GM: たくわん
文責: MMG

ナイトウイザードオンラインセッション

     『オーバーナイト』キャンペーン 最終話

「 真昼の月と暗黒の太陽 」


■ 目次 ■

オープニング1『祝勝ムードの影で』
オープニング2『心の迷宮』
オープニング3『アンゼロットの過去』
オープニング4『蝿の女王の忠告』
オープニング5『アンゼロットの襲撃』
ダイブ:Aチーム『アンゼロット救出班』
ダイブ:Bチーム『魔法動力炉停止班』
ダイブ:Cチーム『節制の宝玉奪回班』
クライマックス『最終決戦』


■ 今回予告 ■



  アンゼロットの中のふたつの心
 ひとつはその奥に眠り、封じ込められた。
 いつも光を求めていた。
 封じられた憎しみも忘れなかった。

  そして、解放は突然やってくる。
 “節制の宝玉”がもたらされ、その力が抑えられ、
 もう一人のアンゼロットが甦る。

 ナイトウイザード『オーバーナイト』キャンペーン 最終話
      『真昼の月と暗黒の太陽』

  そして、世界は大きく変わる。



このセッションは、ナイトウイザードシナリオ集オーバーナイトのシナリオを使用しています。
ネタバレのため、今後このシナリオをプレイする可能性のある場合はご注意ください。

メンバー表はここにありますが、セッション当時のものではなく、成長後のデータに更新されています。
目次へ

■ プリプレイ ■

【アマネPL】遅くなったー!(汗
【転助PL】いらっしゃーい
【こなかPL】まだはじまってないからOKOK
【彩PL】いらっしゃいです

【彩】「えっと、前回の話は、宝玉をお互いに手に入れるために魔王が立てた3つの塔を攻略したのよね。そのあとベルと戦ったと」
【彩】「それで宝玉の欠片は全部集まって、アンゼロットに渡したのよね」
【こなか】「そそ、んでアンゼロットから労いの言葉もらったわけだ」
【木一郎】「まぁ、これで一件落着だよ。きっとね」カンペ読み

【転助】「ああ。ただ、なんだか最後のアンゼロットがいつもと違ったんだよなあ」
【こなか】「たしかに、あのアンゼロットはいつもと違ってたねえ」
【アマネ】「なんかこう、性悪と言うよりハラグロイドっぽかったのじゃ」(何
【彩】「まあ何かあっても、ウィザードである私たちがどーにかしてみせるわよ。その為の魔法なんだから」
【こなか】「そうそう、その意気だね。彩りん☆」( =ω<.)bΣ

【アマネ】「……借金はどうにもならぬのかのう」えぐえぐ。
【転助】「ならねえかなあ」くたん
【こなか】「自分の力でがんばれー」(笑)
【木一郎】「意外とどうにかなるものだよ。うん」
【アマネ(小)】「(どろんっ)うぅぅ……ひもじい……」(笑)
【こなか】「アマネっちは完済も近いんじゃないかね。アキバで稼いでるから」(爆)
【アマネ(小)】「……実は、その。日刊アキバ新聞から……」スイミングアイ。
【こなか】「オウエンしておるよ、アマネっち」肩をポン
【アマネ(小)】「うわぁーんっ!?」えぐえぐ。


【GM】というわけで第3話、始めてもよろしいでしょうか!
【彩PL】よろしいですー
【リンリンPL】おー
【転助PL】はーい♪
【アマネPL】よろしくてよっ!
【こなかPL】いいでーす!(九重りん風@こじからじおw
【GM】うし、それじゃあ始めようか! まずはOP1、節制の宝玉入手祝勝会!

目次へ

■ オープニング1『祝勝ムードの影で』 ■

 アンゼロット宮殿の宴の広間。
ロンギヌスをはじめとする宝玉の欠片争奪戦に参加した大勢のウィザードたちが集められ、壇上のアンゼロットを見守っている。


【アンゼロット】「それでは皆さん……かんぱーいっ!!」

 アンゼロットの乾杯の音頭で、盛大な祝勝会が始まった。

【転助】「かんぱーい」
【こなか】「かんぱぁ〜〜〜〜〜〜〜いっ!」
【アマネ(小)】「かんぱいなのじゃ……く、くぅっ」ぴょんぴょん。
【遙】「乾杯です」

【こなかPL】なにげにシャンパンをぐいぐいと飲み干す。<未成年だろ、オマエw

【木一郎】「さて、まずはこれはしばらく持つからタッパーに詰めよう」いそいそ
【彩】「乾杯。……なんかいきなり不安になることやってる人がいるけど」(汗)
【瑞樹】「乾杯ー。って、しょっぱなからそれかい、探偵」あたまおさえる。
【転助】(びくうっ)<隣で同じことやってた男その2
【リンリン】「はぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐ」

【アマネ(小)】「……せめて食いだめせぬか。みみっちぃ」目の前には既に、山盛りの稲荷。
【木一郎】「いや、食料の確保って案外大事でね? その。うん。スーパーの安売りって言っても高いんだよ?」タッパーを月衣に隠しつつ
【こなか】「なんでこう貧乏性の人が多いかな」(笑)

【遙PL】アマネっち、小だと限界あるから大に変身して食いだめだ!(笑)
【こなかPL】腹の大きさかw
【アマネ(小)】「胃袋の下限に応じて変身するのじゃ、気力を温存するコツじゃの」(待て

【アンゼロット】「皆さんのおかげで、見事大勝利です!」アンゼロットもご機嫌な様子で、みんなやロンギヌスたちへねぎらいの言葉をかけている。
【アマネ(小)】「おーっ! はぐはぐはぐ……んむんむ」
【こなか】「大勝利、なのはいいんだけど、アタシたちって最大の功労者だよね?」<アンゼにそれとなくいうw

【こなか】「薙っちにいわれたんでしょ? もって帰って来いって」(笑)
【木一郎】「い 【薙】「そんな効率の悪い奪取はいたしません」 ……だそうだよ?」背後に氷付けにされた食材の山
【こなか】「長期保存もバッチシだね☆」(笑)

【彩】「転助もみっともないから真似しないの。たくもう、何のためにお弁当作ってあげているのよ」
【転助】「いやさ。これで2日くらい紅林が早起きしなくて済むわけだし」
【彩】「別に早起きは苦労でもなんでもないし、好きでやっているんだから余計な気を使わなくてもいいの(でこぴん)。その……幼馴染んだし」
【転助】「あでっ」
【アマネ(小)】「……素直じゃないのう、あっちは」はむはむはむ。
【瑞樹】「彩ちゃん……考え直すなら、今のうちよ?」微妙な笑い顔で囁く(笑)
【彩】「考え直すってなにを?」 きょとん
【瑞樹】「いえ……なんでもないわ」
【瑞樹】(ま、似たもの同士でお似合いよね)
【こなか】「まあまあ。あの微妙な(?)関係がいいんだよ、きっと」(笑)
【アマネ(中)】「(どろんっ)まぁ、ああいう甘酸っぱい青春も羨ましい限りじゃ」はむはむ。

【ザ・ゲイザー】「……」カレーまん始めましたのノボリ
【こなか】「ここまできたよ、あのおじさん」(笑)

【彩PL】ゲイザーさん何をやってますですかw
【アマネPL】ちょ、ゲイザー!?(笑
【遙PL】だから、待て、ゲイザー(笑)
【GM】ゲイザーw

【木一郎】「一つもらおうか」まふまふ
【転助】「ぁ、おっちゃん、カレーまん人数分ー」とてとてと大皿持って取りにいきます
【アマネ(小)】「……突っ込まぬ方がいいのかもしれんぞよ?」はむはむ。<ゲイザー
【こなか】「それはそれとして……。おっちゃーん! カレーマン3つー」(笑)
【ザ・ゲイザー】「うむ、中のカレールーには拘りがある。はいよっ、カレーまん3つ」

【彩PL】肉まん、あんまん、カレーまんは既にコンビニにおいてはデフォルトです。
【遙PL】最近コンビニであんまん見かけない
【彩PL】むしろカスタードまんを始めましたとかにしないとインパクトないですよ 宣伝効果としてっ(どどーん)
【転助PL】むしろブルーベリーチーズクリームまん!(でもあんまりおいしくなかった
【彩PL】あんまんと冷たい牛乳のコンボが好きです
【こなかPL】肉まんかあんまんだな、オイラの場合
【アマネPL】普通に肉まんが好きです。(笑
【ザ・ゲイザー】「……時代の流行とは厳しいものだな。これも裁定者の力ということか……」
【転助PL】あはははは
【彩】「渋い声で喋っても市場リサーチミスなのは変わんないし」(カレーまんもふもふ食べる)
【木一郎】(チーズクリームまんハジメマシタの幟)
【彩PL】あははw
【こなか】「対抗すんなよ」(笑)
【木一郎】「いや、拾ったんだよ。そこで」
【彩PL】そんなものひろうなーですw
【こなか】「ひろってくんな」
【アマネ(中)】「返してきなさい、なのじゃ」
【木一郎】「風呂敷に便利だと思ったんだけどなぁ」(すごすご

【転助】(アンゼロットは……いつも通りかあ。この前の違和感は気のせいかなあ)
【アンゼロット】「今日は無礼講です。存分に召し上がれ」
【リンリン】「はぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐ」
【こなか】「せんきうー」
【彩】「無礼講以前に、礼儀を知っているのか不安になるメンツがいるんだけど……まあ勝利祝いだしね無粋なことは言わないわ」
【瑞樹】「……思いっきり言ってるわよ」思わずツッコミ。

【こなか】「さっきから気になってたんだけど……」
【こなか】「リンリン、いったい何人前食べたんだ?」(汗)
【リンリン】「はぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐ」<<一騎当千
【アマネ(中)】「……胃袋の中にヴァニティ・ワールドでも展開しておるのか、こやつは」はむはむ。
【こなか】「……リンリンならありえる」
【遙】「すでにテーブル4つは片付きましたね」(ごくごく
【こなか】「うかうかしてると、あたしたちが食べるものがなくなりそうだ」(笑)
【リンリン】「はぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐ」<<カグヤ(胃袋)
【転助】「その手があったか!」がびーん <月衣=胃袋
【アマネ(中)】「いや、それじゃと……剣を喉からずるりと吐き出すハメになるぞよ?」はむはむ。
【こなか】「それだと、いつまでたっても満腹にならないんだけど」(笑)
【リンリン】「……し、しまったのだ〜〜〜!?」>>満腹にならない
【こなか】「気づかなかったのかい」(笑)

【リンリンPL】グルメデフォアッグラと同じ落とし穴がっw
【遙PL】いや、無印の月衣は結構容量小さい(笑)
【彩PL】食事の重量は0。0は幾ら足しても0ですから
【アマネ(中)】「喰わされた観衆は大変なのじゃ」(何
【こなかPL】小さいっていっても、食事くらいなら山ほどはいるでしょうw
【彩PL】ルール的に容量は埋まらないです(屁理屈)

【転助】「……まあさ。アンゼロットもお疲れ様。挨拶周りもいいけどさ。あんたも肩の力抜いて楽しまないと、つぶれちまうぞ?」

【転助PL】賑やかな周りを見つつ、ほい、とゲイザー印のカレーまんを渡します。

【彩】「そうそう。アンゼロット様が気楽に楽しんでもらわないと私たちも気を使っちゃうしね」
【アンゼロット】「ええ、ありがとうございます。“節制の宝玉”が私の……いえいえ、ウィザード陣営のものになったことで、だいぶこの先の戦いが楽になりました。今日ぐらいは大いに羽目をはずして、楽しみましょうか♪」
【アマネ(中)】「……私物化していい物なのかえ?」ぢとー。はぐはぐ。
【遙】「はい。では私はアンゼロット様にお酌させていただきます」ワインのボトルを持って傍らに
【こなか】「さってと、次はワイン、いってみようかー」(背景w
【彩】「そうそう。まだ他の宝玉もあるんだろうし。明日からまた忙しくなるんだしね」
【アマネ(中)】「さもありなん」お稲荷はぐはぐはぐはぐ。
【瑞樹】「さて、私も羽目を外すとしようかしら」手酌で注いでくーっと飲む。

【木一郎】「転助君が今日の犠牲者か南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」ワインをラッパのみしながら
【転助】「おう。……ってどういうことだよ探偵サン」
【木一郎】「その配置でアンゼロット女史の影響を受けずにすむとおもうのかい?」少しだけ真面目な顔
【転助】「アンゼロットの影響? ……ってちょっと待てアンゼロットなんだその柊先輩(オモチャ)を見るような目でオレを見るなー!?」
【アマネ(中)】「南無八幡大菩薩、と」はぐはぐはぐはぐ。
【アンゼロット】「ま、ま、転助さん、ぐぐーっと、ぐぐーっと」

【彩PL】生贄とかいて犠牲者と読む?
【木一郎PL】酒の肴と書いて犠牲者と読む
【彩PL】なるほどです
【こなかPL】納得(笑)

【彩】「未成年なんだからアルコールはダメだからね? まえ間違えて飲んだ時は……よく覚えてないけど大変だった気がするし」
【こなか】「はひ? あやりん、にゃんかいったかにゃ?」すでにとき遅し
【転助】「え、ええいっ。えと、こういうときの良心っぽいのは……はっ! 遥さん、あの守護者サマを止めてくれー!」
【遙】「お酒はまだまだありますよ〜」(ワインやらウイスキーがすらりと並んだワゴンを持ってアンゼロットのそばに控える。
【瑞樹】「あら、気が利くわね」無造作にワゴンに手を突っ込んで、キツそうなのを一本引っこ抜いて手酌。
【彩】「というか、遥さんも酔ってる?」(汗)
【遙】「いえ、私はこの程度では酔いませんよ?」

【こなかPL】転助はポスト柊になったか。(-人-)
【彩PL】なむー
【アマネPL】なむさーん。

【リンリン】「ンぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐんぐっ……っぷは〜!」
【アマネ(中)】「……こらこなか、貴様まだ潰れるの速いぞ」てしてし。
【彩】「こなかは未成年じゃないから問題なし。転助は飲んじゃだめだよ?」
【こなか】「つぎはぁ〜、なにをぉ〜、のもうかにゃ〜♪ ……あ、すくりゅーどらいばー、はっけーん!」ぐびぐび
【転助】「こなか、明らかに同級生だろー!?」
【こなか】「ちがうもぉ〜ん! こにゃか、せんぷぁいだもぉ〜ん!!」
【瑞樹】「こんなところで日本の法律がどうとかは言わないけど、無茶な飲み方したら自分に跳ね返ってくるわよー?」別に咎めるわけでもなく言いつつ、きゅーっと呑む。
【木一郎】「まぁまぁ、それほど強くないお酒ならいいんじゃないかな? ほら、シャンパンなんかどうかな? ブルゴーニュの1904だそうだけど」といって転助と彩に押し付ける
【アマネ(中)】「なんというか、酒宴である事自体が大間違いな気もしてきたのじゃ……」はぐはぐはぐ。

【アマネPL】……こなか、未成年じゃないっけ?(笑
【彩PL】……あれ?
【彩PL】おお 17歳でした
【こなかPL】17よw
【GM】正直、成人キャラのほうが圧倒的に少ないぜw
【瑞樹PL】ザ・社会人。問題なし。
【木一郎PL】立派な(訂正ボタン連打)社会人
【彩PL】そんな状況でアルコール出すなーです(笑)>未成年多数
【リンリン】「……え〜っと、リンリンはもう大人なのだ」
【こなか】「リンリン、ダウト」(笑)
【GM】失礼な! 「お酒もある」だけで、普通のノンアルコール飲料だってあるんだ!
 誰も未成年者が呑むのを止めようとしないがw
【転助PL】あはは。

【彩】「……じゃあ飲んじゃダメじゃない!?」 あわてて取り上げる「ほらお水飲んで酔い覚ましてーもうー」
【こなか】「うにゃー!! かぁ〜えぇ〜しぃ〜てぇ〜!」ぴょんぴょん
【アマネ(中)】「……ていっ」ずびしっと手刀(待て>こなか
【こなか】「ひでぶっ」ぱたり
【彩】「って? こなか?」 ゆさゆさ
【こなか】「うにゃあぁ〜、めぇ〜がぁ〜まぁ〜わぁ〜るぅ〜」ぐるぐる
【アマネ(中)】「……ほれ、気付けのウコンドリンクじゃぞ」ラッパ飲みさせる。(待て
【こなか】「(ぐびぐび)………………………………………………、!!!!!!!!!」
【こなか】「むぎゃおぅ〜〜げほばぁ〜〜〜〜!!」
【アマネ(中)】「……有無、効き目は上々♪」はぐはぐはぐ。
【彩】「もうー。ほら、口をぬぐって」
【木一郎】「とてもひどい状況だね。本当に」口元に少しだけ笑みを浮かべる

【彩PL】具体的に酒宴、じゃないこのシーンはいつまで続くんだろう?
【木一郎PL】たっきゅんが何かイベント起こさないと
【アマネPL】アンゼが適度に締めて……無理か。(三秒で放棄。
【GM】ふむう、いつ起こしてよいものやら迷うぜw
【転助PL】こっちは、アンゼに話かけたことでやりたいことはOK。
【彩PL】止めてる止めてる 止まって無いだけでw
【GM】まあ、そろそろ起こしますかw
【転助PL】おう
【アマネPL】お願いします(笑

【転助】「ほら、水。口直しにはなるだろ」
【こなか】「一体、ナニ飲ませるのだぁ! ……って、はれ?」
【遙】「あ、転助さん。それ泡盛です」
【転助】「…………」
【こなか】「(んぐんぐんぐ)……ぷっはぁ!」あ
【転助】「それを早く言えー!?」
【アマネ(大)】「(どろんっ)……収集つかんの、最早」けたけた。
【こにゃか】「うへれへへへぇ〜♪ いいきもぉちらぁ〜」ふらふら
【彩】「……はぁ……まあいいか」(苦笑しながらも楽しそうに笑う)
【リンリン(大人)】「ぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐびぐび」

【彩PL】はいな……なんか惨事おきてるし
【アマネPL】こ、こなかが……(笑
【こなかPL】……誰か止めれw
【転助PL】こにゃかw
【こなかPL】だれか、こなかにトランキリティをくれw
【木一郎PL】そんな便利な魔法はもってない(
【こなかPL】バッドステータス:酩酊(笑)
【転助PL】ヒーリングウォーターしかないですw
【アマネPL】魔法はない!(どーん

【転助】「くああ。アンゼロット宮殿が未だかつてこんな混沌に陥れられたことがあろうか!」
【転助】「……ありそうだなあ」
【木一郎】「割といつものことだと思うよ」
【アマネ(大)】「いや、ベクトルが違って良いのなら結構混沌そのものは這い寄っておりそうじゃが」
【こにゃか】「そおうそおう、いちゅものこといちゅものことぉ〜。えへへー」

【楓丸PL】はじまってるかしらー
【遙PL】始まってます
【転助PL】宴会中ですー
【遙PL】転助を酔い潰そうの会(笑)
【GM】今は宝玉入手おめでとう会。
【楓丸PL】隙見てはいる。で、どこなのここ?
【GM】アンゼロット宮殿ですー。
【アマネPL】なぜか、酔いつぶれてるのはこなかですが(笑
【こなかPL】止めるつもりで泡盛渡した転助が悪い(笑)<水のつもり
【彩PL】泡盛にしたのは遥さんだしw
【転助PL】えーん、遥さんの絶妙なフリにはめられたんですようw
【転助PL】あんなにおいしいフリを受けたらそのまま渡すしかないじゃないですかっw
【遙PL】せっかく、転助用に仕込んでたのに(笑)
【転助PL】うあんw
【木一郎PL】(によによ
【こなかPL】このシーンのこなたはただの迷惑な酔っ払いです。役に立ちません(笑)
【GM】もうちょっとしたらシーン進めようかねw
【こなかPL】そう願います。(笑)

【楓丸】「ちーす。バイト長引いた」
【転助】「お、楓丸おつかれっ!」
【アマネ(大)】「おお、よく来たのう……丁度今惨事じゃ」こなかだった物体とかを指差しつつ
【木一郎】「とりあえず駆けつけ三倍といこうか」
【転助】「今日はアンゼロットの大盤振る舞いだってさ。な?」
【瑞樹】「がんばってるわね。先にやらせてもらってるわよ」んきゅんきゅ。
【彩】「いらっしゃい。楓丸くん」
【こにゃか】「うぉーい! かえでぇっちー。おすぉいずぞぉ〜」

【楓丸】「あいかわらずだなぁやれやれ」
【彩】「気が付いていたら既に飲んでいたのよね。楓丸君はお酒飲んじゃダメだからね」
【遙】「こんばんは、楓丸さん。アンゼロット様からの『かけつけ三杯』です」トレイに乗ったグラス3つを差し出す
【楓丸】「おお、遥ちんありがとー」グラスを受け取る。

【アマネ(大)】「で、転助気を抜くとアンゼに掴まれるぞよー」棒読み。
【転助】「いや。いくら高レベルでも、大の男を猫掴みとかありえないだろ」
【彩】「そーいう意味じゃないから」
【アマネ(大)】「おお……ほら、後ろに」そそくさと退避。
【木一郎】「そしてなぜ僕が捕まっているのか理解に苦しむ」ちびちび飲む

【瑞樹】「バイトおつかれ。ま、一杯呑め」グラスに注ぐ。
【楓丸】「そういう事だから、彩ちゃんごめんね」グラスに口を付け
【こにゃか】「ほれほれ、かえでっちぃー。イッキ、イッキ、イッキ、イッキ!」煽るなw
【楓丸】ぐび「………ぎぼぢわ"る"い"」
【木一郎】「一気は危険だから却下」カレーマンを投げる>こなか
【瑞樹】「ぁー、無理はするな。あんなふうになられても、たまらんからな」こなかのほうを見て。
【こにゃか】「ほれ、イッキ、イッキ、イkk……ふもう!」ナイスコントロールw
【アマネ(大)】「稲荷が無くなってしもうた。カレーまんでも……はぐ……うぐ、辛ッ!? からーっ!!?」じだじだ。
【こなか】「…………………………んっっぎゃあああああああああああ!!」
【ザ・ゲイザー】「ウコンもたっぷり、カレーまん」
【こなかPL】=□○_ パタリ
【アマネ(大)】「はぐうううう……しっかしせぃこなか、傷は深いぞがっくりしろ……ッ!!」辛さで涙目になりつつ。

【こなかPL】もう起こさないほうがいいよ(笑)

【遙】「転助さんもいい感じに酔ってるようですし、彩さんも一杯どうです? 無礼講ですよ」
【彩】「私は遠慮しておく。十分楽しんでるし……ああは成りたくないし」>遥さんのお酒をやんわり断る。
【遙】「そうですか、残念」差し出していたグラスを代わりに空ける
【瑞樹】「呑めないなら、ああいうふうにきっちり断っとけ。でないと苦労するぞ?」
【楓丸】「お酒なんて飲んだことねーんだよ」
【彩】「まあそれが普通だし」
【瑞樹】「まずいって思うなら、無理に呑むようなもんでもないわよ」そういいつつ、グラスを傾ける。
【楓丸】「まあ、いい機会だと思って」ちびちび

【リンリン】「んがぐぐっ!」<<カレーまん食べながら、酒樽イッキ
【木一郎】「誰か、あのバキュームカーをどうにかしてくれ」

【リンリンPL】……目の前に食べ物が有ると、リンリンが喋らないんだw
【転助】「平和だなあ」

【アンゼロット】「ふう、わたくし、少し疲れたようですわ。ちょっと席を外します」

といって、アンゼロットは退出する。

【彩】「……さすがにこの惨状に疲れたのかな?」 そのまま見送る。
【アマネ(大)】「? ……珍しい事もあるのう。天変地異の前触れかえ」
【転助】「ん。お疲れさん。ゆっくり休めよー」
【遙】「あ、アンゼロット様。部屋までお送りいたしましょうか?」
【アンゼロット】「皆さんはこのままお続けになって結構です。では……」といって自室に戻る。

【こなか】「うーん、うーん…………ストレッチマンのコスプレしたキョンが、みっくみくにされてネギ振ってる〜ぅ」寝言(爆)
【アマネ(大)】「……」ぷるぷる。
【瑞樹】「そろそろかしら……ちょっと、廃棄物処理してくるわ」こなかの襟首掴んで、トイレに引きずっていく(笑)
【こなか】(背景)「やめて! もうキョンのストレッチパワーはゼロよ!」(笑)
【木一郎PL】じゃぁ、アンゼロットの後を引きずられていく そしてたぶん途中で落ちる

【こなかPL】ナイスタイミングです、瑞樹姉さんw
【GM】後何も無いなら、シーン切るよー。
【アマネPL】OKー。
【転助PL】らじゃ。
【瑞樹PL】どぞー。
【転助PL】カオスですが、いいリハビリになりましたw

【アマネ(大)】「……心配しすぎ、かのう」カレーまんの皮だけ囓りつつ。
【彩】「…………ねえ? むしろ格好の餌(おもちゃ)があるのに今日のアンゼロット大人しかったわよね?」 首かしげ
【遙】「…………」少し残念そうにアンゼロットを見送る
【楓丸】「遥ちん、フラれたねぇ。 しょうがないな。 俺がお相手しようするよさせてくれよ?」
【遙】「いえ、結構です」楓丸の口にカラシたっぷりのカレーマンを詰め込む
【楓丸】「激辛戦隊カレーマン!」
【こなかPL】SE:げg(ry)>トイレ

【遙PL】ナイスだ楓丸。おかげで遙が少しすっきりした(笑)
【楓丸PL】遥ちんのためなら火の中水の中カレーマンさ
【リンリンPL】こなかの寝言とか、リンリンの暴飲暴食とかで地獄絵図

【転助】「やっぱり、少し変だったよなあ。……で、おもちゃってなんだよ?」
【アマネ(大)】「鬼の霍乱とはよく言うが、鬼どころではない存在じゃからのぅ……むぅ」ちびちび。
【彩】「杞憂ならいいんだけどね……ってシリアスは無理ね」(苦笑)
【アマネ(大)】「状況を整理してからでないと、とても無理じゃの」こくり。
【楓丸】「はひはひ、アンゼちゃんがどうかしたの?」
【転助】「元気がなさそうだったって話……気のせいだったらいいんだけどな」
【楓丸】「ほう、宝玉も揃ってめでたい席なのにか」
【楓丸】きゅぴーん「……男だな」
【転助】「男か!」

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】おつかれさまでしたー。
【こなかPL】おつかれー
【彩PL】おつかれさまですー
【楓丸PL】おつおつ
【アマネPL】お疲れ様ー。大惨事。(笑

【転助】「そうかあ。恋の病じゃオレにはどうしようもできないなあ……」
【楓丸PL】遥の反応が見たかったゼ
【アマネ(大)】「それだけは白面金毛九尾に誓って有り得ぬ」きぱ。
【こなか】「あのアンゼになびく男いたら、世界終わりぃ〜」寝言w
【彩】「……そうよね。転助じゃ無理よねー」(じーっとみたあと深々とため息)
【転助】「ど、どういう意味だよっ」
【彩】「ど、どういう意味って……せ、説明できるわけ無いでしょ!?」 逆ぎれ
【転助】「むう。何かオレまずいこと言ったかなあ……」ううん

【アマネ(大)】「……ええい、さっさと正気に戻らぬかッ!!」戻ってきたこなかに再度ウコンドリンク。(鬼
【ザ・ゲイザー】「ウコンもたっぷり、カレーまん」
【こなか】「きぃたぁー! あーいーの、めざめー♪」(笑)
【こなか】「今週のビックリドッキリメカ! ヤッターコナカン!」(爆)
【アマネ(大)】「……もう一息ッ!」鞘でごげしっ。(待て>こなか
【こなか】「いたあーっ!!」
【こなか】「アマネっち、いくら愛のツッコミでも、それじゃ永眠しちゃうよ!」超☆でっかいたんこぶ
【アマネ(大)】「……安心せい、峰打ちじゃ。と言っても峰打ちも十分危険なのじゃが」(待て
【こなか】「わかってるならしないでよぅ」(涙目

【GM】では次はGMシーン。

【ザ・ゲイザー】「……くっ、ピザチーズまんを完成させねば勝機は無いと言うことかっ」
【こなかPL】まだやってたんですが、ゲイザーw
【ザ・ゲイザー】「このような腐った中華まん(世界)は破棄して、
新たな理想の中華まん(世界)を生み出すのだ〜」
【リンリンPL】えー!w
【こなかPL】もう中華まんはいいですw
【リンリンPL】でもさ、2ndではリストラされちゃうから今のうちに手に職を……ゲイザーさん
【彩PL】そういう問題じゃないよーなw
【瑞樹PL】ゲテモノまんを作りすぎて失敗→破産→るるぶから消滅
【瑞樹PL】こうですか? わかりません!
【彩PL】それは色々とせつないです(TT
【こなかPL】ダンボールまんですか?(発言が不穏当すぎますw

【GM】では、マスターシーン行くよー。

目次へ

■ オープニング2『心の迷宮』 ■

 アンゼロットは夢を見ている――。
それは、深い心の奥底を旅しているのかもしれなかった。先の見えない長い階段を下り、下り……訪れたことのない部分にやってくる。


【アンゼロット】「ここは……わたくしの心の奥?」

 そこに、鏡写しのような自分がいた。

【黒いアンゼロット】「待っていたわ、あなたのことを」
【アンゼロット】「あなたは……イクスィム!?」
【黒いアンゼロット】「あなたから自分を取り返すのよ。わたしはあなたになって、あなたはわたしになるの」
【アンゼロット】「……あなたは、まだそんなことを言っているのですか? 昔はもっと心優しい聞き分けのよい子でしたのに」
【黒いアンゼロット】「うるさい! あなたの力はもうすぐ失われる。そうしたら、わたしはあなたになるの」

【リンリンPL】イクシィム様が出てきました
【楓丸PL】すっかりやさぐれてるなぁ
【アマネPL】イクスィム様がすっかりやさぐれて……。
【彩PL】イクスィムさんも色々あったんでしょうねぇ

 アンゼロットはイクスィムに攻撃を仕掛けるが、まったく通用しない。
イクスィムが攻撃しようとした瞬間、アンゼロットは目を覚ます。そこはソファーの上。


【アンゼロット】「あれは、夢……だとしたら、あれは?」

 うたた寝をしていたアンゼロットが目を覚ます。
ふと鏡に映ったアンゼロットが、怪しい笑みを浮かべる。


目次へ

■ 幕間 ■

【GM】以上!
【彩PL】お疲れ様ですー
【楓丸PL】おつおつ
【アマネPL】おつー。
【こなかPL】おつかれー。
【こなかPL】さーて、いよいよやヴぁいことになってきました。
【瑞樹PL】きました。
【転助PL】きましたねー
【アマネPL】ぎざやばす。
【こなかPL】めがっさやヴぁす
【転助PL】めがっさにょろ。
【彩PL】にょろにょろ

【カルヴァードPL】こんばんはーです。遅れましたっ
【彩PL】こんばんはです
【遙PL】OP1と2終了
【遙PL】まあ、王子さま居なくてある意味正解(笑)<OP1
【カルヴァードPL】なんか黒い話だったとですかっw>OP1、2
【遙PL】酒池肉林の修羅場でした(笑)<OP1
【カルヴァードPL】ああ、そっちかw
【カルヴァードPL】ついて行けないと思う。うんw
【楓丸PL】アンゼ宮殿で祝賀会→酔っぱらいの惨状→GMシーンでイクスィムとアンゼの会話→幕間(今)
【楓丸PL】という感じでいいのかな
【瑞樹PL】おっけー。
【転助PL】ですねー
【GM】うい、OKw
【こなかPL】くわしくはwebで!>リプログw
【アマネPL】どんなCMですか(笑

【GM】では、次OP3。このシーンだけはシーンPLということで……遙!
【転助PL】おお!
【彩PL】ふぁいとーです
【遙PL】私なのか(笑)

【こなかPL】ついに遥に春が!(笑)
【彩PL】はるなの?
【リンリンPL】というか、これにシーンプレイヤーとかあったんだw
【瑞樹PL】遥だけに春か!
【こなかPL】アンゼ様とふたりっきりに違いないからだよw
【アマネPL】はるはるかー!
【こなかPL】気がつかれた!w>春か

【GM】回想シーン。宝玉争奪戦が始まる前に遙の他数人を呼んで、事後を託すシーンです。
【GM】まあ、遙以外にもでてもOKよw
【彩PL】争奪戦前なら彩は出ないかな 見学です(みかんもぐもぐ)
【転助PL】おなじくです
【こなかPL】うーん、時間軸がわかんないと出るに出られない
【転助PL】転助父とか母とかはいるかも(こら
【アマネPL】争奪戦前なら、アマネは……様子見だろうか(笑
【こなかPL】そんな前かよw
【転助PL】<争奪戦前
【彩PL】あ なす色の死のカブトムシが出るなら一緒に居るかもです(もぐもぐ)
【こなかPL】こなかはパスだな。きっといないw
【木一郎PL】ああ、じゃぁ、大人組としていようか
【GM】では行くぜーw

目次へ

■ オープニング3『アンゼロットの過去』 ■

 キミは、とある出来事を思い出していた。
それは“宝玉の欠片”争奪戦が始まる前のこと。
アンゼロットはキミたちを呼び出し、ある秘密を語ってくれた。彼女の中には、もうひとりの自分がいるのだという。


【アンゼロット】「遙、お話があります。あなたたちになら、わたくしの秘密を話してもよいかもしれません」
【遙】「はい、アンゼロット様。私は貴女の信頼にお応えするべくどのようなことでもいたします」

【アンゼロット】「今でこそ絶対無敵、華麗な世界の守護者、万に一つも失敗など起こさないわたくしでしたが、昔は違いました。世界の守護者となる前は、別の世界を滅ぼしかけちゃったり、大変やんちゃをやらかしていました。てへ♪」

【転助PL】てへ♪ って内容がー!?
【アマネPL】……ああ、そう言う事か……(ほろり<アンゼ
【木一郎PL】登場していい?_<表
【GM】どうぞw
【転助PL】おお!? そのときのことを中の人が知ってる方が!w

【木一郎】「詳しくはもう入手できないけどコンプTRPG参照ということで」画面に向かって
【遙】「……いたんですか、探偵さん。というか、誰に言ってるんです?」
【木一郎】「ああ、うん今回は探偵じゃなくてウィザードとしてね」

【こなかPL】メタ発言自重w
【カルヴァードPL】男の奪い合いで世界滅ぼしかけてたからなぁ……w
【転助PL】きょんさんも当時参加されてたんでしたっけ
【リンリンPL】でも、アレは神も悪いよw
【木一郎PL】あたしは生粋の月下僕でござる
【カルヴァードPL】は、拙者水下僕でございました。w
【ベフェルPL】下僕カードありましたにゃあ
【遙PL】そういえば、きっかけは男だったか。そのくせ欠片は女になってたけど(笑)
【彩PL】世界の法則(ごつごう)って奴です
【GM】私(GM)は、超☆女王様伝説のあたり知らないのよねw
【彩PL】ボクも文庫だけですねぇ

【アンゼロット】「わたくしには、心の中にもうひとりのわたくしがいるのです。ふふ、びっくリしましたか?」
【遙】「アンゼロット様の中のもう一人の人格、ですか……」
【アンゼロット】「彼女の名はイクスィム。わたくしの友にして最大のライバル」

【楓丸PL】遥、口には出さないけど絶対「くそ、こいつ邪魔だなぁ」と思ってるよね
【GM】げらげらw
【木一郎PL】思ってるね! アンゼがいなくなった瞬間刺されるね!(笑
【転助PL】せっかくのらぶのばめんを! このどろぼうねこ!(ぼうよみ
【こなかPL】実に間の悪い男、藤吉木一郎w
【彩PL】美味しいなぁw
【アマネPL】間の悪さはパーティー随一(笑
【こなかPL】さすがは木一郎です(ほめてんのか、それ?w

【アンゼロット】「しかし、わたくしの心の強さが、最近なんだかおかしいのです。まるで、もうひとりの自分が目覚めるような……」
【遙】「レベル無限大の守護者でるアンゼロット様が、たとえ心の中のもう一人の存在にといえど負けるはずはありません。ですから、そんな弱気な事をおっしゃらないで下さい」
【アンゼロット】「ふふ、かもしれません。ですが、わたくしの身にもしものことがあったとき、あなたにあとのことは任せますわ」ぽん、と遙の肩に手を置く。

【アマネPL】……どうしてだろう。「わたくしの身ごもる」って見えてしまったのは。
【GM】つ@
【こなかPL】アンゼロットさま御懐妊?!w
【ベフェルPL】父親誰だ〜(笑)
【楓丸PL】やべー当たっちゃった?
【彩PL】いい子のセッションなのでその辺でw
【遙PL】その辺で(笑)
【楓丸PL】遥は表で堂々と発情してるじゃないか!?
【遙PL】え〜
【転助PL】遥さんの周囲に点描が舞ってますw
【彩PL】えーと せーふってことで
【彩PL】背景に花も見えますです
【アマネPL】トリップしかけてるじゃないですか(笑>遙
【こなかPL】今だけ少女マンガです(笑)
【GM】世界の守護者っていいなあ。……「中に誰も(以下自粛)」ネタされなくて。
【アマネ(中)】「ばななぼーと自重なのじゃ」>眼鏡神

【遙】「……はい」(私は今、最高に幸せですアンゼロット様〜)

【遙PL】割と会話の内容飛びかけてます(笑)<肩に手
【彩PL】託されているんだからむしろちゃんと心に刻みましょうよう(笑)
【こなかPL】だから、宴会のシーンまで思い出せなかったんだなw
【木一郎PL】だから、私がいるんだよ!(笑

【木一郎】「つまり、遥嬢に王子様役を頼みたいというわけだね。アンゼロット女史。ところで一つ質問があるんだけどいいかい?」
【アンゼロット】「はい、なんでしょう木一郎さん?」
【遙】「…………」(邪魔するなくそ探偵な死線)

【彩PL】死線になってる……誤字じゃない気がするw
【遙PL】ああ、誤字じゃないです
【転助PL】直死してますね
【アマネPL】今の遙なら、小刀だけで藤吉さんを解体出来そうだ。
【アマネPL】……かぶった(笑
【彩PL】あははw
【木一郎PL】黙ってみてればいいのに 発言しないとすまないのが 木一郎だ。
 背景の一部になるのが正しいのにね!
【こなかPL】特技:死の視線 効果:対象を呪殺する(何
【遙PL】探偵さんぐらいならダーツ1本で殺せますよ? 攻撃力56の火魔法だし(笑)
【転助PL】ひいいい
【こなかPL】指先一つ、じゃなくて、ダーツ一本で、ダウンさー♪ですかw
【アマネPL】藤吉さんは龍使いだから、プラーナ全開で防御するかもしれない(笑
【木一郎PL】一発二発なら防げるけどね(笑
【木一郎PL】MP回復して何度も打ち込まれるから 無理生き残れない(笑
【遙PL】大丈夫、こっちも《金色の魔王の魔力》×3あるし(笑)
【木一郎PL】ルールが2ndに移行している!?(笑
【アマネPL】時空さえも殺している!?(笑

【木一郎】「ナユタの彼方でそれが起こったときに、それを解決する手段を渡しておいたほうがいいんじゃないかい? 彼女に」>アンゼロット 遙
【アンゼロット】「……いえ、必要ないでしょう。きっと、貴方ならばどのような困難が立ち塞がろうとも、きっとそれを乗り越えて私を助けに来てくれるでしょう」
【遙】「はい、お任せください、アンゼロット様」
【木一郎】「なるほど」遥のオーラを見て「さて、これ以上は防壁がもたなさそうだから僕は背景になるよ」

【木一郎PL】というわけで後はレコーダーとかします 
のでたくわんさんとMMGさんでラブラブ空間をどうぞ(つつー
【遙PL】いや、もう終わりじゃないかなあ(笑)
【GM】うい、もう終わりw

【アンゼロット】「……さ、さて、話はこのぐらいにして、“節制の宝玉”の欠片を集めてくるのです! あのベール=ゼファーに遅れをとってはなりませんよ! ハリハリィ!」
【遙】「はい。必ずや、宝玉の欠片を揃えて参ります」

【遙PL】そう言って、深く礼をしてから退出します

【GM】さて、シーン切っていいかい?w<木一郎
【木一郎PL】いいよ!
【木一郎PL】というかここで発言すると本当にくびり殺されるよ!(笑
【彩PL】命がけだね〜w

 ……場面は現代に戻り、アンゼロット城。
“節制の宝玉”を入手したことを祝う宴会が一息つく。
一度席をはずしたまま未だ戻ってきていないアンゼロットに遙はどことなく不安を覚える……


目次へ

■ 幕間 ■

【GM】おつかれさまでしたーw
【彩PL】お疲れ様でしたよ〜
【転助PL】おつかれさまー
【瑞樹PL】おつかれさま。
【アマネPL】お疲れ様ー
【楓丸PL】おつおつー

【木一郎PL】木一郎は普段と違う意味で綱渡りしてるからなぁ。
【木一郎PL】普段ならある程度格好いいオーラとか飄々とした空気オーラで流せるところを 情けないオーラが出すぎてて 殺気にさらされるんだよなぁ<木一郎
【彩PL】ボクには出来ないタイプです>探偵さん
【転助PL】あはは

【転助PL】しかし。この前のすくめず(偽)といい。
【彩PL】といい?
【転助PL】MMGさんのPC、なんだか女の子同士で仲のよいシーンが多いですねw
【彩PL】なるほどです
【木一郎PL】女の子にもてる女の子のキャラタイプが多いね
【彩PL】うん ちょっと照れたアンゼさん、可愛いです♪
【遙PL】……なぜだろう?(笑)
【瑞樹PL】この百合スキーめ!
【こなかPL】百合の戦士なんですよ、きっと(謎)
【GM】百合の戦士?w
【こなかPL】「愛……もとい、百合の戦士、キューティーミコスキーさ!」(おい
【遙PL】そういえば、昔ここでやったNWのオンセのキャラもアンゼロット様と百合ってた記憶が……
【ベフェルPL】百合卓ですね(笑)
【遙PL】多分、キャラ骨格を義妹で組んでる所為なんだろうなあ
【転助PL】ほほー
【遙PL】それで、絡むNPCが女子だから、百合っぽくなる(笑)
【彩PL】義妹フレームになNWの外装をつけているのですね

【GM】さて、次はシーン4! ベール=ゼファーの登場!
【GM】宴が一息ついたところで、バルコニーで休んでいるとベルがやってきて忠告してくれるよ!
【転助PL】おおっ
【転助PL】あれだけひどいやられ方をしたのにベルさまいい魔王です!
【彩PL】ベルさん良い人です
【こなかPL】ここは楓っちの独壇場か?w
【GM】さて、誰か登場希望者居るかい?w
【こなかPL】
【転助PL】楓くんでしょぅ
【彩PL】楓丸君は必須だね
【こなかPL】こんなオイシイ場面を見逃す手はないでしょうw
【楓丸PL】ぅぇーぃ
【楓丸PL】最初に一言は送りたいね
【アマネPL】よし、アマネも出てみよう(笑
【カルヴァードPL】ここで出ておくかな。
【こなかPL】こなかの場合、酔い覚ましにバルコニーはアリですし
【転助PL】転助はここは見送りで。
【転助PL】舞台裏にいてます。
【彩PL】たぶん彩はまだ会場でちまちまご飯食べてる
【リンリンPL】彩さん、ちまちま食べてるとリンリンに食い荒らされてしまうよw
【彩PL】リンリンは目の前の分しか食べないだろうから 死角にいればいいんですよ(ちまちま)
【GM】さて、では行くぜーw

目次へ

■ オープニング4『蝿の女王の忠告』 ■

 アンゼロット宮殿の宴の間。
“祝!! 節制の宝玉入手”と書かれた横断幕がかけられ、先ほどまでウィザードたちによる賑やかな宴会が開かれていた。
キミは夜風に当たろうとバルコニーに出た。そこには意外な来訪者がいた。


【ベール=ゼファー】「……ちょっと! あなたたちいくらなんでも油断しすぎじゃない?」

【楓丸】「よう、ベルちゃん」
【こなか】「ををう!? こんなとこまで復讐にキター!?!?」
【カルヴァード】「先刻ぶり、と言うべきかな…… “蝿の女王”。 まあ、珍しく貴様の意見に俺も同意だが」
【ベール=ゼファー】「安心なさい、今は争う気はないわ。今日は忠告にやってきただけよ」
【こなか】「まだ酔いが残ってるから、再戦は日を改めて……って、違うの?」
【アマネ(中)】「ほう? 忠告とな」こなかの後ろからひょこりと。
【楓丸】「忠告? そっか、ベルちゃんも反省したんだな」うんうん

【カルヴァードPL】――カルは一滴も飲んでいない。宴にも出ていない。ていうか今まで何してたか判らない。

【楓丸】「お尻の腫れ引いた? 後から思い返したらちょっとキツくやりすぎたかなぁって心配になってさ」

【楓丸PL】月衣から一つ小さな箱を取り出す。

【楓丸】「はい、シップ薬。 これ良いんだぜ」

【GM】ベール=ゼファーは楓丸の手から箱を叩き落しますw

【楓丸】「ああ! 俺の840円が!」

【こなかPL】火に油w>シップ
【南】「タイプTはお茶目さんなのである」

【ベール=ゼファー】「“節制の宝玉”を、こちらに渡しなさい」
【アマネ(中)】「それはできんが……あの性悪守護者が何かするのかえ?」楓はスルーしつつ(笑
【カルヴァード】「……断る。 としか言えないな。その提案では」」
【楓丸】「理由言ってくれよ」シップ薬をしまう
【こなか】「先日やりあってようやく手に入れたのに、はい渡します、ってわけにはいかないよねえ」
【ベール=ゼファー】「あら? せっかく助けてあげようと思ったのに。フフ、残念ね」

【ベール=ゼファー】「あなた達、あの宝玉がどういう力を持っているか、わかってないでしょ?」
【楓丸】「確か、店で使うと料金は節制されて値引き効果が」
【アマネ(中)】「されんわっ!」げしっ
【こなか】「それはそれでベンリではあるけどねえ」(笑)
【カルヴァード】「だが、わざわざこの機会にさんざん敗北したウィザードの前に再び姿を現したんだ。 訳あり、というところだろう。 まずはカードを提示しろ。ショウダウンはそれからだ」
【カルヴァード】「それともベタ降り(ドロップ)するのかい? 蝿の女王ともあろうものがのこのこ現れてな」そう言って続きを促す

【こなかPL】やはりカルがいると場が引き締まるなあw
【木一郎PL】委員長だからね
【彩PL】王子様ですからw
【転助PL】カルくんかっこいいよう
【こなかPL】⊂パトス⊃ カル (違)
【転助PL】⊂合気⊃
【転助PL】3勇者の長男ですね。
【こなかPL】末男は誰?w
【転助PL】次男が楓丸くんで、末っ子が転助かなあw
【彩PL】末っ子が楓丸君だと思う
【彩PL】一番覚醒が遅いのもあるし、性格的にもね。
【こなかPL】で、はさまれておどおどする次男w
【転助PL】うわーんw

【ベール=ゼファー】「安っぽい挑発には乗らないわ。宝玉を渡すの? 渡さないの?」
【楓丸】「何が起こるのかって事を言ってくれないと、返答に困っちゃうよ」
【アマネ(中)】「というか、主ともあろう者が妙に性急ではないかえ?」じー。
【楓丸】「そうだ。 こんな所で立ち話もなんだし、中で食べていかない?」あくまで友好的に。
【カルヴァード】「現状においては選択肢にもならんことは理解出来るだろう。それともそれも判らない低能か? 魔王と言うものは」
【カルヴァード】「まずはカードを示せ。理解を示すに値するカードを。でなければ交渉も折衝も何もアリはしない」
【アマネ(中)】「じゃの。主でも焦らねばならぬ事態がある、と見てよかろうが……それを言わねば是非もあるまいて」
【こなか】「それとも、言うに言えない理由なのかな?」

【ベール=ゼファー】「現状においては選択肢にもならないことを踏まえた上で、渡したほうがいい、ということは理解できないのかしら? 人間程度には」
【カルヴァード】「理解をさせようとしてから言う台詞だな、それは。 話にならん」
【楓丸】「まーまー、キミらいきり立たないでさ」
【楓丸】「こういう事で大事なのは、納得。分かるだろベルちゃん?」
【楓丸】「何も言わないけどそっち不利益かぶるからくれってのは、こっちとしても不安が残るのさ」

【彩PL】ベル様説明するつもりはないんだねぇ
【アマネPL】まぁ、アンゼに預けておくのが拙いのはこれでハッキリする(笑
【木一郎PL】言葉にすることで現実化する可能性があるんじゃないかにゃーとか思わないでもない
【転助PL】ここでリンリンさんが突然登場。インスピレーションで、「そんなことは最初から知っているのだー!」(こら
【リンリンPL】リンリン出ていいのかなぁ?w
【こなかPL】ここで《デジャヴュ》は……w
【こなかPL】出るのはかまわないと思うけど、特技はやめたほうがいいかもw
【リンリンPL】リンリンが交渉の場に出るのはなぁw

【ベール=ゼファー】「……ふう、もういいわ。非常事態が起こったとき、困るのはあなたたちだし」
【カルヴァード】「……むしろ、今の態度から本気で聞くんだが。 ――何しに来たんだ、“蝿の女王”」
【こなか】「なにか重大な秘密を知ってるって顔してるね。魔王にとっても大変な秘密を」
【アマネ(中)】「起こった時、ではあるまい? 確実に起こるのじゃろう、それは?」刀の上に乗って、目を細めてみたり。
【こなか】「リオンあたりに確認取るまでもなく、そうだろうね」

【カルヴァード】「人間と交渉をしようと言うなら、人間との交渉方法を覚えてから出直してくるんだな。 裏界のルールはよく知らんが、それがこちらで通用すると思うな…… あのな」
【カルヴァード】「交渉の余地がないとは誰も言っていないんだよ」
【カルヴァード】「さあ、カードを示せ。ショウダウンと行こうじゃないか」
【アマネ(中)】「カル坊、それは『交渉しに来たんじゃない』と言われるだけぞよ」
【カルヴァード】「ベタ降りするなら話は終わり。それだけだ」
【ベール=ゼファー】「……」

【GM】今、本当に「交渉しに来たんじゃない」と言おうとしたベールゼファーは口をつぐんだ。

【木一郎】「あっちはあっちで大変みたいだねぇ」(しみじみ
【こなかPL】交渉じゃなくて命令、だもんなあ、きっとw
【彩PL】むしろ脅迫です
【リンリンPL】拳と拳で語り合い理解するとか
【転助】「なんだか、紅林神父の昔話を思い出すなあ……」
【転助】「価値観の違いってのは大変だ。うん」
【彩】「価値観以前の問題な気がするけどね。あ、この料理美味しい。
今度レシピ教えてもらおう」(もぐもぐ)
【木一郎】「交渉でも脅迫でもなく単なる気まぐれだと思うよ。
ある意味彼女もまたこの世界の守護者であることには違いないからね」
【南】「うむ。お目が高いのであーる。これは我輩の自信作! かの満漢全席のレプリカであーる!」
うなぎのようなシェフが奥から一瞬現れて消える
【こなかPL】びくうw
【こなか】「い、いま! なんかいた!」(笑)
【ザ・ゲイザー】「はっ! ……満漢全席まん? これなのか?」
【転助PL】ゲイザーさん、中華まんより世界の危機をどうにかしてくださいw
【ザ・ゲイザー】「中華まんの中には一つの世界が広がっているのだよ」
【こなかPL】どこの味皇かw

【こなか】「にべもないね。取り付く島もないってのはこのことだ」
【楓丸】「そっちが知ってる事を言ってくれれば、こっちも考える余地が生まれるってことだよ」
【楓丸】「当然、ここで決められる事じゃないけどね」

【楓丸】「と、いうわけで!」
【楓丸】「中で一緒に食べよう! な!」

【ベール=ゼファー】「……やっぱりいいわ。ひとつ忠告しておいてあげる。アンゼロットには気をつけなさい。彼女が、彼女であるうちにね」ベール=ゼファーはそれだけ言うとその場から去る。

【こなか】「でも、こんな言葉もあるよ。『知ることは財産なり』 つまり教えたら価値が減るってこと」
【こなか】「だから、言わないのかも、ね」
【アマネ(中)】「ふむ……じゃが、女王らしくもない慌て振りじゃの」

【楓丸】「あ、ベルちゃーん!」去っていくベルの後ろ姿に声をかける
【ベール=ゼファー】「何よ、渡す気になった?」
【楓丸】「今度は仕事以外でゆっくり遊びに来いよ!」サムズアップ
【ベール=ゼファー】「……」それには答えず、ゆっくり飛び去っていく。

【こなか】「あーらら、いっちゃった。……よかったの、これで?」>勇者ズ
【カルヴァード】「……」その姿を消えるまでただ見送って
【カルヴァード】「……魔王などに言われるまでもないさ」――厳しい表情を浮かべて、吐き捨てるように

【楓丸】「今ので9DPくらいは稼げたかな」
【アマネ(中)】「あの性悪守護者、一度見に行った方がいいかもしれんのぅ……」楓をベランダから蹴落とす勢いで蹴りつつ。
【こなか】「どーだろうねえ。……また、波乱の予感、だなあ」ふぅ
【アマネ(中)】「波乱のないNWも、それはそれで退屈じゃろ」ぽむ。
【こなか】「あたしはそのほうがいいよ。アニメ三昧、ゲーム三昧のほうが100倍うれしい」(笑)
【アマネ(中)】「……それもそうか、人選を誤ったのう」からから。

【アマネ(中)】「で、妾の意見としてはアンゼの様子を見ておくべきかと思うのじゃが……どうするのかえ?」主に勇者ズに。
【楓丸】「アンゼちゃんに気をつけろ、アンゼちゃんがアンゼちゃんでいられるうちにって事は、何か病気だったりするのかね。 永遠のロリになってしまう不治の病とか」
【カルヴァード】「今ので予感が不安に変わった。 もう一波乱来るぞ。 あの守護者の動向を押さえておくべきだな」
【楓丸】「その前に遥ちんに話聞いてみようよ。 一番アンゼちゃんの近くにいるんだし何か知ってるかもよ」
【楓丸】「アンゼちゃんが何かを企んでいるのではなく、何かに巻き込まれるって風だったしね。あの口ぶりからすると」

【転助PL】お、楓くんナイスアシスト
【楓丸PL】GMに優しいPLを目指しております
【転助PL】おおー
【こなかPL】おちゃらけつつも、しっかりと進める、良いPLです、

【こなか】「そーだねー。でも、アンゼの不利な秘密とかだったら、話してくれるかどうか……」
【楓丸】「俺がこういうのは何だけどさ」
【楓丸】「ベルちゃんがああ言ってくるだけの重要性って、きっと遥ちんのほうが理解できると思う」
【こなか】「今は、そう信じましょうか、ね」
【カルヴァード】「節制の宝玉とはなんなのか。何故にあの守護者は宝玉を欲していたのか。 やはりハッキリさせておいたほうがよさそうだな……」

【アマネ(中)】「ま、蛇が出るか邪が出るか……じゃの。いっそ、まだ酔いつぶれてない連中も抱き込んで動いてみるかえ?」尻尾ふりふり。
【こなか】「アマネっちはアキバよりもこっちのほうが輝いてるねえ」(笑)
【アマネ(中)】「……アキバで輝きたく等なかったのじゃあああっ!」えぐえぐ。

【カルヴァード】「ああ、懐の中に飛び込んでいる現状が好機。動いてみるとしようか。 ――皆、この件についての情報の扱いは慎重に頼む。特にロンギヌス関係者相手にはな」
【楓丸】「おーいみんなーさっきベルちゃんがさぁ」てってって

【カルヴァードPL】(黙って楓丸をすごい勢いで追いかけて行く。退場w)

【転助PL】言ってるそばからー!?w
【転助PL】あはははは
【アマネPL】OK(笑

【アマネ(中)】「ん……心得た、って待たぬかそこっ!」追い掛ける。(笑)
【こなか】「ふぅ……やれやれ」てくてくついていく

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】お疲れ様でしたー!
【アマネPL】おつつつつつ!
【こなかPL】はーい、おつかれー
【彩PL】おつかれさまですよ
【遙PL】おつ〜
【楓丸PL】おつおつ
【瑞樹PL】おつかれさま。

【リンリンPL】カルくんと楓丸のコンビはいいねw
【こなかPL】おっと、転助を忘れてもらっちゃこまりますぜ。三人そろっての勇者ズですからw
【転助】「へくちっ」
【彩】「風邪引かないでよ? 看病大変なんだから」
【転助】「ぅー。冷えたかなあ……」
【転助PL】(舞台裏勇者w
【彩】「まあお祭り騒ぎも終わったしね。はい、暖かいお茶」
【木一郎】「やぁ、少年。助けてくれると助かるんだけど」ぶらーんとやばい場所からつるされている
【転助】「さんきゅ。……って、おおーい、だいじょぶかー!?」
【こなかPL】犯人は誰?w>ハングドマン
【木一郎PL】誰だろう? 心当たりがないなー(棒読み
【アマネPL】ヤス。
【こなかPL】遥か薙だなw
【遙PL】ヤスだな
【こなかPL】ポートピアに帰れw

【GM】では最後! アンゼが宝物殿を襲撃するぜ!
【こなかPL】いよいよ、あのナーマイキな守護者をフルボッコできるぜ(えー
【アマネPL】いよいよ、いよいよ念願が叶う……!(笑
【GM】では、行きますよー。

目次へ

■ オープニング5『アンゼロットの襲撃』 ■

 宴会も一段落し、お開きにしようかとキミ達が思い始めた頃、部屋の外から争う音や爆発音が聞こえてきた。
急いでその場に駆けつけてみると、なんとアンゼロットが宝物殿を襲撃しているではないか!?
これは一体どうしたことだ。


【宝物殿の護衛】「う……な、何故ですアンゼロット様……」
【アンゼロット?】「アンゼロット? あなたはわたしをその名で呼ぶのですね。なら、地獄で懺悔しろ!」

【宝物殿の護衛2】「お、おやめください、アンゼロット様!」 アーーーーー!!」

【アマネPL】出て良いのかな?
【楓丸PL】最初は遥ちんに
【こなかPL】1番取ったw
【彩PL】あははw
【遙PL】というか【アンゼロット?】の台詞がこう、微妙に黒板にヘロインぽくて

【楓丸PL】護衛はひん剥かれて放置された。

【こなかPL】えええーw
【転助PL】えええー!?w
【こなかPL】いや、そこまでの突っ込みは期待してたけど(ぉぃ

【遙】「アンゼロット様! ……いや、あなたはまさか!?」
【楓丸】「わ、もう始まったのかよ!」
【転助】「……おいおい、どうしたんだよ……ってっ!?」
【彩】「なんの騒ぎ……?」 会場から駆けつけてくる。
【転助】「こいつはどういうことだよっ」
【こなか】「始まっちゃったみたいだね。やっぱり」
【アンゼロット?】「あなたたちは邪魔しませんよね?」ロンギヌス隊員を片付けたアンゼロットが、ゆらりと振り向いて君達に問いかける。
【彩】「何をするつもり?」 月衣からカグツチを取り出す。その雰囲気から敵と判断した様子。
【アマネ(中)】「ふむ? アンゼロット……いや、遙。あれは誰じゃ?」
【遙】「……名前は知りません。ですが……おそらくアンゼロット様の中にいたもう一人のアンゼロット様」
【転助】「もう一人のアンゼロット?」

【遙PL】って、ああ、名前言ってたっけ、さっきのシーン。見落としてた
【アマネPL】まあ、遙は見落としてもしょうがないくらいラブラブだったですし(待て
【楓丸PL】おおう、遥は隠したいのかなとか思ったw
【遙PL】素で見落とし(笑)
【木一郎PL】そして、実は知ってるのがここにもう一人(・・)ノ
【遙PL】あ、探偵さん。遙はイクスィムの名前忘れてるんでフォローよろしく(笑)

【楓丸】「アンゼちゃんでないアンゼちゃん? ……便宜上アンゼちゃん2号と言っておくか……」
【こなか】「2号さんっていうと、淫靡な響きが」(マテヤコラ
【アマネ(中)】「ほうほう。“真昼の月”の中にある者、と……」
【こなか】「……さしずめ、“真夜中の太陽”ってとこかねえ」
【瑞樹】「……そりゃまた風情がないわね」溜息。

【転助】「おい、アンゼロットっ! そいつらはおまえの仲間だろ? やめろってっ!」

【転助PL】無手のままで割って入ります。

【楓丸】「あ、あぶない転助ー!」(棒読み
【魔法の武将☆スワローリンリン】「まてーーーいっ!」

【転助PL】ここでりんりんとうじょぅ!w
【こなかPL】キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!
【アマネPL】キタワァー!
【彩PL】ああ テーマソングが聞こえてくる

 (前奏)ちゃららちゃらっちゃららら〜♪

 魔女っ子 マジカル 一騎当千♪
 魔女っ子 マジカル 一騎当千♪

 ちっちゃいけれど、子供じゃないのよ
 魔法の蛇矛を一振りすれば〜
 またたくきらめくマジカル変身

 悪逆非道の悪漢どもも〜
 魔法の蛇矛を一振りすれば〜
 屍山血河のあの世行き〜

 あ〜〜♪

 噂の魔女っ子、その名は〜その名は〜
 魔法の武将 スワローリンリン〜♪

 魔女っ子 マジカル 一騎当千♪
 魔女っ子 マジカル 一騎当千♪

 魔法の武将 スワローリンリン〜♪


【魔法の武将☆スワローリンリン】「突貫なのだーーーーっ!!」

 じゃじゃじゃかじゃんっ♪

【魔法の武将☆スワローリンリン】「とうっ!」

【リンリンPL】シュタ

【魔法の武将☆スワローリンリン】「そこまでなのだ、偽……じゃないかもしれないアンゼロットー!」
【魔法の武将☆スワローリンリン】「この魔法の武将☆スワローリンリンが来たからにはこれ以上の狼藉はゆるさないのだ」

【リンリンPL】ずびしぃ!
【楓丸】リンリンの頭ぽむぽむ

【こなか】「むー。深夜枠でも視聴率10%はカタいな」(えー

【こなかPL】OPまでキタw
【遙PL】テーマソング乙(笑)
【GM】用意してあったのか!?w
【木一郎PL】すずめさんらしいなぁ(笑

【彩】「宝物庫を襲って何をするつもり? 答えてもらうわよ」 じゃきっと構える。
【アンゼロット?】「アンゼロット……貴方もその名前で私を呼ぶのですね。……なら、地獄で懺悔しろ!」

【GM】そう言ってアンゼロットの指先から放たれた光線は、リンリンのほほを掠め、その後ろの壁を打ち抜く! その直後、壁は飴細工のように真っ赤になって溶け出した!

【転助】「……!!!」
【魔法の武将☆スワローリンリン】「なにぃ! この行動値が−1から14にまで上がったスワローリンリンが反応できなかったのだっ!」
【こなか】「うひゃ! ……こりゃやヴぁい。本気だ」(汗)

【楓丸】「おいおい アンゼちゃん2号 洒落にならないぞそれはアンゼちゃん2号 アンゼちゃん2号 アンゼちゃーん アンゼちゃーん!」

【楓丸PL】言いつつみんなから横にずれて離れていこう。

【彩】「呼んで欲しい名前があるなら、名乗れば良いじゃない。そこのスワローリンリンみたいに」
【遙】「…………え〜と、そういえばアンゼロット様が名前も言っていたような気がしないでも無いような……」
【木一郎】「なるほど。状況は理解した。“暗黒の太陽”イクスィムでいいのかな?」ひょっこりと現れる
【彩】「藤吉さん、その名前は?」
【遙】「ああ、それです、それ。イクスィム。たまには役に立ちますねえ、探偵さん」
【こなか】「……って、ダレ?」
【魔法の武将☆スワローリンリン】「とりあえず、ややこしいので名前欄を変えるのだ……えっと【いくしむ】っと」
【アマネ(中)】「名前からしてあの性悪守護者の暗黒面、っぽいがのう」
【木一郎】「記憶力は悪くないんだよ。僕は。そうだね。アンゼロット女史と対を成す超存在。せんだってはエミュレーターの総大将の一人としてこの世界を攻撃したこともある」
【こなか】「さしずめ、ダース=○ーダーってとこか?」(笑)
【アマネ(中)】「案外モールの方かもしれんぞよ」(笑)

【木一郎PL】たまにはー の部分を否定しない。

【転助】「神罰銃が、反応してる……」
【楓丸】「女は二面性はかわいいもんだけど、指の先から怪光線は、ちょっと」
【彩】「つまり、エミュレーターってわけね」 カグツチを向ける 「大人しくしなさい。これ以上破壊活動を行なうなら痛い目にあわせるわよ」
【薙】「彼女が恐れていた事態が現実になったわけですね。お姫様ではなく王子様役がんばってください。遥さん」
【遙】「そう。もし万が一、アンゼロット様がもう一人に自分に屈してしまうような事があった場合、この命を賭してでも止めるのが、アンゼロット様から直々にこの私に与えられた使命!」

【アマネ(中)】「……とまぁ、そんな難物がどうして性悪守護者のガワを着ておるのじゃ」
【転助】「イクスティム……って言ったな。アンゼロットはどうした」
【楓丸】「イムちゃんか……」

【こなかPL】一応突っ込み。イクスティム× イクスィム○(笑)
【魔法の武将☆スワローリンリン】「いくしむ」

【イクスィム】「イクスィムですっ!」怒声とともにビームを撃つ。
【楓丸】「ほぎゃー!」びびびびび8骨が見えた)
【転助】「ぐはぁっ!?」
【こなか】「どぅわっ!? 楓っちがレントゲンに!」(笑)
【転助】「……これが、レベル∞の力かっ」

【彩】「……性格はあんまり変わってない気がするわね」
【アマネ(中)】「……主、アンゼと結構性格似ておるじゃろ」
【こなか】「彩りんにアマネっち。……それ、きっと言わないほうがいいよ」(汗)

【転助PL】そろそろカルさんが、ロム兄さんのごとくそこまでだ、タイム?w
【こなかPL】そーですなあ。収拾つけるには

【イクスィム】「……は、こんなことをしている場合ではありません。“節制の宝玉”さえ手に入れれば、わたしはもう自由……」
【彩】「”節制の宝玉”を!?」
【遙】「させまんせん! おとなしくアンゼロット様の中に戻りなさい、イクスィム!」魔法を放つが、はじき返されて流れ弾が楓丸のほうへ
【楓丸】「ほべー!」炎上して黒こげに

【GM】そんなことをやっている間に、イクスィムは宝物殿から宝玉を奪って逃走する!

【楓丸】「父さん……母さん……今そっちに行くよ……ははは、酒池肉林だぁ」
【アマネ(中)】「いやぁ、アレは言わずにおれんじゃろ……とと、逃げられてしまうの」
【こなか】「いいヤツじゃった……って、そうじゃない。魂殻治癒! 急々如律令!」

【こなかPL】ヒーリングウィンドを楓丸にかけるw

【楓丸】「……ありがとー」むっくり

【カルヴァード】「……再び、その宝玉を我らの世界に関わらせようと言うのだな。――アンゼロットよ」

【カルヴァードPL】その前に立ちはだかろう。
【カルヴァードPL】台詞言うだけだがw

【カルヴァード】「……言ったはずだ。もし、それを再び俺たちの世界に関わらせ、そこに住まう者たちを危機に落とし入れるようなことがあれば…… その時は。救世旅団の名に賭けて貴様を斬る。とな」

【イクスィム】「ええい、お退きなさい!」強行突破しようとする!

【カルヴァード】「――貴様は俺が斬るぞ」 そういいつつ

【転助PL】おおおお!
【転助PL】勇者だ!
【彩PL】おおー
【こなかPL】ちゃららちゃらー♪ 「カルヴァードは、『超☆勇者』の称号を得た!」(笑)

【カルヴァードPL】イクスィムの放っていた光線の流れ玉が宮殿の可燃物に飛び散り、燃え広がる。 煙が部屋を包む!

【遙】「ダメです、カルヴァードさん! 身体はアンゼロット様のままなのですから!!」邪魔するように魔法を放つ
【楓丸】「あ、やっぱそうなのか」
【アマネ(中)】「と言ってものう、放置するつもりは……げふぉっ! げふぉっ! げふぉっ!!?」

【アマネPL】煙に撒かれる(笑

【カルヴァードPL】さあ、どさくさに紛れて撤退してくれイクスィムっ!w
【遙PL】逃げてくれ!(笑)
【こなかPL】(笑)
【こなかPL】愛、愛だね、遥(笑)>邪魔
【転助PL】今回のPC1ですねえw
【こなかPL】今回はカルと遥の一騎討ちw
【アマネPL】がんばれかるくん(笑

【転助】「くっ、これじゃ前が……っ」
【こなか】「これじゃ聖魔障壁じゃ追いつかないよ! いったん逃げよう、みんな!!」
【彩】「くっ……。守護者でも世界を壊すのならば、敵……なのよ」
【カルヴァード】「ちい、邪魔が入った。 だが逃がすかっ」遙の援護射撃を受けて態勢が崩れつつも飛剣を投擲するが、煙の中に消えて安否は分からないっw

【GM】では、かきんと弾かれた音だけがして、煙が晴れたときにはイクスィムの姿は消えていた。

【カルヴァード】「……逃げられたか」ただ一言、冷静にそう言って、戻ってきた飛剣を二指で受け止めて、懐に仕舞う。
【アマネ(小)】「(どろんっ)煙いのじゃー!? ええいっ、これならまだ酸素が……ッ!」ススまみれ。(笑
【魔法の武将☆スワローリンリン】「しまった! いくしむに逃げられたのだー」
【楓丸】「いくしむじゃなくてイムイムな」ぽむぽむ

【リンリンPL】嘘教える楓丸

【彩】「イクスィム、よ。とにかく追いましょう。また宝玉で事件が起こされてたまるもんですか」
【木一郎】「駒が足りな 【薙】「クリアする条件が足りませんわね。事実上アンゼロット女史に勝てる理由がありません。それを超えるための手段が必要です」 ……だね」
【こなか】「慌てる乞食は貰いが少ないってことわざもあるよ。今は事態を整理してからだよ、彩りん」
【彩】「……」 破壊され燃え上がる周囲を見てため息。
【カルヴァード】「俺たちも退避しよう。ここは危険だ。 ――話は河岸をかえた後にしよう」 そして、淡々と歩きだす。出口へ向かって。
【アマネ(小)】「さて、厄介な事になったのう。彼奴の言う通り」
【楓丸】「……さて、遥ちゃん、探偵さんよ、知ってる事があるなら教えてほしいんだけどさ?」
【遙】「まさか、本当にアンゼロット様がもうひとつの人格に乗っ取られてしまうなんて……」

 そこに、羽根の生えたティーカップが飛んでくる。

【ティーカップ】「大変ですよ、皆さん。緊急事態です!」

【アマネ(小)】「って、なんじゃこの面妖な物体は」
【ティーカップ】「は? 私ですか。私はアンゼロット様ご愛用のティーカップです」
【彩】「ティーカップが喋ってる」
【ティーカップ】「人語を解したりするティーカップなんかない?何言ってるんです。ここにあるじゃないですか?なんたって私はアンゼロット様のティーカップなんですし」
【楓丸】「そういうもんか」
【転助】「なんだかすごく納得した」
【瑞樹】「納得したから続けて」
【転助】「で、一体何がどうした?」
【アマネ(小)】「九十九神か……して、なんじゃ?」
【カルヴァード】「ままでいい。話せ」
【こなか】「一気にスタジオ○えろで魔法少女チックな展開になってきたぞ」(笑)

【リンリンPL】ティーカップ
【カルヴァードPL】ままでいい>そのまま自分の説明はおいといていいから話せ。という意味ねw
【彩PL】……なんかふぃあ通のドラマでありましたねぇ ティーカップ探し
【楓丸PL】あったねぇ
【遙PL】器物専門傭兵ウィザード部隊とか(笑)
【GM】ちなみに、RFS付属の「アンゼロットが多すぎる」にも登場してます<ティーカップ
【彩PL】RFS リーチフォースターズですか

【彩】「いやなんで皆納得しているのよ。私がおかしいの?」 ちょっとおどおど
【転助】「ほら、石がしゃべる時代だし、カップがしゃべってもいいかなあとか」
【彩】「うぐ……転助に納得させられるなんて」
【こなか】「それだけころすけも成長してる(?)ってことで」(えー
【アマネ(小)】「しとるのか、あれは?」(ぇ
【転助】「あとそこの女性陣、後から色々と問い詰めるので覚悟が必要だ。主にオレの」

【ティーカップ】「とにかく大変なんです! アンゼロット様が宝物殿を襲い、“節制の宝玉”を奪ってしまったのです! しかも、現在宮殿最深部へ向かって移動中とのことです。ああ、どうしましょう!」
【転助】「宮殿最深部?」
【アマネ(小)】「最深部とな? そこには何があるのじゃ」
【楓丸】「そこに行かれるとまずい?」
【こなか】「セカイドインパクト……じゃすまないよね、きっと」
【カルヴァード】「……案内しろ。説明は移動しながらでもいいだろう」
【魔法の武将☆スワローリンリン】「よ〜し、話は走りながら聞くのだっ! 突貫ーーーーーーーーーっ!!」

【遙PL】少しは止まれ、リンリン(笑)
【こなかPL】ストッパー役は楓丸だ。仕事しろ(笑)
【リンリンPL】【リンリン係り】>>楓丸
【彩PL】妙な係がw

【楓丸PL】(リンリンの襟首を掴んで抱え上げて

【楓丸PL】0時を越えてから餌を与えてはいけない
【リンリンPL】なんか増えちゃう!<<餌
【こなかPL】グレムリンかよw
【リンリンPL】でもあのグレムリンは可愛い

【ティーカップ】「宮殿最深部には、宮殿にエネルギーを供給している魔法ジェネレーターがあるのです。しかも、そこへたどり着くためには、何重もの警備システムが……」
【転助】「レベル∞のアンゼをとめられるだけのシステムが?」
【ティーカップ】「無理です」きっぱり
【楓丸】「というか管理者なんじゃ」

【アマネ(小)】「……警備システムか、アレにとってそんなもんは無視していいじゃろ……で、発動機か」
【アマネ(小)】「そこで何をする心算かは分かるかえ?」とりあえず移動しつつ(笑
【カルヴァード】「まず最初の狙いはこの宮殿のようだな。 ……止める方法はあるまい。 ――ウィザード以外にはな」
【こなか】「いちおー聞いとくけど、その魔導ジェネレーターがふっとんだら、どーなるの?」(汗)
【木一郎】「彼女の望みが何であろうとも、アンゼロット宮殿の機能が停止したら 異世界から攻め放題だよ」
【こなか】「なら、ベルにとっては好都合じゃない。……なのに、なんで忠告になんかきたんだろ?」
【彩】「……むー」転助の服のすそをつかんでとりあえず一緒に移動する。
【転助】「ああ。ここは『正義最後の砦』だもんな。ほら。煙がまだ濃いから気をつけろよ」
【楓丸】「イムイムがエミュレイターの総大将の一人なら、ベルにとってライバルって事なんじゃねーかな」
【楓丸】「つまり、イムイムと闘うよりウィザードとやりあうほうがラクチンだと……」
【アマネ(小)】「レベル無限と対等の存在を敵に回すよりは、よっぽど楽じゃな」
【彩】「目的なんて直接聞くしか無いでしょ。とにかく私たちはそこに先回り、最悪何かする前に追いつかないと」

【楓丸PL】イクスィムがエミュレイターの総大将って話は中の人知識でも知らないなぁ
【楓丸PL】超☆女王様伝説第二期でネメシス封じるのに協力したと思うのだけど
【ベフェルPL】ん〜、読参よ
【彩PL】雑誌の読参での話だね
【ベフェルPL】うむ
【木一郎PL】雑誌の読者参加ゲームで エミュレーターの司令官やってたのよー
【彩PL】総大将というか 読参のゲームでの敵陣営の代表でしたね
【GM】昔赤巫女がエログインに乗ってたときに、読参ゲームのエミュレイター陣営の代表やってたw
【楓丸PL】そうなのか。そんな事してたのね
【こなかPL】ふむふむ
【木一郎PL】まぁ、そこは枝葉末節なのでネタとしてスルーしておいてくれるとありがたし

【ティーカップ】「おそらく、この次元は確実に破壊されるでしょう。それと、この世界に割合近いほかの世界も。ああ大変です大変です」
【こなか】「………………」
【こなか】「そりゃあ、ベルも慌てて宝玉取りに来るわけだ」(汗)
【アマネ(小)】「……合点が言ったわい。表裏一体の裏界とて只じゃすまぬの」
【こなか】「そういうこと」

【カルヴァード】「――俺には奴を斬る理由がある。俺には守るべき人がいる。 ――俺は行く。 あとは各々好きにすればいいだろう」
【彩】「ティーカップ。最深部までの最短ルートを提示して。強行突破するわ」

【彩PL】立ち直ったらしい。

【ティーカップ】「それでは皆さん、私が最深部まで案内しますので、アンゼロット様を止めてくださいませんか?」
【楓丸】「言われなくてもさ」
【アマネ(小)】「あの性悪守護者を、表だっていびれる好機……最大限活かさねばの」
【瑞樹】「ま、やるだけやってみるわ。適当にね」

【こなか】「最深部まで、一直線、だから」(白い悪魔風にw

【転助】「調子でてきたじゃないか。じゃ、後は例のレベル∞ってのをどうやって止めるかだよな」
【彩】「決まってるじゃない。力づくでよ」
【楓丸】「尻叩いてやりゃぁいいさ」
【転助】「……俺らに当てたのは相当手加減してたぜ。中のアンゼロットが表のイクスィムってのに干渉してたんだと思う」
【転助】「アレは、節制の宝玉があれば自由になれるって言ってた。制約がなくなったレベル∞のは、無策じゃしんどいんじゃないかって話」
【アマネ(小)】「じゃろうの。確実に止める為には、奴の力を殺ぐ手段も……道中で見出しておきたい所じゃ」くくく、と意地悪っぽく。
【彩】「無策じゃないわよ。あの場にいた私たちを放置して最深部に向かった。つまり、私たちをあの場で排除しない理由があったってこと。なら付け込む隙はあるわよ」

【ティーカップ】「では、さっそく宮殿最深部へ向かいましょう。ああ、そうそう、最深部のセキュリティは強力ですから、今のうちに身辺整理しておいた方がいいですよ」
【カルヴァード】「――ティーカップ。 破壊されたくなければ、余計な口は叩くな。喋るのは有益な事象のみだけにしろ。時間が惜しい」
【楓丸】「カルも斬る斬るいわんと、斬っちゃうとアンゼちゃんも死んじゃうから」
【遙】「いかに中身が変わってもレベル∞のアンゼロット様の身体。たとえカルヴァードさんでも、一介のウィザード程度に斬る事は出来ませんよ」
【遙】「ですが、だからこそ全力全開で攻撃食らわせて、精神的に弱らせてアンゼロット様に元に戻っていただく必要があります」
【楓丸】「つまり」
【楓丸】「イムイムに“負けたー! 楓丸さんステキ! もう好きにしてー!”と思わせるくらいにメタメタにしてやればいいんだな」

【カルヴァード】「――斬るんだよ。人の世を守るのがウィザードの役目ならばな。ただ、人の敵を斬るだけだ」
【こなか】「その分、見極めには責任が付きまとう。そうでしょ?」カルに
【カルヴァード】「……“敵でなくなれば斬る必要はない”がな」
【こなか】「……信じてるよ、カルくん」目を見つめて
【こなか】「で、どさくさでスルーしたけど、身辺整理ってなんじゃい?」ティーカップにすごむw


【こなか】「……ふと思ったんだけど」
【こなか】「今のアンゼロット……もとい、イクスィムは節制の宝玉を持ってるわけだよね?
【こなか】「で、アンゼロットの力が節制されたわけだけど、それってイクスィムにも言えるのでは?」
【転助】「こなか。節制(セーブ)が、宝玉の能力って話なのか?」
【こなか】「うん。そゆこと」
【アマネ(小)】「何を抑え付けるか? って話でこの流れじゃと、影響を受けた者の“力”……とみるのが自然じゃな」
【転助】「なるほど……」
【こなか】「だた、狙ったようにうまく必要なところだけ節制されるかどうかはわかんないわけだけど」(汗)
【アマネ(小)】「制御法がないとも限らぬしなぁ……上手い事、イクスィムにも影響させられればこっちの物なのじゃが。はて」
【彩】「とにかく急いで捕まえること。遅れるとそれこそ何が起こるわからない。調査はそこのロンギヌスにでも頼むわよ」
【アマネ(小)】「まぁ、追い掛けながらでもどうにかなるじゃろ。ヲタの群れを相手にするよりはよっぽど気軽じゃ」

【彩PL】たぶんオタクの群れの相手の方がらくだと思うなぁw
【こなかPL】いっぺん有明行ってみい。そんな考えふっとぶからw
【アマネPL】うむ(澱んだ目で
【彩PL】戦場って怖いよ? まああっちはあっちですさまじいですけどw
【遙PL】戦場は相手殺せば終わるけど、オタは殺せないからなあ(笑)
【こなかPL】その代わり、戦場は自分も死ぬかもしれないがね。オタでは死ぬことはあまり、ないw
【こなかPL】……ないと言い切れないのが有明の恐怖なんだけど(汗)
【彩PL】あう(苦笑)
【アマネPL】かーなーり人外魔境ですからねぇ。あの時期の有明、特に最終日は……。
【こなかPL】過去に、“会場で”死者は出てません。一応。(えー
【GM】え、そう? 歩くルートさえしっかりしてれば、後は体調が悪くなければどうってことないですよ?
【こなかPL】それは猛者のセリフですw
【アマネPL】現役で行ってた二年間ならそう言えたけど、今はとっても言えない(笑
【こなかPL】同じく。<退役オタ

【こなか】「で、最短ルートっていっても、この混乱状態じゃ、どのルートがそうなのかはわかんないね。どーする?」
【アマネ(小)】「それは、このカップが知って……おらんのかの?」>こなか
【彩】「ティーカップ。選択肢を提示して。どんなルートがあるの?」
【ティーカップ】「こちらです! 皆さん、ついてきてください!」と、ティーカップが先導しようとしたところで……警報が鳴り出す!

【警報】「緊急警報! 緊急警報! 魔法ジェネレーターの出力、急上昇。停止せよ、停止せよ」

【転助】「ちくしょうなんだよっ!?」
【カルヴァード】「急ぐぞ」
【彩】「遅かった!?」
【カルヴァード】「未だ間に合う…… 間に合わせるんだ」

【警報】「臨界の危険あり。すみやかに停止せよ」

【アマネ(小)】「……ハードルにもならんかったか。どうせ警備兵はうわーだめだー、とか言っておるのじゃろうのぅ」
【こなか】「イクスィムのヤツ、アンゼロットの権限でジェネレーターを暴走させたな!?」

【イクスィム】「それ以上近づけば、命はないわ」

 そして響き渡るアンゼロット……いや、イクスィムの声。

【楓丸】「イムイム!」
【彩】「……!?」

【イクスィム】「ここから先に立ち入れば、あなたたちを殺さなければならなくなります。必ず後悔することになるでしょう」
【イクスィム】「さあ、地獄で後悔したくなければ、早々に立ち去りなさい。全力で逃げれば、運次第で生き延びることも出来るでしょう」

【彩】「……」ちらりと隣を見る。
【転助】「……」
【楓丸】「しょーがねぇなぁ」

【楓丸】「それでも行くぜって人、挙手」ノシ
【遙】「アンゼロット様をお助けするのは私の死命ですから」ノシ
【木一郎】「僕にはこの場で死ぬか向かうかしか選択肢が無くてねぇ」ノシ
【こなか】「でも、このままだとアニメやゲームできなくなるよねえ。それ、イヤだし」<そこかいw
【こなか】「ここは勇者パーティらしく、ラスダンからラスボスでしょ。やっぱり☆」ホシ
【瑞樹】「つまんないこと聞いてんじゃないわよ。今度遊びに行くとき、あんたの分だけ、おかず一品減らすわよ?」挙手。

【アマネ(小)】「性悪守護者なら『“はい”か“Yes”で応えろ』と言うのじゃろうなぁ……」
【アマネ(小)】「じゃが、今は違うから敢えて言おう」
【アマネ(小)】「“絶対にノゥ!!”とな」けらけら。

【アマネPL】というわけで、アマネも尻尾を立てる。
【こなかPL】どこのガンバですかw

【転助】「アンゼロット、聞こえてるか」
【転助】「聞こえてるよな。意識もあるよな。生き汚いアンタのことだしまだ中で足掻いてるよな」
【転助】「だってさ。そうでもなければ、レベル∞のイクスィムの攻撃食らってオレが生きてるわけないもんな」

【楓丸】(てっきりギャグ体質だからあれで生きているのかと)
【こなか】(いくら思ってても、いっちゃいけない)楓丸の肩をポン
【アマネ(小)】(世界の真理とは別に、世界のお約束という物があっての)しー。

【転助】「だから、待ってろ。どうなってるかわかんないけど、もうちょっと頑張って待ってろ」
【転助】「覚えてるか。約束したろ」
【転助】「オレはアンタに借りがある。だからさ。次何かあったら、俺はあんたを助けるから、って」

【彩】「……そういうよねぇ……そんな奴だよね」(ため息)「ま、ほっとくわけにも行かないし、止めなきゃいけないし、もちろん行くわよ」

【彩PL】彩としては転助に危ないから行って欲しくないなーと思ってる
【こなかPL】愛だねえ。
【アマネPL】らびゅーだねぇ。
【転助PL】あうΣ
【こなかPL】彩りんを泣かせたら、こなかがゆるさないよ?(笑)>ころすけ
【彩PL】愛なのかなぁ
【彩PL】単に一人で行くのが怖いからっていうのもあるんだけどね 基本的に怖がりです
【こなかPL】これを愛と言わずして、なにを愛と言うのか。(笑)

【楓丸】「リン子は?」聞かなくてもわかるが、降ろしつつ。
【魔法の武将☆スワローリンリン】「にゃ〜〜〜ん」
【魔法の武将☆スワローリンリン】「……っは、思わず野生に帰るところだったのだ」
【魔法の武将☆スワローリンリン】「事情はよく分からないけど、悪い奴は許さない! 突貫なのだーーーっ!」

【彩PL】にゃーんは野生なんだろーかw
【こなかPL】さあ?w
【転助PL】飼い猫っぽいですw

【カルヴァード】「……思い上がるものだな。魔王も、守護者も」
【カルヴァード】「――今ここで貴様を斬らない以上の後悔は、恐らくないだろう。 俺は貴様を…… 人の敵たる貴様を、斬る」
【カルヴァード】「なぜなら、それがウィザードだからだ。 世界を守護するものの役目だからだ。 ――そうだよな、アンゼロット!」

【転助PL】カルさんかっこよく締めてくれました。
【遙PL】さすがは本家王子様だなあ(笑)
【彩PL】さすが勇者王子様です
【転助PL】のぶれすおぶりーじゅです
【カルヴァードPL】うむ。いいたいこといったw
【こなかPL】ただ単に悪即斬じゃないところ、こなかのセリフとの絡みで言ってるので、重みがあります。

【楓丸】「……というわけでイムイム。 このまま帰っても気になってしょうがないから、イムイムの顔をみんなで見に行くぜ」
【イクスィム】「愚かな……いいでしょう、レベル∞である今の私を止められると言うのなら向かってきなさい!」それきりイクスィムの声は聞こえなくなる。

【アマネ(小)】「……レベルを誇張するのが負けフラグっぽいのは、気のせいかのう」ぽそーり。
【アマネPL】表はカルくんが締めてくれたので、こっちで(笑
【リンリンPL】キクタケゲーにおけるレベルなど所詮は飾り
【こなか】「悪役なんて、所詮そんなもの」(何>誇張して負けフラグ
【彩】「どうしてお気楽に振舞えるんだか。その胆力は羨ましいわよ。ほんと」(ため息)

【木一郎】「それじゃ行こうか。しかし、あのイクスィムの台詞で一つだけ安心材料がふえたよ」
【転助】「?」
【木一郎】「邪魔しに来るなってことは、すなわち僕たちで邪魔できるってことだろう? レベル無限が維持されているのもプラフじゃないかなーというのは楽観的すぎるかい?」
【転助】「なるほど。だな」
【楓丸】「それは思ったね。意味がないなら無視すればいいんだから」
【楓丸】「つまり、来てほしくないけど来て欲しい! というアンゼちゃんとイムイムの葛藤がだね……」
【こなか】「さすがは探偵。推理力“だけ”は一流だね」(笑)
【アマネ(小)】「推理もダメなら、最早探偵ではなかろう」(笑)
【魔法の武将☆スワローリンリン】「世の中には拳で解決する武闘派ハードボイルド探偵も居るのだ」

【木一郎PL】まぁ、ちなみにあそこで後ろ向きに逃げると 遙に殺されるのだ 私は(笑
【転助PL】あははは
【遙PL】うん、そうだね(笑)
【こなかPL】それこそ直死だねw
【彩PL】前に行くと死ぬかもしれないけど 後ろに下がると確実に死んじゃうんだねぇ
【こなかPL】かもしれない、と、確実に、じゃ雲泥の差だよw
【木一郎PL】うむ、だから選択肢は前に出る しかなかったわけだ(笑
【彩PL】うみ

【彩】「希望が増えたところで、さっさと行くわよ。ティーカップ、案内して」
【ティーカップ】「……いえ、むしろ逆でしょう」ティーカップがポツリと言う。
【彩】「逆ってなによ?」
【ティーカップ】「イクスィムがレベル∞、と言うのはブラフではないでしょう。彼女の自信満々なセリフがそれを裏付けています」
【ティーカップ】「アンゼロットとイクスィム様は一心同体。今回の原因はおそらく、“節制の宝玉”がアンゼロット様のレベルを下げたことで、イクスィムが表面に現れたものだと思います」
【彩】「それで?」

【ティーカップ】「つまり、イクスィムが『自分がレベル∞だ』と言い切るためには……」
【彩】「完全にアンゼロットの意識を封じたってこと?」
【ティーカップ】「いえ、むしろそれよりは『アンゼロット様と完全に分離した』『節制の宝玉は手元にない』こっちのほうが可能性として高いでしょう」
【木一郎】「なるほど。イクスィムとして完全に肉体を己のものとしないといけないということか」
【楓丸】「それでいて節制の玉を手元から放してる?」
【彩】「分離って……単細胞生物じゃないんだから。……そうなると分離したアンゼロットとどこかにある宝玉の回収もいるわね」
【転助】「……ああ、なるほど。やっと段取りが見えてきたな」
【転助】「イクスィムがレベル∞になるためにしたことの逆回しをすればいいってことか」

【楓丸】(分離したら∞の半分になってんじゃないかな)

【彩PL】無限は半分にしても無限ですからねぇ
【GM】うんまあ、今回は∞→∞+0になったんですがね!w
【彩PL】それが出来たのが宝玉の力なのでしょうねw

【ティーカップ】「ええ、どうやら、邪魔をできる、という点はばっちり合っているようですよ。『魔法ジェネレータを止める』『アンゼロット様を助ける』『節制の宝玉を手に入れる』この3つを同時に行えば、イクスィムを止められるかもしれません!」
【転助】「しかもどれも急いでやらないと、か。また3方面作戦ってわけかあ」
【彩】「打てる手は打たないとね」
【こなか】「……きっと大丈夫だよ」
【こなか】「数字の1と1は足しても2にしかならないけど、ウィザードの1人と1人は足せば無限すら超えるんだから」ウィンク
【こなか】「しかも、ここには12人もいる。ぜーったい、だいじょうぶ」
【転助】「ん。そうだよなっ」

【木一郎PL】つまり節制の宝玉をイクスィムに押し付けてやればいいんだな!
【彩PL】押し付けるのはともかく その力を使う必要があるんだね
【遙PL】……『ヤミと帽子と本の旅人』みたいに、
フォートレス内で、何人かのちびアンゼを探すというのはどうだろう、たっきゅん(笑)
【GM】探すのか!
【GM】……MMGさんがちびアンゼ見たいだけじゃないよね?w
【遙PL】見たいに決まってるじゃないか!
【瑞樹PL】「でりしゃす!」ひょいぱく
【楓丸PL】マット自重

【楓丸】「ちゃっちゃと3チームつくっちまおうぜ」紙にあみだくじを書きながら
【アマネ(小)】「うむ。散開戦術は、この間やったからのう。手立てがあるならどうにかなるじゃろ」
【魔法の武将☆スワローリンリン】「がるるるるるるる」<<アイドリング中
【アマネ(小)】「だいじょぉーぶっ! むぁーかせてっ! ……かの」ふふり。
【こなか】「鳥坂先輩とは、また古いねえ。でも好きだよ」(笑)
【アマネ(小)】「ふふふ……というわけで、ちゃっちゃと組み分けしてれっつらごー、かの?」
【こなか】「だね☆」( =ω<.)bΣ

ダイブ:Aチーム『アンゼロット救出班』へ
ダイブ:Bチーム『魔法動力炉停止班』へ
ダイブ:Cチーム『節制の宝玉奪回班』へ
目次へ

■ 幕間 ■

【GM】おつかれさまでしたー!
【転助PL】おつかれさまでしたー!
【楓丸PL】おつおー
【彩PL】おつかれさまですよー
【こなかPL】あじゅじゅっしたー
【木一郎PL】おつかれサマー

【GM】これにてOPは終了、この後は第2話と同じく3チームに分かれてフォートレス攻略をしていただきます!
【GM】ちなみに今回は推奨能力値はなし! バランスよくパーティー分けしてください!
【楓丸PL】はーい
【瑞樹PL】はーい。
【こなかPL】またそのうち協議が必要だねえ。
【彩PL】それぞれのダンジョン(?)の傾向とかもないのかな
【GM】もちろん、各フォートレスにはボスも居るのでがんばってください! その後、イクスィム戦となります!
【転助PL】おおお!
【彩PL】うい
【アマネPL】がんばりまーす!
【遙PL】むう、そうなると残りの所持金全部MPヒーリングに変えるかなあ
【楓丸PL】(尻叩きの素振りを始める)
【こなかPL】(ヤメトケ)(笑)
【瑞樹PL】「おっぱい! おっぱい!」ってやってる楓丸の絵が浮かんだ(笑)>素振り
【楓丸PL】対アンゼ用だから「ちっぱい! ちっぱい!」だなw
【こなかPL】アンゼにあとで殺されるよ、それw>ちっぱい

【GM】それでは、OPはここまで! お疲れ様でしたー!
【転助PL】おつかれさまでしたー
【楓丸PL】おつかれさまぁ
【こなかPL】はーい、おつかれー


【彩PL】とうことで3つの班に分かれるんだね〜
【転助PL】心情的にはアンゼさまを助ける班に入りたい気分ではあります
【彩PL】うい モチベは大事
【遙PL】遙は確実にアンゼ様コースで(笑)
【こなかPL】それは遥の仕事ですw
【カルヴァードPL】心情的には助ける班には入れない方が危険が少ないと思います。w
【木一郎PL】物理攻撃力が足りないところにまわしてねー(笑

【彩PL】【動力停止班】【姫救出班】【宝玉奪回班】の3つかな
【転助PL】ですねー
【こなかPL】どこぞのリリカルな魔法少女のラストバトルのようだw>動力炉停止と救出

【遙PL】転助と彩は一緒だよねえ?(笑)
【彩PL】いや別でも良いけどw
【転助PL】そろそろ別にするのもシナリオの展開的に面白いのかなあとか(こら
【遙PL】ああ、転助がボロボロになってる時に、別シーンで彩が嫌な予感を感じたりするわけか(笑)
【こなかPL】その逆もアリかもよw
【転助PL】でも性能的にはMMGさんのパターンの方がありそうでw
【こなかPL】彩のピンチを察して心配し、初めて自分のこころの真実を知る転助、とかw
【彩PL】彩は脆いからねぇ ピンチになりやすいですw
【彩PL】いつも守ってもらってやっと戦えてますし。
【遙PL】こころの真実とやらを知っても、2ndになったら0リセットではじめそうだし。この二人(笑)
【こなかPL】ラブコメっぽくていいじゃんw
【転助PL】多分、これからの経験を踏まえて、後衛砲台から前衛ディフェンダーに訓練しなおすんですよ
【こなかPL】それでディフェンダー道に向かうわけかw
【転助PL】0リセットはさすがに転助でもまずいかなあということでこじつけですw
【瑞樹PL】転助は守りに入るわけですね(恋愛的な意味で)
【カルヴァードPL】カルは、NW2だと再現しづらいんだよなぁ……
【転助PL】そうですねえ
【転助PL】キーアイテムの鱗がなくなっちゃいましたし
【彩PL】彩も苦労したしねぇ
【こなかPL】カルは転生者でゲイボルグとかにあいそう。
【こなかPL】あれも投げれば戻るし。
【アマネPL】忍者になって、《投射術》とか。
【リンリンPL】リンリンは装備がキメラ化しててわけ分からんからなぁ
【カルヴァードPL】防御高くて回復撃って攻撃も出来るってのはNW2のコンセプトから全力で離れてるしw
【カルヴァードPL】まあ、NW2は新キャラですなw
【木一郎PL】ディフェンダーで 攻撃力高く出来るクラスをやって、後でMPをあげる

【彩PL】班分け希望なにかあるひといるかな?
【彩PL】人がいるうちにアンケート
【こなかPL】今まで一緒になったことのない人。
【彩PL】それはかなり難しいようなw>今までなったこと無い人 何人のこってるかなぁ
【転助PL】上記のとおりアンゼさま班でー
【瑞樹PL】お姫様救出作戦がよさそうかなー。
【木一郎PL】転助 遥 瑞樹が お姫様救出か
【彩PL】ういうい
【彩PL】そうなると 前衛が足りないね>お姫様班
【転助PL】後方射撃がかなり強烈ですねえ。<お姫様組
【木一郎PL】PT構成的にそこにもぐりこむとちょうどよさそうだ
【こなかPL】魔法援護がいないねえ>お姫様PT
【転助PL】転助が一応防御魔法打ちます。
【転助PL】瑞樹さんもかなりいけましたよね
【彩PL】むしろ魔法防御は充実
【木一郎PL】じゃぁ、お姫様救出にもぐりこみたいなー とか言っておく OPで偶然にも頼まれてるし。
【彩PL】探偵さんがお姫様と(かきかき)

【カルヴァードPL】瑞樹と組むのは非常にロール的に危険なので回避したい。あとはバランスと過去パーティの傾向からでよいかと。カルの希望はジェネレーター班
【こなかPL】んじゃこなかはジェネレータ班かな。カルとはお初だし
【アマネPL】ジェネレータか宝玉かねぇ。
【こなかPL】でも、カルも防御カタイんだよね? うーむ
【転助PL】カルさんはかなり固いです
【転助PL】優秀なディフェンダー+ヒーラー+(アタッカー)です
【アマネPL】アマネは防御薄いから、防御支援充実した人と組みたい(笑
【木一郎PL】駄目探偵の死ににくさいは高いぞ!
【こなかPL】んじゃ、自分は保留。やわい班にいくよ。
【彩PL】いや 半分くらいやわいから
【こなかPL】パーティの半分が硬いなら優秀w
【リンリンPL】リンリンは軟らかいよー

【彩PL】とりあえず お姫様班は一応四人と 入れ替わりがあるかもなので仮ですが
【アマネPL】アンゼ班が 転助 遥 瑞樹 藤吉 の四名?(敬称略)
【こなかPL】ま、この状態だと、リンリンとアマネは分かれることになるでしょう。
【こなかPL】攻撃力分散の意味でも
【アマネPL】かもですな。
【彩PL】攻撃力だと 社長に彩に楓丸くんもいるから
【彩PL】実は結構あまる
【こなかPL】あとはベフェルとしゃちょーしだいかな
【こなかPL】防御だとどうだろう? しゃちょーはそこそこ硬かったはず。
【転助PL】しゃちょさんは硬いですし、《幻想》で避けたりもできますし
【カルヴァードPL】魔物使いはそこそこいけるはずだねぇ
【彩PL】ベフェルさんとこなかさんが 支援担当で手分けかな
【こなかPL】ベフェルとこなかは分かれるの決定かなあ
【こなかPL】ああ、しゃちょーは抗魔が紙だ。
【木一郎PL】しゃちょーは 《幻想舞踊》があるから カウント扱いを間違えなければ 結構耐えるよ
【こなかPL】カウントの管理は優秀だから心配してない。
【こなかPL】となると、やはり彩か。(笑)
【彩PL】彩とアマネさんが薄いコンビだね(苦笑)
【遙PL】カル、ベフェル、こなか が防御魔法使える人か
【こなかPL】そのふたりは分かれてほしいな。守る相手が偏るのはキツいから

【こなかPL】みす太さんはいるけど、別セソン中だから聞くのは後かなあ。
【ベフェルPL】うに?
【カルヴァードPL】とりあえず、ボードに書き込んで俎上に載せて、あとは検討かなぁ
【ベフェルPL】あぁ、班分けか
【彩PL】うん
【こなかPL】うん。ベフェルは希望ある?
【こなかPL】動力炉停止、アンゼ救出、宝玉奪還で、班分けなんだけど。
【ベフェルPL】特にはにゃあよ〜
【こなかPL】なら、動力炉か宝玉になるかな。
【ベフェルPL】はいほい
【楓丸PL】どこに行きたいって判断が、何がそのルートにあるかっという情報しかないからねぇ
【カルヴァードPL】あとは、既希望者の動向を見てどう合わせるか、くらいが判断材料だね
【彩PL】防御魔法の使い手は6人で……3人がお姫様に行っちゃってるのかぁ
【カルヴァードPL】つうか、姫班も決定じゃないぜ?w
【こなかPL】そーだけど、仮決定としとくのがいいよ。草案つくるには。
【彩PL】仮ですねまだw
【遙PL】3人?
【彩PL】遥さん 転助くん 瑞樹さん
【彩PL】遥さんもヘッシュあったのでいちおーかうんと
【遙PL】ああ、ヘッシュか、あったなそんなの(笑)
【カルヴァードPL】忘れてるしっw
【こなかPL】あと探偵さん>姫
【木一郎PL】壁だよ壁(笑 私はね
【こなかPL】硬いなあ、姫班
【遙PL】通常タイミングの防御魔法なんか、ボス戦以外まず使わないよ!

【楓丸PL】自分は珠にしとく
【こなかPL】楓丸が宝玉か。となると、しゃちょーはできれば動力炉かな。
【彩PL】なら 社長が動力かな 二人とも《幻想舞踏》もちだしね
【カルヴァードPL】バランスによっては誰か引き抜くことも考えつつ素案を出しとけばいいかな、と
【彩PL】そうだねー>入れ替えも考慮にいれつつ
【こなかPL】んじゃ、仮に。宝玉、楓丸。動力炉、しゃちょー。
【彩PL】うい
【こなかPL】他に希望ある人ー
【こなかPL】アマネは楓丸といっしょになったことないんだね。
【彩PL】ふみ
【リンリンPL】リンリンはどこでもいいよー
【彩PL】うい
【木一郎PL】転助と一緒になったことなかったんだよ
【木一郎PL】遥と瑞樹は……あれ? 思い出すと振るえがとまらないぞ(がくがくぶるぶる<木一郎

【彩PL】他に希望無いなら えーとー
【彩PL】こなかさんを動力にして ペフェルさんが宝玉と
【カルヴァードPL】それがいいかな……
【彩PL】動力班が防御魔法多いから 希望があった アマネさんが動力班かな
【彩PL】そうなると 彩とリンリンが宝玉と

 【動力停止班】:カル・こなか・社長・アマネ
 【姫救出班】:遥・木一朗・転助・瑞樹
 【宝玉奪回班】:楓丸・彩・リンリン・ペフェル


【彩PL】現時点での草稿です
【こなかPL】自分はカルとやったことないから、希望通りだな
【カルヴァードPL】個人的には異存なし。
【楓丸PL】希望通りハーレムだ
【リンリンPL】また楓丸と一緒かw
【リンリンPL】【リンリン係り】>>楓丸
【こなかPL】しゃちょーとは第1話ぶりか。(笑)
【こなかPL】アマネとはもはや腐れ縁の雰囲気を感じるぞw
【彩PL】入れ替えを検討しましょうー
【カルヴァードPL】宝玉班は防御足りる?
【遙PL】彩とリンリンは射程攻撃可能だから位置取りうまくやればベフェル一人でもなんとかなりそう……か?
【楓丸PL】防御する前に殴り倒す
【彩PL】防御はちとつらいかもねぇ ただどこかはつらくなる
【こなかPL】リンリンは多少硬くなったら、援護も少なくていいはずだし
【アマネPL】こちらは異存無し(笑<プランニング
【カルヴァードPL】恐怖のリザレクションフレイム再び……(遠い眼)
【遙PL】燃えキャラアマネ
【アマネ(小)】「……」(がくがく
【こなか】「大丈夫。今回はあたしがいるから」<ぜんぜん安心できませんw
【遙PL】こなかは中の人のダイスが(笑)
【こなかPL】いわないで。自分も気にしてるからw

【こなかPL】って、彩りん。リンリンのほうが抗魔ひくいぞw
【彩PL】抗魔はね
【彩PL】ただ 《幻想舞踏》があるから
【こなかPL】いや、防御もだw
【彩PL】それをいうと社長も消して高くないですw
【彩PL】楓丸くんも抗魔は低いしね
【楓丸PL】魔法のおかげで毎回死にかけてます
【リンリンPL】というか、楓丸とリンリンはほとんど互換性能ですよ
【彩PL】社長もね
【こなかPL】そこは、ベフェルさんに頑張ってもらおうw>抗魔低い3人

【カルヴァードPL】そして、1話に立ち返って勇者がバラバラにちゃんとなってるのが素敵。
【こなかPL】期せずしてw
【転助PL】おうっw
【彩PL】偶然だねw
【転助PL】なんという絶妙なw
【楓丸PL】珠立候補したの、勇者ばらけさせるためだけですよ
【彩PL】そうだったのですかw
【カルヴァードPL】あのタイミングはやはりそうですよね。ありがとうございますよー

【彩PL】まあ いれかえるなら誰でしょうかね?
【遙PL】瑞樹を入れ替える……と姫班の抗魔防御魔法がレインボウフィールドのみ、ってやばいなあ
【彩PL】瑞樹さんと入れ替わるなら 彩かリンリンとなりますねぇ
【彩PL】ペフェルさんは動かせないです
【こなかPL】彩と瑞樹が入れ替わると、宝玉班が第1話になりますw
【カルヴァードPL】それだめーっw
【彩PL】まあ 最初のパーティが一番バランスいいからねぇ(苦笑)
【カルヴァードPL】この状態でまずボードに上げてみて、異論求める形がいいと思いますねー
【カルヴァードPL】いない方も居ますし。
【こなかPL】そーですなあ
【彩PL】じゃあ ボードにはこれでアップする?
【こなかPL】きぶし。に上げておいて、検討ですかね
【楓丸PL】いいおー
【こなかPL】どなたがやりますか?
【彩PL】ボードにあげる前に相談はいいですか?
【こなかPL】今のところ、大きな異論はでていないからいいんじゃないかな
【カルヴァードPL】積極的な配置替え希望があるなら今やるべきですが、なければ上げてみていいと思います
【彩PL】希望はないけど 宝玉班が現状だと《幻想舞踏》を使い切ってもらうことが前提になりそーだなぁとは思う
【こなかPL】しかも、防御で、ですね>《幻想》
【こなかPL】ロランさんとみす太さんからは意見聞いていないんだっけかな。
【彩PL】ですね 最終決定はお二人からの意見もですね〜 あくまで前相談
【ベフェルPL】うちは、日程さえ合えば大じょぶよん。就職して今までよかシビアになったけどね
【楓丸PL】大丈夫。次は回復でファンブルしないから。

【遙PL】個人的には転助と楓丸入れ替えると性能的にバランス取れるかな〜 てぐらいかなあ
【彩PL】あー たしかに……
【転助PL】なるほどー
【リンリンPL】じゃあ、もういっそ《幻想舞踏》だよりの班を一つ作るとか
【こなかPL】楓、リンリン、しゃちょー?(笑)
【リンリンPL】とにかく力技で押し切る>>《幻想舞踏》
【こなかPL】短期決戦ですな
【彩PL】《幻想》持ちを固めるなら社長と彩が交代かなぁ
【リンリンPL】行動値に全部突っ込んで、やられる前に殺る
【遙PL】それ、イクスィム戦で《幻想舞踏》切れてそうだ(笑)
【リンリンPL】そりゃ、当然切れるw>>《幻想舞踏》
【カルヴァードPL】や、ほんとにやるの? 《幻想》固め打ち。 やるなら止めないけど…… どうなんだろうw
【彩PL】《幻想》固めうちは止めた方が良いと思うな さすがにw
【こなかPL】うーん。戦力の集中は避けたほうがいいかな、とこなかからは。
【木一郎PL】イクスィム戦は修羅場になるからやめた方がいいと思うよ(・・)ノ<固めうち
【リンリンPL】まぁ、普通に考えてダメだろう、とw>>《幻想》固め
【カルヴァードPL】ですよねー
【こなかPL】ネタ的には面白いだろうけどさー。飛び交う《幻想舞踏》の嵐w

【彩PL】転助くんと楓丸君入れ替えの方はどうだろう?
【転助PL】個人的にはアンゼさんとは話たかったのですけどね。でも確かにバランス的にはそちらの方がよさそうです
【遙PL】自分で提案しておいてなんだが、遙的には転助の方が扱いやすいです(笑)<転助と楓丸入れ替え
【彩PL】あははw
【転助PL】あはは
【こなかPL】ころすけの女難は続く。(何
【リンリンPL】楓丸はリンリンが居るとしかたなくツッコミになるw
【木一郎PL】姫PTはこれはこれでバランスとれてるからいいんじゃないかなーと思われ
【こなかPL】そうねー。姫枠はいいと思われ。
【彩PL】うい
【彩PL】動力班も動かしにくいかな?
【カルヴァードPL】動かしにくいねぇ。同一的なポジションのPCの交換くらい
【こなかPL】さっき出た、彩と瑞樹の入れ替えくらいしかないねえ
【彩PL】彩と瑞樹さんはいれかえると初期パーティにもどるのでw

【遙PL】とりあえず、宝玉班の対抗防御だけが不安あるところだが、他は安定してるのよなあ
【こなかPL】そこはもう《幻想》で乗り切ってもらうしかないかなあ
【遙PL】まあ、楓丸も彩もリンリンも火力高いから、押し切れるかもだが
【遙PL】少なくとも雑魚戦で手こずる面子じゃなさそうだし<宝玉班の火力
【楓丸PL】なに、魔法攻撃で死にかけるのは毎回だから
【彩PL】前衛の宿命かもねw
【こなかPL】問題はボス戦の最初の範囲攻撃だな。
【こなかPL】そこを乗り切れれば勝機はある。
【リンリンPL】リンリンは行動力が飛躍的に増大したから、×(−14)も。

【彩PL】あ……まいいか(やなことに気が付いた)
【こなかPL】ん? 疑問は吐き出しておいたほうがいいぜよ
【彩PL】宝玉班の三人全員火/風です
【転助PL】むはっ
【リンリンPL】……おぉ
【こなかPL】……あ。(汗)>属性
【彩PL】両方に耐性もたれるとアウト
【彩PL】まあ……めったに無いと思うんだけどねー
【カルヴァードPL】ないとおもうよ、さすがにそんなピンポイントな対策は
【遙PL】まあ、《属性防御》は取らないと眼鏡の人がいってたから大丈夫
【こなかPL】そもそも、12人中、火風が4人もいるんだ。そうなるのは必然だよ
【彩PL】まあねw なのでまあいいかなのですw
【リンリンPL】というか、最初の段階で楓丸とリンリンは火風で被ってたからね
【こなかPL】というか、火だけで8人って多すぎw
【彩PL】ある意味稀有ですw
【リンリンPL】だって、簡単に筋力が上がるんだもの火。あと、リンリンは元ネタのイメージの問題w
【こなかPL】逆に冥は一人もいない。
【遙PL】2ndになると冥がやたらふえます(笑)
【彩PL】冥の魔法がつかいやすいからねぇ
【こなかPL】虚にしても1人。ま、能力値の関係で虚はトリッキーなんだが。>2でも
【彩PL】じゃまー 意見は出尽くしたみたいだし
【こなかPL】キャスターはランス最高!w

 【動力班】:カル・こなか・社長・アマネ
 【姫班】:遥・木一朗・転助・瑞樹
 【宝玉班】:楓丸・彩・リンリン・ペフェル


【彩PL】これで仮決定?
【カルヴァードPL】一旦〆ーで上げますかー
【遙PL】うい。OK
【彩PL】あとは また後日相談で
【こなかPL】うん、OK。あげて。
【転助PL】おねがいいたしますー
【彩PL】きぶし。でいいかな?
【GM】後日きぶし。に各スレ作るぜー。
【こなかPL】はーい
【瑞樹PL】おねがいします。


【転助PL】……MMGさん、やこさん、ろんさんって、偽すくめずのときのメンバーですねw
【転助PL】改めてよろしくですー
【瑞樹PL】ぉぉぅ(笑)
【遙PL】おお
【瑞樹PL】こちらこそ、よろしくおねがいします。
【遙PL】よろしく〜
【木一郎PL】おや?(笑<偽すくめず
【転助PL】みぃさんがいらしたら完璧すくめずメンバーでした
【木一郎PL】PC1がMMGさんなところまで一緒だね(こら
【こなかPL】それは面妖な巡り合わせw
【遙PL】PC1じゃないです(笑)
【瑞樹PL】ぇー?(笑)
【こなかPL】嘘だ!w
【瑞樹PL】じゃあ、百合臭つながりってことで。
【彩PL】あははw
【転助PL】前回も付き合いのある女の子をMMGさんPCの娘さんが助けに行くシナリオ。
【転助PL】なんというぐうぜん!(ぼうよみ
【こなかPL】実に既視感w

【転助PL】あ、たくわんさーん
【転助PL】転助のレベルアップですが、結局勇者路線でいくことにいたしました
【転助PL】転職の裁定についてはお騒がせいたしましたーm()m
【遙PL】じゃあ、レベルアップはダイス目だけ採用?<HPMP
【転助PL】はいですー。HPMPと宣言して振ったので、差し支えなければそうしようかと
【転助PL】もし振りなおしが必要そうでしたら、改めて振りますー
【遙PL】どうせ、1D6だから問題無いと思うが、GM次第だなあ
【こなかPL】その時のダイス目をGMが承認していて、固定値の書き換えでOKというなら問題はありませんね
【彩PL】うい
【転助PL】ふみ。
【転助PL】とりあえず、明日、アップできるパソコンで更新しまーす
【彩PL】はいです

【彩PL】きぶし。にあげてきましたー
【楓丸PL】おつー
【カルヴァードPL】おつかれさまですよー
【彩PL】よろしくです
【こなかPL】さんきう
【転助PL】よろしくお願いいたします!
【カルヴァードPL】よろしくおねがいしますっ
【こなかPL】よしなにー
【木一郎PL】4472
【彩PL】では落ちますね

目次へ