Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† about †
らおぷへや

むかしノート2
むかしノート1


そうこ


むかしノート2

2003.11.27
text work : 神楽について
 神楽ってのは要するに神社で巫女さんが舞ったりするアレのことです。
 もちろん、宗教儀式ではありますが、古来本来の形であれば、村の祭りの歌舞音曲とも同じ機能をもっていた装置でもあります。
 神楽とはなんなのだろうか? というのをメモするのがこのテキストの目的です。

 結論から先に表記すれば、神楽とは、広く視聴者の『言葉に出来なかった想いを表現し、神にささげる行為』です。
 古来宗教と芸能というのは切り離せない関係にありました。
 この行為を宗教儀式としてみれば『神にささげる』に重点がおかれます。芸能であれば『言葉に出来なかった想いを表現』に重点がおかれます。

 このテキストでは『物語(≒この話ではその一形態としての歌舞音曲)』を中心に進めていきたいと思ってますので、芸能としての神楽を中心に据えてみます。

 自分の感情と言うのを表現する(巧みに語る、執筆する、歌う、演奏する、描く)と言うことは、それは一つの技術です。またその感情を共有する(表現を広く認めてもらう)と言うのは、現代であっても高度な技術です。
 古代では、大体のところ、そういった技術を教育する方法が現代より圧倒的に不足していました。書籍もカルチャークラブも学校すらも無い、他人の作品を複写する技術はなく、実地で見聞するしかないという状況が会ったわけです。つまり、技術教育はまだ一般にはありませんでした。
 歌舞音曲これ全て専門職の世界であって、普通の人が普通に歌える持ち歌が3曲以上あるなんていうのは人間の歴史の中で見たところでごく最近でしかないのです。

 では歌の必要がないか? と問われれば、歌の必要はあるのです。

 日本人は田畑が出来て以来(大雑把に言えば)農耕民族であって、その生活は季節に支配されてきました。つまりはループシナリオです。
 ループシナリオなんですが、その中でランダムイベントは起こります。家族の死(小さな世界におけるクライシス)や飢饉や戦争(大きな世界におけるクライシス)、ループそのものの喜びや悲しみ、ランダムイベントの喜びや悲しみ、『喜びや悲しみ』と言う言葉にすら出来ない無名の感情が、人間にはあります。それは身のうちに溜まっていきます。
 しかしながら、普通人にはそれを表現したり、祈ったりする技術が無い。そういう時代があったのです。

 そこで専門の技術者が、集団の前で歌う必要性があるのです。ここでいう歌うとは、祈るという行為と等しいものです。
 集団の心の中にある、『彼らは確実にもっているけれど言葉にならない想い』を、歌舞音曲の形で表現し、彼らの代わりに『歌う』、そして『共有する』のが古代の歌い手の、神楽の重要な機能の一つでした。

 人間は内的感情を吐き出してカタルシスを得る必要がありますし、その結果世界と絆を結ぶ必要があるのです。それがないと人間は世界の中で居場所の無い孤児になってしまう。だから神楽は存在したのです。

2003.10.27
■ これから先しばらくのセッションの予定(暫定版)
参加希望はしたらばへとりあえずよろしくね!

「月の光・夜の闇」、10/30(木)、桜花
http://www.geocities.jp/eternity_belief/cst.htm

「GET・UP!」、10/31(金)、yuki_21
http://ueno.cool.ne.jp/pochiwara/genki.html

「放送室の午後」、11/02(日)、com-pay
http://climberspiritswarehouse.hp.infoseek.co.jp/warehouse/CST/hosogogo.html

「深い闇 the 闇鍋CST」、11/03(月)、ダミアン
http://hikadoro.hp.infoseek.co.jp/gaidansu.html

「世界はコレで廻ってる!」、11/15(土)、yuki_21
http://ueno.cool.ne.jp/pochiwara/reinou.html

「鋼の乙女達」、11月下旬以降、ALC_MASK
http://psychogun.at.infoseek.co.jp/guidance_00.html

「狐のお宿」、11月下旬以降、ALC_MASK
http://psychogun.at.infoseek.co.jp/guidance_01.html

「パパと呼ばないで」、11月中旬、com-pay
http://climberspiritswarehouse.hp.infoseek.co.jp/warehouse/CST/papa.html

「歌声を君に」、12月中旬、com-pay
http://climberspiritswarehouse.hp.infoseek.co.jp/warehouse/CST/xmas.html

「おまえには負けない!」、時期未定、me_341
http://csx.jp/~me_341/me_s01.html

「君も恋する女の子だから」、時期未定、me_341
http://csx.jp/~me_341/me_secret01.txt

「デッドエンド」、時期未定、SIN_
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/7671/cst/cst3x.html

「勇者」、時期未定、SIN_
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/7671/cst/CSTbrave.html

2003.10.27
■ だばびゅー
http://www.fastwave.gr.jp/diarysrv/toveta/200310b.html#20031017-1
コンベンション参加の感想を書いてくれた。感謝。土下座するのココロなり。ごめんなさい、コンベンションの時はだばびゅーの人だって気がつきませんでした。raopuは悪い子。(激しく自分の頭を殴打して死亡)
いや生き返った。黄泉がえった。でも四国八十八箇所めぐり逆うちは美少女のみに許されるよなぁと思った次第。
でも、良いプレイで華麗に兄ゲット! おめでとうございます!
CSTはこれからもにょろにょろと進化していきます。カナヘビコンパチブル! こういう文章を書いてる限り現実の女の子には縁がないことをたった今(脳内棲息の)友人が保障してくれたので勇気凛々です。

■ Nontitle
http://www.h7.dion.ne.jp/~nontitle/diary/0310.htm
masamuneさんちのニキです。第一報も過去ログにあるです。いや、だいたい10日でコンベンションの事後報告が終わりました。リプログ10本も全部掲載。
いや実は。セッションされたゲームの記録が全部リプレイになるコンベンションというだけ、それはオフであっても見たことがない、インド人もびっくりな情報公開だと思いました。普通のコンベンションでこれが実現できたらすごい。参加した時どういうサービスが受けられるかがすべて白日の下にっ!
イェイ! 僕達ステキな露出狂。なんか横紙破りばっかり。CSTとraopuはこうして旧来のスタイルに挑戦的態ゴメンナサイ、ホントゴメンナサイ。イヂメナイデ。
そんなわけで、これからもにょろにょろとがんばっていきます。カナヘビコンパチブル!

■ 月刊TRPG.NET:2003年10月号:オンラインセッション特集
http://www.trpg.net/webzine/200310/
・オンラインコンベンションについて (記事本体)
http://www.trpg.net/webzine/200310/1000000109.html
これが最後の報告活動、〆ってやつ。
今回のコンベンションのノウハウを記事化したものです。もちろん書ける事と書けない事があるわけであり、反社会的言動は入ってません。イエス。社会人のロールプレイ! パーティーに求められる行動をする僕はよい子っ! あ、すんません。キュアお願いできます? あのライトだと死にそうです、出来ればシリアスで。
まぁ、コンベンションなんてノウハウも何もない。『狙って撃てばいいだけさ』(byムスタディオ) やっちまえばどうにでもなるという意味でございます。
社会人として玉虫色の答えを返す素晴らしいカナヘビコンパチブル!

■ はじめてのCST
http://f10.aaacafe.ne.jp/~cstyuki/
yukiさんがつくってくれたCSTの初心者ガイダンスチュートリアルサイトです。CSTのあんなこんなノウハウや、いろんなポイント、導入が描かれているぞ。かわいいタイトルにも注目だ。
これからもだんだん充実していきそうな気配のする優良サイトですよ♪

2003.10.15
コンベンションも終わったので、いろいろ整理中。
今後のToDoを含めてとりあえず書き出してみよう。

・CGI
コミュニティサービスの自動化。具体的に云うと、ガイダンス作成&表示CGI+カレンダにそのガイダンスを並べるCGI。PL立候補書き込みが出来るとさらにヨシ。
くわえて義妹作成+晒しCGI。これを上と連動させられれば完璧。 これはCGI作成出来る人を探し中。かなり切実に。

・IRC
IRCチャネル、例えば#CST総合の常設化が検討中。

・コンベンションの報告ページ
をつくる。もう動いている。
皆のリプログを待っている状態です、はい。

・simple
simpleの検証でプレイを回す必要がある。目標は15回。とりあえずだね。
バージョンアップで1.0xをこのタイミングで終了させて、設計思想以外のミスを全部見つけ出したい。

・Basic
最期のバージョンアップ、1.40系をリリース予定。目標は11月に。
組織の特殊ルール見直し、キャンペーンルール、上級ルールを盛り込む予定。

・チュートリアルサイト
Yukiさんを中心に作成の動きがある。公式サイドとしては最大限の協力をします。

・サプリメント
第一回のサプリメント(そんな余裕がドコにあるっちゅうねん)は、03’秋のCSTコンをモチーフにしたシナリオ集に決定。急ぎはしないけど、冬のうちに出したいな。

2003.10.13
ニッキ。
コンベンション終了。
本当にありがとう。
幸せだった。

2003.10.10
ニッキ。
そろそろ押し迫ってまいりましたね、みなさま。
ガツンと行きましょう!

2003.10.01
ニッキ。
コンベンションの準備をした。ま、とりあえず発表しないとはじまらん、日程的にも。

次。
マンガ買った。『G戦場のヘブンズドア3』日本橋ヨヲコ(小学館)。おれは重度の書店ジャンキーなので3日と書店に行かないことがないのだが、ソレにしたところで、そこで見かけたものを買ってる訳です。発売日を覚えて、当日に目的買いで行くなんてのは非常に珍しい。5年ぶりくらいか? まぁ、それくらい期待してた。
で、だ。イカス。今回は3巻でこれで完結なのだが、3回読んで3回泣いた。歳とって涙腺が緩んできたよ、まったく。でもほんと、いいモノを見せていただいた、作者様には感謝したい。とはいえ、万人に勧められるものではないので、「お前のコメントで騙されて買っちまったよ」といわれても、なんだ。困る。
俺の中では2003年BESTだ。

次。
暗黒セッション。uRaopuの出番だ。
俺はショタも好きらしい。いや、よくわからんけど。ショタもいけそうな光明が見えた。もう、社会的には何の意味もない光明だが(笑)

2003.09.29
リプログ追加と作業予定メモ

CSTオンラインセッション X
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/7671/cst/CSTxRP.HTML
汗と涙と友情と Side-A
http://members.at.infoseek.co.jp/roqku/CSTLOG17.html
白いシーツ広げて Side-A
http://f19.aaacafe.ne.jp/%7Esawame/cstlog18a.html
君のための歌
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/7671/cst/CSTxRP.HTML
白いシーツ広げて SIDE-B
http://f19.aaacafe.ne.jp/%7Esawame/cstlog18b.html
青い鳥の宝島
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/7671/cst/cst19rp.html
思い出を君に side-b
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/7671/cst/omoi.html
兄データ(老朽区さん)
http://members.at.infoseek.co.jp/roqku/BROTH.html
用語集・サマリ更新(basic 1.31)

2003.09.23
またしても判断するべきあたりに差し掛かり中。
SimpleとBasicのどちらを生かすかという問題。
まだしばらくは保留なのだが、この件を中心に多分ひそやかに混乱が広がりつつあり、現在もとどまっていない。ので、どちらかを中心に統合するべきなのだ。
統合すると当然、リテクストの手間もあるわけで、自業自得ながら目の前が暗い。とはいえ、ヴァージョンアップ作業を進めながら安定したプレイ環境を提供するとなると、枝道に実験施設を作る以外に方法はなかったわけでもあり、未来側から過去を見ても不可抗力っぽい。

Simpleを中心に統合したい気持ちはあるのだけれども、コミュニティ側は現状のBasic環境で動いている現実もあるために、なかなか微妙。結論は10月終わりまでに出すつもりだけど……。逆に言えば、それまでシステムの大規模パッチは出ません。
パッチを宛てる行為そのものが、混乱を拡大させる一つのトリガーにもなったわけで、この辺はPCのソフトウェア開発とは違う部分。RAMを脳で行うTRPGにおいては、以前のバージョンのデータに上書きという行為がまだらにしか行われない。
すぽんとこういうところが抜けている部分がまだまだですね(w

2003.09.22
ばれちまったようなので告白するが鹿角たんも僕が書きましたっ!(挨拶)
さて、ぼかぁ茗荷谷と言うところに勤務してるんですが、そう茗荷谷。しりませんか? 後楽園と池袋の間にある、東京に住んでても用事の無い人は近寄らない不可思議スポットなんですがね。神田の古書店街にも秋葉原にも近いなかなかナイスでステキなスポットなのですよ。
しかし、最近発見したが、この街はなんと。女子中学生と女子小学生まみれスポットでもあったのだ。
びっくりした。
だが、これ以上書くと、ただでさえ不安定な僕の評判が一気に下降するので書かない。黒のニーソックス最高。謎の言葉を残して筆を置く。

筆をとる。で、次の話題。文化祭。コンベ。GM不足。
誰か名乗りをあげて。
おねがいです。今なら妹SS、もしくは幼馴染SS、もしくはご希望のSS(萌えマジンガーZとか)をあなただけにこっそりプレゼントするかもサービス付き。嘘、ちょっと考えさせて。書けるかな、そんなの……まぁ何とかしよう。シチュ希望をメールに追加な。ヨロシクメカドック。

2003.09.17
「おそらく、↑のTRPGをやってる人たちも10年後には後悔するはずです。」というなんかど真ん中な紹介をいただいちゃった張本人です。スミマセン。
主体性の欠如した日本人らしくすぐ謝るぜ。フライング土下座。

は、まぁ、あれですが。私エスパーじゃないんで10年後のことはわからないのですが、10年前の私がこういうネタシステムを開発したりプレイしたりしたら「いいぞ、俺! いかすぞ、俺! もっとやれ! ロケットで突き抜けろ! 徹底してやれっ! 泣き喚きながらやれ!」といいたいです。

別に正当化したくて言うわけではありませんが(正当化しようも無いくらいダメ人間なので)、思い出にたいして後悔するかどうかというのは、時系列によって変化した価値観というよりは、当時の真剣さやもしくは真剣さの欠如といったものに対してではないでしょうか。

僕も若者の例に漏れない青春を一応は送ったため、その青春はすさまじくバカな事実で溢れています。今考えると「俺って多少を越えて頭が悪いのではないか」というようなことを沢山やってます。新年会でパンツ一丁で雪の中を走ったり、隣の県から90kmも歩いて帰ってきたり(しかも「出来るかどうか確かめるために」レベルの動機で)
でも別に後悔というほど後悔はしてません。「あーバカなこともやりましたな」程度。結局真剣に突き詰めてれば、さほど後悔はしないようです。

