Cute Sister TRPG リンクサイトマップCSTについて管理人小屋
はじめに Basicシステム Rapidシステム 世界設定 ギャラリーや企画など Topへもどる

† 導入 †
序章
ゲームの目的
How2Play


† プレロールド †
 お節介幼馴染
 高ピーお嬢様
 内気な眼鏡っ娘
 天然お姉さん
 小悪魔的ボーイッシュ
 試作型ロボっ娘
 魔女っ娘先生
 人間不信のケモノっ娘


† キャラクター作成 †
キャラクター作成の基本
 クラスの紹介
 組織紹介


† プレイしよう! †
ゲームの全体像
シーン
萌え戦闘


† マスターセクション †
兄の作成
 因子共鳴のリスト


† チャート †
サマリー



サマリー

ドキドキテーブル

DP恋愛防御ときめき墓穴抵抗目標
1〜102d6+2LP−25
11〜15322d6LP−20
16〜20161d6+2LP−15
21〜2581d6LP−10
26〜3041d6LP−5
31〜4021d6+1LP−2
41〜5011d6+2LP
51〜6002d6LP+2
61〜02d6+2LP+4



セッションの進行



幕間
幕間で出来ること
・(前シーンに出なかったPCのみ)きゅんかるまの低下2点

幕間で行うべきこと
・次シーンのシーンPCを決定(GM任意orシーンオークション)
・シーンPCの希望《妹術》orシチュエーションを聞く



シーン


※シーンPCはきゅんかるま1点をしはらえば、二回目の攻撃を行える(追撃)。OPでは追撃は行えない。



登場判定
式:登場値+2d6+修正≧難易度
シーンで行われた萌え攻撃一回ごとに+1の修正を得ることが出来る。
シーンPCは登場を妨害するためにきゅんかるまを使用できる。その場合登場判定が−1dされる。登場を希望するPCはきゅんかるまを1つ消費するごとに+1dすることが出来る。



シーンオークション
次のシーンのシーンプレイヤーを決める方法のひとつ。(通常はGMの指名による)。
基本的には、登場値+2d6の値が一番大きかったPLがシーンプレイヤーとなるが、この時「きゅんかるま」を1点支払うごとにさらにダイスを一個増加できる。全員の支払う「きゅんかるま」が決定した後にダイスを振ること。



抵抗ロール
LPを押さえ込むための判定。成功すればLPを無視できる。
LPは恋心なので、成功=恋心を抑える。失敗=恋心に従う。となる、たとえば命の危険を顧みず危機から好きな人を救うためには「失敗」する必要がある。
式:2d6≧抵抗目標(ドキドキテーブルに記載)



萌え攻撃の方法

1)攻撃する《妹術》の決定する。
攻撃する《妹術》を決定する。


2)有効判定
《妹術》に設定された命中値+2d6で有効判定を行う。この値が、《妹術》ごとに設定された対応能力値の、相手の防御力を上回っていれば、攻撃は成功!
式:命中値+2d6≧回避側の該当能力防御力


3)ダメージ決定
有効判定時にふったダイス目で一番大きい目と、1が出た個数が基本威力。これに使用した《妹術》のダメージボーナスを全て足したものが、最終ダメージとなる。

例:ダイスの目が4と3の場合、一番大きい目は4なので威力は4。4と1の場合も4が大きい目だが、1が1つ出ているので+1で、威力は5になる!


4)ダメージ処理
ダメージ属性が[恋愛]の場合
式:実際に増加する「LP」=[恋愛]属性のダメージ−恋愛防御

ダメージ属性が「好奇」の場合
式:実際に増加する「DP」=[好奇]属性のダメージ




「きゅんかるま」の使い方
・攻撃の当てたい!
「きゅんかるま」を1上昇させるごとに萌え攻撃のダイスを1個多くふることが出来ます。ただし、+3個まで。ダイスが増えるため、当然ダメージも上昇する可能性が高くなる。

・攻撃を回避したい!
「きゅんかるま」を1上昇させるごとに防御能力値を一時的に+2することが出来ます。この上昇は一回の攻撃に対応するためのものです。3つのきゅんかるまを消費し、+6の修正まで得ることが出来ます。

・もう一回攻撃したい!
シーンPCは「きゅんかるま」を1点上昇させることで、シーンにつき一回の攻撃権をもうひとつ手に入れることが出来ます。3回目の攻撃権はきゅんかるまをつかっても手に入りません。またこの追加攻撃権(追撃)はOPでは得ることが出来ません。

・他PCのシーンに登場したい!
「きゅんかるま」を1上昇させるごとに登場判定のダイスを1個多くふることが出来る。ただし、+3個まで。

・私のシーンに登場させたくない!
あなたがシーンプレイヤーの場合に限り、「きゅんかるま」を1上昇させるごとに他PCの登場判定のダイスを1個少なくする事が出来る。ただし、+3個まで。

・自分のシーンがほしい
「きゅんかるま」を1上昇させるごとに「シーンオークション」判定のダイスを1個多くふることが出来る。

いずれの場合もきゅんかるまの上限は10なので、これを超えるような上昇のさせ方は出来ない。



墓穴(ファンブル)
判定でダイス目の合計が「きゅんかるま」以下ならば墓穴が発生する。墓穴が発生したCPのDPが「ときめき墓穴」の値だけ上昇する。「ときめき墓穴」の値は現在のDPによるので、ドキドキテーブルを参照すること。墓穴が発生した場合、即座に「きゅんかるま」が1点低下する。

Powered by TRPG [Cute Sister TRPG] _