】【男子生徒】「こいつぁどうします? 団長」
【GM】【男子生徒】「用具室へ放り込んでおけっ! おっと、あぶねぇな。小さい嬢ちゃん」
【もも】「あ、わ。ごめんなさい!」
【ももPL】 慌てて飛びのくももか。
【GM】【???】「まったくだ」ひょいっと伸びた腕が、ももかの襟をつかんで猫のように持ち上げる。
【もも】「あわわ…だれですかぁ」
【ももPL】 振りほどこうともぞもぞしてみるが、足が空を蹴るばかり。
【GM】【???】「部長〜。料理部の部長〜。実行委員会ですっ! 小山内を借りていきますよぉ〜!」
【ももPL】 【料理部長】「ん?おーあんたか!あんたやったらええわ、もってけっ!」
【GM/楓丸】「……気が抜けすぎだぞぉ? ももかちゃん」ため息をつく楓丸。その腕には緑の「副委員長」の腕章がある。緑は……なんだっけ?
【もも】「あ、せんぱぁい。おはようございます」
【GM/楓丸】「おはよう」にっこり笑って、ももかを安全なところに下ろすよ
【もも】「…お祭り、終っちゃいましたね…」
【GM/楓丸】「そうだね」と、ごく自然に手を取ると、ももかの手を引いて歩き出す「……遅れちゃうよ?」
【もも】「ふえ…?…ど、どこいくんですかぁ?」
【ももPL】 楓丸に引かれるまま、先に進んでいく。
【GM/楓丸】(いぶかしげな顔で)「どこって……実行委員会だよ。あれ? 忘れてる?」
【もも】「じっこういいん?」
【ももPL】 …記憶に無い。
【GM/楓丸】「修学旅行だよ。全学年統一の! 沖縄2週間の旅っ! また準備が大変なんだ。本当にトラブルばっかりで……ほら、菅野も晴海もまってるよ」
【ももPL】 …あれ、なんで忘れてたんだろ。
【ももPL】 …そうだ。ももは修学旅行の実行委員になったんだっけ。
【GM】楓丸の指先から、愚痴とは裏腹な、わくわくするような気持ちが伝わってくる。
【GM】きっと戦場ヶ原の修学旅行だから、皆が大騒ぎを起こして大変な旅になるに決まってる。
【ももPL】 #晴海せんぱい、圭子せんぱい、登場願いまふw
【もも】「えへへ…もも、すーっかり忘れてました(にこ」
【圭子】「え〜、ここはやっぱり京都、奈良だよ〜」
【晴海】「でも……北海道も棄てがたいと思うな」
【GM/楓丸】「いきなり意見割れだよ……とほー」
【圭子】「大仏〜鹿さん〜」
【GM】そういう楓丸の表情は、クールで有能だったころより、ずっと明るい。
【晴海】「クラーク像〜網走刑務所〜」
【ももPL】 …何気ない日常。
【ももPL】 …皆がいて、笑い会って、そして明日もまたこんな日が続くと信じられる。
【ももPL】 …昔にはなにか、自分を強くしばりつけていたものがあったが、もうそれがなんだったかも思いだせない。
【ももPL】 …とにかく、
【もも】(ももは幸せです)
【もも】「せんぱい、がんばりましょうね!」
【GM/楓丸】「がんばって、楽しいお祭りにしようなっ!
【ももPL】 で、後にバトンタッチw
【GM】切り? OK

【晴海PL】 あ、使いたいときは拉致ってください。お好きなように。>もも
【ももPL】 おっけですw
【圭子PL】 こちらもOKですよ〜?
【ももPL】 緑?
【GM】うん、緑。
【GM】文化祭は赤。
【GM】よろしくお願いシマスっ
【GM】締めに入りましたね
【GM】おまかせします。
【観客:ALC_MASK】(;´Д`)ハァハァ
【観客:me_341_】晴海は渋い趣味してんなぁ。
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】圭子ですね、つぎは。
【GM】ご希望はあるでしょうか?
【圭子PL】 はーい。
【圭子PL】 じゃあ何気ない登校風景の一日、ということで。
【GM】はい