というわけで内容は何でもいいんです。突き抜けてればそれで十分。後から見直して、賢しげに背伸びをしていたアラが見えないぶん、おばかなネタのほうがいいようにも思います。だから、そう毛嫌いせずに、いっしょに遊びましょうや。

たわむれせんと生まれきちゃったわけでさ。

そうそう。上海のオンセマスターもやりました。CSTに関係ない話でスミマセン。ドビーの悪い子! 悪い子!(注1)
楽しかったですよー。上海は別にクソゲーじゃないですよ。ルールブックがホカホカのクソなだけで。これまた機会があったらGMしたいかもかも。このゲーム楽しいときとダメなときの落差が激しいですね。PLにマスターの素養が必要かも。

注1:ドビーはハリーポッター2に出てくる妖精。自虐的な性格で、自分を悪い子だとしかる。オドオドした性格とみすぼらしい格好、いつもおびえたように相手を見る典型的ないじめてキャラ。憎めない。うちの会社では、失敗しちゃった書類とか、ミスの報告を部内で他の人に渡すとき、付箋紙にドビーの顔を書いて「ゴメンナサイ、ドビーは悪い子です」と書くのが一時流行した。バカ会社LOVE。

2003.09.13
あちこち修正しつつ。久しぶりにイグザミネイションノートも更新しました。絵師様も手を貸してくれてありがたい限りです。

あと、sawame様が! スゴイのをを作ってくれたぞ!
■ 高速義妹データ確認&作成用テンプレ
行けばすぐさま大理解だが、basic妹がだいたい5分で作れてしまう、スーパー優れものなので、これを使うと一層すばやく参加が可能になる。セッション中の数値管理CGIといい、オンセフル対応というのが本当になってきました。ありがたいです。

今日は百合CSTを観戦しながら更新。合言葉は「ごきげんよう、おねえさま」だっ!

2003.09.12 例えばこんな幼馴染2
 幼馴染というと思い浮かべるのは、学生服とセーラー服の幼いカップルがケンカしてるんだか漫才やってるんだか、二人のことを良く知っている人間で無い限り、なんとも判別しがたい調子で登校して行くシーンなのではないだろうか。
 少なくとも、俺はそうである。
「お兄ちゃんどうしたのー?」
 ということはだ。つまり、これは幼馴染ではなく子守りであるという結論になる。

 目の前のだらけた格好をした娘は来年中学に入るとか。
 俺より4つも年下で、目下恋する乙女真っ最中の少女である。
 恋の対象は俺の部屋のクーラーと扇風機。というわけで、こいつは俺の部屋に入ってくるなり扇風機に抱きつくのだ。
 このちびすけは俺の遠縁にあたる娘で、互いの家が近いことからもう十年来の長い付き合いだ。
 悪いやつではないのだが、ここ数年、女らしさが出てくると同時にどうにも我が侭なところも出てきてしまって、俺に絡んでくることもしばしば。閉口することしきりなのだ。

 俺には背中を向けているので表情はわからないが、タンクトップの胸元が涼しいのか、だらけた声がする。
 俺の部屋にはクーラーもあるのだが、健康上の理由から冷房は25度程度でそれでも暑ければ、あとは扇風機をつけることにしている。冷えすぎた部屋はよくない。それに俺は扇風機がすきなのだ。
 話によると、こいつの部屋には冷房が無いんだそうだ。 それですぐ近くの俺の部屋を別荘代わりに襲撃するってわけだ。
 やつは扇風機を抱きかかえたまま、ずりずりっと俺に近寄ってきてコンビニの袋を俺に差し出す。棒アイスが二本。
「ずいぶん安い賄賂だな」
「ワイロじゃないよ、感謝の気持ちだよ」
 ちょっと口を尖らせたが、すぐににっと笑う。
「お兄ちゃんねっ! 私がこの部屋に遊びに来ちゃうことそのものがワイロなんだよぅ。 ほらほら、女の子が遊びに来てうれしいでしょ?」
 ショートパンツから伸びた、良く云えばスレンダー、悪く云えば貧弱な足で俺の膝のあたりをつつく。
 俺は彼女をチラッと横目で見てから、アイスの袋をあける。そこで雄弁なため息を一つ。

「あっ。それって態度に問題あります。かわいくないよお兄ちゃん」
「ガリガリ君うめーなぁ」
 無視無視、こんなやつの相手をするために俺の黄金の夏休みがあるわけではない。
「ほらほら、こんなにミリキ的な脚が見えてるんだよ?」
「ミリキじゃねーよ。ミリョクっていうの」
「ぐっ……そうともいうかも」

「別にいても良いから、静かにしてろよ。出てけなんて云ったことないだろ?」
「うん……そだけどぉ」
「出来れば、部屋の隅に行け。扇風機は貸してやるから」
「……」
「あと、壁のほう向いてろよ。そっちの棚のマンガ読んでいいからな」
「……」
「笑う時は枕を顔に当てて笑うと、音がしなくて良いぞ」
「うわぁ! そんなことばっか云って!」

 いいかげんに切れたのか、彼女は激昂した声をあげる。
「お兄ちゃんのバカ! 意地悪! 彼女いないくせにぃ! お兄ちゃんなんか、夏休みに部屋の中でゲームばっかしてる青春をおくって 30代後半になってから枕を涙でぬらせばイイんだよ!」
 やつは決然と立ちあがると仁王立ちで言い放った。心なしか瞳が潤んでる。いじめすぎたか。――ま、いいや。こいつ、立ち直るの早いし。俺は目を丸くしてガリガリ君を食ってやる。
「もう遊んであげないから!」
 叫ぶが早いか部屋から飛び出していってしまう。
「あらら。云いすぎたかねー。……それにしても…」
 電光石火の早業で扇風機とマンガを持っていったのはさすがだ。ちょっと感動してしまった。

――翌日。
 てっきり今日はこないと思ってたのだが、やつはいつもより早めにやってきた。夏の日差しに溶けそうな真っ白い袖なしサマードレス。ふんわりと広がった柔らかいドレープのスカートから細い足首がのぞいている。
 そのうえ両手で下げた扇風機。
 いや、持ってたものを返しにくるのは当たり前なのだが。なにせ、こいつの今日の格好にはびっくりするほど、似合っていない。
「よぉ」
 俺の挨拶を無視して、扇風機をセットする。すぐに畳の上にあぐらをかいた俺に向けて涼しい風がやってくる。極楽極楽。
 いやぁ、気持ちいい。
 クーラーのほうが涼しいけれど、気持ちいいのは扇風機だよな。扇風機最高!

 とはいえ、何で俺に風が向かってくるんだ?
 こいつが俺に扇風機の風をよこすなんて前代未聞。などと考えているといきなりあぐらをかいてた俺の膝によじ登り、背中を向けて座る。
「お、おまえ、いきなりなにすんだよ!」
 びっくりした俺はのけぞりながら尋ねる。
「……今日はここで遊ぶ」
「遊ぶじゃねーだろ! 邪魔だろうが」
「邪魔しにきた」
 可愛いげのない声でぶすっと云うわけだ。俺がなるべく密着しないように後ろへ身をそらせるとくっつくように後ろに体重をかけてくる。重くは無いが、バランスが悪い。
 しかたがないので姿勢を戻すと、あんまり体重をかけないように寄りかかってくる。本当に邪魔をする気なのか。アホか、こいつ。

 しかし、こうしてみてみると、こいつ、本当にちっちゃいんだな。
 日に透ける明るい色の髪が、俺の顎の下にすっぽり入って、前に投げ出した足は、俺の膝を超えて白いスカートを花のように広げている。扇風機のわずかな風にあおられて、はらはらとなびく髪はどう考えても子供っぽいバニラのような甘い香りを持っていた。

 気がつくと、やつは俺の手のひらに自分のをくっつけて真剣に見てる。
「3cmくらい大きい」
 重大な発見をしたような声で呟く。
「俺が大きいわけじゃなくて、おまえがちいせーんだよ」
「そうか」
 くっつけた彼女の背中から、ちょっと高めの体温が伝わる。じっとしてても彼女が後ろの……つまり俺を意識してるのがわかる。
 相変わらず良くわからないやつだ。

「邪魔しにきた割には、静かだな」
「……あんまり邪魔にならないように、邪魔する」
 小さな声で弁明じみたことを言う。
「――アイス食うか」
「うん」
「昨日、おまえが持ってきた残りのだけどな」
「うん……」
 やつは体重を預けたままもじもじと身体を動かす。

「どした?」
「でも、もうちょっとこうして邪魔する」
 どちらのだかは判らないけど、体温が少しだけ上がったような気がした。

2003.09.10
妄想力学さんに、CSTのレビューを書いてもらいました。ありがとうございます。無断でリンクします(げふっ。
メニューの妄想活動のなかです。なんか、紹介されるとうれしい。
そんなサイトをもうひとつ。航空母艦住吉さんだっ! なぜ『!』付かと言うと、なんとデザイナーでもやってないCSTのオフラインプレイを断行したからである。英雄である。断じて行う、つまり断行である。死して屍回収して西方に向けて埋めることにより江戸三百年の平和をあがないたいほどの英雄である。
こういったお方の紹介のおかげで、ちょっとづつ閲覧者&足跡がふえて来たですよ。
いや、あの「キモイ、氏ね」って電波で送るのはやめてください。北千住に住む水玉由香さん。

2003.09.09
なんか描きたいこととかやりたいこととかするべきことは溢れてるんだけど、うまく言語化とか行動化できない。悔しいものです。いまはちょっと手一杯だからなぁ。

2003.09.09
SimpleのVer1.00をリリース。これがSimpleの正式リリースです。ルール的にはBasicでの曖昧な処理を減らし、スピードアップが図られていると思います。防御系でダイスを振るのがなくなりました。ゲーム戦略的には《秘蹟》のバリエーションが増加して、よりドラスティックになったと思います。

それから、もう気がついてるかと思いますがTop絵更新。まぁ、4ヶ月たったので。引っ越してからそこまではたってないんすが。とはいえ、サイト更新の大原則(週1以上の小更新、月1メジャー更新、季節ごとのTop替え)ルールに従ってみた。無駄なところで地の職業が出るな。

えーっと、くわえて世界論考とエメラルドピースのクラスエンブレムが追加されてます。小さいところですが、こういうのっていいものだね。協力者の皆様に尽きぬ感謝を!

