文責:ねこみみ 

CSTオンラインセッション

「 13年目の学園祭 」


■ 目次 ■

オープニング1 :淡雪&由良『捜し求めるモノ』
オープニング2 :芙美&琴美『久しぶりの友達?』
オープニング3 :篠『ねこの歌』
 ミドル1   :淡雪&由良『悪魔の憂鬱』
 ミドル2   :シーンPC名『陽の光、降りる』
バレイベント&回想シーン:篠『陽の光、降りた後』
 ミドル3   :芙美&琴美『静かな静かな音楽室』
クライマックス1:淡雪&由良『ずっと……待っていました……』
エンディング1 :篠『いつか届く道』
エンディング2 :淡雪&由良『死神+悪魔→悪魔×2?』
エンディング3 :芙美&琴美『今日も明日も明後日も』


■ ガイダンス ■

【謎の男/GM】「……皆さんお揃いのようですね。それでは早速始めましょう。こちらが、今回のターゲットです」

大畑 大樹(おおはた たいき)

年齢: 享年15歳
身長: 161cm
体重: 54kg
13年前の入学式直後に交通事故で死亡
それ以降春の学園最中のみ現れ、部活動を見学している
ただしほとんどの人は見えていないようだ

「以上がターゲットおよびその周辺の概要です。









「それでは御唱和を」

「「「地には平安を! 天には公正を! 我らには《因子》の英知を!」」」


■ 義妹PC一覧 ■

“見えない姉と見れない妹”
芹沢 芙美/琴美(芹沢 芙美&琴美 )
PL: sara氏
所属組織:未確認組織 
クラス: 死神/過去の旅人・塔/病弱・月/コンビ


“静かな死神激しい悪魔”
淡雪&由良
PL: 司氏
所属組織:未確認組織 
クラス: 運命の輪/来訪者・死神/過去の旅人・月/コンビ


“優しい嘘つき”

PL: ウエ紙氏
所属組織:World Women War  
クラス: 女祭/メイド・女帝/癒し系・隠者/一匹狼(真の顔)


なお、各PCの詳細データに関しては、別途資料
セッション追加ルールに関しては、ガイダンスを参照のこと

このセッションは、CST:basic−style−SYS Ver1.40を使用して行われたものです。
このセッションは、CST:simple−style−SYS Ver1.00を使用して行われたものです。




【GM】
【大樹】
【芙美&琴美PL】
【淡雪&由良PL】
【篠PL】
【芙美&琴美】
【淡雪&由良】
【篠】
【見学ジェントルたち】

目次へ

■ 開幕前 ■

【GM】□プレオープニング
【GM】13年前の入学式、僕はこれからの未来に胸を躍らせつつ学園へ向かって歩いていた
【GM】校門まであと100m
【GM】あと50m
【GM】10m
【GM】−−−−どんっ!
【GM】何か硬いものに跳ね飛ばされる衝撃、真っ赤に染まる視界
【GM】あれから13年
【GM】ぼくはまだこの学園に在籍している
【GM】…幽霊として
【GM】□幕間

【GM】ではOPにはいります、きゅんの使用を宣言してください
【芙美&琴美】きゅん1を。
【篠】 きゅんなしで。
【淡雪&由良】 ……きゅん……ええい、大判振る舞い!3でいきます!
【芙美&琴美】2d6
【ダイス】芙美&琴美: 10(2D6: 5 5) = 10
【淡雪&由良】 5d6
【ダイス】淡雪&由良: 12(5D6: 3 1 5 1 2) = 12
【篠】 2d6
【ダイス】篠: 8(2D6: 6 2) = 8
【芙美&琴美】振りなおしますね。3d6
【淡雪&由良】 ひくっ!?5dもふって……。
【芙美&琴美】3d6
【ダイス】芙美&琴美: 9(3D6: 1 5 3) = 9
【GM】淡雪&由良、芙美&琴美、篠の順ですね
【淡雪&由良】 いつもの如く初手から飛ばしていきますよ?一番手をとります。
【芙美&琴美】2番手をお願いします。
【篠】 自動的に篠は最後と。
【GM】では淡雪&由良コンビ、シーン指定お願いします
【淡雪&由良】 ええと、屋上にて、賑やかな校庭を見下ろしている兄の元を訪れる……というかたちで。
【GM】ほい、秘蹟の使用宣言ありましたらどうぞ
【淡雪&由良】 たいとる、「探し求めるモノ」
【淡雪&由良】 秘跡の宣言は今は無し。
【GM】主導はどちらから?
【淡雪&由良】 こちらからいきます。予定妹術は<壁抜け><異形の弱点><みわけのつかない二人>のつもりで。
【見学樹】お邪魔しますー。見学までに。
【芙美&琴美PL】お手柔らかにどうぞ。
【GM】見学どぞー
【見学makoto】お邪魔しますですー
【芙美&琴美PL】名前変えました。芙美&琴美ですw
【見学夜行】 見学よろしいですか?
【見学雀屋】表のほうよろしい?
【GM】おっけーです
【見学ういんど】 おじゃましまー
【見学葵】 見学しますー
【GM】どぞー
【見学雀屋】 nekomimiさん。ナルトを配ってくださいませー。(平身低頭)
【GM】そうだ、司さん違法薬品はどれを選びます?
【司】 ……ええと、誘導剤にします。
【GM】了解
【GM】http://www.h6.dion.ne.jp/~dxkyara/yurei.html ガイダンス
【GM】http://www.h6.dion.ne.jp/~dxkyara/yureideta.html キャラデータ
【GM】9時からはじめます、準備のある方はそれまでに
【ウエ紙】(篠の設定、そんなに良かったですかしら)
【ウエ紙】あ、はい。了解です。
【芙美&琴美PL】了解しました−.
【司】 ええと……了解なのです。
【芙美&琴美PL】【芙美】黙って頷きます【琴美】(準備って?)本人は声に出して話しているようですが・・・・
【見学雀屋】 切なさ乱れうちですね<篠嬢
【司】 あ、そろそろ変身しておきますか?
【ウエ紙】光栄至極です。
【ウエ紙】む、ですかね。
【見学R695】 おじゃましますー。
【見学R695】 おもてもよろしいですか?
【ウエ紙】いらっしゃいませ。
【芙美&琴美PL】琴美たん、篠さんにもきっと見えているんだろうな・・・。
【GM】よろしいですよー
【見学R695】 許可が出たのではいらせてもらいますね。
【淡雪&由良PL】 フルで入らなかった……(泣き)
【篠PL】 篠としては、幽霊は見えるけど触れはしないってところでしょうか。因子発言においては何かしら技を使うことにして。
【淡雪&由良PL】 ……ってことは、こちらの姿も見られるのでしょうか?>しのたん
【篠PL】 多分(w や、見られたくないのならそれでOKですが。
【芙美&琴美PL】その点考えるのが、面倒で”盲目”にしてしまいました。
【淡雪&由良PL】 問題はないのです。
【GM】そこはでっち上げといてください(笑)
【篠PL】 では、そのように。いい具合の絡みができますようにと。
【芙美&琴美PL】視覚は面倒ですね。今回w
【淡雪&由良PL】 確かに。
【GM】決まっていることは「PCはみんな兄が見える」だけです
【淡雪&由良PL】 なるほど。
【芙美&琴美PL】芙美は感じられるだけですが。
【淡雪&由良PL】 しかし……結局義妹人数は五人で収まりましたね……。
【見学無明】お邪魔しますー
【篠PL】 見えないと斬新な事態になりますね、割と(w
【篠PL】 や、こんばんは。いらっしゃいませ。
【淡雪&由良PL】 最多人数記録(そんなもんあるのか?)更新かとも思ったのですが……。
【淡雪&由良PL】 いらっしゃいませなのです。
【篠PL】 や、結局こっちの方が俺にとって使いやすそうだったので……すみません。
【淡雪&由良PL】 そこいらはそれぞれのPLさん次第ですから、謝る事じゃないです。
【芙美&琴美PL】把握だけでてんてこ舞いなので、どちらでも結構です。(汗
【淡雪&由良PL】 ただ、とんでもないことになりそうな予感が……?
【篠PL】 では、このキャラでもって頑張ります。
【芙美&琴美PL】宜しくお願い致します。
【淡雪&由良PL】 宜しくお願いします。
【GM】http://cstplus.under.jp/mmg/cstcgi/cstnew1.cgi#list 数値CGI「SONV-E」
【GM】CONV-Eです
【芙美&琴美PL】了解しました。
【GM】ではお待たせしました、「13年目の学園祭」を開始します
【見学雀屋】わー、ぱちぱち
【GM】皆さんごいっしょに、じぇんとるぷれぇぇぇぇぇい!
【淡雪&由良PL】 ぱちぱちぱちぱち。
【見学makoto】じぇんとる☆プレイ♪
【見学樹】 ジェントルゥゥゥゥゥゥゥゥッ☆プレェェェェェェェェェェェェイ!!
【見学雀屋】 ジェントル☆プレイ♪
【篠PL】 ジェントルプレイ! エロエロですよー!
【淡雪&由良PL】 !?えろえろですかーっ!?
【見学雀屋】じぇ、じぇんとるぷ(あうっ……、舌噛んじゃった)ぷ、ぷれい!
【篠PL】 エロエロです。むしろ百合(妄想混じり
【芙美&琴美PL】実体ないのは何人?w
【淡雪&由良PL】 ……義妹同士の絡み?レギュはいったいどうなってっ!?
【淡雪&由良PL】 ……計三人のはず。
【見学無明】ジェントルプレイー!
【見学老朽区】 こんばんわー
【篠PL】 や、こんばんはー。
【見学老朽区】 見学よろしくて?
【淡雪&由良PL】 琴美たんと淡雪&由良だけのはずですよ?非実体は。
【芙美&琴美PL】ですよね。
【見学雀屋】だけっていうのか、3人は?w
【淡雪&由良PL】 ……過半数ですね……。
【GM】過半数が非実体です
【GM】忘れてた、誰かダイスください
【見学雀屋】 ためし振りしてみて。
【GM】操作は?
【見学raopu】 おもてもいーですかー
【見学sawame】 招待する→dice_cre
【見学sawame】 表よろしいです?
【芙美&琴美PL】大丈夫ですね。ダイスありがとうございます。
【見学雀屋】 招待する -> dice_cre 
【見学雀屋】 今回招待したのは [dice]君ですが。
【見学makoto】あうー[dice]さんは始めてみましたですー
【見学raopu】 まうー?
【見学雀屋】とりあえず、御払いしとけよ!w
【見学raopu】 おもてもいい?
【見学雀屋】 dice_cre君の妹です。お兄ちゃんが倒れている間の代わりとして出てきてそのまま常駐化しました(待て)<[dice]君
【見学makoto】そうなんですか〜w
【見学佐渡】 しつれいしますw
【見学雀屋】 大筋においてはそうなんですよー
【見学雀屋】 失礼されます(待て)
【篠PL】 えーと、GM。らおぷさんが困ってます……俺的には表に来ても問題ないとは思うんですが。
【篠PL】 や、こんばんは。
【見学雀屋】(昨日なんか5d6の結果が 1、1、1、5、1、だったりしたしなw
【GM】別に表に来てもいいですよ
【見学raopu】 はいにゃー。はいるですよー。

目次へ

■ オープニング1:淡雪&由良『捜し求めるモノ』 ■

【淡雪&由良】 視線を感じていた。
【淡雪&由良】 この十三年というもの、ほとんど感じることのなかった、背筋がちりちりする感覚。
【淡雪&由良】 誰も気付かないはずの彼の姿を、誰かがじっと見つめていた。
【GM】【大樹】「…誰だい?そんな目で人を見てはいけないって親に習わなかったのかな?」
【淡雪&由良】 振り返っても、誰の姿も見られない。
【淡雪&由良】 ……いや、コンクリートの壁に女の顔が浮かんでいる。
【淡雪&由良】 ずるり、と顔に繋がる身体が這い出してきた。
【淡雪&由良】 すらりとした長身を、奇妙な黒衣で覆っている。
【GM】【大樹】「やあ、僕に何か用?ずいぶん綺麗な子だけど」
【淡雪&由良】 更に奇妙とも言えるのは、その背に倍するほどの巨大な鎌が担がれていて。
【淡雪&由良】 【???】「……大畑大樹殿……ですね?お迎えにあがりました……」
【淡雪&由良】 そう言って、女は恭しく礼をする。
【GM】【大樹】「死神さんかな、悪いけど僕はまだここから離れるわけには行かないんだ」
【淡雪&由良】 【???】「……めんどくせぇ事抜かしてんじゃねェよ……このクソガキ!」
【淡雪&由良】 不意に背後から乱暴な声が掛けられる。
【GM】【大樹】「ひどいな、ぼくは一応ぴちぴちの15歳だけど」
【淡雪&由良】 振り返ると、コンクリートの床に下半身をめり込ませるようにした、もう一人の女とそっくりの、やはり女がいた。
【淡雪&由良】 艶やかな黒髪に、やはり黒い衣装。
【淡雪&由良】 違うのは、僅かに目の色と、右手で弄んでいるねじくれた短剣だけ。
【GM】【大樹】「まだこっちでやりたいことを果たしてないからさ、もうちょっとだけ待ってくれない?」ふわりと浮いて由良の頭をなでる
【GM】早速攻撃
【淡雪&由良】 【???2】「小生意気なガキにゃそれでももったいねェくらいだ。おい、淡雪、問答無用で引っ張っていっちまおうぜ?時間の短縮って奴……てめ!?なんて事しやがるっ!!」
【GM】<空中浮遊>+<見つからない答え>、技術、きゅんなし
【淡雪&由良】 どうぞ。
【GM】2D6+4
【ダイス】nekomimi: 2D6+4 = 11
【淡雪&由良】 かるま1で防御。
【GM】もう1回
【淡雪&由良】 はう?
【GM】1D6+1D6+4
【ダイス】nekomimi: 1D6+1D6+4 = 14
【GM】2d6+4
【ダイス】nekomimi: 6(2D6: 4 2)+4 = 10
【淡雪&由良】 どう言うこと?
【GM】ダメージの関係でダイスの内容が出ないとだめなんです
【淡雪&由良】 ああ、そう言うことですか……了解。
【GM】なので達成10
【淡雪&由良】 ……やっぱりカルマ無しで。
【淡雪&由良】 2d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 3(2D6: 2 1)+2 = 5
【淡雪&由良】 ……初っぱな墓穴です。
【GM】墓穴&ダメージDP8点
【淡雪&由良】 2d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 4(2D6: 1 3)+2 = 6
【淡雪&由良】 貰います。。
【淡雪&由良】 【淡雪】「おやめなさい、由良。……私たちには、強引に貴方を連れてゆく権限は、今現在持ち合わせておりません」
【GM】【大樹】「ははは、こうやって体に触れるのも久しぶりだよ…もうすぐ学園祭なんだ、君たちも楽しんでいくといい」
【淡雪&由良】 【淡雪】「ですから、これより暫く、貴方のそばで未練が晴れるのを待つことになります。……現世での楽しみは……我らには無縁のこと故、……」
【GM】【大樹】「まあそう言わずに、気が向いたら来るといいよ、話し相手ぐらいにはなるし、ところで2人とも名前は?」
【淡雪&由良】 【由良】「……けっ、ほんっとにめんどくせェ……。俺等は約束を破ることは出来ねぇからな……」
【淡雪&由良】 後から来た方、大樹の言葉を完全に無視。
【淡雪&由良】 【淡雪】「……私は死に神の淡雪と申します。そちらは悪魔の由良。以後、お見知り置きを……」
【淡雪&由良】 ってとこでこちらも攻撃。
【GM】どぞー
【淡雪&由良】 予定通り<壁抜け><みわけのつかない二人><異形の弱点(約束を破れない)>天与、きゅん1使用します。
【淡雪&由良】 3d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 10(3D6: 5 2 3)+5 = 15
【GM】きゅん1
【淡雪&由良】 きゅっ!
【GM】3D6+1
【ダイス】nekomimi: 3D6+1 = 12
【GM】ダメージどうぞ
【淡雪&由良】 抵抗を貫きましたね?11DPです。
【淡雪&由良】 【由良】「俺ァよろしくされたくはないね。ま、せいぜい早く未練はらして俺らを自由のみにしてくれや……」
【淡雪&由良】 そう言って、由良と呼ばれた方は床の中に身を沈ませていく。
【大樹】「…せっかちだね、君の相棒は」
【淡雪&由良】 【淡雪】「ええ……本当に……。……そろそろ私も失礼致します。あの子を一人でほおって置くわけにも参りませんから……」
【淡雪&由良】 が正解。
【淡雪&由良】 ふわり、と軽く会釈をして、死に神を名乗った女は再び壁の中へと消えていく。
【淡雪&由良】 後に残されたのは。
【淡雪&由良】 切り。あとはGMにまるなげ?
【大樹】「死神ね…かわいいのはいいんだけど、ちょっと愛想が足りないかな」
【GM】そういって空を見上げた

【芙美&琴美PL】これからOP1になります。
【見学raopu】 さんきゅーであります♪
【見学佐渡】 ふ……どうも無心で見学できないなw
【見学佐渡】 (←淡雪と由良でのけぞりながら爆笑した人)
【見学raopu】 何で、淡雪ちゃんがいるのー?(くてん
【見学sawame】 同じく思った出ス(笑
【見学sawame】 偶然の一致、運命の妙かな?
【見学佐渡】 ですなぁw
【見学ALC】 恐るべし(w
【見学樹】 ふっはw
【見学樹】 そう言われれば確かにw
【篠PL】 乱暴な方キター(w
【見学雀屋】 色々色々らしい(w)
【見学樹】 クソガキ呼ばわりハァハァ
【見学me】 15歳…クソガキと呼ばれる事もあるな。
【篠PL】 てか、いい性格してやがりますねこの義兄(w
【見学老朽区】 クソガキ(;´Д`)ハァハァ
【芙美&琴美PL】小文字で打たないと、ダメージ出せません。
【見学me】 墓穴が低くてよかったね。いきなりFLだと目も当てられない。
【見学雀屋】 こいつは混線が予想されるぜチューマ。
【見学raopu】 ゆきぽん、着実に複線を張り巡らせるプレイっ! ぱとち(w
【GM】切るときは言ってくださいね
【GM】落ち着くのは観客席でお願いしますね
【見学樹】 んっとですね。
【見学樹】 メモ帳でタイプして、IRCツールにコピペで貼り付けて発言すると、ミス減りますよw
【淡雪&由良PL】 了解&良いこと教えて下さってありがとうございますなのです。

目次へ

■ 幕間 ■

【淡雪&由良】 お疲れ様なのです。
【GM】おつかれ〜、次は芙美&琴美コンビ
【芙美&琴美】はーい。
【芙美&琴美】シーンは、中庭の木下でたたずんでいて下さい。こちらで気付いて近づいていきます。
【GM】了解、使用秘蹟とどちら主導かをお願いします
【芙美&琴美】使用予定義妹術は〈押し寄せる絶望〉〈対照的な服装or髪型〉を予定しています。
【芙美&琴美】秘蹟の使用はありません。
【GM】タイトルは?
【芙美&琴美】「久し振りの友達?」でお願いします。



目次へ

■ オープニング2:芙美&琴美『久しぶりの友達?』 ■

【GM】□OP2芙美&琴美「久しぶりの友達」
【大樹】「もうすぐ5月だし、木陰が恋しい季節になったね〜…温度感じないけど」
【芙美&琴美】人影のない中庭にいる大樹に気がついた人がいた。
【芙美&琴美】【???】「ねえ、私とおんなじ人がいるよ。」
【芙美&琴美】少し離れて、もう一人に話し掛けている。
【芙美&琴美】あちらこちらと振り向いては見るが、彼女には当然見えていない。
【大樹】「…君は僕が見えるのかい?」
【芙美&琴美】【???2】「あ、声しかわからないんです。琴美と一緒だから、存在はわかるんです」
【芙美&琴美】大樹のいる方向が分かり、そちらを向いた。
【大樹】「琴美?そっちの小さい子の方?」
【芙美&琴美】【???】「やっぱり、琴のことが分かるんだ♪やっと見つけた」
【芙美&琴美】琴美はとことこと走りよっていきます。
【大樹】「うん、琴美ちゃんも僕とおんなじなんだね」
【芙美&琴美】【???2】「それは、あなたも幽霊って事ですか?」
【芙美&琴美】芙美は、白い杖で足元を確かめながら少しづつ近づいていく。
【大樹】「そう、幽霊暦13年…ちょっ…危ないよ」触ろうとするが体は触れることができない
【GM】攻撃〜
【芙美&琴美】どうぞ。
【GM】<半透明>+<触れられないジレンマ>、肉体、きゅん1
【GM】3d6+4
【ダイス】nekomimi: 14(3D6: 6 2 6)+4 = 18
【芙美&琴美】きゅん無しで。
【芙美&琴美】2d6+1
【ダイス】芙美&琴美: 7(2D6: 1 6)+1 = 8
【芙美&琴美】拝受します。
【GM】DP10点
【芙美&琴美】【琴美】「おねえちゃん、大丈夫だよね?」
【芙美&琴美】【芙美】「あ、うん、大丈夫だけど・・・。心配してくれてありがとう。ええと・・・お名前を教えてもらえませんか?」
【大樹】「大畑大樹、君の名前は?」
【芙美&琴美】【芙美】「芹沢芙美って言います。」
【芙美&琴美】「わたし、せりざわことみっていうのー。」
【大樹】「芙美ちゃんに琴美ちゃんね、よろしく」
【芙美&琴美】【芙美】「こちらこそ」【琴美】「よろしくー。」
【芙美&琴美】【琴美】「お姉ちゃんね、目が見えないんだよ。だからね、いつも白い杖持っているんだよ。」
【芙美&琴美】転びそうになった原因を琴美が告げる。
【大樹】「そうなんだ…僕の声も姿も見れないんだ」
【芙美&琴美】【芙美】「残念だけど、今まで何も見てないの、だから、琴美がいなくなったら、ちょっと怖いの」
【芙美&琴美】攻撃行きます。
【GM】どうぞ
【芙美&琴美】押し寄せる絶望〉〈対照的な服装or髪型(もとい存在)〉天与、きゅん1でOKですか?
【GM】どうぞ
【芙美&琴美】3d6+5
【ダイス】芙美&琴美: 10(3D6: 2 4 4)+5 = 15
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 8(2D6: 2 6)+1 = 9
【GM】ダメージどうぞ
【芙美&琴美】4(出目)+6(技能)=10をDPにかな。
【GM】いただきます
【大樹】「大丈夫だよ、琴美ちゃんはとってもお姉さん思いのいい子だから」
【芙美&琴美】【芙美】「でも、せっかくできた話し相手だから、琴美ともっと話してくれませんか?」
【芙美&琴美】【琴美】「うん、お兄ちゃんともっとおしゃべりしたい。」
【大樹】「うん、僕もこうやって話せる相手は久しぶりだよ」
【芙美&琴美】【琴美】「やったー。じゃあ、またここに来たら会えるかな?」
【大樹】「うん、僕はここの自縛霊だからね」
【芙美&琴美】【琴美】「お出かけできないんだ。ちょっとさびしいなあ。でも、出られる日が来るよね?」
【大樹】「僕がここでやりたいことが終わったら…出られるかもね」
【芙美&琴美】【芙美】「今度会った時に、やりたいことがあったら教えてくださいね。大樹さん」
【大樹】「…うん」なぜか寂しそうな目を
【芙美&琴美】芙美はその表情を確かめることができなかった・・・。
【芙美&琴美】【芙美】「そろそろHRの時間が迫っているはずだから、帰りますね。」
【芙美&琴美】琴美が芙美の手を引っ張るように帰っていく。
【芙美&琴美】【琴美】「じゃあ。またねお兄ちゃん。」
【大樹】「またね、琴美ちゃん、お姉さんと仲良くね」

【芙美&琴美PL】お疲れ様です。
【GM】おつかれ〜
【見学me】 ゆきぽんの義妹は、いつもながら最初はミステリアス…。
【篠PL】 や、お疲れ様です。良かったですよ(w
【見学樹】 お疲れ様〜です
【淡雪&由良PL】 わーい、ありがとうございます〜。
【見学me】 おつかれさま0
【見学老朽区】 おうー
【見学老朽区】 おつー
【見学無明】おつかれさまー
【淡雪&由良PL】 ……シーンプレイヤー中は書き込む余裕がなかったんですけど、他にも淡雪さんや由良さんがいたのですか?
【見学樹】 ……それは聞いてはいけませんw
【淡雪&由良PL】 ??どゆこと?
【見学sawame】 居たのはホントで・・・その、かなり個性が強烈だった、と(笑
【淡雪&由良PL】 ……なるほど……負けないようにしなければ……(個性)
【見学樹】 ……ああ、一番ダメージ受けそうな人はこのチャンネル見てないのか……w
【見学佐渡】 今はまだちらちら見てるぜ〜。一番ダメージありそうな人はどうだろ?w
【淡雪&由良PL】 まだリプログは全部チェック出来てないのです〜。
【見学佐渡】 では、そのうちに見つかるでしょうw ともあれセッションがんがれ〜。個人的にゆきゆらを応援するよ♪
【見学樹】 大丈夫、全部チェックしてる人のほうが多分少数派ですからw
【淡雪&由良PL】 はいななのです♪
【芙美&琴美PL】主導はこちらで始めますね。
【芙美&琴美PL】失礼、ありがとうございますm(_ _)m
【GM】ならばどうぞ〜
【篠PL】 んー、なるほど。対照的で良いコンビだ。
【篠PL】 てか、俺シーン思いつかないよ! 負ける! やァー!(錯乱
【見学雀屋】 誰も居ないと思って愚痴をこぼした瞬間そこにさっと現れる幽霊義兄。声はきこえど姿は見えず。とかどうよ?ってのは差し出口じゃのう(’’)
【篠PL】 あう。篠の場合、真の顔が開示されないうちはそういうシーンは無理だったりします。
【GM】そういえば聞き忘れてたけど真の顔は一匹狼?
【篠PL】 はい。
【見学雀屋】 むっ、それは・・・・。ファイトですorz
【篠PL】 やー、候補っぽいものは思い浮かんだので何とかなればいいのですが(弱い
【芙美&琴美PL】失礼。【琴美】っていれるの忘れました^^;;
【淡雪&由良PL】 ……やっと帰って来れたよ〜。
【芙美&琴美PL】おかえりなさい。
【淡雪&由良PL】 いない間に、何か進みましたか?
【篠PL】 や、おかえりさんです。
【芙美&琴美PL】能力の(天与)5も足すんでしたっけ?
【見学ういんど】 足しませんよー
【芙美&琴美PL】良かった(ふぅ)
【篠PL】 結構進行はありましたね。落ちる前に見た最後の発言を貼っていただければ、それからのログも貼っても。
【淡雪&由良PL】 それが、再開に必死になってておぼえてないのです。リプログに上がったのを楽しみにしましょう。
【篠PL】 や、了解です。
【淡雪&由良PL】 それよりも優先される事が……。手が空いたらデータリストのアドを教えてくださいなのです。
【篠PL】 http://www.h6.dion.ne.jp/~dxkyara/yureideta.htmlこれですかね?
【見学ういんど】 http://cstplus.under.jp/mmg/cstcgi/cstnew1.cgi#list こっちかな?
【淡雪&由良PL】 ういんどじぇんとるの方のです。どうもありがとうございます。
【淡雪&由良PL】 ……しかし、コンビ義妹というのは、正反対の性格になりやすいものなのでしょうか?
【篠PL】 その方が分かりやすいですからね(w
【芙美&琴美PL】振り分けに苦労してます(w
【見学ういんど】 かもねぇ。コントラストと言うか。
【淡雪&由良PL】 ゆきゆらも、丁寧と乱暴ってな具合に変えてますからねぇ……じゃないと演じわけが……(吐血)
【篠PL】 琴美のこのセリフは鋭い(w 出られる日は消滅する日だしなぁ。
【芙美&琴美PL】そろそろ切りたいと思います。
【芙美&琴美PL】自爆霊が出られないのは普通寂しいです。
【淡雪&由良PL】 自爆っ!?
【見学老朽区】 自爆かっ!?
【淡雪&由良PL】 どっか〜んっ!
【GM】そろそろ切っていいですか?
【芙美&琴美PL】長々とすいません^^;;
【芙美&琴美PL】切ってくださいませm(_ _)m

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】最後は篠さん、シーン定義よろしくお願いします
【篠】 えーと、そうですね。校舎前の道路で、大樹が野良猫といっしょに篠を発見するって感じで。
【GM】秘蹟と、主導はどっちから?
【篠】 想定妹術は〈ひざまくら〉、秘蹟はなし、主導はこちら……でしょうか。
【GM】タイトルは?
【篠】 『猫のうた』で。




目次へ

■ オープニング3:篠『ねこの歌』 ■

【篠】 たぶん、車に轢かれたのだろう。
【篠】 ちいさな野良猫が兄猫の死体に、かしづくようにして静かに鳴いていた。
【篠】 その隣には、未練があるのだろうか、幽霊となった兄の猫。
【篠】 それと、ひとりの少女。
【篠】 「――――」 悲しそうな、あるいはどこか寂しそうな顔で、猫の死体の前にしゃがみこんで手を合わせている。
【大樹】「…かわいそうに、ほら、おいで」壁から体を出して猫の幽霊に手を伸ばす
【篠】 兄猫「……にぃ」 大樹を見て、警戒がちな鳴き声をあげる。
【大樹】「いい子だ、だけど君には行くべきところがある、僕みたいになってはいけないよ」頭を撫でながら
【篠】 兄猫「にいー……」 その言葉を分かっているのかどうか、ともかく撫でられる事には抵抗しない。
【篠】「――あ」 猫からふと顔を上げて、大樹達の方を見る。
【篠】「おにい……さま……?」 初対面のはずなのに、突然懐かしい相手に会ってしまったような顔で。
【大樹】「…残念、僕は君のお兄さんじゃない」
【篠】「――」 ゆっくり、首を横に振る。
【大樹】「けど君も僕が見えるようだ、うれしいよ」
【篠】「はい。わたし、お兄様が見えて安心しました」 それは、本当のこと。
【篠】「――篠と申します。お父様の三番目の娘で、お兄様とは今までずっと家が別でした」 これは、嘘。
【大樹】「…父さんは元気?僕の葬式に出られないから様子見れなくって」あっさりと信じ込む
【篠】「……はい、お元気そうでした」 書類を見た限りではの話だが。 
【大樹】「それとこんな格好でごめんね、僕はここまでが精一杯なんだ」体半分を出しながら
【GM】攻撃
【篠】 どうぞ。
【GM】<壁抜け>+<神出鬼没>、肉体、きゅんなし
【GM】2d6+4
【ダイス】nekomimi: 5(2D6: 2 3)+4 = 9
【篠】 こちらもきゅんなしで。
【篠】 2d6+4
【ダイス】篠: 3(2D6: 1 2)+4 = 7
【GM】DP7点
【篠】 いただきます。
【篠】「そ、そんな――」 思わず言葉に詰まって。
【篠】「その――むしろ、それくらいなら、私の方が壁にめり込むべきで、いやできないけど、あのっ」 しどろもどろ。
【大樹】「無理しなくっていいよ、篠ちゃんは篠ちゃんのできる範囲でがんばればいいさ」
【篠】「は、はい……」 うなずいて、ぬくもりに落ち着くために、妹猫を膝に乗せる。
【篠】 【妹猫】「みぃー、みぃー」
【篠】「……かわいい、ですね」 とても安心したような表情になって、猫にひざまくらをして。
【篠】 攻撃いきます。
【GM】どうぞ
【篠】 〈ひざまくら〉単品、肉体きゅん1で。
【篠】 3d6+4
【ダイス】篠: 14(3D6: 6 3 5)+4 = 18
【GM】平目
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 4(2D6: 1 3)+1 = 5
【篠】 DP9ドゾー。
【GM】いただきます
【大樹】【その子どうする?もう…一人ぼっちだ」
【篠】「しばらくは……ひとりでも生きられるようになるまでは、わたしがそばにいます」
【篠】「――お兄様は?」 大樹の抱えた、兄猫の方を見て。
【大樹】「やさしいね、僕もこの子の覚悟が決まるまでそばにいてあげるよ」
【篠】「――――」 少しだけ顔を赤らめて、こくん、とうなずく。
【篠】「(わたしは……やさしくなんか、ないよ)」
【篠】「(だって……この子達を利用して、またお兄様に会おうって考えてるんだから……)」
【大樹】「分かった、今度会うときがあったらその子の名前考えといて」
【篠】「――はい。自信ないけど、がんばります」 今度はちょっと力を込めて。
【篠】「(ごめんね、本当にごめんね……君がわたしのそばにいることが悪いことでも、わたしは君に、そばにいてほしいんだよ)」
【篠】「(せめて、君が――“君達”が、少しでもつらくないように、するから)」

【GM】おつかれ〜
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【篠PL】 お疲れ様です。
【芙美&琴美PL】お待たせしました。ウエ紙氏
【芙美&琴美PL】お粗末さまです。
【見学makoto】おつかれさまです
【篠PL】 や、こちらもがんばります。
【淡雪&由良PL】 がんばれー。
【GM】出てきていいときは呼んでね
【篠PL】 あ、出てきてください(w
【見学sawame】 見学よろしいですか?
【篠PL】 や、おかー。
【淡雪&由良PL】 【淡雪】「……あのこは……私の管轄外です……」【由良】「撫でたいなら素直にそう言えよ……」
【芙美&琴美PL】【琴美】「わーい。さわれる猫だ♪」
【見学link】 お邪魔します。見学よろしいでしょうか?
【見学makoto】おちますですー おやすみです
【見学琵琶】 見学よろしいでしょうか〜
【GM】どうぞ〜
【見学琵琶】 ありがとうございますっ。では、表にも失礼しますね。
【淡雪&由良PL】 【由良】「一辺飼い慣らされちまったら、もう一匹じゃどうしようもねェってのに……これだから人間は……」(辛辣)
【GM】切るときは言ってね
【篠PL】 これ口に出したらまずい(焦り
【篠PL】 あ、えーと、この辺でもう篠の言う事はないです。
【篠PL】 あっと、すみません。やっぱりもうひとこといいですか?
【GM】どうぞ
【GM】切りますよ〜
【篠PL】 はい、どうぞ。


目次へ

■ 幕間 ■

【GM】それではミドルシーン、オークショナーは篠さんです
【篠】 えっと、では能力値は肉体で。
【淡雪&由良】 取り敢えずきゅんなしでいきます。
【芙美&琴美】きゅん1使用。
【篠】 きゅんなしで。
【淡雪&由良】 でわ、振っていいですね?振りますよ?
【GM】どうぞ
【淡雪&由良】 2d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 11(2D6: 5 6)+2 = 13
【芙美&琴美】3d6
【ダイス】芙美&琴美: 7(3D6: 2 4 1) = 7
【篠】 2d6+4
【ダイス】篠: 9(2D6: 6 3)+4 = 13
【淡雪&由良】 ……たんなる2dでふりなおしかな?
【芙美&琴美】+1忘れましたが、最後(権利は)ですね。
【篠】 ですかね。
【GM】2D6で振りなおし
【淡雪&由良】 2d6
【ダイス】淡雪&由良: 11(2D6: 6 5) = 11
【篠】 2d6
【ダイス】篠: 10(2D6: 5 5) = 10
【篠】 かないませんね(w
【淡雪&由良】 取りましたね。……トップ、いきます。
【篠】 では、二番手を所望します。
【芙美&琴美】では参番目ですね。
【GM】では淡雪&由良、篠、芙美&琴美で
【GM】では淡雪&由良コンビ、シーン定義を
【淡雪&由良】 状況は……やっぱり校庭ですか。初出は由良。大騒ぎをしている生徒達を煩わしそうに見ているところへ来て下さい。
【GM】了解、使用秘蹟、主導、タイトルをお願いします
【淡雪&由良】 たいとるは「悪魔の憂鬱」。使用秘蹟はなし。主導はこちらから。妹術は状況次第です。
【淡雪&由良】 登場に使う能力値は……ええと、とりあえず感情で。






目次へ

■ ミドル1:淡雪&由良『悪魔の憂鬱』 ■

【淡雪&由良】 【由良】「……うざってぇ、喧しい、目障り、うっとおしい……etc」
【淡雪&由良】 ぶつぶつと、並の人間には聞き取れない愚痴が、校庭の片隅に生えた木の梢から漏れ出てくる。
【淡雪&由良】 到底人間の重量など耐えきれないだろう細い枝の上に寝そべった、十代後半の黒衣の女が、苦虫を数匹纏めて噛みつぶしたような顔で生徒達のお祭り騒ぎを眺めている。
【大樹】「やあ、今日は相方は一緒じゃないのかな?」後ろから声が
【淡雪&由良】 【由良】「……いつもいつも一緒にいてたまるか……同じ顔で辛気くせぇ説教ばかりしやがって……。……?おわぁっ!?」
【淡雪&由良】 声に驚いて、梢から転がり落ちる。
【大樹】「大丈夫?」
【淡雪&由良】 【由良】「てめ……脅かすなっ!貧弱な人間ドモだったら、へたすりゃ手前ェの仲間入りしてたとこだぞっ!」」
【淡雪&由良】 半ばまで地面に身体を埋めながら、そう喚き立てる。
【大樹】「大丈夫なら問題ない!それより…今暇?」
【淡雪&由良】 【由良】「……誰かさんが未練ったらしくしてるせいでな……で、何か用か?」不機嫌そうに腕を組んでみせる。
【大樹】「いや…今ちょうど学園祭だし、遊びに行かない?」
【淡雪&由良】 【由良】「……は?」呆然。むっつりした顔よりも少しばかり子供っぽく見える。
【大樹】「だから、学園祭、そうだ、あと淡雪ちゃんも誘ってくれるとうれしいな」
【淡雪&由良】 その口の中から僅かに白い煙が上がる。僅かに頬が赤くなっているか?
【大樹】「あの〜大丈夫?やっぱさっきのでどこか打った?」
【淡雪&由良】 【由良】「……な、何を悠長なことを……っていうか……どうせ俺達は人間ドモのめにゃみえ……おわっ!?」
【淡雪&由良】 由良、慌てて自分の口を塞ぐ。そのまま何かを飲み込むかのように喉を鳴らして。
【大樹】「大丈夫、どうせみんなタダだから」そのまま腕を引っ張る
【淡雪&由良】 【由良】「……手前ェのせいで、また小悪魔からやり直しになるとこだったじゃねェか……。今まで集めた悪党どもの魂、ちょびっと逃げちまって、力をなくすと……おいっ、ひっぱんなっ!」
【淡雪&由良】 【淡雪】「……仲の良いことですね。由良にしては珍しい……」」
【大樹】「まずはどこが…お、こんにちは」
【淡雪&由良】 かすかに空気が揺らいだかと思うと、大樹の足元から淡雪の頭がのぞいた。大樹と視線があうと、軽く頷いて会釈の代わりとする。
【淡雪&由良】 ってとこで攻撃。いいですか?
【GM】どうぞ
【淡雪&由良】 おおっ?いつの間にかカルマが4点まで下がってる……。<神出鬼没><異形の弱点(気を抜くと煙を吐く?)>で。天与。きゅん1。
【淡雪&由良】 おっけですか?
【GM】どうぞ、きゅんは墓穴で下がりました
【淡雪&由良】 3d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 5(3D6: 1 2 2)+5 = 10
【淡雪&由良】 ぶぴっ!?
【GM】きゅん1
【GM】3d6+1
【ダイス】nekomimi: 6(3D6: 2 2 2)+1 = 7
【GM】ダメージどうぞ、ついでに墓穴も
【淡雪&由良】 はい。8DPです。墓穴は……。
【淡雪&由良】 2d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 6(2D6: 1 5)+2 = 8
【淡雪&由良】 FLです。
【大樹】「淡雪ちゃん、これから由良ちゃんとデートなんだけど一緒にどう?」
【淡雪&由良】 【淡雪】「ごきげんよう、大樹殿……。……でーと……ですか?」無表情の中に怪訝そうな色が浮かぶ。
【大樹】「そ、デート、英語で言うとDETO」
【淡雪&由良】 【由良】「おい、手前ェ……いつ「ちゃん」付けで呼んで良いって言ったよ?数百の年齢差の分、様でも付けやがれっ!それから……おい、聞いてんのかっ」顔を真っ赤にして怒っている。
【大樹】「あれ?気に触った由良ちゃん?ごめんね由良ちゃん、今度からは気をつけるよ由良ちゃん」
【淡雪&由良】 【淡雪】「はぁ……しかし、私も任務というものが……。大樹殿の未練をはらすことこそ……」(ちょっとだけ頬が赤い)
【淡雪&由良】 【由良】「手前ェ……わざとか?」顔を真っ赤にして。怒っているのか、それとも恥ずかしいのか。
【淡雪&由良】 そうして、顔色を同じくしていると二人は本当によく似ている。
【大樹】「じゃあ2人とも行くよ、今ならカバディ部がやってるはずだから」
【GM】攻撃〜
【淡雪&由良】 【淡雪】「そ……それに、その……私、陽の光に弱くて……」
【淡雪&由良】 どうぞ。
【GM】<空中浮遊>+<今を楽しく>、肉体、きゅんなし
【GM】2d6+4
【ダイス】nekomimi: 4(2D6: 2 2)+4 = 8
【淡雪&由良】 ええと……きゅん1で。
【淡雪&由良】 3d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 10(3D6: 1 6 3)+2 = 12
【淡雪&由良】 弾きました。
【GM】うい
【淡雪&由良】 そう心細げに呟く淡雪。確かに地面から頭を出しただけで、しかも日陰の中にいる。
【淡雪&由良】 ……再び攻撃いきたいのですが。
【大樹】「大丈夫、カバディ部は室内だから」
【GM】どぞー
【淡雪&由良】 今度こそっみっつ!<みわけのつかない二人><壁抜け(生首状態?)><異形の弱点>で、天与。きゅん……2でいきます。
【淡雪&由良】 いきますよー?
【GM】どうぞー
【淡雪&由良】 4d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 13(4D6: 3 6 2 2)+5 = 18
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 9(2D6: 6 3)+1 = 10
【淡雪&由良】 ええと、12DPです。
【GM】いただきました
【淡雪&由良】 【由良】「……小生意気なニンゲンのくせに……全くよ……。おい、手前ェも壁抜けくらいできんだろ?地面の下を通っていくぜ?……はぐれねぇようにしろよ?」
【淡雪&由良】 そう言って、由良は大樹の右手に手をのばし握りしめる。もう片方の手は淡雪の首根っこをひっつかんで。
【大樹】「うん…綺麗な手だね、由良ちゃん」手を握って
【淡雪&由良】 【由良】「まったく、そういうとこばっかしかわらねェな……。ほれ、いつまでも呆けてねェで、いくぜ、淡雪」
【淡雪&由良】 由良のすらりとしたからだが地面の中へと潜り込んでいく。
【淡雪&由良】 ってとこで
【淡雪&由良】 カルマを使っての追撃です。
【GM】どうぞー
【淡雪&由良】 <お兄ちゃん知識?><幽体(だから触れられる)>で天与。きゅんはつかいません。
【淡雪&由良】 2d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 4(2D6: 3 1)+5 = 9
【淡雪&由良】 ぶっ!?
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 10(2D6: 4 6)+1 = 11
【淡雪&由良】 ……1d6
【芙美&琴美】(コンビの片割れのみの登場ができるなら登場希望です。)
【淡雪&由良】 1d6
【ダイス】淡雪&由良: 1(1D6: 1) = 1
【淡雪&由良】 墓穴分です。
【GM】処理完了
【GM】【大樹】「さあて、早くしないとカバディ部終わってしまうよ」せかすように
【GM】こっちの攻撃
【淡雪&由良】 はいな。きなさい。
【GM】<壁抜け>+<学園祭知識>+<今を楽しく>、きゅん1、技術
【GM】3d6+4
【ダイス】nekomimi: 8(3D6: 1 6 1)+4 = 12
【淡雪&由良】 きゅん1で。
【淡雪&由良】 3d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 11(3D6: 3 2 6)+2 = 13
【淡雪&由良】 弾いた。

【GM】おつかれ〜
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【芙美&琴美PL】お疲れ様です。
【篠PL】 はふう(休息)とりあえずOPはこんなもんでしょうか。
【淡雪&由良PL】 ですねぇ。
【芙美&琴美PL】もっと精進せねば・・・(自分に言い聞かす)
【淡雪&由良PL】 上に同じく……。
【篠PL】 俺も……
【GM】みなさんGJでしたよ〜
【見学raopu】 おつかれさまなのです〜♪ ささ、お茶でも!
【芙美&琴美PL】ありがとう。(ずずず
【淡雪&由良PL】 にゃにゃぁ……ちゃっとは、全体を見て推敲出来ないのがちとつらいかも……。(ずずず)
【篠PL】 どもです、はー、あったまるー。
【淡雪&由良PL】 ぷはぁ……お気遣いいたみいります。
【芙美&琴美PL】ほっとします。さて次は・・・^^;;
【見学raopu】 がんばれみんな!(茶娘)
【芙美&琴美PL】【琴美】ありがとー。(ぶんぶん・・・肩を叩いているようだ)
【篠PL】 etcと来たか(w
【篠PL】 由良たんツンデレの資質アリ、か(w
【芙美&琴美PL】みたいですねw
【芙美&琴美PL】処で、片割れのみの登場はありですか?>GM
【芙美&琴美PL】今登場したいわけではないですが・・・。
【見学雀屋】こっちも、出目がw
【篠PL】 スペル間違ってるぞ兄者(お約束ツッコミ
【GM】わざと〜
【篠PL】 や、分かった上でツッコミが必要かと思ったもんで(w
【篠PL】 関係ないが、ウェブ英和辞書でデートを引いたら『デート、本当に楽しかったわ。でも……あの……えーと……もう家に帰らなきゃ』(I really enjoyed our date, but...um... well...I have to go home now. )という妙にCSTっぽい例文が。
【芙美&琴美PL】良い仕事してますですw>例文
【GM】ぶっちゃけありえなーい
【芙美&琴美PL】どこもダイス目が悪いようで・・・(汗
【淡雪&由良PL】 ……なんか出目が振るわない気がするのはどうしてだろう?
【篠PL】 うわ(w 今日は本気でダイス君が酷い。
【芙美&琴美PL】ホントにひどいですね。>ダイス目
【淡雪&由良PL】 あやや、これで切ろうとしてたところなのですが……。
【GM】ええと、シーンプレイヤーの攻撃が追加まで終わった場合登場できるっけ?
【芙美&琴美PL】では、遠慮しておきます。
【篠PL】 ちなみに、コンビの片割れのみの登場は可能だと思います。俺解釈ですが。
【芙美&琴美PL】兄の攻撃回数が残っていたので、ぎりぎり入る余地があるかなあ?と思ったまでで^^;;
【GM】では切りますか
【淡雪&由良PL】 はいな。
【篠PL】 その辺は微妙ですよね。こっちも入ろうかどうか脳内で検討してましたし。
【淡雪&由良PL】 昨日のこともあったし、出来るだけスピーディーにと思いました。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】次は篠さん、シーン定義その他お願いします
【芙美&琴美】(きゅん回復良いですか?)
【GM】やっときます
【篠】 秘蹟は《甘えてください》使用、妹術は〈甘い香り〉+〈おおきなむね〉を基本に、主導はこっちで。タイトルは「陽の光、降りる」でしょうか。




目次へ

■ ミドル2:篠『陽の光、降りる』 ■

【篠】「お、おにーちゃん、おにーちゃーんっ」 体育館のカバディ部内で、ルール通りの声をあげながら走り回っている。つまり選手。
【大樹】「…やっぱり変なとこだな」
【GM】床の下から顔を出す
【篠】「あ、お兄さ――みゃっ!?」 大樹の近くで転ぶと、ふにゅんと床で胸が潰れる。
【芙美&琴美】(登場判定希望)
【GM】どうぞ、妨害は?
【篠】 なし。
【芙美&琴美】きゅん1使用します。
【芙美&琴美】3d6+5
【ダイス】芙美&琴美: 11(3D6: 5 2 4)+5 = 16
【篠】 そしてさっき言った組み合わせで攻撃。使用は肉体。
【篠】 2d6+6
【ダイス】篠: 7(2D6: 6 1)+6 = 13
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 4(2D6: 1 3)+1 = 5
【GM】ダメージどうぞ
【篠】 DP13点ですね。
【芙美&琴美】【琴美】「あ、お兄ちゃん、こんなところからでたの?」
【GM】DP11点です、秘蹟は恋愛までは増えません
【大樹】「むむ、篠ちゃん…ちょっとどいて、小さい子も見てるし」
【淡雪&由良】 こっちに書き込んだ方が良いみたいですね?登場判定希望なのです。
【GM】どうぞ
【芙美&琴美】大樹の後ろから声を掛ける。
【芙美&琴美】攻撃しますけど?
【淡雪&由良】 どっちが先?
【GM】攻撃からで
【芙美&琴美】では、<神出鬼没>単体で。技術きゅん1
【篠】「うう、教育上有害な存在にされてしまいました……」 嘆きつつ引っ込む。試合はちょうど終了したらしい。
【芙美&琴美】3d6+3
【ダイス】芙美&琴美: 6(3D6: 2 1 3)+3 = 9
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 8(2D6: 2 6)+1 = 9
【淡雪&由良】 はじきましたね?
【芙美&琴美】ええ。
【GM】はじいた
【淡雪&由良】 でわ登場判定をば。
【GM】妨害は?
【淡雪&由良】 きゅんなしで。
【芙美&琴美】なしで。
【篠】 妨害はしません。
【淡雪&由良】 2d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 5(2D6: 4 1)+5 = 10
【淡雪&由良】 でも墓穴。
【淡雪&由良】 1d6
【ダイス】淡雪&由良: 6(1D6: 6) = 6
【淡雪&由良】 ぐはぁ……。兄に喰らったダメージよりも、墓穴の方がいたい。
【淡雪&由良】 出ました。
【芙美&琴美】【芙美】「??」あらぬ方向からの声で戸惑っています。
【淡雪&由良】 【淡雪】「……やっとつきました……。大樹殿、はぐれぬようにと、由良が言っていたではありませんか……」
【GM】【大樹】「いやーごめんごめん」
【淡雪&由良】 しのの足元からにゅこんと淡雪の頭がのぞく。続いて不機嫌そうな由良の頭も。
【篠】「……あ、えっと、こんにちは――」 兄と義妹達ひとりひとりに頭を下げてまわる。
【大樹】「篠ちゃん、死神の淡雪ちゃんと悪魔の由良ちゃん、それと芙美ちゃんと妹の琴美ちゃんね」
【芙美&琴美】【琴美】「あれえ、大樹さんのお仲間ですか?」
【淡雪&由良】 【由良】「……ニンゲンのくせに、俺ら見ておどろかねェとはな……よほどの大物か、それとも……」
【淡雪&由良】 【淡雪】「私共は、大樹殿をお迎えに来たのです。……でも、それは当分先になりそうですけど……」
【篠】「――篠と言います。わたしは、お兄様の妹です」 これは、由良の発言に対する暗黙の答えにもなっている――つまり、義妹。
【芙美&琴美】【芙美】死神と悪魔の発言を聞いて、暫く驚いています。
【淡雪&由良】 【由良】「……」不機嫌そうにしのを睨む。
【大樹】「悪いね〜、まだ未練たらたらでさ〜」あくまで明るく笑う
【篠】「由良さん。元が可愛らしいのに、そういう顔はよくないですよ」
【淡雪&由良】 【淡雪】「貴女へは、いずれ然るべき者がお迎えに上がるでしょう。しかし、それは私のお役目ではありませんから……」>琴美
【芙美&琴美】【琴美】「ん?(死神と悪魔のイメージが沸いてなかったようで)、本物の悪魔さんと、死神さんなの?」
【淡雪&由良】 【由良】「うるせぇ!だいたい、低級小悪魔ならまだしも、この俺がそうへらへらしてられるかよっ!」
【淡雪&由良】 【淡雪】「ええ、そうです」>琴美
【芙美&琴美】【琴美】「ホントの死神に初めてあったー♪」
【大樹】「…由良ちゃん、あまり怒らないでやってね、篠ちゃんも誉めてるんだから笑って」
【篠】「そんな……残念、です……」 なぜか本当に落ち込んで。
【篠】「――(わたしより、未来があるような気がするのに、なぁ)」
【芙美&琴美】【芙美】やっと混乱が解けて「初めまして・・・。ええと、なんていったらいいのかな。」
【淡雪&由良】 【由良】「……けっ、八方美人もかわりなくってか?淡雪はどうかしらねェがな?俺は手前ェみてェなへらへらした奴は……ああ、何いってんだおれわっ!」兄の雰囲気にあてられて混乱中。
【大樹】「…悪い、急に友達が増えたからさ、僕もテンション上がってるんだ、なにせ今まで見える人も少なかったからね、たまに同じ幽霊に会ってももう空の上だし」上を見つめて
【GM】攻撃します
【篠】 どぞー。
【淡雪&由良】 【淡雪】「初めまして。私は元第一級死神の淡雪と申します。そこで騒いでいるのは、私の双魂の悪魔、由良です」軽く会釈。
【GM】<<優しさを見てしまう>>
【淡雪&由良】 って、どうぞなのです……1?
【淡雪&由良】 ……それ終わったら反撃〜。
【芙美&琴美】【芙美】(音だけって人数いるときつい・・・)【琴美】(次の場所だけ教えて帰ろうか?)
【芙美&琴美】攻撃後、反撃します。
【GM】<神出鬼没>+<見つめる虚空>+<止まった時間>+<じっと見つめる>、きゅん2、感情
【GM】4d6+4
【ダイス】nekomimi: 13(4D6: 5 3 2 3)+4 = 17
【芙美&琴美】きゅん3使用します。
【芙美&琴美】5d6+3
【ダイス】芙美&琴美: 26(5D6: 5 5 6 5 5)+3 = 29
【淡雪&由良】 ぐっ!?……仕方ない、きゅんなし。
【篠】 きゅんなしで受けます。
【篠】 2d6+1
【ダイス】篠: 7(2D6: 3 4)+1 = 8
【淡雪&由良】 2d6+3
【ダイス】淡雪&由良: 10(2D6: 5 5)+3 = 13
【篠】 篠には命中、ってか無理。
【GM】2人にDP13点
【淡雪&由良】 墓穴ではなしってとこですか。貰いました。
【淡雪&由良】 反撃は……どっちが先にする?
【GM】淡雪&由良からどうぞ
【GM】それと、篠はこれが終わったらばれイベントです
【篠】 では、最後に篠が反撃を。
【淡雪&由良】 はい。<幽体(まだ半ば床にめり込んでます)><第一種接近遭遇(された?)><お兄ちゃん知識>で、天与、きゅん1です。
【淡雪&由良】 おっけー?
【GM】どうぞ
【淡雪&由良】 3d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 5(3D6: 1 3 1)+5 = 10
【GM】きゅんなし
【淡雪&由良】 ぶっ!?
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 3(2D6: 2 1)+1 = 4
【淡雪&由良】 ふぅ……。墓穴分振ります。
【淡雪&由良】 1d6
【ダイス】淡雪&由良: 1(1D6: 1) = 1
【GM】ダメージどうぞ
【淡雪&由良】 ダメージは……僅かに?でもないかな?9LPです。
【GM】いただきました
【芙美&琴美】【芙美】(音楽室が良いかな。第4音楽室あたり)>琴美
【芙美&琴美】【芙美】「ちょっと人が多いから、帰りますね。第4音楽室でお待ちします。」
【芙美&琴美】で、攻撃行きます。
【GM】どうぞ
【芙美&琴美】<鋭敏な聴覚><対照的な服装or髪型><相似形のテレパシー>天与、きゅん1で
【芙美&琴美】追撃扱いなら、更に1ですね^^;;
【GM】ほい
【芙美&琴美】3d6+5
【ダイス】芙美&琴美: 11(3D6: 3 4 4)+5 = 16
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 4(2D6: 2 2)+1 = 5
【GM】ダメージどうぞ
【芙美&琴美】DPに10点です。
【芙美&琴美】(そのまま退場OKですか?)
【GM】(こちらの攻撃が終わってないのでちょっと待って)
【芙美&琴美】(了解)
【大樹】「帰っちゃうの?せっかく会えたのにちょっと寂しいな」
【GM】攻撃
【芙美&琴美】はい。
【GM】<今を楽しく>+<お気楽スマイル>、技術、きゅん1
【GM】3d6+4
【ダイス】nekomimi: 12(3D6: 2 4 6)+4 = 16
【芙美&琴美】2d6+3 きゅんなし
【ダイス】芙美&琴美: 6(2D6: 3 3)+3 = 9  きゅんなし
【GM】墓穴&DP10点
【芙美&琴美】拝領します。(FL)
【芙美&琴美】2d6+2
【ダイス】芙美&琴美: 4(2D6: 2 2)+2 = 6
【芙美&琴美】はい。^^;;
【芙美&琴美】【琴美】「お姉ちゃん、苦手なんだって。賑やかなとこ。また今度ゆっくりねー。」
【大樹】「…ごめんね、篠ちゃんと淡雪ちゃんは大人しいんだけどもう1人が」
【芙美&琴美】芙美の顔はちょっと赤くなっています。
【淡雪&由良】 【由良】「けっ……悪かったな……」(憮然)
【大樹】「けどそんなとこも可愛いけどね」由良を見つめて
【GM】攻撃
【芙美&琴美】【芙美】「音だけって、疲れるんです、ごめんなさい」由良さんの方を見て一礼します。
【篠】「芙美さん――今度、お弁当作りますから。よければ、一緒にご飯を食べましょう」 そのくらいはしてもいいだろうと、本当にそう思って。
【淡雪&由良】 【由良】「ぶちぶち……」(小声、顔真っ赤)
【GM】<じっと見つめる>+<空中浮遊>、技術、きゅんなし
【淡雪&由良】 ……誰に攻撃?
【GM】淡雪&由良に
【淡雪&由良】 ぐっ……どうぞ。
【GM】2d6+4
【ダイス】nekomimi: 7(2D6: 3 4)+4 = 11
【淡雪&由良】 ……きゅん……なしっ!
【淡雪&由良】 2d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 6(2D6: 2 4)+2 = 8
【淡雪&由良】 くらい&墓穴。
【GM】墓穴&LP8点
【淡雪&由良】 1d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 2(1D6: 2)+2 = 4
【芙美&琴美】【琴美】「いいなぁ。。。」ちょっと羨ましがっている。【芙美】「お誘いありがとうございます。見つけたら、声を掛けてくださいね。」首をちょっと斜めに傾けて。
【淡雪&由良】 ……了解。その前の演出をちょっとやってから反撃して退場します。
【大樹】「篠ちゃんは優しいなあ、今度みんなでお弁当…僕はだめか」
【GM】どうぞ
【芙美&琴美】【芙美】「では、そろそろ離れますね。」
【大樹】「うん、また、音楽室で」
【GM】退場オッケーですよ
【芙美&琴美】了解。そのまま体育館を出ます。
【篠】「……みんなでお弁当を食べられれば、本当に良かったのですけど」 呟く。
【大樹】「しょうがないさ、いくらなんでも幽霊が食えるご飯なんて無理だから、気にしないで」頭を撫でられないけど撫でる
【淡雪&由良】 【由良】「……気にくわねェ、気にくわねェ。き・に・く・わ・ね・ェッ!何だよっ!へらへらしやがってっ!……やっぱり解放なんかしなきゃよかった。……あのままにしときゃ、例え数年でも……クソl」
【淡雪&由良】 怒りで顔を真っ赤にした由良は、そのまま床の中に身を躍らせる。
【篠】「ひゃ、わっ?」 触れられてもいないはずなのに、何かが染み渡ってしまって、慌てる。
【淡雪&由良】 それを、淡雪は辛そうな顔で見送っていて。
【大樹】「そんなつらい顔しないで、悪いのは僕、ぼくの我侭のせいだから」
【淡雪&由良】 【淡雪】「本当に……貴方は変わらない……。違うんです。本当に悪いのは……一番悪いのは私なのですから……」そう言って、僅かに顔を背ける。
【淡雪&由良】 ってとこで攻撃。<第一種接近遭遇(やっぱり兄の雰囲気に……)><お兄ちゃん知識>で天与。きゅん1です。
【淡雪&由良】 いっきま〜すっ♪
【淡雪&由良】 3d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 15(3D6: 3 6 6)+5 = 20
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 10(2D6: 4 6)+1 = 11
【GM】ダメージどうぞ
【淡雪&由良】 今度は弾けましたね……。ダメージは9LPです。
【GM】<<おでこをこつん>>
【淡雪&由良】 ぐっ!?……拝領します。
【淡雪&由良】 【淡雪】「……ごめんなさい、また夜に出直しますので……。本当に……」目の端に涙を浮かべて、淡雪は床に身を躍らせる。
【淡雪&由良】 退場。
【篠】「……(誰も彼も、何かあるのは変わらない、か)」
【篠】「――お兄様。すこし、いっしょに歩きませんか?」
【GM】退場許可
【大樹】「うん、どこに行く?」
【篠】「ええと、確か近くに第三音楽部が……」
【大樹】「オッケー、そこに行こうか」
【篠】「――それで、終わったら、わたしの部屋に来ていただけませんか?」 何気なく、そう言う。
【大樹】「…学園内にあるの?僕はここからな離れられないんだけど」
【篠】「学園寮内です。心配ありません――」
【篠】「――お兄様といっしょにいられれば、きっと。きっと、わたしは……」 どこか口調が、焦るように変わって。
【篠】「い、いえ。あの、とにかく、来ていただければっ」 胸と一緒に、心持ち身を乗り出す。
【篠】 ってわけで〈おおきなむね〉で一撃よろしいですか?
【GM】どうぞ
【篠】 では、きゅん1使って。
【篠】 3d6+6
【ダイス】篠: 13(3D6: 5 2 6)+6 = 19
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 8(2D6: 3 5)+1 = 9
【GM】ダメージどうぞ
【篠】 DP9。ギリギリ恋愛防御2のゾーンに入った具合でしょうか?
【篠】 あ、ここで追加攻撃宣言をしておきます。
【GM】ほい
【大樹】「大丈夫、ずっといてあげるから、焦らなくたって大丈夫さ」篠を抱きしめる
【篠】「……いっしょに、寝てくれます、か……?」
【篠】 〈添い寝〉で追撃を。
【GM】どうぞー
【篠】 きゅん1使って……
【篠】 3d6+6
【ダイス】篠: 12(3D6: 4 5 3)+6 = 18
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 7(2D6: 6 1)+1 = 8
【GM】ダメージどうぞ、その後攻撃
【GM】【大樹】「あ、あの…それって…僕、その」顔を真っ赤にする
【篠】 LP9点ですね。
【GM】いただきます
【GM】そして反撃
【GM】<じっと見つめる>+<見つからない答え>、きゅんなし、感情
【GM】2d6+4
【ダイス】nekomimi: 11(2D6: 5 6)+4 = 15
【篠】 攻撃のこと忘れてたや、と反省しつつかるま3点使って抵抗。
【篠】 5d6+1
【ダイス】篠: 15(5D6: 5 2 2 2 4)+1 = 16
【GM】弾かれた
【篠】 弾きましたかね?
【篠】 篠「――ふふ」 
【篠】 篠「お兄様、かわいい」 いたずらっぽく笑って。
【GM】【大樹】「…お、お兄ちゃんをからかうんじゃない」
【篠】「ごめんなさい――」 そう言って、大樹の身体をすりぬけて歩いていく。
【篠】「――(できるものなら、してみたかったんだけど、ね)」

【GM】おつかれ〜
【芙美&琴美PL】おつかれさまー。
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【淡雪&由良PL】 ……何だか動き出してみると、淡雪よりも由良の方が動かし易いような……。
【篠PL】 お疲れ様です。
【淡雪&由良PL】 ぬ?そう言うシーン定義解きますか
【芙美&琴美PL】登場しろと??>天与
【淡雪&由良PL】 【由良】「あァ?大樹のやつ、あれだけはぐれるなっつったのに、どこ行きやがった?」
【淡雪&由良PL】 言ってるようなものですね?>天与
【篠PL】 せっかくですから(w<登場
【淡雪&由良PL】 ああ、遅かったか……。秘蹟使おうと思ったのに。
【芙美&琴美PL】【芙美】どこにあるのー?w>ガバディ部室
【GM】でっちあげてー
【淡雪&由良PL】 カバディ部に登場と言えば問題ない?
【芙美&琴美PL】いえ、探すのに手間取っているだけです。マイナーな部室なのでw
【淡雪&由良PL】 なるほど。
【篠PL】 いちおう、こっちとしては体育館をカバディの会場としているってことに。
【篠PL】 だから部室に行っても空かも?(w
【芙美&琴美PL】はーい。w
【篠PL】 あ、兄や妹の登場はいつでもどうぞ。
【淡雪&由良PL】 一回攻撃が入ったくらいで登場判定しようかと……。
【芙美&琴美PL】篠さんが話した辺りと思ってました。
【見学雀屋】妹達が「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と掛け声をかけて競い合う競技、『カバディ』……うん、いいなぁ
【見学大きな愚】 まただ……。パソの調子と言うより、接続コードの問題とわかったけど……。
【淡雪&由良PL】 登場希望します。
【淡雪&由良PL】 表に書いた方が良いのかな?
【篠PL】 あ、あれ? ダイス目6+1におおきなむね修正+3に甘い香り修正+3で……
【芙美&琴美PL】表に書いた方が良いですよー。
【GM】失礼、その上のダイス見てた
【篠PL】 や、すみません。
【淡雪&由良PL】 あにゃ、おきあがられた。
【GM】同値はどっち優先?度忘れしてしまいました
【芙美&琴美PL】確か防御側優先だったかと・・・(泣
【見学雀屋】 防御側優先です。
【見学sawame】 同値は回避ですね。
【淡雪&由良PL】 しのさんにもみえてください。
【淡雪&由良PL】 あと、しの、の漢字がでないのでひらかなです。
【篠PL】 あ、了解です。
【篠PL】 やべえ、攻撃のネタが思い浮かばない……
【芙美&琴美PL】挨拶の言葉に迷いがあります>芙美
【篠PL】 あ、バレイベントに関してですが、シーンを変えてやってOKでしょうか? できれば《思いをはせる》を使った上での擬似シーンと融合させた上で。
【GM】それはいいですよ
【見学raopu】 由良、いいなぁ……微妙につぼかも。
【淡雪&由良PL】 その分淡雪の出番が……。
【淡雪&由良PL】 あ、ここは兄の反応待ちです。
【見学raopu】 重い義妹つかうの、うまいよね♪
【篠PL】 うん、雰囲気出てます。
【見学raopu】 いらっしゃいませー
【見学無明】どうもー、ラヂオの出番まで観戦させていただきます。
【芙美&琴美PL】いらっしゃい。ミドル2です。
【淡雪&由良PL】 ……私の……部屋?
【見学raopu】 部屋ってことは、近接格闘戦をいどむつもりなのかな?
【GM】なんか部屋でいちゃいちゃパラダイス?
【見学raopu】 通称、いちゃぱら?(w
【淡雪&由良PL】 ……忍び先生ですか?
【見学琵琶】 著者まで忍び・・・でしたっけw
【淡雪&由良PL】 ですよ。バイオレンスもありかも。
【見学琵琶】 ば、バイオレンス・・・w
【淡雪&由良PL】 続編の方です。
【見学琵琶】 いちゃぱらの方しか知りませんでしたw
【淡雪&由良PL】 私も最近知りました。って言うか、あの先生が呼んでるものがそんなえちぃな本だったなんて……。
【見学R695】 Σ(゜口゜;
【見学R695】 く。皆知ってるものだと思ってたぜw
【見学raopu】 あははは(w
【見学琵琶】 かかしなせんせい、むっつり〜w
【淡雪&由良PL】 実は最初の三話くらいしか身を入れて読んでなかったのです。
【見学琵琶】 っと、気がつくと、しのさんがLP攻撃射程内にっ!
【GM】18禁はこんかいだめだぞー、今回は全年齢だよー
【淡雪&由良PL】 ぬぬぅ……。
【篠PL】 や、そういうつもりでは、ってか生身vs幽霊じゃちょっと無理が(w できなくもないんでしょうが。
【見学R695】 精神的につながれw
【GM】だから今回はエロはダメ!
【淡雪&由良PL】 ……今回は?別の回ならいいんですか?
【GM】エロやるぞとガイダンスで言ったら許す
【芙美&琴美PL】リプレイのあがらない回でやってくださいな^^
【GM】それと切るときは言ってね
【見学raopu】 まうまうもぐー♪
【篠PL】 こんな感じで切りたく思います。
【GM】はい
【見学R695】 くすん。別にエロい意味での精神的繋がりとかで言ってないのに。しくしくw

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】では篠さん、バレイベントシーン定義どうぞ
【篠】 そうですね。篠が寮の自室で大樹を待っていた時のシーン、という具合でOKでしょうか。
【GM】ほいほい
【篠】 秘蹟に《思いをはせる》を使って、同時に萌え攻撃もする具合で。
【GM】了解、タイトルは?
【篠】 タイトルは……難しいですね。「陽の光の降りた後」とでも。



【芙美&琴美PL】お疲れ様でした。
【見学R695】 おつかれさまーv
【見学琵琶】 お疲れ様でしたっ!
【篠PL】 お疲れ様でした。
【見学raopu】 おつかれさまでしたなり♪
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【篠PL】 そろそろこっちも煮えてきましたかね(w
【GM】バレイベントの前にちょっと休憩、40分に再開します
【篠PL】 や、了解です。
【GM】その間にバレイベントを考えとくように
【見学raopu】 おつかれさまであります! GM!
【淡雪&由良PL】 了解。
【芙美&琴美PL】篠さんのきゅんカルマ上げてください。
【GM】それと、さっきのシーンで因子共鳴1つ購入
【篠PL】 はい。ちょっと眠気覚ましに刺激的なシーンにしようかしら(w
【淡雪&由良PL】 し、刺激的?
【篠PL】 刺激的(w
【GM】15禁ぐらいまでならきょかするよw
【芙美&琴美PL】手間かけますm(_ _)m
【篠PL】 じゃあR指定くらいで(適当言ってる
【見学raopu】 15っていうと……えーっと、エイケンくらい?(w
【篠PL】 変な擬音たてますか?(w
【GM】オヤマ!菊之助ぐらい
【淡雪&由良PL】 えち?
【見学raopu】 おお! えーっと、かなりいけるね!(w
【見学琵琶】 あそこまでで15禁なんですかっw
【GM】僕の中では
【見学raopu】 あの作家さん、絵がシンプルでいやみがないから(w
【淡雪&由良PL】 エイケンって、ちょっときょちちすぎませんか?
【見学raopu】 エイケンは、きょちち過ぎてぼくも、あんまり(w
【GM】ぼくも、あれはちょっと大きすぎて
【篠PL】 篠はあそこまではおおきくないです、と言ってみるてすと。
【淡雪&由良PL】 たゆんは好きだが、行き過ぎは良くないです。あれ、下着のサイズ絶対みつかんない……。
【GM】人体の構造上あり得ない胸してるのが敬遠の理由
【淡雪&由良PL】 下着売り場でよく見かけるサイズはFがせいぜいですからねぇ……。あれはきっとZを超えている……。
【見学raopu】 フリークスくらすですからね
【淡雪&由良PL】 ……Zカップと言って思い出すのは、戦術鬼めぐみだったり……(汗)でもあれまでおっきくなかったような……。
【見学老朽区】 戦術鬼めぐみがさらっと出てくるのはどうよ?(w
【見学R695】 だ、だみなのか?w
【淡雪&由良PL】 駄目駄目ですか?実家にはコミックスありましたけど。


目次へ

■ バレイベント&回想シーン:篠『陽の光、降りた後』 ■

【篠】「――」 狭いユニットバスの中で、シャワーだけを浴びている。
【篠】「あの子には、ごはんあげたし……あとは、身体をきれいにするだけでいいのかな……」
【篠】 篠が髪に水を通すごとに、だんだんと水が灰色に染まっていく。
【篠】「――そろそろ、これがいるのかな?」 うつろな笑みで、はじめてその手にかけた義兄の遺髪で作った鬘(かつら)を見て。
【篠】 手には抜け落ちた髪、頭には白く細くなった髪。
【大樹】「篠ちゃん、入るよ」扉の奥から大樹の声が
【篠】「――っ!?」 思わず、声が跳ねる。
【篠】「あ、あの――ごめんなさい、今シャワーが、入ってる、けど、すぐ切り上げて出ますからっ」 自分でも理解できないほど慌てて、勝手に言葉が。
【大樹】「じゃあ待ってるよ、早くね」
【篠】「は、はい――っ」 大急ぎで身体を拭いて、薄着だけまとって部屋に出てくる。
【篠】 白髪交じりの髪を、見られていることにすら気付かない。
【大樹】「…篠ちゃん?髪…白髪…」呆然と
【篠】 【篠】「――――――あ」
【篠】 【篠】「ぁ……ゃ……」 何も言えないまま、震えだす。
【大樹】「篠ちゃん…何があったの?」
【篠】 【篠】「…………」
【篠】 【篠】「……って……」 聞き取れないほど小さな声。
【大樹】「だまってちゃわかんないよ!」
【篠】「――帰って、よおっ!」
【篠】「帰って! 見るな! 帰れ! 言えるか――ばかぁっ!!」
【篠】 ここで〈孤独〉で攻撃、OKですか?
【GM】どうぞ
【篠】 かるま一点使って……
【篠】 3d6+4
【ダイス】篠: 18(3D6: 6 6 6)+4 = 22
【GM】きゅん使うのもばかばかしいのできゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 9(2D6: 5 4)+1 = 10
【篠】 DP7点ですか。
【GM】ダメージどぞー
【篠】 違うLP。
【大樹】「落ち着いて、落ち着いて…落ち着け!」抱きしめようとするが体をすり抜けるだけ
【篠】「うるさいっ! アンタなんかに、わたしの……わたしの、気持ちが……」 
【篠】「――っ……」 そのまま声が滑り落ちて、涙をこぼす。
【大樹】「ああわかんないよ!出会ったばかりの妹の気持ちなんかわかんないダメな兄貴だよ!だけどさ…少しぐらい話してくれよ」もらい泣き
【篠】「にい、さ……」 信じられないものを見るように、兄の涙を見て。
【篠】「――私が、殺したの――」 手に持った遺髪に、すがりつくようにして――それだけ。
【大樹】「…誰を殺したんだい?」
【篠】「ごめん、なさい……」 いやいやをするように、首を振って。
【篠】「(だって、それを言ったら――わたしが、お兄様を殺さなくちゃいけないっていうことも、言ってしまう……!)」
【大樹】「…そして、今度は僕ってわけかい」見透かしたような目で
【篠】「!!」
【大樹】「大丈夫、僕はもう死んでるんだ、もう死なない、傍にいてあげるよ」
【篠】「…………だめ……いや、わたし、おにいさま……」 
【篠】「そんなの、だめ……そんなの、ぜったい、わたしが、ゆるされない……」
【大樹】「許すさ、お兄ちゃんが許す、だから泣くのはやめてくれないか、篠ちゃん」
【篠】「っ――」 拳で、涙を振り払って。
【大樹】「僕は死なないし篠ちゃんも傷つけたりしない、だから…笑えるようになったらそのときはいい笑顔を見せてほしい」
【篠】「……うん」
【篠】 そして、かすかで、ぎこちなく、ほんのひとときだけ――しかし兄に向けて、本物の笑みを浮かべる。
【大樹】「いい子だ」微笑み返す


【GM】そろそろ始めます
【淡雪&由良PL】 了解。
【篠PL】 はい。
【芙美&琴美PL】はーい。
【淡雪&由良PL】 女の子はちゃんとお湯に使って暖まらないとだめだよ。
【GM】出てきていいなら言ってね
【篠PL】 義兄は、この辺で自室の玄関辺りから篠を呼んでくれれば。
【淡雪&由良PL】 あう……重いよ、いたいよ、切ないよぅ……。
【見学琵琶】 心が抉られます・・・(賛辞)
【淡雪&由良PL】 ……駄目だね……。女の子のお風呂は時間がかかるというのに。
【篠PL】 ……CSTで6ゾロ、俺はじめて見た。
【篠PL】 (ダイス3個以上のって意味だが)
【芙美&琴美PL】3つ6ってのはなかなかない・・・。
【淡雪&由良PL】 獣……ケダモノの数字?
【見学ういんど】 確かに。1ゾロは良く見るのに(TT)
【見学老朽区】 あやかりたい……(-人-)
【見学琵琶】 ぅう、せづないです、幽体の義兄っ(褒め言葉)!
【淡雪&由良PL】 ふれあえない苦しみ……あうぅ……。
【GM】えと、これってクライマックスじゃないよね?
【芙美&琴美PL】回想です。
【淡雪&由良PL】 ないです。まだ、クライマックスにはちょっとだけ足りないはずです。
【篠PL】 この辺で篠の言いたい事は終わりでしょうか。
【GM】終わったのでがんがん飛ばしてください
【淡雪&由良PL】 って、こういうシーンで言うことではないのだけど、既に兄、死んでる……?しのたん、気が動転してる?
【篠PL】 ああ、その、因子を奪う=魂の死って意味で。
【淡雪&由良PL】 消滅って事ですか……。
【淡雪&由良PL】 了解。
【GM】切るときは言ってね
【篠PL】 切りますかね。
【GM】ほい


目次へ

■ 幕間 ■

【GM】その前にLPをー2d6しておいてね
【篠】 ギャー
【篠】 2d6
【ダイス】篠: 8(2D6: 5 3) = 8
【淡雪&由良】 いきなりですが、次シーンに秘蹟<お行儀よくして>を使用。
【芙美&琴美】秘蹟は《今だけは私のもの》を使用します。
【GM】はい、では芙美&琴美シーン定義お願いします
【芙美&琴美】シーン設定は、夜の音楽室にてお願いします。
【GM】ほかに使用秘蹟は?
【篠】 篠から『私の役目ですね』を飛ばしておきます。
【芙美&琴美】無しです。妹術は、<押し寄せる絶望>以外を予定。
【GM】主導とタイトル、後登場判定の能力値を
【芙美&琴美】登場判定は技術にてお願いします。
【芙美&琴美】シーンタイトルは、「静かな静かな音楽室」で。主導はこちらで行きます。




目次へ

■ ミドル3:芙美&琴美『静かな静かな音楽室』 ■

【芙美&琴美】ピアノを弾いている時間が一番落ち着く。そう芙美は思っていた。
【芙美&琴美】いつもは、自分で納得のいくメロディを奏で、ゆったりとした時間を過ごしていた。でも…。
【芙美&琴美】【琴美】「おねえちゃん、今日はちょっと悲しい曲だね」
【芙美&琴美】【芙美】「うん、ちょっと落ち込んじゃってね、それで・・・」曲はまだ弾き続けている。
【大樹】「僕は音楽は素人だからよくわかんないけど、いい曲だね、そしてちょっと寂しい曲だね」壁を通って登場
【芙美&琴美】【芙美】「ありがとう、大樹さんと会ってから、感じたことを曲にしてみたんです。」
【大樹】「じゃあ今の気持ちは悲しいってこと?ちょっと残念」
【芙美&琴美】【琴美】(私のこと・・・?)【芙美】(そう、琴ちゃんのこと。)
【芙美&琴美】【芙美】「直接悲しいて事じゃないんです。琴ちゃんの話し相手が見つかったから…」
【大樹】「ふ〜ん、それは僕だって話し相手ができたのは嬉しいけど」
【芙美&琴美】【芙美】(好きになっちゃったけど、琴ちゃんに大樹さんといっしょにいて欲しい…だから)
【芙美&琴美】攻撃いきますね。
【GM】どうぞ
【芙美&琴美】<鋭敏な聴覚><神出鬼没(された)><対照的な服装or髪型(もとい存在)><相似形のテレパシー>きゅん1、天与、でOKですか?
【GM】ほい
【芙美&琴美】3d6+5
【ダイス】芙美&琴美: 11(3D6: 1 5 5)+5 = 16
【GM】平目で
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 6(2D6: 5 1)+1 = 7
【GM】ダメージどうぞ
【芙美&琴美】DP15点です。
【GM】拝領
【大樹】「もしかして僕と琴美ちゃんとしか話せないことに嫉妬してる?」芙美の周りに浮きつつ
【GM】攻撃
【芙美&琴美】はい。
【GM】<壁抜け>+<空中浮遊>+<神出鬼没>、きゅん1、技術
【GM】3d6+4
【ダイス】nekomimi: 16(3D6: 6 5 5)+4 = 20
【芙美&琴美】2d6+3きゅんなし
【ダイス】芙美&琴美: 2(2D6: 1 1)+3 = 5 きゅんなし
【GM】墓穴&DP12点
【芙美&琴美】1d6墓穴
【ダイス】芙美&琴美: 2(1D6: 2) = 2 墓穴
【篠】 ここで篠登場判定。きゅん1使用で。
【GM】妨害は?
【淡雪&由良】 ……同じく登場希望。きゅん1.
【芙美&琴美】無しで(泣
【淡雪&由良】 こちらも?
【芙美&琴美】ええ。
【篠】 3d6+3
【ダイス】篠: 16(3D6: 6 4 6)+3 = 19
【淡雪&由良】 3d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 9(3D6: 5 2 2)+2 = 11
【GM】−3した?
【淡雪&由良】 まだ秘蹟分が未修整なのですが……この場合の目標値は?
【GM】基本値10
【淡雪&由良】 確か攻撃が行われるたびに目標値がさがったような?
【GM】1回ごとにー2
【淡雪&由良】 目標値が8以下なら出てます。
【GM】8なので出てますね
【芙美&琴美】13−4=9では?
【淡雪&由良】 なぜ?
【GM】基本値は10ですよ
【篠】 8ってのは、秘蹟も考慮した上での値では。
【淡雪&由良】 その通りなのです。
【芙美&琴美】失礼。
【篠】「――」 窓の外の校庭から、音楽室を見上げている。
【淡雪&由良】 音楽室の壁の中から二人を見ている四つの目。
【淡雪&由良】 気配は……隠されていない。
【芙美&琴美】芙美の演奏が途切れる。。。
【大樹】「やあ篠ちゃん、それに淡雪ちゃんに由良ちゃんも」窓を抜けて3人を見つめる
【GM】篠に萌え攻撃
【篠】 キター
【GM】<壁抜け>+<じっと見つめる>+<神出鬼没>、きゅん1、感情、<<懸命>>
【GM】3d6+8
【ダイス】nekomimi: 9(3D6: 4 1 4)+8 = 17
【篠】 2d6+1
【ダイス】篠: 3(2D6: 2 1)+1 = 4
【GM】墓穴&DP13点
【篠】 1d6+2
【ダイス】篠: 5(1D6: 5)+2 = 7
【淡雪&由良】 【淡雪】「大樹殿……ここにいましたか……お話しがあったのですが……お邪魔でしたか?」【由良】「……」気まずそうに、壁の中から出てくる。
【芙美&琴美】【芙美】顔が、真っ赤に染まっている。【琴美】「おにいちゃん。琴の方もむいてよー」
【篠】「ぁ――わ、わたしは、べつに、その。それより、皆さんの事をっ」 言い置いて、去っていこうとする。
【篠】 〈細やかな気遣い〉〈照れ屋〉〈孤独〉で攻撃OKですか?
【GM】どうぞ
【篠】 技術で。
【篠】 2d6+4
【ダイス】篠: 6(2D6: 2 4)+4 = 10
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 6(2D6: 2 4)+1 = 7
【GM】墓穴とダメージどうぞ
【淡雪&由良】 ……秘蹟の修正入れても当たってるね?
【篠】 LP9点。ちなみに秘蹟はこっちの秘蹟と相殺してます(w
【GM】<<私の出番ですね>>使ってたから会ってるよ
【淡雪&由良】 了解。
【篠】 1d6+1
【ダイス】篠: 4(1D6: 4)+1 = 5
【GM】拝領
【大樹】「…馬鹿、上がっておいで」優しく諭すように篠に
【大樹】「淡雪ちゃん、みんながいるところじゃ話せないことかな?」
【淡雪&由良】 【淡雪】「……いえ……それは……」唇をかみしめる。
【淡雪&由良】 【由良】「かまわねェだろ。昔のポカぶちまけるだけだからよ……」
【篠】「……はい」 うなずいて、篠も音楽室へ向かう。
【芙美&琴美】【琴美】「死神さんのポカ?」興味ありそうに耳を傾けます。
【淡雪&由良】 【由良】「話ってのはな?俺らが、お前さんの担当になった、その根っこの理由なんだよ……」【淡雪】「……由良っ!?」
【大樹】「…話してくれ、どうも重要な話みたいだから」
【芙美&琴美】【芙美】??状況が把握できていないみたいです。
【淡雪&由良】 【由良】「随分とむかし、俺がまだ小便くせェ小娘で、淡雪も死神になったばかりの頃、一人の人間の魂を刈った」
【芙美&琴美】【琴美】「それで、どうなったの?」
【大樹】「…」近くの琴美の手をぎゅっと握る
【淡雪&由良】 【由良】「その魂は、百年もの間、地獄のそこに閉じこめられてた。魂が転生するのは順番があって、等級の高い死に神の刈った魂が優先されることになってる」
【淡雪&由良】 【淡雪】「その魂はおよそ百年の間、地獄の底で苦しみ抜いてきました。それでも……彼は……その輝きを失ってなくて……」
【芙美&琴美】【琴美】「え・・・?」聞いたはいいけど、理解しきれないようです。
【大樹】「…続けてくれ」
【淡雪&由良】 【由良】「まぁ、何だな……その魂に同情しちまった莫迦ドモが、他の転生待ちの魂もろともに解放しちまった。その尻拭いって……ただ……それだけの話だ……それだけの……はずだったんだ……」
【淡雪&由良】 ふわり、と重さを感じさせない動きで、二人は大樹に近付き。
【淡雪&由良】 その両側から抱き締める。
【大樹】「…淡雪ちゃん、由良ちゃん」
【淡雪&由良】 【淡雪】「……ごめんなさい……貴方が……こんなに苦しんでしまったのは……その時の業を背負ったからかも知れないの……」
【淡雪&由良】 【由良】「……せっかく逃げられたのに……それでも、また……」
【淡雪&由良】 ってとこで攻撃、良いですか?
【GM】どうぞ
【芙美&琴美】【芙美】「それって・・・。」それ以上は言葉にならない。
【淡雪&由良】 <深夜?の相談><幽体><第二種接近遭遇>肉体、きゅん3でいきます。
【GM】どぞー
【淡雪&由良】 ダイス目のみ。
【淡雪&由良】 5d
【淡雪&由良】 5d6
【ダイス】淡雪&由良: 18(5D6: 1 4 5 5 3) = 18
【淡雪&由良】 で、今から宣言。<それはダメです>
【淡雪&由良】 兄に。
【GM】きゅんなしなのでダメージどうぞ
【淡雪&由良】 13LPです。
【芙美&琴美】まって。
【淡雪&由良】 ?なんですか?
【芙美&琴美】<それはダメです>を淡雪&由良に
【淡雪&由良】 でわ、どうなります?
【GM】墓穴を掘る、ダメージが1点下がる
【芙美&琴美】ダイス合計5のはず。
【淡雪&由良】 1d6+2
【ダイス】淡雪&由良: 6(1D6: 6)+2 = 8
【淡雪&由良】 ですね。抵抗をどうぞ。
【GM】きゅんなし宣言したのでダメージ通し
【淡雪&由良】 でも5以上で防げるのでは?
【篠】 この場合、兄のダイス目を1にする効果は引っ込まないのでは。
【淡雪&由良】 あ、そうか。忘れてた。
【淡雪&由良】 じゃ、12LPで。
【芙美&琴美】あ”(爆
【GM】受け取りました
【淡雪&由良】 【由良】「……すまねェな……俺が……もう少し上手くやってりゃ……」
【GM】【大樹】「2人とも勘違いしてる、僕は苦しんでいない、それどころか感謝してるよ、こんな素敵な子たちに会えたことに」空を見つめる
【GM】萌え攻撃
【淡雪&由良】 こちらに?
【GM】<じっと見つめる>+<見つめる虚空>+<今を楽しく>+<止まった時間>、感情、きゅん2、<<優しさを見てしまう>>
【GM】4d6+4
【淡雪&由良】 みんなに、ですか。
【ダイス】nekomimi: 9(4D6: 2 3 1 3)+4 = 13
【芙美&琴美】きゅん2使用
【芙美&琴美】4d6+3
【ダイス】芙美&琴美: 8(4D6: 2 1 2 3)+3 = 11
【淡雪&由良】 今のできゅんがもうあまり残ってないから……でも1使う。
【淡雪&由良】 3d6+3
【ダイス】淡雪&由良: 11(3D6: 3 2 6)+3 = 14
【篠】 分が悪いなぁ……しかしきゅん2使用で。
【篠】 4d6+1
【ダイス】篠: 12(4D6: 4 2 4 2)+1 = 13
【芙美&琴美】1d6+1墓穴分
【ダイス】芙美&琴美: 4(1D6: 4)+1 = 5 墓穴分
【GM】LP12点
【芙美&琴美】失礼、墓穴ではないですね(汗
【GM】使った分も含めるから墓穴です
【芙美&琴美】あ、はい^^;;
【篠】「――どうするの?」 扉を開けて、ぽつんと。誰に言うでもなく呟くように。
【芙美&琴美】【琴美】「うれしいな。こんなこと言ってくれる人、長い間いなかったから・・・。」
【淡雪&由良】 【淡雪】「大樹……殿……」【由良】「大樹……」呆然としている。
【芙美&琴美】【芙美】「・・・こんな気持ちになったの初めてかな・・・」ポツリと。
【GM】【大樹】「このための13年だったかもしれない、いつか出会う誰かのための」
【GM】【大樹】「篠ちゃん、こっちにおいで、やっと答えが出そうなんだ」手招きをする
【GM】攻撃
【GM】篠に
【篠】 こ、こい。
【GM】<空中浮遊>+<じっと見つめる>+<QED>、きゅん1、感情
【GM】3d6+4
【ダイス】nekomimi: 7(3D6: 2 1 4)+4 = 11
【篠】 2d6+1
【ダイス】篠: 11(2D6: 5 6)+1 = 12
【篠】 ……弾いた。
【淡雪&由良】 【由良】「……莫ぁ迦……誰かじゃねェ……誰かじゃねェよ……。そりゃ、俺らに……」【淡雪】「私たち五人に出会うために……あったんですよ……きっとそうです……」二人とも同じ表情で微笑む
【芙美&琴美】【琴美】「おにいちゃん・・・、ことも、ことも答えが出るのかなあ?」
【篠】「……わたしは……まだ、私のやる事は、終わってないんです」 泣き出しそうな笑みを浮かべて、去っていく。
【篠】 篠の退場OKですか?
【GM】ちょっと待って
【GM】【大樹】「琴乃ちゃんの中にあるよ、その答えは」
【篠】 あ、はい。えーと、じゃあさっきのはセリフだけで去りはしなかったと言うことに。
【GM】<<まだ諦めない>>
【淡雪&由良】 ……ぐは……
【GM】<空中浮遊>+<半透明>+<見つめる虚空>+、きゅん1+因子共鳴1、感情
【GM】4d6+4
【ダイス】nekomimi: 13(4D6: 3 6 3 1)+4 = 17
【篠】 っと、それは誰に?
【GM】忘れてた、最後の<<優しさを見てしまう>>
【篠】 キャー(悲鳴
【淡雪&由良】 カルマないんで素でふります。
【淡雪&由良】 2d6+3
【ダイス】淡雪&由良: 7(2D6: 3 4)+3 = 10
【篠】 こっちもカルマ使いようがない。
【篠】 2d6+1
【ダイス】篠: 7(2D6: 1 6)+1 = 8
【淡雪&由良】 墓穴の上、どう考えても目がなかった……。
【淡雪&由良】 2d6
【ダイス】淡雪&由良: 7(2D6: 1 6) = 7
【篠】 (ミス)その、なんだ、無理。とりあえず墓穴。
【GM】LP15点
【芙美&琴美】《えへ、どっちだ?》を使用します。
【篠】 1d6+2
【ダイス】篠: 3(1D6: 3)+2 = 5
【淡雪&由良】 あ、そう言えばそんなものが……こちらはもう陥落確実なので使う意味はないですが……。
【芙美&琴美】墓穴確認だけは必要ですか?
【GM】墓穴だけは振って
【芙美&琴美】2d6
【ダイス】芙美&琴美: 9(2D6: 6 3) = 9
【芙美&琴美】回避しました。
【GM】処理終了
【芙美&琴美】さっきの言葉を攻撃にしたいんですがOKですか?
【GM】どうぞー
【芙美&琴美】では<深夜の相談><幽体>天与、きゅん1で。
【芙美&琴美】3d6+5
【ダイス】芙美&琴美: 10(3D6: 2 5 3)+5 = 15
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 10(2D6: 6 4)+1 = 11
【芙美&琴美】とおったのでLP8点ですね。
【GM】ファイナル因子共鳴!<<おでこをこつん>>
【芙美&琴美】拝領しますm(_ _)m
【芙美&琴美】【琴美】「そっか、じゃあ、こと、自分で一生懸命探す!」
【GM】【大樹】「琴美ちゃん、答えが出る時はお姉さんと別れる日だ…それが悲しい別れにならないように、いっぱい思い出を残すんだよ」
【芙美&琴美】【琴美】「うん、わかった。」
【芙美&琴美】【芙美】「分かっていたの。いつかは離れなければならないことを。だから悲しい曲を弾いていたの。」
【大樹】「いい子だ、その時まで…お姉さんと仲良くね、それと芙美ちゃん、琴美ちゃんがいなくなっても泣いちゃダメだよ、最後のときは笑顔で送ってあげて」
【芙美&琴美】【芙美】「私の目のことなんて気にしないで、琴には先に進んで欲しいの」
【芙美&琴美】【芙美】「だから、だから…」もう涙ぐんでいます。
【芙美&琴美】で、最後の攻撃に行きます。
【GM】どぞー
【芙美&琴美】<盲目><深夜の相談><焦がれる希望>天与。追撃で1。更に1で。
【芙美&琴美】3d6+5
【ダイス】芙美&琴美: 7(3D6: 1 1 5)+5 = 12
【GM】きゅんなし
【GM】2d6+1
【ダイス】nekomimi: 4(2D6: 1 3)+1 = 5
【GM】ダメージどうぞ
【芙美&琴美】LP14点になります。
【GM】拝領

【芙美&琴美PL】お疲れ様です。
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【GM】おつかれさま〜
【見学琵琶】 お疲れ様でしたっ。
【見学琵琶】 切ないシーンでした・・・。明日の一匹狼義妹の参考にしたいですっ(メモメモ)
【淡雪&由良PL】 見ててすっごくいたくてせつなくて……とってもくるしかったのよ?(幼児化)
【篠PL】 や、悪くなかったようで光栄です。
【淡雪&由良PL】 すごくよかったのですよ……。
【見学琵琶】 ぐっ、ときました・・・。
【淡雪&由良PL】 ……<今だけは〜>ってどんなのだったっけ?
【見学琵琶】 自分以外のPCの登場判定に−3だったと思いますよ〜
【淡雪&由良PL】 どもなのです。
【淡雪&由良PL】 GM、登場したPCが退場するタイミングで登場希望ってありですか?取り敢えず確認なのです。
【GM】芙美&琴美コンビが許可するなら可
【淡雪&由良PL】 どうですか?>芙美&琴美さん。
【芙美&琴美PL】音楽室から出ないんですけど^^;;
【淡雪&由良PL】 むぅ……?このシーンで最後になりそうだから、ちょっとしたアプローチをかけたいと……。どう演出するか……。
【芙美&琴美PL】入ってきてもらえますか?>大樹さん
【淡雪&由良PL】 仕方がないのでシーンの終盤に登場希望を出してみようかと……。
【篠PL】 一瞬で20点叩き込まれた……
【見学R695】 がくぶるじょー。
【見学raopu】 OPで20じゃなかった分、まだいいよ(w
【篠PL】 色々微妙なルールの適用が多いですね(w
【芙美&琴美PL】完全に失念していました(泣
【淡雪&由良PL】 ふみことたんだけだね?くらったの。
【芙美&琴美PL】ええ。
【淡雪&由良PL】 長い台詞は打ってるだけでログがどんどん流れてく〜。
【篠PL】 さすがに次は耐えられそうにないっすな(吐血
【淡雪&由良PL】 ……あれ?何か自分とこのかるま、予想以上に増えてないような気が……。さっき使った三点はどこにいったかな?
【GM】忘れてた、増やしました
【淡雪&由良PL】 はい。
【篠PL】 あ、そだ。それとふみことたんに入ってるはずのLP12点が入ってなかったりします?
【芙美&琴美PL】多分入ってないと思います^^;;
【淡雪&由良PL】 しのたんにとんだのかな?攻撃は……って、全員なのね?
【篠PL】 GM、お疲れ様です。正直データ管理兼任はキツいと思う。
【芙美&琴美PL】ホントご苦労様ですm(_ _)m
【GM】さすがに最後の方な上に3PCごっちゃなのでミスってしまう
【芙美&琴美PL】ここは《えへ、どっちだ?》は使えますか?
【GM】使えますよ
【見学raopu】 おつかれさまなのだ(お茶を配る)
【淡雪&由良PL】 ああ、どうもありがとうございます。暖まりますねぇ……(ずずず……zzZ)
【篠PL】 寝たらだめです、寝たら食う(寝言
【見学raopu】 一匹狼に食われるぞ(w
【芙美&琴美PL】ありがとうございます。(ずずず
【淡雪&由良PL】 ……粥……うま……
【見学raopu】 それちがーう(w
【GM】切ります?攻撃のこってる人は?
【芙美&琴美PL】はーいノシ。追撃含め2回ほど。
【GM】ではどぞー
【淡雪&由良PL】 ……もし七時までまで食い込むようなら、そんときは一時席を外します。すぐ戻りますけど……。
【見学琵琶】 すみませんっ、本日昼卓参加なのでそろそろ失礼しますっ!
【淡雪&由良PL】 はい、お疲れ様なのです。
【篠PL】 や、お疲れ様です。
【見学琵琶】 お邪魔いたしましたっ!(ぺこり)
【淡雪&由良PL】 ……妹ダイス炸裂?
【淡雪&由良PL】 兄の方も同じく。
【芙美&琴美PL】うむ。
【篠PL】 むしろ5+1+1でいい感じのダメージが(w
【淡雪&由良PL】 ……この調子だと、ハーレムエンド確定かな?
【芙美&琴美PL】琴美だけと思っていたんですが、芙美もかなぁ…^^;;
【GM】切ります?
【芙美&琴美PL】ええ、お願いしますm(_ _)m
目次へ

■ 幕間 ■

【GM】クライマックスです、その前に、淡雪&由良と篠の兄側DPが同じなので2d6を振ってください
【篠】 はい。
【篠】 2d6
【ダイス】篠: 4(2D6: 3 1) = 4
【淡雪&由良】 了解。
【淡雪&由良】 2d6
【ダイス】淡雪&由良: 7(2D6: 4 3) = 7
【GM】では淡雪&由良がオークショナー
【淡雪&由良】 ……天与で。
【芙美&琴美】墓穴忘れていました(汗
【淡雪&由良】 あ、そう言えば?あるの?
【芙美&琴美】先ほどの最後の攻撃時の分です^^;;
【GM】無いです、きゅん使ってないし
【GM】ごめん、それはある
【芙美&琴美】1d6+2墓穴分
【ダイス】芙美&琴美: 5(1D6: 5)+2 = 7 墓穴分
【淡雪&由良】 うわぁ……。かるま1使用……。
【GM】では淡雪&由良コンビ、シーン定義を
【淡雪&由良】 ん?ああ、こっちからなのね?わかりました、ちょっと待って下さい。
【篠】 や、オークションやってないでは?
【淡雪&由良】 ……初めて会った屋上。満月の下で語り合いたいです。
【淡雪&由良】 ……どうなんだろ??
【GM】忘れてた、シーンオークションお願いします
【篠】 はい、では篠はかるまを1点使用します。
【淡雪&由良】 さっきも言った、天与。私はきゅん1使用です。
【芙美&琴美】無しで。
【淡雪&由良】 じゃあ、振りますよ?いいですね?
【GM】どぞー
【篠】 OKです。
【淡雪&由良】 3d6+5
【ダイス】淡雪&由良: 14(3D6: 4 4 6)+5 = 19
【芙美&琴美】2d6+5
【ダイス】芙美&琴美: 4(2D6: 1 3)+5 = 9
【篠】 3d6+3
【ダイス】篠: 10(3D6: 1 6 3)+3 = 13
【淡雪&由良】 トップ、いきます。シーン定義はさっきので。
【GM】登場能力値とタイトルを
【淡雪&由良】 登場判定は……肉体でお願いしましょう。
【淡雪&由良】 「ずっと……待っていました……」とします。




目次へ

■ クライマックス1:淡雪&由良『ずっと……待っていました……』 ■

【淡雪&由良】 冴え冴えと青白い月の光が降り注ぐ。
【淡雪&由良】 大いなる月のささやかなる光の中では、死者も、生者も、全く変わりないように見えて。
【淡雪&由良】 そんな中、淡雪と由良は初めて「大樹」とであった場所へと赴いていた。
【淡雪&由良】 【由良】「……おれら……死に神廃業だな?」
【淡雪&由良】 【淡雪】「……そう……ですね……人に話してはいけないことを……話してしまいましたから……」
【大樹】「待ってたよ」月の下で大樹が微笑む
【淡雪&由良】 【由良】「きっと……どえらい罰が待ってるんだろうな……って、おわぁっ!?」
【淡雪&由良】 慌てすぎて、今まで腰掛けていた手摺りから転がり落ちる由良。
【淡雪&由良】 苦笑を浮かべて、あわ
【淡雪&由良】 淡雪は苦笑を浮かべて、それを引き上げてやる。
【淡雪&由良】 【淡雪】「待ってて……くれたんですね……嬉しいです……」
【淡雪&由良】 【由良】「……ちっ……今更怒る気にもなれねェ……ま、別れが湿っぽくならなくて良いけどな……」
【大樹】「…うん、僕は今まで誰かと一緒に居たかったんだ、だけどみんなと出会って満足した、そろそろ…卒業かな」
【淡雪&由良】 【由良】「……ちげぇよ……。俺ら……もう死神じゃねぇ……くびだから……最後に伝えたいことがあって……」
【淡雪&由良】 【淡雪】「……私たちの想いを……」
【大樹】「…最後だし、聞こうか」
【芙美&琴美】(登場判定希望)
【篠】 (同じく)
【芙美&琴美】3d6+1きゅん1
【ダイス】芙美&琴美: 9(3D6: 2 5 2)+1 = 10 きゅん1
【GM】妨害は、無いと思うけど一応
【篠】 2d6+4
【ダイス】篠: 11(2D6: 6 5)+4 = 15
【淡雪&由良】 出来ないから、妨害。
【GM】では2人とも登場です
【芙美&琴美】【琴美】「ここにいたの?さがしまわっちゃった。」
【GM】【大樹】「琴美ちゃん…来たんだ」
【篠】「……いい、つきよだねぇ」 本来の口調と雰囲気をまとって、歩いてくる。
【芙美&琴美】【琴美】「お姉ちゃんこっちだよー。」その声を聞いて、別の方向から芙美が登場
【淡雪&由良】 【由良】「……いいとこだったのによ……ま、一々探し回る手間が省けたってもんか……」(寂しそうに)
【芙美&琴美】【芙美】「ごめんなさい、重要な話だったんだろうけど、私達もだから・・・」
【大樹】「うん、これでお別れだから」芙美と琴美「にむかって
【淡雪&由良】 【淡雪】「……わかっています……どうぞ……」
【大樹】「篠ちゃんも、来てくれたんだ」
【篠】「わたし、お兄様のことが大好きだから」 何かを吹っ切ったような微笑。
【大樹】「篠ちゃん…いい笑顔だね」
【芙美&琴美】【芙美】「話の腰を折っちゃってごめんなさい。淡雪さん、由良さん、話し続けてください。話しづらいかも知れませんけど…」申し訳なさそうで、なぜか嬉しそうで。
【淡雪&由良】 淡雪と由良、嬉しそうに微笑む。
【篠】「ん、ありがとう――」 言って、義妹4人に視線を移す。
【淡雪&由良】 【淡雪】「良いんです……私たちの愛した人が……皆に愛されているのだと……わかったから……」
【淡雪&由良】 【淡雪&由良】(二人声を揃えて)「大樹が……好き……ずっとずっと昔から……貴方の魂の輝きが好き……例え……この身が消滅しても……それは変わらないから……」
【淡雪&由良】 同じ顔で……笑う。透明な、風のような笑み。
【淡雪&由良】 これで告白とします。
【芙美&琴美】【琴美】「いっしょにいてくれるよね?おにいちゃん。ずっといっしょに。」
【芙美&琴美】【芙美】「私は、私も大樹さんのこと好きだから・・・たとえどんな存在でもずっと見守っていたい。良いですよね?」
【芙美&琴美】これを告白とします。
【篠】「――わたしは」
【篠】「わたしは、人を騙して殺す仕事の女の人の娘に生まれて、人を騙して殺す仕事をしていました」
【篠】「それは辛かったです。悲しかったです――でも、私に騙された人は、もっと悲しかった。私に殺された人は、もっと辛かった」
【篠】「わたしなんかは、幸せになっちゃいけないし、笑うこともいけないし、何かを楽しみにすることも、何かを望むことも、良い夢を見ることも、ほほえむことも――」
【篠】「――でも。それでも、それでも、それでも」
【篠】「いまは、お兄様といっしょに、わらいたい」
【篠】 これを告白とします。
【大樹】「…ありがとうみんな、けど、もう時間が無いみたいだ」
【淡雪&由良】 【淡雪&由良】「……」
【GM】そして大樹の体から光があふれ…空色の玉、「因子」が

【淡雪&由良PL】 死んだ後は好きな姿をとれる!とかいいはって、ずーーーーーーっと、みんなで一緒にいて見るとか?それならいごでもおっけ?
【GM】お疲れ様でした〜
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【篠PL】 お疲れ様でした。
【芙美&琴美PL】お疲れ様でした。
【淡雪&由良PL】 くらいまっくすですね?いよいよ……。
【芙美&琴美PL】ええ。精神刻まれてます^^;;
【篠PL】 くらいまっくす。くす。くすくす。です。
【篠PL】 (そろそろヤバい)
【見学raopu】 (いきろ! たたかえ!w)
【淡雪&由良PL】 期待値。
【篠PL】 qqt4>
【篠PL】 あー(涎
【芙美&琴美PL】きゅん使ったので、私のきゅんカルマは9です^^;;
【GM】それは墓穴でチャラってことで
【芙美&琴美PL】2個使ったので1個増えます
【篠PL】 俺も頭がヤバいから、こっちの指摘の方が間違ってるかもと不安が……
【芙美&琴美PL】すいません、かき混ぜちゃって^^;;
【篠PL】 いえいえ。
【篠PL】 あ、ここでGMにひとつ提案が……もしよければですが、ダイス目12での抵抗判定自動成功を導入しませんか?
【GM】皆さんがいいならいいですよ
【芙美&琴美PL】どちらでも構わないですよ。
【篠PL】 こちらとしては強力に願う次第で。荒れろ! むしろ荒れてください!(雨乞いの祈祷師のように必死で
【見学raopu】 必死だな(w
【GM】出てきていい?
【淡雪&由良PL】 どうぞ。
【淡雪&由良PL】 誤爆です。
【芙美&琴美PL】今更ですが、由良さんドジっ娘属性あり?^^;;
【淡雪&由良PL】 兄が脅かすからですよ……きっと……。
【GM】…考えた結果自動成功なし!急にルール追加してもアレですし
【篠PL】 はい、了解です。
【芙美&琴美PL】了解しました。
【淡雪&由良PL】 了解
【GM】登場はいつでもどうぞ
【芙美&琴美PL】ぎりぎり^^;;
【篠PL】 あー、数値を直接入力で打つ癖が悪いな……ミスが多くてすみません。
【淡雪&由良PL】 こっちの告白、他の人の台詞が終わってからかな?
【芙美&琴美PL】告白終わっちゃうと入る隙がないです・・・^^;;
【淡雪&由良PL】 うーん、シーンロック、かけそびれたか……。残念……。
【篠PL】 クライマックスでシーンロックするには義兄と舌を絡めてキスしてるところからはじめるくらいの気合がいるかと(w
【GM】告白なら告白って言ってね
【芙美&琴美PL】判定は同時判定ですか?
【GM】シーン終わった後に同時判定
【淡雪&由良PL】 でわないですか?
【淡雪&由良PL】 しのたん、告白?
【芙美&琴美PL】ここまで来て質問して申し訳ないですm(_ _)m
【篠PL】 やべ、本気で頭が寝てきた……こうなると、篠がしゃべるのは最後がよろしいでしょうか。
【GM】ラスト篠たん決めて−
【篠PL】 篠だけ長い……

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】では抵抗判定、兄側は篠たんのみ目標値9
【GM】2d6
【ダイス】nekomimi: 7(2D6: 4 3) = 7
【淡雪&由良】 全員が全員陥落……ですね?
【GM】抵抗失敗、義妹側は全員抵抗不可能です
【芙美&琴美】ですね。
【GM】では因子発現シーン行きます






目次へ

■ 因子発現 ■

【GM】空色の因子が3つ、全員の周りをまわっています、願いをどうぞ
【芙美&琴美】【琴美】「おにいちゃんと一緒に成仏かな・・。」
【芙美&琴美】【芙美】「私は一緒にいたいけど、叶うのかな?」
【淡雪&由良】 【淡雪】「一度は消滅を覚悟しはしたけど……」
【篠】 篠は……すみません、ちょっと迷っていいですか?
【GM】どうぞ
【淡雪&由良】 【由良】「一緒にいてぇな……大樹が望むかぎり……ずっと……俺らの願いはそれだけだ……」
【篠】「――――えい」 ひょいと因子をつかまえて、口に含んで飲み込む。篠自身が因子保持者になるための可能性としての、賭け。
【篠】「くっ――3分の1になった因子じゃなくて、わたしのなかで因子を大きくしていけば……もしかしたら、わたしも、『魔術師』として――っ、因子の力を、自在に使える、ように……」
【篠】「――お兄様、と、もう一度、いっしょにっ、会う、には……その方が、やりやすい、でしょ……?」
【篠】「だから――ね? ねがいは、いらない。結果が、出るまでは……」
【篠】「――わたしが、ころした人のために、それまでは歩いてるから」
【GM】そして「因子」はひときわ強い光を発し…そして
【芙美&琴美PL】お疲れ様です。
【GM】おつかれ〜
【淡雪&由良PL】 お疲れサマー。
【篠PL】 お疲れ様です。
【淡雪&由良PL】 因子三つ?三人分って事ですか?
【GM】コンビの人は2人で1つ
【芙美&琴美PL】一応2人とも言うだけいっておきました。
【GM】矛盾するような願いはGM裁量でよろしく
【芙美&琴美PL】すいませんが、エンディングで、由良さん&淡雪さんのところに琴美も混ぜてやってもらえませんか?
【淡雪&由良PL】 ……しかし、ふみことたんのねがい、芙美たんが死んで一緒に成仏……ともとれるのでは?
【芙美&琴美PL】思念だけ一緒でもいいんですけど。生きていても死んでいても・・・。
【淡雪&由良PL】 ……構わないのですが……いいの?>ことたん混ぜ混ぜ
【芙美&琴美PL】芙美が生きているようなら一緒にエンディング出来ない^^;;(PLの技能がない(滝汗))
【淡雪&由良PL】 !?飲んじゃった?救急車ーっ、きゅきゅーしゃはいずこーっ!
【GM】飲んだ上で願いを言うの?
【篠PL】 願いってか、なんでこんなことしたのか呟かせてもらって構いませんでしょうか(w
【GM】いいよ、むしろ言ってくれ
【淡雪&由良PL】 ……いっそ、ふみことたんとゆきゆらのエンディング一つに纏めて……無理か……。
【芙美&琴美PL】芙美たん、自殺すれば可能だけど…。
【芙美&琴美PL】首刈ります?>死神さん
【淡雪&由良PL】 ゆきゆら、冥府に帰るとはかぎらないよ?
【芙美&琴美PL】さて、困った…(汗
【GM】陽光を抱きしめてネタ?
【GM】全員願い終わり?
【淡雪&由良PL】 かな?
【淡雪&由良PL】 おお?
【篠PL】 篠はこんなもんで。
【芙美&琴美PL】おお。
【篠PL】 あ、ネタはそれです。俺PLでしたし(w<陽光



目次へ

■ 幕間 ■

【GM】ではエンディング、順番はどうしますか?
【淡雪&由良】 どうしよう……ラストを狙いたいところだけど……誰かラストがいい人いる?
【芙美&琴美】出来れば最後で。(芙美と琴美別々にやりたいです)
【淡雪&由良】 ……じゃ、二番手が良いのですけど?
【淡雪&由良】 いいのですか?しのたん
【篠】 ……俺もどっちかってと最後のほうが楽なんですよね(w 修正無しの2d6の振り合いでもします?
【淡雪&由良】 ……みんながラストがいい……恨みっこ無しでそうしますか?
【芙美&琴美】ええ。そうしましょうか。
【GM】じゃあ芙美&琴美と篠で2d6振り合って
【篠】 では、そのように。
【芙美&琴美】2d6
【ダイス】芙美&琴美: 9(2D6: 6 3) = 9
【篠】 2d6
【ダイス】篠: 6(2D6: 2 4) = 6
【篠】 まけ。
【淡雪&由良】 こちらは参加で傷ですか?
【GM】篠最初、芙美&琴美ラスト
【GM】では篠のエンディング、シーン定義を
【篠】 あ、ならゆきゆらも振ります?
【淡雪&由良】 振ります。
【淡雪&由良】 2d6
【ダイス】淡雪&由良: 6(2D6: 1 5) = 6
【淡雪&由良】 更に振り直し?
【篠】 篠とサドンデスで振り合いしますか(w
【篠】 2d6
【ダイス】篠: 7(2D6: 1 6) = 7
【淡雪&由良】 2d6
【ダイス】淡雪&由良: 8(2D6: 4 4) = 8
【篠】 結局同じかよ!(三村風
【淡雪&由良】 結局二番じゃん……。
【GM】篠、淡雪&由良、芙美&琴美のじゅんで
【GM】では篠さん、改めてシーン定義を
【篠】 シーン定義を……えー、そうですね。1年後ひとりわが道を行く篠の描写でもさせてもらえば。
【GM】了解、こっちは何もしなくていいですね、タイトルは?
【篠】 タイトルは「いつか届く道」で。

【淡雪&由良PL】 どうしましょ、えんでぃんぐ……。
【芙美&琴美PL】この状況でハーレムは難しい…^^;;
【見学葵】 見学しまーす
【篠PL】 や、おはようーさんです。これからエンディングだったり。
【芙美&琴美PL】いらっしゃいませ。
目次へ

■ エンディング1:篠『いつか届く道』 ■

【篠】「――ようやく、か」 ほう、と息をついて、足元の子猫を見下ろす。
【篠】「ヴィイちゃん。きみのお兄様は、今お空にのぼっていったところだよ」
【篠】「あたしはね、1年前とあんまり変わってないねぇ。友達からは、口調が違うとか言われるけど――別に変な力は、なんにも出てこないし」
【篠】「でも、なんだか、いつもあったかいものが体の中にあるような気がする。これが、因子、なのかな?」
【篠】「……」 もし自分が本物ならば、いつか、義妹達に狙われることもあるのだろうか? なら、その時は――
【篠】「――――あ」 階段をあがってきた、顔も知らない女の子に目を留める。揺れている髪がかわいいのだけれど、普通の女の子は、あんなかわいらしくて用心深い歩き方はしない。
【篠】 そして道程は分岐して、また別の物語が幕を開ける。
【篠】 いつまでも伸びていくその道が、いつか兄の笑顔に届くまで。

【GM】これから因子を飲み込んだ義妹のエンディングです
【淡雪&由良PL】 あ、すみません、ちょっと早いけど席を外します。ゴミ捨てに行って来ないと……。
【淡雪&由良PL】 すぐ戻りますので。
【芙美&琴美PL】いってらっしゃい。
【見学raopu】 くそ! にくい演出を!
【見学老朽区】 ヴィイキタ───(゜∀゜)───!!
【芙美&琴美PL】いいなぁ。他とのリンクが効いて。
【淡雪&由良PL】 ただいまー。どうなってます?
【淡雪&由良PL】 にゅ?……ロシアの幼女……もとい、妖女のことですか?>ヴィイ
【篠PL】 他のPCに狙われたりすると面白かったかもしれませんが、全員抵抗失敗じゃ大いに無理だ(w
【篠PL】 原義はそれっす。そして俺の初CSTのPCの名前でもあって。<ヴィイ
【淡雪&由良PL】 成る程……。
【淡雪&由良PL】 ……猫少年のロボ義妹だったかな?ヴィイって……。
【芙美&琴美PL】芙美&琴美は、無所属のつもりで最初から作っていました・・・。
【芙美&琴美PL】ヴィイの名前は印象に残っていますよ。
【淡雪&由良PL】 ……ふみゅう……でも、猫少年では一体何の事やらですね……。
【篠PL】 このシーンは以上で。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】次は淡雪&由良、シーン定義を
【淡雪&由良】 ええと、実はまだゆきゆら&兄はこの世に居残ってます。
【淡雪&由良】 んで、さっき裏で言ってたことなのですが、琴美たんを混ぜ混ぜしても良いのでしょうか?
【GM】といっていますが、いい?
【芙美&琴美】んー。やっぱりいいです。遠慮しておきます。
【淡雪&由良】 了解。でわ。
【淡雪&由良】 タイトルは「死神+悪魔→悪魔×2?」で。


【GM】おつかれ〜
【芙美&琴美PL】リプレイを読んでくれって言う意思表示かな・・・?^^;;
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【芙美&琴美PL】お疲れ様です。
【GM】どのリプレイだっけ?
【篠PL】 ある程度ヴィイの名前を知ってる人が多いと思ったからこの名付け方をした俺悪い子、傲慢っ、しんじゃえっ(自虐
【淡雪&由良PL】 正式名称、猫を連れた少年ではありませんでしたか?
【篠PL】 http://f12.aaacafe.ne.jp/~procst/play/cst_p02_01.htmlえーと、これですね。やっぱ興味があれば読んでくれるうれしいですはい。
【芙美&琴美PL】えーと、いっぱいリプレイ読んだのでわかんない^^;;

目次へ

■ エンディング2:シーンPC名『死神+悪魔→悪魔×2?』 ■

【淡雪&由良】 爽やかな風が青い空を駆けていく。
【淡雪&由良】 おおよそ初めての体験。
【淡雪&由良】 あれから、淡雪と由良は冥府に戻ることはなく。
【淡雪&由良】 人間達の世界で何をするでもなく暮らしていた。
【淡雪&由良】 もちろん、前と違うことはある。
【淡雪&由良】 死に神としての資格をなくした淡雪は、双魂の由良に影響を受け、悪魔となっていた。
【淡雪&由良】 無論、そのそばには……。
【大樹】「おはよう、今日もいい天気だね」
【淡雪&由良】 【淡雪】「お早うございます。……本当に良い風です。こんなの初めてですよ……」
【大樹】「由良ちゃんは?まだ寝てるの?」
【淡雪&由良】 【由良】「……誰が寝てるって?淡雪も淡雪だ。悪魔が夜寝てどうするんだよ……」
【淡雪&由良】 憮然とした口調と、それでいて嬉しそうな表情。
【淡雪&由良】 淡雪も、死に神だったときの無表情が嘘のような明るい笑顔で。
【淡雪&由良】 それは、二人が間違いなく幸せだと言うことを、顕著に現していた。
【大樹】「おはよう」由良の頬にキスを
【淡雪&由良】 【由良】「……だから……寝てないんだって。だからあたしはこれから寝るの。お休みっ!」素早く大樹の頬にキス。
【淡雪&由良】 そして二人の笑顔は、大樹の望む限り、きっと輝き続ける。
【淡雪&由良PL】 登場、お願いします。>兄
【篠PL】 ……兄ほっといて何やってんでしょうね、篠(w
【芙美&琴美PL】ん、それは、琴にも言えるかもしれない…(w
【淡雪&由良PL】 ってとこで切り。うひゃあ、はずかしい……。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】では最後芙美&琴美、シーン定義を
【芙美&琴美】大樹さんは、自縛霊ではなくなっていて、琴美も姿を見せなくなってしまいした。
【芙美&琴美】タイトルは「今日も明日も明後日も…」でお願いします。


目次へ

■ エンディング3:芙美&琴美『今日も明日も明後日も…』 ■

【芙美&琴美】あれから、琴美は芙美の前に姿を見せていない。
【芙美&琴美】それから毎日、芙美は中庭にあるあの木と第4音楽室に行っている。
【芙美&琴美】いつも通るその道は、もう白い杖がなくても普通の人と同じぐらいで歩けるようになっていた。
【芙美&琴美】全ては、あの日のことを忘れないために。
【芙美&琴美】そして、いつしか聞けるかもしれないその言葉を待つために―――。
【芙美&琴美】 
【芙美&琴美】「おねえちゃん、いま、すごく幸せだよ」
【芙美&琴美】 
【芙美&琴美】その時に、聞かせる曲を今も作っている――――。


【芙美&琴美PL】お疲れ様です。
【GM】おつかれ〜
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【篠PL】 お疲れ様です。萌えますた(w
【淡雪&由良PL】 うにゃうにゃ///
【淡雪&由良PL】 しかし……お早うのキス?……学ラン(?)美少年の……ぶばぁっ!?(思わず鼻血)
【芙美&琴美PL】ということで。
【GM】切っていいですね
【芙美&琴美PL】ええ。

目次へ

■ 閉幕 ■


■ 祭りのあと ■

■ 雑談の話 ■

【見学ういんど】 お疲れ様ー!
【GM】おつかれ〜
【芙美&琴美PL】おつかれさまでしたー。
【淡雪&由良PL】 お疲れ様なのです。
【GM】とりあえず感想を
【芙美&琴美PL】緊張しっぱなしでした。
【篠PL】 お疲れ様です。
【淡雪&由良PL】 はぅぁぅ……さすがに疲れました……。皆さんすごいです……さすが名だたるPLさんが送り込んできた萌えっ娘です。
【芙美&琴美PL】やはり、カツカツですね。このシステム。
【篠PL】 感想。おしなべてシーンが静かでしたね。叫んだり泣いたり怒ったりする人があんまりいない(w
【淡雪&由良PL】 PCのなかでは由良たんだけ。兄も物静かでしたものねぇ。
【芙美&琴美PL】そうでしたね。
【GM】静かで優しいCSTを目指してましたから、密かに
【篠PL】 キャラの感情が激していたのは、バレシーンくらい?
【GM】心電図のようなCST、静かだと思ったら突然動く
【淡雪&由良PL】 とっても萌え兄でしたよぉ。
【芙美&琴美PL】うちは涙ぐんだぐらいでしたね。そう言えば。
【芙美&琴美PL】非常に暖かいお兄さんでした。
【淡雪&由良PL】 淡雪たんは……過去話の暴露の時でしたかな?感情が一番動いたのって……。
【GM】ちなみにあの兄は性格的にはぽややんモードの速水くんがモチーフにしてます
【淡雪&由良PL】 ……だからか、だからあんなに天然なのかぁ〜っ!
【GM】まあ正直な話、まともな兄もできるんだなあ自分(w
【淡雪&由良PL】 まとも?まともじゃない兄もいるんですか?
【芙美&琴美PL】あ、ニックネームは○○○かw
【淡雪&由良PL】 ???
【篠PL】 むしろCSTでまともな兄って(偏見
【GM】とても面手に晒せない内容のやつばかりでしたから
【淡雪&由良PL】 ……そうなの?
【芙美&琴美PL】コンベンションのGM紹介を読んでくださいませ。
【淡雪&由良PL】 ああ、伏せ字入ってましたね……。
【芙美&琴美PL】まあ、それはここで言う話題でもないでしたね。(汗
【GM】とりあえずお開きにしますか、眠いし
【淡雪&由良PL】 ……って、そろそろホントにやばい。私はそろそろおちて寝ます。
【見学老朽区】 |Д`)(ぽややんあっちゃんか……
【芙美&琴美PL】長時間&貫徹、お疲れ様でした。
【淡雪&由良PL】 お休みなさいなのです〜。
【GM】おやすみ〜
【篠PL】 おやすみなさい。俺もそろそろ。


目次へ

■ 読者および参加者の皆様へ ■


長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。
コンベンションと言う大舞台でしたが無事終了できたことをPLおよび各ジェントルの皆さんに感謝いたします