目次へ

■ ending 02:圭子:「一日の始まり」


【GM】戦場ヶ原学園の登校風景。それは普通の学校とあまり変わらない・もちろん、寮にすんでる人間はカタパルトで発射などという無茶もするが、通学の生徒は大半がバスや電車、自転車だ。
【圭子】「おはよ〜、八十島くん〜」
【GM/楓丸】「おはよう、菅野」
【GM】楓丸の笑顔は随分明るくなったように思う。
【圭子】「えへへ〜」ぎゅっと抱きつく。
【GM】今でも委員会の仕事をこなし、学業も部活も良い成績だが……一緒のクラスだったころの遠い感じはしなくなってる。
【GM/楓丸】「(赤くなって飛び離れる)――あっ、朝から何をするっ!?」
【圭子】「だって、八十島くんってライバル多いんだもん。…さいきんはとくに。」
【GM/楓丸】「そんなことはないよ(口を尖らせて)――そういうのは気にしないようにしてるんですー」
【圭子】「それでも、やっぱり心配だよ…最近、良いことでもあった?」
【GM/楓丸】「――よくわかんないけど、あったのかなぁ。無理するの、やめたんだ。もっと遊んで、もっと暴れて、不真面目でもいいって気がついたら(暖かく笑う) ちょっと幸せになってさ」
【圭子】「なんか、近づきやすくなったって言うか、険が取れた、と言うか…そうなってから、人気、出てきたんだよ?」
【GM/楓丸】「そうかなぁ、そうなのかなぁ。だとしたら――ありがとうな、菅野」
【圭子】「えっ?なんで?」
【GM/楓丸】「よくわからないけど……いいたくなったんだ」
【圭子】「ふ〜ん…ところで、あのね、その…ちょっと聞きたいんだけど…」少し恥ずかしそうに。
【GM/楓丸】「なに?」
【圭子】「割烹着って…その、『萌え』、なの…?やっぱり割烹着でご奉仕、とかがいいの?」顔を赤らめて。
【GM/楓丸】「(赤くなって)……えーっとそれはその一般論としてのそれであれば田中が詳しく、学術論としてのそれであれば園田がくわしいわけであって……個人論で云うならば、特に俺に限って云うなら……その……菅野が着てるのは(蚊のなくような声で)かわいいよ」
【圭子】「〜〜〜っっ!!」真っ赤になってうつむいてポカポカパンチw
【GM/楓丸】「……聞いたのはそっちだろぉ」と逃げますけど、明るい笑い声です
【圭子PL】 「もうっ!!」と言って、追いかけます。
【GM】チャイムが鳴って……ここできりましょうか?
【圭子PL】 そですね。

【観客:ALC_MASK】カタパルト(;´Д`)ハァハァ
【観客:me_341_】【安室】「安室、いってきます!」 寮ではこんな事が…。
【晴海PL】 寮から学校にカタパルト! ばしゅッ!
【ももPL】 【桑土呂】「桑土呂、出る!」w
【GM】登呂遺跡かよっ(w
【観客:R695】其の安室たんはおなごでつか?(;´Д`)ハァハァ
【観客:ALC_MASK】【上湯】「上湯、出ます!!」(笑
【GM】上湯ってことは、バスタオル一枚ですか!?
【観客:ro-q-ku】【嘘】「嘘、行きます!!」(w
【観客:R695】【土門】「来いっ!風雲再起っ!」(w
【観客:R695】暴れん坊な朝だ・・(w
【ももPL】 カタパルトを守るために命を失った集落隊のメンバー(ぉ
【観客:ro-q-ku】【升田】「この馬鹿後輩がー!」
【観客:ALC_MASK】はだけたバスタオル一枚でカタパルトに!(笑>raopuさん
【GM】集落隊ってわらえるなぁ(w
【観客:ALC_MASK】萌え発言きたー!(笑
【観客:R695】割烹着( ・∀・)つ〃∩ モエーモエー
【観客:uind】かはあぁっ!(吐血
【観客:me_341_】あああ憎い!これが憎しみか!この感情が憎しみというのか!
【圭子PL】 こんなに割烹着ネタで引っ張るつもりなかったんだけどなぁ…
【GM】かわいいじゃない(w
【観客:suzumeya】いち割烹着萌えとしてコレだけは言っておきたい・・・割烹着は宇宙
【観客:R695】あんたいつもやってることだ(w>me_341
【晴海PL】 割烹着宇宙。
【GM】そうだそうだ!w>me_341
【観客:uind】集中放火w
【観客:me_341_】んだよ!僕はいいんだよ!w
【観客:ALC_MASK】市民、それは反逆です(ZAPZAPZAP
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】お疲れ様でした>圭子さん
【ももPL】 おつかれさま〜
【GM】では、フィナーレですね
【晴海PL】 おつかれさまです
【圭子PL】 おつかれさまでした〜
【GM】希望はありますか?
【晴海PL】 楓丸から文化祭の記憶って飛んでます?
【GM】えーっと、全体的には飛んでいません。
【晴海PL】 具体的には?
【GM】局所的な、たとえばラジオとかダンスホールとか、穴に落ちたこととかは、全校生徒からは飛んでいるようです。
【GM】楓丸のそれは、確認してません。
【晴海PL】 んー、マスターの方からシーン提示あれば、それで
【GM】えーっと、晴海はあれ以降、どんな格好で過ごしてるんですか?
【晴海PL】 楓丸の記憶に晴海の秘密があるか、ないかで
【GM】じゃぁ、未確認の現在は、昔の男装で、ということで良いでしょうか?
【晴海PL】 OKです。
【GM】あ、ちなみに、全校生徒も、ダンスホールの停電から後の記憶がないので
【GM】「謎の美少女」は伝説ですので(w
【晴海PL】 伝説……ってw

【GM】「僕はいい」なんて酷い人がいますよ。
【観客:ALC_MASK】でも、こういうハーレムの予感はいいなぁ…(笑
【観客:me_341_】でも、いつかは結論出さなきゃなぁとか思ってそうだ。楓丸は。
【観客:uind】魚屋は?(笑)
【観客:me_341_】【航】「みんなが幸せなら、それでいいじゃないか」
【観客:ALC_MASK】そうだそうだ!(笑
【観客:me_341_】【航】「というか、問題を先延ばしにした終わりじゃないぞ。うちは」
【晴海PL】 【鈴菜】「みんなシアワセでとっても楽しいです」
【ももPL】 …道徳観念ってなんですかゴミですかw
【観客:ALC_MASK】塵?(待ちなさい
【観客:uind】鈴菜たんがよいというならばそれでよいのですw
【観客:suzumeya】一夫多妻姓を因子にお願いするんだ!
【圭子PL】 実はちょっとそれ考えた<一夫多妻姓
【観客:MMG_e】【葵咲】「お兄様は一応、答えは出されてますものね」
【観客:R695】オナゴは惚れたら自分だけ選んでもらいたいものなんだよー(w
【観客:me_341_】葵咲は妹に、鈴菜は恋人に、椎名はご近所さんに、で落ち着いたですよ。Side-Aは。
【観客:me_341_】新たな伝説の生まれた瞬間だったのか…。
【観客:uind】(このセッションとは関係無くなってるな(^^;
【観客:MMG_e】【葵咲】「私たちも私たち自身でそうある事を選んだ結果でしたし」
【ももPL】 文化祭の日にラジオで告白すると吉?w<伝説
【観客:yuki_21】伝説ですね〜w
【観客:uind】永遠に幸せになれる伝説ですか(笑)
目次へ

■ ending 03:晴海:「空の中」


【GM】四時間目。楓丸と晴海は授業をサボっていた。以前だったら考えられないことだ。
【GM】南高等部6校舎屋上、そのさらに上の給水塔の上の、下から見上げても刺客のそこに二人はいる。戦利品は購買部特製の各種パン。昼休みの激烈な競争を勝ちきることなく手にいれた違法の品々だ。
【GM/楓丸】「やっほー!」
【晴海】「ははははは……。やったね、楓」」
【GM/楓丸】「――うーん。権力の甘い蜜。サイコーだなっ!」
【晴海】「うんっ!」にこ
【GM】楓丸は、丸い塔の上でごろりと横になる。そうするとまるで空の中に浮かんでいるみたいだ。
【GM/楓丸】「チョコデニッシュはくっていいぞー」
【晴海】「うん。ありがと」
【GM/楓丸】「……うまいなぁ。それに空が高い」
【晴海】「……うん、そうだねぇ……」
【晴海PL】 楓丸と同じように、横になる。
【GM/楓丸】「なか、晴海」
【GM】↑なぁ
【晴海】「んー何ー?」
【GM/楓丸】「覚えてるよ」
【晴海】「え……?」
【晴海PL】 ばっ、と起き上がる。
【GM/楓丸】「忘れないよ。あんなこと」
【晴海】「楓…………」
【晴海】「じゃ……じゃあさ、楓……」
【GM/楓丸】「ん?」
【晴海PL】 晴海はもじもじしながら、楓丸に
【晴海】「あの約束も……覚えてる?」
【GM/楓丸】いきなり、首の後ろを抱き寄せる
【晴海】「あっ…………」
【GM/楓丸】「お前ってば、チョコの味がする。――こんなに可愛くて許されると思ってるのか。くっちまうぞっ」
【晴海】「…………」
【晴海】「……いいよ…………楓なら……」
【GM/楓丸】「――独り占め」

【GM】空の中で二人。
【GM】秋の高い高い空に、
【GM】雲雀より高く駆け上がる。

■ 『実行委員会だより』終劇


【観客:me_341_】甘い蜜って…そこは無くしてはいかんところではw
【GM】ま、盛り上げてクレイっ!(w
【観客:ALC_MASK】晴海たん(;´Д`)/|ア/|ア
【観客:me_341_】ちゅーだ!そこでえぐりこむようにちゅーだ!
【ももPL】 どきどき(ばぁりぼりばくばくばく
【観客:yuki_21】ちゅーいけっ!
【観客:ALC_MASK】是非ともキスで言葉を封じるべし!(笑
【圭子PL】 わくわく(期待の目)
【観客:yuki_21】どきどきどき
【観客:kaori】こっちは盛り上がってるなぁ
【観客:ALC_MASK】喰えー!喰らい尽くせー!!!(待ちなさい
【圭子PL】 いけーそこだーおしたおせーw
【観客:yuki_21】チョコの味!チョコの味とかいってるぅ(落ちつけ
【観客:me_341_】いいんだ!?
【観客:uind】食っちまうぞキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!
【観客:yuki_21】キター!!
【圭子PL】 了承キター
無印了承
【ももPL】 (;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
【観客:ALC_MASK】ヤバイ…個人的経絡秘孔射抜かれた…(ぼたぼたぼた

■ 『実行委員会だより』終劇

目次へ


■ 祭りのあと ■

■ 雑談の話 ■

【観客:yuki_21】お疲れ様です〜
【観客:me_341_】お疲れ様でしたー
【観客:suzumeya】おつかれさまんさーー!!
【観客:MMG_e】お疲れ様でした〜
【観客:R695】おつかれさまーv
【GM】おつかれさまでしたー
【観客:ALC_MASK】お疲れ様です。グッジョブー!!!(笑
【ももPL】 おつかれさまーっ”
【晴海PL】 おつかれさまっす!
【観客:uind】お疲れ様でしたー!
【観客:kaori】おつかれさまー
【圭子PL】 お疲れ様でした〜
【GM】お疲れ様でした、長いことお付き合いいただき、ありがとうございました>ALL
【観客:kaori】ハッピーエンドおめでとーですよ
【ももPL】 もう、ほっぺにキスで晴海ん嫉妬させただけで満足ですw
【観客:uind】そして、この瞬間に兄殺すリストにランクインされますた(笑)
【GM】前半ちょっとばたついてしまいましたが、何とか終了できてよかったです(w
お疲れ様〜
【観客:yuki_21】堂々ランクインですねw
【GM】うそだー。おれGMではじめてハッピーエンドやん。meさんを先に殺して(をい!
【晴海PL】 ありがとーございました。
【観客:god-dqn】 お疲れ様ー
【観客:me_341_】いやー良かった良かった。
【観客:masamune】すんごいオチついたなーと。ともあれ、皆様お疲れ様でした。
【圭子PL】 今回の個人的な目的「観客を萌やす・笑わせる」は達成できたんでしょーか?
【GM】達成できたよ♪
【GM】妄想は可愛かった
【ももPL】 終始一貫して晴海んの引き立て役ぅw
【GM】晴海が、アレは強すぎだ(w
【観客:R695】アレってなんだ(w
【GM】たぶん、3Wのネタバレ戦略としては、過去最高だったわ(w
【圭子PL】 <はじめてのアレ>。
【観客:me_341_】3Wはドラマを作るのがうまいやー。
【観客:ALC_MASK】男装ぼーいっしゅ!!!(笑
【GM】性能じゃなくて、ドラマ性で完全に持ってったね
【観客:selene】そもそも、あのシーンを作ること自体が、この義妹の目的でしたからw(実は
【観客:R695】フム。良くわからぬがリプログキボンヌと(w
【観客:me_341_】うんうん、3Wはバレシーンを中心に考えるね。
【観客:me_341_】バレるのが前提だわ。
【GM】しかも、うっかり密室をバレシーンに持ってきてしまったので、ドキドキが究極に(w
【観客:R695】エローエローヽ(゜д゜)ノエロヤロウ<憶測で
【圭子PL】 あのコンボは凶悪だった…
【観客:selene】ミドル2の時はすいませんでした。あの時は脳が壊死寸前でして…
【観客:selene】峠を越して、今に至ります。
【GM】エロくないけど強烈だった(w
【観客:uind】seleneさんの義妹は僕の死点を見事に突くなぁw
【ももPL】 ミドル1→ミドル2の
【ももPL】 一連の流れと回想…どれをとってもすばらしいw
【観客:selene】ありがとうございますです。
【観客:me_341_】ダンスパーティーで最後に出てきたりと、出るだけで場を持って言ってたね。
【観客:masamune】伏線の張り具合と回収の仕方が見事に。見ていて、巧いなァと思いました。
【圭子PL】 はぅ…すみません、そろそろ落ちますです。
【GM】ももと圭子は萌えキャラだったぶん、逆にインパクトがついたね
【ももPL】 おつかれさまでした〜^^
【GM】おっす、遅くまでありがとう! たのしかった!
【GM】おつかれさまでした
【観客:me_341_】お疲れ様でしたー
【圭子PL】 リプログ、待ってます〜ノシ
【ももPL】 鮎川とひかるなんだよ!(古いとw
【観客:selene】お疲れ様でした〜
【圭子PL】 では。
【GM】では、総合にでも合流しましょうか
【GM】適当にぬけちゃってOKですよー>ここ
【観客:me_341_】移動しますか?
【GM】そうですねー!
【観客:misuta】んでは、後でログ見させてもらいますね。お疲れでした
目次へ

■ 読者および参加者の皆様へ ■


長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。