文責:sawame

CSTオンラインコンベンションG卓

「 平積みの本、埋もれる兄 」



■ 目次 ■

オープニング1 :無名の書『本の虫』
オープニング2 :春『補給物資輸送猫』
オープニング3 :祭歌『震窓の令嬢』
 ミドル1   :春『屋上のお茶会』
 ミドル2   :無名の書『魅了する叡智』
 ミドル3   :祭歌『必至の意思』
クライマックス1:春『夕暮れに子猫が鳴く』
エンディング1 :無名の書『求めよ、さらば与えられん』
エンディング2 :春&祭歌『義兄は地にあり』


■ ガイダンス ■

【謎の男/GM】「……皆さんお揃い……のようですね。えー、それでは早速始めましょう。こちらが今回のターゲットです」

紀宮 楊(のりみや よう)

年齢:  17歳
身長:  173cm
体重:  58kg

図書委員会所属、帰宅部
カビと埃を友とした自堕落な読書生活に身をやつす少年。
開けても暮れても読むか寝るか、の生活を送っている。
部屋には平積みの本が山のようになっている。
ぼんやりとした容貌で、見方によってはハンサムと言えなくも無い。
主に読むのは歴史、哲学、地政学などの本。
運動は全くダメ、成績も歴史関連以外は赤点ギリギリである。
基本的に面倒くさがりだが、人は悪くなく、むしろ面倒を引き受けてしまう事も少なくない。
ただ、気難しいところもあって、気に入らない相手に皮肉を投げつける事もある。


    《関連》
  • コンベンションのバックグラウンドに準拠
  • 図書館は20:00まで一般開放されている
  • ターゲットは大抵そこで本を読んでいる。


「以上がターゲットおよびその周辺の概要です。
 さあ、お待たせしました。【紳士協定】は今ここに、因子回収の解禁を宣言いたします。
 個性溢れる皆様のご活躍、期待しておりますよ……」

「それでは御唱和を」

「「「地には平安を! 天には公正を! 我らには《因子》の英知を!」」」

■ 義妹PC一覧 ■

“求むる知与えし、禁断の書”
無名の書(むめいのしょ)
PL:超神ドキューソ
所属組織:S型因子保持者(書)?
クラス:運命の輪/来訪者・死神/過去の旅人・法王/チャネリング


“スタンダードなネコミミメイド”
新谷 春(しんたにはる)
PL:ねこみみ
所属組織:エメラルドピース
クラス:星/無邪気・女祭/メイド・力/ケモノっ娘


“不治の病に冒される天才少女”
樋渡祭歌(ひわたしさいか)
PL:乱丸
所属組織:修道会
クラス:魔術師/技術者・節制/関西・塔/病弱





なお、各PCの詳細データに関しては、別途資料
セッション追加ルールに関しては、ガイダンスを参照のこと



目次へ

■ 開幕前 ■

【祭歌PL】 遅くなりました〜。乱丸です。今日はよろしくお願いします
【GM】 では、ダイスの振り方他、質問有りますか?
【春PL】 #2d6
【無名の書PL】 2d6
【dice様】 TheBook: 6(2D6: 1 5) = 6
【春PL】 2d6
【dice様】 haru: 4(2D6: 1 3) = 4
【祭歌PL】 #2d6
【無名の書PL】 ダイスの振り方確認。「nd6+b」(nはダイスの数、bは修正値)でふっていただければ結果が出るという形です
【春PL】 りょうかいです
【春PL】 2d6+4
【dice様】 haru: 6(2D6: 2 4)+4 = 10
【GM】 ニックネームはPC名推奨、キャラクターの発言は【名前】「台詞」でお願いします。
【GM/楊】「まあ、こんな感じで頼むよ」
【GM】 といった形でお願いします。
【無名の書PL】 行動描写も同じパターンでいいんですね?(台詞ない人)
【春】「は〜い、わっかりました」
【祭歌PL】 あはは、ホントなれないもので、申し分けない
【GM】 では、皆さんお待ちかね、いつもの挨拶で始めるよ!
【GM】 じぇぇぇんとる・ぷれい!!
【春PL】 日本PGと共にジェントル♪プレイ
【raopu】 ジェントループレイなのだ♪
【祭歌PL】 ジェントルプレイっす〜!!
【S】 ジェントルプレイーすべての義妹に萌えをー
【GM】 では、早速OPの順序から…普通はオークションですけど希望はありますか?
【Narumi】 じぇんとるぷれい
【春PL】 最初は経験者に譲ります
【祭歌PL】 お手本にさせて頂きます
【無名の書PL】 という事ですので、最初は私から…参考になるのか?w
【GM】 …ちょっと、ねえ(笑
【無名の書PL】 参考にならないようでしたら、他の卓のOPを参考にしてください(ぉ
【無名の書PL】 んじゃ、早速シーン定義に入っちゃっていいかな?
【GM】 それでは、早速、無名の書さんのOPを決めますか(笑
【無名の書PL】 場所は図書室の奥。無名の書を発見するシーンで
【GM】 はい
【GM】 タイトルはどうしましょうか?
【無名の書PL】 どうしようか。思いつかないにゃー…
【GM】 ふむ…
【無名の書PL】 「本の虫」でどうでしょう?
【GM】 了解ー
【R695】 こんばんはー。
【R695】 見学よろしいですか?
【ayano】 こんばんはー
【sf】 こんばんはー
【R695】 こんばんはーv
【misuta】 こんばんはぁ
【raopu】 こんばんわー
【MMG】 こんばんわ〜観戦させていただきます
【raopu】 おかえりなさいませ♪
【ro-q-ku】 ばんわー、観客よろしいですか?
【無名の書PL】 今夜もよろしくー
【GM】 どうぞー
【GM】 今回はタイトルの響きもベクトルも多彩だなぁ(笑
【raopu】 にはおー
【ro-q-ku】 おじゃましますたよー
【GM】 こんばんわ、見学どうぞー
【uind】 こんばんわー
【GM】 お願いします
【MMG】 ここのキャラデータまとめって作ってますか?
【GM】 あ、はい
【GM】 …今回忘れてます
【MMG】 じゃ、時間までにこっちで作りましょうか?
【GM】 えーと、したらば板の本スレ368
【raopu】 MMGさん、神っ!
【GM】 当たりからお願いします(平伏
【MMG】 では今から作業入りますので用があれば、奈落の方で声かけてください
【GM】 はい
【無名の書PL】 うい、了解
【GM】 こんばんわー
【S】 あ、うっかり表先に入れちゃった・・・いいですか?
【GM】 どうぞ
【GM】 コンベ中は、先に表に入ってしまう事も多いようですし(苦笑
【S】 はーい
【GM】 こんばんわ
【SasamiT】 こんばんは〜。表もはいりますね。
【無名の書PL】 こんばんはー。今夜はよろしくー
【S】 こんばんわ
【GM】 どうぞ〜
【無名の書PL】 ようこそ、#CST-G卓へ
【GM】 ようこそ、表へどうぞ
【GM】 こんばんわ〜
【GM】 表舞台へもどうぞ、#CST-G です
【春PL】 入りました
【MMG】 PLの方そろってます?
【春PL】 あと乱丸さんが
【GM】 ・・・揃ってません
【GM】 あと、いくつか確認とお願いがあるのですよ(汗
【MMG】 はい?
【春PL】 はい、なんですか?
【GM】 いや、初めての方二人が同じ組織で、ドキューソ氏は他の二人に敵と認識されるか怪しいので
【GM】 お二方のいずれかの組織を変更できないものかなぁ、と
【MMG】 うん、それは思った
【MMG】 あとデータ表作ってて思ったことなんですが、
【春PL】 はいはい、分かりました、どこがいいかな〜
【MMG】 もしかして新人の方二人は、各クラスから3つずつになるように意識して妹術取ったんじゃないかなと
【GM】 あぁ・・・そういえばそういう誤解も(汗
【raopu】 かもかもだね(w
【春PL】 そのほうがバランスいいかな、と特にルールに記載されてなかったので
【MMG】 特に乱丸氏のキャラは恋愛系が非常に弱いし
【GM】 いや、イメージで勝手に取ってよかったのですよ(笑
【無名の書PL】 漏れのPCなんか妹術すげぇ偏ってるw
【MMG】 いや、あなたは妹術以前の問題(笑)>本の人
【raopu】 本の人はきっと悪い企みをしてるから平気
【GM】 うむ、他の二人が引かないか心配さw
【GM】 そして、PLがいない(笑
【無名の書PL】 うん、マジで引かれるんじゃないかと心配してたw
【GM】 最後の一人降臨しました<総合
【春PL】 じゃあ組織はエメラルドピースにします
【無名の書PL】 OH、ナイスなチョイスだネー<エメピー
【GM】 了解です。
【MMG】 変更完了
【GM】 こんばんわ〜
【無名の書PL】 こんばんはー。これでPLが揃いました
【MMG】 こんばんわー
【祭歌PL】 こんばんわ。今日はよろしくお願いします
【GM】 では、早速で申し訳ないのですが、多少の確認をしたいので、よろしいですか?
【Narumi】 こんばんはぁ
【GM】 と、今夜はよろしくお願いします
【祭歌PL】 はい、どうぞ
【春PL】 では日本GPと共にジェントルプレイ?
【GM】 妹術なのですが、各クラスから無理に3つずつ選んだ、といった事は無いでしょうか?
【春PL】 無理に、って訳じゃないですけど
【GM】 恋愛の威力が低めでちょっと心配だったので、一応
【祭歌PL】 あ〜、脆いですね。ちょっと変更しても良いですか?
【GM】 修正3のコンボ一つだと、いろいろ辛いので^^;
【GM】 はい、どうぞ
【春PL】 じゃあ餌付け削って従順とっていいですか?
【無名の書PL】 調整するのは今のうちですよー
【GM】 ええ、がんがんイメージに合わせて修正しちゃってください
【無名の書PL】 ようこそ、#CST-G卓へ
【GM】 ようこそ、表へどうぞ、開始はもうすこしお待ちください
【SIN】 まだかw
【無名の書PL】 ※※現在最終調整中。観客の皆様、もうしばらくお待ちください※※
【MMG】 あと、FL後使用不可の妹術は使いどころしっかり用意しておかないと使い損ねるので注意してくださいね>乱丸氏
【祭歌PL】 ヲタクを一心不乱に変更させてください
【祭歌PL】 了解です〜
【無名の書PL】 コンボを使って、得意な能力値で判定できるようにするのがコツですよ〜
【祭歌PL】 あと、手術の傷痕を健気に変更します
【GM】 と、大体こんな感じでいいのかな?
【祭歌PL】 えっと、コンボは事前申告でしたよね?
【GM】 いや、使うときにコレとコレを合わせて〜で
【GM】 今回はベーシックですからね
【無名の書PL】 最初のOPでコンボ見せるか?
【祭歌PL】 あ、なんとかがんばってみます。
【祭歌PL】 りょうかいです<ベーシック準拠
【祭歌PL】 それではコレでお願いします
【春PL】 後乱丸さんニックネームを変えてね
【raopu】 がんばれー!
【GM】 では、そろそろ表へ行きますか!
【MMG】 では例の掛け声行きますか?
【祭歌PL】 あ、すいません。ニックネームをどうするんでしょう?
【GM】 こんばんわ
【raopu】 いきますかいきますか
【無名の書PL】 それでは皆様、よろしくお願いします
【GM】 じぇぇぇんとる・ぷれい!!
【yuki】 じぇ〜んとる★ぷれ〜い?
【無名の書PL】 ジェントル★プレイ!
【ALC_MASK】ジェントル・プレェェェェェイっ!!!!
【MMG】 ジェ〜ントル☆プッレ〜イ!!
【raopu】 ジェントループレイなのだ♪
【R695】 じぇんとるぷれーいv
【春PL】 じぇんとるぷれい〜
【uind】 ジェントル☆プレイッ!
【S】 ・・・表でやっちった(切腹)
【無名の書PL】 落ち着けw
【祭歌PL】 うわ、一つ確認し忘れです(泣)いいっすか?
【MMG】 どぞ
【祭歌PL】 ダイスって手で振るんですよね?サーバで自動じゃなくて
【GM】 いや、サーバで振りますよ?
【MMG】 表で振れますよ
【GM】 表なら2d6と入力すれば振ってくれます。
【祭歌PL】 了解です。ありがとうございます
【MMG】 本当に参考にしていいんだろうか、アーティファクト義妹(笑)
【GM】 だめ、ぜったい、って気も(笑
【無名の書PL】 システム運用上での参考にはなるでしょw
目次へ

■ オープニング1:無名の書『本の虫』 ■

【GM】 戦場ヶ原学園の図書館、それは広大な迷宮とすら言える。
【GM】 学園設立当初から広大な面積に莫大な蔵書が保管されているからだ。
【GM】 その中には所謂”魔術書”などといった胡散臭い物もあれば、
【GM】 焚書に遭い、すでに地上から消え去った、とされるような本の写本がある、噂されている。
【GM】 まあ、それがどの程度の真実を含んでいるかは別として
【GM】 ――紀宮楊が保管庫の中で迷っているのは紛れも無い真実だった―――
【GM/楊】「やれやれ……前漢初期の資料を探しに来たはず が……」
【GM】 そう言っている割には、そんなにあわてているようにも見えない。
【GM/楊】「まあ、本に埋もれて死ぬのも悪くはない、か」
【無名の書PL】 図書室の奥に行くにつれ、並べてある本のラインナップがだんだん古く、雑然としてくる
【GM】 まあ、実際にはどっちが”奥”なのか、判りはしないのだが。
【GM/楊】「にしても、こうも大きいとなると、ほんとに何があ るか判らないじゃないか……」
【無名の書PL】 そんな本の壁の中に、タイトルも管理番号も振られていない、1冊の本
【無名の書PL】 何の装飾も無い黒い革のカバーをかけられたその本は、不思議と目立っていた
【無名の書PL】 えーと、萌え攻撃かけてもよろしいでしょうか?
【GM】 どうぞ
【無名の書PL】 〈聖なる衣装〉+〈魅了する邪悪〉で攻撃。使用能力値は天与
【無名の書PL】 きゅんかるまを1点使います
【GM】 はい
【無名の書PL】 3d6+5
【dice様】 TheBook: 14(3D6: 6 3 5)+5 = 19
【GM】 兄1使用
【GM】 3d6+1
【dice様】 sawame_GM: 7(3D6: 2 1 4)+1 = 8
【GM】 …貰います
【無名の書PL】 ダメージは好奇で6+3+1の10点
【GM】 了解
【GM】 歩くにも疲れた、そんな態度で座ろうとする楊の目にとまる一冊の本。
【GM/楊】「本の内容から場所がわかるかもな……」
【無名の書PL】 では、本を開くと、そこには図書室の見取り図と現在位置が示されているw
【GM/楊】「……わざわざ学校の地図にこんな装丁とは、ヒマな もんだ」
【GM/楊】「まぁ、今は役に立つし、問題ないか……」
【GM】 そうつぶやきながら、本を手にとって地図の通りに歩いていきます。
【GM】 反撃
【無名の書PL】 おおう
【GM】 <無頓着><本の虫>技術
【GM】 2d6+4
【dice様】 sawame_GM: 9(2D6: 3 6)+4 = 13
【無名の書PL】 技術は低いのよー
【無名の書PL】 2d6+2
【dice様】 TheBook: 4(2D6: 1 3)+2 = 6
【無名の書PL】 食らった。ダメージー
【GM】 ではDPに10点進呈ー
【無名の書PL】 うわぁい
【無名の書PL】 では無事に受付の所まで出てこられましたよ
【GM】 では、楊は司書に本を返そうとしますが?
【無名の書PL】 【司書】「ええっと…この本、どこで見つけたんですか?」
【GM/楊】「どこって……ここ以外にあるわけ無いじゃないか」
【無名の書PL】 【司書】「管理番号もない……タイトルもない……えぇと…何これ?」
【GM/楊】「図書館の案内図、じゃないのか?」
【無名の書PL】 【司書】「これ、何も書いて無い…?」
【GM/楊】「……冗談でしょう?」
【無名の書PL】 【司書】「だって、ほら」司書がページをめくると、確かに何も書かれていない
【GM/楊】「……?」
【GM】 怪訝そうな顔で覗き込む、他に対応の仕様も無い。
【GM/楊】「いや、だって……コレ見てここまでたどり着いたん だけど?」
【無名の書PL】 【司書】「嘘?どこら辺に載ってたの?」楊に本を渡そうか
【GM/楊】「このへん………と、全編白紙!?」
【無名の書PL】 いや、何故かそこには探していた前漢時代の資料がw
【GM/楊】「……とりあえず、借りてくことにするよ」
【無名の書PL】 【司書】「うん…?わかった」
【GM】 では首を傾げつつ、本を手に図書館を出て行きます。
【無名の書PL】 じゃ、ここらでシーン切りますか
【MMG】 死霊秘法のラテン語版写本とか〜(笑)
【無名の書PL】 そうか、迷ったのかw
【MMG】 迷ってるんかい(笑)
【raopu】 いろんな本があるんだよー「蓬莱学園」の完結編とかー
【raopu】 「009」の天使編のつづきとかー
【raopu】 ブラックジャックの32巻とかー
【春PL】 火の鳥完結編とかー
【MMG】 読みたいぞ、それ(笑)
【Narumi】 だねぇ(笑)
【春PL】 せめて蓬莱学園の革命2巻は見たい
【祭歌PL】 夢の図書館だねぇ
【GM】 あのー、ほんとに能動的なアクションゼロ?
【raopu】 GMが泣くぞ(w
【yuki】 動かない。さすがアーティファクトw
【Narumi】 普通のPLと、違うからなぁ。CSTは
【GM】 いろんな意味で参考になってない(笑
【MMG】 せめて落ちるとか、ぶつかるとか、めくれるとか(笑)<能動的アクション
【春PL】 脱ぐとか(笑
【GM】 ……どーにもこーにも
【raopu】 sawameさま、お察しします。今度ご奉仕しますね(涙目)
【GM】 まあ、義兄の性格も問題だがw
【SIN】 ペリーローダンの最終巻にしとこうw
【MMG】 ここはもう竹取物語のお爺さんの心境で行こう(笑)<兄行動
【raopu】 「ちゃんとしたグインサーガ」もあるといいなぁ(遠い目
【GM】 残念ながら蔵書狂とはいっても資料&歴史好きだからなぁw
【raopu】 あと「誤植のない真・女神転生TRPG」があったらいいにゃー。
【MMG】 「扱いやすいソードワールド完全版」とか
【yuki】 それどっちもほしいにゃ〜
【MMG】 しょっぱな兄ダイス〜
【GM】 はなっから兄ダイスキター
【Narumi】 期待値だねぇ
【GM】 いえ、3d6で7ですよ!?(涙
【GM】 あ、本の内容なんですけど
【GM】 一応洋書系のほうがよろしいかな?
【MMG】 まんま図書館内の案内図が書いてあるとか(笑)
【MMG】 って、やっぱりか
【無名の書PL】 必要なら内容はコロコロ変わりますよw
【GM】 ・・・あー
【GM】 いやコイツの場合は
【MMG】 いや、便利だからそういう使い方しかされない可能性も(笑)
【GM】 散文のエッダとかそういう系のほうが効くのに
【GM】 ヲカルトにはあんまし
【無名の書PL】 失敗したかなぁ…?
【GM】 歴史、コレにつきますなw
【GM】 あと民族と思想、文化
【無名の書PL】 これは、最初に探してた前漢期の資料でも載せておくべきだったw
【GM】 まあ、引っ張りまわすタイプには関係ないがw
【MMG】 で、兄はどうやって攻撃するかという問題が(笑)
【祭歌PL】 う〜ん、こうやるのかぁ。参考になるなぁ(喜
【MMG】 なってないなってない(笑)
【GM】 コレを参考にしないほうがいいよ(笑
【GM】 好き勝手に状況を宣言して追い込むのが本来のCST(笑
【春PL】 りょーかいりょーかい
【MMG】 とりあえずOP積極的に描写かけて一気に攻撃に持ち込むべし
【無名の書PL】 これは悪いPLの例です。参考にしたら痛い目見るぞw
【祭歌PL】 ういうい、好き勝手にして良いっと(メモメモ
【uind】 がんがんGMを引きずりまわすのが吉(笑)
【GM】 というか、逆ベクトルで引きずり回されてるよ(涙
【uind】 ←GMに「○○(キャラ名)怖い」まで言われた人_| ̄|○
【MMG】 そのとき最も必要とする内容が書かれている本か
目次へ

■ 幕間 ■

【GM】 おつかれー、自分(笑
【GM】 さて、次のシーンプレイヤーを特に決めてませんでしたね
【無名の書PL】 ここはダイスを振ってもらっては?<シーン順番
【春PL】 GMおつかれ〜、次行かせてもらいますけど
【GM】 判りました、春さんですね
【GM】 シーンはどんな感じで行きましょうか?
【祭歌PL】 頑張ってさい〜
【春PL】 じゃあお弁当とお茶を持って兄を探しに来ます
【GM】 というと、すでに兄とは知り合いですね?
【春PL】 はい、住み込んでます(笑)
【GM】 部屋が掃除されてるか。それだと(笑
【春PL】 エロ本を発見するのもいつものことです、けど内容が理解できない(笑
【GM】 では、はじめますか?
【GM】 絵呂本は多分無いなぁ(笑
【無名の書PL】 年頃の女の子と一緒に住んでるんだもの、ねぇ
【GM】 シーンのタイトルなんかは決めてありますか?
【春PL】 はい、タイトルは「補給物資輸送猫」で
【GM】 了解です
【無名の書PL】 ごめん、OP引っ張りすぎた
【GM】 ていうか、兄がまずい(笑
【raopu】 おつかれさまでしたっ
【MMG】 おつかれ
【無名の書PL】 えぇと、あまり参考にしないで下さい(ぉ
【春PL】 自分から動かないから長くなるのは仕方ないかと
【GM】 蔵書狂で歴史ヲタで出不精だが、物には頼らんし、ルールは守るぞw
【無名の書PL】 戦闘の手順はおわかりいただけたでしょうか?
【MMG】 まあPL側が動かないとこうなると<時間引っ張る
【春PL】 大体は
【祭歌PL】 おつかれさまです。・・・コレを超える不条理か、できるだろうか(マジ
【GM】 …コレからどうするか(汗
【春PL】 次いいですか?
【無名の書PL】 不条理にせんでもw
【MMG】 いや無理に不条理にしなくても
【祭歌PL】 どぞどぞ♪
【GM】 問題は不条理、ではなくて、場の主導権を取るって事です。
【GM】 ほとんどプレイヤーの描写ぐらいでいい、本来は
【GM】 正直、マスターはプレイヤーの意図と兄の性格で板ばさみになるので…
【無名の書PL】 幕間では、シーンプレイヤーのシチュ定義、幕間で使用する能力の宣言を行ないます
【MMG】 まあ、なんて不健全な(笑)<ゑ炉本はない
目次へ

■ オープニング2:春『補給物資輸送猫』 ■

【春PL】 ではメイド服を着てバスッケットと魔法瓶をもって図書室に
【春】「おにーちゃーん、おにーちゃんいる〜」
【春PL】 図書室周りを探しています
【春PL】 けど兄は見つかりません段々不安になってきます
【GM】 【司書】「あぁ、楊かい、ヤツなら本を借りてったよ。今ごろはどこかのベンチで読んでるんじゃないのか?」
【GM】 と、春を見知った司書から声が掛かったのがさっきの事。
【春】「ホント?司書さんありがと〜」四つんばい高速移動形態で ベンチへダッシュ!
【GM】 彼女にとってその”ベンチ”は唯一つ。
【GM】 日当たりのいい"あのベンチ"で、楊が本を読みながらそのまま昼寝している、そんな光景が目に浮かぶ。
【春PL】 ではそのベンチのほうへ
【GM】 そして、目にするいつもと変わらない景色。
【春】「あ!おにーちゃんだ!おにーちゃん発見!」ダッシュで駆 け寄ってくるところで攻撃します
【GM】 どうぞ
【春PL】  〈お茶の用意〉+〈いいわけ〉 使用能力は技術
【春PL】 きゅんかるま1点使用
【春PL】 3d6+4
【dice様】 haru: 10(3D6: 4 2 4)+4 = 14
【春PL】 失礼、<家事全般>含めて振りなおし
【春PL】 3d6+4
【dice様】 haru: 12(3D6: 3 5 4)+4 = 16
【GM】 普通に避け
【GM】 2d5+1
【dice様】 sawame_GM: そのだいすはもってないですぅ
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 5(2D6: 3 2)+1 = 6
【GM】 貰います
【GM】 DP11かな?
【GM】 では、続きをどうぞ。
【春PL】 4+5+6で15点でOK?
【GM】 えっと、威力基本が3+1+2で出目が最大5、1は無いから
【GM】 6+5で11です
【春】駆け寄りながらお茶を入れようとしたら慌ててしまってこけ てしまいお茶を兄にかけちゃいます
【GM/楊】「うわっ!」
【春PL】 場所はおまかせします(笑
【GM】 それを浴びて目を覚まします。
【GM/楊】「……春?」
【GM】 主に頭に被ってる、としましょう。
【春】「・・・おにーちゃんが悪いんだよ、普段運動しないから すっかり鈍くなって」ジト目で
【GM/楊】「……昼寝してる人間がお茶を避けたら、それは人間 とは呼べないだろ」
【春】「・・・ごめんなさい、ふきふきする?」近づいてハンカチ を取り出します
【GM/楊】「や、いいから」とちょっとあわてます。
【春】「だって私が悪いんだもん、じっとしてて」膝に乗っかって 頭を拭きます
【GM/楊】「適当に拭いておけばいいさ、それより、そのバス ケットの…」と言い掛けたところで拭かれてしまいます(笑
【春】「これ、今日早起きして作ったの、サンドイッチ」バスケッ トを開けるとちゃんとサンドイッチが
【GM/楊】「お…いいね、紅茶にサンドイッチ、実に申し分な い、春が作ったのは、特に」
【GM】 反撃します
【GM】 <不器用><ちょっとしたこだわり>あに1、天与で
【春PL】 どうぞ
【GM】 3d6+4
【dice様】 sawame_GM: 12(3D6: 3 5 4)+4 = 16
【春PL】 普通に受けます
【春PL】 2d6+2
【dice様】 haru: 7(2D6: 1 6)+2 = 9
【春PL】 ダメージどうぞ
【GM】 では、DPに9点進呈です
【GM】 そう言ってちょっとそっぽを向きます。
【春】「おにーちゃんあ〜ん」そっぽを向いた瞬間尻尾でつんつん とつついて振り向かせます、そして眼前にはサンドイッチが
【GM/楊】「……いや、その」
【GM】 反応に困る楊と、それを楽しむ春。
【GM】 まあ、いつもとあまり変わらないお昼の出来事、だった。
【春PL】 「本ばっかり読んでてお腹すいたでしょ?あ〜ん」で攻撃行きます
【GM】 あ、残念ですがOPでは一回限定です
【春PL】 そうですか、ではキャンセルで
【GM】 ので、さっきのところで切りたいのですが…よろしいですか?
【春PL】 はい、了解です
【GM】 徹底して掃除しそうな妹の居る部屋には置いて置けない(笑
【GM】 あ、がんがん書いて状況を固定してくだされ
【MMG】 周りの様子の描写とか
【MMG】 公衆の面前でキスするも、二人っきりの更衣室でナニするも、PLのシーン描写次第(笑)
【無名の書PL】 漏れのシーンの直後かw
【GM】 いや、別の本でしょ
【無名の書PL】 前のシーンとは打って変わって、普通のシーンだw
【春PL】 前がアレ過ぎたのでは(笑
【MMG】 うん、アレ過ぎた(笑)
【無名の書PL】 うむ、その通りだw
【GM】 まあ、ノーコメントw
【無名の書PL】 まあ、確かに調子に乗りすぎた、スマソ
【MMG】 や、謝る必要なんかこれっぽっちもないと思うけど(笑)
【GM】 うむ、別にかまわんよ(笑
【MMG】 ん? 家事全般は入れない?
【GM】 きゅん使ってるからコンボ三つまで入れられるよ?
【春PL】 忘れてた、振りなおしOK?
【GM】 お好きなように
【GM】 というか、言い訳?
【MMG】 その辺は後で描写入れるなりすれば
【GM】 おそらく激突あたりか(笑
【MMG】 私は〈家事全般〉〈お茶の用意〉〈耳と尻尾〉ぐらいかなと思ってたんだけどね
【MMG】 <OPコンボ
【春PL】 とりあえずお茶をこぼすってのをやりたかったので
【MMG】 ていうかまあ、私とか雀屋氏なんかだと、好奇系全部ってのが基本だったりするが(笑)<OP攻撃
【GM】 まて、それは勘弁だ(笑>DP全部コンボ
【MMG】 え〜
【MMG】 こつん覚悟なんだから良いじゃん(笑)
【GM】 まーなー(笑
【uind】 ふきふきキタ━━━(゜∀゜)━━━!!(笑)
【MMG】 いらっしゃ〜い
【無名の書PL】 ようこそ、どうぞ観戦していってくださいな
【MMG】 表にどうぞ〜
【torazou】 お邪魔します
【MMG】 膝に乗っかりキタ〜
【無名の書PL】 わぁい、普通の義妹だー、普通に萌える義妹だー
【yuki】 春たん〜可愛い〜w
【me_341】 【偽楊】「そう…そこだ春、うまいよ…」
【me_341】 ふきふき中
【春PL】 【偽春】「おにーちゃんここ・・・大きくなってるよ」
【SasamiT】 |・∀・*)・・・ドキドキ
【GM】 何が大きいって!?
【無名の書PL】 やめろーリプログに載せられなくなるーw
【GM】 そうそう、止めてくれ、頼むから(笑
【祭歌PL】 うっわぁ、エロネコミミだ、萌えるぅっ
【Narumi】 (笑)
【MMG】 しかも黒髪ロングストレートですよ、萌えですよ
【ayano】 【綾乃・校内放送】「R指定までは許しますが、成人指定は越えないで下さいね」
【uind】 校内放送きたー(笑)
【me_341】 風紀に粛清される!?
【祭歌PL】 初プレイで粛清とは・・春タソ恐るべし!!
【MMG】 うわ、しっぽで突っついてるし
【無名の書PL】 初めてとは思えないテクニカルな攻めだ!w
【MMG】 いかんなあ、いきなりもって帰りたくなっちゃったよ、春たん(笑)
【uind】 しっぽつつき…高度技術キター!
【無名の書PL】 春ちゃん春ちゃん、OPでは追撃できないのyp
目次へ

■ 幕間 ■

【GM】 さて、最後は祭歌さんだね
【祭歌PL】 よっしゃこいやぁ〜
【無名の書PL】 どんなシチュエーションを希望する?
【GM】 そそ
【祭歌PL】 それじゃあ昼食タイムから教室に帰る廊下(保健室前)でお願いします
【GM】 はい
【GM】 あ、コレ聞くの忘れてた(汗
【GM】 使用想定妹術は?
【祭歌PL】 きゅんかるま使用コンボで<発作><手術または改造><こんな事もあろうかと>を使用します!!
【無名の書PL】 幕間で秘蹟使うなら、今のうちに宣言ですよー
【GM】 ですね
【祭歌PL】 ん〜、使わないです
【GM】 はい、タイトルは何か希望ありますか?
【祭歌PL】 それでは【震窓の令嬢】でお願いしますです
【GM】 了解
【GM】 お疲れ様ー
【Narumi】 お疲れ様〜
【春PL】 こんな感じでどうでしょうか?
【MMG】 充分です。やりすぎなぐらい(笑)
【祭歌PL】 かっこいいなぁ〜、憧れちゃうなぁ〜(ライクアインペラ―
【無名の書PL】 拝啓おふくろ様!今宵は初参加ジェントルが強いです!
【MMG】 ところで、ミドルはシーンオークションするの?
【GM】 そのつもりだけど…
【MMG】 なるほど。じゃあ、春ちゃんたんは早めのシーン取った方がいいかも知れないですねえ、秘蹟的にも
【春PL】 そうか1シーンの間だから
【MMG】 好奇ダメージ増加に、技術操作の秘蹟で恋愛系妹術は技術能力値無しだから速攻で使い切るぐらいのつもりで行かないと<秘蹟
【MMG】 震窓なんだ(笑)<タイトル
目次へ

■ オープニング3:祭歌『震窓の令嬢』 ■

【祭歌PL】 では午後の授業の始まる少し前、教室に戻ろうと廊下を急ぐ所からお願いします
【GM/楊】「やれやれ……午後も面倒な授業、か」
【GM】 そういう楊の足取りはのんびりとしている。
【GM】 時間を守る気が全く無いのがわかる。
【祭歌PL】 丁度その時、向こう側からがしょ〜ん がしょ〜んと何か重そうな物が近付く音が聞こえてくる
【GM/楊】「……?」
【GM】 足を止めて怪訝そうな瞳を曲がり角に向けます。
【祭歌PL】 目を向けるとそこには長身の美少女が組み込まれた外骨格がこちらに向けて歩いてくるのが見える。
【GM/楊】「……へ?」
【GM】 学校、という枠から乖離した光景に一瞬言葉を失います。
【祭歌PL】 少女は可憐な唇の端から一筋の血を流しており、どうやら意識が完全に無いようだ
【GM/楊】「・・・って、血!?」
【GM】 慌てて少女の下へ駆け寄ります。
【GM】 が、外骨格の仕組みがよくわからないのでどうにもなりません。
【祭歌PL】 楊は彼女が図書館でよく会い、自分を兄と慕う少女であると認識した
【GM/楊】「えーと……さ、祭歌なのか?」
【GM】 声をかけることしか出来ない。
【祭歌PL】 【外骨格『動くの助』】『ブビー!!正面ノ人物ヲ兄者ト認識!優先事項第5条ニモトヅキ待機モードへ移行!』
【祭歌PL】 同時に外骨格の各所のロックが外れ祭歌が楊の懐に転げ落ちてくる
【GM/楊】「っと!」
【GM】 祭歌を抱きとめます
【祭歌PL】 ここで萌え攻撃を行います
【GM】 どうぞ
【祭歌PL】 ではきゅんかるま使用でコンボ攻撃。<発作><こんな事もあろうかと><改造>で攻撃します
【GM】 何点使いますか?
【祭歌PL】 1点です
【GM】 はい
【祭歌PL】 技術で判定します
【GM】 ではどうぞ
【祭歌PL】 3D6+6
【dice様】 saika: 3D6+6 = 20
【祭歌PL】 と言ってみます
【GM】 フルまでも無く被弾します
【GM】 って、あれ?
【GM】 目がわからない…
【GM】 2d6
【dice様】 sawame_GM: 4(2D6: 3 1) = 4
【春PL】 Dは小文字半角ですよ
【GM】 申し訳ない、ダイス目がわからないので振りなおしして下さい
【祭歌PL】 あ”申し分けない
【祭歌PL】 3d6+6
【dice様】 saika: 8(3D6: 1 6 1)+6 = 14
【GM】 きゅん1で回避
【GM】 3d6+1
【dice様】 sawame_GM: 9(3D6: 1 5 3)+1 = 10
【GM】 貰います
【祭歌PL】 キタ!
【祭歌PL】 DP17といっておきます
【GM】 了解
【GM/楊】「祭歌、大丈夫か!?」
【GM】 と抱きとめ、距離を縮めましょう。
【GM】 おでこをこつん、発動
【GM】 17点お返しです。
【祭歌PL】 頂きます
【GM/楊】「……やれやれ、午後は自主休講だな」
【祭歌PL】 【動くの助】『ガピー、兄者、コレ、マスターノ常備薬。飲マセロ』
【GM/楊】「……そう、なら使わせてもらうよ」
【祭歌PL】 動くの助の背部が開いてコップ入りの水と錠剤が出てくる
【GM】 では、何とか祭歌にクスリを飲ませ、そのあとに担いで保健室へ行きます。
【GM】 攻撃
【祭歌PL】 あい
【GM】 <めんどくさがり><他人への真摯さ>天与、あに1
【GM】 3d6+4
【dice様】 sawame_GM: 14(3D6: 6 4 4)+4 = 18
【祭歌PL】 意識が無いんで素で受けます
【GM】 まぁ、どっちかってと意識無いときはノーダメっぽいけどね(笑
【GM】 DPに10点
【GM】 で、シーン閉じます。
【GM】 ではどーぞっ!
【祭歌PL】 おす、いくっすよ〜
【Narumi】 震騒だったりして(笑)
【無名の書PL】 あっはっはw<震騒の令嬢w
【GM】 あの、えーと?
【GM】 何が起こるのでしょうか?
【GM】 いや、お願いじゃなくて、こうだ!って書いていいよ
【祭歌PL】 りょうかい、命令形っすね
【無名の書PL】 CSTは基本的にPLが積極的にシーンを仕立て上げちゃうTRPGなのですよ
【MMG】 普通のTRPGと違ってマスターPCの行動までPLが左右していいのがCSTだし
【SIN】 というかマスターやるつもりでかな?
【GM】 えーと、この兄だと僕に任せられちゃうと、多分急がない(笑
【無名の書PL】 下手すると動かないw<今回の義兄
【MMG】 おひ(^^;<意識不明で登場
【無名の書PL】 やるな、ジェントル乱丸w
【GM】 で、わたしはどうしたらいいんだ(笑
【GM】 そして、今回は初めての出会いが無かった(笑
【無名の書PL】 そろそろ何かアクションした方がw
【MMG】 や、本の人とは初めての出会いでしたやん(笑)
【GM】 言葉もかけられなかったって(笑
【GM】 普通にいきなり義妹が現れたりするOPも想定はしてたw
【MMG】 ネーミングイイ!!(笑)<外骨格『動くの助』
【GM】 観客のジェントルたち、もっとネタを出してくれ
【GM】 でないと、時間が遅くなって迷惑賭けるかもしれんのでw
【MMG】 うにゅ、了解
【無名の書PL】 もっとツッコミとか入れていきますですー
【MMG】 うっわ〜、理想的な出目でやんの<振りなおし
【無名の書PL】 ダイス目がフルに修正に入るよw
【無名の書PL】 こつんキタ―――――!!
【春PL】 こつんキタ━━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━━!!
【raopu】 こんつぽろり(涙
【無名の書PL】 はぁい、ようこそー。どうぞ観戦していってくださいなー
【MMG】 いらっしゃ〜い、おもてもどうぞ〜
【seleness】 どもー
【祭歌PL】 いってぇ!!もうFLまじかですよぉ
【raopu】 いらっしゃーい
【MMG】 や、OPこつんでFL超えは基本です(笑)
目次へ

■ 幕間 ■

【祭歌PL】 お疲れ様です〜
【GM】 とりあえず、どんどん状況を動かしましょう、ええ
【GM】 で、次からミドルシーンへと移ります
【GM】 この兄に、一般的な有能さとかを求めるのは禁物です(笑
【GM】 あと、調子よく物に頼ったりもしないので注意w
【GM】 では、シーンオークションを行います。
【無名の書PL】 OK
【GM】 …オークショナーは無名の書
【GM】 さん
【GM】 です
【無名の書PL】 じゃ、使用能力値は天与を指定します
【GM】 では、きゅんの使用点数を確認します
【無名の書PL】 きゅん使用しません
【祭歌PL】 無しで逝きます
【春PL】 では1点使います
【GM】 では、天与でロールをどうぞ
【無名の書PL】 2d6+5
【dice様】 TheBook: 3(2D6: 1 2)+5 = 8
【無名の書PL】 うわ低っ
【春PL】 これは登場判定に含まれます?
【GM】 いえ、それは後で説明
【春PL】 3d6+2
【dice様】 haru: 8(3D6: 2 3 3)+2 = 10
【祭歌PL】 2d6+1
【dice様】 saika: 5(2D6: 3 2)+1 = 6
【GM】 では 春>無名の本>祭歌 でよろしいか?
【春PL】 はい
【無名の書PL】 んじゃ、それで
【祭歌PL】 あい
【GM】 では、春さん、シーン定義、登場用の能力値、秘蹟の使用、想定妹術などをどうぞ
【春PL】 シーンは昼休みの屋上、秘蹟<あのね、あのねっ>を使用、登場用能力は感情、想定妹術は<家事全般>+<お茶の用意 >+<耳と尻尾>+<いいわけ>
【春PL】 追加で秘蹟<私の出番ですね>、状況はサンドイッチの残り&調理実習で作ったケーキを一緒に食べます
【春PL】 以上で
【GM】 了解です
【GM】 タイトルは何か希望が?
【春PL】 ・・・思いつかない、なんかいいのあります?
【GM】 では……
【GM】 おつ
【MMG】 おつかれ〜
【MMG】 これで〈押し寄せる絶望〉と〈手術もしくは改造〉は封印されてしまいましたな(^^;>祭歌たん
【祭歌PL】 片方だけでも使えれば御の字です(ぐっすし
【GM】 そうそう、自分でシーン作れるのってあと一回ぐらいしか無いから
【GM】 売り込まないと負けます、はい
【MMG】 きゅん全力投入だ〜
【MMG】 みんな出目低めだ
【MMG】 いけ! いけ!ゴ〜ゴ〜!
【MMG】 >春ちゃんたん
【春PL】 では1番で
【MMG】 ちなみに幕間秘蹟は使えるだけ使ってOK
【祭歌PL】 む〜、ルールガイダンス片手に憶えながらやってるから反応が遅めです
【無名の書PL】 わからない事があったら遠慮なく舞台裏で質問するといいヨー
【祭歌PL】 サンキュです。
【MMG】 《私の役目ですね》は使わない?>春ちゃんたん
【無名の書PL】 シーン定義は自分が使いたい妹術が使いやすい状況にするとベターだよー
【GM】 うん、
【春PL】 妹術は使用能力値違ってもいいですか?あと秘蹟は2つ同時使用OK
【GM】 時間と場所だけじゃなくて、もっとどんな状況か細かく言って言いし
【GM】 秘蹟は同時使用可能、能力値はむしろ違うの使って都合のいい能力値で判定する
【MMG】 コンボは組み込んだ妹術の使用能力値から好きなの選べるから
【無名の書PL】 妹術のコンボは、攻撃属性さえあっていればOK。判定に使用する能力はコンボにした妹術の能力値から任意に選べる
【MMG】 わ〜い、みんなして説明してる〜(笑)
【uind】 2つどころか、現在のカルマの値までだったらいくらでも組み合わせで来ますY-
【祭歌PL】 ほうほう(横から学習学習
【無名の書PL】 覚えれー覚えれー。
【uind】 妹術はむしろ組み合わせて使うのが基本ですね。
目次へ

■ ミドル1:春『屋上のお茶会』 ■

【春】「お にーちゃん、美味しい?」サンドイッチを食べさせてます
【GM/楊】「あぁ……おいしいよ、春」
【春】「ホント?うれし〜な〜」尻尾をパタパタさせてます「あ、 指にソースが付いてるよ」手をとって・・・
【春PL】 ここで攻撃行きます
【GM】 どうぞ
【春PL】 想定
【春PL】 想定妹術と同じ技できゅんかるま1点使用
【春PL】 3d6+4
【dice様】 haru: 8(3D6: 3 3 2)+4 = 12
【GM】 あに1で回避
【GM】 3d6+1
【dice様】 sawame_GM: 12(3D6: 2 6 4)+1 = 13
【春PL】 +2で14です
【GM】 秘蹟さえなければ(笑
【春PL】 鼻でくんくんして・・・
【GM】 ダメージください
【GM】 DP12かな?
【春PL】 DP12です
【GM】 では続きを(笑
【春】「美味しそう・・・」指を舐め始めます
【GM/楊】「は、春っ!?」
【GM】 思いがけない行動に楊は珍しく慌てます。
【春】はっとして耳をぺたっと「あ・・・ごめんなさい、美味しそ うだったんだもん」素直に謝ります
【GM/楊】「そういうもんかね……」
【無名の書PL】 (登場判定よろしいですか?)
【GM】 と呟きつつ、春の頭をなでり、なでり
【GM】 (ちょとまって、いったん攻撃させてくだされ)
【春】「だっておにーちゃんほっとくと汚れた指で本読むんだも ん、ほっとけないよ」けど撫でられて尻尾パタパタ、攻撃どうぞ
【GM】 <無用心><無頓着>、肉体で
【GM】 2d6+4
【dice様】 sawame_GM: 8(2D6: 2 6)+4 = 12
【春PL】 2d6+2
【dice様】 haru: 4(2D6: 2 2)+2 = 6
【GM】 DPに10点進呈です
【春PL】 もらいます
【GM】 では、ひっそり無名の本さん、登場判定です…春は妨害しますか?
【春PL】 妨害します
【GM】 では、妨害に使用するきゅんかるま点数をどうぞ、その分だけダイスの数が減ります。
【GM】 出目ではなくて、振ることのできるダイス数です。
【春PL】 キュン1点
【無名の書PL】 じゃあきゅん1点で相殺
【無名の書PL】 OK?
【GM】 さらに追加しますか?
【春PL】 いえ、このままで
【無名の書PL】 同じく、こっちも追加なし
【GM】 ではロールをどうぞ、目標は8です
【無名の書PL】 2d6+3
【dice様】 TheBook: 9(2D6: 4 5)+3 = 12
【無名の書PL】 OK、登場だ
【GM/楊】「いや、本は大事にしてるさ……それなりに」
【無名の書PL】 食事の時ですら、楊は本を手放さない。春の心配ももっともな物であった。
【無名の書PL】 楊の傍らには1冊の古びた本。先日、図書室で見つけたあの本だ
【GM/楊】「大事なのは記録とか、思想が残されている事であっ て、本そのものに絶対的な価値があるわけじゃない」
【春】「ふ〜ん・・・私頭悪いからよくわかんない」耳が寝ちゃい ます
【GM/楊】「まあ、こうやって天気のいい日に風に当たるのも悪 くないよ」
【春】【そしてこんないい天気には紅茶が合う!はい」紅茶を差し 出します・・・攻撃してよろしいでしょうか?
【GM】 うん
【春PL】 <家事全般>+<お茶の用意>+<耳と尻尾> 技術で
【春PL】 きゅんは無し
【春PL】 2d6+6
【dice様】 haru: 9(2D6: 4 5)+6 = 15
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 3(2D6: 2 1)+1 = 4
【GM】 貰います
【春PL】 ではDP11点
【GM/楊】「悪いね」と言って紅茶を受け取ります。
【無名の書PL】 不意に、紅茶がこぼれ、本にかかってしまう
【GM/楊】「あ……」
【春】「今日はちゃんと茶葉から入れたんだよ、ティーバックじゃ ないよ、おいしい?」期待している目で見つめてます
【GM/楊】「(やれやれ…司書の前田さんには後でブランデーが 必要か)」
【GM/楊】「うん、またお茶の淹れ方、上手くなってるよ」
【GM/楊】「まぁ、気持ち良い場所に手作りのサンドイッチ、紅 茶に本、なんとも贅沢な話だなぁ……」
【GM】 伸びをしつつ満足そうに笑います。
【GM】 で、二回目の攻撃
【無名の書PL】 ほいほい
【春PL】 どうぞ
【GM】 <無用心><自由人><ちょっとしたこだわり>、肉体、きゅん2、懸命+優しさを見てしまう+その胸に届け
【GM】 4d6+4
【dice様】 sawame_GM: 15(4D6: 5 1 3 6)+4 = 19
【GM】 あと、秘蹟で達成値+4で23です
【春PL】 きゅんは使いません
【春PL】 2d6+2
【dice様】 haru: 7(2D6: 5 2)+2 = 9
【春PL】 ダメージどうぞ
【無名の書PL】 2d6+2
【dice様】 TheBook: 11(2D6: 5 6)+2 = 13
【無名の書PL】 かわせという方が無理だ
【GM】 DPをお二人に15点ですが…
【無名の書PL】 ちょっと待った、《それはダメです!》
【GM】 ま、いいでしょう
【GM】 では、達成値は12に低下
【無名の書PL】 しゃあっ!
【GM】 ダメージは春さんにDP13点ですね
【春PL】 受けます
【春】「それと・・・可愛い義妹でしょ」そばに寄り添って寝ちゃ います、そろそろシーン切ります?
【GM/楊】「さて……まだ余裕のある授業を受けるのもなんだ し」
【GM】 と春と一緒に昼寝を始めますけど・・・
【春PL】 本の人動きます?
【無名の書PL】 何もできねぇッスよ
【GM】 あ、本枕代わりに使うと思う…
【無名の書PL】 キーッ!それは怒る。触れた瞬間にピリッと痛みが
【GM/楊】「っ痛」
【GM/楊】「なんだ……?」
【春PL】 つられて起きます
【無名の書PL】 何故か、かまってもらえなくて拗ねている、そんな気がした
【GM/楊】「いや、さすがに図書館の本を枕にするのはマズかっ たみたいだ」
【GM】 と、横に本を避けてから再びごろり。
【無名の書PL】 強引に萌え攻撃。
【GM】 うい
【無名の書PL】 さっきのを〈以心伝心〉+〈聖なる衣装〉と主張してアタック。能力値は天与
【無名の書PL】 きゅんかるま1点使用。
【無名の書PL】 3d6+5
【dice様】 TheBook: 11(3D6: 6 3 2)+5 = 16
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 5(2D6: 2 3)+1 = 6
【GM】 貰うよー
【GM】 10点?
【無名の書PL】 好奇に10点です
【無名の書PL】 これ以上のアクションはないですよ
【GM】 では、さりげなく春を抱き寄せるような格好で昼寝を始めます。
【春】「どーしたのおにーちゃん、一緒にねよーよ」きゅん1点で 追撃
【GM】 どぞー
【春PL】 恋愛系全部できゅん1点使用
【春PL】 感情で
【春PL】 3d6+4
【dice様】 haru: 14(3D6: 6 6 2)+4 = 18
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 5(2D6: 3 2)+1 = 6
【GM】 貰います
【春PL】 LP13点
【春】「おにーちゃんの体・・・暖かいね、だいすきだよー」寝言 で
【GM/楊】「……」無言で抱き寄せます
【GM】 で、シーンを閉じますがよろしいですか?
【無名の書PL】 OK
【春PL】 はい
【GM】 でないと手数と威力の問題があるからね<コンボ基本
【uind】 あ、同時使用は秘蹟か。(組み合わせに個数制限があるのは妹術)
【無名の書PL】 秘蹟の同時使用も可能ですよー
【uind】 できれば2〜3個常に組み合わせていきたいですね<妹術
【無名の書PL】 コソーリ登場したいにゃあ〜
【MMG】 だから、好奇系全部とか恋愛系全部で(笑)<コンボ
【無名の書PL】 「お父さん、ご飯の時くらい読書やめたら?」てな感じで
【無名の書PL】 はっ!?登場判定の能力値指定されてない
【GM】 いや、感情
【無名の書PL】 あ、失礼
【無名の書PL】 じゃ、攻撃が終わったところで登場しますよ〜
【春PL】 <あのね、あのねっ>はこうげき1つ1つに+1ですか
【MMG】 8+3で11DP
【GM】 秘蹟修正入れてくだされ>11→12
【MMG】 あ、そだね
【祭歌PL】 質問です
【GM】 なんでしょうか?
【無名の書PL】 はい?
【MMG】 ふきふきに、ゆびちゅぱって……やっぱりもって帰る〜!!<春ちゃんたん
【GM】 お持ち帰りは後にお願いします(笑
【祭歌PL】 どもです
【MMG】 さあ、どう動くか? 本の人
【GM】 そういやR-9より受動的だ(笑
【MMG】 R−9は気配りの人だったし
【GM】 うむ、それに電子音すらないしね…
【MMG】 せめて、光るとか、回るとか、音が出るとかしないと(笑)<アーティファクト義妹
【raopu】 抜けば弾散る電子の玩具っ!
【無名の書PL】 どこのおもちゃですかw
【raopu】 これは紅の光線銃ッ! もしかするとすごいショッキングなシーンが繰り広げられるトカ!!
【MMG】 ゲ〜ゲッゲ〜
【MMG】 兄ダイス〜
【GM】 4つぐらい振らないと避けられそうに無いから、はじめから気にしないw
【MMG】 これで数値的に追撃するなら恋愛系コンボにいけますね<春ちゃんたん
【無名の書PL】 義妹自体より、義妹の外を描いていくのがコツだな<アーティファクト義妹
【無名の書PL】 頼む義兄よ、本を開いておくれ〜
【MMG】 コツというかそれしかないというか
【春PL】 いつ動くかわかんないから勝手に動いてますが(笑
【無名の書PL】 うむ、義妹自身を描いても何もないからねぇ
【GM】 いくらなんでも、人と話してる最中に本を開く兄はどうかと思う
【MMG】 確かに常識だとそうだ
【無名の書PL】 むむう。それもそうか…
【MMG】 て言うか、以外に相性悪いですな<兄と本の人
【無名の書PL】 いや、兄との相性というより、シーンとの相性が悪いんだ
【MMG】 わ〜、地雷級攻撃だ〜
【GM】 いや、ほら、バランスとかw
【春PL】 ここまで高いと抵抗するだけ無駄です
【MMG】 本の人、秘蹟は使わない?
【無名の書PL】 はっ、そうかw
【GM】 遅い(にやり
【MMG】 今なら自分だけ回避可能だったのに
【GM】 直後は過ぎ去ったw
【MMG】 かるま上昇は当たった人だけだね?
【祭歌PL】 ほうほう、こう使うんですか
【GM】 そそ
【MMG】 では春ちゃんたんはきゅんも2点上昇しました
【春PL】 きゅん7点、さすがにやばい
【MMG】 やっぱりこの状況、私なら恋愛系全部と行くだろうな<春ちゃんたんの追撃コンボ
【MMG】 追撃用に1点とダイス増加に1点使っても打ち込んどいたほうが有利
【無名の書PL】 umu,
【無名の書PL】 強引にいかないと萌え攻撃もできないw
【MMG】 というか次の本の人のシーンが予想つかないから、割り込めるかわから無いし(笑)
【MMG】 マスターも誘ってるし(笑)
【MMG】 出目もいい
【無名の書PL】 一緒にお昼寝だ!少女のふかふかした感触が眠気と興奮を誘う!w
【MMG】 やっぱりすぐに持ってかえる〜
【raopu】 もう一つ包んで(w
【祭歌PL】 そかそか、さきにシュチュをぶつけてから攻撃宣言か・・・
目次へ

■ 幕間 ■

【無名の書PL】 次はオラがシーンだなぁ
【GM】 ですねぇ……
【GM】 どーします?
【祭歌PL】 あ、ここで祭歌がカルマ減らし宣言して良いんですか?
【無名の書PL】 うい、そうですー
【GM】 ですね
【祭歌PL】 では減らします〜
【春PL】 同じく減らします
【GM】 春は減らないよー
【GM】 登場しなかったPCのきゅんが減るのです
【無名の書PL】 じゃ、場所は楊の部屋。夕食を終え、本を読んでるシーン。
【祭歌PL】 あ、後追加でもう一つ〜
【祭歌PL】 <そんなのずるいで>を使用します
【GM】 あ、その手のは使う瞬間に宣言です>そんなの〜
【祭歌PL】 了解です
【無名の書PL】 登場判定の能力値は天与。
【無名の書PL】 使用予定妹術は〈思い出の品〉〈魅了する邪悪〉を予定
【GM】 うむ
【GM】 タイトルは?
【無名の書PL】 「魅了する叡智」で<タイトル
【無名の書PL】 あ、秘蹟は温存しておきます
【春PL】 疲れた〜
【GM】 お疲れ様〜
【MMG】 おつ〜
【raopu】 おつかれさまっ♪
【無名の書PL】 お疲れ様〜。とっても良かったですよ〜
【Narumi】 お疲れ様〜
【祭歌PL】 すばらしいです〜。そして今回完全に様子見な私(爆
【MMG】 見ものだ<本の人のシーン定義
【MMG】 そして祭歌たんも減るのは1点だけ(^^;<きゅん
【無名の書PL】 秘蹟の使用タイミングは秘蹟の説明文に書いてあるよー
【祭歌PL】 『歩くの助』の充電完了です・・・ふっふっふ
【祭歌PL】 先に言ったうえで使用かと思ったんです
【MMG】 天与か、祭歌たんは出るつもりならきゅんを思い切って使わないとね
【MMG】 CSTの基本:ためらうな!
【春PL】 レーザーガンを手放すな!
目次へ

■ ミドル2:無名の書『魅了する叡智』 ■

【無名の書PL】 夜の優雅なひととき。夕食を終え、楊はいつものように本を読んでいる。
【GM/楊】「……」
【GM】 その表情は真剣そのもの。
【無名の書PL】 最近、楊はずっと図書室でみつけたあの本を読んでいる。
【無名の書PL】 本を開くたびに、望んでいた言葉を、知識を与えてくれる。
【GM】 彼をよく知る者ならわかるだろう、その真剣な表情というのが、苦渋に満ちたものだ、という事に。
【GM/楊】「……ダメだ、こんなもの、存在していいはずなな い」
【祭歌PL】 ここで乱入させてもらいます
【GM/楊】「……労もなく与えられるものになんて、何の価値も 無い」
【無名の書PL】 うい、妨害はしないよ
【祭歌PL】 きゅんかるま2使用です
【GM/楊】「そもそも、コレ自体が如何なる意図を持って存在し ている?」
【祭歌PL】 4d6+1
【dice様】 saika: 19(4D6: 4 6 4 5)+1 = 20
【祭歌PL】 あらら、二つで余裕だったワナ
【GM/楊】「あらかじめ与えられている正解……」
【無名の書PL】 楊の言葉に反応したのか、本が白紙になる
【祭歌PL】 そんな中唐突に玄関を強打する音が・・・
【GM/楊】「……はい、どちら様?」
【GM】 余り機嫌がよい、とは言えないが、なんとか取り繕って応対に出る楊。
【祭歌PL】 玄関先には本日保健室送りにした少女+外骨格が立っていた
【GM/楊】「えっと……祭歌?」
【祭歌】あ・・・兄やん、今日は・・・ありがとな。ウチ、お礼 ga」
【祭歌】あ・・・兄やん、今日は・・・ありがとな。ウチ、お礼が したくって」
【GM/楊】「僕は当然のことをしただけで、別にそんな礼なんて ――」
【GM/楊】「それより、体のほうは大丈夫かい?」
【祭歌】それでなっ・・・ごほっ(血ィ吐き)
【GM/楊】「祭歌っ!?」
【祭歌PL】 言ってるそばから吐血してしまう祭歌それでも気丈に・・・
【祭歌】だいじょぶや、ちょっと口の中っ切ってもうたのが咳で出 ただけや。心配せんといて」
【GM/楊】「そう……なのか?」
【GM】 そういいながら、覗き込む表情は不安そうです。
【GM】 攻撃しますよ?
【祭歌】「ほらっ、こんな事もあろうかと常備薬は多くもっとるん や」
【祭歌PL】 同時タイミングで攻撃って可ですか?
【GM】 どうぞ、一連の演出が終ったところで判定しましょう。
【祭歌PL】 うい。
【祭歌PL】 そんな祭歌の気丈な振る舞いに楊の心は揺さぶられる
【祭歌PL】 で、攻撃です
【GM】 避けたら揺さぶられない(笑
【GM】 ではこちら〜
【GM】 から
【GM】 <不器用><他人への真摯さ>肉体
【GM】 2d6+4
【dice様】 sawame_GM: 9(2D6: 5 4)+4 = 13
【GM】 肉体で避けてください
【祭歌PL】 はい
【祭歌PL】 2d6+2
【dice様】 saika: 6(2D6: 5 1)+2 = 8
【祭歌PL】 頂きます
【GM】 好奇に9点です
【GM】 DP9点進呈
【祭歌PL】 にゃほいっ
【GM】 では、そっちもどうぞ
【祭歌PL】 それではカウンターアタック行きます
【祭歌PL】 きゅんかるま1使用でコンボ『気丈な笑み』<発作><さらりと嘘つき><こんなこともあろうかと>です
【GM】 はいな
【祭歌PL】 技術で判定します
【祭歌PL】 3d6+3
【dice様】 saika: 11(3D6: 4 6 1)+3 = 14
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 6(2D6: 5 1)+1 = 7
【GM】 貰います
【祭歌PL】 DP15と言っておきます
【GM/楊】「全く…しょうがない子だ」
【祭歌PL】 すは言ってみたものの祭歌の強い意思のある瞳から目の離せない楊であった
【GM/楊】「でも、本当に無理はするんじゃないぞ?」
【祭歌】うんっ、判った。兄やんに心配ばっかかけられへんもん なっ
【祭歌PL】 背中の外骨格をギュンギュンいわせながら背一杯はしゃいでみせる祭歌だった
【GM/楊】「……なんだか凄いのを背負ってるんだな、祭歌」
【祭歌】「ウチ、体が弱いからこの歩くの助がおらんと歩く事も、 物を持つ事も大変なんよ・・・」
【祭歌PL】 ふと見せる気弱な表情。だが、一瞬でそれを振り払いまた明るい笑顔を作る
【GM/楊】「ごめん、悪い事聞いちゃったみたいだ」
【祭歌】「ええんよ。現実は現実、受け入れられんほどウチは子供 やないでっ」
【祭歌PL】 精一杯のウインク
【GM/楊】「祭歌は、大人なんだな」
【GM/楊】「僕なんかは、未だに気に入らない事に突っかかっ ちゃったりするよ」
【祭歌】「へへへ〜、兄ヤンに誉められてもうた♪嬉しいなぁ」
【無名の書PL】 気丈に振舞う祭歌に、うずくまって震える少女の姿が重なる。それと同時に、楊の頭に何かが流れ込んでくる。
【祭歌】「んなこと
【GM/楊】「……今のは一体?」
【無名の書PL】 流れ込んでくるのは、祭歌の苦しみ。そして、膨大な知識。それらは楊に告げる。祭歌の命が、長くは無いという事を
【無名の書PL】 萌え攻撃しますよ〜
【GM】 どぞ
【無名の書PL】 〈以心伝心〉〈憑依〉でアタック。能力値は天与。
【無名の書PL】 きゅんかるま1点使用します
【無名の書PL】 3d6+5
【dice様】 TheBook: 9(3D6: 5 2 2)+5 = 14
【GM】 きゅん2
【GM】 4d6+1
【dice様】 sawame_GM: 20(4D6: 6 6 2 6)+1 = 21
【GM】 ぶw
【無名の書PL】 ちくしょう、義兄の心が《見える、聞こえる》!6の出たダイス2つを両方とも1に変更じゃあ
【GM】 あ、振る前に宣言で、自分だけだから、その秘蹟
【無名の書PL】 ああしまった、使い慣れてない秘蹟だったもんで
【無名の書PL】 わぁい外したぁ
【GM】 という事で直感的に知識をありがたく受け取ってしまいますな…(汗
【無名の書PL】 ちぃっ
【無名の書PL】 どこから得た知識かはさっぱりわかりません、という事で
【GM】 じゃ、祭歌を急に抱き寄せましょう。
【祭歌】「あっ、兄やん、どうしたんや1?そんな急に」
【GM/楊】「いや、ほら…祭歌…学園祭行きたがってただろ?」
【GM】 と、答えつつ、急に自分のした事に気付いて距離を取り直します(笑
【祭歌】「うん、ウチすっごくたのしみやわ♪」
【GM/楊】「その……二つ、三つぐらいなら……一緒に行って上 げるよ、心配だし」
【祭歌PL】 そして祭歌もそんな義兄の態度を見て頬を・・・
【GM】 で、二回目の攻撃
【祭歌PL】 ・・・っしゃこいやぁ〜
【GM】 <不器用><他人への真摯さ>、肉体、きゅん1
【GM】 を祭歌と無名の書に一回ずつ
【GM】 祭歌から
【GM】 3d6+4
【dice様】 sawame_GM: 5(3D6: 3 1 1)+4 = 9
【GM】 3d6+4
【dice様】 sawame_GM: 8(3D6: 2 2 4)+4 = 12
【祭歌PL】 じゃ祭歌から
【祭歌PL】 2d6+2
【dice様】 saika: 7(2D6: 3 4)+2 = 9
【祭歌PL】 同数の場合は?
【GM】 義妹有利です
【GM】 よって、回避ー
【祭歌PL】 っしゃぁ
【祭歌PL】 そんな義兄を見て悟ったように微笑む祭歌だった
【無名の書PL】 知識は告げる。このままでは、祭歌の命は学園祭まで保たない……
【無名の書PL】 いけねぇ回避忘れてた
【無名の書PL】 2d6+2
【dice様】 TheBook: 4(2D6: 1 3)+2 = 6
【無名の書PL】 食らったよ兄者
【GM】 南無、そして墓穴かな?
【GM】 墓穴を先にどうぞ
【無名の書PL】 2d6+2
【dice様】 TheBook: 6(2D6: 2 4)+2 = 8
【無名の書PL】 いてぇ、いてぇよ
【無名の書PL】 DP8点上昇
【GM】 あと、ダメージも8点DPに
【GM/楊】「そう・・・だな・・・楽しみだ」
【GM】 といって、軽く祭歌の頭をぽん、ぽん、と叩きます。
【祭歌】「ホント楽しみやわ。それじゃウチは帰るな。兄やん、ま た明日学校でな!」
【GM/楊】「あ、あぁ……」
【GM】 事実を知った楊の返事は歯切れが悪い。
【祭歌PL】 それには気が付かず、心なしか軽い足取りで楊の前から消えていく祭歌であった・・・
【GM/楊】「ままならない、か……」
【無名の書PL】 楊の部屋で、何かが床に落ちる音がした。
【GM/楊】「今度はどの山だ…?」
【無名の書PL】 部屋に戻ると、あの本が床に落ちて開かれている。そこには、押し花が挟まれている。
【無名の書PL】 祭歌との、思い出の押し花……
【GM/楊】「……」
【GM】 無言でそのページを開く。
【無名の書PL】 そこに記されていたのは、ある物語。病弱な少女と、本の好きな少年の物語…
【無名の書PL】 萌え攻撃、行くよ〜
【GM】 どぞ
【無名の書PL】 〈思い出の品〉〈以心伝心〉〈魅了する邪悪〉で。判定能力値は天与。
【無名の書PL】 きゅんかるま1点使用。えぇい、《見える、聞こえる》も使っちゃえ!
【無名の書PL】 秘蹟打消しはないね?
【無名の書PL】 OK、判定だ
【GM】 どうぞ
【無名の書PL】 3d6+5
【dice様】 TheBook: 5(3D6: 2 2 1)+5 = 10
【無名の書PL】 使って正解だ。2のダイスを両方とも6にする
【GM】 残りあに全て投入で2点追加
【GM】 4d6+1
【dice様】 sawame_GM: 23(4D6: 6 6 5 6)+1 = 24
【GM】 ぶっ
【無名の書PL】 げっ!?
【GM】 では、めくったページも、やはり白紙。
【GM/楊】「安易な解決、なんて夢か……」
【GM/楊】「やれやれ、疲れてるみたいだ。」
【GM】 追撃あります?
【無名の書PL】 追撃しますよ、しないとヤバイですよ
【無名の書PL】 楊の脳裏に浮かぶ知識。最後の希望。
【GM/楊】「まだ、何かあるのか?」
【無名の書PL】 〈憑依〉〈以心伝心〉で攻撃。能力値は天与
【無名の書PL】 きゅん2点使用。S型因子の力も借ります
【無名の書PL】 4d6+5+3
【dice様】 TheBook: 13(4D6: 1 5 4 3)+5+3 = 21
【GM】 2s6+1
【GM】 ごふ
【無名の書PL】 兄者、ダイスを振ってくだされ
【GM】 一応、追撃の宣言+攻撃時は一緒のきゅん使用としておくので兄が1
【GM】 よって振る意味なし
【GM】 ダメージ下され
【無名の書PL】 DPに11点ダメージ
【無名の書PL】 希望の名は、《因子》……
【GM/楊】「……《因子》?」
【GM】 で、閉じます?
【無名の書PL】 ここでシーンを切りましょう
【yuki】 ZAPZAPZAP
【MMG】 読んでいるうちに深みにはまって最後には魂を喰われてしまう本
【MMG】 って、そう言えばS型因子じゃん、この本の人(^^;
【MMG】 あら? 深みにはまりそうにないぞ、この兄
【MMG】 っていうかかなり常識人だ(^^;
【無名の書PL】 むむう、墓穴を掘ったか
【MMG】 や、CSTのダイス目を侮ってはいけない。3点突っ込んでも出れないこと余裕である(笑)
【無名の書PL】 兄地雷踏んだかもなぁ。そうか、そういう方向のキャラだったのか
【raopu】 ダイスひどいやつぽ。いつもおれをうらぎるぽ。
【GM】 説明不足でスマン
【maturi】 CSTダイスは余裕で裏切る。二つくらいは確実性増すために必要だったりもするよね、楽勝でも
【GM】 あはは(涙
【raopu】 しかもさ、腹立たしいのは
【raopu】 「6ゾロが出ても絶対抵抗できない時」とかは5とか6とか出すんだよ、ダイスのヤツ。
【raopu】 そうやって、こっそり平均をあげてるわけだ。ひどいんだよ。
【GM】 そう、20↑に2d6振るときとかに12がでるんだよね(涙
【MMG】 またいい感じの出目が出てる
【無名の書PL】 なんだこの神の出目はw
【祭歌PL】 なにか神がかった出目が出ますた(苦笑
【MMG】 さて、祭歌たんの2撃目はどうするか微妙だなあ
【MMG】 DPは今ちょうどいい感じだし、下手にLP入れると自分のミドルがなくなる可能性もあるし
【無名の書PL】 シーンプレイヤー漏れなんだけどなw
【MMG】 動け、本の人(笑)
【無名の書PL】 それもそうかw
【GM】 祭歌さん、台詞を「」でくくってくだされ
【祭歌PL】 あ、失敗です。スマソ
【祭歌PL】 あぁ、なんだか自分のミドルのようです(爆
【MMG】 だから動こう、本の人(笑)
【無名の書PL】 そういや、楊は祭歌の病気の事、どこまで知ってるの?
【GM】 さあ? どうなんですか、祭歌さん?
【祭歌PL】 なんだか病気、重いみたいだ。位かな?
【祭歌PL】 不治の病だとは知らないです。
【無名の書PL】 あいあい、了解ヨー
【MMG】 うむ、祭歌たんもかわいい
【MMG】 本の人のおせっかいキターーー!
【祭歌】「MMG_gの兄やんありが・・・がふっ!!」(ムタば りの吐血)
【MMG】 ああ、大丈夫か! 祭歌たん
【MMG】 (よしこのまま、担架に載せてお持ち帰りを……)
【祭歌PL】 ぷしゃ〜きらきらきら〜
【Narumi】 この兄偽者〜(笑)
【GM】 ありえない…父さん、僕輝いてる?w
【祭歌PL】 おわっ、兄やんが神の目を出してる
【MMG】 ありえない出目だ
【Narumi】 むしろ、自分の2を6にした方が〜
【Narumi】 ダメージが1増える(笑)
【Narumi】 あ、宣言タイミングでダメか
【MMG】 何の動揺もなしに知識だけ受け取る義兄(笑)
【GM】 直感でしょ、祭歌の死についてビジョンを得る(笑
【MMG】 常識人のわりに結構平気で女の子抱き寄せるのな、この義兄(笑)
【MMG】 ああ、そう言えば学園祭!! そんなものもあったなあ(笑)<すっかり忘れていた人
【Narumi】 兄ダイス、戻った振り(笑)
【春PL】 学園祭だったっけ?
【yuki】 やっと学園祭〜?w
【無名の書PL】 半分くらい忘れて突っ走ってたよw
【GM】 最初っから忘れて作ってると思ってたよw
【GM】 無名の書さん回避ヨロ、12目標です
【yuki】 学園祭とは無縁そうだもんねw
【祭歌PL】 忘れてた人がここに
【MMG】 で、このあとどうする、本の人? せっかく〈憑依〉あるんだし、動くの助に取り憑くとか(笑)
【GM】 えーと、どうしようか(汗
【GM】 兄は攻撃回数尽きたよ
【祭歌PL】 祭歌は退場です
【無名の書PL】 動けない、動けないよ…
【MMG】 人、それを自縄自縛という(笑)
【祭歌PL】 がんばれ本の人〜
【無名の書PL】 人のキャラの設定いじりまくる本の人
【祭歌PL】 あ、本人も知らない思い出の押し花(爆笑
【祭歌PL】 って言うか学祭目指すのに学祭前には命の炎が尽きるってどうですよ?
【祭歌PL】 サイコ―だけどな(超爆
【MMG】 や、それでシーンうまく回せるなら何ぼでも(笑)
【MMG】 今までにない使い方だ(笑)<〈思い出の品(しかも人の物)〉
【GM】 天与ロールだけど、妨害秘蹟使いますか?
【無名の書PL】 《そんなのずるいで!》で打ち消せるけど
【MMG】 《そんなのずるいで!》が使用可能>祭歌たん
【祭歌PL】 やらないです。まだね(ニヤソ
【MMG】 確かにずるいし(笑)<人の思い出の品
【MMG】 良かったね使ってて(^^;<ダイス目
【無名の書PL】 そんなのすごくずるいで!w
【yuki】 なんか凄いことになってますね〜
【GM】 ありえねーw
【春PL】 お兄ちゃん神の出目
【GM】 何、今日は偽者?w
【無名の書PL】 偽兄だw
【MMG】 k、こんなの、絶対兄ダイスじゃない〜!!
【祭歌PL】 ・・・よかった〜使わないで(素
【祭歌PL】 ってかVS本の人の時の神っぷりがもう(もらい泣き
【MMG】 読もうとした瞬間に消える物語(^^;
【祭歌PL】 ジャストエンディングストーリー?
【Narumi】 (−人−)
【祭歌PL】 あぁ、本の人に完全に掌握された祭歌の余命・・・明日はどっちだっ!?
【Narumi】 これ返されたら、泣けるなぁ……
【無名の書PL】 何でここに来て…(泣)
【GM】 そいや、妨害はあるん?
【祭歌PL】 ・・・しません。
【GM】 了解
【MMG】 出来ない、私でもこの状況で妨害秘蹟は使えない(^^;
【祭歌PL】 ここで使ったら勝負で勝って人間として負ける気がする・・・
【無名の書PL】 満身創痍
【MMG】 や、でも兄DPはぴったり31になったし
目次へ

■ 幕間 ■

【GM】 お疲れ様
【無名の書PL】 次は祭歌ちゃんのシーンだね
【祭歌PL】 お疲れ様です
【GM】 そう、祭歌ちゃんなんだけどね…(笑
【祭歌PL】 無しですか?
【GM】 寿命を他人に決められたらしい(笑
【GM】 では、シーン定義他、どうぞ
【祭歌PL】 そこでですね、組織の力を借りたいと思います
【GM】 あと、春はきゅん回復してください
【春PL】 きゅん2点回復します
【祭歌PL】 強い薬を取り寄せます。ぶっちゃけ副作用無視で学園祭が終わるまでは生きていられるだけの薬をゲットしたいんですけど
【GM】 まー、OKです
【GM】 保険適用されれば100万に収まるだろう(笑
【GM】 多分認可されて無いと思うがw
【祭歌PL】 そして秘蹟<今だけは私のもの>使用です
【祭歌PL】 ある意味覚悟できましたから
【GM】 では、どのようなシーンを?
【祭歌PL】 学園祭の一日前、二人で買い物を楽しんでいる所です
【GM】 場所は商店街?
【祭歌PL】 商店街のはしっこ、路上のアクセサリー売りの前です
【GM】 では、登場能力値の指定をお願いします。
【祭歌PL】 肉体でいきます
【GM】 了解です。
【GM】 シーンタイトルは何かありますか?
【祭歌PL】 「必至な意思」でお願いします
【GM】 はい
【無名の書PL】 けっけっけ、ドラマで苦しめ、義妹たちよw
【GM】 お疲れー
【春PL】 おつかれ〜
【MMG】 おつかれだよ、本の人
【無名の書PL】 このままバーンアウトに持ち込めば……持ち込めるといいなぁ……
【Narumi】 狙ってるし(笑)
【MMG】 春ちゃんたんはエメピーだから合計で登場修正は−1だね
【MMG】 そう言えばさっきのシーン、一緒に住んでるはずの春ちゃんたんは今いずこへ?(笑)
【GM】 奥で洗物とか
目次へ

■ ミドル3:祭歌『必至な意思』 ■

【祭歌PL】 学園祭まで後一日と迫ったある日、楊と祭歌は二人で買い物へと出ていた。
【祭歌PL】 祭歌は迫り来る死の影を無理矢理薬で遠ざけているだけ、最早義兄との約束を守るために生きているといった状態である。
【祭歌PL】 それでも義兄の前ではいつもの気丈な祭歌を演じるのであった。
【祭歌PL】 そんな折、義兄は道端で様様なアクセサリーを売る屋台を見つける
【GM/楊】「……祭歌、コレなんかどうかな?」
【GM/楊】「よくわかんないけどさ」
【祭歌】「え?兄やん買ってくれるん?ウチ感激やわぁ♪」
【祭歌PL】 が、しかし義兄の財布の中身はそのアクセサリーを手に入れるには夏目さん1人分足りないのであった
【GM/楊】「(まあ、しょうがない秘匿財産に・・・)お兄さ ん、コレ一つ」
【GM】 といいつつポケット側から追加の夏目さんが登場、そして攻撃(書う
【GM】 (笑
【祭歌PL】 やるな〜(苦笑
【GM】 <無用心><無頓着><他人への真摯さ>肉体、あに1
【GM】 3d6+4
【dice様】 sawame_GM: 5(3D6: 1 3 1)+4 = 9
【祭歌PL】 抵抗〜
【祭歌PL】 2d6+2
【dice様】 saika: 7(2D6: 4 3)+2 = 9
【GM】 くっ・・・同値
【祭歌PL】 (笑)勝ったし
【GM】 で、楊はこともあろうか消費税を忘れていたのだった。
【祭歌PL】 そんな楊に苦笑ともつかない笑みを向けて
【祭歌】「兄やん、ここはウチに任せてんか?」
【GM/楊】「え……あぁ……」
【祭歌PL】 そして祭歌は猛然とねぎりを開始する。
【GM】 【行商人田中】「お嬢ちゃん、勘弁してや、コレより下げたら商売にならん!」
【祭歌PL】 最初は一つのペンダントだったのだが対になるペンダントも同時に値切りだすのであった
【GM】 【行商人田中】「もう、嬢ちゃんにはかなわんな…。ええよ、その値段で売ったる」
【祭歌】「あかんて、ウチの眼は節穴やないで?コレはおっちゃん の作ったコピーのシルバーアクセやろ?それでこの値はぼりすぎやで!!」
【祭歌】せやからコレもつけて税込でトントンやて!!どうや?
【GM】 【行商人田中】「ホンマ、嬢ちゃん値切り上手やな、負けや、ワイの負けや……それでええよ」
【GM】 と、こぼしつつ祭歌の提示額だけの支払いを受けて、ペアのペンダントを渡す田中。
【祭歌PL】 一心に値切る祭歌。その熱意に負けたおっちゃんは結局言い値でペンダントを売ったのだった。
【祭歌】「ほら、兄やんとウチの二人だけのペンダントや。二人 の・・・思い出の・・・」
【祭歌PL】 萌え攻撃いっきま〜す
【GM】 どうぞ〜
【祭歌PL】 きゅんかるま1使用の秘蹟<任せて>使用です
【GM】 どぞ
【祭歌PL】 で、コンボ『二人だけのアクセサリー』<一心不乱><ねぎり><貧乏性><健気>の恋愛フルコンボです
【祭歌PL】 技術判定で行きます
【祭歌PL】 では振るです
【祭歌PL】 3d6+3
【dice様】 saika: 5(3D6: 3 1 1)+3 = 8
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 7(2D6: 3 4)+1 = 8
【GM】 …当たり
【GM】 <任せて!>の効果の方、どうぞ
【祭歌PL】 3を6にします
【GM】 はいな
【GM】 13LPダメージかな?
【祭歌PL】 そです。
【祭歌PL】 楊はそれを受け取る。そしてなんで"ペア”で手に入れたのか、その意味を悟るのだった
【GM/楊】「二人の思い出か…ちょっと照れ臭いもんだ」といっ て腕を組みます、で、こつん
【祭歌PL】 ・・・あ”
【祭歌PL】 LP11頂きます
【祭歌PL】 LP13頂きます
【GM/楊】「さて・・・今度はどちらになさいますか? 姫」
【GM/楊】「お好きなところへお連れしますよ?」
【祭歌】「うむっ、それではあっちのゲーセンでぷりくらっていう のを撮って、それから公園の絵描きさんに似顔絵を描いて貰うんヤッ!」
【祭歌】「今日はいっぱいいっぱいい〜っぱい兄やんとの思い出を 作るんやぁ」
【GM/楊】「こらこら、本番は明日だろ?」
【祭歌】「明日の思い出は明日作ればええんや。それに明日にはも しかしたら・・・」
【GM】 苦笑の顔を作ろうとして、一応はうまく行っているように見えます。
【GM/楊】「……?」
【祭歌PL】 きゅんかるま1消費で追加攻撃かけます
【GM】 ん、まだ追加じゃなくて、普通に二回目だけど?
【祭歌PL】 あ、そうでした。ならばダイス追加します
【GM】 了解
【祭歌PL】 でコンボ攻撃『精一杯の抵抗』<一心不乱><健気>でいくです
【GM】 どぞ
【祭歌PL】 3d6+3
【dice様】 saika: 8(3D6: 2 4 2)+3 = 11
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 6(2D6: 4 2)+1 = 7
【GM】 貰います
【祭歌PL】 LP6です
【GM/楊】「まあ、その……大丈夫だ、明日は楽しもう、な?」
【GM】 といいつつ、祭歌の手をためらいがちに、握る。
【GM】 2回目の攻撃
【祭歌PL】 おぉっ!?
【GM】 <他人への真摯さ><不器用>、兄2、肉体
【GM】 4d6+4
【dice様】 sawame_GM: 19(4D6: 5 5 3 6)+4 = 23
【祭歌PL】 2d6+2
【dice様】 saika: 6(2D6: 2 4)+2 = 8
【祭歌PL】 頂きます
【GM】 墓穴ですな
【GM】 墓穴処理の後、LP10点をどうぞ
【GM】 1d6+1してくだされ
【祭歌PL】 1d6+1
【dice様】 saika: 6(1D6: 6)+1 = 7
【GM】 その分DPが上昇します
【GM】 今回は合わせてDPに7点LPに10点です
【祭歌PL】 握られた手から伝わるぬくもりに心から癒され、病魔に蝕まれた身体が軽くなったようにすら感じる祭歌であった
【GM】 で、切りますか?
【祭歌PL】 で、きゅんかる使用の追加攻撃〜
【GM】 どぞ
【祭歌PL】 きゅんかるさらに1たしてダイスプラスの<健気>行きます
【祭歌PL】 3d6+3
【dice様】 saika: 13(3D6: 6 3 4)+3 = 16
【GM】 3d6+1
【dice様】 sawame_GM: 9(3D6: 5 2 2)+1 = 10
【GM】 あたり
【GM】 LPに7点?
【祭歌PL】 LP7と言っておきます
【GM】 で、切りますよ?
【祭歌】「ほんまにほんまにっ明日はメイっぱい楽しもうなっ!」
【祭歌PL】 切りです
【春PL】 PL的にはきゅんかるまがきつすぎて出るに出れない、寝てたってことで(笑
【無名の書PL】 割ときゅんかるまギリギリだよ
【春PL】 最初飛ばした付けがここに来て_| ̄|○今回も秘蹟で出るの難しいし、合計+1だよ
【MMG】 でも出来れば出とかないとまずいよね、色々と<本の人は
【無名の書PL】 なんか今日はダイスに嫌われてるからなぁ。きゅんかるまが上がりまくってる今、登場しても妹術の空撃ちになりかねん
【祭歌PL】 邪魔は極力排除する方向で動きましたから
【GM】 アヒャ
【GM】 兄ダイスだ!
【春PL】 兄ダイスだね
【MMG】 これでこのシーン、祭歌たんがLP合計20点入れたら、ほぼ勝ち目無しだし<本の人
【祭歌PL】 あれだ、残り寿命くれてやった替りにダイス運吸い取ったのかも
【無名の書PL】 まあ、負けたら負けたでドラマにはなるから
【MMG】 高いのか安いのか(^^;<寿命とダイス運
【Narumi】 ボブさーん、お手すきですか〜?
【MMG】 多分お手すき(笑)
【Narumi】 間に合ってほっ♪
【MMG】 ちなみに春ちゃんたんの《うにゃにゃにゃぁ》で、《任せて!》は相殺できたりしますが
【春PL】 今いないので
【MMG】 一応、秘蹟はいつでも使えるけどね
【祭歌PL】 妨害は無しですか?
【春PL】 どのみち抵抗失敗の予感がするから無し
【MMG】 て言うか本気でダイス目良いぞ
【祭歌PL】 吸収したダイス運が全開になってますから(苦笑
【GM】 で、どうしたらいい?(笑
【祭歌PL】 ?こつんじゃないんですか?
【無名の書PL】 何か約束を交わしておくと後々おいしいかも知れんな
【春PL】 兄がどんどん変な人に
【GM】 脳がヤバイ
【無名の書PL】 そうか、そういうキャラだったのかw
【無名の書PL】 なんか痛々しいなぁ、祭歌ちゃん
【祭歌PL】 なんでかそういうキャラになっちゃいました
【無名の書PL】 誓ってやれよ、義兄
【無名の書PL】 今日の義兄、やっぱ偽者だよw
【MMG】 偽者だ
【無名の書PL】 なんつーか、楊くんはリアル系義兄なんだね
【春PL】 ちなみにPCのLPが高くなるとどうなるんですか?
【MMG】 組織裏切ります
【GM】 お兄ちゃんに惚れます、組織より義兄が大事になります
【春PL】 もう完全にほれてるんじゃ?
【GM】 いや、今回のコンベはスーパー系兄が多いから(笑
【祭歌PL】 墓穴処理って?
【祭歌PL】 きゅんかる1点回復ですか?
【MMG】 現在のときめき墓穴1d6+1分DPが上昇してきゅん1回復
【無名の書PL】 ダイスの値がきゅんかるま以下の値を取ると、義妹のDPが上昇する代わりにきゅんかるまが1点回復します。これが墓穴です
【春PL】 完璧に裏切りケテーイ
【MMG】 だから、今5DP以上あがると恋愛防御も変わる
【祭歌PL】 なるほど
【祭歌PL】 ってかもうコレで死亡フラグ確定ですな(泣
【GM】 いや、因子でお願いすればよろしいのでは?
【MMG】 修道会は兄と一緒に組織抜けようとすると刺客が来るからなあ(^^;
【祭歌PL】 そこはそれ、最後のお楽しみかな?
【GM】 いや、それはどこでも同じ(笑<刺客
【無名の書PL】 エメピーは割と脱走者に寛容かも
【MMG】 エメピーは割りと寛容っぽいけど(笑)
【GM】 かもね<エメピー
【春PL】 自由恋愛、本人がやって何が悪い(笑
【GM】 で、祭歌のリアクションを入れると大体シーン終りかな?
【MMG】 でも逆に、自分が惚れてないと護衛義妹に徹しちゃうよ<エメピー
【無名の書PL】 それじゃある意味負けだけどねw<護衛義妹に徹する
【MMG】 わ、本の人封じ込む気だ<追撃
【GM】 いや、正直時間配分的にもう終わりなんだけどね(汗
【MMG】 ま、そだけどね
【無名の書PL】 それもそうだね
【raopu】 おつかれさまぽ!
目次へ

■ 幕間 ■

【GM】 さて、LP合計がぎりぎり30超えることが出来ましたので(笑
【GM】 次のシーンがクライマックスになります。
【無名の書PL】 Cry!MAXキタ―――!!
【無名の書PL】 さて、クライマックス最初のシーンPCは…
【春PL】 本の人?
【GM】 ・・・ってここは普通だと、DPが一番低い人だけど
【祭歌PL】 本の人?
【春PL】 あ、きゅんかる2点回復します
【無名の書PL】 同じく、きゅんかるま2点回復しますー
【GM】 いや、ほとんど差が無いので・・・シーンオークションでも
【無名の書PL】 1人負け〜、と屁理屈をこねてみよう(ぉ
【春PL】 特に希望が無いなら先に行きたいんですけど
【GM】 いや、因子が発現した時点で終るから、ここは慎重に決める必要があります。
【無名の書PL】 あ、希望があるのなら先にどうぞどうぞ
【祭歌PL】 じゃシーンオークションで
【春PL】 そですね
【無名の書PL】 おおう
【GM】 そうなると、オークショナーは無名の書さんになるけど?
【GM】 それとも全員かるま+ダイスのみにする?
【春PL】 かるま+ダイスで
【無名の書PL】 ここは能力値なしで行きましょう
【GM】 では、各人かるま使用量の宣言を
【祭歌PL】 それいいですねぇ<素で振る
【春PL】 きゅん1点
【無名の書PL】 かるま使わないー
【祭歌PL】 きゅん1で
【GM】 よろしいか?
【祭歌PL】 どぞ
【春PL】 はい
【GM】 では振ってください
【春PL】 3d6
【dice様】 haru: 6(3D6: 1 4 1) = 6
【祭歌PL】 3d6
【dice様】 saika: 5(3D6: 3 1 1) = 5
【無名の書PL】 2d6
【dice様】 TheBook: 3(2D6: 1 2) = 3
【無名の書PL】 何この出目?
【春PL】 こっちが聞きたい
【祭歌PL】 ・・・びっくりだ
【春PL】 とにかく1番ですね
【GM】 はい、春さん定義どうぞ
【GM】 もちろんお二方も乱入可能です
【春PL】 では登場能力は技術で、秘蹟使用は無し、先に行っときます、1回LP上げたら告白しますので
【GM】 シチュエーションは、やっぱり学園祭ですか?
【春PL】 場所は・・・学園祭終了後の夕暮れ、一緒に帰ってる途中です、学園最中は兄は祭歌と一緒にいたってことで
【GM】 了解です。
【祭歌PL】 <きら〜ん!乱入〜♪
【GM】 で、タイトルは?
【春PL】 「夕暮れに子猫が鳴く」で
【GM】 了解です
【祭歌PL】 ウス、時間かかりすぎでした!!すんません
【GM】 お疲れ
【無名の書PL】 乙〜
【春PL】 おつかれ、次でクライマックス?
【GM】 まぁ、なれないとどうにもなら無いでしょ、シーンを自分で組み立てるって所に<時間短縮
【MMG】 おつかれ〜
【Narumi】 お疲れ様〜
【無名の書PL】 展開からいって、それがよさげだねぇ<次クライマックス
【MMG】 まあ普通ならここで因子共鳴:回想シーンとか来るところだけど
【GM】 残弾も時間も無い
【MMG】 あれ? 1点残ってない
【GM】 回想シーンは時間との兼ね合いから入れないことが多いの、私
【MMG】 なるほど
【MMG】 ま、こつんとかの方が調整用にも楽だしね
【祭歌PL】 次があるならもう少しちゃっちゃか進められる様になるです
【MMG】 ゆすっていいのか、本の人(^^;
【MMG】 きゅん1だと平目に負けたりする(笑)
【GM】 ・・・Lvひくっ!
【MMG】 って、なんじゃこの低さは
【無名の書PL】 あかん、うちら、GMにダイス運吸われとるー
【GM】 うははーおまえら運をおれによこせー(錯乱
【無名の書PL】 返してー返してー(ぴょんぴょん)
【Narumi】 兄ダイス、伝染?(笑)
【祭歌PL】 最後の最後で恐ろしい事に・・・
【GM】 …ぺたと明言しなかったからだな(ボソリ
【com-pay】 さすがGMw
【祭歌PL】 明言してました〜(泣
【無名の書PL】 人ですらないからか?w
【無名の書PL】 きっと勝因はそれだw<ぺたと明言
【無名の書PL】 どうやら、祭歌は学園祭を乗り切ったらしい
目次へ

■ クライマックス :春『夕暮れに子猫が鳴く』 ■

【春】「お にーちゃん、今日ずっとあの女の人と一緒にいたよね」
【GM/楊】「ん…祭歌のことかな?」
【GM】 ちょっと決まりが悪いような返事を返します。
【春】「・・・もしかして彼女さん?」指で胸をぐりぐりと、萌え 攻撃行きます
【GM】 どぞ
【春PL】 〈猫ちっく〉+<スキンシップ>+<従順>+<無条件の信頼>、感情で
【春PL】 きゅんかるま1点使います
【春PL】 3d6+4
【dice様】 haru: 11(3D6: 5 3 3)+4 = 15
【GM】 2d6+1
【dice様】 sawame_GM: 7(2D6: 2 5)+1 = 8
【春PL】 LP10点です
【GM】 うい
【春PL】 失礼、11点
【GM/楊】「まぁ……大切な友人以上の娘、かね。どうしても助 けてやりたい、放って置けないと思える」
【GM/楊】「別に、祭歌だけ特別なわけじゃないんだぞ?」
【春】「おにーちゃんが自分の意思で『好き』ならわたしはいいん だけどさ・・・わたしだっておにーちゃんのこと」じーっとみつめます
【GM】 といって、春の瞳を覗きむ
【GM】 萌え攻撃
【春PL】 どうぞ
【GM】 <不器用><無用心><他人への真摯さ><自由人>+懸命、あに2
【GM】 4d6+8
【dice様】 sawame_GM: 14(4D6: 1 5 4 4)+8 = 22
【GM】 おっと、肉体
【春PL】 能力値は?
【春PL】 2d6+2
【dice様】 haru: 6(2D6: 2 4)+2 = 8
【春PL】 ダメージどうぞ
【GM】 って、墓穴?
【春PL】 墓穴なので
【春PL】 1d6+1
【dice様】 haru: 1(1D6: 1)+1 = 2
【GM】 ツマラン目だ(笑
【GM】 LPに16てんほど進呈、さようなら(笑
【春】「大好きだよ、義妹とかかんけーなしに、大好き」告白行き ます、誰か乱入は?
【無名の書PL】 待った、ここで登場判定
【GM】 妨害は?
【春PL】 無し
【祭歌PL】 とっこむです
【GM】 とのこと、振ってくだされ
【無名の書PL】 きゅんかるま1点つっこんで判定
【無名の書PL】 3d6+2
【dice様】 TheBook: 5(3D6: 1 3 1)+2 = 7
【GM】 …南無
【GM】 ただいまの目標は8でしたTT
【祭歌PL】 2d6+6
【dice様】 saika: 4(2D6: 3 1)+6 = 10
【祭歌PL】 失敗〜
【春PL】 成功してません?
【GM】 いや、出られるよ?
【無名の書PL】 墓穴掘っても出てこられるんだよ?
【祭歌PL】 ならば唐突に物陰から咳こむ音を響かせます
【GM/楊】「…!」
【GM】 その物影に、春を後ろにかばう形で近づきます。
【GM/楊】「……祭歌、なのか?」
【祭歌PL】 そこには常人では立ち上がれない位の量の血を吐き全身蒼白の祭歌がいたのだった
【GM/楊】「祭歌っ!」
【祭歌】「あはっ、見付かっちゃったね・・・くふっ」
【GM】 血に濡れるのを全く意に介さず、祭歌を支えます。
【春PL】 一緒に駆け寄ります
【GM/楊】「なんで、こんな無茶を……」
【祭歌PL】 ヘタをしたらもう見えていない視線を楊へと必至に向けて
【祭歌】「もう・・・限界みたいやから最後に兄やんのこと目に焼 き付けたくって・・・」
【GM/楊】「馬鹿……辛かったら辛いって……」
【GM】 で、祭歌を抱き寄せそうなんですが…
【祭歌】「アカンて、兄やんは心配そうな顔してちゃ・・・」
【祭歌PL】 死にかけですから抵抗できません
【春】「バカ!あんたおにーちゃんのこと好きなんでしょ!私だっ て大好きよ!けど死んだ人間になんか渡さないわよ!おにーちゃんが欲しかったら生きなさい!勝ち逃げなんか許さないんだから!」横で叫びます
【祭歌PL】 声のする方に顔を向けます
【祭歌】「あ、アンタが春やんか?あはは・・・元気な娘やなぁ」
【春】「バカバカバカ!こんなときにのんきなこといってるんじゃ ないわよ!私だっておにーちゃんのこと好き!今証拠を見せてあげるわ!」ほっぺにキスしようとします
【GM/楊】「は、春っ!?」
【祭歌】「そや、ウチ・・・兄やんに言わなアカンと、あったん や・・・」
【祭歌PL】 弱弱しくも義兄に抱きつこうとします
【GM】 受け止めます。
【GM/楊】「ほら、聞いてるから……」
【春PL】 言うまで待ってます
【祭歌】「大好き・・・やで。この世の誰よりも・・・」
【祭歌PL】 そして血まみれのままキスへと持っていく
【春PL】 同時にキスします
【GM】 二人の唇が頬に触れた瞬間、祭歌を支えている体から力が抜け落ちます。
【GM】 そして、胸元から紫の光が漏れ出します!
【GM】 ビー玉サイズの、紫水晶よりずっと深い色をしています。
【春PL】 受け取ります
【GM】 では、抵抗判定をどうぞ
【GM】 春たんが6ゾロのときに抵抗可能です。
【祭歌PL】 受け取ります。
【春PL】 2d6
【dice様】 haru: 8(2D6: 4 4) = 8
【春PL】 無理
【GM】 ほい、では願いをどうぞ
【春PL】 先に行っていい?
【祭歌PL】 どぞ
【春】「私の願いは・・・祭歌に命を!あんたは私のライバルなん だから!勝ち逃げなんか許さないわよ!」
【祭歌】「春やん・・・」
【春】「さあ、次はあなたの願い、おにーちゃんを・・・よろしく ね」
【祭歌PL】 弱弱しかった腕に少しづつではあるが生気が戻っていく・・・
【祭歌】「おおきにな、春やん」
【春】「お礼は後、おにーちゃんこのままだと危ないよ」
【祭歌】「ほな・・・ウチの願いは・・・」
【GM】 祭歌が最後の言葉を紡ぎだそうとする中、《因子》はゆっくりと光を離しながら上昇して行き…。
【GM】 ひときわ強く輝くと、次の瞬間無数の光の欠片となって散っていきます。
【GM】 二人の、願いを受けて。
【祭歌PL】 「終わるまで」はもたせましたから・・・って他PLに寿命を握られている祭歌って一体
【無名の書PL】 はっ、CSTじゃ日常茶飯事さ
【祭歌PL】 恐ろしい所ですCST
【MMG】 11LPじゃない?
【MMG】 兄攻撃はあるのかっなっと
【MMG】 でかい(^^;
【MMG】 エメピーは受けてなんぼ(笑)
【GM】 微妙に浮気性じゃねえのか,兄といってみるw
【MMG】 微妙も何も、最初から二人とも抱きしめたりしてたじゃん
【無名の書PL】【無 名の書】「ボクだけ何もされてない…くすん」
【GM】 そこで急に萌えキャラ化かっ!w>無名の書たん
【MMG】 一応抱えて運ばれてた?(笑)>本の人
【GM】 あぁ、きっと後生大事に抱えて寝たり・・・してないぽw
【祭歌PL】 全てはぺたぼでぇを持たない本だったのが運のツキ?
【MMG】 これで春ちゃんたんも6ゾロ以外は抵抗失敗か
【祭歌PL】 あぁっ!そういえば本って最強のぺたぼでぇ?(爆
【MMG】 このタイミングでは祭歌たん、多分出れない
【無名の書PL】 完全なるつるぺたですよ、兄者<本
【GM】 残念、気付くのが遅かったね(笑<本=最凶ぺた
【無名の書PL】 どうやら、ダイスくんはアーティファクト義妹の存在を認めなかったらしいw
【MMG】 あれ? 祭歌たんにも妨害はなしか
【GM】 やっぱりダイスに媚びうる萌え義妹かえっち系の話じゃないとダメなのかっ!?(笑
【春PL】 もうこうなったら修羅場ろうぜ、ってことで(笑
【MMG】 なるほど
【無名の書PL】 観客に徹しよう…(しょぼーん)
【春PL】 イ`
【ALC_MASK】 よしよし(笑
【MMG】 ま、これでS型因子が排除されたし、ハーレムエンド一直線かな(笑)
【祭歌PL】 トコトンまで逝くしか
【無名の書PL】 祭歌生き残りそうだなー、ちくしょう
【無名の書PL】 義妹の命弄んだ罰か?
【MMG】 わ。血の海だ(^^;
【無名の書PL】 そろそろ告白ターイム、かな?
【春PL】 血なまぐさい告白ですが、ある意味狙ってたので良しとします
【祭歌PL】 お互い狙ってましたか〜
【無名の書PL】 まあ、運命だわな〜
【無名の書PL】 そういや、結局1回も恋愛属性の妹術使ってないや〜w
【GM】 あとは適当に肉体的接触をしてくだされ(笑
【MMG】 好奇系はずされまくったから仕方ない、それは(^^;
【GM】 うむ、回避のダイスが神だった
【祭歌PL】 この場合告るのはどっちが先になるの?
【GM】 同時、かね
【GM】 二人の願いを一つずつ叶えます
【無名の書PL】 同時、が美しいだろうなぁ
【春PL】 同時なら今がチャンス
【MMG】 受け取るのか(笑)
【春PL】 きゅんでダイスは増やせない?
【無名の書PL】 無理
【MMG】 増やせません
【GM】 ところで、うっかり兄のこと入れ忘れると廃人になるよ?(笑
【無名の書PL】 ああ、このままいけば忘れてたのにw
【春PL】 祭歌にまかせる(笑
【GM】 それ素敵過ぎ(笑<入れ忘れ廃人
【祭歌PL】 まかされまっした〜
【GM】 ちなみに、自分の身の安全も込みになるような日本をを使う事を推奨するw
【祭歌PL】 抵抗判定はおんなじで良いの?
【春PL】 どのみち抵抗できないから要らないかと
【GM】 ん?
【GM】 そう、どうせ12↑だけだったので(笑
【祭歌PL】 そでした(笑
【無名の書PL】 敢えてここでシーン切っちゃうって道は無しですかね?<お願い
【GM】 うむ、それで都合よくEDを作るものOKです
【GM】 どーしましょうか?
【無名の書PL】 なんか、台詞的にはこれで切っちゃった方が美しい感じだしw
【祭歌PL】 ・・・切りますか?美しいし(爆
【GM】 了解
【春PL】 切っちゃいますか
【GM】 じゃ、後の演出は任せて(笑
【祭歌PL】 観戦モードお〜ん♪
目次へ

■ 幕間 ■

【GM】 では、各キャラクターのEDについて
【GM】 だれからはじめますか?
【春PL】 あ、祭歌と春は同時にやりたいんだけどいいですか?
【GM】 お二人が納得済みなら、どうぞ〜
【祭歌PL】 どぞどぞ、おまかせです
【無名の書PL】 漏れが後に回るのはあまりよろしくないかな?
【GM】 どんなEDを想定してるかによるかな?
【GM】 とりあえず、無名の書
【GM】 さんから先にしますか?
【無名の書PL】 じゃあ、先にやらせていただきます
【GM】 はい、ではシーン定義をお願いします。
【無名の書PL】 いつの間にか楊の元から消えていたいのです
【GM】 では、ほとんど描写はそちらにお任せでいいのでしょうか?
【無名の書PL】 義兄の描写はGM殿にやっていただきたいです
【GM】 了解です。
【無名の書PL】 告白の後…無くなってるのに気付きそうなのは、楊の部屋かな?
【GM】 タイトルは、いかがしましょうか?
【無名の書PL】 うわー思いつかねぇー
【無名の書PL】 「求めよ、されば与えられん」
【無名の書PL】 とでもしておくか
【GM】 了解
【GM】 おつかれです
【raopu】 おつかれさまですー!
【春PL】 おつかれさまです
【無名の書PL】 みんなお疲れ様〜(他人事)(ぉ
【raopu】 いまからED?
【GM】 ですね
【無名の書PL】 やっとエンディングですよ兄者
【祭歌PL】 おつかれさまです^
【MMG】 ようやくですな
【MMG】 お疲れ様
【春PL】 疲れました
【無名の書PL】 漏れが一番消耗してないよ、たぶん
【春PL】 いいですか?
【Narumi】 お疲れ様
【MMG】 ラジオにも出てたのに疲れてないのか(^^;>本の中の人
【GM】 タフですなw
【無名の書PL】 だって、本編でほとんど何もしてないんだものw
【祭歌PL】 すっげぇっすね
【GM】 真似しないよーにw
【GM】 いや、ダイスのせいでもあるんだがw
【無名の書PL】 誰かタイトル案希望ー(ぉ
目次へ

■ エンディング1:無名の書『求めよ、さらば与えられん』 ■

【無名の書PL】 帰宅し、部屋に戻ってきた楊。
【GM】 その表情が、訝しげなものになる。
【無名の書PL】 机の上に置いてあったはずの、あの本が無くなっていたのだ
【GM】 黒い表紙の、ありとあらゆる正解を記した本。
【無名の書PL】 部屋の中をいくら探しても、その本は見当たらない
【GM/楊】「やれやれ……一体どこに紛れ込んだのや ら・・・・・・」
【GM/楊】「まあ、僕よりもっと合った持ち主のところにでも、 行ったか」
【無名の書PL】 結局、本は見つからなかった。
【GM】 しかし、楊はそれを惜しいとは思わない。
【GM】 なぜなら、答えとは常に自ら選ぶものであって
【GM】 与えられたものは答え、とはいえないからだ。
【無名の書PL】 こんな所かな?
【GM】 うい



目次へ

■ 幕間 ■

【無名の書PL】 お待たせしました。次のシーンです
【GM】 では、お二方、どうぞ
【春PL】 では兄を囲んで2人で取り合いを
【GM】 ナヌ!
【GM】 タイトルは?
【春PL】 タイトルは「兄は地にいまし、義妹はすべてことも無し」
【祭歌PL】 彼女権を争って引っ張り合うわけですね
【GM】 了解です
【春PL】 いえーす
【祭歌PL】 いぇぁ!了解〜
【無名の書PL】 あーあ、ハッピーエンドか……
【祭歌PL】 残念そうですね〜
【春PL】 あーあですかw
【GM】 なんで祭りで悲劇狙いたがりますか(笑
【ALC_MASK】ハッピーエンド万歳(笑
目次へ

■ エンディング2:春&祭歌『兄は地にいまし、義妹はすべてことも無し』 ■

【春】「・・・ ちょっともう少し離れなさいよ」祭歌をジト目で見つめます
【春PL】 ちなみに兄と腕を組んでいます
【祭歌】「うるさいわケモノ娘!ウチと兄やんはあの日ふっかい ふっか〜い血の契りを交わした仲なんや!!」春を片手でいなします
【GM/楊】「まあ、待って、二人とも落ち着いて…な?」
【祭歌PL】 同じく兄やんと腕を組んで、その後ろから歩くの助が少し離れて歩いてます(爆
【春】「そのまんまじゃない!大体誰のおかげでピンピンしてると 思ってるのよ!」
【春PL】 兄の腕にしがみついてます
【祭歌】「それは勿論・・・」兄やんに正面から抱きついて「兄や んのおかげやでっ♪」
【春】「・・・やっぱりあの時ほっとけばよかったわ」おんぶして もらって「おにーちゃんの背中あったか〜い」
【GM/楊】「なあ…二人とも……」
【祭歌】「なんや?兄やん」
【GM/楊】「ここさ、商店街の真ん中」
【春】「なあに?おにーちゃん」
【GM/楊】「滅多にでてこないとはいえ、女の子二人連れまわし てる、なんて噂は勘弁、ってことさ」
【春】「気にしちゃダメ、こんないい思いしてるんだから」尻尾を パタパタと嬉しそうに
【祭歌】「ええやん。”ウチと兄やんの”ラブラブさを見せつける んやっ」さらにぎゅ〜っと抱きつく
【春】「な・に・が"うちと兄やん"よ!わたしとおにーちゃ ん!」ぎゅっと抱きつきます
【祭歌】「ならこうやっ!」二人の首根っこをギュ〜っと抱きしめ るっ
【祭歌】「愛してるでぇっ、みんなみんな!み〜んなyたっ!」
【春】「私だってみんな大好きだよ、みんな!」同じような体勢で 2人を抱きしめます
【無名の書PL】 悲劇は物語を盛り上げるものですよ、ジェントルw
【me_341】 悲劇は山場だけで十分だよぅ。
【MMG】 や、私も悲劇狙いで作ったはずなんだけどなあ(笑)<初日
【GM】 やりすぎると卓が冷める、困難を排したプライズがそれだと次に意欲がわかない、とかw
【無名の書PL】 ハッピーと切なさが程よく混ざってるくらいのエンディングが好きなんですよ、漏れは
【無名の書PL】 ああ、祭歌ちゃんってば元気になっちゃってまあ…
【GM】 こーゆーコンビに引きずり回されたい
【Narumi】 ボブさ〜ん
【me_341】 自立歩行できるんだな。歩くの助
【Narumi】 あやのさんが、角出してるよ〜(マテ
【祭歌PL】 してましたよ、OPで<歩くの助自立運動
【MMG】 や、あの時は一応、中身入ってたし
【春PL】 そろそろ切りますか?
【GM】 どー締めるのですかw
【ALC_MASK】…とりあえず兄殺戮リスト加入決定でしょうか?(笑
【GM】 ナヌ
【春PL】 同時に「大好き」で(笑
【raopu】 ▼後どれくらいで終わりそうですか?
【無名の書PL】 そろそろ終わりそうです!サー!
【GM】 さて・・・風呂敷準備するか
【raopu】 えーっと、閉会式は10分後でOKかな?
【ALC_MASK】タッパー用意してますが何か?(笑
【me_341】 まっすぐだなー。
【MMG】 春ちゃんたんは私が持ってかえるの〜
【GM】 で、切りますか?
【春PL】 切りましょうか
【無名の書PL】 じゃ、これで終わりかな?
目次へ


■ 祭りのあと ■

■ 雑談の話 ■

【raopu】 おつかれさまでしたぁ!
【ayano】 お疲れ様でした
【MMG】 ご苦労様でした〜
【GM】 さて、お疲れのところ悪いけど、二人ともこの風呂敷に入ってくれw
【raopu】 GM、ほんとがんばった>肩をもむ(涙
【ALC_MASK】 お疲れ様でしたー
【祭歌PL】 おつかれさまですっ
【me_341】 お疲れ様でした。
【ayano】 お疲れ様
【春PL】 おつかれ〜
【GM】 とりあえずお疲れ〜
【MMG】 だから、春ちゃんたんは私が持ってかえると(ry
【無名の書PL】 みんなお疲れ〜。2人とも良かったよー
【祭歌】「あ〜れ〜、さ〜ら〜わ〜れ〜る〜♪」
【春】「ゆ〜かいされる〜」
【MMG】 では時間おしてますし閉会式ですな
【MMG】 全員、総合へ移動〜
【無名の書PL】 【無名の本】「ちぇっ、誰も相手してくれない…でもいーもん」
【祭歌PL】 しっかし・・・どこからこんなに血なまぐさい娘になったんだろう?
【ALC_MASK】 しょうがない、私がブックカバーに入れて持ち帰ろう(笑>本
【無名の書PL】 あっはっはっw
【misuta】 お持ち帰りおめ(笑)
【祭歌PL】 おめっとさんです
【ALC_MASK】 さぁ、読破するぞー(;´Д`)ハァハァ
【raopu】 ▼ そろそろ総合に合流してねぇ♪
【無名の書PL】 そして深みにはまっていくのだよw
【me_341】 アーティファクトは自分にはできないと、改めて確信…。
【無名の書PL】 つーかお勧めしない<アーティファクト義妹
【祭歌PL】 キャラで乱入かな?
【ALC_MASK】 さぁ、枕元で読んであげようか(;´Д`)ハァハァ>本
【misuta】 読めるかな?(笑)
【無名の書PL】 あなたが読みたいと思うなら、本はきっとその想いを叶えてくれることでしょう
【me_341】 【ディー】「ちびくろサンボが読みたいの!」
【無名の書】(普通に絵本買えよw)
【me_341】 【ディー】「今は売ってないのよ!」
【無名の書】(わかった、わかった)(パラリ)
【me_341】 【ディー】「やったわ!これが幻のちびくろサンボなのね!(熱心に読書)」
【me_341】 【ディー】「面白かったわ!次はジャングルくろべえね!」
【me_341】 【ディー】「ありがとう!素敵な本なのね!…持って帰ったらだめかしら?」
【無名の書】(女の子よりもお兄ちゃんのものになりたいの… ポッ)
【misuta】 そしてバーンナウト(笑)
【me_341】 【ディー】「わかったわ!ディー、お仕事で色んなお兄さんと会うの!いつかイイお兄さんと会えるかもしれないから、一緒に来る?」
【無名の書】(わぁい、じゃあ一緒に行くぅ〜♪……って何で会話 が成立しとるねん!)
【me_341】 【ディー】「きっと無機物どうしだからよ!」
【無名の書PL】(おぉっ)
【me_341】 【ディー】「さあ、行くわ!理想のお兄さんに会うのって、きっと大変だと思うのよ!」
【無名の書PL】(いざ、理想のお兄さんを求めて!ジェントル★ プレイ!)
【me_341】 【ディー】「じぇんとる☆ぷれいなのよ!」
【seleness】 ……義妹がプレイするんですか
【misuta】 (笑)
【seleness】 【晴海】「なんかよくわかんないけど……ジェントルプレイ!」
【ALC_MASK】 【このは】「晴海さん、格好いいなぁ…(ぽ)ジェントル・プレイ!」
【無名の書PL】 【ジャック】「ジェントルプレイ!」
【無名の書PL】 【Gun−ジャック】「ジェントルプレイ!」
【seleness】 【ガイダンスの謎の男】「……ジェントルプレイ(ぼそ」
【me_341】 謎の男だー!
【無名の書PL】 Xの人だーw
【misuta】 (w
目次へ

■ 読者および参加者の皆様へ ■


長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。