2003.09.08
BasicのVer1.301をリリース。バグFIXとか、もろもろです。

*「墓穴」によってDPが増加するのどのロールかを明確化。
*《因子共鳴》習得について補足を追加。
*NPCの項記入漏れを訂正。
*【修道会・月の智慧派】の特殊ルールについて、明確化。
*因子共鳴リストを中規模改訂。

さて、7/30から1ヶ月ちょいたちましたので、またもやToDoを更新します。
最近イグザミ更新してねぇな。あっちは閉じよう。しばらくしたら。使ってないし。

・simple-style
マスターセクションに手をつけ始めています。こっちのリリースを優先。テンプレイトキャラはテストプレイ待ちのほうがいいかもしれないと考え、休止中。

・オンラインコンベンション
9月のおわりから10月にかけたやります。目標が無いと人間いかん。

・広報
引き続き実行中。大手テキストサイト様、リンク感謝であります。

2003.09.05
#16「水をはさむ相似形」のプレイをしました。
久しぶりのマスタだったので、始めちょろちょろという感じで。楽しかったです。参加者の皆様、ありがとうございました。

2003.09.05 例えばこんな幼馴染
「酒くさい」
「うっさいわねー」
 そろそろかと思ったら案の上なので、思わず笑ってしまう。
 だいたい半月周期でちぃ姉ちゃんは、酔っぱらって俺のところに転がり込んでくる。そのまま玄関に腰を下ろして、アンクルブーツを脱ごうと悪戦苦闘。
 手を貸すようなことでもないので、見捨てて俺は二階へと上がる。もうこうなってしまったら、ネットゲームの続きだろうが、勉強だろうが、明日まではなにも出来やしないのだ。諦めたほうがいい。
 手っ取り早く部屋の雑誌や散らかってるものを片付けていると階段を上がってくる音。――ちい姉ちゃんだ。
 ちぃ姉ちゃんは、うちのはす向かいの家に住んでいる今は大学生。
俺が物心ついた時から、俺やうちの姉貴と過ごしていたから、もう、十年にはなる。うちの姉貴のほうがいっこ上だから「大姉ちゃん」なわけで、この酔っ払いはすなわち、「ちぃ姉ちゃん」なわけだ。
 つまるところ、俺はこの、見かけだけは気の強いお嬢様風な、そのくせ実に実にはた迷惑なところのある人物に、十年も振り回されてることになる。

「はい、ポカリスエット」
「よし、気が利くぞ。少年」
 この人、酔うと陽気で態度がでかくなるんだよな。
「少年って呼ばないでっていたでしょ」
「うん、わかったぞ。少年」
 そういいながら、両手でもったポカリスエットのコップを小さくあおる。年上ぶるのが好きなのに、こう言うところに子供っぽさが残ってるんだよな。
 そう思うと小さな笑いが漏れてしまう。

「ぷはぁ」
「親父くさいよ」
「うるさいな。するとなにかね、君は私が男に見えると!」
 目が据わっている。何を言っても無駄な兆候だ。
 ああ、きっと無茶なことを言い始めるぞ。
「男ですか? 男ですと!? うるさいなぁ、これでもちゃんと胸が二つついてんだぞぉ! 牛なんか四つだぞぉ! そんなにイけないことですか獣医ってのは」
 突然真っ黒い瞳をうるうるさせて愚痴っぽい口調になってきた。警告。第2レベルに突入。愚痴っぽくて意味不明なことを云いはじめる。
「少年!」
 ちい姉ちゃんは床をぱんぱんと叩く。話を聞きなさいというような意味だろう。あんまり自信は無いけど。
「はいはい」
「少年。私はですね。動物のですね。お医者さんになりたいのです!
 わかりますか? お医者さんですよ。それなのにですね。ガッコではですね。
 う、牛の種付けとかやらせるんですよ?
 花の乙女ですよ? こともあろーに。
 なんで。どうして。そういうことになるのですか?」
 こういう愚痴を聞くのは数回目だ。去年から獣医になるために大学へいってるちぃ姉ちゃんは、普段はこんなに愚痴っぽい人ではない。それなりに凛としたところもある人なのだ。

「なんか云われましたか」
 ちい姉ちゃんは真剣な表情で何回もうなずく。
「男ですか」
「うわぁ、腹が立つ! くわぁ」
「まぁ落ち着いて」
「少年に見透かされて余計に悔しいぃぃぃ」
「まぁ、どら焼きでもどうですか」
「あや。ありがとう。もぐもぐ」
 酔ってるので気分が変わりやすいところだけがある意味の救いだ。

「というかさぁ、少年」
 どら焼きを食べ終わったちぃ姉ちゃんは、どさりと俺のベッドにうつぶせになる。これだけはちぃ姉ちゃんも自慢にしている、漆黒の長い髪が扇のように広がる。
「なかなか面倒くさいんだよね、いろいろ」
「ただの合コンでしょうに」
 うつぶせのまま枕を抱え込むちぃ姉ちゃん。
「そんなに見かけとギャップがあるかなぁ、わたし」
「酔い方が性悪でデタラメで上品さに欠けるだけですよ」
「少年、君は私の話を聞くにあたって愛情が欠けてないか?」
「こんな時間に付き合ってる事実からして、俺は愛情のカタマリでしょう」
 ちぃ姉ちゃんはほっぺたを膨らませてすねた顔をする。俺は机の一番上の引出しから楓の櫛をとりだすと、ちぃ姉ちゃんの髪を梳かし始めた。
「髪を梳かしてもらうの、好きだな」
 別に機嫌を取るつもりは無いけれど。習慣だ。
「そうですか?」
 居心地の良いように枕の位置を直してくすぐったそうなちぃ姉ちゃんの横顔。お腹がいっぱいになったときの子猫の顔をしている。

「うん。――いつからだっけ、こうして梳かしてもらうの」
「おばさんから、この櫛をもらってだから……もう3年かなぁ?」
 黒くて長い髪はひんやりして、櫛を通すたびにさらさらと手のひらから零れ落ちる。丁寧に櫛を入れる。とても豪華な宝物を触ってる気分で、僕はこれが嫌いじゃないのだ。 「落ち着くんだよね、少年に梳かしてもらってると……」
「少年じゃありませんけどね……ん? 寝ても良いですよ?」
「んぅ……」
 ちぃ姉ちゃんが眠そうに目を細めて、にぱっと笑った。様な気がする。だいたいちぃ姉ちゃんは眠そうな顔が笑顔に似ている、奇特な人なのだ。

「起こしてあげますから」
「――甘やかしてもなにも出せないよ?」
 半分眠りに落ちていくちぃ姉ちゃんのかすかな声。
「期待してませんよ、そんなもの」
 呼吸が静かになっていく。ひとつ、ふたつ。
 十分に眠りが深くなったころ、櫛をしまう。ちぃ姉ちゃんの安心しきった、微笑むような寝顔が僕の手の中にある。
「――甘やかすの、嫌いじゃないからね」

むかし作ったネタから再構成してみたり。

2003.09.04
リプログ紹介を追加。一挙5本! 馬鹿。そこは自慢するところじゃありません。マメに追加してなかっただけです。つまりサボってたんです、私。
まことにゴメンナサイなのです。
しかしあれだね(話をそらす偽りの陽気さで)。
リプログを読み直したけど。今回追加した5本。不覚にも、ちと涙ぐんじまった。いや、ほら、心の中にあるツボを押されると、人間は泣いちゃうじゃない、多少見え透いてても何でも、そういう弱点ってあるじゃない。そういうのを含めて。
CSTのリプログに出てくる人は、なんだか知らんが、GMもPLも(つまりジェントルマンは)上手いな。いろんな意味で。コンチクショウ。

2003.08.27
とりあえず、Simple-Style-SYSをリリースしました。まだv0.90。とりあえず、プレロールドを増やすのが目標。キャラクターメイクが多少面倒くさくなりました。これは弱点として認める。しかし、プレイ中に計算する手間は減っているはずです。プレイ時間短縮が目標。
そのほか、サマリーやプレイしよう! なんかは、図表を何枚か導入しました。視覚的に彩があったほうがページが見やすくなるのと、純粋に判りやすさをあげるためです。

考えてみれば、そればっかりという気もします。実際問題、とりあえずシステムを作り上げる作業時間よりも、バランスを調整する作業時間のほうが20倍くらいかかっているわけで、作るのには、それこそ延べ2日くらいしかかかってないのです。
そして、判りやすいテキストを書くのには確実に30倍以上の時間がかかっています。つまりルールテキストを書くという行為の中で、かっこいいクリエィティブなアイデアを練る時間は、全体の数%しかないということです。これではもてるわけもありませんね。ひゃっほう。

サイトのほうは、なんだかあちこちで紹介していただいたみたいで、この一週間で1万ヒットの大台を超えました。TRPGサイトとしては順調です。というか、オリジナルシステムのサイトってもっと寂れているのが自然だよね。

2003.07.30
なんかもう、やることが沢山あって、あっぷあっぷですが、こういうときこそローマ人にならって問題抽出、優先順位確定をしなければならないところです。で、現在の作業関係の報告をします。

・simple-style
テキストを書いてます。大体こんな風になるかなぁと言う形は見えてるんですが、やっぱどうあっても100kやそこらはテキスト書かなきゃならんので、そこでキワキワ。目標は8月中旬にリリースですね。
ウエ紙さん、BBSでは返事できてないけど、いろいろ感謝! 他にも、アイデアとか注意点とか、メールでくれた方々に謝意!

・basic-style
テキスト改訂で「もっと判りやすく」っていう意見があるんだけど、むずかしー! そのほか具体的指摘も受けています。「1回もプレイしたことが無い人たちが声を掛け合って集まったセッションでも十分に機能するくらい、わかりやすく伝える」が目標なんでしょうね。いろいろと勉強になるなぁ。上海を責められん(w

・セッションがしたい[メニュー内の項目]
スレの紹介と化しなきゃいかんのですよね、これも手が回っていない。えーっと、8月のプレイの予定表ってどっかにあったっけ?

・広報
準備はこんなもんかなぁ。まずはネット系にリンクのお願いをしますですよー。これは「セッションがしたい」をどうにかしてから、だから8/10くらいには開始したいな。

現状こんな感じで進んでいます、ご心配、ご迷惑をかけてる向きにはごめんなさーい(涙)

2003.07.28
えーなんだ。
7月もおわっちゃうよ? いやマジで。7月といえば初夏っていうか、もう夏コンボの頭二つは入ってるこの時期に皆様いかがお過ごしやがっていますか?
今年の夏の思いでペストリーはどんな色合いで占められていますか。胸に手を当てて考えてください、俺は考えるまでも無く灰色です。ふざけるな。薔薇色だ、いや虹色だ、いやむしろ黄金だ。CSTと共に過ごす夏! ブラボー! 寂しいときは無理やり浮かれろって15の君が教えてくれた!

というわけで、サイトのほうにメアドを乗っけてからこっち、トキメキメールが毎日のように届いてうれしい悲鳴。キャー。
「エックスさんのおかげで、お兄ちゃんに自然に告白できました。CSTっていいゲームですね」とか「期待してます、そのうち抱きしめに来て下さい」とか、そんなんばっかですYO!
えーっと、なになに。北千住に住む水玉由香さんからのお便り。
「キモイ、氏ね」

――さぁ、気を取り直していつもの調子でデザイナーズノートを書こうと思うんだが、全国30人くらいのCSTユーザーの方は準備はよろしいか。言っておくが俺は準備もできてない。小粋なフェイクはここらにして、まぁなんですか、なんですと!?

リクエストがいくつか上がってるので、Basic-Style改訂予定。ルールの内容ではなく、テクストリファイン。うん、むずかしーよなぁ。他人にわかりやすい文章ってのは難しいよ。というか、僕の好きな文章は基本的にわかりにくいらしい。上を読めば一目瞭然だけど。若かりしころは日記サイトなんざぁやってましたが、肝心の日記が解読不能。そりゃぁ、脳内北川女史との交換日記じゃぁ間が持たないっての。

いい加減解読不能なので、トカ先生から締めの言葉をいただいて今日は寝る。

「信じられぬとかッ!? 我輩らはただ故郷へ帰りたいだけなのにッ! その夢さえかなえられれば人畜無害にして無病息災! あなた方の平穏は約束さるるであろう……。あんまり平穏すぎちゃって人生に退屈をきたすおそれもあるトカ、ないトカ……。そのうち、食事の概念が消失し 穴っぽこの中で五穀を断っているうちに経を唱える声が小さくなっていく……わーおッ!考えただけで悟りを開きそうッ!」

2003.07.25
simple-style-sysではクイックスタート的にキャラクターはアーキタイプで作成を考えてます。キャラを一個選んで、ちょこちょこと選択すればプレイ開始みたいな。
1) 【修道会】メイド/ケモノっ娘/無邪気or委員長
2) 【World Woman War 略称:3W】関西/ボーイッシュ/一匹狼orリリカル
3) 【サオトメ機関】ロボ/技術者/委員長orドジっ子(高性能&汎用機)
4) 【シャンタオ・コープ】高貴/外人/ギャルor人間不信
5) 【世界論考】来訪者/チャネリング/リリカルorギャル(天使&悪魔)
6) 【エメラルドピース】癒し系/過去の旅人/病弱or無邪気
現在6種類を想定中。

【組織】クラスA(確定)/クラスB(確定)/クラスC(2択)
クラスCの選択で、1Pキャラと2Pキャラが選べる格闘ゲームのようなキャラ選択がコンセプトですね。(XX&XX)の部分はキャラ立て方向性。

暇があったら、ここの部分のお手伝いを公募したいの心。
あとでsimple-style-sysに変換するので、キャラ作成はbasic-styleで作成してOK。条件や注文は以下に列挙。

・「組織らしい」+「萌えの基本」みたいな部分を重視。
・1Pと2Pで「基本は一緒だけどつかってみると仕様感が違う」当たりが出るとよし。
・妹術のうち、前半6種以上は共通にする。後半3種以下は、1Pと2Pでそれぞれの固有クラスで変更してOK。

・組織特殊ルール、秘蹟は適用しない。 ・簡単な1P、2Pそれぞれ設定テキスト同梱
・1P、2Pそれぞれでお勧め、想定したコンボを2〜3種作成して欲しい。コンボ内妹術数は2〜3個が望ましい。

掲示板かなんかで協力していただけると、うれしい次第。締め切りは7月いっぱいくらいで。いや、集まらなくても自分でシコシコ作りますが(笑)


Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _