Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† 導入 †
序章
ゲームの目的
How2Play


† プレロールド †
 お節介幼馴染
 高ピーお嬢様
 内気な眼鏡っ娘
 天然お姉さん
 小悪魔的ボーイッシュ
 試作型ロボっ娘
 魔女っ娘先生
 人間不信のケモノっ娘


† キャラクター作成 †
キャラクター作成の基本
 クラスの紹介
  ドジっ娘 妹術
  技術者 妹術
  メイド 妹術
  癒し系 妹術
  高貴 妹術
  チャネリング 妹術
  リリカル 妹術
  ボーイッシュ 妹術
  ケモノっ娘 妹術
  一匹狼 妹術
  来訪者 妹術
  委員長 妹術
  人間不信 妹術
  過去の旅人 妹術
  関西 妹術
  ギャル 妹術
  病弱 妹術
  無邪気 妹術
  コンビ 妹術
  外人 妹術
  ロボ 妹術
  実妹 妹術

 組織紹介


† プレイしよう! †
ゲームの全体像
シーン
萌え戦闘


† マスターセクション †
兄の作成
 因子共鳴のリスト


† チャート †
サマリー



クラスの紹介

この章ではCSTのキャラクター作成の中心である「クラス」について解説します。暮らすにはそれぞれ固有の《妹術》があり、Rapid-styleでは合計12個の《妹術》を選択することになっています。
《妹術》はクラスごとに傾向と特徴があります。まずは難しいことは考えずに、自分の好みのクラスを三つ選んでみてください。



■ ドジっ娘    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 3  肉体 : 2  天与 : 3


サブクラス時上昇能力 : 感情+1


秘蹟 : ちょっと待ってください!
自PCが登場判定を行う場合に使用。登場判定に+3することが出来る。使いきり。


ドジっ娘はラブコメにはお約束の不器用で周囲に迷惑をかけつつも持ち前の明るさで和やかにさせる、はた迷惑かつ愛すべきクラスです。
道を歩けば転び、料理は真っ黒こげ、裁縫をすれば破いてしまうという具合に不運なのか落ち着きが無いのか、やることなすことうまくいきません。もっともそういう部分が魅力になるのはラブコメの歴史が証明しているとおり。この魅力で兄を攻略します。

《妹術》の傾向: 《しどろもどろ》、《ラブコメ体質》、《破滅的失敗》など、自分の行動だけではなくシーンに影響を与えるイメージの妹術がそろっています。先制攻撃でペースを作りやすいキャラクターです。



■ 技術者    《妹術》リストへ

技術 : 3  感情 : 3  肉体 : 2  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 技術+1


秘蹟 : 理論武装
幕間に使用を宣言。次の1シーンの間、自分の防御能力値すべてに+2して扱う。


技術者とは専門技術を持った女の子です。どんな技術か? それはもう、テキトーに決めてください。技術の内容よりもその理知的な雰囲気と、打ち込む姿勢、そしてオタクを許容できる合理的思想が魅力です。

《妹術》の傾向: 技術者は《理路整然》、《こんなこともあろうかと》、《天才》などの知的雰囲気を演出する妹術がそろっています。単体もいいですが、ギャップを狙って他のクラスと組み合わせるとより豊かなイメージ造形が出来るでしょう。



■ メイド    《妹術》リストへ

技術 : 3  感情 : 2  肉体 : 3  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 技術+1


秘蹟 : お邪魔しました
自分が未登場PCのシーンが始まる幕間に宣言する特殊な《秘蹟》。この秘蹟を使用することによって、シーンPCが最初の萌え攻撃を行う前に、シーンに擬似的に登場することが出来る。擬似登場なので、この秘蹟はきゅんかるまの回復には支障を与えない。
何か一言二言話し、即座に退場すること。この邪魔により、シーンPCの萌え攻撃権は失われる。シーンPCが望めば追撃を行うことは可能であり、兄側の攻撃には影響を与えない。
この秘蹟は、ミドルにしか使用を宣言することは出来ない。


