GM・文責: MMG

ナイトウイザード2ndオンラインセッション

「 異界よりの幸運 」


■ 目次 ■

オープニング1『おまじない』
オープニング2『違和感』
オープニング3『都市伝説』
オープニング4『紅い月』
オープニング5『告白』
  ミドル1 『侵魔』
  ミドル2 『クラスメート』
  ミドル3 『噂話』
  ミドル4 『侵魔2』
  ミドル5 『集合』
  ミドル6 『侵魔3』
  ミドル7 『フォークロア』
クライマックス『月匣』
エンディング1『守護者』
エンディング2『日常』
エンディング3『ページの行方』
エンディング4『告白の行方』


■ 今回予告 ■


 
  “名前”と引き換えに幸運を与えてくれるという
 携帯電話を利用したおまじない“エミーさん” 
 だが、その利用者たちが謎の失踪を遂げていく。

  世界を侵食する都市伝説。
 それに抗えるのは夜闇の魔法使いのみ!

 ナイトウイザード2ndオンラインセッション
          『異界よりの幸運』

  紅き月が昇るとき、異界の門が開かれる。


■ PC一覧 ■

PC1用ハンドアウト
コネクション:園山 琴美
推奨ワークス:高校生・教師
  キミがある日登校してくると、机の中に一通の手紙が入っていた。
 園山琴美と言う少女からのその手紙には放課後に屋上へ来て欲しい
 と言う内容が書かれていた。
  キミが待ち合わせ場所に行くと園山琴美が待っていたのだったが、
 彼女が用件を話そうとしたその瞬間、空に紅い月がのぼり、キミの
 目の前で琴美はエミュレータによって攫われてしまったのだった。


神代 愁(かみしろ しゅう)
 PL: show氏
 属性:火/火  クラス:魔物使い1/アタッカー0
 ワークス:高校生退魔師
 種族:人間  性別:男  年齢:17歳

     キャラシート

PC2用ハンドアウト
コネクション:泉野 真理
推奨ワークス:学生・教師
  キミがその日教室に入ったとき、微妙な違和感を感じた。
 その違和感は教師が出席を取っていたときにはっきりした。
 クラスメイトのひとり、泉野真理の名前が読み上げられなかったのだ。
 気になったキミがクラスメイトや教師に確認すると、彼女の容姿や
 印象に関してはいくらか思い出せるようだったが、誰一人として
 彼女の名前を覚えている者は居なかった。
  どうやら何らかの事件が彼女の身に起こってしまったらしい。
 
 捕捉:このハンドアウトは教師のPCであれば、自分が出席簿を
    読み上げる際に泉野真理の名前が消えていることに気付く
    という状況に変更されます。


皐月 御影(さつき みかげ)
 PL: たくわん氏
 属性:水/天  クラス:使徒1/ヒーラー0
 ワークス:教師
 種族:使徒  性別:女  年齢:22歳

     キャラシート

PC3用ハンドアウト
コネクション:エミーさん
推奨ワークス:ロンギヌス・絶滅社など組織関係者
  キミはアンゼロット直属の戦闘集団ロンギヌスのメンバーである。
 アンゼロットは、街で起こっている連続失踪事件に侵魔が関与しているとの
 疑いを持った。失踪者の周囲では“エミーさん”という都市伝説について
 よく噂されていたという。キミはさっそく調査へと乗り出した。


南 太郎(みなみ たろう)
 PL: 琵琶法師氏
 属性:冥/地  クラス:錬金術師1/キャスター0
 ワークス:偽密具職人 ( ギミックマイスター )
 種族:人間  性別:男  年齢:27歳

     キャラシート

PC4用ハンドアウト
コネクション:フォークロア
推奨ワークス:裏界サイド関係者(落とし子・侵魔召喚師) 
  裏界に名だたる大魔王ベール=ゼファー。
 空に紅い月が昇り、今夜もまた契約の主たる彼女がキミの前に舞い降りる。
 今回キミに契約の名の下に与えられた使命、それはあるエミュレーターが
 持っているという“魔本のページ”を手に入れてくるということ。
 魔王から見れば雑魚とも言える存在だが、未だ表立って動く事を好まない
 主に代わってそのエミュレーターを始末し、ページを手に入れてくるのだ。
  そして、キミは契約を果たすため、日本へと向かった。


アレクサンドラ=アーミテッジ
 PL: まこと氏
 属性:火/風  クラス:魔剣使い1/ディフェンダー0
 ワークス:ロンギヌス所属高校生(保護者がベル)
 種族:人間  性別:女  年齢:16歳

     キャラシート

メンバー表はここ
目次へ

■ プリプレイ ■

【GM】さて、準備よければ自己紹介とCF値決定と所持金ロールやっていきましょうか
【サンディPL】はいです〜
【御影PL】了解ー。
【南PL】はーい♪
【愁PL】ああ、すまぬちょっと後に回して<自己紹介
【愁PL】一晩寝て頭の中を整理したら、キャラのイメージも整頓できたので、ちょっと自己紹介を書きなおしてるのですわ
【GM】っと、了解。じゃあ、PC4:アレクサンドラ=アーミテッジ からいこうか
【サンディPL】あ はいですー

【サンディ】「こ、こんにちは。アレクサンドラ=アーミテッジです。サンディって呼んでください」(ぺこり)
【サンディ】「実は別の世界から来たんですけど色々あってロンギヌスってところでお世話になっています」
【サンディ】「でもベル様には命を助けてもらったりしているので……色々と苦労してるんです」(とほほ)
【サンディ】「え、えっとこんな私ですけど、よろしくおねがいしますね」(ぺこり)

【サンディPL】魔剣使い/ディフェンダーの高校生です。よろしくです。

【GM】表サンディか(笑)
【南PL】裏サンディさんもいますかw
【見学APろん。】表参道?
【南PL】くぅ。微妙にうまいっw
【愁PL】うまいね

──サンディのダイス:11(2D6:5 6)+9(2D6:6 3) = 20  C/F

【サンディPL】はーうーわー(TT
【GM】うわ〜
【サンディPL】CF修正2しかないのに……
【サンディPL】い、いじりようがない……(涙) C11/F10です(涙)
【サンディPL】次どうぞー
【GM】あ。所持金もどぞ
【サンディPL】はいですー

──サンディのダイス:5(2D6:2 3) = 5

【サンディPL】5万ですー
【サンディPL】今度こそ以上かな?

【サンディPL】えうえう(涙) 今回はダメです ダメダメです……
【見学APろん。】これは辛いですね。
【サンディPL】辛いです……
【御影PL】大丈夫、シーン1回だけどファンブル無効化できる(出目をそのまま扱う)《運命の加護》持ってるw
【サンディPL】ありがたいですー

【GM】ではPC3:南 太郎(みなみ たろう) どぞ〜
【南PL】はーい

【南】「む。呼ばれて飛び出てジャンバルジャン! 嗚呼無常! 仏教の真理なのである」
【南】「我輩はマスター・サウス。世に存在する魔剣や遺産といった密具の数々を模倣した『偽密具(ギミック)』の作成を生業にしている錬金術師なのであーる。む? このギターが気になったであるか?」
【南】「ふはははははは!! これぞギターと見せかけてかの有名なエメラルドタブレットのレプリカの親戚のコンセプトをほんのり受け継いだ封印・拘束に特化した箒ィ! 超ウルトラスーパーデラックスラブのマジックはスキトキメキトキス☆なのであるぅぅぅぅぅ!!」
【南】「ん? エメラルドタブレットは120万で電子写本が買える世界だ、であるか?」
【南】「何を言うでアルカ。本物の密具に興味はない。本物(リアル)はキモい」
【南】「ということで世の高名な密具の偽物をもって本物を凌駕するのが我輩の目的なのであぁぁぁるっ! 以上!」

【南PL】南太郎。通称マスターサウス。錬金術師/キャスターの砲撃型です。
【南PL】回復もやりますが基本殴り系ということで。
【南PL】以上!

【見学APろん。】みなみん、はっちゃけてますねぇ。

【南PL】ということでCF決めますねー

──南のダイス:8(2D6:2 6)+2(2D6:1 1) = 10 C/F

【南PL】C7/F2 で!
【GM】うわ、面白くない目だ
【サンディPL】どーせボクは面白い目ですようー(涙)

【見学APろん。】おおー。こっちは理想的な出目。
【御影PL】出目いいなあw
【サンディPL】うらやましいですー いいなーいいなー
【南PL】ふぅ……。がんばった!(内心どきどき

【南】「ふははははは! さすが新機軸っ! 出目もいつもと一味違うのであーる!」

──南のダイス:6(2D6:5 1) = 6

【南PL】60,000vです!
【南PL】これで以上ですー

【GM】うい。では次、PC2:皐月 御影(さつき みかげ)
【御影PL】はいなー。

【御影】「皆さんはじめまして。皐月 御影(さつき みかげ)と言います」
【御影】「高校の教師をしておりまして、もしかしたら私の受け持ってる子も居るかもしれませんね」
【御影】「で、えーっと……オフのとき、変なところで見かけても、そっとしておいてくださいね?」(こっそり

【御影PL】使徒のヒーラー、完全支援系。
【御影PL】他人のFは無効化できるが自分のFはキャンセルできない! それってヒーラーとしてどうよ!?w
【御影PL】以上!
【御影PL】では、CF決定ー。

──御影のダイス:9(2D6:6 3)+8(2D6:2 6) = 17

【御影PL】むーん……C9/F5かな。
【御影PL】所持金決定ー。

──御影のダイス:10(2D6:5 5) = 10

【御影PL】おお、いい感じw
【南PL】おおー♪ MPPいっこげっと!
【サンディPL】ぱちぱちー
【御影PL】では、以上!

【南PL】お。もしかすると、御影先生と協力すると、Fの出目をCに変更できるですね
【南PL】いざというときの必殺コンボです。

【GM】では最後、PC1:神代 愁(かみしろ しゅう) いけますか〜
【愁PL】OK
【GM】ではお願いします〜

【愁】「神代愁。宮内庁及び内閣退魔調査室に所属している。こいつは守護獣、狛犬の『獅子王』だ」
【愁】「以上だ」
【愁】「……ん? 短すぎるだと? そうだな……好きな食べ物は牛丼だ。なんといっても力がつくからな」
【愁】「それも違う、だと? 一体何を話せばいいものか……(思案)そうだな。輝明学園高等部に通う二年生でもある」
【愁】「学園生活も戦いだからな。勉学や運動といった部分でも手は抜けないだろう」
【愁】「だが、それなりに楽しくもある、かな。平穏な過ごしかたも」

【見学APろん。】ぎゅどーん。
【御影PL】へのつっぱりはいらんですよ!

【愁PL】『境界の守護』を司る神社に生まれた魔物使い。狛犬『獅子王』を使役する。
【愁PL】アタッカー、属性はトゥルー火です。よろしくおねがいします

【南PL】獅子王!
【南PL】いい響きです。勇者の香りがします
【サンディPL】主人公だねw
【南PL】これはおにゃのこは放っておかないですよー

──愁のダイス:3(2D6:1 2)+6(2D6:1 5) = 9  CF

【南PL】って、ああっ!?
【愁PL】む。C3のF4だな。

──愁のダイス:7(2D6:5 2) = 7  所持金

【愁PL】7万と。以上だ
【GM】うい。どうもです

 愁:C3/F4 御影:C9/F5 サウス:C7/F2 サンディ:C11/F10

【GM】なかなかいいCF値だ(笑)

【南PL】ううん。波乱なダイスの予感がします
【愁PL】Cも出ないけど、Fもでなさそう(笑)
【サンディPL】あうー
【見学APろん。】今回、CFが荒れ気味ねぇ。
【サンディPL】なのですー 戦々恐々ですー
【御影PL】支援系としては、Fさえ出なきゃ色々オートで増強できるからそれで十分なんですけどねw
【愁PL】サウスが一番まともっぽいね<CF
【サンディPL】まともですね


【GM】では、PC間コネクション決めましょうか
【GM】神代 愁>皐月 御影>南 太郎>アレクサンドラ=アーミテッジ>神代 愁 の順番で
【南PL】うーん。
【GM】みなみんとサンディは一応ロンギヌス同僚か
【南PL】南>サンディさん:「弟妹」……ロンギヌス後輩として可愛がっている。

【南】「いや、決して魔王から渡された密具が目的ではないのでアルよ?」

【南PL】以上w

【御影PL】んー、ちょっと1回振ってみようw

──御影のダイス:8(2D6:5 3) = 8

【御影PL】53……ビジネス。
【南PL】どんなビジネスでしょうか。アイテムを修理したとか?
【御影PL】『彼とは何度か取引をした。悪い取引ではなかった』かー。
【南PL】もしかして、おたくなグッズとか?w
【御影PL】……それやると、あっという間にばれそうだなあw
【サンディPL】変なもの持っていそうだもんねぇ
【御影PL】……ううむ、では「隠れ用グッズ」を作ってもらったと言うことで。ボタンひとつで聞いてる曲やリストの表示・非表示を変えられるip○dとかw<南
【南PL】あはははw
【GM】微妙な取引を(笑)
【御影PL】いや、私がリアルで欲しかったりするんだがw

【見学APろん。】たくわんさん……(笑)
【御影PL】は、なんでしょうかw
【見学APろん。】このダメ人間め!(くるくるびしぃ)
【御影PL】何をー!? 趣味と仕事を両立させるために頑張っている、と言ってもらいたい!w
【見学APろん。】何か違うような気がします(笑)

【サンディPL】こちらも振って見ますね

──サンディのダイス:9(2D6:5 4) = 9

【サンディPL】家族……ふみゅ しっくりこないかもです
【サンディPL】もっかいー

──サンディのダイス:7(2D6:3 4) = 7

【サンディPL】友人がでましたー 無難なところかな?
【愁PL】そうですねー。双子の妹辺りを交えた友人って感じでしょうか
【GM】サンディも2年だっけ?
【サンディPL】決めて無かったよーな じゃあ同級生にしちゃいましょう
【愁PL】ハンドアウト的にやや遠い立ち場なので、ある程度PC間で交流がある間柄だとスムーズかな

──愁のダイス:10(2D6:4 6) = 10

【サンディPL】秘密……
【南PL】いきなりオタク趣味ばれ?w
【サンディPL】ピンポイントだね
【南PL】ダイスくんw
【御影PL】なんとw
【サンディPL】妹さんもそっちの趣味なのでしょうか?

【愁】「皐月女史が何やら奇矯な格好をしてたのを見たんだが、あれは絶滅社の新しい戦闘服か何かだろうか?」
【御影】「や、やめてー!? 言わないでー!?」

【愁PL】とか(笑) コスプレはするのかどーかわからんですが
【GM】絶滅社戦闘用コスプレ
【愁PL】という感じでいいかな?>せんせぇ
【御影PL】するだろう、常考!w

【見学APろん。】絶滅社(笑)
【愁PL】ちなみに妹は違うかも、ですね。<趣味
【愁PL】イメージとしては刑事コロンボの『うちのカミサン』扱いなので>まことさん
【サンディPL】なるほどですー>うちのかみさん
【御影PL】すげえわかりやすいw
【愁PL】活発、ドケチで口が悪いけど家族思い、一人称が自分の名前、とかはあくまで裏設定で(笑)

【サンディPL】とりあえずこれで決まったかな(笑)

 神代 愁  >(秘密)>  皐月 御影
 皐月 御影  >(ビジネス)>  南 太郎
 南 太郎  >(弟妹)>  アレクサンドラ=アーミテッジ
 アレクサンドラ=アーミテッジ  >(友人)>  神代 愁


【GM】と言う感じね
【サンディPL】うい
【御影PL】OK−。
【GM】では、準備OKならはじめましょうか
【南PL】はーい♪
【サンディPL】はいですー♪
【御影PL】おー♪
【愁PL】ok

【GM】それでは じぇんとる★ぷれい〜 (笑)
【御影PL】ジェントル★プレイッ!
【サンディPL】じぇんとる〜ぷれいー♪
【愁PL】じぇんとる〜
【南PL】じぇんとるぷれい!
【見学APろん。】じぇんとる・ぷれいっ。

【GM】それではオープニング最初はマスターシーンからですので、ちょっと見ててください

目次へ

■ オープニング1『おまじない』 ■

マスターシーン

 放課後の教室、校庭からの部活動の声や帰宅する生徒達の喧騒が聞こえる中、3人の女生徒が楽しげに会話を交わしていた。
泉野真理、西宮由貴、園山琴美――仲の良い彼女たち三人は高等部に入ってからずっと同じクラスで、いつも一緒に放課後を過ごしていた。


【泉野真理】「そうそう、なんかホントにすっごいんだってさ!」
【泉野真理】「だからさ、みんなでやってみようよ! やり方はすっごっく簡単なんだし」
【園山琴美】「でもなんかちょっと怖いけど、大丈夫かな?」
【西宮由貴】「まあ、暇つぶしに付き合ってあげるよ」
【泉野真理】「平気平気。名前も昔の仇名とかを使えば全然問題ないらしいからさ」
【園山琴美】「昔の仇名……か……」
【西宮由貴】「ああ、昔の仇名って結構忘れたいのとかあるよねえ」
【泉野真理】「そうそう、そういうの使えば良いんだよ。ね、ほらはやくやろ!」

 そう言って携帯電話を取り出す泉野真理にせかされ、他の二人も準備を始める。

【泉野真理】「いい? じゃあかけてみるよ」

 真理の合図でそれぞれが電話をかける。

【エミーさん】「もしもし、わたしエミー。あなたの名前を教えて」
【泉野真理】「仇名で良いんだよね? わたしは“まりっぺ”」
【エミーさん】「そう、まりっぺ。いい名前ね」
【泉野真理】「あ、ありがとう。……えっと、エミーさんは幸運を呼び寄せてくれるって聞いたんだけど本当?」
【エミーさん】「え、本当よ。あなたの名前と引き換えに、一度だけ幸運を呼び寄せてあげるわ」
【泉野真理】「じゃあ、“まりっぺ”って名前の代わりに幸運を呼び寄せてください!」
【エミーさん】「いいわよ。じゃあ、私の幸運を分けて欲しい時に私の名前を呼んで、名前を代価に幸運を下さいって言ってごらん。そうすれば一度だけ願いどおりの幸運を引き寄せることができるわよ」
【泉野真理】「わー、ありがとう。エミーさん。それじゃあ、よろしくお願いね!」

 話し終えた真理が電話を切ると、ほとんど同時に他の二人も電話を終える。

【泉野真理】「これでよし! 二人とも大丈夫だよね?」
【西宮由貴】「うん、いいよ」
【園山琴美】「た、多分いいと思うけど」
【泉野真理】「じゃ、ほんとに幸運が来るかどうか、これで試してみよう!」

 そう言ってポケットから出した紙を一枚ずつそれぞれに配る。

【西宮由貴】「スクラッチ式の宝くじね」
【園山琴美】「こんなの用意してたんだ」
【泉野真理】「もっちろん! これならすぐに確認できて、当れば大儲けだし」
【西宮由貴】「じゃ、さっそくやってみようか」
【園山琴美】「う、うん。そうだね」
【泉野真理】「よし、じゃ私から! エミーさん、エミーさん。“まりっぺ”の名前と引き換えに幸運を授けてください。出来れば一等で!」

 そう言ってから宝くじのスクラッチ部分をコインで削り始める。
すると……そこにはすべて同じ絵柄が揃っていた。


【泉野真理】「うわ! ホントに当った! 当っちゃってるよ!」
【西宮由貴】「一等20万円って、ほんとに!?」
【園山琴美】「う、嘘みたい」
【泉野真理】「ほら、二人も早くやってみなよ! ね!」

【愁PL】宝くじか……いきなり生臭くなったね(笑)
【サンディPL】まあそんなものです

 慌てて二人も手順どおりに“おまじない”の言葉を唱えるとスクラッチを削り始める。
そして結果は、二人とも見事に一等が当っていた。
しばらく三人は大喜びではしゃぎまわっていた。


【園山琴美】「……すごい。まさかほんとに3人とも一等なんて」
【西宮由貴】「でも、どうせならもっと当選金額が高いのにすればよかったかも」
【泉野真理】「だいじょうぶ! ひとつの名前では一回しか効果は無いけど、別の名前でまた電話すれば同じように幸運がもらえるらしいから」
【西宮由貴】「そうなの? それならいくらでもつかえるじゃない」
【園山琴美】「でも、そんなにいくつも仇名とか無いかも」
【泉野真理】「いいからいいから、ほら次は中等部の頃の仇名とか使えばいいよ。ほら試してみよ!」

 三人は興奮したまま、その後もしばらくこの“おまじない”を試すことにしたのだった。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】と、こんな感じで
【南PL】いいですねえ。
【御影PL】いやあ、胡散臭いなあw
【サンディPL】ああ 事件がおきてるですー
【愁PL】現代ものっぽい(笑)
【南PL】ところで、この都市伝説はユニークなのですけど、元ネタとかあるのかなあ
【GM】いや、適当にでっち上げ(笑)<都市伝説
【南PL】なるほどー。なんだかすごく面白いネタだったので、実際のアーバンレジェンドから引っ張りだったのかと
【サンディPL】いい都市伝説ですよね〜

【南】「……はっ! 昔の名前をなかったことにできてなおかつ幸運げっと……これはっ 美味しいであるかっ!?」
【御影】「……おいしいですね」
【サンディ】「何を言ってるんですか。それってその人の過去、思い出を無くしちゃってことじゃないですか」(ぷうっと膨れてる)
【南】「ふ。大人には忘れてしまいたい思い出の一つや二つあるものなのであーる」
【御影】「アレクサンドラさん……その方がいいこともあるのよ?」(がっしり肩をつかんで
【サンディ】「忘れたら思い出せるけど、失ったらそれまでなんですよ? ダメです。絶対ダメですー」

【南PL】大人ズが結託してるw
【GM】コスプレネームとか昔のペンネームとかって痛いのあるよねえ(笑)
【サンディPL】ありますねぇ
【御影PL】うむ!w
【サンディPL】今のが痛くないのとか聞かれると……ですけど。
【見学APろん。】そんな痛い名前をつけられる子供も、最近は増えてるみたいですよね(TT)
【見学APろん。】読めねぇ! 意味不明! 人間の名前じゃねぇ!
【見学APろん。】……みたいな。
【南PL】名前は大事です。
【GM】昔、キャラのネタで騎士と書いてナイトと読ませるのやってたが、
実際にそういう名前の子供がいたという現実(笑)
【見学APろん。】キャラ名ならまだしも、実名はキツ過ぎです。
【GM】なんかのニュースで出てたのよなあ、その名前(笑)

【GM】と言うことで、PCの個別OP。最初は御影さんから行こうか
【御影PL】お? はいなw
【GM】朝、いつもどおり教室にHRのために行って出席取るって感じで
【御影PL】了解ー。
【GM】では行きましょう

目次へ

■ オープニング2『違和感』 ■

シーンプレイヤー:皐月 御影

 いつもどおりの学園風景。
朝の予鈴がなり、生徒達が慌てて教室に入り始めている廊下を担任クラスへと歩いていく。
教室に入ると、どこかいつもより少しばかり生徒達の様子がおとなしい気がしたが、教卓に立つとすぐにクラス委員が声を上げた。


【委員長】「起立っ 礼 ……着席!」
【御影】「それでは出欠を取りまーす。相沢君…… 「はい」 飯塚さん…… 「はい」 泉野さん……泉野さん? 居ませんか?」

 呼んでから気付く。よく見ると名簿の中から、“泉野真理”の名前が消えていることに。

【委員長】「……先生。泉野って誰のことですか?」

 委員長が不思議そうに質問する。

【御影】「あ、あれ……? 泉野真理さんって、ここのクラスじゃなかったでしたっけ?」

 記憶をたどると確かに昨日はこの教室に彼女は居た。
そのときも、委員長が噂好きで時々周りが見えなくなることのある性格の泉野真理を注意しているところだったはずだ。


【御影PL】自分用に持っている生徒の顔写真つきの名簿をこっそり月衣から出して調べてみます。
【GM】では、その名簿には名前と写真が残ってる。

【南PL】ちゃんと覚えてましょうよ先生っw<顔写真つき名簿
【南PL】あ、月衣内だと干渉が防げるのかな?
【御影PL】いやいや、学校の先生ってわりと持ってるらしいよ?w
【南PL】ほえー
【愁PL】受け持ちクラスが多いと、正直覚えてらんねぇという話はある(笑)
【サンディPL】人数多いとそうだよねぇ

【御影】(うーん……なるほど)

【御影】「あ、ごめんなさい、先生勘違いしてましたー。えーっと、それでは気を取り直して……上野さん」
【上野】「はい」

【GM】そして、その後は何もなかったように進んでいく。

【御影】(ただ居なくなるならともかく、名簿からも消えてるとなると……エミュレイターの可能性が高そうですね。とりあえず普通に授業を進めて、後で調べて見ましょう)

 ただ、その日の教室はクラスでも割と賑やかな方だった少女が居ない事で、少しばかりおとなしい様子のままだった……

目次へ

■ 幕間 ■

【南PL】おつかれさまでしたー
【GM】おつ〜
【御影PL】おつかれさまでしたーw
【サンディPL】おつかれさまです

【サンディPL】御影さん 冷静です。

【御影】「こういう事態には慣れてるから。……現実でも、ゲームの中でも」

【南PL】げーむって!?
【サンディPL】慣れちゃってるんですねぇ

【こなか】「ああ、自分が学校にいた時に担任になってほしかった」(笑)

【サンディPL】こなかさんは卒業しちゃったんですね〜
【見学銃鉄】そーなのよーw
【見学銃鉄】……いやまてよ。ネトゲあたりならパーティ組んだ事あるかも?(笑)
【御影PL】「Mikage」とか、「Satsuki」とか、多そうだなあw<ネトゲの名前
【見学銃鉄】前にも書きましたが、こなかのネトゲのHNはKonayan」ですw

【GM】では次は……みなみん、いこうか(笑)
【GM】アンゼロット宮殿に呼び出されて指令受けるシーンです
【南PL】はいー!
【南PL】……ってなんですか、その(笑)はw
【GM】ん、なんとなく
【GM】では行きましょう〜
【南PL】はいっ!

目次へ

■ オープニング3『都市伝説』 ■

シーンプレイヤー:南 太郎

 時空に浮かぶアンゼロット宮殿。
世界の守護者アンゼロットの居城にして、エミュレーターとの戦いの最前線を指揮する正義最後の砦。
キミは超時空多次元機甲特務武装黄金天翼神聖魔法騎士団ロンギヌスの一員としてアンゼロットの元へ赴いていた。


【南PL】でましたね、正義最後の砦!
【GM】かまぼこ板で書いてかけておく(笑)<正義最後の砦
【サンディPL】しょ、しょぼいですw

【見学銃鉄】前に付いてる名称、どこまで長くなるのかなあ>超時空〜
【見学APろん。】「超(中略)ス」で。
【見学銃鉄】ひでえw
【見学銃鉄】アンゼロットは、他の作品の名前から某モモエさんのサイズで
パクって来てるんじゃないだろうな?(爆)
【見学銃鉄】アンゼロットのサイズで切られた作品は、アンゼロットの組織、ロンギヌスが肩代わりとかw
【サンディPL】ひどいですw

【アンゼロット】「よく来ました、南 太郎」
【南】「我輩をその名で呼ぶなぁぁぁぁぁぁ!!」ぐるんぐるん
【南】「我輩の名はマスター・サウス!」
【南】「偽密具職人、マスターサウス! お呼びとあらば即水酸ナトリウムなのであーる!」

【愁PL】超時空崩壊励起マスター☆サウス
【GM】崩壊して励起なのか(笑)

【アンゼロット】「失礼、マスターサウス。さっそくですが、任務です」
【南】「うむ。どのような任務であるか?」正座

【アンゼロット】「最近、日本の東京で原因不明の失踪事件が起こっています。どうもこれはエミュレーターによる事件のようなのです」
【アンゼロット】「失踪しているのは主に中高生の少女達ですが、詳しい人数やデータはハッキリしていません」
【アンゼロット】「なぜなら、失踪した少女の名をほとんど誰も記憶していないからです」
【南】「『名を記憶していない』?」ぴくり
【アンゼロット】「ええ。そのせいで外見や印象で確認を取るしか出来ずに、失踪者の名簿の作成が不可能なのです」
【南】「なるほど。その存在と同時に、名をも消失させる現象であるか。非常に興味深いのである」
【アンゼロット】「ただ、完全にプラーナを奪われてしまえば、名前どころか記憶そのものが周囲から欠落しますから、少々特殊な状況。つまり背後に侵魔の存在があるはずです」

【アンゼロット】「ということであなたはこの事件を調査し、事件の裏に存在しているエミュレーターを滅ぼしなさい、マスターサウス」
【南】「了解したであるアンゼロット。この件我輩に任せまくるがよろしかろう!」

【アンゼロット】「見敵必殺(サーチアンドデストロイ)、これこそロンギヌスの敢闘精神です」
【南】「うむ! 見敵必殺! 負けません勝つまでは! であーる!」ギターぎゅぎゅぎゅぎゅいーん!

【愁PL】そうか……この二人、変態度数がきわめて近い!(ばばん)<サウスとアンゼ
【見学銃鉄】……ぽん!(手を打つw
【見学銃鉄】確かに!w
【南PL】……あれ?w

【アンゼロット】「ええ、それではよろしく頼みましたよ、マスターサウス。グッドラック!」親指を立てて、爽やかな笑顔で
【南】「って何であるかその手元にあるスイッチは確か先日我輩が開発した全自動床閉開器ぐっばいろんりーピットフォールくん3号!?」
【アンゼロット】「ぽちっとな」

【南PL】ぱか、と開いた床に落下していく変態一人。

【南】「この滑らかな閉開速度! さすが我輩! ロンギヌスの科学力は世界いちぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」

【南PL】フェードアウトしつつ大気圏突入。

【アンゼロット】「頑張ってくださいね〜」

【GM】落ちていく南をハンカチを振って見送るアンゼロット。

目次へ

■ 幕間 ■

【南PL】おつれさまでしたーw
【サンディPL】おつかれさまですよ
【GM】意外と相性いいなあ、みなみん(笑)
【南PL】素直ですからw 変態ですけど
【南PL】割とアンゼ様とは個人的に意気投合して入隊したのかもですw
【サンディPL】あははw
【愁PL】変態めっ(ののしってみる)

【GM】では、お次はサンディさん
【サンディPL】はいですー
【GM】ベル様降臨ですが、場所何処がいいんだろ? 自宅?
【サンディPL】んー電話でどこかのビルの上に呼び出されるとか
【サンディPL】赤い月を背景に。
【GM】ああ、じゃあそうしましょう。
【サンディPL】はいですー
【GM】ではいきます

目次へ

■ オープニング4『紅い月』 ■

シーンプレイヤー:アレクサンドラ=アーミテッジ

 ファー・ジ・アースに紅い月が昇る。
それは裏界の大公たる彼女が現れる予兆。
紅の月明かりに染まるビルの屋上に立つキミの前に、ポンチョを纏う小柄な少女が舞い降りる。
魔王たちの頂点を統べる大魔王ベール=ゼファー、深い闇のプラーナを纏った彼女が屋上を囲むフェンスの上にゆっくり腰を下ろすと、その視線をキミへと向けた。


【ベール=ゼファー】「こんにちは、アレクサンドラ=アーミテッジ。おひさしぶりね」
【サンディ】「こ、こんばんは。いきなりの呼び出しで驚いたのですけど……」(びくびくおどおど)

【サンディPL】ロンギヌスにお世話になっているけど命の恩人なので断れない。今度はどんなことを命令されるのか怯えてます。

【愁PL】あ、シリアスになった(笑)
【見学銃鉄】ギャグ時空に耐えられなくなったか?(笑)
【サンディPL】最初はシリアスですよ〜
【見学銃鉄】で、途中からバーニング?(笑)>箒持ったら

【ベール=ゼファー】「急な呼び出しでごめんなさい。今日は貴女に“お願い”があってきたの」

 全く悪いなどと思っていない笑みで言う。

【サンディ】「え、えっと前回邪魔しちゃったのはその、お仕事でけしてそのーあ、は、はいお願いですか? 判りましたお引き受けします〜〜」

【サンディPL】こくこく頷く

【御影PL】よわっw<サンディ
【サンディPL】強いわけないじゃないですか

【ベール=ゼファー】「そう緊張しなくてもいいわ。今回のわたしの“お願い”は、フォークロアと言う名の侵魔を倒してほしいだけ」
【ベール=ゼファー】「ただ、そのついでにこの本のページを奪ってきてほしいの」

 手にした裏表紙を見せながら魔王が告げる。

【見学APろん。】魔本きたー。
【サンディPL】魔本ですね
【見学APろん。】魔書じゃないのよね。

【サンディ】「し、侵魔ですか!? 最近異世界からやってくるという……わ、私なんかじゃ無理で……い、いえやらせてもらいますー」

【愁PL】ほんとによわっ(笑)

【ベール=ゼファー】「フォークロアはページを手に入れてもそれを使いこなすことすら出来ずに、その力の一部を利用して人間からプラーナを集める程度のことしか出来ないような雑魚侵魔だから、仕事としては楽なはずよ」
【サンディ】「そ、そうなんですか。え、えっとその本ってどんなものなの……い、いえなんでもありませんー」

【ベール=ゼファー】「まあ、私が手を下せば簡単に終わるんだけど、フォークロアのヤツはすでにウィザード側に目を付けられているの。アンゼロットもすでに配下を動かしてるでしょうね」

【南】「配下Aなのである!」

【ベール=ゼファー】「だから今、私が直接手を出せば彼らの目につくことになるの」
【サンディ】「そ、そうですよね。私もアンゼロット様とベル様が喧嘩すると困ります」(どちらの言うことを聞けばいいのかおろおろして)

 手にした本の裏表紙をもてあそびながら言う。

【ベール=ゼファー】「この件に関しては、もうしばらくの間は私が関わっている事を表に出すつもりは無いの」

 魔本を弄りながらもそれについては話す気はなさそうだ。

【ベール=ゼファー】「だからこそ、あなたに“お願い”しているのよ、アレクサンドラ=アーミテッジ」
【サンディ】「わ、わかりましたー。頑張ってフォークソングを倒して本のページを回収しますー」(ぶんぶんと勢い良く頷く)

【サンディPL】とりあえずアンゼロットの紅茶に虫を入れて来いとか言われるより気楽なお願いで安心してます。

【ベール=ゼファー】「フォークロア、よ。……まあどっちでもいいけど」

【南】「船倉を知らない〜 こどーもーたーちー♪」<フォークソング
【見学ALC】(ざぷーん
【南PL】そんなお願いっw
【愁】「船に積まれて〜、ドナドナ行くよ〜。こうか」
【南】「うむ。その悲しい旋律に全米が泣いた。多分」
【見学APろん。】湿気ちゃう前に食べないとダメよー。
【見学APろん。】せんべいが泣いた。
【南】「なんとなく中の人に対する敗北感っ?!」
【見学銃鉄】ノリマキセンベエが泣いたの?(何
【南PL】あられちゃーん

【ベール=ゼファー】「それでは、事件が片付いたらまた逢いましょう、アレクサンドラ」
【サンディ】「フォークロアですね。任せてください〜。だから大人しくしててくださいねー」

【サンディPL】見送りますー。ぶんぶんと手を振りつつ。

【ベール=ゼファー】「大丈夫よ。もう少しすれば私も表舞台にあがることになるでしょうけど、それまではおとなしくしているから」

 そう言い残してビルの外へ飛び降りるとそのまま姿を消す。
一瞬後、空から紅い月が消え、何の変哲も無い白い月がその姿をさらしていた。


目次へ

■ 幕間 ■

【南PL】おつかれさまでしたー
【サンディPL】おつかれさまですー
【愁PL】おつかれさま
【GM】おつ〜
【サンディPL】しんまたおしてほんのぺーじをかいしゅーしまーす
【GM】何故棒読み(笑)
【サンディPL】あうw

【南PL】やっぱりMMGさんのベル様はかっこよいのです
【見学APろん。】いいですよね。
【サンディPL】ベル様かっこいいねー
【GM】ベル様がカッコイイのはOPEDしかでない間だけのような気がするけどなあ(笑)
【南PL】あはは。
【見学銃鉄】それは同意w>OPEDだけ

【GM】では最後PC1:神代 愁くん〜 おまたせ〜
【愁PL】OKだ。(ふんぞり)
【南PL】がんばるですわこーどさん!
【サンディPL】がんばれーw
【GM】手紙で放課後の屋上に呼び出されて告られるシーンね
【愁PL】分かった。屋上へ向かっている途中からはじめるのか?(キャラ口調)
【GM】ええと、屋上に上がったところまでこっちで描写しようかと思ったけど、なんかやることある?
【愁PL】いや、特にないな。それでOKだ

【愁PL】一瞬ボケようかとも思ったけど(笑)<行く途中
【見学APろん。】こくはく!
【南PL】黒白!
【見学銃鉄】酷薄!(え
【見学銃鉄】さあ、魅惑のエロゲ主人公ワールドへー(何
【サンディPL】みわくなのかなぁw

【GM】では行きます〜

目次へ

■ オープニング5『告白』 ■

シーンプレイヤー:神代 愁

 その日の朝、登校してきたキミは机の中に一通の封筒が入っている事に気付いた。
手紙の差出人は園山琴美。確か隣のクラスの女子生徒だ。
中に入っていた便箋には丁寧な文字で、放課後、ひとりで屋上へ来て欲しいという旨の文章が書かれ、片隅に3人の女の子達が写ったプリクラが貼り付けられていた。


【愁】「彼女とは去年同じクラスだったな、そういえば」とか捏造してもいいか?
【GM】OKOK(笑)

【愁】「(しかし、用件が謎だ。相談した妹には「自分で考えろこのド天然☆」などと蹴りを入れられる始末。まあ、直接尋ねれば済むことか)」

【南】「うむ。いつの世も妹とは兄を足蹴にして踏み越えていくものなのであーる」遠い目
【サンディ】「妹さんいらっしゃるんですか?」
【南】「うむ。今はちょっくら遠いところで世界でも守っているらしいのである」

【見学銃鉄】妹は常識があって、少々ツンデレとみた!(ナニが?
【サンディPL】夢見すぎですw

 放課後、手紙の呼び出しに応じたキミが屋上へやってくると、手紙に張られていたプリクラに写っていた3人のうちの一人らしい女の子が待っていた。

【琴美】「あ、あの、こんにちは。突然よびだしたりして、その、ごめんなさい。来てくれてありがとう!」

 やってきたキミを見て緊張した様子でそう言いながら、勢いよく頭を下げる。

【愁】「いや、構わない。園山さんとは、今年になってあまり話していなかったからな。少し驚いたが」
【愁】「待たせてしまったか?」
【琴美】「い、いえ。そんなことないです。全然待ってませんから!」

 そういうが、4月の屋上とはいえ結構風があるので、結構冷えていそうだ。

【愁】「そ、そうか。何やら随分と緊張した面持ちに見えたからな」面喰った様子で
【琴美】「それはその……えっと」

 ぼそぼそといいわけのような事を言いかけながら慌てる。

【愁】「そういえば去年も、俺達二人でここから校庭を見降ろしたんだったな。文化祭のキャンプファイヤーの時だったか」

【愁PL】上着を抜いて、彼女の肩にかけてやりつつ。ふと思い出したように
【愁】「……すまん。話が脱線したな。用件を聞いていなかった。失礼した」

【琴美】「あ、は、はい!」

 驚きながらも嬉しそうにしている。

【南PL】おおおお!
【南PL】なちゅらるに抉りますね! PC1!w
【愁PL】琵琶さんを目指してみました(笑)<PC1
【南PL】えええー!?
【愁PL】なんか逆CSTの気分
【南PL】ぼくのPCこんなに紳士じゃないですよ?w
【サンディPL】あははw

【愁】「それで、俺に話とは?」
【琴美】「えっと。今日、わざわざ手紙を出したのは、あなたにいいたかったことがあって」
【愁】「……? ああ」

 緊張した面持ちでいいかけると、さらに緊張した様子でうつむく。

【琴美】「……エミー…………園山琴美の名…………お願いします」

 緊張しっぱなしの彼女が小声で何かを呟くと、思い切ったように顔を上げる。

【琴美】「わ、わたし、あなたのことが……」

【愁PL】彼女の見せた臆病な、けれど真剣なものの混ざった視線に自分も真剣な顔を返す。

 彼女がそう言いかけた瞬間、空に紅い月が昇る。
そして、いいかけた表情のまま凍りついた彼女の背後に唐突に現れた影が彼女を覆うと、キミが反応を起こすより先に一瞬で彼女の姿ごとその場から消え去ってしまった。


【見学銃鉄】あーそーゆーことかー>なぜ突然消えたのか@名前
【南PL】本当の名前を代償にすると、存在が消される、というところですかね
【御影PL】でしょうねー。
【サンディPL】名前って存在証明のひとつだからねぇ プラーナに直結しそうです
【サンディPL】あだ名だけでも残っていれば残りそうだけど全ての名前を失うと消えちゃうんだろうね
【南PL】ああ、なるほど。

【愁】「月匣、このタイミングでかっ!」

 そして、すぐに紅い月もその姿を消し去ってしまった。
後にはキミの上着だけがその場に落ちている。


【愁】「(ふーっ、と息を吐いて、上着を拾う)――追うぞ、“獅子王”」と呼びかけると、月衣の中から霊獣が気配で返事を返し。

【愁PL】ばさっ、と上着を肩にかつぐようにして持ち、振り返る
【GM】そのとき、キミの上着のポケットに入ったままだった手紙が落ちる。

【愁】「すまん、園山。この借りは返す」手紙を空中でキャッチ。ぐっと拳を握る。で

【サンディPL】おおー クールです
【南PL】くーっ

 その手紙の差出人の名前は全て消え、三人が写ったプリクラだけが笑顔をキミに向けていた。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】乙。かっこいいよ、PC1!(笑)
【愁PL】がんばってみた(笑)
【南PL】かっこいいですよっ!w
【サンディPL】おつかれさまですよー

【南PL】いいなあもうっかっこいいなあもうっ(><)
【見学APろん。】かこいいであります。
【愁PL】なんか外見イメージがルルーシュになってきた……まあいいか(笑)
【愁PL】声援どもどもですー
【見学APろん。】そのかっこよさ、わけてください(笑)
【御影PL】くださいw
【サンディPL】くださいですっw
【南PL】(行列の最後尾に並ぶ)

【愁】「そうか。なら俺が普段使っている高級プロテインがここに(ごそごそ)」

【GM】ということで、ここからミドル〜 そして初っ端はマスターシーン(笑)
【愁PL】まあこのあとはどんどんボケ倒していくだけなので(笑)
【GM】ということで、PLの方はついでに休憩等どぞ
【南PL】はーい
【GM】ではいきます

目次へ

■ ミドル1『侵魔』 ■

マスターシーン(登場難易度25)

 招かれし者以外入ることの出来ない閉ざされた空間。
そこでは幾人もの少女達が意識を失ったままとらわれ、徐々にプラーナを奪われていた。


【御影PL】おお!? しようと思えば挑戦できるのか?w<登場
【愁PL】なんか『超方向音痴』持ちのキャラとかが登場したら面白いですね(笑)
【南PL】あはは
【サンディPL】あははw
【御影PL】あっはっはw
【見学銃鉄】プラナつっこめばでれるよ、でれるよw

【エミーさん】「ようこそいらっしゃい、園山琴美」

 今しがた捕らえたばかりの獲物を抱き押せながら、その月匣の主が微笑む。
月匣内にはすでに十数人の少女達がとらわれ表情を失った人形のような姿で横たえられていた。


【エミーさん】「この娘は……そう、恋愛に対する期待と不安、それを叶える希望を求めて私にすがったのね」

 琴美のプラーナをゆっくりと味見しながらひとりごちる。

【エミーさん】「いつものように恐怖におびえる人間のプラーナも甘くておいしいけれど、今回のように欲望や期待で肥え太ったプラーナも脂が乗っていいものね」

 奪い取ったプラーナの味に満足した侵魔はそのまま琴美を他の少女達同様にその場に横たえる。

【エミーさん】「さて、欲望を抱えた人間達がまだまだ私を待っているの。あなた達のプラーナはあとでゆっくりと味あわせてもらうから、そのまま楽しい夢を見ながら待っていてね」

 聞く者の居ない世界にそういい残すと侵魔はその場を後にした。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】と言う感じです
【南PL】いい敵役ですねー
【GM】そう言っていただけると光栄
【愁PL】NWも現代伝奇だったんだね(笑)
【南PL】あははは
【見学銃鉄】本来はそーなんでしょうが、きくたけの腕にかかるととたんに世界の危機レベルばかりにw

【愁PL】では幕間に買い物をしておこう。バスタードソード相当の和刀と、ヘルメットを。所持金から55000使います
【御影PL】んー、では私もMPポーションかな。ちょうど10万あるしw
【南PL】では、万一に備えてみなみんは温存で一つ。
【サンディPL】買い物ーまようー
【GM】サンディはまた追加エネブーじゃないのか(笑)
【サンディPL】MPPも欲しいのですよー でも足りない……
【愁PL】サンディはMPPもあれば便利だしね
【サンディPL】追加エネブーにしておきます。そーいうキャラだし

【見学銃鉄】サンディはナイトブレッドとって、エネブーマスターになるといいよw

【愁PL】俺があと15000あるな。みなみんはなんぼ残ってます?
【南PL】60,000v
【愁PL】75000か。サンディの残りと合わせればMぽ買えそうですね
【愁PL】後でだけど(笑)
【南PL】では、合流してからにしましょう。みなみんは以上。
【南PL】使うあてのないMPPがみなみんにありますので、1個融通しますよ。
【御影PL】まあ、こっちは今買ったのあわせて2つ持ってますから、いざって時はw

【GM】エネブー1個とメロンパン166個<7万5千
【南PL】あははは
【愁PL】誰がそんなに食うねん(笑)
【御影PL】メロンパン持ちきれねえええ!?w
【南PL】めろんぱんをよーきゅーする!

【見学銃鉄】きっと、アリシアの月衣には詰め込まれているに違いない(何>メロンパン
【サンディPL】エネブーが5万なので初期所持金ちょうど0ですー 残りないです
【愁PL】なかったか。じゃあエネブーとメロンパンいくつかかな?
【サンディPL】メロンパンってなんです?
【南PL】MPが1点回復するおいしいパンだったような
【御影PL】月刊NWに収録。
【サンディPL】月間NWはDVD付属のですねぇ
【御影PL】ちなみに、後1週間したら『月刊NW Vol.1』と言わなければならないw
【サンディPL】次がでるのですねぇ

【愁PL】とりあえず買い物は終わった模様>GM
【南PL】では、次いきましょーかっ
【サンディPL】次いくですー
【御影PL】ごーごーw
【GM】では、ミドルは愁くんから行こうか
【GM】目の前で攫われた琴美の手がかり探しに彼女のクラスへって感じで
【愁PL】そうだな。まずはプリクラが手がかりだろう
【GM】登場難易度12で適当に他のPCも合流する感じでよろしく〜
【サンディPL】はいです〜
【南PL】はーい
【御影PL】はいなーw

目次へ

■ ミドル2『クラスメート』 ■

シーンプレイヤー:神代 愁
(登場難易度12)

 園山琴美が攫われた直後、キミは手がかりを探して彼女のクラスへとやってきた。
キミが教室をのぞくと、ちょうど中にプリクラに写っている3人のうちひとり、西宮由貴が帰り支度をしている所だった。


【愁】「そういう訳だから至急武具の手配を頼む。……貸し1つ、だと。ええい、分かった。あとで払ってやる。頼むぞ」

【愁PL】携帯で妹に武具の手配を頼み終え(購入の演出)仕舞ってから教室へ

【GM】電話で買い物中(笑)
【サンディPL】だれか登場予定ありますです?
【御影PL】んー、では出てみようかw

【愁】「突然すまん。西宮さん、だよな?」声かけ
【由貴】「はい? あれ、神代くん。何か用?」

 振り返った彼女が不思議そうに聞く。

【愁】(この輝明学園にはウィザードも多い。侵魔が脈絡もなく出現するとも思えん。てがかりは園山自身か、その身の回りか)

【愁】「ああ。園山のことなんだが、最近何か変わったことなんかはなかったか?」
【由貴】「えっと、園山? 誰だっけ?」

 キミは去年は彼女もキミと同じクラスで、琴美とも親しい間柄だったのを覚えている。
それなのに、彼女は初めて聞く名前のように首をかしげている。


【愁】「そうか。すまん、人違いだったようだ」

【GM】御影ちんもだが、写真持ってるのに見せようとしないんだな愁(笑)
【南PL】せっかくラブレターにぷりくらが! ががが!
【サンディPL】いまどきなのでしょうかね

【御影PL】登場判定希望ー。
【GM】どぞ〜

──御影のダイス:8(2D6:5 3)+9 = 17

【御影PL】成功!

【御影】「あらどうしたの、二人とも?」御影が通りかかる。
【愁】「西宮、お前自身には最近、何か変わったことなどはなかったか?」

【愁PL】と、訪ねたところで御影か。

【由貴】「変わったこと、特にないけど……あ、先生」
【愁】「ああ、御影女史。今日はスーツですか」

【GM】いつならスーツじゃないのかと(笑)
【見学APろん。】いらんことを言ってます(笑)>すーつ
【南PL】学外では冥途服だったりするのですね
【サンディPL】冥途……?
【南PL】メイドです(///
【見学銃鉄】明度かw
【GM】生徒に見られると冥土逝きな服(笑)
【南PL】あはははははは

【御影】「……神代君? 何のことかな?」
【愁】「いや、先日は変わった格好を――!?」

【愁】(殺気!? この俺が気おされているだと!?)

【南PL】天使の殺気!w
【サンディPL】気おされてるw

【愁】「……いえ、なんでもありません。女史と西宮、これを見てくれますか」とぷりくらを出して見せます。
【由貴】「ん? なになに、プリクラ?」
【御影】「……ああ、西宮さんと園山さんと泉野さんね」

【サンディPL】みなみんは登場しないのです?
【南PL】うーん。ここはまだかなあ。
【見学銃鉄】ここで登場したら、ヘンな人扱いされて御影先生が追い出しそう。
【サンディPL】なるほどです。ならこちらも次にしましょう。
【見学銃鉄】……って、コネの関係からすると追い返せないかもw
【南PL】あはは。
【サンディPL】頼んでいた物を持ってきたとか?(笑)
【見学銃鉄】それは実にbadtimingw
【南PL】でもそれがみなみんらしい!
【南PL】間と頭と運の悪い男! それがみなみん!
【見学銃鉄】ならば登場しますか?w
【南PL】でもまあ自重でw
【サンディPL】運は悪くないと思うなーですw
【見学銃鉄】むしろ運”だけ”はいいよねw
【サンディPL】頭も悪くないよね
【見学銃鉄】ヘンな方向に優秀ですw>頭
【南PL】ふはっw

【由貴】「あ、このプリクラは覚えてるよ。……あれ? でもこのふたりの名前って泉野とか園山、……だったっけ?」

【愁】(視線で合図して頷く)>御影
【御影】(なるほど)うなずき返す。

【由貴】「……おかしいなあ、知り合いのはずなのに全然名前が思い出せないや」

【サンディPL】顔は覚えているんだねぇ

【愁】「変わったことは特になしか。続けざまですまんが、何かいつもと違うことをした、あった、なんてことはなかったか?」
【由貴】「いつもと違う事? ん〜、特にないかなあ。いつもどおりこの娘(泉野真理の写真をさす)と一緒に噂話で盛り上がったりしたぐらいで」
【由貴】「て、ん〜 なんで名前が思い出せないんだろ? それが一番変わったことじゃないかなあ?」
【愁】「まあ、ど忘れってやつだろう。会えばまた思い出すさ」

【サンディPL】たしかに彼女たちにとってはいつもどおりなんだろうね(涙)

【御影】「噂話? どんなの?」
【由貴】「えっと、この間は“エミーさん”とか言うおまじないだったかな」
【愁】「女子はおまじないが好きだな。いわゆる願い事がかなうというやつか?」
【由貴】「そうそう。私たち3人とも宝くじ当って、それで一緒に遊びに行ってこのプリクラ撮ったんだよ」
【御影】「あんまり学生のうちから賭け事に手を出すのは感心しませんよ。……で、いくら当たったの?」
【愁】「教師がまずそれを聞くのはどうなんですか、女史」
【由貴】「宝くじは賭け事じゃないよ〜、せんせ。当ったのは1等20万。スクラッチ式のヤツで高額当選金のがなかったのよね」
【御影】「一等!? 3人とも!?」
【由貴】「そのときは3人ともだよ。凄い確率だよね。おかげで思いっきり遊びまわっても使い切れなかったし」

【南PL】確かにある意味で賭け事みたいなものですねえ
【サンディPL】宝くじは学生も買えますしねぇ 不思議です。
【御影PL】宝くじってホントどういう扱いなんだろうw
【見学銃鉄】賭博とはまあ、厳密には違うかもしれんが、賭け事ではあるな。
【南PL】しかし、御影先生の質問のおかげで異常性はくっきりしましたね
【南PL】さりげなくぐっじょぶです。
【サンディPL】ういうい
【愁PL】うむ。めでたいのでケーキを食べよう(まぐ)
【南PL】そして中の人はみなみんにこのおまじないを使わせたくてしかたないw

【愁PL】どういう占いなのかを聞いて確認しておくよ。>GM
【GM】由貴が言うには携帯電話でとある番号にかけて名前を教えると、幸運を授けてくれるおまじないを教えてくれるらしい。

【御影】「20万で使い切れない……あなたたちも、いつか分かるときがくるわ……」(遠い目をしながら
【愁】「高級プロテイン半年分か……」遠い目をする二人

【GM】……ああ、そっち系の所業には金かかるからなあ
【南PL】そっち!?w<ぷろていん
【御影PL】まあ、こっち系でなくても、大人になると色々金はかかるw
【南PL】ああもうかっこよかったりおもしろかったりおいしいなあw
【サンディPL】美味しいですよねw

【愁】「ともかく、ありがとう」番号は教えてもらえる?>GM
【由貴】「番号? あんまり人に教えすぎると効果がなくなるって話だったし……」
【由貴】「あ、次のテストでおまけしてくれるなら教えてもいいよ、センセ」

【南PL】どうするせんせー?
【南PL】(にゆにゆ
【愁PL】由貴以外にも知っている人はいるかもしれないが、探す手間はかかるな
【南PL】ですねえ
【南PL】それに、早急に手を打たないとゆきさんにも影響が及ぶかもです

【愁】「(皐月女史、急務だ)」と耳打ち
【御影】「うーん、うーん……不正はよくありませんが……、まあ、いいでしょう。テストに出るとこは授業中にちゃんと言いますから、きちんと聞いていてください」
【由貴】「ん〜 やっぱそっか。まあいいや、番号はXXXXXXXだよ」
【御影】「XXXXXXXね。分かったわ」メモを取ろう。

【愁PL】では皐月女史と相談するためにこの場を辞して、終わりかな

【由貴】「と、そうだ。早く部活いかないと。それじゃね、神代くん、センセ」
【愁】「またな」
【御影】「ちゃんと授業を聞いててくださいねー」
【由貴】「は〜い」(適当な返事

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】おつおつ、ちょっと長引いた
【南PL】おつかれさまー
【御影PL】おつかれさま〜
【サンディPL】おつかれさまですー

【GM】では次は、ロンギヌス組。街での調査辺りだけど、二人同行者で出る? それともどっちか途中で合流?
【南PL】同行者で出ましょうか。
【サンディPL】らじゃーです
【南PL】みなみんがサンディさんをロンギヌスの任務だー! と連れ出した感じ
【見学銃鉄】えらいお方につかまったもんだな、サンディw
【サンディPL】そーいう運命なのでしょう
【南PL】いやいやいや。可愛がっているのですよ? みなみんなりに
【GM】うい、ではそれで

目次へ

■ ミドル3『噂話』 ■

シーンプレイヤー:南 太郎
(登場難易度12)

 アンゼロット宮殿を後にしたキミはとりあえず失踪事件が起きているという街に情報収集に訪れていた。
運良く途中で手近にいた同僚のアレクサンドラを捕まえる事に成功していた。


【南】「うむ! サンディ嬢ではないか! ちょうどいいのである。ロンギヌスの任務で手伝ってもらいたいのであーる! ……って、どうしたのであるか? 今一瞬ぎくりとしたであるか?」
【サンディ】「な、なんでもないですよー。気にしちゃだめですよー。そ、それで任務ってなんですか?」 びくびくっ
【南】「サンディ嬢、無理はよくないのであるぞ?」
【南】「少しは抱え込まずに人に頼るとよいのである。我輩に手助けして欲しいことはないのであるか?」

【南PL】ぐいんぐいんと体をくねらせつつ。

【見学銃鉄】あんまし、みなみんには頼みたくないのではないかなw
【GM】西博士というか、いわっちみたいだなあ、みなみん(笑)
【南PL】あはは
【見学銃鉄】たしかにいわっちっぽいw
【見学APろん。】なるほど、いわっちですか(笑)
【愁PL】くつ下か、靴下なのか。
【御影PL】ああ、なるほど!w
【見学銃鉄】ソーックス!

【サンディ】「え、えっと“フォークロア”っていう侵魔が、悪いことしているらしいので退治したいなーとかー」
【南】「おお! ではこちらの任務とも関係あるかもしれないのである! 任務はいつも通りエミュレーターのサーチアンド・デストロー! である。なんでもこの街で謎の行方不明事件が起きていて、タイヘンなのである。しかも標的はじょしこーせーばかりだとか」

【見学銃鉄】ジョシコーセーのみっなさーん!(八奈見ボイスでw

【サンディ】「そ、そんな事件が起きていたんですか……そ、そいーえば変な本のページの力を使ってプラーナを集めてるって言ってましたっ」 手がかりを得てぱーと笑顔になる

【GM】あっさりページの事言うなよ、サンディ(笑)
【サンディPL】……あれ?(笑)
【見学銃鉄】あーあ、あとでベルにお尻ペンペンされるな(爆)
【GM】せっかくベル様、秘密裏に計画して動いてるのに……ああ、いつもの事か
【御影PL】ベール=ゼファーじゃあ、しょうがないな。

【南】「おおおっ! それはビンゴっぽいであるか? ではぜひ協力いただきたいのである! そう。我輩被害者の知り合いに聞き取り調査を行おうと試みたのであるが皆何故か我輩の話も聞かずに逃げていって困っていたところなのである」

【見学銃鉄】そら、アンタの物言いじゃ逃げるだろうよ。w
【南PL】そしてページについてはあっさりスルーする変態。
【見学銃鉄】よかったねえ、サンディ。みなみんが鈍感でw
【サンディPL】良かったですねー
【サンディPL】まあ実は誰から聞いたとかはさっぱり言って無いのですけど。

【南】「こんなに紳士に話しかけたのに我輩ブルー!」よよよと泣きつつギターぎゅいんぎゅいん
【サンディ】「そ、それは……き、きっとあふれる個性がみなさんに恐ふ……じゃないこう遠慮させちゃうんですよっきっとー」

【見学銃鉄】表サンディは世渡り上手じゃのうw>恐ふ→遠慮
【サンディPL】天然です〜
【サンディPL】かもしれないですー
【見学銃鉄】中の人が「かもしれないです」ってw
【サンディPL】ノリだけでやってるものー
【見学銃鉄】キャラはしっかりと染み付いてるから大丈夫w

【サンディ】「え、えっとじゃあ……まずは……えっと何をすればいいんでしょう?」
【南】「嗚呼、この溢れんばかりの個性(いんてりぜんす)が憎いっ! ともあれ、まずは被害者の知り合いに話をついて異変がなかったか聞くのである」
【南】「そして早急にさーちあんっですとろーい!」
【サンディ】「なるほどっ。まずは事情聴取って奴ですね。それで……被害者ってどなたです?」

【サンディPL】期待に満ちた目で見る。じーっとわくわく。

【GM】んじゃ、適当な子をひっつかまえて話聞くのね?
【南PL】ぁ。GM〜
【GM】うい?
【南PL】みなみん、アンゼさまから表とかもらってません?w <被害者
【南PL】もらってなければ適当に聞きますw
【GM】ああ、貰い忘れてるってことで(笑)
【南PL】ああっ らしすぎるっw
【GM】じゃあ、適当に1D6振って(笑)

【南】「えへ?」 みなみ は ごまかした!

【愁PL】∞−KUNにデータ送ってもらったら?<被害者リスト
【御影PL】0−Phoneじゃない?w
【愁PL】そうだね(笑)

【南】「ということで適当に聞いて回るのである!」

──南のダイス:3(1D6:3) = 3

【GM】ふむ、普通か(笑)

【噂好きの少女】「失踪事件? よくは知らないけど噂なら聞いたことあるよ」

 適当な情報提供者を捕まえられた。

【南】「むむむ? どんな噂であるか?」
【サンディ】「噂ですか?」

【少女】「なんでも、いなくなった子たちは“エミーさん”に名前を取られた所為で、友達や家族からも名前を忘れられて、そのまま居なくなっちゃうんだって」
【南】「……“エミーさん”。怪しさ核爆発であるな」
【サンディ】「名前を取られて消えてしまう……それっぽいですね。でもエミーさんじゃなくてフォークロアさんです。探さなきゃいけないのは」
【少女】「でも“エミーさん”は名前と引き換えに凄い幸運を授けてくれるらしくて、輝明学園の生徒で“エミーさん”に授けてもらった幸運で宝くじの一等3億円とか当てた人もいるって噂もあるし」
【サンディ】「輝明学園の生徒ですかー。三億なんてすごいね。サンドイッチいくつ買えるでしょうか」
【少女】「ああ〜あ、そんな幸運なら私も“エミーさん”に授けて欲しいよ〜」

【サンディ】「お話ありがとーでしたー」
【南】「ふむふむ。助かったのである娘さん。お礼にこの象が踏んでも壊れない開け口のない貯金箱をプレゼントである」

【見学APろん。】とりだせない(笑)>像が踏んでも壊れない開け口の無い貯金箱

【サンディ】「それって入れたら最後取り出せないっていいませんか?」
【少女】「あ、ありがと」(びみょーな笑顔で答える

【南】「噂話の“エミーさん”。そして、『都市伝承(フォークロア)』を名にしおう侵魔であるか。これは、調べて見る必要があるのであるな……」
【南】「知り合いが消えるのは辛いものなのである。それが距離が近い者、そうなる可能性のあるはずだったものならなおさらである」
【サンディ】「南さん……そうですね、こんな悲しい事件は解決してみんなに笑顔を取りもどさいといけません」

【GM】つうか、なんかまともっぽい事言ってる!?
【南PL】いいじゃないですかー!w

【南】「うむ。サンディ嬢。今回は我輩たちだけでは大変かもしれん。地元のウィザードと協力したいのであるが知り合いはいないであるか?」
【サンディ】「知り合いは多いですけど……学園なら彼がまだいるかも」

【サンディPL】ということで神代くんに電話したいですー
【GM】ほいほい。ならシーン切って次のシーンで合流しましょうか?
【南PL】はーい♪
【サンディPL】はいですー

【南】「おおっ カレシであるかっ お兄ちゃん許しませんよ?」うねんうねん
【サンディ】「か、かか、彼氏じゃないですよっ。かっこいいし頼りになるけどそんなんじゃないですよー」

【GM】ではサンディがうろたえつつ、0−Phone取り出したところでシーン切り

目次へ

■ 幕間 ■

【サンディPL】お疲れ様でしたですよ
【南PL】おつかれさまー!
【GM】うい、なんかうまく合流する方に仕向けてくれてサンクス
【南PL】キャラがアレな分、色々と進行は邪魔しないように意識してみましたw

【GM】では次。合流前に少しマスターシーンを挟みます。
【サンディPL】はいなー

目次へ

■ ミドル4『侵魔2』 ■

マスターシーン(登場難易度35)

 招かれし者以外入ることの出来ない閉ざされた空間。
侵魔フォークロアは自らが作り出した月匣内から外界の様子を覗き見ていた。


【フォークロア】「あらあら、もうウィザードどもがかぎまわり始めたのね」

 彼女の目の前にある水晶球に南たちの姿が映し出されていた。

【フォークロア】「でも、この月匣の位置はたとえウィザードだろうと見つける事は出来ない」

 水晶球に浮かんだ映像を消すと、周囲に横たわる少女達の姿を見下ろす。

【フォークロア】「それでは私は、もうしばらく欲望に目のくらんだ人間どものプラーナを集めるとしましょう」

 フォークロアはそう言ってにやりと笑うと新たな獲物の呼び出しに応えるのだった。

目次へ

■ 幕間 ■

【サンディPL】難易度が上がってるです!?
【GM】ほい、こんな感じで
【サンディPL】はいですー お疲れ様ですー
【南PL】難易度上がってますねえ
【GM】上がってます
【南PL】むーん。
【御影PL】次は45だったりするのかねw
【サンディPL】うな
【GM】この先、どんどん上がります
【南PL】ぐはっ
【サンディPL】あがるんですね〜
【南PL】早急に情報集めて突貫しないと詰むと……

【GM】では合流と情報交換&新たな情報収集のシーンですな
【サンディPL】はいなー
【南PL】はいっ がんばりましょう!
【GM】場所、何処に集まるの?
【サンディPL】どこかなぁ
【南PL】学校が適当でしょうかねえ……ってみなみんが問題ですかっ
【サンディPL】放課後だから大丈夫じゃないかな?
【南PL】なら、父兄ということで。
【GM】黒い白衣の不審者が?(笑)
【サンディPL】輝明学園だもの そのくらい普通ふつうー♪
【GM】まあ、輝明学園だしなあ(笑)
【南PL】まあ、先生同伴だったら連行中の不審者か父兄と判断されて許してもらえると信じる!
【サンディPL】捕まったら捕まったで楽しい気がするし(おい)
【南PL】あーん!?w
【南PL】でも確かにおいしいかも(こら
【愁PL】あとはうちの神社かな。学校とどっちがいいかね?>さんでぃ、南
【サンディPL】どちらでもいいよー
【南PL】では、神社にしましょうか。人の目がなさそうですし
【サンディPL】了解ですー
【御影PL】了解ー。
【GM】ほいほい。
【GM】では行きます。

目次へ

■ ミドル5『集合』 ■

シーンプレイヤー:アレクサンドラ=アーミテッジ
(全員自動登場)

 電話での話の結果、神代神社の境内で落ち合うことになった二人はそこへ向かっていた。
4月の神社の境内は特に祭りごとのないかぎり人影も少なく、こういった人に聞かせられない話をするにはちょうどよかった。


【南】「ふむ。その『彼』の家は神社なのであるな。……巫女さん?」
【サンディ】「そうなんですよー。巫女さん?」首かしげ
【愁】「来たか」と宮司姿で出迎え「何のことかはわからんが、巫女だ」首肯。
【南】「なんだ、男であるか」彼っていったでしょうが
【サンディ】「こんにちはー。事件手伝ってー」

【GM】表サンディは軽いなあ(笑)
【サンディPL】軽いですー

【南】「うむ。ご助力賜りたくやってきてやったのである! 宜しく取り計らっていただくとよろしかろう!」
【御影】「げっ……あなたは……」南を見て。
【南】「と、そこにおわすはマイ常連ではないかである」
【愁】「電話では二人で来ると言っていたな。彼が?」南を見て
【サンディ】「ロンギヌスのお仕事ですから〜。それで事件なのですけどー」かくかくしかじかと街で得た噂話を話しますー
【南】「うむ。そこな青年とは初めてであるな」こほん

【南PL】ギター取り出し、

【南】「我輩はぁぁぁぁ……」背景で大仰に名乗ってると思ってください

【南PL】(注:無視して話進めてください
【サンディPL】南さんをカメラから隠すように立ってるというわけだねw

【GM】背景扱いのPCって(笑)
【見学銃鉄】いいんじゃないの? みなみんらしくてw
【サンディPL】歌い終われば背景から戻ってくるよー

【サンディ】「というわけでー消えた人を助けるために協力して欲しいの」
【南】「…………でぁぁぁぁぁるっ!!」 マイク音量が通常に戻る
【愁】「なるほど。あれがロンギヌスの正式な自己紹介というわけだな」首肯
【南】「うむっ! ご理解いただき恐悦至極!」
【サンディ】「えええ!? い、いっしょにしないで下さいー」(涙目)

【南PL】戻ってきましたw
【愁PL】おかえり(笑)
【見学APろん。】うまいです(笑)
【GM】そしてOPのカッコイイ愁くんが行方不明です(笑)
【見学銃鉄】あれは幻影です。まぼろしですw>カッコイイ愁くん

【愁】「宮内庁からも魔的災害であるとの見解が出ている。俺も侵魔の討ち手として協力するには吝かではないつもりだが……」
【御影】「こっちでも同じようなことが起こっていますね。こちらの入手した情報では、噂話が関係していそうだと思います」と言ってかくかくしかじかとエミーさんに関することを。南は無視して。
【愁】「皐月女史。先ほどから固まってどうしましたか」
【サンディ】「既に電話番号や被害者の調査まで行なっていたんですね」 びっくり

【愁】「そうだな……アレクサンドラはああ見えて照れ屋だと妹が言っていた。世話を焼いてやってくれ」
【南】「つれないのである。あそこまで貢いだあげく捨てられる運命。我輩涙がちょちょ切れるのであるとかいいつつ、……任せるがよいのである。二度と妹分を守り損ねるヘマは繰り返さないのであるとニヒルに返す我輩であった」
【南】「まあ、それはさておき、そこまでわかっているのなら、話は早いのであるな」
【サンディ】「このまま噂が広がると、エミーさんにさらわれる被害者が増えそう。どうしよう……」 不安げに顔を曇らせる

【愁PL】縁側に三人を案内して、緑茶と羊羹を出そう。ついでに獅子王も月衣から出して餌を食べさせておく(笑)

【南】「御影嬢、えーと……そこな少年。解決に協力してもらえるであるか?」
【御影】「ええ、もちろんです」
【南】「無論相応の例はするのである。少年の希望はわからぬが、御影嬢にはいつもの可変コスプ」拳が顔に突き刺さりカメラ外へ
【サンディ】「み、南さん!?」
【御影】「……ああっ、大丈夫ですか!? 何か言いかけた瞬間に吹っ飛んでしまいましたが!」
【愁】「…………(ずず、と茶をすすり)」

【見学銃鉄】吹っ飛ばしたのは御影だろう!(笑)>吹っ飛んでしまった
【GM】みなみん特製 完全変形バルキリーコスプレ着ぐるみ(笑)
【サンディPL】それ中の人が大変なことになりそうです
【見学銃鉄】ギゴガゴギゴゴ

【サンディ】「え、えっと……そ、それでどうしましょう?」
【愁】「もちろん協力はするが、俺がやるのはあくまで侵魔の討伐だけだ」
【南】「というと?」壁から足二本生やしつつ
【サンディ】「それで十分だよ。ありがとう、神代くん」 笑顔で感謝。
【南】「……ふむ。ともあれ、よろしくであるぞ、少年、御影嬢」足ぶんぶん
【愁】「最終的に世界の“境界(=常識)”が守られれば、それでいい。それまでに出る被害は考慮しない。それが神代の家のやりかただから、さ」
【サンディ】「そうなの? でも神代くんはお友達だし」 信頼の笑顔

【南PL】それを聞いて、めり込んだ壁の中の表情がわずかに苦く笑った。見えないけど。

【愁】「……しかし本当に大丈夫なんですか、アレ」<南>御影
【御影】「大丈夫よ、ウィザードなんだし♪」

【GM】愁くん、琴美はどうでもいいのか?(笑)
【愁PL】というポーズをとっています(笑)
【サンディPL】照れ屋というか そーいうのなんだねぇw
【見学APろん。】まぁ、『家』のやりかたがそうだからといって、彼もそうとは限らないわけで。
【サンディPL】神代のやり方じゃなくて愁くんのやり方でやればいいんだよー(ほわわー)

【南】「では、今後の方針であるな」
【サンディ】「それじゃーみんなで侵魔を退治しよー」 おー♪
【愁】「“エミーさん”への接触方法が判明した以上、それを辿るのが1つの糸、だな」

【愁PL】ずずー、と茶を飲み。

【南】「ふむ。誰かが名前を捧げ、直にそれを呼び出すであるか」
【南】「ならばその役目、我輩が引き受けることにするのである」
【サンディ】「あげる名前があるの?」
【南】「昔捨てた名前があるのである。侵魔にくれてやるにはちょうどいいのである」
【サンディ】「既に捨てた名前じゃだめなんじゃあ?」
【南】「まあ、その実験とも言えるのである」

【見学APろん。】名前を捨てたくて仕方がないらしいです(笑)
【GM】いや〜 本名捧げるのはお勧めしないんだが。やりたいなら仕方ないが
【南PL】むむ。
【南PL】本名ではなかったのですがw
【サンディPL】なられっつごーw
【GM】なら問題なし(笑)
【御影PL】あるいはこっちの昔のペンネームでもいいぜw

【愁】「接触方法は分かったが、情報が足りないな。それに、呼び出しで通じるのは電話だけだ。その後の立ち回りも考えておかなければならないだろう。どう思います?」年長者に意見を求めてみる
【御影】「うーん、そうね……まあ、願いをかなえると言うのなら、叶えてもらえばいいんじゃないかしら?」
【南】「つまり、本体に会わせろ、とでも願ってみると」にやり
【御影】「そういうことです♪」

【御影PL】……もとの、と言うか、付属のシナリオそのものはやったことあるからなあ。
それであんまり発言しなかったんだがw
【南PL】元シナリオはずいぶん違うと聞きましたけど、似てるのですか?
【南PL】ハンドアウトを見る限りかなり違いそうですけど。
【御影PL】まあ、やってみないとなんともw
【サンディPL】幸運をくれるかぁ…… なんとなく察したギミックはあるんですけどね
【南PL】あう?
【サンディPL】あくまで根拠なしな直観だけど 登場判定=幸運判定なので
【サンディPL】お願いしたらマスターシーンにでれるかなーとかw
【南PL】あ! なるほどっ
【御影PL】後ついでに、私なんかは連れ去られた『泉野真理』へのコネも持っているので+3がつくw
【サンディPL】フォークロアへのコネ貰ってるよー
【愁PL】同じく、あるな
【サンディPL】今回のシナリオコネ全部さらわれた人か敵なんですよね

【南】「では、とりあえずかけてみるのである。よいであるか?」
【サンディ】「き、気をつけてくださいね」
【御影】「いつでも動けるようにしておきましょう」

【南PL】では。ぴぽぱと番号かけますよー よいですねー?
【サンディPL】ごーごー
【御影PL】OK.

【愁】「個人的には、もう少し情報を集めてからでも遅くはないと思うが。類似した侵魔や事件についての記録がロンギヌスや内調にあるかもしれないしな」
【南】「む。……なるほど。確かにである」

【GM】かけたの?(笑)
【南PL】ぴぽぱの直前で押す番号を変え、ロンギヌスへ連絡。
【御影PL】ああ、情報収集やってないな、そういえばw
【南PL】ということで、情報収集したいのですがよろしいでしょうかGMさんw

【サンディPL】南さん以外と冷静です(笑)
【南PL】意外性の男ですw
【サンディPL】ノリと勢いな人だと思ったのにーw
【愁PL】自分で論理的だと思ったことには賛成するんでしょうね。
【愁PL】それが一般的に論理的なものかはさておき(笑)
【南PL】いろんな意味で自分ルールな人なんでしょうねw

【愁】「戦いに勝つためには、下準備も相応に必要だろう。俺も家のデータベースを見てくる」
【ロンギヌスこじまめ】「はい、こちら超時空多次元機甲特務武装黄ごっ、…………ロンギヌスのオペレーターです」
【南】「うむ。噛んだであるな。要精進なのである。あと、棚の下から三段目に口内用の薬があるのである。で用件であるが……」

【御影PL】こじまめw
【サンディPL】こじまめですかw
【見学銃鉄】こじまめ、ナニやってる!?w

【GM】うい。では情報収集判定どうぞ
【南PL】ということで『侵魔“フォークロア”について』
【南PL】判定は知力ですか?
【GM】ほいほい。情報収集判定難易度14 能力値は理由次第で任意
【GM】成功した人数が多い方が情報が多くなります。
【サンディPL】ふみみ
【南PL】では、ロンギヌスデータをあさるー で、知力でいきますね。
【GM】OK

──南のダイス:7(2D6:5 2)+10 = 17
──南のダイス:8(2D6:3 5)+10+10 = 28

【南PL】かんぺきっ!
【南PL】28といって成功です。
【御影PL】こっちも知力でやってみましょう。

──御影のダイス:10(2D6:4 6)+11 = 21

【サンディPL】知力は自信ないですー
【サンディPL】みなさんが調べものしている間にベル様に電話して聞いてみたいですー コネですー
【サンディPL】きっと何か知ってるー
【GM】ほいほい
【サンディPL】情報判定にコネ使うと+3ボーナス貰えるです〜
【サンディPL】能力はなんだろ? 幸運?
【サンディPL】精神かなぁ むしろ。なんとなく。
【GM】幸運か精神、信仰(笑)あたり?
【サンディPL】精神でー
【GM】OK

──サンディのダイス:12(2D6:6 6)+7+3 = 22

【サンディPL】成功したですよー♪
【GM】いい出目だ
【愁PL】こちらもコネ:内調を使用。幸運で判定します

──愁のダイス:9(2D6:5 4)+7+3 = 19

【愁PL】19で成功
【GM】全員成功ね
【サンディPL】うい
【GM】では

・“エミーさん”は携帯電話で呼び出して名前を教えると、幸運を与えてくれるというおまじないである。
・“エミーさん”に告げる名前は仇名や愛称ならそれほど問題は無いが、本名を教えると幸運と引き換えに攫われてしまうらしい。
・だからと言って、適当な偽名を名乗っても“エミーさん”は幸運を与えてくれない。
・“エミーさん”の噂は10代の少女達の間ではやっているが、実際に電話番号を知っている者は少ない。

・“エミーさん”とは、都市伝説を利用してプラーナを集める侵魔フォークロアである。
・現在、“エミーさん”として活動するフォークロアは異常な幸運を餌に人間を攫っている。
・フォークロアの月匣は巧妙に隠されており、よほどのことがない限りフォークロアの招きもなしに発見したり進入する事は出来ない。

・“エミーさん”の電話番号はXXXXXXXである。


【GM】以上
【サンディPL】はいですー
【愁PL】裏付けが取れたな。
【南PL】とれましたねえ
【サンディPL】とれたですー
【南PL】私たちはどうやったところで招かれざる客なわけで、『よほどのこと』を起こす必要がある。
【サンディPL】あるですね
【南PL】それが、名前を代償にした幸運…… というところかなあ
【GM】ではどうします?
【愁PL】幸運=登場判定(笑)
【南PL】でも、プラーナ取られちゃいそうなのは少し不安ではありますが。
【サンディPL】ひとつの案かな
【御影PL】うーむ、本名を教えた場合って連れ去られるだけで済むのかな? だったらそっちのほうが楽そうな気はするけど……
【サンディPL】済まないんじゃないかなぁ
【南PL】プラーナまるっと取られたりしそうなのですよね
【愁PL】それは本名以外を名乗ってダメだった場合にした方がいいかと
【南PL】うみ。
【御影PL】やっぱりかー。GMシーン見るとほとんど半死の状態っぽいしなあw
【南PL】とりあえず、どこまでセーフか、安全そうな名前で試して見ましょう
【サンディPL】んー そーいえば最初に試してた三人の内、もう一人まだ無事な人がいたっけ
【サンディPL】彼女に本名言わないように釘刺したほうがよくないです?
【GM】ふみ。いったんシーン切ってマスターシーン入れるか
【サンディPL】らじゃですー
【南PL】おお!
【南PL】らじゃですー
【御影PL】OK−w

目次へ

■ ミドル6『侵魔3』 ■

マスターシーン(登場難易度45)

 招かれし者以外入ることの出来ない閉ざされた空間。
侵魔フォークロアは新たな獲物を手に入れていた。


【南PL】やっぱりあがってるよう

【フォークロア】「ようこそいらっしゃい、西宮由貴」

 今しがた捕らえたばかりの獲物を抱き押せながら、その月匣の主が微笑む。
月匣内にはすでに十数人の少女達がとらわれ表情を失った人形のような姿で横たえられていた。


【南PL】あ、まさか彼女!?
【南PL】って、ちがったです?
【愁PL】いや、彼女
【南PL】ですよね……

【フォークロア】「ウィザードどもも目障りになり始めたし、そろそろ潮時かしらね」

 当りに眠る少女達を見回してざっとその数を数えながら考える。

【フォークロア】「そうね。あともう2、3人ぐらいは獲物を集めてから他へ行くとしましょうか」

 そう結論付けると手近にいた少女のプラーナを軽く味見してからその場を立ち去った。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】ほい、こんな状況
【サンディPL】お疲れ様ですー ぴんちですー 手遅れですー
【南PL】う。時間制限宣告がきましたかっ
【サンディPL】すわれてるー
【GM】まだ、手遅れじゃないよ。存在完全に消えてないから
【南PL】むむむむむ
【サンディPL】さらわれちゃったですー
【御影PL】むー、急いだほうがよさそうな状況ですね。
【南PL】ですねえ
【サンディPL】急がなきゃーですね

【GM】では、情報収集終わったあとにシーン戻しますね
【サンディPL】電話して 月匣にたどり着く幸運を貰いましょうですよー
【愁PL】侵入手段も、どうやら判明したしね。

目次へ

■ ミドル7『フォークロア』 ■

シーンプレイヤー:皐月 御影
(全員自動登場)

 心当たりを調べ回ってなんえとか、情報を集め終わったウィザードたちはまた集まって再び相談を行っていた。

【愁PL】ふむ
【愁PL】少しだけやりたいことがあるんだけど、構わないかな? 時間はとらせないので
>たくわんさん@シーンぷれいやー
【御影PL】どぞどぞw
【南PL】どうぞー
【サンディPL】どきどき

【愁PL】では愁が遅れていてまだ家の奥で連絡を取っているんですが
【GM】うい

【獅子王】「……ガウ」と、一枚の手紙を加えて御影たちの前にとことことやってくる。

【愁PL】(んっ、とその手紙を差し出す)

【御影】「ありがとう」なでた後手紙を開こうw

【愁PL】まあ、OPのラブレターなんですが(笑)
【御影PL】っておい!?w

【愁PL】まあこれだけなんですが(笑)
【GM】乙女の手紙を他人に見せるとは……恐ろしいこ!?
【愁PL】やー
【愁PL】一人の秘密にしておくと面白くないので!(笑)

【南PL】うにょろんと移動して背後に回って目を通します。

【御影】「あー……これはまた」

【愁PL】握りしめた痕があって、一旦シワになったのを直したような感じが(笑)
【御影PL】読み終わって閉じますw

【南】「……幸せ者であるな」
【南】「まだ、彼は失っていないのである。取り戻す可能性があるのである」
【サンディ】「神代くんだからね〜」
【南】「ならば、彼は我輩と同じになるべきではないのである」うにょんうにょん
【獅子王】『差出人と愁には悪いと思うたがな。人とはいつの世も辛い宿命を持つ存在よ』
【サンディ】「がんばりましょー」
【御影】「って、皆見てる!?」

【南PL】獅子王いいこだなあ……

【愁PL】じゃ、そこらで家の奥から出てくる足音が(笑)
【南PL】うなぎのような速度で何事もなかったかのように正座。
【御影PL】手紙を背中に隠そうw

【愁PL】うなぎって(笑)
【見学APろん。】にょろん。
【南PL】にょろろん。
【GM】いわっちだ。いわっちのようなナマモノが居る。

【愁】「すまん、少し遅れた。皆、準備はいいか?」
【サンディ】「神代くん、琴美ちゃん助けようねっ」 笑顔で手を振る。
【愁】「む? あ、ああ。そうだな。無事が一番だ」面食らい(笑)
【南】「うむ。頑張るであるぞ、少年」ぅいんぅぃん

【愁】「(……何なんですか、先生。この謎のプレッシャーは)」ひそ
【御影】「(いやこー……先生、応援してるからね!)」ひっそり

【GM】生暖かいプレッシャー(笑)
【愁PL】以上。お時間とらせました(笑)
【南PL】いい振りでしたw
【南PL】一致団結しました。PC2〜4がw
【サンディPL】あははーw

【愁】「こちらも情報の裏付けがとれた。あとはどうするか、だが……」
【南】「決まっている。『都市伝説』を利用している輩に、やりかえしてやるのである」
【サンディ】「普通の方法では無理なんだからー普通じゃない方法で探さないとだね」
【御影】「皆、準備は万全?」具体的に言うと買い物とかw
【サンディ】「大丈夫ですよ〜」
【南】「準備がよければ、主賓にアポを取るのである」にやぁりと携帯取り出します。

【南PL】こちらは特になしー
【愁PL】OK。バッソとヘルメットは装備して月衣の中へGO
【御影PL】うい、じゃあ行きましょうかw

【南PL】では、ぴっぽっぱと。×××××××をプッシュ。

【GM】んじゃ、電話かけるのね?
【GM】ややこしいから代表でひとりかけてくれるかな。あとで全員かけたという処理にするので。
【南PL】あ、ではPC1いきます?
【南PL】せっかくの黒幕との対話シーンですし。
【サンディPL】登場判定だからそれぞれかける必要があるのですねぇ
【サンディPL】同行のバリエーションで全員ひっぱれない?
【南PL】むー。ルールとしては、通常登場判定は個別に、ですねえ
【南PL】同行は開始時にシーンプレイヤーとの同行で、マスターシーンはシーンプレイヤーはいないですし
【サンディPL】ういうい
【GM】いや、捧げる名前決めてくれれば電話かけたことにしていいですよ
【サンディPL】らじゃですー
【南PL】やっぱり全員名前を捧げる必要がありそうです。
【GM】ただ、フォークロアとの電話対応が複数だと錯綜しそうだと思ったんだけど
【南PL】なるほどです。
【GM】……まあ、別にヴァーチャコールなパーティ回線方式で会話でも良いか(笑)
【南PL】ウィザード電話の科学力で!
【愁PL】かけたことにしていいとは思うよ。最初は南さんで(笑)
【サンディPL】南さんの発明?
【南PL】では、そういうことで、南からかけて、全員話せるパーティ回線にしたということでw
【GM】んじゃ、全員で調べた番号に電話回線繋ぎました。

【エミーさん】「もしもし、わたしエミー。あなたの名前を教えて」

【南PL】瞳を閉じる。意味はあるだろうか。もう、呼ぶ者もほとんどいないこの呼び名を捧げることになど。
【南PL】だが、己の内にある価値が基準となるならば、確実にこれはヤツの餌になるだろう。

【南】「―― 『たろ兄』、である」

【南PL】そう、既にこの世界にはいない妹が使っていた呼称を、口にした。

【エミーさん】「……あら。いい名前ね。でもあなたウィザードね?」
【南】「さて、どうであるかな? “エミーさん”」にやり
【エミーさん】「あいにくだけどたとえ本名を教えてくれても、あなた方をこちらに招待するつもりはないわよ」

【見学APろん。】うわ。
【御影PL】おおう……
【サンディPL】招待しなくていいですよ 幸運をくれればw
【サンディPL】月匣を見つける という幸運で良いと思う〜
【サンディPL】宝くじ当てるのと同じくらいでw

【南】「ふむ。まあ、それでいいのである。で、叶えたい願いがあるのであるが、幸運をもらえるおまじないはここにかければ教われるのであるか?」
【エミーさん】「……そうね。あなたのプラーナと引き換えに少しだけ幸運を分けてあげる」
【エミーさん】「私からのサービスよ。それでせいぜい自分の欲望を満たしてちょうだいな」
【南】「ああ、助かるのである。我輩には、どうしても満たしたい欲があるのである」

【GM】ということで、おまじないの言霊を教えてくれた
【南PL】はーい

・“エミーさん”に名前を捧げることで手に入る幸運は、任意の幸運ジャッジの達成値に+50する事が可能になる。
・ただしこの幸運を使用した際、仇名やふたつ名であれば1点、本名なら1D6点のプラーナをフォークロアに奪われてしまう。


【GM】ルール的にはこんな感じで
【御影PL】うわぁw
【愁PL】了解
【サンディPL】なんて具体的ですー
【南PL】らじゃ!

【南PL】よかったー よかったー! 本名いわなくてよかたーっ
【サンディPL】本名はでんじゃーです

【南PL】では切りますー
【GM】うい。

【南】「……ということで、こんな感じであった」

【サンディPL】ういー
【南PL】かくかくしかじかと呪いと祝いの効果を説明。
【御影PL】はいなw
【愁PL】後は各自、捧げる名前を宣言。でいいのかな>GM
【GM】うい、それでOKです

【サンディ】「……その南さんの妹さんって……い、いえなんでもないです」
【南】「言ったのである。アレは、遠いところで世界を守っているのである」にこり
【サンディ】「……南さん」 その笑顔に何もいえなくなる。

【愁】「俺たちも電話をかけよう。決着の時が近い」
【南】「さささ、皆も名前を捧げるのである。捧げよ精魂! 今宵は見敵必殺の宴である!」
【サンディ】「はい」 頷く
【御影】「……しょうがないわね」

【サンディPL】ささげる名前ー名前ー なにかあるかなぁ(考える)
【GM】そういうときに便利な“ふたつ名表”(笑)
【愁PL】ワイバーン(笑)
【南PL】裏切りのワイバーン!?
【愁PL】【柊】「俺は“下がる男”という名前を永遠に捧げたい」
【南PL】柊さん(−人−)

【サンディPL】では ふたつなの『無色の鷲』でー>捧げる
【愁PL】『アキくん』で。コネのくれはが昔【愁】を読めなくてそう呼ばれていたということで(笑)<捧げる
【御影PL】小声で『遼×白炎 命☆SATSUKI』と名乗るw

【南PL】ぶはっ!?
【GM】ちょ!? 
【御影PL】は、なんでござろうw
【南PL】サムライトルーパーですかっ!?
【愁PL】とか(笑)
【サンディPL】うな?
【見学APろん。】いたたたたたた。
【GM】イタっ、すっげえ痛いよ。先生
【南PL】しかも白炎……
【愁PL】リアルな(笑)

【御影】「言ったでしょ? 無かったことにしたい過去もあるって……」(とおいめ

【愁PL】そういえば一時期、痛い同人ペンネームで口座作る、とか流行ったよね(笑)
【GM】昔の友人がその当時の同人誌を後生大事に持ってるとか、痛いよなあ<過去
【サンディPL】あははー(乾いた笑い)
【愁PL】御影せんせぇ、ぐっじょぶ
【南PL】なんというか。御影先生とみなみんのネタ度が反転したです?
【御影PL】シーンプレイヤーとしての役目は果たしたぜ……へへ……(うつろな目
【サンディPL】あうー(なでなで)
【南PL】がんばった! 御影先生頑張ったです!

【南PL】これで全員ですね
【GM】では、4人とも電話をかけました。
【サンディPL】うい
【御影PL】ういw
【GM】なんか、いろいろな過去があったようですが、その辺は流す方向でクライマックス行きましょうか(笑)
【南PL】はいw
【愁PL】はいはい

目次へ

■ 幕間 ■

【サンディPL】おつかれさまですー
【サンディPL】今回サンディ大人しくて楽です〜(ほわー)
【GM】それではクライマックスシーンですが、休憩とかまだ平気ですか? 夕食の時間とか
【南PL】まだこちらは大丈夫ですね。
【御影PL】大丈夫ですー。
【サンディPL】大丈夫ですー
【愁PL】まだ大丈夫
【GM】OK。でははじめましょう

目次へ

■ クライマックス『月匣』 ■

マスターシーン(登場難易度55)

 招かれし者以外入ることの出来ない閉ざされた空間。
侵魔フォークロアは攫った少女たちからプラーナを奪い取ろうとしていた。


【フォークロア】「さて、ウィザードどもも動き始めたようだし、そろそろ次の都市伝説を探して移るとしましょうか」

 そう言いながら人形のように横たわる泉野真理に手を伸ばす。

【南PL】ここで「何者っ!?」と言われると、「貴様にくれてやる名などない!」と
ネタとして愉快だったのですがまあそれはそれでw
【見学APろん。】むしろ「貴様にくれてやって名前は無い!」というのは、どうかしらん?(笑)
【南PL】そっちの方がおもしろい!w
【GM】フォークロアが倒されるまで『遼×白炎 命☆SATSUKI!!』の名前は消え去ります。
でもここにいるのはウィザードだけなのであまり関係ありません(笑)
【南PL】(−人−)
【見学銃鉄】ぬふを!? 目を離していた隙に、せんせーがおもろいネタを!?w
【愁PL】今日のベストバウトかも(笑)<先生

【サンディPL】登場判定ですねー れっつごーですー
【南PL】さーてとみんなで登場判定!
【御影PL】おー!
【南PL】では、せっせと振りましょうー

【GM】たぶんファンブルと失敗すると思うんだが、この登場判定(笑)
【御影PL】宝石使いますよ、流石にw

【サンディPL】エミーさん幸運を下さいな♪(ぷらーな1点消費)

──サンディのダイス:7(2D6:1 6)+6+50+3 = 66
──御影のダイス:11(2D6:6 5)+9+3+50 = 73  登場判定、プラーナ1!(泉野真理補正
──愁のダイス:5(2D6:2 3)+7+50+3 = 65 【幸運】コスト:プラーナ1 コネ:園山
──南のダイス:6(2D6:2 4)+6+50 = 62

【愁PL】うう、危なくファンブルするとこだった
【南PL】せーふっ
【サンディPL】せーふです
【御影PL】おけおけw
【南PL】全員成功ですね。

【サンディPL】ぱきゃーんと月匣を砕いて乱入なのですー

【フォークロア】「ウィザード!? まさかいったいどうやってこの私の月匣内に!?」
【サンディ】「たまたま偶然幸運にも月匣に入れたよー」
【御影】「ちょっと捨て身の作戦を取っただけよ!」泣きながら登場。
【愁】「大事な場面に遅れるつもりはないからな」
【南】「人の希望を利用して、熱き血潮を啜るもの。伝承を模して己の目的を追求する――」
【南】「人、それを贋作というのであーる!」

【南PL】ロム兄さんばりに登場。

【フォークロア】「まさか私が与えた幸運でここを見つけてくるなんて……」

【サンディ】「フォークロア。諦めて幸福じゃない降伏してくださーい」
【サンディ】「ついでに怪しい本のページもくれると私がちょっぴり幸せになれます」

【愁】「お前のルールは、お前自身にも破ることができない様だな。それが仇となった」

【愁PL】視線を走らせて園山を刹那、見やってから前へ

【フォークロア】「まあいいわ、ここは私の月匣。ウィザードなどに負けるはずがないもの」
【フォークロア】「さあ、相手をしてあげる。たっぷりと苦しんで死んでいきなさい、ウィザード」

 そういうと、侵魔の前に2体の巨大な石像が現れ、キミ達の前に立ちふさがった。

【愁PL】げ、石像か
【愁PL】NW1で嫌な思い出が(笑)

【南】「黙れ贋作。貴様は、都市伝説の偽物ですらないのである」
【南】「都市伝説とは、民俗伝承の現代形。世界への畏怖でもって人を御するある意味で人の為の物語」
【南】「だが、貴様のそれは『人の為』ではない。そんなものを我輩は『偽物』とは認めないのである」
【南】「いい機会である。真に偽物たるの矜持を教育してやろうではないか」

【GM】『遼×白炎 命☆SATSUKI!!』様は?<口上
【愁PL】お、いかん。真理さんが、行くんだ 遼×白炎 命☆SATSUKI!!<手を伸ばされ
【見学銃鉄】みんなでいじめてるようにしか聞こえないw>御影氏のPN
【御影PL】と言うか、いじめだろそれ!? 明らかに!w
【GM】うい(笑)
【南PL】ネタ分ではもう先生に勝てないので、シリアスにいきますw
【サンディPL】勝てないね〜
【見学銃鉄】みなみん、もってかれたなあw
【御影PL】勝ってー!? そして忘れ去ってー!?w

【御影】「あなたの誤算はただひとつ。昔の名を知られた私が今、あなたを倒す修羅へと化したこと……」物凄いプレッシャーとともにフォークロアへと立ちはだかる。

【愁】「いや先生。せめて建前ぐらいは捕まった生徒のために戦おうよ(笑)」

【見学銃鉄】主人公以外、誰一人として気にする描写がないのがいと悲し(笑)
【サンディPL】生徒との関わり無かったし〜
【南PL】みなみん気にしてますよー 応援してますよー 主人公を

【GM】では、戦闘マップ展開

 ABCDE
1□□□□□
2□□魔□□  魔:フォークロア
3□□像□□  像:石像×2
4□□□□□
5□□★□□  ★:PC初期配置】


【サンディPL】今回はタンデムシートはいらないっぽい

■ 第1ラウンド ■

セットアップ:
【GM】こちらはなし
【御影PL】なしー。
【愁PL】《月衣》で武具を装備します
【南PL】月衣展開! 装備をキャラシート通りに!
【サンディPL】月衣から装備ー 箒に防具。オプションはエネブーとバリアシステムー
【サンディPL】タンデムシートは解除

【愁】「いくぞ獅子王。あの時の借りを返す時。――神威・招魂! 二身合一、獅子王合身!!」

【見学銃鉄】え? 愁って、ダイアポロン?(古<合身
【見学ALC】カシャーン カシャッ カシャッ カシャッ カシャッ ピキィィィン(SE挿入
【見学APろん。】U! F! O! がっしーん! がっしーん! って、ちゃうわー!?(すぱーん)
【見学銃鉄】 (+−−)=●)`ъ')・:ぶふぉー!

【愁PL】《アーマーフォーム》で獅子座の聖○ばりに武装します(笑)

【見学銃鉄】描写は聖闘士なのねw
【愁PL】神獣:狛犬の聖衣ってまんま獅子座っぽいので(笑)
【見学銃鉄】ペガサス幻想を流そうw

【GM】では行動値ジャッジ〜

──GMのダイス:7(2D6:6 1)+17 = 24 行動値 フォークロア
──GMのダイス:7(2D6:3 4)+6 = 13 行動値 石像A
──GMのダイス:3(2D6:2 1)+6 = 9 行動値 石像B

【南】「偽密具三十一号『ヘルメス・ヴォーツ』!」《リフレクトブースタ》

【サンディPL】んー 前回の反省から 突っ込むべきだね
【南PL】行動値+2でじゃっじー
【サンディPL】プラーナ2点〜 ちぇすとー
【御影PL】特に無し、普通にダイス振りますw

──南のダイス:17(4D6:5 6 1 5)+11+2 = 30  プラーナ2点
──サンディのダイス:5(2D6:1 4)+2(2D6:1 1)+12 = 19
──愁のダイス:6(2D6:4 2)+13+5(1D6:5) = 24  プラーナ1消費
──御影のダイス:2(2D6:1 1)+8 = 10

【愁PL】24か。
【サンディPL】はうわー(TT
【愁PL】ぐはっ
【南PL】ぐはっ
【御影PL】むーん。
【サンディPL】ぷらーなぁぁぁ(TT)

【見学APろん。】普通の判定のダイスとフェイト分は、分けてください。
【御影PL】普通の判定分でC、Fが発生する可能性があるので分けなきゃダメw
【南PL】ぁ。なるほど!
【南PL】振りなおすべきですかー?<MMGさん
【サンディPL】まあ 行動ジャッジはCFないのでそのままでいいかとー
【GM】行動値はCFないから問題なし
【サンディPL】今後は分けるべきですけど
【南PL】はーい。次から気をつけますっ
【御影PL】CF無いので、行動値に《ヒートシフト》って普通に+2されるのよね。
【サンディPL】お得だよね MP5重いけど
【愁PL】MP11しかないのでキツイっす(笑)
【御影PL】ヒーラーは特殊能力で付与魔法の消費MP減らせるので《ヘイスト》とかの代わりに使えるw

 >30:サウス >24:愁 >24:フォークロア >19:サンディ >13:石像A >10:御影 >9:石像B 

イニシアチブ:
【GM】>30:サウス 
【GM】みなみんから
【南PL】む。ディフェンダーより先に飛び出すのは怖いなあ……。
【サンディPL】ごめんね ダイスが(しくしく)
【南PL】ただ、愁くんがごれむんを足止めしてくれると信じて、一歩上に進みましょう。
【南PL】まず、《オプションデバイス》発動。カウント28に。もったいないですけど
【GM】うい

【南】「――偽密具十二号『屠鬼・三獣魂(トライ・コルム)!!』」
【南】「これは、ある宇宙から来たる異能者の作り出したしもべと見せかけて実は鬼殺しの勇者に付き従い、戦いの中で石と化したる三獣魂の概念を模倣した偽密具である!」

【愁PL】桃太郎の概念武装なのね(笑)
【見学銃鉄】桃太郎からか
【南PL】《オプションデバイス》は遺産「3つのゴーレム」のレプリカという設定
【見学銃鉄】あー、某2世の僕ですなw
【南PL】あれ、桃太郎が元ネタっぽいのです

【南PL】で、マイナーでC4移動、でもって魔装でゴーレムAに攻撃!

──南のダイス:15+6(2D6:2 4) = 21  魔導 ぼーてくすらんす

【南PL】21といって命中です。抵抗どぞー

──GMのダイス:8(2D6:2 6)+4 = 12 抵抗

【GM】うい、あたり
【南PL】ギターをぎゅんぎゅん鳴らすと闇の波動がゴーレムを襲う!

──南のダイス:4(2D6:1 3)+43+3 = 50
──GMのダイス:6(2D6:2 4)+4 = 10 魔防

【南PL】50点といって冥ダメージ!
【GM】40点くらって……あ、死んだ
【愁PL】なんつー火力(笑)

【サンディPL】一撃!?
【見学銃鉄】ゴーレム弱っ!w
【見学APろん。】つよーい!
【サンディPL】ゴーレムって防御は高そうだよねぇ

【南PL】そしてカウント−10で18に!
【南PL】以上!
【GM】そして、《自爆》発動>同一Sqに範囲選択(1)……て居ねえ
【南PL】せーふっ!

【南】「砕け散るがいいのである!」

【GM】魔法が命中した直後、大爆発起こして石像が破壊された。

【愁PL】やっぱり自爆持ちか(笑)
【サンディPL】自爆いやぁ(TT
【見学銃鉄】砲撃型にした甲斐がありましたねえ>みなみん
【南PL】いいお手本がいたのでw
【南PL】銃鉄さんにかんしゃ!
【見学銃鉄】参考になってよかったです
【このは】「はわわー。きょ、恐縮ですー」縮こまるw

【GM】>24:愁 
【愁PL】……まあ、防御力は確保してるしな。マイナーで戦闘移動、石像とエンゲージ

【見学銃鉄】自爆をものともせずに突っ込んだ!?w>愁
【愁PL】自爆はまだいいんだが
【愁PL】援護なしにフォークロアから殴られるのが、多分きついですね
【愁PL】後ろに控えてるから、おそらく魔法使うし。
【見学銃鉄】魔防そこそこあるけど、イタそうだねえ>愁

【愁PL】……訂正。23に下げます

【GM】>24:フォークロア 
【GM】ではこちらが先に
【御影PL】かもん!
【GM】マイナー:《魔力拡大》3 メジャー:《ダークブレイド》
【GM】4人に魔法攻撃だ
【南PL】ぐは!?
【サンディPL】4体ですかー

【GM】フォークロアの放った魔法が4つに分裂してそれぞれを襲う

【見学APろん。】ひろっ。

──GMのダイス:2(2D6:1 1)+20 = 22 《ダークブレイド》魔導

【南PL】……
【GM】Fじゃない!
【愁PL】そうだな、Fじゃない(笑)
【御影PL】22ですねw

【見学銃鉄】きばって避けろ!w
【見学銃鉄】22なら勝機はある!w
【サンディPL】んー サンディは無理w
【見学銃鉄】抵抗低いメンバーは耐えるしかねえな
【見学銃鉄】でも、サンディなら無問題じゃねえ?>《護法剣》
【サンディPL】一回だけね

【南PL】ふむ。ここは避けどころとみました。
【御影PL】プラーナ1つかって抵抗ー。
【南PL】プラーナ2!

──サンディのダイス:7(2D6:6 1)+6 = 13
──愁のダイス:4(2D6:3 1)+10 = 14 【抵抗】
──南のダイス:6(2D6:5 1)+11(2D6:5 6)+12 = 29
──御影のダイス:9(2D6:6 3)+13+5(1D6:5) = 27

【愁PL】ふぁんぶる。命中です
【御影PL】無駄に回ったが、まあ、結果オーライでw
【サンディPL】神代くんに《カバーリング》〜 さらに《護法剣》〜
【サンディPL】ダメージこーいです

【愁PL】あぶねー。先にファンブルでよかった
【見学銃鉄】抵抗でFならまだいいよ
【御影PL】防御・魔抗でさえ振らなきゃw

【愁】「頼む。俺も次で突っ込む」>サンディ

──GMのダイス:8(2D6:3 5)+27 = 35 点 冥属性魔法ダメージ

【GM】回らないなあ

──サンディのダイス:2(2D6:1 1)+32 = 34

【サンディPL】1点貰ってー 2点になりましたー
【御影PL】さらに《プリズムアップ》! ……って、いらない?w
【サンディPL】いらないー
【御影PL】硬いなあw
【GM】魔防32? サンディ硬
【南PL】頼もしいです!

【サンディ】「こんな魔法なんて聞くかよぉぉぉーっ」

【サンディPL】《護法剣》〜
【サンディPL】攻撃力で魔防判定です
【GM】なるほど
【サンディPL】カウント17になりました

【南】「密具に干渉されているであるか。……その解呪も我輩の目的の一つであるが、まあ今は見逃してやるである」サンディさんの剣を一瞥しつつ
【サンディ】「はっ。ベルの魔法の千分の一以下だなっ。たいしたことねーぜ」 魔剣で闇の剣を切り払う

【愁PL】三回魔法飛んでくるね、これだと。しかも範囲じゃなく四体攻撃。きつっ
【GM】いや、《魔力拡大》は代償:3カウントだし
【見学銃鉄】範囲でないので、確実にくるのよね。だから、このはも拡大取ったんだ。
範囲選択にできる特技は組み合わせないとならないから
【愁PL】ああ、なら二回か
【南PL】しかもラウンド1回では?
【見学銃鉄】1回ですな
【愁PL】そっか、2だとそうだね

【愁PL】カバーで二回分だから、二回防御判定?<サンディ
【GM】ああ、2倍じゃなくて防御判定二回だ
【サンディPL】あら
【サンディPL】なら もう一回は素になるのかな
【GM】なので、《金剛剣》は一回分だけね
【愁PL】ですね

──サンディのダイス:7(2D6:4 3)+11 = 18

【御影PL】じゃあそっちに《プリズム》かけますね。
【サンディPL】ありがとー
【御影PL】7点さらに防いでくださいなー。そして私はカウント3減少して7に。
【サンディPL】では10点もらいましたー

【サンディ】「って二発!? ちくしょぉいてぇじゃねーかっ」

【サンディPL】残りHP20〜
【GM】みなみんが一番早いのは予想外だったなあ
【南PL】あはは、予想外の男ですw
【サンディPL】《カバー》に《護法剣》が片方だけなら使いにくいー だめだめですー(とほほ)

 >23:愁 >18:サウス >17:サンディ >11:フォークロア >9:石像B >7:御影 

【GM】>23:愁 
【GM】愁くんどぞ
【愁PL】こーして、こうで……む
【愁PL】次は私、全力移動でフォークロアのところにまで突っ込みます
【愁PL】前に出ると防御魔法届かないのは同じだし、南博士が十分火力あるので、自爆に巻き込まれずにすむし。クロアに後退されないように拘束しよう
【南PL】らじゃです!
【南PL】では、ゴーレムは任せてくださいですよ
【愁PL】では全力移動

──愁のダイス:7(2D6:6 1)+8 = 15

【GM】全力移動しなくてもダブルムーブでいいと思うけどね
【愁PL】うん。まあ演出ということで(笑)
【GM】了解
【愁PL】進んで離脱してフォークロアのエンゲージで停止。

【愁】「懐に飛びこませてもらったぞ」
【フォークロア】「ち、生意気ね、アキくん」
【愁】「俺をその名で呼ぶなっ!」
【南】「次であるっ!」

【愁PL】>18:サウス 
【愁PL】次はサウス
【南PL】犬猿雉を従えて、ギターをかきならす!
【南PL】マイナーなしの、メジャーで魔装攻撃!
【南PL】対象はゴーレムB!

──南のダイス:3(2D6:1 2)+15 = 18

【南PL】ぐはっ!?
【愁PL】まあ相手の抵抗4だし
【南PL】では素でとおしっ

──GMのダイス:6(2D6:5 1)+4 = 10 抵抗

【GM】Cでない
【南PL】では!

──南のダイス:7(2D6:2 5)+43+3 = 53
──南のダイス:5(2D6:3 2)+43+3+10 = 61
──GMのダイス:7(2D6:6 1)+4 = 11 魔防

【サンディPL】うー わう♪
【GM】ぐ、死んで《自爆》……また無駄撃ち

【南】「さあ。取り巻きは消えたであるぞ、贋作」

【南PL】ギターを手に、一歩ずつフォークロアに近づいていく!

【南PL】カウント−10して残り8!
【南PL】以上!

【GM】魔攻高いよ、みなみん
【サンディPL】すごいです みなみん
【愁PL】キャスターの火力はやっぱり高いね
【御影PL】ですねえ。
【南PL】あう(////
【見学APろん。】すごーい。

【愁PL】次は17でサンディ
【サンディPL】んー
【サンディPL】とりあえず様子見よう
【サンディPL】マイナーでC3に移動 メジャー:《ブレイドアサルト》
【サンディPL】全力移動ジャッジー

──サンディのダイス:10(2D6:6 4)+7 = 17

【サンディPL】ふぁんぶるー(TT
【GM】うわ〜
【愁PL】0Sqか(笑)
【南PL】うう、ファンブルはどうにもできないっ
【御影PL】マイナスか……
【サンディPL】幸福の宝石くだきますー
【御影PL】おおうw
【サンディPL】フォークロアのSqに移動してあたっくー

──サンディのダイス:8(2D6:2 6)+14-2 = 20

【サンディ】「しねやぁぁぁぁぁ」 腰ダメに箒を構えてブースターを全開ににして体当たりのように刺すー

──GMのダイス:11(2D6:6 5)+11 = 22 回避

【サンディPL】えううー
【GM】避けた(笑)
【サンディPL】おわりですぅ
【南PL】うあん(TT
【サンディPL】カウント7ですー

【フォークロア】「あらあら、下品ね。無色の鷲」
【サンディ】「お上品にやっていて、化け物が殺せるかよ〜。次はぶったぎってやるぜっ」

【GM】>13:愁 
【愁PL】13いくぞ。クリエイト……はカウントがアレか。普通に攻撃

──愁のダイス:7(2D6:6 1)+15 = 22 【命中】

【愁PL】22です

──GMのダイス:8(2D6:2 6)+11 = 19 回避
──愁のダイス:8(2D6:2 6)+36 = 44

【愁PL】44の火物理。

──GMのダイス:10(2D6:6 4)+20 = 30 防御
──GMのダイス:4(2D6:1 3)+20+10 = 34 防御

【南PL】かたっ!?
【サンディPL】硬いねぇ
【愁PL】ダイスに殺される〜
【御影PL】Cのせいもあるけど、20も防ぐかーw
【サンディPL】硬いです〜

【愁】「穿ちぬけ、獅子王牙!」
【愁PL】右腕のWフォームを叩きつける

【愁PL】で、終わり。カウント3に低下

 >11:フォークロア >8:サウス >7:サンディ >7:御影 >3:愁 

【GM】>11:フォークロア 
【GM】ふむ

 ABCDE
1□□□□□
2□□魔□□  魔:フォークロア、愁、サンディ 
3□□□□□ 
4□□南□□
5□□★□□  ★:御影


【サンディPL】うい
【GM】《魔力拡大》は使えないから……
【GM】メジャー:《ディメンジョンホール》>C4中心に範囲(2)
【サンディPL】みゃー(涙)
【GM】南と御影に攻撃
【愁PL】後ろを狙ってきたか
【南PL】くはっ
【御影PL】むむ、こいっ!

──GMのダイス:4(2D6:3 1)+25 = 29 《ディメンジョンホール》魔導

【GM】うわ
【南PL】あ、ふぁんぶる?

  《混沌の運命》(NW2 P90) C値:10・9 F値:4・5

【南PL】おおおおおお!
【御影PL】何ィ!?w
【サンディPL】あやや
【GM】魔導で15
【愁PL】さりげなく大いなるもの……。そうか、ページの力か。
【サンディPL】おおー

──南のダイス:6(2D6:4 2)+12 = 18
──御影のダイス:9(2D6:5 4)+13 = 22

【南PL】さくっと回避。
【御影PL】無駄に回って回避w
【GM】おのれ
【サンディPL】でも避けれる気が……プラーナ使いどころかなぁ
【愁PL】サンディと俺は範囲外だね。<C4中心で範囲(2)
【サンディPL】あそっか
【GM】うい、選択じゃないから巻き込むと自分もくらうし
【南PL】ですです。後衛ズだけですので全員回避。
【サンディPL】わーいw
【GM】では終了

【御影PL】クロア、1で行動残ってるのかー。
【サンディPL】歪曲珠つかうと行動済みだとおもう カウント5あるから
【GM】いや代償:5カウントで終了
【御影PL】お、了解w

 >8:サウス >7:御影 >7:サンディ >3:愁 

【愁PL】>南:8

【南】「名を捨てることの覚悟が。生まれてから己の象徴として刻まれたものを変える意味が」
【南】「そこまでして得ようとした願いと決意の価値が、おまえにわかるのであるか」
【南】「かつて、ある娘がいた。ある道具に選ばれたが故に戦いに赴き、異郷に飛ばされ、帰ること叶わぬようになった魔剣使いがいた。彼女は、帰郷を諦め、その地に骨を埋める決意とともに元の名を捨てた」

【南】「――全偽密具発動。アレの在り様は、我が妹への侮辱である」
【南】「『無概念詠唱・開錠術式(スキット・キー)』起動――」
【南】「――偽密具二十八号『終末を告げる接吻(メギド・キス)』」

【南PL】無意味なる音律が共鳴し協奏する。
【南PL】莫大な魔力が溢れ刹那、ただある偽密具を封じるためだけに作られた鞘たる偽密具が霧散する。

【御影PL】スキトキメキトキスかよ!?w
【愁PL】サウスも御影さんに負けじとネタ満載だ
【サンディPL】ネタが無い子ですー

【南PL】マイナーなし、メジャー《ヴォーテクスランス》 プラーナ1点!

──南のダイス:7(2D6:3 4)+4(1D6:4)+15 = 26  プラーナ1点
──南のダイス:9(2D6:4 5)+15+10+4 = 38

【サンディPL】うー わう♪

──GMのダイス:6(2D6:2 4)+12 = 18 抵抗

【GM】当りだ

──南のダイス:5(2D6:4 1)+43+4+5(1D6:5) = 57  プラーナ1点

【南PL】まだまだっ

【南】「これは、我輩の最初の作品にして最低の失敗作である。助けるべき者が消えた後に完成した道具など全くの無意味だが……」

【南PL】手にしていたギターのパーツが解放され、中から一振りの剣が現れる。

【南】「贋作程度を屠るには、十分な偽物であろう」

【南PL】刀身には満遍なく刻まれたる古代文字。柄に嵌め込まれたオーブは青。

【南】「――偽密具一号」
【南】「『偽・屠神剣(ワイパーン)』――!」

【南PL】《ミラクルガジェット》

──南のダイス:4(2D6:1 3)+10+43+3+5 = 65

【南PL】65点の冥魔ダメージといいましょう!
【GM】ぐは!?
【サンディPL】おおー

──GMのダイス:6(2D6:5 1)+22 = 28 魔防

【GM】ええい、回らない

【南PL】神殺しの魔剣のレプリカが『大いなるもの』としての概念を蝕む!

【南PL】以上です。
【御影PL】でかいなあw
【南PL】カウント−5−10で行動完了。

【見学APろん。】でっかい火力です。
【サンディPL】おっきい火力だね

【愁PL】>7:サンディ、御影
【御影PL】では先にこちらが。
【サンディPL】はーい
【御影PL】いやまあ、ただ単に《ヘイスト》だけですがw
【御影PL】と言うわけでメジャーで《ヘイスト》、サンディに!

──御影のダイス:8(2D6:5 3)+17 = 25 発動

【サンディPL】なぜ《へいすと》?
【御影PL】行動カウント+5されて12になるから。
【サンディPL】なるほどです
【サンディPL】ありがとですー♪
【愁PL】届く?<《ヘイスト》
【GM】あ、
【御影PL】あ、そか。
【GM】マイナーで移動?
【サンディPL】マイナーで移動すれば届くかな
【御影PL】マイナーでC3まで移動、かな。で、1Sqの《ヘイスト》で。
【GM】ではそれで
【御影PL】これで(今のエンゲージのままなら)誰にでも支援が飛ばせる。

【御影】「さて、降参して名前だけ持ち去ってくれれば見逃してあげますよ?」

【南PL】これでサンディさんが2回殴れるようになりますね
【サンディPL】わーいw
【見学銃鉄】《ヘイスト》は非常に便利な魔法ですのじゃ
【サンディPL】うい
【南PL】ですねー
【見学銃鉄】NWは基本的にカウントを制するものが戦いを制すなのですw
【御影PL】MP消費も大きいけどねw<《ヘイスト》
【見学銃鉄】まあね。ヒーラーのMPは重要です
【見学銃鉄】(笑)
【御影PL】ワシのMPはまだ16もあるぞw
【南PL】心強いのです。軽減系が充実してますからね

【GM】ではサンディ、どぞ
【サンディPL】では 次いきますー
【サンディPL】んー 普通に殴る えい

──サンディのダイス:9(2D6:6 3)+14 = 23
──GMのダイス:6(2D6:2 4)+11 = 17 回避

【GM】あたり orz
【サンディPL】わーいw
【サンディPL】《パワーバースト》っ

──サンディのダイス:2(2D6:1 1)+32+10 = 44

【サンディPL】ダイスがぼろぼろー 44点物理ですー

──GMのダイス:12(2D6:6 6)+20 = 32 防御

【GM】なぜ、CもFも出ない
【サンディPL】カウント2になっておわりー

【南PL】くう。敵もかたいっ
【サンディPL】ぺちぺち

【GM】>3:愁 
【愁PL】殴る。殴るしかない(笑)

──愁のダイス:6(2D6:5 1)+15 = 21 命中

【愁PL】21です

──GMのダイス:3(2D6:1 2)+11 = 14 回避

【GM】当る

──愁のダイス:12(2D6:6 6)+36 = 48  火物理
──GMのダイス:2(2D6:1 1)+20 = 22 防御

【愁PL】48点。

【愁】「食らいつけ、獅子王!」

【愁PL】右手のWフォームでカチあげて、左の和刀で横一文字に切りつける

【愁PL】で、終わり。サンディどぞ

【南PL】おおっ
【サンディPL】おおー
【南PL】けっこう通った!
【御影PL】なんかさっきから1ゾロや6ゾロ多いなあw
【南PL】派手なのですw
【GM】ていうかなんでCF避ける!
【御影PL】1回しか出てませんなあw
【見学APろん。】素晴らしい出目であります(笑)
【愁PL】出目次第、な敵なのね(笑)

【GM】>2:サンディ 
【サンディPL】マイナーで エネルギーブースターを交換〜
【サンディPL】メジャーは普通に殴る

──サンディのダイス:5(2D6:2 3)+14 = 19
──GMのダイス:3(2D6:2 1)+11 = 14 回避

【GM】orz
【サンディPL】もう一回《パワーバースト》です

──サンディのダイス:7(2D6:5 2)+32+10 = 49
──GMのダイス:9(2D6:3 6)+20 = 29 防御

【GM】C!
【サンディPL】あうー
【御影PL】うわw

──GMのダイス:8(2D6:6 2)+20+10 = 38 防御

【サンディ】「食らいやがれっ」 剣を叩きつけるが装甲を貫けないっ
【フォークロア】「く!? なかなかやる?」

【サンディPL】行動終了です
【愁PL】1R終了か
【南PL】ですねっ
【サンディPL】うい

【南PL】さっきからGMさんがサンディさんに厳しいよう
【サンディPL】その分他の人が活躍しているのでOKですー
【愁PL】サンディのHPは20か……次はカバーしなくて大丈夫ですよ

クリンナップ:
【GM】ないね?
【南PL】なーし
【サンディPL】ないです
【御影PL】なしー。

■ 第2ラウンド ■

セットアップ:
【南PL】なしっ
【愁PL】なし
【GM】こちらはなし
【御影PL】なしーw
【サンディPL】最後のエネルギーブースターに交換です>《月衣》

──GMのダイス:8(2D6:5 3)+17 = 25 行動値 フォークロア

【南PL】《リフレクトブースタ》
【サンディPL】プラーナ2点っ

──南のダイス:5(2D6:3 2)+11+2 = 18
──愁のダイス:8(2D6:5 3)+13 = 21  INSV
──御影のダイス:10(2D6:6 4)+8 = 18
──サンディのダイス:8(2D6:2 6)+12+9(2D6:6 3) = 29

 >29:サンディ >25:フォークロア >21:愁 >18:サウス >18:御影 

イニシアチブ:
【GM】サンディどぞ
【サンディPL】えーと 普通に殴るです ちぇすとー

──サンディのダイス:3(2D6:2 1)+14 = 17

【サンディPL】あ 流石に当たんないかも
【サンディPL】回避どうぞーです

──GMのダイス:7(2D6:5 2)+11 = 18 回避

【GM】避けた〜
【サンディPL】カウント19になっておわりですー

【GM】>25:フォークロア
【GM】イニシアチブで>《空間跳躍》(NW2 P251)使用 E3へ移動
【GM】メジャー:《ディメンジョンホール》 C3中心に範囲(2)
【愁PL】だーっ!
【御影PL】逃げた!?w
【南PL】なんと!?

 ABCDE
1□□□□□
2□□愁□□  愁:愁、サンディ 
3□□影□魔  影:御影 魔:フォークロア
4□□南□□
5□□□□□ 
 

【GM】全員範囲内ね
【愁PL】そして自分を巻き込まない範囲か。えろいな
【サンディPL】痛いですー

──GMのダイス:8(2D6:4 4)+25 = 33 《ディメンジョンホール》魔導

【GM】回らない
【愁PL】回らなくていい(笑)
【GM】全員抵抗どうぞ

──愁のダイス:5(2D6:3 2)+10 = 15 【抵抗】
──サンディのダイス:7(2D6:4 3)+6 = 13  抵抗
──南のダイス:2(2D6:1 1)+12 = 14  抵抗
──御影のダイス:7(2D6:4 3)+13 = 20

【愁PL】当たり
【サンディPL】あたりですー
【南PL】ふぁんぶるorz
【御影PL】ん、だめ。

──GMのダイス:8(2D6:6 2)+31 = 39 点 虚属性魔法ダメージ

【GM】なぜ、CFでない

【愁PL】しかし混沌持ちだと、ダメージジャッジが怖いねぇ。いまんとこは出ないで済んでるが
【サンディPL】こわいです
【見学銃鉄】GMの出目が実にスレスレw>C9、10

【御影PL】とりあえずダイス振るかー。
【サンディPL】うぐー 《護法剣》ーっ
【南PL】《硬化防御》!

──サンディのダイス:4(2D6:3 1)+32 = 36
──御影のダイス:7(2D6:6 1)+19 = 26
──愁のダイス:6(2D6:3 3)+16 = 22 【魔防】
──南のダイス:3(2D6:1 2)+16+10 = 29

【サンディPL】3点もらいますー
【御影PL】13点貰い。
【愁PL】17ダメージ。HP16/33
【南PL】10点貫通!
【御影PL】誰か《プリズム》いるー?
【サンディPL】こちらは平気ー
【愁PL】俺は《レイジ》もとい《ファイナル・モード》溜めます
【南PL】できればくださいw<《ぷりずむ》
【御影PL】んー、では《プリズム》ー。7点防いでくださいw
【GM】《ノー・リーズン》使用  魔法レベル:3以下の魔法を打ち消し>《プリズムアップ》
【南PL】ぐはー!?
【サンディPL】あうあう
【南PL】魔術の即決では?
【GM】うい、
【南PL】魔導ですね

──GMのダイス:8(2D6:2 6)+20 = 28 《ノー・リーズン》魔導

【GM】避けるなあ、CF値
【南PL】御影さん、無理はなさらずです
【南PL】食らっても生き延びはしますのでっ
【御影PL】28は無理だね、素目でw

──御影のダイス:7(2D6:3 4)+17 = 24

【御影PL】くそ、7ばっかり!w
【御影PL】で、こっちは3カウントへって15かな。

【南】「我輩は頭脳労働者であるからして肉体は障子紙より貧弱なのである。だが故に。何の策もなしに飛び込んできたとは思わないことであーる!」
【南】「偽密具『吼え猛る黄金の盾(ハウル・オーファン)』・発動っ!」

【南PL】黒い白衣が一瞬にして金色に輝き、甲高い音を立てて攻撃を防ぐ!
【南PL】(でもぼろぼろ

【見学銃鉄】今回こそは誰かを生死判定にまで持ち込む気だなw>GM
【GM】いやあ、カウントかなり使ったから結構きついなあ
【サンディPL】あうー 残りHP17/31〜
【南PL】残りHP9/19
【御影PL】大丈夫、私 3/16よ?w
【南PL】御影さん、後衛はつらいですねえw
【見学銃鉄】みなみんがキツそうじゃのう
【御影PL】ただ、フォークロアよりも先に行動できるから回復魔法使うさw
【見学銃鉄】それが賢明だね
【南PL】いざとなればみなみんも範囲《ヒール》しますすし

 >21:愁 >18:サンディ >18:サウス >15:御影 >7:フォークロア 

【南PL】次は21の愁さんですね
【愁PL】ここは決めよう。オートで《フェザーウォーク》! 戦闘移動+1Sqで、フォークロアへエンゲージ。

【愁】「フォークロア。お前が為した悪行と、園山への借りを今ここで返す! 行くぞ、獅子王!」

【愁PL】メジャーで《ファイナル・モード》

──愁のダイス:6(2D6:1 5)+15+6(2D6:3 3) = 27  【命中】プラーナ2

【愁PL】27です。

──GMのダイス:10(2D6:6 4)+11 = 21 回避
──GMのダイス:7(2D6:5 2)+11+10 = 28 回避

【GM】避け!
【御影PL】なんと!?
【愁PL】ぐうーっ。
【南PL】ええええー!?
【サンディPL】《混沌の運命》はこれだからー(涙)
【愁PL】クリティカル警戒してプラーナつっこんで避けられるか。きっつう
【愁PL】カウント11に落ちて、サンディどぞ
【GM】《フェザーウォーク》の代償カウントは?
【愁PL】ああ、そうだね
【愁PL】カウント9に低下

【見学APろん。】ぁぃゃぁ。
【南PL】くうっ。しんどいっ
【見学銃鉄】やべえなあ
【南PL】愁くんどんまいですっ
【愁PL】ゲームですしね(笑)
【愁PL】《ファイナルモード》を回避されてシマタ
【南PL】ダイスくんはいたずらです・め・

【GM】>18:サンディ 
【サンディPL】うー ここは攻めよう
【サンディPL】マイナーでE2に移動 メジャーで《ブレードアサルト》っ
【サンディPL】命中にプラーナ1〜

──サンディのダイス:7(2D6:2 5)+14-2+4(1D6:4) = 23
──GMのダイス:6(2D6:1 5)+11 = 17 回避

【サンディ】「逃がすかよっ。いけぇぇぇぇぇっ」 再びドスチャージ

【GM】あたり
【サンディPL】最後の《パワーバースト》ですっ

──サンディのダイス:5(2D6:1 4)+32+10 = 47
──GMのダイス:12(2D6:6 6)+20 = 32 防御

【サンディPL】47点 ぶつりー
【南PL】だからどうしてこう硬いかなあダイスくん

【フォークロア】「く!?」
【サンディ】「今のは、いい手ごたえだったぜー。さあ、あと何発耐えれるかな〜」 にやり

  ★《プラーナ吸収》 タイミング:常時 吸収したプラーナ1点につき、HP+10

【サンディPL】カウント8になりますー
【南PL】くはっ
【GM】ええい、予備HPタンクに入った
【サンディPL】イベントとかで吸収した分ですねぇ +40くらい?
【御影PL】うへw

【見学APろん。】底力入りました!
【南PL】赤ゲージ!
【愁PL】最低40+イノセントからの吸収分だね
【見学APろん。】パーティー全員分と、マスターシーン分で+60くらい?
【サンディPL】イノセントからがどのくらいなのかーですねぇ

【GM】>18:サウス 
【サンディPL】次南さん〜

【南】「粘るな、贋作。だか知れ。『人の為の物』たらぬ偽物に、単なる模倣が上回りはしないのであると!」

【南PL】といいつつやることはただの魔装攻撃!

──南のダイス:2(2D6:1 1)+15 = 17  《ヴォーティカルランス》

【南PL】……
【南PL】えへ?w
【GM】出目が(笑)

──GMのダイス:7(2D6:6 1)+12 = 19 抵抗

【GM】Fじゃない。避けた
【南PL】以上!
【南PL】カウント8に!

【南】「つ、次は当てるのであるっ!」
【フォークロア】「まだまだね、たろ兄」
【南】「嗚呼、そうであった。我輩をその名で呼んだな。シリアス分補給である。おまえは許さんのであるっ」

【GM】>15:御影 
【御影PL】と、今皆どこにいるのかな?
【愁PL】E3に愁とサンディと敵がいます

 ABCDE
1□□□□□
2□□□□□  魔:フォークロア、愁、サンディ 
3□□影□魔  影:御影 
4□□南□□
5□□□□□ 
 

【愁PL】次はまちがいなく4人に魔法攻撃が飛んでくるか
【サンディPL】対象4人のですね

 >15:御影 >9:愁 >8:サンディ >8:サウス >7:フォークロア 

【GM】まだまだ回ってきません orz
【愁PL】残りプラーナは……4点か。

【御影PL】ではマイナーでE3に移動、《ヒール》+《慈愛の羽根》! 対象は自分、愁、サンディ!
【御影PL】回復ジャッジにプラーナ1使用!

──御影のダイス:5(2D6:4 1)+3+1(1D6:1) = 9 回復

【御影PL】えーと、Fなので幸福の宝石……
【御影PL】というわけで9点回復!
【サンディPL】ありがとうです〜
【愁PL】HP25/33まで戻った
【サンディPL】26/31まで回復です

【愁】「身体に力が戻る。癒しか、助かった、先生!」
【愁】「これならば!」
【御影】「さて、これで体勢は立て直せたかしら?」行動終了ー。

【愁PL】9で動く。マイナーなし、メジャーで攻撃を。

──愁のダイス:7(2D6:3 4)+15+6(2D6:2 4)+2 = 30  【命中】+プラーナ2+オートで《ヒートシフト》

【愁PL】命中30。

──GMのダイス:9(2D6:6 3)+11 = 20 回避

【GM】

──GMのダイス:5(2D6:3 2)+11+10 = 26 回避

【GM】でもダメだ
【愁PL】よし、プラーナつぎ込んだ甲斐があった。ダメージにもプラーナを2点!

【見学APろん。】こわっ。
【サンディPL】こわいですー

【愁】「ウィザードも、所詮はただの人間だ」
【愁】「だが。“フォークロア”――ただの人間の意地と心を甘くみるなよ!」

──愁のダイス:8(2D6:6 2)+36+9(2D6:5 4) = 53

【愁PL】53火物理です

【南PL】いいのはいったっ!
【サンディPL】はいりました
【御影PL】これはごっそり削れるか!?

──GMのダイス:8(2D6:3 5)+20 = 28 防御

【愁】「獅子王争覇! 一閃っ!」二刀の刃で駆け抜け様に切り裂く
【フォークロア】「お、……おのれ」

【愁PL】終わりです
【GM】かなり瀕死〜

【GM】>8:サンディ >8:サウス 
【GM】さあ。二人で合体攻撃だ!(笑)
【愁PL】愛の合体攻撃か(笑)
【サンディPL】愛!?(////)
【南PL】あははw

【南PL】サンディさんでとどめいけるかな
【サンディPL】エネルギーブースター切れですー
【サンディPL】先に南さんおねがいですよー

【南】「《魔機解放》なのである!!」

【サンディPL】箒だから魔器よりはこちらも魔機かもw

──南のダイス:6(2D6:2 4)+15+4(1D6:4) = 25  プラーナ1点
──GMのダイス:3(2D6:1 2)+12 = 15 抵抗

【GM】うわ〜 ダメだ〜

【サンディ】「いくぜ、マスターサウスッ。あの下衆野郎の存在そのものをけし飛ばしてやろうぜっ」 こちらも構えるー
【南】「合わせるのであるっ! 密具と偽密具の競演といくのである!!」

【南PL】偽物の魔剣を振りかぶり、一閃する!

──南のダイス:5(2D6:1 4)+43+3 = 51  冥魔ダメージ
──GMのダイス:4(2D6:1 3)+22 = 26 魔防

【GM】Fだし!?

【サンディPL】おや 決まったかな?
【見学銃鉄】死んだかな?

【GM】サンディもダメージ振れ。もういいから
【サンディPL】えーと お言葉に甘えて

──サンディのダイス:10(2D6:5 5)+32 = 42

【サンディPL】ふぁんぶる(涙)

【GM】(笑)
【サンディPL】22だようー
【南PL】ってあらw

──GMのダイス:2(2D6:1 1)+20 = 22 防御

【南PL】あw
【GM】そっちぴったり弾いてるなあ(笑)
【サンディPL】格好だけでした〜
【GM】でもまあ、みなみんのダメージで死亡

【見学銃鉄】さすがです、サンディw
【サンディPL】あうー(////)
【御影PL】キミらw
【見学銃鉄】GM、演出過剰w>22
【見学銃鉄】わかった! サンディの攻撃を防いだために、隙が出来たんだ!w
【見学銃鉄】だから、サウスの攻撃では避け損ねたのだ!w
【南PL】銃鉄さんの案でw
【サンディPL】えうえうー(涙)
【見学銃鉄】なんか、以前にもどこかで見たことのある終わり方w>梵と番長
【愁PL】ダイス神は粋だね(笑)

【南】「繰り返すぞ、贋作。これが――物を真似るということである」すちゃ
【フォークロア】「まさか、私がウィザードなんかに倒されるなんて!?」

【南PL】サンディの攻撃を防いだ。その隙に、魔偽・ワイパーンが胴を薙いでいた――

 ではその場に一枚の紙が残して、そのまま侵魔は消滅していく。

■ 戦闘終了 ■

【サンディ】「あばよ、噂話の出来損ない」 残った紙を宙でキャッチして月衣にぽい
【愁】「解」一文字唱えると獅子王が鎧から獣に戻る。
【南】「……痛い痛い痛い痛い痛ぁぁぁぁぁいのであるっ!? 肉とかごっそり削れたのである!」どたんばたんじたん
【御影】「ふう、何とかなりましたか。……今から皆さんに回復魔法かけますから、じっとしててください」
【サンディ】「男がこのくらいの怪我でぎゃーぎゃーわめくな。みっともねー」
【南】「我輩はインドア派なのである。普段は研究室で大人しくしてるのが生業なのであーる。御影嬢さんくすである」
【愁】「(戦闘時は)相変わらずだな、その物言いは」
【サンディ】「エミュレーターをぶったおせるならかんけーねーだろ?」 にやりと笑う
【愁】「そうだな。ともかく、勝負には勝った」

【愁PL】少女たちのところへ歩み寄って息を確かめ。

 侵魔が消滅して奪われていたプラーナがとらわれた少女達に戻り始めていく。
それと共に、月匣もとけはじめていく。


【サンディ】「てめぇは、兄貴なんだろ。なら妹分の前では、なさけねーとこ見せんな、たろ兄」
【南】「……む。その物言いは卑怯なのである」苦笑いしつつすっくと立ち上がる

 少女達は顔色も戻り始めて、健康な寝息に変わり始めている。

【南】「だがまあ、……そうであるな。最後くらいは格好をつけるとするのである」
【南】「誇れ、少年。君は家のやり方でなく、君のやり方で日常を取り戻したのである」
【愁】「別にそういうつもりはない」南から視線を外す。

【サンディ】「んじゃまー、とっとと帰るか」
【愁】「俺は各方面に連絡を入れてくる。彼女たちをお願いします」
【南】「うむ。任せておくのである。主に女性陣に」

【愁PL】上着を園山にかけ……0−Phoneを取り出す。

【御影】「うん、皆別状は無いみたいね。ちょっと衰弱してるけど、これなら後遺症もなさそう」生徒たち、さらわれた人たちの様子を一人一人見て。

【GM】では、完全に月匣がとけ、現実のとある公園に現れたところで、切りで

目次へ

■ 幕間 ■

【南PL】おつかれさまでしたー!
【GM】ごくろーさまでした〜
【南PL】よかったっ なんとかなったー
【御影PL】おつかれさまでしたー!
【サンディPL】おつかれさまですよ

【GM】むう、《ノー・リーズン》使うとカウント消費でかすぎだ!
【GM】《ヴォーテックスランス》は消せないし
【南PL】ほっ
【御影PL】《ノー・リーズン》はカウントよりもMPがw
【サンディPL】レベル差だねー
【サンディPL】通常の魔装なら消されちゃう(涙)
【GM】それに予想以上にCF出なかったなあ
【見学銃鉄】狙いすぎですw>ダイス神
【見学銃鉄】もっと出るはずだよねえ、ふつーは。>《混沌の運命》
【御影PL】平均値か6ゾロ1ゾロばっかりだったもんなあw
【サンディPL】こわかったですー
【サンディPL】そしてF10はだめです いっぱいでるです(しくしく)
【御影PL】C9はよかったが、出なくても大丈夫なところでばっかり出てたなあw
【GM】こっちで出す分、まこたんが持っていってた orz <出目10
【サンディPL】あうー(しくしく)

【見学APろん。】対抗消去魔法は難しいですねぇ。
【南PL】決まると気持ちいいのですけどね
【サンディPL】MP消費も大きいしね
【見学APろん。】2ndになって、カウントまわりが面白くなりましたよねぇ。
【サンディPL】面白くなったね
【GM】耐え切って攻撃がこっちに回ってくればひとりぐらいは生死判定いけたのになあ
【サンディPL】ルールもシンプルというか整理されましたし
【御影PL】いや、範囲魔法のダメージでC出されてたらわりと怖かったw
【見学銃鉄】あと、カウントに関係するルールやデータがずいぶんと調整されたねえ
【見学銃鉄】カウントがほいほいあがるものがほぼないのが、きびしいけど面白い
【御影PL】「ずっと俺のターン!」とかはやりにくくなりましたしねえ。
【見学銃鉄】行動ジャッジでCFなくなったのが大きいね
【見学銃鉄】その代わり、カウント進行中に入れ替わるチャンスのある魔法とかができたのはうれしい
【サンディPL】よいことですよ
【見学銃鉄】戦略の幅が広がった

【GM】では、エンディング〜
【GM】とりあえず、みなみんいこうか。アンゼ様への報告会
【南PL】報告会ですかw はーい♪
【GM】ではいきます

目次へ

■ エンディング1『守護者』 ■

シーンプレイヤー:南 太郎

 侵魔を倒したキミは事件の報告のためアンゼロット宮殿へと戻ってきていた。
紅茶を楽しんでいたアンゼロットは、上機嫌でキミの帰還を迎えてくれた。


【アンゼロット】「ご苦労でした、マスターサウス」

【南】「ふははははは! あの程度の侵魔、サンディ嬢とその仲間たちの手にかかれば赤子の手で捻るようなものなのである」

【南PL】ギターぎゅいんぎゅいん

【見学銃鉄】いやいや、今回のMVPはサウスだからw>他のメンバーを誉めてるサウス
【サンディPL】ですねーw
【御影PL】ゴーレムが瞬殺できたのは大きい。

【アンゼロット】「アレクサンドラさんだけでなく、あなたの能力と仕事についてもわたくし、全幅の信頼を置かせてもらっていますよ。性格とそのギターはともかくとして」
【南】「何をっ 我輩この性格とギターには自信があったのにっ 汚れちまった悲しみに、今日も小雪がラストサムライなのであるっ! 切腹ぅっ」ギターじゃららーん

【南PL】なんだかいつもより意識して馬鹿言っている変態A。

【アンゼロット】「うるさいので少し静かにしてください」(紐を引くとサウスの頭に金ダライが落ちる
【南】「昭和枯れススキっ!」食らって黙る

【見学銃鉄】なんかなにげにいいコンビだな、この二人w

【アンゼロット】「では静かになったところで、あなたも紅茶をひとついかがですか?」

【GM】何事もなかったかのように優雅に紅茶を勧める守護者

【南】「……アンゼロット」ふとシリアスな顔で、カップを手に取る。
【アンゼロット】「はい、なんでしょう、マスターサウス?」
【南】「妹も…… 七瀬晶も、紅茶が好きであったよ」

【南PL】そして、一息で紅茶を飲み干すと、一礼して席を立ちます。

【サンディ】「異世界に行っちゃった魔剣使いの少女でも元気ですよ。わたしみたいに」 にぱw
【サンディ】「南さんの妹さんならきっと」
【見学銃鉄】ええ子やー。>サンディ

【南】「ということでぇっ! 次の依頼までしばし我輩研究に没頭するのであるっ! アディオスっガーディアン!」

【南PL】ギターぎゅいんぎゅいんしながらうなぎのように立ち去っていく変態一人。

【アンゼロット】「ええ、また。では次の役目までのしばしの時間をごゆっくりお過ごしくださいな」

【GM】そう言って、新しく入れた紅茶に口をつけながら見送る。

目次へ

■ 幕間 ■

【サンディPL】おつかれさまです
【GM】お疲れ〜
【御影PL】おつかれさま〜
【南PL】おつかれさまでしたー

【見学銃鉄】マスターサウス、おつかれー
【見学銃鉄】今回のアンゼは控えめだな。もっとえげつない返しとかするはずなのにw
【見学銃鉄】うーむ、不意に思ったことだが。
【サンディPL】うみゅ
【見学銃鉄】サウスはどりぃーむと肩を並べるヘンタイ……げふんげふん、
ベテランウィザードになれそうな気がする(笑)
【見学銃鉄】なんか空気が似てる気がするw
【サンディPL】似てる……かなぁw
【南PL】以上!w
【サンディPL】ベテランウィザードであることは同意です〜w

【南PL】スルトの魔剣で使い捨てられたヒロインの親族というのが、みなみんの隠しネタでしたw
【見学銃鉄】ケルト神話でしたっけか
【南PL】ああアルシャードのリプレイで『スルトの魔剣』という話がありまして。
【GM】それで柊がアレなのか(笑)
【見学銃鉄】アルシャのほうでしたか。そっちは知らないのだw
【南PL】柊くんと同じ『ワイバーン』を持った女の子が、異世界に飛ばされて
戻ってこれなくなっちゃったのです。
【南PL】ちなみに、サンディさんとの出会いがしらの台詞は、その七瀬晶さんのキー台詞と同じだったり
【南PL】ご興味がありましたら『オーディンの槍』というリプレイ単行本に載ってます♪
【サンディPL】うなうなw
【見学銃鉄】それでワイバーンか
【南PL】まあ、知ってる人ネタなので単に過去になんかあった変態ウィザード、でいいんですけどねw
【サンディPL】ハードな過去を背負ったかっこいい変態ウィザードですねw
【南PL】そういっていただけると幸いです!(////
【南PL】(変態はいいのですかと
【見学APろん。】へんたーい。

【南】「ふはははは。そんなに褒めないでいただきたいのであーる!」
【サンディ】「褒めてねーだろっ」 魔剣ごん
【南】「平成魔剣アクションっ!?」ぐはっ
【サンディ】「安心しな。みねうち……ってこれ両刃剣だわ」
【南】「りゅーけーつっ?!」
【サンディ】「だいじょーぶだって。ギャグキャラがコメディシーンで死ぬことはねーから。
シリアスシーンになったら死ぬけど」

【GM】んじゃ、次は……御影センセかな?
【GM】なんか希望ある?
【御影PL】んー、生徒の元気な顔が見れればw
【GM】では、平穏な授業風景かな
【御影PL】ういういw
【GM】ではいきます

目次へ

■ エンディング2『日常』 ■

シーンプレイヤー:皐月 御影

 事件からしばらく、何事もなかったかのような日常が続いている。
行方不明になっていた生徒、泉野真理、西宮由貴、園山琴美の3人に対しても、いくらかの記憶操作が行われ、いくつかの出来事は“なかった事”になってはいるが、おおむね平穏無事なそれまでどおりの平和な日常を過ごしていた。


【真理】「先生! この間、本屋で先生に似た人見たんですけど!」

 授業中にそんな質問が出てくるのもいつもどおりだった。

【見学APろん。】ばれてる(笑)
【南】(ぴくぴく)

【御影】「えっと、どこの本屋かな?」冷や汗たらーり。
【真理】「本屋って言うか、そっち系の専門店だったんですけど」

【GM】注:秋葉原分校は文字通りあれな場所のど真ん中にある(笑)

【見学銃鉄】そっち系の本屋w
【南PL】そっち系w

【さんでぃ】「そっちってどっちだろ?」
【こなか】「きっとこっち系」(笑)
【南】「うむ。我輩もよくわからんのであるが、なんでも、山も落ちも意味もないらしい。つるぺたすとんである」
【こなか】「まちがってないけど、この場合はまちがってる」
【彩】「あんた実は意味わかっているでしょ?」
【南】「ん〜 なんのことであるかなあ〜?」

【御影PL】ちなみに、現実の地理では神田明神はそれ系のショップの多い中央通りからは離れてます。
徒歩10分ぐらい?
【GM】あ、そうなのか<神田明神
【御影PL】でも普通に歩いていける程度の距離w

【御影】「……先生、よくわかんないな」目線そらしながら
【真理】「そっか〜 そうだよねえ〜 まさか先生がBL系の同人誌売り場にいるわけないしね」
【御影】「び、びーえるけいってなにかな」片言に。

【見学銃鉄】真里、オマエもオタか(爆)>BL

 そんなふうにごまかしていると、終業を知らせるチャイムが鳴る。

【真理】「あ、せんせ〜 もう終わりだよ〜」
【御影】「っと、それじゃあ今日の授業はここまで。今日やったところはテストに出ますので、よく復習をしていてください」明らかにほっとした感じ。
【委員長】「起立っ 礼!」

 委員長の号令でいっせいに生徒達が動き出す
真理たち3人もすぐに集まって、おしゃべりを始めていた。


【御影】「ふう、やれやれ……何とか切り抜けられました……」(こっそり独り言

 何気ない冗談や笑い声が響く校舎。

【御影】「それにしても……」真理たち三人を見て思う。彼女たちが無事に帰ってきたことによる安堵は、使徒としての物だけではなく、彼女たちの教師として、でもあるのだろうか。だとしたら、私は……

目次へ

■ 幕間 ■

【御影PL】こんな感じでどうでしょ?<GM
【GM】うい
【南PL】なんだかんだでいい先生ですよね、御影せんせ♪
【サンディPL】良い先生です
【愁PL】おつおつ
【GM】乙カリー
【サンディPL】おつかれさまですよ
【南PL】おつかれさまー!

【南】「ちなみに我輩はお笑い系の方が聞きかじり知識が多いのである。
我が家はダウンタウンよりウッチャンナンチャン派なのである」
【彩】「やっぱり詳しいじゃない。っていうかむしろお笑い好きでしょ?」
【さんでぃ】「下町がどうかしたんですか?」
【こなか】「いやいや、サンディ。和訳でなくて」(笑)
【南】「うむ。だが我輩の『えすぷり』に溢れたセンスはなかなか通じないのである。
この前軌道衛星に浮かんでた戦艦で眠ってた人造人間くらいしか最近意気投合をした者がいないのである。
ロンリーハートがスローなブギにしてくれなのである」

【見学銃鉄】誰だよそれw>人造人間
【サンディPL】先ほどのアルシャードリプレイのネタですね
【見学銃鉄】なるー
【南PL】柊サーガの第4段ですので、ナイトウィザードと関係ないようでいて実は結構シリーズの一環かとです

【彩】「いや、わけわかんないし」(汗)
【さんでぃ】「えーとスミレさんでしたよねー。賑やかな人でした」
【南】「うむ! あれは創造主がいい趣味をしていたのであるな! ぜひ会いたかったのである!」
【こなか】「モッコスとかいわないよね、その人造人間」(何
【さんでぃ】「いつか会えるといいですね〜」(ほわわー)

【GM】では、PC1は最後だから、サンディね
【御影PL】おつかれさま〜
【サンディPL】はいですー
【GM】ベル様、再び降臨〜
【サンディPL】小売ー
【サンディPL】ちがう降臨ーです

【見学銃鉄】ベル様はなにを売りにきたんだ?w
【サンディPL】プロマイド?
【見学銃鉄】小銭稼ぎに来てるのかw

【GM】OPと同じ場所で待ち合わせでいいですか?
【サンディPL】いいですー
【GM】ではそれで

目次へ

■ エンディング3『ページの行方』 ■

シーンプレイヤー:アレクサンドラ=アーミテッジ

 ファー・ジ・アースに紅い月が昇る。
それは裏界の大公たる彼女が現れる予兆。
魔王たちの頂点を統べる大魔王ベール=ゼファーは、数日前と全く同じ繰り返しのように屋上を囲むフェンスの上にゆっくり腰を下ろした。


【ベール=ゼファー】「ご苦労様。それで“お願い”したページは手に入れてきてくれたのかしら?」

【サンディPL】さて選択肢が二つあります
【サンディPL】魔剣を抜いているか いないか。
【サンディPL】大きな問題です(おい)
【GM】お好きに。
【見学銃鉄】抜いてる状態で大丈夫なのか? ま、戦ってもこてんぱんにされるだけでしょうがw
【GM】ページをベルに渡す気があるかにもよるだろうなあ

【サンディ】「ページは手に入れたぜ。フォークロアとかいうふざけたやろーもきっちり滅ぼした」

【サンディPL】魔剣を手に持ち、ベール=ゼファーの視線に一歩も引かず正面に立つ。

【ベール=ゼファー】「そう、さすがはアレクサンドラ=アーミテッジ。アンゼロット直属のロンギヌスだけはあるわね」

 笑みを浮かべつつ皮肉を言う。

【サンディ】「んで、このページで何をやるんだ、てめーは?」

【サンディPL】こてんぱんにされるのもまたたのしーかなーってw
【見学銃鉄】Mだ!(爆)
【サンディPL】単にこっちの出番が無かったからだったりw

【サンディ】「ロンギヌスなんて関係ねぇ。単にオレが知りたいだけだ。んでどーすんだ、んー?」
【ベール=ゼファー】「さあ? どうしましょうか?」

【ベール=ゼファー】「そうねえ、いまのところはそのページそのものに意味は無いわ。世界を守る側と滅ぼす側がある品物を掛けて優劣を競う。つまりはゲームね」
【ベール=ゼファー】「その結果として、勝利を得た側は…………それはまだ秘密にしておきましょう」
【サンディ】「ゲームか、いいねぇ。ゲームは好きだ。特に相手がくやしがって倒れるのは見ていて気持ちがいい」 にやり

【サンディ】「なら、これは渡しておこう。代わりにそのゲームには、オレも混ぜろよ? 楽しいことを独り占めはさせねー」

【サンディPL】ページをぽいっと渡しましょう

【サンディPL】あげちゃう(ぽい)
【見学APろん。】わたしちゃったー。
【サンディPL】わたしちゃいましたー

【ベール=ゼファー】「あら、ありがと」
【サンディ】「”約束”だったからな」
【ベール=ゼファー】「ええ、素直でいい娘ね」
【サンディ】「は、勘弁してくれよ、虫唾が走る」

【ベール=ゼファー】「それじゃ、用は済んだし、帰るわ。またね、サンディ」
【サンディ】「あばよ、蠅の女王」

 軽く投げキッスを送るとそのまま身を翻す。

【サンディPL】こちらも身を翻して空に去って行きます。

 そうして空から紅い月が消え、そこに平穏で退屈な世界が戻ってきた。

目次へ

■ 幕間 ■

【GM】乙乙〜
【サンディPL】おつかれさまですー
【サンディPL】変な終わりでもうしわけないですー ありがとですw
【愁PL】おつかれー
【御影PL】おつかれさま〜

【見学銃鉄】ちぇー、バトルが見られると思ったのに(嘘)
【サンディPL】バトルみたかったのですか?(笑
【見学銃鉄】正確にはサンディがMに目覚めるとこr (+−−)=●)`ъ')・:ぐはぁ!
【見学APろん。】サンディの勇気が世界を救うと信じて……!
【サンディPL】勇気あるのかなぁ、この子。よくわかんないや。
【愁PL】それは打ちきりです(笑)<勇気
【サンディPL】うちりきです!?(ががーん)

【GM】ではラスト〜 PC1の愁くん〜
【愁PL】ok
【GM】数日後、登校したらふたたび机に手紙が入っていた。でいいかな?
【愁PL】うい、それで

【見学銃鉄】さて、ここからは逆CSTです。(何
【サンディPL】神代くんがんばれー
【御影PL】がんばれーw
【見学APろん。】ひゅーひゅー♪

【GM】では行きましょう。

目次へ

■ エンディング4『告白の行方』 ■

シーンプレイヤー:神代 愁

 その日の朝、登校してきたキミは机の中に一通の封筒が入っている事に気付いた。

デジャヴュ。


【見学銃鉄】GMは質問に答えなければならない。@デジャビュ<それは特技のほうですw
【南PL】うーむ。もう一度、デジャブ。

 予想通り、その手紙の差出人は園山琴美。数日前の差出人と同じだった。
文面もほとんど一緒。
丁寧な文字で、放課後、ひとりで屋上へ来て欲しいという旨の文章が書かれ、片隅にこの間のものとはまた違うが同じ3人の女の子達が写ったプリクラが貼り付けられていた。


【愁】「どうしたものかな」

【愁PL】呟くも、答えは決まっている。
【愁PL】放課後を待って、ひとりで屋上へ向かう。

 そんな事を考えているうちに、一日は過ぎ、放課後約束の時間になる。
屋上には予想通り、あの日と同じように緊張しきった少女がひとり、待っていた。


【琴美】「あ、あの、こんにちは。突然よびだしたりして、その、ごめんなさい。来てくれてありがとう!」
【愁】「いや、構わない。園山さんとは去年以来か」
【愁】「少し、待たせたか?」
【琴美】「いえ、ぜ、全然待ってませんから」

 答える嘘もあの時と同じで。

【琴美】「今年は神代くんとクラス別になっちゃったから……」
【愁】「嘘をつけ。肩が震えてるぞ」少し笑って、上着を押しつけるように貸す。
【琴美】「あ!? ……ありがと」

 真っ赤になってうつむきながら小声で礼を言う。

【愁】「そういうところは変わらないな」
【琴美】「!? …………」

【南】「ふぅたぁりおおおおー ゆーやみがー♪」
【南】「などと歌ってみるのである。フォークソングだけに」
【サンディ】「実はちょっと羨ましいとか? たろ兄」
【南】「我輩は偽密具(シゴト)が恋人なのであーる」ギターぎゅいんぎゅいん
【サンディ】「えーとつまりフィギュア好き?」 首かしげ
【南】「うむ。三次元(リアル)はきも……って何を言わせるであるか」
【南】「我輩そこらへんはいたってノーマルなのである。割と誰にも信じてもらえないのであるが」しょぼん
【サンディ】「落ち込まないでー 私は信じるからー」(ぽんぽんと背中を撫でる)
【こなか】「マースター、スタジオハー○アイの新作っていつできるのー? 最小変形ダイアポロン」(何
【南】「うむ。それは部品を先週送ったので、××日には……ってちっがーうのであるっ!
 アレは我輩の本職ではなーいっ!」
【こなか】「そっかー、んじゃ来月にはでるかな。いやね、親戚の子がほしがっててさー」(さらに何
【彩】「ウィザードの世界も侵食されているわね。オタク文化に」(汗)

【愁】「去年と。って話だが。さて、用事を聞こうじゃないか」

【愁PL】歩いて行って、屋上の手すり際に立つ。

 その様子をうつむきながら上目遣いで見つめる少女。

 繰り返しの日常を演じながら、キミの頭にふとこんな考えがよぎる。
もし、彼女がエミュレーターにさらわれていなければ、自分は今ほど彼女の存在を気にかけるようになっていただろうか、と。
もしかしたら、それはあの都市伝説が授けるという幸運があったからこその結果ではないか、と。


【愁】「(そして、もし俺がウィザードでなければ、か)」ふっ、と息を吐く

 そしてとうとう彼女が思い切った様子で顔を上げると口を開く。

【琴美】「わ、わたし、あなたのことが……」

【GM】さて、答えまで行くかい? それとも切るかね?
【愁PL】切りでよいですよ
【GM】OK。では結果は二人だけの秘密で(笑)

■ 『異界よりの幸運』閉幕 ■

目次へ

■ アフタープレイ ■


【南PL】おつかれさまでしたー!!
【GM】おつかれさまでした〜
【見学APろん。】おつかれさまでしたー。
【見学銃鉄】返事は詠む人の数だけある(笑)>告白
【サンディPL】おつかれさまです
【愁PL】おつかれさまでした。
【御影PL】おつかれさまでしたw
【見学銃鉄】おつかれさまです、みなさん

【愁PL】にょろん
【南PL】たのしかったー! っていうか好き勝手やりまくりましたごめんなさーいっ!!(五体投地
【GM】みなみん、おいしすぎ
【南PL】あう(//□//
【見学銃鉄】今回のMVPは全編通してみなみんですなw
【サンディPL】ですねw
【南PL】えええ Σ(//□//;三//△//)
【御影PL】うむw
【愁PL】おいしいキャラが多かったね今回(笑)
【南PL】おいしいキャラ1号がw
【サンディPL】先生も神代くんも美味しかったしねぇ

【GM】でも、ちゃんと登場判定=幸運ジャッジの仕掛けに気付いてくれてよかった
【南PL】ギミックとシナリオとの連動具合が、相変わらずMMGさんだなあと。
【GM】まあ、それを入れ替えただけでほぼ付属シナリオなわけですが(笑)
【南PL】ほほー
【サンディPL】うななw

【GM】と言うことで、感想戦&経験点配布〜
【南PL】はーい♪
【御影PL】おーw
【サンディPL】はいですー

■ 経験点配布 ■

 ▼セッションに最後まで参加した 1点

 ▼シナリオの目的を達成した 
  ・フォークロアを倒した  5点
  ・魔本のページの蒐集   2点

 ▼良いロールプレイをした    1点

 ▼他のプレーヤーを助けるような発言や行動を行った 1点

 ▼セッションの進行を助けた   1点

 ▼場所の手配提供、参加者のスケジュール調整などを行った 1点


【GM】以上、問題なければ合計12点になるわけですが
【サンディPL】あ ページ集めも経験点でしたか
【GM】ベル様経験点(笑)
【GM】アンゼ様に渡すと1点なんだが(笑)
【愁PL】えー(笑)
【御影PL】GM自重w
【サンディPL】……(ぽん) アンゼロットさんに渡すという選択肢もあったのですね
【GM】気付いてなかったのか、サンディ(笑)
【サンディPL】気が付いていませんでしたサンディ。

【ベール=ゼファー】「さて、アレクサンドラ=アーミテッジ。どうする? それを私に渡してくれるのかしら? それともアンゼロットにでも渡す?」

【GM】って、用意した台詞言う前に渡してくれたからなあ(笑)
【サンディPL】わたしちゃったです
【見学銃鉄】セリフあったんだ、やっぱり
【サンディPL】面白そうな方に渡しちゃうから結局ベルなんだろーなとは思うー 特に直ぐなにかはなさそうだし。

【GM】良いロールプレイに関してはもう言う事なしですね
【南PL】ですねえw
【御影PL】ですなw
【南PL】特に先生の一撃は破壊力が大きすぎて……
【見学銃鉄】今回の至言は間違いなくせんせいでしたw
【南PL】しばらく記憶から消えそうにありませんw
【サンディPL】あははw
【御影PL】消してー!?w

【愁PL】助けた……もまあ問題ないか
【南PL】誰が抜けてもきわきわでした。

【GM】セッションの進行を助けたも、みなさん、スムーズにロールプレイやPL相談で勧めてくれたので文句なし
【サンディPL】ういうい

【GM】参加者のスケジュール調整はこうやって日程調整あわせてくれたので貰ってください
【南PL】はいー♪
【サンディPL】お言葉に甘えてもらうですー

【GM】というわけで、12×4で48 割る3で GM経験点は16点戴きます〜
【サンディPL】はいですー
【南PL】おつかれさまでしたー!
【愁PL】おつかれーす
【愁PL】さてレベル上げとくか

■ ■ ■


【南PL】……ふう。思ったよりみなみんいけた! 登録キャラにしようかなあw
【サンディPL】ういういw
【御影PL】おつかれさまですーw
【見学銃鉄】少なくとも、こなかは喜びます。(笑)>イジれるキャラとして(爆)
【南PL】あははは。

【御影PL】御影は……こんなに同人ネタが炸裂するとは思わなかった……
【南PL】核爆発でしたねえ
【見学銃鉄】せんせーともお近づきになりたいトコロw
【サンディPL】あははw
【南PL】名前の喪失、というネタが、大人ーズは全然別ベクトルで炸裂しました。
【見学銃鉄】黒井先生よりも親しみやすそう。ただし、カミングアウトしたら、だけどw
【南PL】あはは

【サンディPL】サンディ今回お仕事ろくにして無い気がするぅ ディフェンダーむずかしいです
【愁PL】《ファイナルモード》外れたよママン(笑)
【見学銃鉄】範囲攻撃の場合、だれを守るかが悩みどころだよねえ
【見学銃鉄】かといって《ワイドカバー》は自滅しかねないし
【南PL】《ワイド》はけっこう厳しいのですよね。
【南PL】吸血鬼ディフェンダーで蘇生ができるとかだといいですが。
【見学銃鉄】吸血鬼はマジでディフェンダー向きだよね。
【サンディPL】魔剣使いの《金剛剣》、《護法剣》が一回分だときびしいなーと思う
【見学銃鉄】《受け流し》もとるとええよ。

【GM】ということで、登録キャラはレベルアップして、申請なり後でよろしくお願いします〜
【サンディPL】レベルアップ〜
【見学銃鉄】サンディはこれで最大3レベルか。
【サンディPL】そうなるのかな?
【南】「レベルアップ〜おめでとぉぉぉぉぉぉ!」でけでけでけでけ
【サンディ】「ありがとうございます〜」
【南PL】うーん。レベルアップで何とろう。
【南PL】やっぱり《マジックマスタリー》と……あとは、絶対命中スキルかなあ。
【南PL】いや、《ロックオンデバイス》という手もあるし……(ぷすぷす

【GM】それでは各自、適当に撤収よろしく〜
【御影PL】ういーw
【サンディPL】はいですー てっしゅー
【サンディPL】今日はありがとうでしたですよ
【南PL】おつかれさまでしたー!
【GM】ご苦労様でした〜
【御影PL】ありがとうございました!
【愁PL】てしゅ
【サンディPL】おやすみなさいです

目次へ

■ 読者および参加者の皆様へ ■


長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。











■ GMのひとりごと ■

  というわけで、NW2ルールブック付属シナリオ1『異界からの通信』の改変シナリオでした。

  元のシナリオはオフで鳥取の面子相手にGMをしたのですが、PLは4人全員NW2未経験
 (PC1と2はルルブ非所持)だったのに、ミドル入って2シーン目PCが全員合流した直後に
 PC1にエミュレーターに電話して居場所を聞きだす事を提案されてしまいました orz
 おかげで、そのときは情報収集含めたほとんどのシーンすっ飛ばしてフォートレスに突入されて、
 慌ててランダムダンジョンで月匣を増築したわけですが、ほとんど消耗せずに突破され、
 ボス戦はダイス目の6割ぐらいがファンブルで楽勝で倒されたりと散々でした(笑)

  ただ、都市伝説を利用する侵魔とそれを逆に利用して追い詰めるPCというモチーフそのものは、
 面白いし初心者用の導入シナリオとしてうまいと思うので、どうにかもうすこし弄って使えないかなあ
 と考えてみることに。
 特にルルブ付属シナリオなので、すでにPLもGMもやっていたり、内容を読んでいるひとたちが
 結構いるのは確実です。
 侵魔に電話をかけるだけでなく、そこでもうひとつなにかの発想が必要になるような仕掛けが
 必要だなあとルルブを読み返して見つけたのが“登場判定=幸運ジャッジ”の部分。
 クライマックス=ボスの居る月匣のシーンに登場判定難易度を設定してそれに成功する事で、
 “偶然”月匣に入ることが出来た、という展開をPCに演出させてみるのはどうだろうかという
 思いつきが頭に浮かぶ。
  多少ルール的に知識が必要で変則的な仕掛けなので、初心者には向かないシナリオになりそうだけど、
 ここの面子なら見学者も含めて誰かしら気付くだろうという読み(甘え)で実行してみることにしてみました。
  あとは、幸運を得る代償としてプラーナを差し出させるように仕向けておかないと、NPCが
 攫われる状況が作れないので、適当にその人物の存在の証明=名前という思いつきで代償を決定。
 結果、二つの思い付きをまとめて、『名前を捧げることで幸運を与えてくれるおまじない』という
 都市伝説に変更してシナリオを組み替えてみる事になりました。

■ ■ ■

  とりあえずそれで今回予告を書き換えたら、実際のシナリオ作成に入ることに。
 まずは、ミドルシーンで何度かマスターシーンをはさんで、その時高い数字設定の登場難易度を
 表示しておけば、そのうち誰かしらが気づくんじゃないかなあという予想をたててみる。
 さらに登場難易度を段々引き上げて注意を引くように仕向ければ、その辺を考えてくれるようになる
 だろうという小細工も途中で追加。
 章タイトルと一緒にこっそり表示して知らん顔しておけるので、実にオンセ向きの仕掛けだなあとか(笑)
 プラーナ突っ込んで出目がよければギリギリ届くぐらいの数字にしておけば、序盤でいきなり突入する
 とかPLが言い出す事も無いだろうし。
 と言うことで、ミドルの展開を決めた後で個別の導入とハンドアウトの作成を行う。
 前回キャンペーンのネタも仕込んであったので、PC4にそれがらみの導入を入れて、
 学校関係者ルートと組織導入入れればOK。
 ついでにラブコメ要素も追加しておこう、PC1あたりに……とか考えつつ、ハンドアウト完成。
 このあたりで日程調整を図って、PL募集を開始してみる。

  まだ細かいシーン描写が残っているけど、とりあえずボスデータの作成を先に片付ける事にする。
 基本は元のシナリオの侵魔を使う予定ではあるが、このボスは初心者用で非常に弱い
 (使ったGMの出目が悪かっただけとも言う)ので、能力値データは多少強化することに。
 あと、前回のクウ=リートもクラスが夢使いだったので、今回は変更してみる事にする。
 そして出来たのが以下のデータ。

 フォークロア
   属性:冥/虚
   クラス:魔術師  レベル:??
   戦闘値(未装備)
    命中:18  回避:11  攻撃:20  防御:20
    魔導:19  抵抗:12  魔攻:21  魔防:22
    行動値:17  移動力:4(歩行)
   特殊能力・魔法
    ★《変身能力》 タイミング:メジャー 外見を自由に変える
    ★《プラーナ吸収》 タイミング:常時 吸収したプラーナ1点につき、HP+10
    ★《プラーナ使用》 タイミング:オート 代償:HP−10
        吸収したプラーナ1点につき、ジャッジを一回振りなおし CF時は使用不可 
    《苦痛耐性》(NW2 P250)
    《空間跳躍》(NW2 P251)
    《混沌の運命》(NW2 P90) C値:10・9 F値:4・5
    《魔力拡大》3(NW2 P117)
    《ダークブレイド》(NW2 P135)
    《ディメンジョンホール》(NW2 P141)
    《ノー・リーズン》(NW2 P141)

   HP:110+[PCから吸収したプラーナ+(ミドルマスターシーン数÷3)]×10 


 マイナー:《魔力拡大》3 メジャー:《ダークブレイド》
 射程:3Sq
 代償:3カウント
 2d6+20 《ダークブレイド》魔導
 2d6+27 点 冥属性魔法ダメージ

 メジャー:《ディメンジョンホール》 C3中心に範囲(2)
 射程:2Sq 対象:範囲(2)
 代償:5カウント
 2d6+25 《ディメンジョンホール》魔導
 2d6+31 点 虚属性魔法ダメージ


  クラスを魔術師にして、魔導と防御系能力を強化。
 《クエスチョンタイム》は今回の都市伝説にはあわないので《魔力拡大》3に変更。
 《変身能力》《繰り人形》《幻惑逃走》などのミドル演出用の特殊能力は、最低限だけ残して削除。
 ただし、《空間跳躍》だけは戦闘中の緊急移動用に残しておく事に。
 ★《プラーナ吸収》と★《プラーナ使用》はバランス調整用。
 HP110じゃ下手すると1ラウンドで落ちる可能性があるので増設タンクを搭載。
 ただし、PCの火力と出目次第で事故る可能性があるのでその対応策も準備。
 あとはページの魔力と言うことで《混沌の運命》を追加してみる。
 出目次第で思いもよらない結果になる可能性が高いけれど、まあ何とかなるだろう。

  そして最後にとりまきのクリーチャーをガーゴイルからゴーレムに変更。
 どっちにしてもダメージが通りそうに無いのは変わらないが、《自爆》がある分ゴーレムの方が
 足止めとして使えるだろうという判断。

  戦闘データを組んでから、あとは残りの情報周りのシーン描写を準備していく。
 エンディングのシーンはオープニングの繰り返しで少し用意して、あとはPLからの希望と
 その時のアドリブで処理するつもりで最小限でとどめる。

  そんなこんなでシナリオの準備を進めるうちにPLも確定し、セッション日を迎える。
 直前に上がってるPCデータを確認してデータ的に問題になる(シナリオや敵データで詰みになる
 可能性のありそうな)部分は無いかどうかを検討しておくうちに開始時間が来る。

■ ■ ■


  という感じでセッションをやってみたわけですが、結構やってみるとうまくいった部分と
 PLの進行に助けられた部分があったりと非常にGMとしても楽しむ事が出来ました。
 特に戦闘は予想通りに予定外というか、こちらの想定どおりには進みませんでした。
 先に前衛がエンゲージする前に魔法でゴーレムが落ちるわ、★《プラーナ使用》でダイス振り直し
 させる前にどんどんHP削れるわ、《混沌の運命》あるのに全然CF出ないわ……

  とはいえ、セッションそのものは非常にうまく回って楽しんでもらえたようなので、
 今回はとりあえず成功ということでほっと一息。
 さて、次のシナリオはどうしましょうか(笑)