風な服に身を包んだ召使、ご主人様の身の回りをやく家事と奉仕のエキスパート。それがメイドです。鍛えられた一般技能と健気な様子、そして禁欲的(最近は華やかな)制服が萌え心をくすぐらずにはおかない恐るべきキャラです。
自分の世話だけを考えてくれる献身的な美少女と一つ屋根の下という、ある意味兄の欲望の具現化といえる部分がこのクラスの恐ろしさです。

《妹術》の傾向: メイドは《家事全般》、《裁縫》などのいかにもなお仕事妹術から、《古風な下着》、《ご奉仕》などの反則系までそろってるマルチクラスです。それだけに演出で差別化を図りたいですね。



■ 癒し系    《妹術》リストへ

技術 : 3  感情 : 2  肉体 : 3  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 肉体+1


秘蹟 : 聖母の微笑み
シーンに登場すると、自動的に兄のDPを1上昇させる。この《秘蹟》は常道型のため、シーンに登場するたびに効果が発生する。


姉のように母のように兄を優しく包み込むように愛する。それが癒し系キャラです。しょせん男は包容力に弱いもの、癒しキャラはそこに漬け込む恐ろしいキャラだといえます。
優しく母性的なイメージを持つクラスですが、場合によっては他クラスとの組み合わせにより様々な表情を見せることがあります。
《妹術》の傾向: 癒し系は《天然ボケ》、《癒しの笑顔》、《膝枕》など優しい印象の妹術がそろっていますが、実態としては火力系の押しキャラです。ロールはおっとりした感じで、戦略は強引に進めるのが基本形となります。



■ 高貴    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 2  肉体 : 3  天与 : 3


サブクラス時上昇能力 : 肉体+1


秘蹟 : 邪魔ですの
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。ミドルにしか使用できない。指定した1名のPCは、次のシーンのシーンの間、登場判定が−2される。


高貴とは高貴の生まれのことです。例えば王族や貴族、名家の出身、大金持ちの令嬢などがこれに当たります。プライドが高く厄介な存在ですが、そこが魅力だともいえます。意地っ張りで高慢でそれでも優しい部分も持っている。他クラスとの組み合わせで、一層面白い演出が可能です。

《妹術》の傾向: 基本は《高慢な態度》→《唐突な謝罪》の流れですが、フレバーとして使うのならば《莫大なお小遣い》、《使用人》なども面白いでしょう。演出面では多少テクニカルなキャラだといえます。



■ チャネリング    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 3  肉体 : 2  天与 : 3


サブクラス時上昇能力 : 天与+1


秘蹟 : 足をひっぱる
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。指定した1名のPCのきゅんかるまを即座に2増加させる。


妄想なのかどうかは判らないですが、何かと交信する不思議な力を持っている娘です。周囲とのつながりがない場合電波娘、不思議ちゃんと呼ばれますし、一定の思想に属している場合は聖なる力として捉えられることも多くあります。シスターや巫女などはこの系統に含まれるでしょう。

《妹術》の傾向: チャネリングは《妄想癖》、《絶対運命》、《以心伝心》、《言霊》などのオカルト系萌え妹術がそろっています。お兄ちゃんに「なんか不思議な子だな」と思ってもらってからが本格的な攻撃開始なので、出足は遅めの展開が多いでしょう。



■ リリカル    《妹術》リストへ

技術 : 3  感情 : 3  肉体 : 2  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 感情+1


秘蹟 : 恋に落ちて!
攻撃前に宣言する《秘蹟》。PCの萌え攻撃を強化する。一回の恋愛属性★の攻撃のみダメージに+2できる。


リリカルとはロマンチックな乙女です。他のとっぴな娘に比べればごく普通なのですが、なぁに特別であれば勝てるほど兄の争奪戦は甘くありません。その普通さで戦い抜くだけです。手が触れてもうれしい、声が聞ければ胸が切ない、キスをしちゃったらドキドキでというような、真性の少女漫画展開を狙うならばこのクラスの独壇場です。

《妹術》の傾向: リリカルは《手をつなごう》、《恥じらい》などの序盤DPダメージを与える妹術と、《はじめてのキス》に代表される、後半用の色分けが確立されています。妹術の性質に合わせて戦うだけで、十分に強力なクラスです。



■ ボーイッシュ    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 2  肉体 : 4  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 肉体+1


秘蹟 : エコーインパクト
他PCが兄に対して萌え攻撃を仕掛けたときに宣言する、特殊秘蹟。自PCもシーンに登場している必要がある。同時に萌え攻撃を行うため、任意の《妹術》を消費すること。このとき、対称の萌え攻撃と同じ属性の《妹術》である必要がある。
他PCが兄に対して仕掛けた萌え攻撃は、命中に+2の修正を得る。
命中した場合、自PCも同時に同じ属性とダメージを与えることができるが、さらにこれに加えて自PCのみは、自PCの選択した《妹術》のダメージボーナスの二倍をさらに得ることが出来る。この秘蹟は攻撃権一回を消費する。また、この《秘蹟》で《コンボ》を使用することは出来ない。


ボーイッシュとは運動系の部活に所属しているような、からりと元気のいい娘です。高い運動能力とたくらまない健康的な肢体を持っています。気持ちい友人にはすぐなれますがそれ以上の座を得るのが今後の課題。しかし、こういう友達感覚の妹こそがどきどきし始めると意外な一面で大変身というのも、ある意味お約束です。

《妹術》の傾向: ボーイッシュは《応援してる》、《仲間意識》、《二人乗り》、《一緒に遊ぼう》など、ストーリーや兄の性格にあまり影響されないような、親しさを深めるイメージの妹術をそろえているのが特徴です。最初の踏み込みのスピードはどんな妹にも負けません。



■ ケモノっ娘    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 4  肉体 : 2  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 感情+1


秘蹟 : 世界の全て
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。次の1シーンの間、自分の防御能力値は全て最も低い防御能力値と等しくなる。兄の防御能力値はそれより2低くなる。自分以外の義妹に対しては元の数値のままである。


ケモノっ娘とはケモノの属性を持った娘です。ただ単純に動物っぽい性格の娘かもしれませんし、身体に猫の耳が生えていたりすることもありえます。持ち前の人間社会を気にしない強引さでお兄ちゃんにアタックをかけます。

《妹術》の傾向: ケモノっ娘の基本は《犬ちっく》、《猫ちっく》の性格妹術でしょう。この二つは汎用的に使えます。そのうえで《散歩に連れて行って》や《一緒に寝ようよ》などの妹術で、兄の思惑をかく乱しつつ自分のペースで事を進めるのが楽しいでしょう。



■  一匹狼    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 2  肉体 : 3  天与 : 3


サブクラス時上昇能力 : 天与+1


秘蹟 : あの時、私は
幕間で使用を宣言する《秘蹟》。回想シーンとして、即座に萌え攻撃を一回、兄に対して行うことが出来る。シーンではないので、他PCが登場することは出来ない。しかし、兄からの反撃は一回行われる。この《秘蹟》はミドルでしか使用できない。


一匹狼とは一人で生きる決意を持ったストリート娘です。どんな事情かはわかりませんが、彼女の潔癖さや誇りの高さ、もしくはまったくの貧乏さや幸薄さが馴れ合いを許しません。兄を手に入れるのも真っ向勝負。それが一匹狼の生きる道です。

《妹術》の傾向: 一匹狼は二つのイメージを持っています。まずは貧乏なバイト娘。もうひとつは馴れ合いを拒むアウトローです。それぞれ関西や、チャネリングなどと相性がよいようです。《孤独》、《きつい目つき》、《雨に濡れた身体》の三連続攻撃などは決まれば非常に大きな効果を望むことが出来るでしょう。



■ 来訪者    《妹術》リストへ

技術 : 4  感情 : 1  肉体 : 1  天与 : 4


サブクラス時上昇能力 : 肉体+1


秘蹟 : 感情共鳴
幕間、もしくは自分が登場しているシーン中で宣言可能な《秘蹟》。兄の自分に対するDPを即座に4点上昇させる。この攻撃は攻撃権を消費しない。


来訪者とは宇宙、異次元、天国、魔界やそのほかファンタジーな所からやってきた、この世界の住人ではない存在です。しかし、このゲームのオキテにしたがってちゃんと美少女です。(美少女の定義は様々なので、PL諸氏にお任せします)。
ラブコメはもはやなんでもありの次元に突入してるわけですが、それは世の中のマンガやゲームが証明してるし、何の問題もないということにいたしましょう。

《妹術》の傾向: 来訪者は天使系と悪魔系、さらには不思議能力系の妹術を持っています。どれも演出に癖があるものですが、《異形の弱点》、《魔法or超能力》、《世間知らず》などは比較的、運用が簡単です。



■ 委員長    《妹術》リストへ

技術 : 4  感情 : 2  肉体 : 2  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 技術+1


秘蹟 : お行儀良くして
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。この《秘蹟》はミドルにしか使用できない。次のシーン、自PC以外のPCの萌え有効判定は全て−2される。


委員長とは文字どおりクラスの委員長です。もちろんクラスで無い場合はただのあだ名、そういう存在を指します。面倒見がよく芯が強いため、自然と仕切り屋、リーダーにさせられてしまう娘です。その正義感やしっかりした性格から損な役回りをふられ、煙たがられることも多いのですが、それが兄の気持ちをゲットする役に立つのです。

《妹術》の傾向: 委員長は《眼鏡っ娘》、《貧乳》の黄金コンボをもっています。このあたりは他のクラスにピンポイントで混ぜる意味もありますね。また《小言》などはちゃらんぽらんな兄に真心を伝えるチャンスです。



■ 人間不信    《妹術》リストへ

技術 : 3  感情 : 1  肉体 : 4  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 肉体+1


秘蹟 : 私の心に触れないで
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。PCは自分のDPを即座に4点低下させることが出来る。


人間不信とは自分の殻に閉じこもった娘を指します。自閉症というわけではありませんが、世界を信用していません。そんな心の叫びがお兄ちゃんに届けばきっとおにいちゃんとラブラブな関係が築けるでしょう。

《妹術》の傾向: 人間不信は《無口》、《絶対防御線》等の序盤妹術で雰囲気を盛り上げ、《不信感》、《触れ合ったぬくもり》などの後半妹術へつなぐ構造を持っています。クセのある上級プレイヤー向けのキャラクターです。



■ 過去の旅人    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 2  肉体 : 2  天与 : 4


サブクラス時上昇能力 : 天与+1


秘蹟 : あなたの寝顔
幕間で使用を宣言する。《秘蹟》。この《秘蹟》はミドルにしか使用できない。
兄が寝ている、意識を失っている擬似シーンをすぐさま発生させる。このシーンは《秘蹟》使用者のモノローグとして処理されPCは即座に萌え攻撃を一回、兄に対して行うことが出来る。シーンではないので、他PCが登場することは出来ない。また、兄からの反撃も無い。きゅんかるまを1点を消費する。


過去の旅人とは何らかの理由で過去から来た妹ですです。幼馴染というのも、このクラスの再現範囲内です。コールドスリープなのか、生まれ変わりなのか、それとも幽霊として存在してきたのかはPL設定によります。あなたは兄の記憶を持っているかもしれませんし、面影を追っているだけかもしれません。

《妹術》の傾向: 過去の旅人は《ずっと見ていました》、《お兄ちゃんの知識》、《思い出の品物》など非常に使い勝手のいい妹術と、《前世の知識》など、演出が難しい特技が混在しています。設定に従った選択が勝利の鍵でしょう。



■ 関西    《妹術》リストへ

技術 : 4  感情 : 1  肉体 : 3  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 技術+1


秘蹟 : 冗談めかした告白
攻撃前に宣言する《秘蹟》。1回の攻撃に限り、「好奇」属性の《妹術》や《コンボ》で、LPにダメージを与えることが出来る。当然恋愛防御は引かれる。この《秘蹟》で《コンボ》を用いた場合、《コンボ》で組み合わせた《妹術》の数だけのきゅんかるまを消費する。単体の《妹術》の場合はきゅんかるまは消費しない。


関西とは明るく元気な大阪っ子です。威勢が良くてねぎりが上手で以外に涙もろいところがあってといった感じです。持ち前の勢いでボケもツッコミもこなすため、シーンをリードしていける駆動力があります。

《妹術》の傾向: 関西は《関西弁》、《涙もろい》、《威勢がいい》など想像通りの妹術がそろっています。これらの妹術を駆使してゆけば最初から最後まで自分のペースで戦いを進めることが出来るでしょう。



■ ギャル    《妹術》リストへ

技術 : 1  感情 : 4  肉体 : 2  天与 : 3


サブクラス時上昇能力 : 感情+1


秘蹟 : わたしの独壇場
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。1シーンの間、自PCのみ全ての萌え有効判定を+3で行うことが出来る。


ギャルとは自信満々で自分の魅力を心得たいわゆる「仔猫ちゃんタイプ」の義妹です。始末に終えない小悪魔タイプとして兄を撹乱して自分のペースで進めることに長けています。幼いお色気と、男の気持ちを先読みしたような意地悪さで、兄を篭絡しましょう。

《妹術》の傾向: ギャルは《イジワル》、《口喧嘩》などでペースを握りつつ、《経験済みの告白》などの大きな妹術を決める隙をさぐる戦い方が向いています。ポイントは兄を振り回すこと! 兄の興味が自分に向けば、後は一気に押し切るパワーを持っています。



■ 病弱    《妹術》リストへ

技術 : 4  感情 : 3  肉体 : 1  天与 : 2


サブクラス時上昇能力 : 技術+1


秘蹟 : あなたも義兄さんのことを……
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。OPには使用できない。指定した1名のPCに墓穴を掘ったのと同じ効果を与える。


病弱とは身体の悪い義妹です。程度は喘息餅から不治の病まで。その儚げで消え入りそうなイメージが世の中の兄の保護欲をかきたててやみません。月に一度は血を吐いて兄の気を惹くのが基本戦略です。

《妹術》の傾向: 病弱は《健気》、《発作》などのイメージどおりの妹術がそろっているため、プレイはさほど難しくありません。以外に思われるかもしれませんが、ただ病弱を前面に押し出した妹は、以外に萌えないものです。《押し寄せる絶望》、《焦がれる希望》などをまじえつつ、あくまでフレーバーとして控えめの演出をしてみましょう。なに、この毒は一滴でも十分兄を殺害せしめる力を持っています!



■ 無邪気    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 4  肉体 : 3  天与 : 1


サブクラス時上昇能力 : 感情+1


秘蹟 : ドキドキしてね
攻撃前に宣言する《秘蹟》。PCの萌え攻撃を強化する。一回の好奇属性☆の攻撃のみダメージに+4できる。


無邪気とは悪意のかけらも無く(演技かもしれませんが)兄を翻弄する義妹の基本とも言えるタイプです。基本とはいえその能力は高く単体でも十分、兄を骨抜きに出来るだけの力を秘めています。

《妹術》の傾向: 無邪気は《隙だらけ》、《ほんわか》、《大好き!》、《スキンシップ》などの王道とも言える妹術がそろっているため、どんなストーリーでも真ん中を通っていける強さを持っています。細かいことを考えずに、兄に甘えてじゃれましょう! 勝利は目の前です!



■ コンビ    《妹術》リストへ

技術 : 1  感情 : 2  肉体 : 3  天与 : 4


サブクラス時上昇能力 : 天与+1


秘蹟 : デュアルショック
攻撃前に宣言する《秘蹟》。萌え攻撃の際、ダイスで決まる基本威力を二倍に出来る。《妹術》や《コンボ》のダメージ修正は含まない。


コンビとはかなり特殊なクラスです。具体的には「すごく仲良しな二人組」か、「双子」、「二重人格」を指します。コンビはコンビクラスの術は二人とも使えますが、コンビ以外のクラスはひとつづつ割り振られています。つまり二つのクラスを持つ二人組みということになります。また能力値や、DP、LPは共有です。

《妹術》の傾向: コンビは《ライバル心》、《ステレオでしゃべる》、《対照的な服装or髪型》などの二人組らしい特技を持っています。しかしこういった妹術そのものよりコンビの特徴は一人のプレイヤーが二人のキャラクターを受け持つという演出面の強さです。片方の妹が拗ねて、片方が兄に慰めるように要請するなど、上級者向けですがトリッキーな戦い方をすることが出来ます。



■ 外人    《妹術》リストへ

技術 : 1  感情 : 2  肉体 : 4  天与 : 3


サブクラス時上昇能力 : 肉体+1


秘蹟 : みんなクラクラ
幕間に使用を宣言する《秘蹟》。自分以外の全PCのきゅんかるまを即座に1増加させる。


ガイジンとは文字通り外人のことです。欧米やアジア、果てはマリネラ王国から来た南国娘という設定でもかまいません。マイペース&奔放な行動が売りです。

《妹術》の傾向: 外人は《マイペース》、《いんちき外国語》、《ダイナマイトボディ》など色物ともいえる特技を多く備えていますが、性能はけして低くありません。単体では戦いにくいと思いますが、他クラスと組み合わせることによって十全に実力を発揮するでしょう。



■ ロボ    《妹術》リストへ

技術 : 2  感情 : 2  肉体 : 1  天与 : 4


サブクラス時上昇能力 : 天与+1


秘蹟 : エモーションチャージ
攻撃前に宣言する《秘蹟》。この《秘蹟》はミドルにしか使用することが出来ない。
一回の萌え攻撃を強化する《秘蹟》であり、一つ前のシーンに登場していなければダメージ+2。その前のシーンにも登場していなければ+4、3シーン以上に登場して無い場合は+6ダメージ修正を得る。攻撃が恋愛属性の場合、きゅんかるま1を消費する。


ロボとはサイボーグやアンドロイド果ては完全機械生命などのロボ娘をさします。恋愛などはロボからは程遠いところにある行為ですが、それだけにチャレンジのしがいのある課題です。無垢な魂ととっぴな行動で兄に迫ります。

《妹術》の傾向: ロボは《論理的》、《高速演算》、《無垢》などロボ娘に必要な妹術を兼ね備えています。その一方で《本物と同じですか?》、《オーバーヒート》などのロマンチックな妹術もあり、癖はあるものの汎用的に取り回せる妹になっています。



■ 実妹    《妹術》リストへ

技術 : 1  感情 : 4  肉体 : 4  天与 : 1


サブクラス時上昇能力 : 天与+1


秘蹟 : 私だけのもの
幕間で使用を宣言する《特技》。この《秘蹟》はミドルにしか使用することが出来ない。
次のシーンは自分以外の全PCの登場判定は−2される。


実妹とは本当の妹です。義理の妹が兄を付けねらうというこのTRPGではまさに反則キャラです。そのためGMの許可が無い限り使用することが出来ません。とびっきり危険なプレイにのみ登場します。

《妹術》の傾向: 実妹は《秘められた恋心》、《わたしの指定席》など、比較的穏当な術もありますが、《……いいよ。》、《禁断の果実》などになると、まさに反則としか言いようの無い演出を持ってしかどうにもならない妹術も持ち合わせています。もしGMの許可が出たら、核ミサイルの発射スイッチを任されたドキドキを持ってプレイしてください。

Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _