文責:MMG

CSTオンラインセッション

「 星と蛍の夜祭 SIDE S 」


■ 目次 ■

オープニング1 :巳湖『うしろの正面だぁれ?』
オープニング2 :槇『かつての住人、新たな住人』
オープニング3 :沢祭 泡禰『夕暮れの二人』
 ミドル1   :槇『盛者必衰』
 ミドル2   :沢祭 泡禰『二人のために世界はあったの?』
 ミドル3   :巳湖『用意された世界』
 ミドル4   :槇『跡』
クライマックス1:巳湖『因習と因縁の果てに』
エピローグ0 :藤原 史人『贖うもの』
エピローグ1 :沢祭 泡禰『偽りの笑顔』
エピローグ2 :巳湖『選択肢』
最後のエピローグ :槇『故郷の紅さ』


■ 開幕前 ■


【見学me_341】初シンプルですな。
【GM】では、簡易ガイダンス、参ります。
【見学SasamiT】わくわく。
【槇PL】わくわくw
【GM】時は晩秋、場所は山間の寒村『皆上村』。
【GM】そこに、とある青年が帰ってくるところから、セッションは始まります。
【GM】ちょうど村では、『12年に一度』の『大祭』の準備の最中。
【槇PL】Σ(゜口゜;
【GM】過疎に悩む村も、この時ばかりは活気に満ちるのですが……。
【GM】その青年を見て、誰もが凍りつきます。
【GM】なぜなら彼は、12年前に行方不明になった少年の面影を、濃く宿していたのです。
【見学com-pay】あれこれって?
【GM】彼の名は『藤原 史人(ふじわら ふみと)』。
【見学me_341】うわぁw
【見学SasamiT】ほぉほぉw
【GM】と言うわけで、『星と蛍の夜祭 Side-S』──紅き水面に照る月は── 開始いたします。
【見学me_341】行方不明という事はSide-Aの後かな?
【GM】えーと、今回の兄の正体は『謎』です。
【巳湖PL】あれのSideか!
【GM】いえ、全くの平行世界、って事で一つ。
【泡禰PL】ほとんど唯一の質問。
【GM】はい。
【泡禰PL】レイテッドは?
【見学ういんど】 Σ(゜□゜;
【見学ALC】Σ( ̄□ ̄;)
【GM/ゑ老朽区】私のハンドルをご覧下さい。答えはそこにあるでしょう。
【巳湖PL】了解!
【槇PL】ほぅ。
【見学me_341】あいかわらず男らしいぜ!
【泡禰PL】(遠くを見る目)
【GM】こちらからのレギュレーションは唯一つ。
【GM】村の関係者、もしくは人外であること、です。
【巳湖PL】人外でいきますw
【泡禰PL】ほむ。どっちにする?
【GM】よそから来た『人間』では、多分絡みにくいでしょうから。
【槇PL】任せな……(-ω☆)キラリ
【GM】義兄のクラス(イメージ)は、『チャネリング/過去の旅人/委員長』って感じで(かなり適当)
【泡禰PL】695さんは、人外? 村人?
【巳湖PL】チャネリングと過去の旅人が被ってるよw
【槇PL】では人外王的に人外で(w
【泡禰PL】じゃ、村人やっときますか。
【槇PL】ごめんぽー。
【泡禰PL】兄の年齢は?
【GM】兄の年齢は19歳です。
【泡禰PL】12年前も19だったの?
【GM】あ、7歳です。
【泡禰PL】ほむ。
【泡禰PL】OK
【見学me_341】行方不明になったのは、神隠しみたいな感じ?
【巳湖PL】了承。7歳ですか
【GM】12年、しかも子供から青年への成長は、なかなかわからないモノですが、
【GM】なぜか村人は『理解』してしまってます(w
【GM】行方不明の理由は、一応決めてますが、ご自由に想像していただいて結構ですよ。
【泡禰PL】はてさて、では作成バトル開始?
【GM】GMを含めてね(w
【槇PL】がんがるべ(w
【GM】うーん、兄術のバランスはどんなもんだろうか?
【巳湖PL】がんがる〜
【GM】デザイナーさーん、何か指針みたいなの、ありますか?
【泡禰PL】すき放題とっていいと思うよ。兄は確実に強くなってると思っていいけど
【泡禰PL】ダイスまでは責任取れない
【槇PL】さてどんな人外でいくかだな……
【GM】了解
【見学me_341】ディダラボッチとかw
【見学SasamiT】でかw
【槇PL】Yukiさんとかぶらんようにせんとなw
【巳湖PL】simpleは初だからどう義妹を作るべきかなあ
【巳湖PL】695氏と被らないようにか……
【見学ALC】R2D2義妹とかいたくらいだし、いいのでは(笑
【見学me_341】あれ! ゲゲゲの鬼太郎に出てきたやまびこ!
【GM】現在、ジェントルMMG召喚中(w
【見学MMG】召喚されました
【見学MMG】突発ですか?
【見学me_341】突発です。初シンプルです。
【見学MMG】ゑ炉ですか?(笑)
【見学me_341】ゑ炉ですw
【見学me_341】いや、ゑ炉になるかも、です。
【巳湖PL】ゑ炉でないの?w
【見学SIN】えろかいw
【見学ALC】レーティングが老朽区さんのハンドルですし(笑
【槇PL】ふみゅぅ。
【槇PL】下手に前の知ってるとキャラつくる時悩むもんだね(w
【見学MMG】『星蛍』ですか(^^;
【見学me_341】平行世界だそうですし、まるっきり無視でいいんじゃないですか?
【GM】ええっと、背景の雰囲気だけ同じだと思っていただけりゃ結構。
【槇PL】りょかいw
【巳湖PL】前の読んだけど、あれはよかったよw
【GM】つか、『水をはさむ相似形』の影響を強く受けてたり(苦笑
【GM】イメージは、ね
【見学me_341】田舎が舞台だと、雰囲気が出ていいっすね。
【GM】それと、今回の皆上村は、ダムの底に沈む予定は無いです。
【槇PL】ないのか(w
【GM】沈めた方が都合よければ、沈めます(w
【見学MMG】わ〜い(笑)<沈まない
【槇PL】沈めて欲しくなったらでっち上げます(w
【GM】了解(w
【見学me_341】沈まんとってぇ
【見学me_341】三人目の史にいちゃんか。
【見学MMG】そのときは私の責任じゃないということで(笑)<沈めるときは沈める
【巳湖PL】沈むのか?
【GM】『ダム』の底に沈む予定ね(w
【見学SasamiT】その(wが怖え〜w
【GM】余談ですが、皆上村の氏神様は、『九つ頭の竜神』という、非常に珍しいものだそうです(w
【見学me_341】大地に沈むとなると、また別の話にw
【見学SasamiT】怖え〜w
【見学me_341】ヤマタノ?
【見学みす太】じゃあ、お兄ちゃんはイ●スマウス面?(ぉ
【見学MMG】そんな兄ヤダ
【GM】義兄『は』違いますよ(w>インスマス面
【見学MMG】村人は?
【見学torazou】村人全員煤i ̄□ ̄;)
【GM】つか、クトゥルフはあんまし(゜ε゜)キニシナイで
【見学みす太】なるたる(w>は
【見学SasamiT】晴明紋(に似た印(w)をはりまくってなんとかせねばw
【GM】わかんない人も多いからね。
【GM】あくまでイメージ、イメージ
【槇PL】あたふたするぜー(w
【巳湖PL】クトゥルフっぽくいくの?
【巳湖PL】SANチェック?
【見学MMG】むしろデモベっぽく(笑)
【槇PL】両方よくシラネ(w
【GM】主流は、『山間の寒村で行われる、古びた祭り』なので、クトゥルフとかは気にしないで下さい
【泡禰PL】できた。
【槇PL】はや!(w
【槇PL】Yuki氏はどんなイメージの義妹でイクのんー?
【巳湖PL】神隠しを起こしてる女の子って感じかな
【槇PL】ふむりん。
【巳湖PL】とりあえず、できた〜
【槇PL】うわ。みんなはえぇl(w
【槇PL】つかおれが遅いだけか……(w
【見学みす太】百戦錬磨のジェントル達ですから(笑)
【槇PL】ひぃー。はやくつくらねばー。
【巳湖PL】百戦錬磨? ボク新米ジェントルだよ?w
【見学ういんど】ジェントルは全て百戦錬磨なのですよ……生まれた時からそう定まっているのですw
【見学みす太】なんとっ!? Σ(゜ロ゜ノ)ノ
【見学torazou】決まっていたのか(笑)
【巳湖PL】simpleは初めてだけど、特に間違ったとこはないよね?
【見学ういんど】実際、やってみると初めてなのがうそ臭いという人が多々いるよーな。
【泡禰PL】嘘つきなんです(w
【見学SIN】けど初心者は意外と戦略はやっぱし初めてw
【巳湖PL】ほら、ボクみたいな初心者は戦略もダメだめじゃん?w
【見学みす太】私、初心者。所詮ボロ負けしましたから間違いない(ぉ
【泡禰PL】てーことは、戦略下手なぼくはまだ初心者だ♪
【見学ういんど】(´-`).。oO(第1回:自身抵抗成功しつつ兄陥落。第2回:お兄様独占)
【GM】私も最初はボロ負け(w
【見学SIN】正しい戦略とっても負けるモノは負けるけどw


■ ガイダンス ■

【謎の男/GM】「……皆さんお揃いのようですね。それでは早速始めましょう。こちらが、今回のターゲッ トです」

藤原 史人(ふじわら ふみと)

年齢: 19歳
身長: 176cm
体重: 55kg

12年に一度の『大祭』の準備が行われる山間の寒村『皆上村』へと帰ってきた。
12年前に行方不明になった少年の面影を強く宿しす青年。

    《関連》   
  • 皆上村は30戸、約100人程度の過疎の村である。主要産業は稲作。

「今回、ターゲットに関する情報はほとんどありません。
 また状況も非常に特殊なものです。
 しかし、敏腕なるエージェントの皆さんならば、この困難な任務といえども必ずやなしとげて見せる事ができるはずです。

 ええ、お待たせいたしました。【紳士協定】は今ここに、因子回収の解禁を宣言いたします。
 皆様のご活躍、期待しておりますよ……」

「それでは御唱和を」

「「「地には平安を! 天には公正を! 我らには《因子》の英知を!」」」


■ 義妹PC一覧 ■

“ひとりぼっちのあやかし”
不明(兄の前では巳湖(みこ)と名乗っている)
PL: yuki氏
所属組織: シャオタン・コープ
基本クラス: チャネリング
サブクラス: 無邪気/過去の旅人
所持秘蹟: 《電撃の速攻》/《足をひっぱる》


“ミニスカツインテール稲荷(でも九尾)”
槇(まき)
PL: R695氏
所属組織: 未確認組織
基本クラス: ケモノっ娘
サブクラス: 来訪者/過去の旅人
所持秘蹟: 《リバイバル》/《あの時、私は》


“幼馴染と自己嫌悪の癒し系巨乳”
沢祭 泡禰(さわまつり あわね)
PL: raopu氏
所属組織: World Woman War 略称:3W
基本クラス: 高貴
サブクラス: ボーイッシュ/癒し系
所持秘蹟: 《偽りの微笑み》/《邪魔ですの》


なお、各PCの詳細データに関しては、別途資料を参照のこと

このセッションは、CST:simple−style−SYS Ver1.00を使用して行われたものです。


目次へ

■ 開幕前 ■


■■プレOP:藤原史人『紅い故郷』■■


さびれた単線を、数時間に一本しかない電車が去って行った。
史人はそれを見送る事も無く、荷物を背負い直した。
ここから見る景色は、12年前と何も変わっていなかった。
忌まわしいほどに……。

【史人】(やっとだ、やっと帰ってきたよ……)
【史人】(はは、何にも変わっちゃいない。本当に、なんにも)

やがて史人は、夕焼けと紅葉に彩られた村へと、足を踏み入れた……。





【GM】時間もちょうどいい塩梅。それでは、改めて始めましょうか。
【槇PL】はい。遅れてもうしわけない。
【巳湖PL】はいな。
【GM】プレOPは以上の通りです。
【泡禰PL】OK!
【槇PL】りょかい!
【GM】まず、質問等はございませんか? 突発なので、色々ありそうで(((゜д゜;)))ですが(w
【泡禰PL】なし。
【巳湖PL】たぶんなし。
【槇PL】ないとおもう。
【GM】えと、一応、こつんは恋愛防御無視で逝きます。
【槇PL】はーい。
【GM】で、兄カルマは、乱入されると、1増えます
【GM】こんなもんかな?
【巳湖PL】登場基準は10でいいんですよね?
【GM】はい。
【巳湖PL】了解でせぅ。こんなもでボクはOKです。
【GM】それでは、シーンオークションに参りましょうか。
【泡禰PL】登場値:3ですー
【GM】登場値は、各キャラ一律でしたっけ?
【巳湖PL】登場値:3ですな。
【槇PL】ふむ。
【泡禰PL】登場値を変更する秘蹟を習得してないとそうですね
【泡禰PL】では、きゅんはつかいません>オークション
【GM】では、サクッとシーンオークションをば。Let's2d6!
【巳湖PL】きゅんなしです
【槇PL】きゅんなしー。
【泡禰PL】2d6+3 = 3(1 2)+3 = 6
【巳湖PL】2d6+3 = 6(4 2)+3 = 9
【泡禰PL】やっほー(涙
【槇PL】2d6+3 = 4(1 3)+3 = 7
【槇PL】なかまーなかまー(w
【巳湖PL】なんか知らないけど勝った?
【泡禰PL】父ちゃん、今日もホームランじゃぁ
【GM】では、巳湖>槇>泡禰の順ですが……、譲ります?
【巳湖PL】一番でいいです
【槇PL】じゃあ二番で。
【泡禰PL】人間のクズらしく最後で
【GM】はいはーい、それでは巳湖たん、シーン定義をどうぞ。
【巳湖PL】シーンは……
【GM】(;´Д`)Σ クズ!?
【GM】シーンは?
【巳湖PL】プレOPの直後。
【GM】駅舎、改札の前、ぐらい?
【巳湖PL】史人の真上(空の中)から巳湖が現れるって感じで
【GM】使用妹術は?
【巳湖PL】そうですね。改札前かな。
【巳湖PL】☆combo《私の中だけだけど、〜》を使用予定
【GM】了解。
【巳湖PL】タイトルはまかせます。
【GM】では、始めましょうか。
【巳湖PL】お願いします


【見学みす太】ジェントルプレイっ!
【泡禰PL】ジェントルプレイッ
【見学me_341】ジェントルプレイ!!
【見学torazou】じぇんとる☆ぷれいっ!
【見学MMG】ジェントル☆プッレ〜イ!!
【槇PL】じぇんとるぷれーい!
【槇PL】そして1人アシ引っ張る自分……カ゛クカ゛ク。
【見学ういんど】ジェントル☆プレイっ!
【見学SasamiT】じぇんとる(☆∀☆)ぷれい〜
【巳湖PL】じぇんぷれ〜
【GM】じぇんとる・ぷれい(コソーリ
【見学ういんど】(´-`).。oO(きょうはHrM(ごほんごほん!)はあるのだろうか)
【GM】PL次第(逃げ
【巳湖PL】老朽区氏セッションだよ?
【泡禰PL】どれくらい、エロくするかだけど。個人的にはR未満くらいで(w
【GM】(;´Д`)Σ






【泡禰PL】シンプルだから、初期DPが10でふね
【GM】でつね。
【巳湖PL】よし。ルール確認もOKっと。シンプルも大差ないのね。
【GM】うん、改めて読んで、少し驚いた(w
【泡禰PL】注意点はFLの数値が違うところくらいかな
【GM】25点ね。
【泡禰PL】そこが最大かもね
【GM】戦略が変わるね。
【巳湖PL】でも、ベーシックよりLF入りやすくなってるよね
【GM】兄術の威力が上がってるしね。
【GM】あぁ、新しい因子共鳴が楽しみ〜(w
【槇PL】とうかー。
【泡禰PL】サマリーがイラスト入りだから、これを見るとわかりやすいかも
【見学SIN】ドキドキシーンおもしろいなw
【GM】よっしゃ、これで義妹揃い踏み。
【槇PL】なんか新しい狐娘つくったつもりが……く、コレといった特長がネー(苦笑)<手元のと別のを
【巳湖PL】simpleってコンボ名つけられるのが結構楽しいのぉw






【槇PL】余りの遅さと他の二人との情報量の差がハズカチぃ(w
【巳湖PL】情報……ボクもえらい少ないぞ?
【泡禰PL】ミドルは、1+追撃1。
【GM】OK
【巳湖PL】追撃はシーンPLのみと
【槇PL】(;´Д`)ハァハァ……何も考えてなイから今から脳味噌古回転だ(w
【見学SIN】人間のくずって……いつそこまでっ?
【槇PL】いつのまに(w
【見学みす太】人の屑作戦(ぉ
【巳湖PL】ソロ●ンよ、私は帰ってきた〜〜!!
【泡禰】「人間はやはりモノノケには勝てないのかなぁ……ううん、がんばれ私! ふみちゃんをとりもどすんだっ!」
【槇PL】あ。やば。コンボに描き間違い1個あった(w
【見学みす太】我々は3シーン待ったのだ!!
【巳湖】「たかだか人間に史様は渡さないもん!」
【槇PL】コンボのあのねはFL後でちた。てへ(w
【泡禰PL】てへ(w
【槇PL】(´Д`三´Д`)

目次へ

■ オープニング1:巳湖『うしろの正面だぁれ?』 ■


【GM】駅舎の影から、史人は紅い世界へと踏み出した。
【GM】メガネのレンズが、夕日を反射する。
【GM】手でひさしを作り、遠くを見やる。
【巳湖PL】しかし、何故か見上げた空が少しゆがんで見えた。
【GM/史人】「……ん?」
【巳湖PL】ゆがみは史人の上でどんどんと広がっていく。
【GM】訝しげに眉をひそめますが、特に逃げるとも、動揺する気配もありません。
【巳湖PL】ゆがみが史人の真上を包むと、空間が割れ、一人の少女が飛び出してきた。
【巳湖】「史様〜!」
【GM/史人】「……!」
【巳湖】「史様……どこにもいっちゃやだよ。史様がいくならわたくしもいくの!」
【巳湖PL】巫女装束の少女は史人に降ってきて泣き出す。
【GM/史人】(……誰だろう、この娘?)
【GM/史人】《あやかしじゃ》
【GM/史人】《あやかしじゃ》
【GM/史人】《確か、巳湖とか言う名じゃ》
【GM/史人】「……巳湖?」
【GM】確かめるように、名をぼそりと口にする。
【巳湖】「そうだよ。巳湖だよ。忘れるわけないよね?」
【巳湖PL】そういって自分の妄想に浸りはじめる。
【GM/史人】《忘れるものか》
【GM/史人】《忘れもせぬわ》
【巳湖】「だって、わたくしと史様は……切っても切れない関係ですもの」
【GM/史人】(どうやら、知り合いらしいな……)
【GM/史人】「はは、どうやらそうらしいね?」
【巳湖】「わたくし、全部史様のものですもの〜」
【巳湖PL】身体をくねくねさせて妄想に浸っている。
【GM/史人】「大げさだね、巳湖は」
【GM】史人の白い手が、巳湖の頭を撫でます。萌え攻撃
【巳湖】「おおげさなものですか。わたくしは史様のものです〜」
【巳湖PL】かまん。攻撃終ったらこっちも反撃ね。
【GM】了解。☆〈冷たいてのひら〉肉体、きゅん1#2
【GM】3d6+2 = 8(4 2 2)+2 = 10
【GM】ダメージはDP9でつ。
【巳湖PL】いただきますな。
【GM】こちらの防御は一律12なのです(w
【巳湖PL】了解。きゅん3使用で☆combo《私の中だけだけど、貴方とはとっても深いのよ!》
【GM】ほいほい〜
【巳湖PL】天与です。
【巳湖PL】5d6+4 = 19(5 4 2 5 3)+4 = 23
【GM】どう転んでも命中(w
【巳湖PL】14DP進呈w
【GM】でけぇ!(w
【巳湖PL】三連コンボだもんw
【GM】描写をどうぞ。
【巳湖】「わたくしという思い出を忘れてないなら……一緒に連れてくださいの」
【GM/史人】《よかろう》
【巳湖】「わたくし、史様と離れたくない!」
【GM/史人】《つれてゆけ》
【GM/史人】《使えるやも知れぬ》
【GM/史人】「……うん、おいで」
【GM】そして、静かに微笑む。
【巳湖】「……はい!」
【巳湖PL】泣き顔で笑って、史人の隣につきそう。
【巳湖PL】シーン切っていいでせぅ。
【GM】かくて、二つの影は、夕暮れの中に消えていった。


【見学me_341】史人は眼鏡っ漢か……。
【槇PL】Σ(゜口゜;<空から
【槇PL】Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)


















【見学me_341】……謎の声が……。すでに先客に憑かれてる?
【槇PL】怖いよ−。カ゛タカ゛タ
【見学me_341】しかも、何か色々と恨んでいるっぽいよ?
【巳湖PL】誰! あの声誰!
【槇PL】しらなーい。
【泡禰PL】きっと、ダース単位で霊をつれてきたんだよ
【槇PL】三千の英霊?
【GM】霊かよ!(w
【槇PL】だってにてるんだもんw
【見学me_341】あっちはもっと気合入れているw
【槇PL】<これだけで勝手に想像した性格が
【GM】《そうか?》
【GM】《そうなのか?》
【GM】《そのように見えるのか?》
【泡禰PL】《おおおおおお。われらに任せろっ?》
【槇PL】ただたんに繰り返して話してるのがw












【見学me_341】判定一つとっても、早いね。
【槇PL】鬼だ。この人達(w
【GM】ありがとー(w
【泡禰PL】ジンガイだもん。いやね(涙
【見学me_341】あー、この史人、最後は全部食っちゃうんだろうな……。色んな意味で。
【槇PL】はや(w

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】うむ、早い(w
【槇PL】うわー。考える余裕もねぇ−(w
【巳湖PL】早かったかな?
【GM】処理が早い。
【GM】シーン展開の時間は、Basicでも出る範囲だけどさ。
【GM】さて、次は槇たんですね。
【泡禰PL】15分だ、すごいね
【槇PL】あぃ。
【巳湖PL】うわっ早いなぁ
【GM】15分がコンスタントに出せるなら、すごいことだと思いますよ。
【槇PL】えっと。史人さんはどこに住むのん?
【GM】まずはシーン定義をどうぞ。
【GM】あ、昔の自宅です。
【GM】今は廃屋同然、かも。
【GM】誰かが手入れしてくだされば、また違いますが(w
【槇PL】りょかい。じゃあ帰ってきたらソコでごはん食べてます(w
【GM】家の状態は、どんな感じで行きましょう?
【槇PL】ドア開けて妙に小奇麗だなとおもって奥にはいったら
【槇PL】居間でちゃぶ台だしてごはん食べてる槇とバッタリという所で。
【GM】はい(w
【GM】妹術orコンボは?
【槇PL】使用妹術は☆〈耳と尻尾〉でいくぅ。
【GM】はいなー。
【GM】では最後に、タイトル案をどうぞ。
【槇PL】う。お任せる(w
【GM】では、始めましょうか?(w
【槇PL】はーいv


【見学みす太】お疲れ様〜
【泡禰PL】おつー
【槇PL】おつりん。
【巳湖PL】お疲れ〜
【見学me_341】おつかれさま
【見学torazou】お疲れ様
【巳湖PL】コンボがしっかり決まってるから、描写しやすいんだろうな、きっと。
【見学SIN】けど考えてたらベーシックでもできなくはないなぁ
【GM】コンボを考える=描写を考える
【GM】って感じで、事前に処理されてる感じだね。ルール上で。
【巳湖PL】それにしても、早過ぎた……もう少しがんばらんとな。
【見学me_341】basicでも、事前にコンボを決めておくとか?
【泡禰PL】判定手順もあると思うですよ。
【巳湖PL】妹術が1回こっきりっていうのも効いてるよねきっと。
【見学SIN】あぁ……つーか使うときに打ち込む手間が少ないだけだw
【見学me_341】うん、basicはコンボとか考えながら話進めるからねぇ。

目次へ

■ オープニング2:槇『かつての住人、新たな住人』 ■


【GM/史人】「まだ、残ってたんだ、この家」
【GM】足の向くままに歩みを進めると、そこはかつての自宅だった。
【GM】7年間住んだ我が家は、意外と綺麗に残っていた。
【GM】まるで、誰かが住み着いているように。
【GM/史人】(そんなはずはないんだけどなぁ……)
【GM】少しばかり首をひねりながら、屋内へ足を踏み入れた。
【GM/史人】《臭う》
【GM/史人】《臭うぞ》
【GM/史人】(誰かいるのか……。ま、会えば判るか)
【GM】どぞー
【槇PL】こぽこぽこぽ……居間があるはずの部屋から物音が聞こえてくる。
【槇PL】あきらかにこの襖の向こうに誰かがいる。
【GM】無造作にふすまを開ける。
【槇PL】襖を空けた史人の目に移った物は
【GM/史人】「…………」
【槇PL】ちゃぶ台で食事をとっている服とも着物とも言えない珍妙な服を着た娘だった。
【槇】「………」
【GM/史人】「……やぁ」
【槇】「えっと……客?」
【GM/史人】「……おじゃまします」
【GM/史人】「というか、君、誰?」
【槇】「とゆーかっ! 何物!? さては私の御飯様を奪いにっ!? いやそもそもなんで私が見えるゥー!?」
【GM/史人】《狐じゃ》
【GM/史人】《稲荷じゃ》
【槇PL】と茶碗ぶんぶん振りまわしながら耳と尻尾出し尻尾ばたつかせます。
【GM/史人】《小童じゃがの》
【GM/史人】「まぁ……落ち着いて」
【GM/史人】「ここ、僕の家なんだけどさ」
【GM/史人】「いや、『だった』と言うべきかな?」
【槇】「えぇい。人間風情がこのこのこのっ」と尻尾でぺしぺし叩いて威嚇。
【GM/史人】「……くすぐったいよ?」
【槇】「え……え? ココはお前のうち? ……ごめ」しゅんと〈耳と尻尾〉を下げる。
【槇PL】萌え攻撃ゴー。
【GM】来い!
【槇PL】☆〈耳と尻尾〉 キュンなしで
【GM】目標値12!
【槇PL】2d6+5 = 12(6 6)+5 = 17
【槇PL】ひゃっほーw
【GM】おー(ぱちぱち
【槇PL】ではDP8ダメを。
【GM】いただきますた
【GM/史人】「いいよ、もうずっと……12年も、家を空けてたんだから」
【GM/史人】「むしろ、帰ってきたときに、誰かがいてくれて、ホッとしたかな?」
【槇】「……スマヌ。しかし本来の主が帰って来たと言う事は出ていったほうがいいかの」」
【GM/史人】「いいよ、キミが使ってくれて。どうせ僕は、すぐに居なくなるから」萌え攻撃。
【槇PL】こいーw
【GM】☆〈うつろなやさしさ〉きゅん1 天与
【GM】3d6+2 = 10(1 5 4)+2 = 12
【槇PL】いただきまつw
【GM】DP11点なのです。
【槇PL】あぃん。
【GM/史人】「ところで、お願いがあるんだけど」
【槇】「よいのか? そうか、そうか。よし! なら一緒に御飯様を食おうぞv ……ん、なんじゃ?」
【GM/史人】「あ、うん、ご飯もだけど、今晩ここに、泊めてくれないかな?」
【槇】「いや、本来この家の主はそなたの筈。私の方が泊めてもらう様お願いするべきじゃ」
【槇】「……よいかの?」
【GM/史人】「うん。じゃぁお互いに、お願いします、だね」
【槇】「うむ。 あ、あとな……その……」
【GM/史人】「?」
【槇】「ここに居る時だけでいいのじゃが……その……」
【GM/史人】「うん」
【槇】「お兄ちゃん……と呼んでもええかのぅ……」(上目つかいでちらちら見ながら)
【GM】驚き、痛み、微笑み。
【GM/史人】「……いいよ」
【GM/史人】「でさ、ご飯にしても、いいかな? おなか空いちゃったよ」
【槇】「ほんとか。嘘は許さぬぞ」と言って抱きつき「そうじゃな。冷める前に頂いてしまおう♪」
【槇PL】そういって史人の手を引いて座らせる。
【GM】そして、つかの間の団欒が、古びた家に蘇った。








【見学me_341】やっぱ声するー
【巳湖PL】三千世界の霊連れてるんだよ……ガクブルだよ
【槇】「がーん!? ねぇ。クサイ? 私くさい?」
【泡禰】「くんくん……」
【泡禰】「ううん、平気」
【巳湖】「くんくんくん。匂わないですの」
【見学me_341】《臭い臭い! 獣の臭いだ! 獣臭いぞ!》
【巳湖PL】匂いと臭いでニュアンスが全然違うよねw
【泡禰PL】臭気ってのはどうだろう?(w
【泡禰PL】今わかったけどさ
【泡禰PL】あれか。
【巳湖】「史様も……人外ですの?」
【見学me_341】スタンド使いだよ?






【泡禰PL】今回は、俺とR695さんで、喉元に小太刀をおしつけあう戦闘か。
【巳湖PL】ボクはのほほんやらせてもらいますわ。
【泡禰PL】そうはさせない。ジンガイは敵!(w
【巳湖PL】何をう。人間は敵じゃ(w






【見学me_341】何というか、得体の知れない爺言葉があるだけで、日本の昔話風味が出ますね
【見学me_341】声は、当然アレで。
【巳湖PL】雨に濡れた体ってLF後だけど、いいのか?
【槇PL】うん。かきまちがえてる。






【見学SIN】しかし異世界と現世界の狭間を漂ってるなぁw
【槇PL】FL後なんだよネー。
【巳湖PL】異世界にひっぱりこみぞ(w
【槇PL】そして過去の旅人を一匹狼に書き変えたつもりが書き変えてなかった罠
【槇PL】あとでなおしておきまつ(w






【槇PL】結果的にraopu氏との間接的殴り愛かも知れぬ(w<今気付いた。
【泡禰PL】へへへへ。狙ったんだろう?(ギラギラした瞳で)
【見学me_341】槇→鍋 巳湖→栄養 泡禰→hrm となると見た!
【巳湖PL】栄養ってなに!?
【槇PL】霊の1人とかす。
【泡禰PL】なんだってー(w
【巳湖PL】なんだってー(AA
【槇PL】Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)
【槇PL】いきなり地雷なのか?(w
【見学me_341】痛み?
【泡禰PL】この腑抜け兄を更正させるのがミドルの仕事か……
【巳湖PL】腑抜けをさらに腑抜けさせるのがミドルの使命だな……
【泡禰PL】な、何だってー>ΩΩΩ
【見学SIN】ベクトルの方向を別に腑抜けさせるだけであ?
【巳湖PL】どっちにしろ史人って腑抜けでしょ?
【見学me_341】やつは腑抜けが定説だw

目次へ

■ 幕間 ■


【泡禰PL】おつ
【巳湖PL】おつです〜
【槇PL】ひぃ〜。こんなきゃらだったのかー(w
【GM】はーい、ではOP最後、泡禰さんですよー。
【泡禰PL】湖のほとりを走る林道で、泡禰が後ろから声をかけるとか。
【泡禰PL】秘蹟なし。タイトル希望は「夕暮れの二人」
【GM】はい、さすがに手早い(w
【GM】では、早速始めましょう。
【泡禰PL】☆combo《夕日の中で二人》希望


【GM】寄ってたかって腑抜け腑抜けと……(w
【見学me_341】腑抜けでないと?
【GM】反論の余地もない!(w
【巳湖PL】ログ読む限りは、ねぇ
【見学me_341/こまち】「なんでウチ置いてってもうたん……?」
【槇PL】く!? さすが手なれてやがる(w
【見学みす太】(w
【GM】【史人A】「ごめんよ、ごめんよ、ごめんよ……」

目次へ

■ オープニング3:沢祭 泡禰『夕暮れの二人』 ■


【泡禰PL】湖のほとりの林道はかつてこの村で林業が盛んに行われていたころのものであり、今では湖に遊びに出かける子供らの通い道になっている。
【泡禰PL】前方を歩く青年のすらりとした影、夕暮れの中にその陰が長く長く伸びている。声をかけて、彼が消えてしまうのを恐れているかのように、泡禰は近づいていった。
【泡禰】「――村の人に聞いたの。本当だったんだ。史ちゃ……史君。おかえり」
【GM/史人】「泡禰……ちゃん?」
【GM】歳月がその姿を変えてしまっていたが、彼は間違いなく『史人』だった。
【泡禰PL】おっとりとした眉のしたの瞳は、昔の印象どおり、いつも微笑んでいるように細められている。プロポーションは12年の成果がばっちりと、出すぎてしまったようでふくよかで女性らしい曲線だ。
【GM/史人】《ほぉ、沢祭か》
【泡禰】「ごぶさたぁ」(ふんわりと泡のように笑います)
【GM/史人】《沢祭りの娘か》
【GM/史人】「ごぶさた。12年ぶりだねぇ」
【GM/史人】「見違えちゃったよ。元気そうだね」
【泡禰】「うん、元気――探したんだよぅ。村の人から訊いて。見つかってよかったよぅ」と、彼の片手のひじの辺りをつかんで、腕を絡めます。
【GM】少し慌てて、そして苦笑。
【泡禰】「ん。むかしのとおりだ――さ、出発!」
【GM/史人】「こんなところを他の人に見られたら……。村八分だよ?」
【泡禰】「だいじょぶだいじょうぶ。こんなところに大人の人はもう来ないよ」
【GM/史人】「……そういう強引なところ、昔のままだね」
【GM】促されるままに、歩き始めます。
【泡禰】「(微笑んで)そうだよぉ。わたし、12年もあの秘密基地、守ってたんだから」
【GM/史人】「……!」
【泡禰PL】と、そのまま林道を外れて、小高い茂みの中、湖を見下ろす木立のほうへ
【GM/史人】「……そう、なんだ」
【泡禰】「うんしょ、うんしょ……」
【GM/史人】「…………」
【泡禰PL】木立は子供の時より小さく、おかもまた。でも、子供の日のとおりの巨木、見上げると葉っぱの重なったあたりに、板で床が作ってある。
【泡禰】「(頬を染めて)――先登ってよ」
【GM/史人】《因果よの》
【泡禰PL】スカートを押さえてもじもじ。
【GM/史人】《因縁よの》
【GM/史人】「あ、あぁ」
【GM】言って史人は上り始めます。
【泡禰PL】登ると、板数枚を打ち付けた乱暴な「秘密基地」、すぐあとからバランスを崩して悲鳴を上げながらも泡禰が登ってきます。
【泡禰】「……狭いねぇ、小さいころは広く感じたんだけどなぁ」
【GM】薄暗い闇の中、目を凝らして、確認するように見入っています>秘密基地
【GM/史人】「……そうだね」
【泡禰PL】肩をぴったりくっつけるように、泡禰が座ります。
【泡禰】(木漏れ日から斜めに差し込む茜色の夕日にそめられて)「ごめんね強引で」
【GM/史人】「……ううん、いいよ」
【GM/史人】「むしろ、昔のままで、安心した……」
【泡禰】「あのね(微笑んで)ホントのお帰りなさいは、ここで言おうって。12年前に決めてたんだよ」
【泡禰PL】攻撃
【GM】きなはれ!
【泡禰PL】☆combo《夕日の中で二人》 肉体/命:7/Dm:+7/通常 (☆甘い香り☆二人乗り☆ゆたかな髪)
【泡禰PL】二人乗りでっ!
【泡禰PL】きゅん1
【泡禰PL】3d6+7 = 15(4 5 6)+7 = 22
【GM】秘密基地にか〜(w
【泡禰PL】13DP
【GM】DP13ですね?
【GM/史人】「泡禰ちゃん……」
【泡禰】小首をかしげる
【GM/史人】「どうして、12年も待ってられたんだい?」
【GM/史人】「突然、何も言わず消えた、この僕を?」
【GM/史人】「どうして?」
【泡禰】「待つのは、簡単だよ。きっと待たせるほうが、つらいよね」目を細めて、史人の髪の間に指を差し入れます
【GM】そして向かい合ったそのとき、メガネのレンズ越しに見える史人の瞳に……
【GM】かすかな、恐怖と、狂気の色を見た気がした。萌え攻撃、なのか?
【泡禰PL】いただきます
【GM】☆〈はかない現実〉命:+3/Dm:☆+9 感情 きゅん1
【GM】3d6+3 = 9(3 3 3)+3 = 12
【泡禰PL】防御能力値: 技術9 / 感情9 / 肉体12 / 天与10
【GM】ダメージは、DP12でつね……
【GM】続き、どぞ。
【泡禰】(史人の瞳をじっと見つめて)「――おかえりなさい。『この場所』へ」そのまま頭を抱き寄せて、抱きしめます。
【GM】抱きしめられます。
【泡禰】「私の世界から史人は突然いなくなっちゃったけど、史人の世界からは私だけじゃなくて、皆いなくなっちゃったんだもん。寂しかったよね……」
【GM/史人】「寂しかったよ」
【GM/史人】「でも、みんなが居なくなった隙間は、すぐに埋められた」
【GM/史人】《我らがな》
【GM/史人】《我らでな》
【GM/史人】《我らこそな》
【GM/史人】「……『ここ』は暖かいね」
【泡禰】「……」恐怖か、それとも意固地さか。震える泡禰の腕。史人の髪の間に落ちる、熱い水の粒。
【泡禰】「――うん、史ちゃんの場所だよ」
【泡禰】「――ずっとそうだったし、これからもそうだよ」
【GM/史人】「……うん。ありがとう。ごめん。ありがとう」
【泡禰PL】OK
【GM】そうして、二つの影は、日が暮れるまで寄り添っていた。


【GM】描写をお願いします>泡禰さん






【見学me_341】早いねー
【巳湖PL】さすがraopu氏だな
【槇PL】さて、下腹に力入れて耐えるか……(w












【巳湖PL】謎の人は何でも知ってるのね
【見学me_341】なんでも知っているもの知り博士だからさ!
【槇PL】(;´Д`)ハァハァ……<すでにガードが崩れ去りつつある。
【見学みす太】(w
【巳湖PL】どうすんのよ! 勝てる気がしないぞ?
【槇PL】仕方ねぇ……禁断の技を使うぜぇ……
【見学me_341】これはまた協力な幼馴染だね……。hrmフラグ1だ。
【見学me_341】な、なにぃ!? その技は!!












【槇PL】いままでどうなるかわからなかったからやらなかったが、ここでコーヒーをのんじゃるー!
【槇PL】このR695、お酒のアルコールで酔うことないが、なぜかカフェインで酔っ払うという人間の1人!
【槇PL】みせてやるぜぇ……へへへ(w
【見学me_341】怖っ
【巳湖PL】あ〜ボクも酒で酔えないけど、コーラで酔えるからね〜コーラ買ってこようかなぁw
【見学torazou】何かヤル気だ(w
【槇PL】<どっちにしろ酔いの力に頼るのか
【見学みす太】グーグーガンモ?(w
【見学me_341】なつかしっ
【巳湖PL】ネタでなく酔えるよ。後、メンソ系のタバコでも逝けるw












【見学みす太】ほへ〜
【槇PL】…………
【見学torazou】ほー
【槇PL】ぐぼらはぁっ!?(大吐血)
【見学SIN】ビーンボールが飛んできてますw
【巳湖PL】キター!
【槇PL】…ヒ゜クヒ゜ク >┼○ バタッ
【見学SIN】こわぅっっw
【見学みす太】(−人−)
【巳湖PL】本気で勝てる気がしない……
【見学me_341】SANチェックですよ、泡禰たん!
【巳湖PL】d20振らなきゃ!












【巳湖】「寂しいわけないの! わたくしがいたのっ」
【槇PL】(o_д_)ゴロ(_Д_o)ゴロ(o_д_)ゴロ(_Д_o)ゴロ
【槇PL】だから君等なにモノじゃーw
【見学me_341】脳内人格w

目次へ

■ 幕間 ■


【泡禰PL】おつにゃ
【泡禰PL】こわいにゃー。
【巳湖PL】おつです
【槇PL】おつつん。
【GM】お疲れですた。
【GM】OP平均20分。
【GM】いい感じかも。
【GM】さて、兄DPの低い順で行くと、槇>泡禰>巳湖の順ですかな?
【槇PL】コンボ使ってないからにゃー(w
【巳湖PL】そうなるね。
【GM】では、槇たん。シーン定義をどうぞー。
【泡禰PL】どぞー
【槇PL】んー。じゃあ数日たってお昼御飯食べ終り、食後の散歩へでもぶらぶらと。
【GM】ふむふむ
【槇PL】そして槇が元々住んでた神社の跡地につくと。
【GM】荒れてる?
【GM】あ、『跡地』か。
【槇PL】ウン。住めなくなったので史人の家に転がり込んでいまちた。
【GM】はーい。では、使用妹術とか色々。どぞ。
【槇PL】では☆combo《な、な、なー!?》を。
【GM】はい(w
【GM】タイトル案はありますか?
【槇PL】秘蹟は無し(w
【槇PL】まかせまちゅ……(w
【GM】はーい。では始めましょう。


【見学みす太】お疲れ〜
【泡禰PL】おつー
【槇PL】泡禰たん、もえ〜もえ〜。<すでにツボ貫かれた人。一名。
【見学torazou】お疲れ様
【巳湖PL】泡禰たんは萌えだよ……中の人がやられてるよ
【泡禰】「――照れるかも」
【見学みす太】秘孔突かれたか(ぉ
【巳湖】「幼馴染とは……強力すぎるの……」
【泡禰PL】ごく普通の幼馴染系義妹に過ぎませんが、何か?(w
【巳湖PL】いや、raopu氏のロールによってただの幼馴染が、何か凄い幼馴染に変身ですよ?w
【見学Yakou】はじめまして おはこんばんちわ
【見学みす太】いらっしゃいまほ〜
【泡禰PL】こっちでも今晩ははじめまして
【見学torazou】いらっしゃいませ
【泡禰PL】プレイはただいま90分が経過。
【巳湖PL】おばんどす〜
【巳湖PL】お初です。現在巳湖PLのyuki_21でございます。
【見学Yakou】どうも、初めまして。夜光と申します流れの見物人です。

目次へ

■ ミドル1:槇『盛者必衰』 ■


【槇PL】とーん とーん とーん。
【槇PL】槇が史人の手を引きながら軽やかに荒れた石階段をあがっていく。
【GM/史人】「はは、そんなに急かさないで」
【槇】「っと。ほら着いたぞ。ココが昔、私が住んでいた神社だった場所じゃ」
【GM/史人】(……『だった』ね)
【GM/史人】「あぁ、ここは壊れてしまったんだね」
【GM/史人】《残骸じゃ》
【槇】「さすがにこーなってしまうと住むこともできぬからのぅ……」と寂しそうに跡地を見つめる
【GM/史人】《地脈も枯れておる》
【GM/史人】《まぁ、当然じゃろうの》
【槇】「まぁ、だからこそ……お、お兄ちゃんの家に……(小さな声で)入り込んでしまったのじゃが……」
【GM/史人】「昔はここで遊んでたんだけど……。寂しいなぁ」
【GM/史人】「うん、おかげで僕の家は綺麗になった」微笑み
【GM/史人】「槇は僕の家を守ってくれたんだね」
【槇】その微笑みに嬉しそうに狐のように目を細くして笑い「まぁ、結果的にはそうなるのぅ。感謝せいよ」
【GM/史人】「うん」
【槇】「そうか、私は史人お兄ちゃんの家を守ってたことになるのか……ふふふ」
【槇PL】嬉しそうに二つにまとめた髪を揺らしながらくるくる回る。
【GM/史人】《そうしてヒトは棲家を広げる》
【GM/史人】《ヒトならざるものを喰いものにして、棲家を広げる》
【GM/史人】「でも、自分の家がつぶれちゃって、寂しくない?」
【槇】「よし、決めたぞ」回るの止め史人の方に走って近付き両手を取って目を見つめる
【GM/史人】「村のヒトは、誰も直してくれなかったの?」
【槇】「ん? すでに忘れられていたからの。これも流れじゃろうし……それに場所がな蹴れば新しい場所を探せばよいだけじゃ」
【槇】「それよりもじゃ……史人お兄ちゃん! 私は決めたぞ♪」
【GM/史人】「なぁに?」
【槇】「今日からあの家だけでなくお兄ちゃんの護り神にもなってやるのじゃ。どうじゃ、嬉しかろ?」にぃーっと子供の様に笑う
【GM】萌え攻撃?
【槇】「私も衰えているとはいえ髪の末席に身をおいておるからの……ほれv」と言って兄になにか光る物をかけます。
【槇PL】萌え攻撃w
【槇PL】☆〈魔法or超能力〉で
【GM】ほい(w
【GM】単品?
【槇PL】うん。
【槇PL】キュン1使用で
【槇PL】3d6+3 = 16(5 6 5)+3 = 19
【GM】DP9点ですな
【槇PL】DPに9でつ。
【GM】して、光るものとは?
【GM】史人は手にとって確かめます。
【槇PL】単なるおまじないでつ。とけ込んですぐ消えまつ(w
【GM/史人】《呪力か?》
【GM/史人】《呪力の欠片か?》
【槇】「迷惑……かの?」
【GM/史人】「……ありがと」
【GM】ひざをつく状態で、槇を抱きしめます。
【槇】「……!? え、いや、あのど、どうしたのじゃ?」いきなりの事で慌てふためきます
【GM/史人】「ありがとう、でも……」
【槇】「……でも?」
【GM/史人】(これが12年前ならば、僕もこうならずに……)
【GM/史人】「ううん、なんでもない。嬉しいよ」
【槇】「そう……か?」抱きしめられたまま史人の頭を撫でる
【GM】しかし、その抱きしめる力は、狂おしいほどに強く。萌え攻撃
【槇PL】あぃーw
【GM】☆〈狂おしき過去〉/命:+2/Dm:☆+11 きゅん1 感情
【槇PL】防御は技術9 / 感情11 / 肉体10 / 天与10
【GM】3d6+2 = 6(3 2 1)+2 = 8
【槇PL】おやw
【GM】……うそん
【GM】OK,OK。気を取り直して行こうじゃないかジョニー(錯乱気味
【槇】「お、お兄ちゃん……少しばかり痛い……」軽く背中ホ゜ンホ゜ンと叩き主張
【巳湖PL】登場判定キボン
【GM/史人】「あ! ゴメン! 痛かった!?」
【GM】どぞ。目標値8
【巳湖PL】きゅんなし
【巳湖PL】2d6+3 = 8(5 3)+3 = 11
【槇PL】あ。
【巳湖PL】あ、ダメでした?
【GM】妨害、あった?
【槇PL】まぁ、いいや(w
【GM】では登場(w
【槇PL】でも次すぐ攻撃して終る予定だったからどーなるやら(w
【槇PL】こいやぁっ!(w
【GM/老朽区】「……(ニヤリ)」
【巳湖】「何を二人でやってるの〜?」
【巳湖PL】突然後ろから巳湖が声をかける。
【GM/史人】「あ、巳湖! これは……」
【巳湖】「この気配……わたくしとは違う、モノノケ?」
【巳湖PL】そう言って二人を見比べる。
【GM/史人】《あやかしか》
【GM/史人】《客人神か》
【GM/史人】《古き神か》
【槇PL】ミニスカのようなものから狐のような尻尾ふりふり。
【巳湖】「……見るまでもなく、狐なの……」
【GM/史人】「……うん。家の面倒を見てくれてた、槇」
【槇】「……そーゆーお主こそ何者じゃ」
【巳湖】「史様〜わたくし。怖いよ、狐がいるよっ」
【巳湖PL】史人に抱きつく。
【GM/史人】「怖くないよ、槇はいい子だよ?」
【槇】「狐じゃないわーっ! 稲荷じゃ稲荷!」腕ぶんぶん振りまわして主張
【巳湖】「狐は力が大きいの……怖いよぉ……」
【巳湖PL】泣きそうになりながら、しがみついて、
【巳湖PL】突然歌を歌い出す。
【巳湖】「眠れ〜眠るの〜……♪」
【GM/史人】「?」
【巳湖】「眠ってしまえ〜♪」
【GM】眠らせるんですか?
【巳湖PL】あまりに調子はずれな歌で、二人とも寝ない。
【槇PL】Σ(゜口゜;
【GM/史人】「……巳湖?」
【巳湖PL】しがみついたまま歌い続ける。
【巳湖PL】で、萌え攻撃
【GM】ほーい
【GM】目標値12
【巳湖PL】☆combo《さっさと寝ろよw》天与きゅん1
【槇】「うぅ〜……これは嫌がらせなのか?」(耳伏せて両手で塞ぎつつ)
【巳湖PL】3d6+3 = 11(4 3 4)+3 = 14
【巳湖PL】DP8ダメ
【GM】いただきまつ
【巳湖】歌を止めて「どうして寝ないの〜」
【槇】「それは無理というものじゃ。あんなに音が外れておったら……」
【GM】史人は巳湖を抱き上げて、
【巳湖】「はみゅ! 史様……こんなところで……わたくしはいいの」
【GM/史人】「えーと、ほら、そんなに怖がらなくていいから」
【巳湖PL】抱き上げられて何かを勘違いしている。
【巳湖】「あの、狐、怖いくないの?」
【巳湖】「わたくしをいぢめないの?」
【槇PL】がさっ。
【巳湖PL】槇はほぼ無視で史人に。
【GM/史人】「うん、怖くないし、いじめないよ」
【槇PL】がささっ
【GM】史人は片手で巳湖を抱き、空いた手を槇に差出し、
【巳湖】「いぢめないなら……いいの」涙を拭く。
【GM/史人】「……さぁ、帰ろうか?」
【槇】「いぢめるもなにものぅ……まだ何もしておらぬというのに」
【槇】「うむv」史人の手を取ろうと手を伸ばした瞬間
【GM/史人】「そうだね、槇は優しくていい子だから」
【GM】む?
【槇PL/野良犬】「バウッッ!」
【槇PL】突如大きな犬の吠え声が襲ってくる。
【槇】「……!? ひ、ひぃー!? いぬぅぅーーーー!?」
【巳湖】「むぅ。たかが犬、怖くないの。史様が追い払ってくれるはずなの」
【巳湖PL】抱かれて強気になっている。
【GM/史人】「巳湖、下がって」
【槇】「な、な、なー!? くるなぁー! こないでー!?」と半狂乱になり変な梵字と光を産み出し始める
【槇】「お、おにょれ〜!? お兄ちゃんを護ると決めたんだから犬の一匹や百匹などぉ〜っ!」すでに目がぐるんぐるん。でも犬と兄の間に立つ。
【槇PL】萌え攻撃。OK?
【GM】OK(w
【槇PL】では、☆combo《な、な、なー!?》を(w
【槇PL】追撃用にきゅん1 振り足しにキュン1で
【GM】目標値12
【槇PL】3d6+5 = 8(4 1 3)+5 = 13
【槇PL】Σ(゜口゜;アフ゛ナッ
【槇PL】10DPどぞv
【GM】いただきまつ
【GM】では、描写入ります。
【GM/史人】「ダメだよ」
【槇】「ふぇ?」
【GM】一言。槇の編んだ術式を、握りつぶす。
【GM】肉の焦げる、嫌なにおいが周囲に広がる。
【槇】「……。……? ……! ふへぇぇぇぇぇぇぇええっ!?」
【巳湖】「何をするの史様! それは痛いのっ」
【GM/史人】《無駄な力を使いおって》
【GM/史人】《まだ早すぎるというに》
【GM】異様な気配を察したのか、犬は文字通りしっぽを巻いて退散します。
【GM/史人】「ダメだよ。そんなことをしちゃ」
【巳湖】史人の手を触れて「史様……痛くないの?」
【槇】「……うぅ。すまぬ」尻尾がシュンと
【GM/史人】「痛いよ。でも、こんなのを犬にぶつけちゃ、きっと無事では済まないでしょ?」
【槇】「お兄ちゃん、すまぬ、すまぬのぅ……」舌でペロペロ手を舐める。
【巳湖】「確かに……でも、史様が痛いのはもっとだめなのっ」
【GM/史人】「ありがとう。僕は大丈夫だから」で萌え攻撃、OK?
【巳湖】槇に向かって「狐! だめなのっやはり狐はだめなの〜!」
【巳湖PL】攻撃、どっちに?
【GM】《優しさを見てしまう》
【GM】いやっほう!
【巳湖PL】かまんw
【槇】(しかし……お兄ちゃん。さっきの別に攻撃でもなんでもなくてただ空間移動の術だったのじゃが……優しいのぅ。)
【槇PL】かまんw
【GM】☆〈つめたいてのひら〉肉体:きゅん1 最後に、《懸命》
【GM】3d6+2+4 = 14(5 6 3)+2+4 = 20
【槇PL】Σ(゜口゜;
【巳湖PL】はい。ダメージくださいな
【GM】はい、DPに11点。
【槇PL】いただきまつ……もぎゅもぎゅ。
【巳湖】「まってて〜! わたくしクスリをもってきますのっ」
【巳湖PL】そういって異空間を開いて飛びこもうとする。
【巳湖PL】で、退場、でいいかな?
【GM/史人】「いいよ。それより二人とも、傍にいてくれないか?」
【巳湖】「いいの? クスリいらないの?」心配そうに史人を見る。
【槇】「うむ…傷痛まぬか?(ペロペロ)」
【GM/史人】「いいんだよ、痛いのは生きてる証拠」
【GM/史人】(それに、この身体は……)
【巳湖】「よくわからないの……史様、生きてるから痛いの?」
【GM/史人】「どうなんだろう。でも、もう大丈夫だから、ね」
【GM/史人】「心配してくれてありがとう」
【GM/史人】「さ、帰ろうか?」
【巳湖】「大丈夫なら……いいですの」まだ心配そうだが、とりあえず納得したように頷く。
【巳湖】「はいですの。かえりますのっ」
【槇】「そうじゃの……じゃあ家に帰るとするかの」
【GM】では、二人の背を押すように、神社跡を去ります。
【GM】最後に、痛みをはらんだ一瞥を、残骸たちに投げかけて。
【槇】「所で巳湖とやら、お主は早自分のうちに帰らんか(w」


























【泡禰PL】くそ。腹立たしいほど可愛い(w
【巳湖PL】これで勝てるのか? 巳湖では太刀打ちできねぇw
【泡禰PL】ジンガイの癖にっ! まけるもんかっ!(w
【巳湖PL】せめて……せめてニンゲンには負けないじょw
【見学me_341】志低っ!
【見学SIN】せつないなーw
























【槇PL】しまたー。計算が……w
【槇PL】コンボつかっておけばよかったかw
【泡禰PL】ふふり
【槇PL】シンプルでだとDP10からのスタートだという事忘れてた(w
【泡禰PL】データをみれば、あと4だね(w
【槇PL】け! けいさんよりきゃらゆうせんでいくぜ!w
【見学みす太】がんば〜(w
【槇PL】(なにもうらせっていなんてかんがえてないけどなw)
【見学torazou】ふぁいとー(w
【泡禰PL】それが男のいっきる〜みちー(w












【泡禰PL】早速やってまいりました!
【泡禰PL】GMダッーイスゥ!!
【泡禰PL】CST名物の炸裂ですっ!
【見学みす太】(−人−)
【槇PL】ヤァーーーーーーッ!
【GM】蓬莱ならクリティカルなのにぃ〜(涙
【見学SIN】蓬莱ネタひきづってるなーw
【泡禰PL】墓穴と巨大学園が共通点です(w






【槇PL】これでもGMの攻撃回数が増えまちた。ケ゛フん(w
【見学桜花】お疲れ様です〜
【泡禰PL】にはお>桜花さん
【巳湖PL】おばんです〜
【見学みす太】こんばんはぁ
【見学桜花】見学いいですか? 30分時間限定ですが(汗
【泡禰PL】どうぞ
【見学SIN】単位が謎w
【見学桜花】有難うございます(^^)
【泡禰PL】謎の戦いだなぁ(w
【見学SIN】30分割された時間すなわち2分間っ(AA略






【見学SIN】てか……別世界にいってますなw
【見学Yakou】物の怪大戦争ですか(・・)
【泡禰PL】割り込めませんね、人間は(w
【GM】人外大決戦(w
【槇PL】ほへ。なんかいきなり音波攻撃が来た(w
【巳湖PL】槇たんはねむんなくていいですw
【見学SIN】いやそこでベッドの上で寝かせないよと小二時間
【槇PL】今兄寝られたら困るなぁ。くそ! やっぱ妨害しておくんだったか(w












【GM】楽だ、ダイス振らないのが(w
【見学SIN】……泣きたくなる目が抵抗で出ないしねw
【槇PL】だね(w
【巳湖PL】よし。これでLP攻撃にいけるw
【見学みす太】がんば〜
【槇PL】しぱいしたーw




































【見学me_341】兄も人外だな。あらためて確認。
【見学SIN】そして人が踏み込んではいけない世界ですよ?w






【泡禰PL】……圧倒的に負けてるじゃないか、数値で。ふははははは。
【見学me_341】兄を人間界に留める事ができるか否かは…、そう! 幼馴染の泡禰たんにかかっているんだな
【見学me_341】いや、ミドル出ていないからっすよ!
【泡禰PL】出てやらねぇ。ああ、そうとも。ルール上は出たほうが有利だろうが出てやらんっ!
























【槇PL】うわ。おとこらしいw
【巳湖PL】史人のくせにw
【GM】散々な言われよう(w
【槇PL】でも、乱入面白そうなのでOKしたが予想通り痛いのきたな(w
【見学SIN】ガクガクブルブル
【槇PL】数値で勝ちを取るより流れで勝ちを手繰り寄せてやるぜ……数値なぞ(余り)気にしてやらねぇっ!(w
【泡禰PL】ここでは乱入しないので、ガンガン進めてくださいな
【槇PL】もう攻撃デキないので終わるホ゜(w
【巳湖PL】終り、かな?
【槇PL】ですな

目次へ

■ 幕間 ■


【巳湖PL】おつです〜
【槇PL】おつーw
【GM】次は泡禰たんでつね。
【泡禰PL】おや。
【泡禰PL】あいあいさ。
【泡禰PL】んではですねくはー!
【GM】くはー!
【泡禰PL】秘蹟《邪魔ですの》>狐たん
【泡禰PL】☆combo《つべこべ言わないで横になりなさい》の予定で。湖のほとりのお茶畑の影かなんかで。
【GM】槇は次シーン、登場判定にー2のペナルティが課せられます。
【GM】『影』ですかw
【泡禰PL】いや、湖を見下ろそうかと(w
【泡禰PL】お弁当持参でね、ピクニックで。
【GM】はいな(w
【槇PL】(´・ω・`)ショホ゛ーン<-2
【GM】シーンタイトルは?
【泡禰PL】タイトルは『二人のために世界はあったの?』
【GM】了解。では始めましょうか。
【泡禰PL】あい


【槇PL】うぎゃー。なんか上手く動けてねぇ−(w
【巳湖PL】それはボクも。なんとなくやりにくいな。
【見学みす太】おつ〜
【槇PL】やりにくくはないが(・∀・)イイ!!シーンが作れない(w
【GM】攻撃が1発だから、良く練らないと難しいかな?
【巳湖PL】ベーシックの二回+追撃に慣れすぎてるな。
【槇PL】もう少し犬でキ゛ャフンやりたかったが、ありゃ他の人居たらダメだった(w
【見学SIN】攻撃が一発と言うより術が一つだから?
【巳湖PL】それもあり。なんか勝手がつかめない。
【槇PL】術とかについてはこっちは別にへいきだにゃ。むしろ使いやすい(w
【巳湖PL】自分シーンでどうなるか……
【見学SIN】いくつかの術を組み合わせられるように流れを作っていくからねぃ
【巳湖PL】妹術を組み合わせて、それを萌えにするのがいいや。
【槇PL】二人のために……(;´Д`)ハァハァ

目次へ

■ ミドル2:沢祭 泡禰『二人のために世界はあったの?』 ■


【GM】背には紅い山、眼下に青い湖が見える。
【泡禰PL】秋の熱を持たない純白にさざめく光が湖面に反射して、優雅な輝きのレースを織り出す。水面を撫でる数は少し冷たいが、まずまずのお弁当日和。
【泡禰PL】湖を見下ろすお茶畑、その段々の最下段、陰に隠れるように二人はいた。
【泡禰】「お茶は、もういい?」
【GM/史人】「うん、ありがとう。今はいいよ」
【泡禰】いそいそとお弁当を片付けながら「……おなか一杯になった?」
【GM/史人】「おいしかったよ。懐かしい味だね」
【GM】満足そうに。
【泡禰】「ん(にっこり)――ぽむぽむ」
【GM/史人】「?」
【泡禰PL】横に崩した膝を、ぽむぽむと叩く。笑顔のまま。
【GM/史人】「……あ」少し赤面。
【GM/史人】「さすがに……はずかしいよ」
【泡禰PL】小首を傾げて、さらにぽむぽむする。
【GM】観念したように、のろのろと近づきます。
【泡禰】「そうそう、それでいいの。――12年分膝枕したいんだからね」
【GM/史人】「そんなに、『したい』ものなの?」
【泡禰】「もちろん。マイ耳掻きまでもってきたんだからっ」
【GM】青空をバックに、泡禰の顔を見上げて。
【GM/史人】「……やる気満々だね」
【泡禰PL】耳の位置を整えて、髪の毛をざっと手櫛でかきあげる。
【泡禰】「――肌寒い?」
【GM/史人】「ううん。平気」
【GM】でも、触れた史人の肌は、ひんやりと冷たく。
【泡禰】「――よかった。じっとしててね、史君……」
【泡禰PL】攻撃
【GM】はい(w
【泡禰PL】☆combo《つべこべ言わないで横になりなさい》 肉体/命:5/Dm:+7/通常(☆おおきなむね☆耳掃除)
【泡禰PL】きゅん2
【泡禰PL】4d6+5 = 18(3 6 4 5)+5 = 23
【泡禰PL】13DP
【GM】いただきますた
【泡禰】「――んー……(かすかな声で)史くんのこと、こうしたかったよ。ずっと」
【GM/史人】「……そうなんだ」しっかり聞こえてた様子です。
【泡禰】「――えへへへへ。執念深いんだぁあたし(照れた笑い声)……ん、反対」
【GM/史人】「ん」
【GM】ごろり
【GM/史人】「なんだか……ずっとこうしていたい気分」
【泡禰PL】史人の顔を、良い香りのする太ももと胸で挟むように、反対の耳を狙います
【泡禰】「――いいよぉ、いつでも、史君が願うだけやったげるよ。おやすい御用だよ」
【GM/史人】「でも……ちょっと刺激が強いかも」赤面
【泡禰】「――だめだめ、うごいちゃだめだよぉ」
【GM/史人】「……僕が願うだけ、か」
【GM/史人】《笑止!》
【GM/史人】《笑止!》
【泡禰】「うん(うなづく気配)」
【GM/史人】《笑止なり!》
【GM/史人】「また、いつか、ね」
【泡禰】「――うん。(何の気配? 感情の動く気配) はい、おわりっ」
【GM】そう口にした言葉はどこか寂しそうで、儚くて、今にも消えてしまいそうで。萌え攻撃。
【泡禰PL】もらいます
【GM】〈はかない現実〉命:+3/Dm:☆+9 きゅん1を込めて、感情
【GM】3d6+3 = 7(4 2 1)+3 = 10
【泡禰PL】防御能力値: 技術9 / 感情9 / 肉体12 / 天与10
【泡禰PL】もらいます
【GM】……やばっ!
【GM】14DPね。
【泡禰PL】耳のほこりを取るように、ふぅっと細い息を吹きかける
【GM/史人】「ぅひゃぁ」
【泡禰】「――わたしは大丈夫だよ」
【GM/史人】「そ、か」
【GM/史人】「泡禰ちゃんなら、大丈夫、かな?」
【泡禰】「うん(小さく微笑む)」
【GM/史人】「……家の裏山の、お稲荷さん、覚えてる?」突然に切り出す。
【泡禰】「うん」(思い出すように)「壊れちゃったところね」
【GM/史人】「うん、そこ」
【GM/史人】「一つ約束して欲しいことがあるんだ」
【泡禰】「なぁに?」
【GM/史人】「もし、この季節に蛍が飛んだら、急いでそこへ行くんだ」
【泡禰】「――」
【GM/史人】「いいね?」
【泡禰】「うん、わかった。――約束」
【GM/史人】「約束、だよ」
【泡禰PL】史人が違和感を抱くような、ちょっと凛々しい、それでいて優しい笑みを浮かべます。
【泡禰PL】追撃!
【GM】……来い!
【泡禰PL】★〈癒しの笑顔〉 技術/命:3/Dm:+1/通常
【泡禰PL】きゅん1
【泡禰PL】3d6+3 = 12(4 5 3)+3 = 15
【泡禰PL】とおれば6LP
【GM】LP6ですな
【GM/史人】《ほだされたか!》
【GM/史人】《流されたか!》
【GM/史人】《よもや忘れたか!》
【泡禰】静かに目をつぶって、その後ろには村の茶畑、遥か向こうに山の紅葉、湖に移りこむ橙と空の青。
【泡禰】「……約束するよ。何度でも」
【GM】そっと手を握り、唇が軽く触れるだけのキスを。
【GM/史人】「……ありがとう、ごめん」
【泡禰】「――ううん、うれしい。大切にするね、このくちづけを」
【GM】では、こちらの追撃を行って、切るとしましょうか?
【泡禰PL】いえっさ。こちらはOKです
【GM】では、因子共鳴《まだ諦めない》
【GM】★〈ぬくもりの思い出〉命:+4/Dm:+1:感情:きゅんが自動追加
【GM】3d6+4 = 10(6 2 2)+4 = 14
【GM】LP7点です
【泡禰PL】防御能力値: 技術9 / 感情9 / 肉体12 / 天与10
【GM/史人】「僕も、忘れないよ」
【GM】では切りましょう。


【巳湖PL】コンボも勝手に組めないから、どうも制限がかかってる感じがしてなぁ
【槇PL】ん?
【槇PL】組めるやん。最初に(w
【巳湖PL】三つ限定でしょ? ベーシックだともっと自由度があるから
【槇PL】自由度……か。
【見学SIN】最初に組んだものしか使えないしね。状況に合わせての対応が逆に出来ないかな
【泡禰PL】経験者は、コンボ制限をはずしてあげるローカルルールが提案されてて、そのほうがいいのかもね
【槇PL】そうは思わないけどなぁ。
【巳湖PL】どうも、やりにくいや。シーンも結構作りにくいかも……
【GM】決め打ちを仕掛けるか、臨機応変にその場で組むか、スタイルの違いが現れてる感じ。
【槇PL】こっちは持ってる妹術から連想してるから別にへいきぽい。
【槇PL】まずキャラでやりそうな物をコンボに
【槇PL】そしてコンボを打てるようなシーン構築
【槇PL】その際、コンボ以外のは色々融通利くものを選択して様々に対応する。
【見学SIN】決まったシーンの準備はされてるけど、乱入の準備まではされてないからかな
【巳湖PL】なんかさ、これってストーリーの決まった小説書いてるみたいで、アレなんだよな
【見学みす太】なるり
【見学torazou】なるほど
【槇PL】使い分け考えておけば平気と思う。どうせ1回使ったら終りだし(w
【見学SIN】一回使ったら終わりも含めて微妙かもなぁ
【巳湖PL】妹術1回がね。同じのでも使い分けできるし、どうもなにかひっかかってるんだわ
【槇PL】どこがひっかかってるんだろぅ……

【見学SIN】そしてマイ耳かきだし……w
【巳湖PL】きたよマイ耳かきw
【槇PL】マイ耳掻き……そしてひざまくら……(;´Д`)ハァハァ
【見学APろん。】こんばんは、見学よろしいでしょうか?
【槇PL】どじょw
【見学APろん。】では、おじゃましま〜す。
【槇PL】(;´Д`)ハァハァ……泡禰さん。儂も挟んで……(w
【見学me_341】『意味取り違えているぅー!?』
【泡禰PL】気がつくのはやいなぁ
【槇PL】なに? なににきづいたの?
【泡禰PL】シンプルのテスト(w
【見学APろん。】泡禰さん(読み方わからない風味)が「史君」って呼んでるので#7だと気づいたので、
【見学APろん。】そうじゃないかなーって思ったんです。
【槇PL】史くんで幼馴染。そしておおきなむねにみみかき……
【槇PL】穂積さんなのかっ!? 穂積さんの再来かっ!?(w
【見学me_341】元祖だ! 元祖がこられたぞ!
【槇PL】だとしたら勝てねぇ……勝てやしねぇっ!(w
【泡禰PL】アレとは別の道を行くっ! (がしん!
【見学みす太】(笑)
【槇PL】そして耳に息……(;´Д`)ハァハァ
【見学APろん。】是非、別の道をっ!
【槇PL】わかっておる。わかっておる。同じ道辿るわけでないという事は……
【見学APろん。】そして、わたしに遠慮無く萌える口実をっ(笑)
【泡禰PL】なぜなら、あのセッションのレイティングはXではなかったからなっ!!
【槇PL】ぎにゃー(w
【見学APろん。】なんだってー!
【巳湖PL】そろそろXっぽくいくか?
【槇PL】それ以前にお稲荷さんの話題がキタ━━━(゜∀゜)━━━!!(w
【槇PL】「それは私のお稲荷さんだ」
【泡禰PL】ピトッ
【GM】ふおぉぉぉぉぉぉ!
【泡禰】「なぁに?」
【巳湖PL】変態仮面だっけ?
【見学APろん。】変態仮面ですね。
【槇】(昔よくあの二人、境内で遊んでおったのぅ……)
【巳湖】「ふんっあんなところ、わたくしが何回でも壊してあげますのっ」(嘘
【槇】(そしてお稲荷さんとこで遊んでくるといって、実際はココで別な意味のお稲荷さんして遊ぶ意味だったらしいが……まったく最近の子供は……コワイコワイw)
【槇PL】なんかキーワードがいくつか出てきちゃいましたよ? アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ
【槇PL】くそ! さすがraopu氏……計算されてるぜ……く!(w<数値
【見学SIN】戦略ができてるなぁw






【見学APろん。】今、進行具合はどの辺りです?
【泡禰PL】ミドル2
【巳湖PL】ミドル2でつ
【見学APろん。】追撃きたー!






【槇PL】なんかこっちの雰囲気は「淡く深い、それでいて温かく寂しい」感じじゃのぅ。






【槇PL】いたいー。いたいーよ

目次へ

■ 幕間 ■


【巳湖PL】おつです〜
【泡禰PL】お疲れ様です。ミドルなのに30分。新鮮だ!
【GM】さてさて。お次は巳湖たんなのです。
【巳湖PL】ですね。
【GM】シーン定義をどうぞー
【巳湖PL】シーンは巳湖の世界。必ず返すという約束で一度史人を引っ張りこむです。
【巳湖PL】乱入できるように、空間のゆがみは開いているということで。
【GM】ふむふむ。
【GM】じゃ、最初の描写はお任せした方がよいですね。
【巳湖PL】秘蹟《足をひっぱる》使用
【巳湖PL】あ、そうですね。こっちでやります。
【巳湖PL】使用妹術は★combo《ずっと二人でいるのは決定なの》
【巳湖PL】タイトルは……「用意された世界」
【巳湖PL】こんな感じでお願いします。
【GM】えーと、どなたの足を引っ張りますか?
【巳湖PL】あっと、泡禰たんね。
【GM】あいさー
【GM】では、始めましょうか。
【巳湖PL】お願いします


【巳湖PL】きゅん回復しといてくだされ。
【見学APろん。】キャラのデータとか、どこかに上がってます?
【槇PL】DP1の差がでかいよ−(w
【泡禰PL】ここ
【見学APろん。】ありがとうございます。さっそくチェキですっ。
【槇PL】あ。キュン1低いホ゜。たしてくだしゃいw
【GM】足しますた
【槇PL】すみませぬ。
【GM】しまった! 《ドキドキモード》使うの忘れてた(汁
【槇PL】あやや。
【槇PL】あ。こっちも入れるの忘れでる(苦笑)

目次へ

■ ミドル3:巳湖『用意された世界』 ■


【巳湖PL】一切が何もない世界。
【巳湖PL】色彩も、感覚も、なにもない。
【巳湖PL】見渡す限り、無限の場所に、
【巳湖PL】巳湖は史人を連れてきていた。
【巳湖】「ここが、わたくしの場所、ですの」
【巳湖PL】少しだけ、寂しそうに呟く。
【GM/史人】「…………」
【巳湖】「そして、望むなら、史様の場所にもなりますの」
【GM/史人】「ずっとひとりでここに?」
【巳湖】「はいですの。ひとりでしたの」
【巳湖PL】表情を出さず頷く。
【GM/史人】「そして、僕の場所って……僕が望めば、ここに居てもいい、ってことかな?」
【巳湖】「はいですの。史様とわたくしだけの場所になりますの」
【巳湖PL】史人の言葉を聞いて、少しだけ笑顔になる。
【GM】史人は少し寂しいような、嬉しいような、そんな横顔を見せています。
【巳湖PL】彼女の笑顔はどこか暖かく見える。
【巳湖】「史様は、わたくしといることが決まっていますの」
【巳湖】「だって、わたくしが決めましたの」
【GM/史人】「巳湖……」
【巳湖】「史様?」
【GM】えー、ここで《ドキドキシーン》発動します。
【巳湖PL】はい。
【GM/史人】「ありがとう」
【巳湖】「いえですの。わたくし、史様のためだけにいるですの」
【巳湖PL】ニッコリ笑って、萌え攻撃。
【GM/史人】「でも、どうして? どうして僕のことをそこまで?」
【GM】はい、どぞ!
【巳湖PL】★combo《ずっと二人でいるのは決定なの》天与/命中+1、きゅん2
【巳湖PL】DP4上昇です。
【巳湖PL】4d6+1 = 15(6 4 1 4)+1 = 16
【巳湖PL】14LPダメ進呈。
【GM】うひょー(w
【巳湖PL】見事にいったねぇ
【GM/史人】「どうして、僕のことなんかを、そこまで……」
【巳湖】「わたくし、史様とずっと傍にいましたの……」
【GM/史人】「ずっと?」
【巳湖】「でも、史様……気付いてくれなかったですの」
【巳湖】「そうですの……ずっと、12年間ですの」
【巳湖PL】少し寂しそうに史人を見上げる。
【GM/史人】「……そうなんだ、ゴメン」本当に、申し訳無さそうな、悲しそうな顔で、《おでこをこつん》
【巳湖PL】ぎにゃっ。いただきます。
【GM】12点進呈(w
【巳湖】真っ赤になって「謝らないで、いいですの……だって、わかるわけないですの」
【GM/史人】「……わかるわけない? どうして?」
【巳湖】「でも、今はわかってくださってるから、それでいいですのっ」
【巳湖】「史様は、何も気にしなくていいですの」
【巳湖PL】そういいながら、巫女装束の腰紐をといていく。
【巳湖PL】するすると音をたてて、着物は簡単に地面?に落ちた。
【GM/史人】「巳湖……」
【巳湖】「ニンゲンの習性は知ってますの。こうするのがニンゲンの習性でしたの」
【巳湖】「だから……わたくしも、それに従いますの」
【巳湖PL】史人に抱きつく。
【GM/史人】「巳湖……!」
【巳湖PL】かなり恥ずかしそうに史人にしがみついている。
【巳湖】「わたくし、身体、変ですけど、史様にあげてもいいですの……そのかわり」
【GM/史人】「ダメだ、巳湖……離れて」
【巳湖PL】言われるままに離れる。
【巳湖PL】拒否されたと思い目に涙が浮かぶ。
【巳湖PL】で、萌え追加攻撃じゃ
【GM】史人の額には、冷や汗とも、脂汗ともつかないものが浮かんでいる。
【GM】攻撃ドゾ
【巳湖PL】★〈幼児体型〉肉体/命中+0、きゅん2
【巳湖PL】またもDP4上昇
【巳湖PL】4d6 = 14(1 6 6 1) = 14
【巳湖PL】10LP進呈
【GM】いただきますた。
【巳湖】史人の様子を見て「……ごめんなさい、ですの」小さく呟き着物をたぐりよせる。
【GM】巳湖の目の前で、史人は膝をつき、身体を折り、苦悶のうめきをあげます。
【GM/???】《ならぬ!》
【GM/???】《ならぬ!》
【GM/???】《心を許してはならぬ!》
【巳湖】「史様っ!」
【巳湖PL】慌てて駆け寄る。
【GM/???】《汝は型代》
【GM/???】《汝は楔》
【GM/???】《我等の悲願を果たすものなり!》
【巳湖】「しっかりするですのっ! 史様っ〜!」
【巳湖PL】肩を揺らして呼びかける。
【GM】駆け寄る巳湖の目の前で、史人のシャツがはじけます。
【巳湖】「はみゅ! な……何ですの」
【巳湖PL】少し後ずさる
【GM】小さな、ビー玉ほどの光のかけらが、無数に飛び交います。
【巳湖】「……何事ですの〜」
【巳湖PL】状況がわからずおろおろしている。
【GM】色はさまざまですが、いずれも酷く『歪んでいる』と感じます。
【巳湖】「これ……変ですの……わたくし、これ、知りませんの」
【GM】そして、史人の身体に浮かぶ、無数の人面。
【巳湖】「出ましたのね……?」
【GM/???】《恨めしい》
【GM/???】《妬ましい》
【GM/???】《我らを礎に、安穏と生きるものが、憎い》
【GM/史人】「巳……湖、はやく……、逃げて……」
【巳湖】「消えなさいですの! あなたたちは、ここにいてはいけませんの〜っ!」
【GM/???】《おおおおおおおおおおおおおおおおおお》
【巳湖PL】史人を助けようと駆け寄る。
【GM】漂っていただけの光の欠片が、突然動きを変えます。
【GM】まるで、巳湖に食らいつくかのように。
【巳湖】「きゃ……きゃぁぁぁっ」
【巳湖PL】突然のことに抵抗もできない。
【GM】じゃ、萌え攻撃、行きます。
【巳湖PL】はいかまん。
【GM】巳湖に怨霊が襲い掛かろうとしたとき、「ダメだ!」と史人の制止がかかります。
【GM/史人】「巳湖……早く、逃げて。みんなに、この事を、知らせて!」
【GM】★〈焦がれる未来〉命:+3/Dm:+4
【GM】カルマ1をつけて、行きます
【巳湖PL】きてくださいまし
【GM】3d6+3 = 9(1 6 2)+3 = 12
【GM】_| ̄|○ まさしく兄ダイス……
【巳湖PL】どれでも防御できませんな。ください。
【GM】あ、能力値指定してなかった、スマソ
【GM】ダメージはLP11点でつ
【巳湖PL】いただきまつ
【巳湖】「史様っ……逃げるのは史様ですのっ!」
【巳湖PL】叫んで時空の割れ目を作る。
【巳湖PL】巳湖も史人も出れるほどの割れ目を。
【GM/史人】「ダメだっ! 開いちゃいけない!」
【巳湖PL】動きが止まる。
【巳湖】「何故ですの? ……史様が……」
【GM/史人】「今開くと、こいつらまで外に出てしまう……」
【巳湖】「でも、……それでも史様をおいてはいけませんのっ!」
【巳湖PL】史人の言葉を無視して、割れ目を開け、
【巳湖PL】史人だけを割れ目の外に出す。
【巳湖PL】で、シーン切ってください。どうしようもないです。
【GM】了解、では、放り出されましょう
【巳湖PL】怨霊達は空間に残ったってことにしておいてください。
【GM】手を伸ばす史人の前で、巳湖の姿は掻き消えます。
【GM】怨霊たちを残したまま……。
【巳湖】「……これで史様は無事、ですの……」


【槇PL】とぉw
【泡禰PL】つかっとけ(w
【槇PL】こっちもかまわぬぞ(w
【GM】シーン始めちゃったしね(w
【巳湖PL】つかっとけw
【GM】ええんか? ええのんか?
【巳湖PL】いいよ。もう、勝ちは諦めてるし、そのほうが楽しそうw
【GM】わかったYO!
【巳湖PL】効果だけは教えてねw
【槇PL】まだ諦めてないZE!<一番兄のDP高いくせに何を
【GM】《ドキドキシーン》:義妹がきゅんカルマを使うたびに、自動的にDPが2上昇
【泡禰PL】いや、いまんとこ巳湖がトップ独走ですよ?(w
【巳湖PL】無問題。
【巳湖PL】トップなんてありえない。(今までので疑り深くなってる
【見学SIN】basicでも使ってみたいなぁw<どきどき
【泡禰PL】ええー(涙
【槇PL】一番勝利から遠いのは槇だよなぁ。ごろごろ(w
【泡禰PL】1の差で(w
【槇PL】其の1がでかいぜぇ(w






【GM】史人、さっきから質問してばっかだな(汗
























【泡禰PL】みこちん堕ちた〜(w
【槇PL】おちたー(w
【巳湖PL】おちたね〜w
【槇PL】そして
【槇PL】Xか……みこちんの中の人はX好きだな(w
【見学APろん。】最近はXがデフォですか?
【泡禰PL】みなさーん、X好きなエロものがいますよぉ(w
【槇PL】そーゆーわけじゃないぽ(w<デフォ
【巳湖PL】いや、妹術のロールをしたまで。やらないよw
【泡禰PL】デフォ違います、鳥取です(w
【見学APろん。】鳥取?
【泡禰PL】鳥取=特定地方の限定された常識。
【泡禰PL】そしてさっきからBGMは腐れアニソン。
【巳湖PL】BGMはキシダンだぜw
【見学SIN】卓板住人にしか通じないw<鳥取
【GM】平沢進(゜∀゜)
【見学SIN】BGMがキバヤシ?
【槇PL】松岡英明(゜д゜)ノ
【見学SIN】某カーレースアニメのサントラw
【泡禰PL】なんと『ペガサスの少女』だぜ。劇場版アニメ「アリオン」の主題歌だぜ。
【槇PL】Σ(゜口゜;
【槇PL】なんですか。あの目は。
【見学SIN】絶妙だw
【泡禰PL】なんだよー(w
【槇PL】あー。LP与えられないまま終わりそうだー(w
【槇PL】諦めるかポ(w
【泡禰PL】いや、それはどうかな……
【槇PL】(゜Д゜)…… やっぱり零だ(w
【泡禰PL】simpleにしたせいで、随分高速じゃない?
【槇PL】早いネー(w
【見学me_341】零だな。
【巳湖PL】うん。かなり早いやw
【泡禰PL】ってことは、まだ時間に余裕はあると。
【槇PL】じゃあ描写しまくるか(w
【泡禰PL】この先は、CSTを倒すためつかうぜ、泡禰はっ!(ばばーん!)
【見学SIN】早さとゲ−ム的なおもしろさは微妙か……?
【槇PL】ならばこっちはも! raopu氏とGMの中の人を殺すためにやるぜ!(w
【見学みす太】ふぁいとぉ
【泡禰PL】そしてBGMは『Push!』 ……ジリオン(涙
【泡禰PL】殺しにこいやぁ(w
【槇PL】びりびりびりぃっ! そして兄の胸に七つの星のきずが。
【見学torazou】対決だぁ(w
【泡禰PL】ほら、GMも殺る気まんまんだよ。
【見学me_341】因子型ファンネル!
【泡禰PL】いつか越えなきゃならないとは思ってたのさー。相似形やったしな。
【槇PL】違う意味でヤル気マンマンだな(w
【槇PL】……(´・ω・`)モチカチテ 状況理解できてないのボキだけ?
【GM】相似形激しくリスペクト!(w
【見学me_341】かつて因子と取り出された人たちか。
【泡禰PL】リプログ未公開ですみません(涙
【巳湖PL】なんかおもいっきり地雷踏みこんだ気がするぞ?
【泡禰PL】独走してるから、露払いをしてくれ(w
【槇PL】うむ(w
【見学me_341】CSTは義兄を落とさなくてはいけないのだが……、この史人は心を近づけるのが地雷っぽいなりよ
【槇PL】1人蚊帳の外なのじゃ。
【泡禰PL】人間も一緒なので、安心して(w
【泡禰PL】こっちもわかりません。
【槇PL】クライマックスきそうで怖いよ−(w
【巳湖PL】ごめんよ……変な状況つくっちまって……
【泡禰PL】GM、細い綱の上を疾走してるのがわかるぜ。リペクト。






【巳湖PL】GM、ここは巳湖のみが逃げるべきなのか?
【槇PL】わかんないけどリスペクトしろと俺の心が命ずるのでリスペクト(w
【見学me_341】でも、外に出たら災厄を振りまきそうだしなー。
【GM】ちょっと待ってくれ、GMも大混乱(汁
【泡禰PL】やべぇ、オラ夜が明けたら会社なのに、ワクワクしてきたぞ(w
【GM】_| ̄|○ スマヌ……
【見学APろん。】あなたの心のままに、と無責任なことを言ってみる風味。>逃げる
【泡禰PL】いや、いいのいいの。
【GM】いっそ開放しちまうか。
【泡禰PL】ここが分水嶺。伝説に届くか! 突破者になるか!
【槇PL】それを言うなら始まるの送れた原因の儂も……_| ̄|○ <ごめんなさい
【泡禰PL】なに言ってるんだよ、皆、こんなにピンチが楽しいのに(w
【見学APろん。】なにがでるかな、なにがでるかな?
【見学me_341】サイヤ人は、ぼこぼこになって強くなるんだよ!

目次へ

■ 幕間 ■


【GM】うおーん、なんかやっちまった気分!?
【巳湖PL】すみません〜シーンがいかれてたから…
【泡禰PL】あやまるなっ!
【槇PL】むしろこの展開を活かせッ!(w
【GM】うし、次のシーンは……。巳湖?
【GM】あれ?
【巳湖PL】次シーン? どうなるの?
【泡禰PL】テンションきてるぜぇー
【巳湖PL】テンションはもう、バシバシだぜ?!
【GM】さてさて、次はミドル4ですので、
【GM】シーン順番を仕切りなおしなんですが……
【泡禰PL】あいあさいさ。
【巳湖PL】はいな
【泡禰PL】シーン順番は、それこそ、GMにお任せでいいと思うよ
【巳湖PL】むしろ巳湖は出れないほうがいいし。
【GM】よし、次は槇>泡禰>巳湖の順で行かせて貰います。
【槇PL】ぅわーいw
【GM】で、LP総計が30以上になったら、次のシーンはクライマックスとする、と言うことで。
【槇PL】しかしLP叩き込んだらすぐさまクライマックスやねぇ……
【巳湖PL】巳湖はもうクライマックスまで出れない予定なのでw
【GM】これでよろしいでしょうか?
【巳湖PL】はい。OKです。
【GM】つか、乱入しない限り、事実上泡禰に回ってこないなぁ……
【泡禰PL】気にしない。
【槇PL】だねぇ……<回ってこない
【GM】……わかった! それでは、槇たん、シーン定義どうぞ。
【槇PL】おぉぅ。
【槇PL】……一発賭けに出てみるか?(w
【GM】特に無ければ、あの神社跡になります。
【泡禰PL】好きなように斬って。
【槇PL】いや、きけんだからやめ。普通に行こう。じゃあ神社跡。
【泡禰PL】その剣戟の一瞬の煌きに、CSTの真実を見ようじゃないか(w
【巳湖PL】うむ。見てみようw
【GM】感謝! では、妹術と秘跡の指定をどうぞ
【槇PL】史人の姿見えなくなってなんとなく跡に来たら……で。
【槇PL】秘蹟無しー。
【槇PL】妹術は★combo《横……いい?》などだ!(w
【GM】おけ!
【GM】それでは始めましょうか。
【槇PL】後は流れに流されよう(w
【GM】そーいやタイトル案は?
【槇PL】『跡』


【巳湖PL】ごめんよ……なんか変な展開でごめんよ……
【泡禰PL】おかえりー
【巳湖PL】おかか〜
【泡禰PL】どこから見てないです?
【槇PL】おちたーw
【見学みす太】おか〜
【槇PL】カ゛クカ゛ク……(w
【泡禰PL】いけてるぞー
【槇PL】よかたv
【槇PL】で、どうなりまちた。
【槇PL】さすがに回想シーン秘蹟は飛ばすの危険なので止める(w
【泡禰PL】そうか? いけたと思うぞ
【泡禰PL】でも、折角シーンがあるのに、もったいないか
【槇PL】いや行けるけど下手するといきなり次クライマックスじゃない?w
【槇PL】5LPでとめないとw
【泡禰PL】いや、どうころんでも、この次はクライマックスだろうしね。
【槇PL】だったらまだ泡禰たん乱入出来る可能性を残すほうにする(w
【巳湖PL】ごめんよ……叩きこみすぎたか……
【泡禰PL】いや、うーん。
【泡禰PL】どちらに白、次のシーンは、泡禰か槇だと読んでたのよ。
【泡禰PL】で、次のシーンが泡禰だったら、こちらからの攻撃はしないで、槇に流そうと思ってたから、どちらにせよ、結果はいっしょなのだ。
【巳湖PL】そうなの?
【泡禰PL】うん。
【槇PL】Σ(゜口゜;
【泡禰PL】GMと同じくらい、細い綱をわたりたい(謎
【槇PL】く! さすが団長!(w
【巳湖PL】すごいなぁraopu氏にはかなわないよほんと。
【槇PL】おなさけいただき(w
【泡禰PL】お情けじゃないよー。本気で試合うためだよう(にやー)
【巳湖PL】うわっ。raopu氏が怖い!

目次へ

■ ミドル4:槇『跡』 ■


【GM】気がつくと、史人は稲荷の社の跡に居た。
【GM】酷い眩暈と吐き気が、心身を苛む。
【槇】「気がついたか……?」すっと槇の顔が心配そうに覗きこんでくる。
【GM/史人】「……槇?」
【槇】「いったいどうしたと言うのじゃ……そんな風にまでなるとは」頬をそっと撫でる。
【GM/史人】「奴らが……僕の中に巣食っていた、奴らが……」
【GM】頬を撫でる槇の手を取って、
【槇】「……」じっと史人を見つめる。
【GM/史人】「早く逃げるんだ。ここは危ない……」
【GM】あ、「ここも」ね(汗
【槇】「……そうか危ないか。なら安全な場所にいったほうがよいかの」
【GM/史人】「……早く」言って、史人は参道の階段を下り始めます。
【槇】「では……」手を繋げたまま史人の隣りにぽふと座りもたれかかる。
【GM/史人】「槇!」
【槇PL】(がーん! たってたーwスマヌキャンセル(w)
【GM】あ、立ち上がろうとして、まだ力が入らなかった、と。
【GM】座ってる状態から再開!
【槇PL】ありがとーv
【GM】ちなみに、村の方では、かすかな光の欠片が飛び交い始めているようです。
【槇】「言ったであろう。私はお兄ちゃんを護ると」
【槇】「なら、一番安全なのは隣りでつかず離れず居ることじゃ」
【GM】史人は無言。ただ、つないだ手に、少しだけ力がこもる。
【槇】「1人だと押し潰れそうでも他の存在があれば別じゃろ……力になりたいのじゃ」俯いたまま方におでこ載せる
【槇PL】萌え攻撃-。
【GM】どぞー
【GM】目標値は12
【槇PL】★combo《横……いい?》 きゅん2
【槇PL】4d6+4 = 9(2 2 1 4)+4 = 13
【GM】通しー
【槇PL】_| ̄|○……コワ
【GM】LP11点ね
【槇PL】LP11P進呈
【GM/史人】「僕の……力に……」と、槇とつないだ手に、少しずつ力がこもります。
【槇】「それにいつまで逃げまわる気じゃ……お兄ちゃん……いや史人はそれでええのか」笑いながら握り返します
【GM/史人】「……そうだね」
【GM】弱々しくはあるものの、かすかに笑みを浮かべてみせる。
【槇】「ここで逃げたらまたあの子みたいに待たす子をつくるのか?」立ちあがり目をじっと見つめます
【GM/史人】「……行こう」
【槇】「うむ」
【GM/史人】「まだ何かできるのなら……」
【GM/史人】「槇。一緒に来てくれるかい?」で萌え攻撃
【槇PL】こいやーw
【GM】★〈焦がれる未来〉命:+3/Dm:+4 で 感情 のきゅん1!
【槇PL】防御は11じゃーw
【GM】3d6+3 =: 11(5 1 5)+3 = 14
【槇PL】いやんv
【GM】10LPじゃー(w
【槇PL】……ポv
【泡禰PL】登場していい?
【槇PL】おいでーv
【GM】どぞ、目標値8、妨害は?
【槇PL】ない(w
【GM】妨害ナシですね
【泡禰PL】きゅん1で
【泡禰PL】3d6+3 = 17(5 6 6)+3 = 20
【槇PL】Σ(゜口゜;
【GM】すげ(w
【槇PL】神(ダイス)が出ろとおっしゃてる(w
【泡禰PL】鎮守の境内に続く石段の下で待っています。時刻は黄昏で。
【GM/史人】「泡禰……」
【槇】(あの時の娘か……)
【GM/史人】「早く逃げるんだ。この上の神社跡から、裏山に抜ければ助かる」
【泡禰】「――」肩を反対側から貸して
【GM/史人】「……!」
【GM/史人】「どうして!?」
【泡禰】「もう12年? そんなのはだめですよぉ」
【槇】「聞くまでもなかろ。このトウヘンボクが」
【GM/史人】「……ふ」
【GM/史人】「かなわないや、二人とも」
【泡禰】「鎮守の狐様、高麗狐様。……山から風が吹いてきますし、きっと時間もありませんよ。宮司の家に行って、祭具をそろえましょう」
【槇】「じゃな。今度は前の轍は踏まぬ。行こうぞ、沢祭の巫女よ」
【泡禰】「はい……」と、急ぎます。
【GM/史人】「槇……泡禰……」
【槇】「ほれ。お兄ちゃんもさっさと走る。(蹴りっ)」
【GM/史人】「あ、ああ!」
【泡禰】「傷だらけ。……もう一人のこと、好きになっちゃったの?」
【泡禰PL】攻撃
【GM】どぞー
【GM】目標値12
【泡禰PL】★〈天然ボケ〉感情/命:3/Dm:+1/通常  きゅん2
【泡禰PL】4d6+3 = 21(6 5 5 5)+3 = 24
【泡禰PL】LP7
【槇PL】Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)
【GM】いただきまつ
【槇PL】出目コワイ。出目コワイ。
【GM】はじけたー(W
【GM/史人】「良くわからないけど……きっとそうだと思う」
【GM/史人】「あの時泡禰に感じた、あの暖かい気持ちになれたから」
【槇】「そうか……なら、ちゃんと頑張らねばいかんのぅ。」
【泡禰】「許してあげる。だから甘えていいんだよ。甘えられるために私はいるの」
【槇】「二人ともスマヌな。こんな事に関わる事になってしもうて」
【泡禰】「――ううん。狐様がいるからきっと……さ、急いで。あの……客人神、御崎神さまを助けなきゃ。史ちゃんの大切な人だもん」
【槇】「だがな。お主達と一緒なら……今度こそ上手くいきそうな気がするのじゃ。」
【GM/史人】「この村の背負う罪の連鎖、僕たちで断ち切ろう……」
【槇】「そうじゃな。急ぐとするか。史人も泡禰もあの娘も私の命に代えてもまたいつもの日々に戻してみせようぞ」
【槇PL】萌え攻撃追撃。
【GM】にょー
【槇PL】追撃キュン1
【GM】いただきまつ
【槇PL】★combo《ごめんね。》 感情/命:5/Dm:+3/通常(★無私の優しさ★無条件の信頼) でキュン1
【槇PL】3d6+5 = 11(2 5 4)+5 = 16
【GM】8LPですな
【槇PL】うぃ。
【GM/史人】「命に代えちゃダメなんだ。それじゃ、今までと一緒なんだ」
【GM/史人】「だから、みんなで生き残ろう、必ず」とか言いながら、攻撃対象は泡禰だったり(w
【GM】萌え攻撃いきますよ?>泡禰
【泡禰PL】あい
【GM】★〈生きて!〉命:+1/Dm:+4:感情 :きゅん1
【泡禰PL】防御能力値: 技術9 / 感情9 / 肉体12 / 天与10
【GM】3d6+1 = 9(1 6 2)+1 = 10
【GM】LP11点でつ
【泡禰PL】絶妙にすりぬけて1だしますね、ふみちゃん……
【GM】変なところのダイス運はいい……のかなぁ?
【槇PL】さぁ?w
【GM】では、締めに向かいますか。
【槇PL】うむw
【泡禰PL】はい。
【GM】そして3人の人影は、夕闇だけではない、濃厚な闇に沈む村へと、消えていった……。














【見学me_341】今回の史人は成長した?
【泡禰PL】しててくれないと、困る。
【巳湖PL】成長、してるっぽいけどね
【見学me_341】というか、ヒーローっぽいですよ? 自分をかばって仲間が死(んでません)にイベントを通して成長って。












【槇PL】やばいー。今回組織さがないな(w
【巳湖PL】組織って何だっけw?
【泡禰PL】ふふり。おいらは3wさ
【槇PL】一応組織考えてたがFLってるので微妙な台詞回しをしてみる(w
【巳湖PL】シャオタンだったはずなんだけどw












【見学me_341】……そうだったの!? いつの間にそんな設定が!?
【巳湖PL】きっとでっちあげだよw
【見学me_341】いやー、驚きだw呼吸良すぎ!
【GM】うむ、ブラボー!
【見学APろん。】でっちあげだなんて、アドリブの妙といいましょう(笑)
【巳湖PL】すごいよね〜ボクじゃこうはいかないよ
【見学me_341】話振られても、混乱して答えられないよ……。
【槇PL】基本設定が空白だからな! 貴方色に染めてvだっ!(w






【巳湖PL】凄い出目だのぉ
【泡禰PL】おいらは乱入キャラだから、いまの攻撃で終わりだ。
【巳湖PL】て、展開が……凄いことになってるぞ






【泡禰PL】GMから攻撃イッパツもらって、かな。退場
【槇PL】だねー。一発もらって
【泡禰PL】展開引っ掻き回しちゃいましたかね。なるべくGMの綱は踏まないように踊ってみたよ♪
【槇PL】……なんかやらしいな(w<一発もらって退場
【泡禰PL】やらしいともっ。だってXだし(w
【槇PL】そうかなるほど!
【泡禰PL】って、観客席がやらしくてどうするっ!(のりつっこみ
【槇PL】きっと祭具とかもいやらしい道具でいやらしいことする儀式でないとだめなんだ!(w
【見学みす太】そうなのかっ!? Σ(゜ロ゜ノ)ノ
【巳湖PL】うぃんうぃん動くんだろ〜なぁ
【見学me_341】【偽泡禰】「さあ、史ちゃん! その祭具で私を!」
【見学APろん。】Vシネマ風味?(苦笑)
【泡禰PL】やーめーてー(w

目次へ

■ 幕間 ■


【泡禰PL】お疲れ様でした。
【巳湖PL】お疲れ様です
【槇PL】おつかれさまーv
【泡禰PL】暴走してしまいまひた(w
【GM】ふいー助かりましたー(感謝
【槇PL】それにのっかりまちた(w
【泡禰PL】ふたりで大暴れでちたv
【巳湖PL】クライマックスどうなるか……全然わからん
【GM】さて、次はクライマックスです。
【泡禰PL】はい!
【GM】兄のDPが低い順ですので、巳湖たんからになりますね。
【巳湖PL】了解しました。
【GM】それでは、シーン定義をどうぞ。
【巳湖PL】シーンは宮司の家。
【巳湖PL】定義上、乱入判定はいりません。
【GM】自動で登場?
【巳湖PL】祭具をとりにきたところで巳湖が落ちてきますから。
【GM】ほーい。
【巳湖PL】自動で。まあ、出たくなかったら出なくてもいいですが
【泡禰PL】出させていただきますっ(涙
【槇PL】だーさーせーてー(w
【GM】使用妹術は?
【巳湖PL】秘蹟なし、妹術? 使わないよ。タイトルもまかせます。
【GM】んじゃ、始めましょうか?
【巳湖PL】はい。お願いします。


【泡禰PL】おや。
【GM】どしたん?
【巳湖PL】どうされました?
【泡禰PL】いや、ちと(w
【泡禰PL】なんでもないでふよ。
【槇PL】気になるポ(w
【槇PL】なんだか抵抗成功しちまいそうな目だなぁ(w
【泡禰PL】こっちは逆に抵抗されそうな目なんだよ(w
【槇PL】逆ならキャラ的に面白いのに(w

目次へ

■ クライマックス1:巳湖『因習と因縁の果てに』 ■


【GM】宮司の家にたどり着いた頃には、すでに周囲は闇に閉ざされていた
【GM】その中で、ただ妖しく、季節外れの蛍だけが飛び交う……
【GM】どぞ
【巳湖PL】その時、小さく空間の歪みが発生した。
【GM/史人】「これは──」
【巳湖PL】史人達の真上で、ゆっくりと歪みが避け、
【巳湖PL】ボトッと何かが落ちてくる。
【GM】抱きとめます。
【巳湖PL】それはボロボロになり、完全に気を失っている巳湖だった。
【GM/史人】「巳湖……こんなになるまで……ゴメン」
【巳湖PL】落ちた衝撃でか、巳湖がゆっくりと目をあける。
【巳湖】「ぅぅ……ここは、どこ、ですの」
【GM/史人】「村の中、宮司の家だよ」
【巳湖】「ぇ……」驚いたように目を見張る。
【巳湖PL】彼女自身の予定ではもっと違うところに出るはずだったからだ。
【巳湖】「それで……あの、どうしてわたくし、その、抱かれてますの……?」
【GM/史人】「細かいことはいいから」
【GM/史人】「よく頑張ったね」
【巳湖】コクンと頷いて「怖かったですの……」
【巳湖PL】史人にしがみつく。
【泡禰PL】泡禰はその間、準備を進めていたようです。宮司の家の無人の保管所の、古い錠前を壊すと、中から葛篭(つづら)をいくつも出してきます。
【泡禰】「――えー、こほんこほん」
【GM/史人】「それは……」
【槇】「……あ−。そこの二人感動の再会は後にしてこっちを手伝うのじゃ。」
【巳湖】「はにゅ……に、ニンゲン……いたのですの、狐も……」
【GM/史人】「それで、何をすればいい?」
【GM】巳湖を抱きかかえたまま(w
【巳湖PL】抱かれたまま、ぎゅっとしがみついている。
【泡禰】「――真相は史くんが説明してくれるとして……もう逃げるのはイヤです」
【泡禰PL】箱から手際よく祭具を手渡します。巳湖には勾玉、槇には鏡、自分には剣。
【槇】「そういうオヌシはナニモノじゃと言うのじゃ。まぁいいわ。ともかくこっちの円の中に入りぃ」
【GM/史人】「真相……か」
【巳湖】「玉(マガ)ですの……?」泡禰から渡されたものを見つめる。
【泡禰PL】巫女の着る純白の神衣をワンピースの肩の上から羽織のようにかけると、髪だけを雪白と紅の紙帯でくくって、法円にはいります。
【巳湖PL】言われた通りにするため、史人から離れようとする。
【巳湖】「ふみゅぅ……」しかし、あまりの傷で自分で歩けそうにない。
【槇PL】鏡を抱えもち、二つにまとめた髪をばらっとほどき表情が数段大人びる。
【GM】支えます。
【GM/史人】「無理はしないで」
【巳湖PL】史人に頷いて、支えられながら方陣に入る。
【GM】最後に、史人が円の中に入ります。
【巳湖】「これが、終れば……」
【巳湖】「……わたくしも……」
【巳湖PL】皆には聞こえないように呟く。
【泡禰PL】えーっと、割り込んでいい?
【巳湖PL】割りこんでくださいな。
【GM】おう
【泡禰PL】自主的に抵抗判定をしたいのだけど
【泡禰PL】いいかにゃ?
【GM】にゅる?
【槇PL】なんだってー(w
【巳湖PL】どういうことでせぅ?
【泡禰PL】いや、裏切るかどうか、この段階で決心したいなぁと。ほら、3Wだし。
【GM】OK、どぞー
【泡禰PL】2d6 = 11(6 5) = 11
【GM】耐えた〜(w
【泡禰PL】いいせんはいってたのよね(w) 高い忠誠度だ
【巳湖PL】耐えよったw
【泡禰PL】いや、目標は12.失敗。
【泡禰PL】裏切ったよ
【巳湖PL】抵抗値減らないの?
【槇PL】むしろ忠誠は私か(w
【槇PL】減るのは兄だ(w
【GM】……あそっか
【巳湖PL】そうなのか
【泡禰】「――避けられない運命なんて大嫌いです」(温かいいつもの笑顔で、そっと巳湖の肩に触れます)
【槇PL】よぉし。槇さんも先に抵抗判定してもイイカナイイカナ?
【GM】いけいけー(w
【泡禰PL】あなたは抵抗しそう(w
【槇PL】でも抵抗しそうなんだよなぁ……6だし(w
【槇PL】2d6 = 11(5 6) = 11
【GM】目標値6だもんね。
【槇PL】バッチリじゃー(w
【GM】高っ!
【巳湖】「――運命は決めるものですの……ね」泡禰に向かって。
【泡禰PL】忠誠度たかすぎ(w
【槇PL】出目は同じのはずだ(w
【巳湖PL】お持ち帰りか?
【GM/史人】「どうした、槇。顔色が悪いよ?」
【泡禰PL】いや、兄側はロールしてないし、第一告白してない。
【巳湖PL】いや、これから告白予定
【槇】「なんでもない。気にするな」
【巳湖】「史様……?」
【GM/史人】「……なに?」
【巳湖】「わたくし、こんな状況ですのに……」
【巳湖】「ううん、こんな時だかこそ、いいたいことありますの……」
【GM/史人】「うん、なんだい?」
【GM】続く槇の言葉を待っています。
【巳湖】「史様……お約束してほしいですの……わたくしと、ずっと一緒って……」
【泡禰】(温かいいつもの笑顔のまま、立ち上がって外を見つめます)
【巳湖】「わたくし、ニンゲンならざるモノです……でも史様を好きなのですの……」
【GM】答えは抵抗判定の後、で。
【巳湖PL】そう言って、きゅっと抱きつく。
【巳湖PL】了解。
【GM/史人】「巳湖……」
【GM】ほかに告白ないですか〜
【泡禰PL】無益なことはしませんー。いくらなんでも3以下って
【槇PL】じゃあハイ(w
【GM】どぞー
【槇】「お兄……いや史人。これが終ったらまた御飯様を一緒に食べような」
【GM/史人】「……うん。いっしょに」
【GM】続きは判定後、ですね。
【槇】「あのノンビリした空気こそが我等の吸う空気であるべきじゃから……」
【槇PL】ですな。<判定後
【巳湖PL】巳湖は判定意味ないですが、しますか?
【GM】度合いを出すために、こちらは振っておきます。
【GM】それでは、抵抗判定を行います。
【槇】(だが……これを成功させるには史人の因子を発現させ、その力を利用せねばならぬが……上手くいけばよいが……)
【槇PL】どぞー。
【GM】槇:目標値13−4=9
【GM】2d6 = 5(1 4) = 5
【GM】失敗、差分4
【GM】巳湖:目標値18-4=14
【GM】2d6 = 6(4 2) = 6
【GM】失敗、差分8
【槇PL】勝てねぇ(w
【GM】ここで、因子発現ですね。
【巳湖PL】はいな
【GM】では。
【GM】史人は、巳湖と槇をかき抱きます。
【GM】ひたすら強く、強く。
【泡禰】それを背中に守るように立って、蛍の迫る参道のほうを見つめます。
【GM/史人】「みんなで、生きよう」
【巳湖】「…………」痛いのを我慢して、抱かれている
【GM/史人】「きっと、みんなで、生きて帰ろう……」
【GM】で、発現。
【槇】「すまぬ……な。そう上手くいくかわからぬぞ……」寂しげに笑いながら指に狐火を灯す。
【GM】史人の胸から浮かび上がるのは、小さな紅い結晶。
【泡禰】肩が小刻みに震えますが、振り返りません。
【GM】紅葉の色、夕日の色、そして血の色。
【槇PL】その結晶を見ながら狐火を法円に落とし灯し儀式を発動させる。
【GM】長きに渡る因習の果てに生み出された、血濡れの因子。
【巳湖】「……因子、出てしまいましたの……」少し信じられないように呟く。
【GM】しかし、血の色こそ、生命の色。
【槇PL】その紅き生命の色を際立たせる様に冷たく蒼白き狐火の炎が法円を包み上げていく。
【GM】因子は輝きを増して行きます。
【GM】逆に、史人からは恐ろしい勢いで、血の気が退いていきます。
【巳湖PL】えっと……槇たんが何かやっているようですが、どうしましょう?
【GM】どうしましょう?
【槇PL】気にしなくても構わぬが(w
【GM】では。
【槇PL】一応発現にあわせて儀式を作動させてるだけなので
【GM】まず、巳湖たん、望みをどうぞ
【巳湖】「わたくしの、願い――」
【巳湖】「史様と、幸せに、ずっとずっと一緒に、ここにいたいですの――」
【巳湖】「狐も、ニンゲンも、一緒だと、楽しそう……」
【巳湖PL】祈るようにして、因子に語りかけた。
【巳湖PL】ってことで、お願い終了。
【GM】はい。では次に、槇たん、どぞ。
【槇】(本来なら因子によって神代の知識の欠片を用いて完全に絶つつもりじゃったが、いかんせん今回も不完全か)
【槇】(ならば……)
【槇】「この儀式を成功させこの者達への悪しき流れを消しされたまへ」
【泡禰】激しく閉じられたまぶた、かみ締められた唇。
【GM】そして因子は、ひときわ激しく輝き始めました。
【槇】(不完全な因子の発動でどこまで押さえ断ち切れるかわからぬが…仕方あるまい))
【GM】法円を中心に、紅い波が広がります。
【槇】(願わくば……)





【槇PL】蛍キタ━━━(゜∀゜)━━━!!(w
【泡禰PL】きたー! 境内にいかなきゃ!
【槇PL】うむりんりん。
【巳湖PL】境内に逆戻り?
【GM】あー、境内は避難場所、蛍は怨霊ですわ。
【泡禰PL】ああ、そういうことだったのか。
【泡禰PL】うん、避難するつもりは、ない。約束は忘れた(w
【槇PL】蛍味方と思ってた(w
【巳湖PL】忘れてるよ!
【GM】うにょー説明不足ですたー(汁
【槇PL】キニシナイ(・3・)






【GM】つか、みんな登場してる?
【巳湖PL】そろそろ二人ともつっこんでほしーなとか言ってみるw
【巳湖PL】早くしないと、告白するぞw
【見学みす太】(w






























【泡禰PL】何でこのタイミングでBGMが「タフボーイ」にっ!?(w
【巳湖PL】た〜ふぼーた〜ふぼ〜い♪
【見学みす太】北斗っ!?(あわびゅ)
【GM】どこもかしこも傷だらけ〜♪
【見学みす太】うずくまって泣いてても始まらないから♪






















































【槇PL】でも同時告白だから知識持ち帰れねぇ(w
【GM】泡禰たんの告白は、あの参道の下で済んでたのかなぁ。
【泡禰PL】聡い子だから、自分が1番じゃないのは、わかったんでしょうね。
【泡禰PL】それでも、『組織』に忠誠を誓ってれば、悪あがきも、誘惑も、周囲の邪魔もしたんでしょうが
【泡禰PL】そのチェックで、さっきのロールね。
【巳湖PL】なるほど。そういうことだったのですか。
【GM】ヽ(`Д´)ノ ウワアァァァン!!
【槇PL】泡禰たん…(゜дÅ)ホロリ
【巳湖PL】泡禰たんが一番いい味出てるよ…泣ける












【槇PL】泡禰たーん、こっちもダメだった負けた−(w
【見学みす太】(−人−)
【泡禰PL】また負け組に(涙
【巳湖PL】ぉ。もしかしたら初勝ちかもしれんぞ
【槇PL】因子は二人とも持ち帰れてないからどーだろ?(w
【巳湖PL】因子は重いからいらないよw












【槇PL】発現キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
【泡禰PL】キター!!
【巳湖PL】血の色キター!


















【槇PL】これで此方はおわり(w
【泡禰PL】ここからさきは、たぶん
【巳湖PL】ねえ
【泡禰PL】GMにも予想できないんだよ。毎度のことながら(w
【GM】じゃ、切りますか(w
【巳湖PL】うん。切ってくださいな
【泡禰PL】はい。
【槇PL】というか。こんな役目もってたのか。私?(w
【槇PL】きってくだしゃい(w

目次へ

■ 幕間 ■


【泡禰PL】乙っ
【GM】ふい、お疲れ様です。
【巳湖PL】お疲れですた
【槇PL】おつかれーv
【GM】えと、raopu氏、お時間がすごいことに……
【泡禰PL】え? 何の時間?
【GM】睡眠時間とか、大丈夫ですか?
【泡禰PL】何のお話かしら。フランソワーズには判りませんわ?(断言
【GM】いや、既に大丈夫じゃないんだが(汗
【泡禰PL】サボればいいのさ!(ジェントルスマイル)
【GM】……じゃ、エピローグ行きますか?
【槇PL】Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)
【巳湖PL】すごいよraopu氏w
【泡禰PL】いこういこうー
【槇PL】いきまつかv
【巳湖PL】ごーごー
【GM】誰から参りましょう?
【泡禰PL】質問ー
【GM】はいな?
【泡禰PL】EDの中に、「兄のED」ってあります?
【GM】兄単独?
【泡禰PL】うん、もしくは、ネタバラシ的な。
【GM】あ、入れましょうか?
【巳湖PL】ほしいかも
【泡禰PL】GMシーン、もしくはED0?
【GM】じゃ、最初にネタバレシーンを入れましょうか。
【GM】それから、皆さんの順番を決めましょう。
【槇PL】はーい。
【巳湖PL】らぢゃ
【泡禰PL】ありがとうございますー
【GM】では、参ります。


【見学みす太】お疲れ様〜
【見学APろん。】お疲れ様です、みなさん。
【泡禰PL】おちゅーなのだ
【見学APろん。】最初から見られなかったのが悔しい〜。
【巳湖PL】おつでちゅ
【槇PL】おかしい。狐うどんばかすか食ったりエロやったりするんじゃなかったのか。アレ?(w
【見学APろん。】よくあることです(笑)
【巳湖PL】うーん、X大好きジェントルになっちゃいそうだからなぁ(汁
【GM】X大好きなんだけどなぁ……
【見学APろん。】自分でやるのは苦手かも……。やったこと無いですけれど。
【槇PL】ゲリラでXありと聞いてシルクが浮かんだがさすがに蛍には投入できんかった(w
【巳湖PL】いや、Xは大好きなんだけど、なんかボクがPLやるとそっち方面にすぐいっちゃうなと
【GM】シルクはBasicでしょ(w
【槇PL】うむ(w
【GM】コンバートか?(w
【槇PL】でもこの兄にはむかねぇ(w
【泡禰PL】#7だったから、結構暗めの話になると予想して、エロは入れられなかったんじゃよ(w
【槇PL】うむうむ(w
【巳湖PL】踏む。まあ、実際ゑ炉ができる雰囲気ではなかったな
【槇PL】でも抵抗しようとしたよー。無理だったが(w
【槇PL】エロきても平気なように家に住み込んだのにな(w

目次へ

■ エピローグ0:藤原 史人『贖うもの』 ■


【GM】その村は、貧しかった。
【GM】何も無かった。
【GM】それでも、ヒトは生きていかねばならなかった。
【GM】かつて怨霊であったものは、そう語る。
【GM】村を襲った未曾有の飢饉に、人々はただ飢え死にを待つばかりとなった。
【GM】そんなときだ。この村に『写本』が持ち込まれたのは。
【GM】まるで示し合わせたかのように、『因子』の持ち主も現れた。
【GM】そうして、因習の輪は回り始めた。
【GM】時に村人から、時に旅人から、時に乳飲み子をかどわかし『その時』まで育て……。
【GM】ただ『因子』を刈り集め続けたのだ。自分達が生き延びるために。
【GM】しかし、ただ生き延びるなら、村を捨てることも出来たはず。
【GM】それでもなぜ、この土地に異常な執着を見せたのか?
【GM】それを知る術は、今は無い……。


【泡禰PL】★combo《ここに帰ってきて》が使用できなくて、帰ってこないという、ある意味、もっともな結末であった(涙
【槇PL】此方も☆combo《あのね……実はね》いってないから組織のままでつよ?(w
【巳湖PL】コンボは使いきったか……
【巳湖PL】子守唄のコンボは怪しめだったけど(汗
【泡禰PL】やっぱりそこまで読みきってたかー(w)><<あのね…実はね>>
【槇PL】偶然だけどなぁ!(w
【泡禰PL】この村、写本まであったのか?
【槇PL】首縄出せなかったのが心残りだ(w
【巳湖PL】写本って!
【見学みす太】クレアバイブル(ぉ
【泡禰PL】この村が組織だったんだ……
【巳湖PL】なるほどねぇ。村自体が……
【見学APろん。】村自体が組織だったんですね……。
【槇PL】いやぁ。すまねぇ(w<その組織に多分所属してると思わるる人(?)
【槇PL】でもどーなんじゃろ。違う気もするし(w

目次へ

■ 幕間 ■


【泡禰PL】
【GM】うむ、竜神を出し損ねた(汗
【巳湖PL】おつです
【槇PL】竜神……よかた。ヤラなくて(w
【槇PL】おつかれさまーv
【泡禰PL】えーっと、なんだろう。うーん。
【GM】ういー。では、補足とか挟みつつ、順番を決めましょうか。
【泡禰PL】あいあいさー
【巳湖PL】はいな〜
【泡禰PL】初手、だろうなぁ。やっぱり。
【GM】ですか?
【巳湖PL】二番か三番だけど……どっちがいいかな?
【泡禰PL】希望は
【槇PL】みこちんどっち?
【槇PL】どっちでもいいのなら3番もらう(w
【巳湖PL】うーん。では二番でいいです。
【槇PL】3番いいのなら譲るよ?
【槇PL】ある意味一番権利があるのだし。
【巳湖PL】そうなの?
【巳湖PL】わからないけど、二番でいいですよ
【GM】んじゃ、泡禰>巳湖>槇 の順番でよろしいですか?
【巳湖PL】はい。OKです
【槇PL】はーいv
【泡禰PL】あい
【GM】では、泡禰たん、シーン定義をどうぞ。
【泡禰】激しく閉じられたまぶた、かみ締められた唇。
【泡禰PL】これの直後、外に飛び出します。
【泡禰PL】で、ボス戦闘キボンヌ。
【槇PL】Σ(゜口゜;
【GM】ウホッ、激しいなぁ。
【泡禰PL】竜と怨霊と写本、どのボスがいいですか?(w
【GM】どれにしよ(w
【GM】ハデに行きます? 竜あたりで(w
【泡禰PL】そっすね、ぶちかましたいです。ああ、でも文句は言ってやりたいな
【GM/九頭竜】『なればこよ。定命のものよ』
【泡禰PL】いきますか?
【GM】シーン定義はそのあたり?
【泡禰PL】そんな感じで
【GM】タイトルは?
【泡禰PL】3Wらしく「偽りの笑顔」
【GM】うあ(w では始めましょうか。
【泡禰PL】あい


【見学APろん。】おつかれさま。
【泡禰PL】こっからがきついなぁ、ビクビク。
【泡禰PL】一番危うい人>泡禰
【槇PL】もう流れきまってもうたポ(w
【巳湖PL】なんとかしないとなぁ
【槇PL】後は前の二人の流れを吸収して変化させる(w
【巳湖PL】因子までもっていけるなんて思ってなかったからED考えてないよ
【槇PL】いや、皆そこまで考えてないよ(w


















【見学APろん。】ボス戦闘!
【巳湖PL】ボス戦キター!!
【見学APろん。】竜退治ですか?
【槇PL】ボス選択キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
【見学APろん。】三種類きたー!(笑)
【槇PL】逆GMキタ━━━(゜∀゜)━━━!!w
【巳湖PL】ボク的には写本見てみたいなw
【見学APろん。】写本、みたいですね〜。
【槇PL】あーん。泡禰ちゃん消えちゃヤダー。
【槇PL】くとぅりゅー きたー(w
【巳湖PL】九頭竜か〜それも大暴れっぽくっていいなぁ
【見学APろん。】燃えますね!

目次へ

■ エピローグ1:沢祭 泡禰『偽りの笑顔』 ■


【巳湖】「史様と、幸せに、ずっとずっと一緒に、ここにいたいですの――」
【巳湖】「狐も、ニンゲンも、一緒だと、楽しそう……」
【槇】「この儀式を成功させこの者達への悪しき流れを消しされたまへ」
【泡禰】激しく閉じられたまぶた、かみ締められた唇。

【泡禰PL】泡禰は彼らの気配を感じるや驚く三人を後ろに法円から飛び出した。速度を緩めず参道に飛び出る。そこは闇に舞う美しい蛍の群れの世界。……幽玄の異界。怨霊は無数の声にならぬ声を発する怨霊をすり抜けるように走る。神衣はよく怨霊に耐えていた。
【泡禰PL】白鞘から抜かれた神刀を構えた先は湖。ひときわ念の凝り固まった青白き炎に見えるかのような怨霊の嵐の中に、巨大な蛇頭が幾重にも立ち上がる。
【泡禰PL】――立ち止まり、刀を構えます。
【GM/九頭竜】『よくぞここに到れたな、小さきもの』
【泡禰】(いつもの穏やかで優しげな微笑で)「史ちゃんはあげられません。この因習はこれでおしまいです。おしまいにします」
【GM/九頭竜】『……ほぉ。おしまいとな?』
【GM/九頭竜】『これは異なことを。元はといえば、汝らヒトより申し出しことぞ?』
【泡禰】「もう沢山です。望まない未来は。胸が痛みますが、どうかお願いです。終わらせてください」
【泡禰】「――私達は弱くて小さくてたとえようがないほど愚かで……。邪悪というよりは、その愚かさのせいで、時として取り返しのつかないことをしてしまいます。私は本当にそれを良く知ってるんです。でも、だけど、償えないわけじゃないはずです」
【GM/九頭竜】『ならば娘、代価に何を払う?』蛇頭は鎌首をもたげ、『蛍』をばくりと飲み込む。
【泡禰PL】泡禰】(困ったように微笑んで)「――史ちゃんが贖(あがな)うのならば、私には償わせてください」
【泡禰】刀を、自分の首の横に当てて、膝を突いて竜神を見ます。
【GM/九頭竜】『ほぉ、《星》も持たぬ娘が、贖おうと申すか?』
【泡禰】「《星》なんてくだらないです。あなたにも、《星》程度しか見えないんですか?」
【GM/九頭竜】『いいよるな』『ヒトごときが』『我らに意見を』『面白い』『殺してしまえ』『座興にはよかろう』
【GM/九頭竜】『娘よ』
【泡禰】「――」
【泡禰】「――はい」
【GM/九頭竜】『まこと《星》が下らぬものなら、より価値のあるものを、お前は知っているということよな?』
【泡禰】「この胸の奥にはあなたが考えているのよりずっと大切な宝物があるの。――因子も運命も村も、歴史も、因子も、因縁も。そして『組織』よりも」
【GM/九頭竜】『ほぅ? 申してみよ』
【泡禰】泡禰は穏やかなあの笑顔のままで、ただそのまま涙だけを流し始める。
【泡禰】「私はそんな《星》はいらないし、負けません。私には、この凍りついた笑顔しかないけれど、だからこそ、史ちゃんにはこの笑顔を残せる……そこだけは『組織』の訓練に感謝します――あなたには、それだけを……この誇りで償わせてください。私にはこれしかないけれど、これしかないから、大切なんです」
【GM/九頭竜】『く、くふふははははははははは!』
【GM/九頭竜】『汝の誇りもて贖うと申すか! それで我等の腹が膨れると!』
【泡禰】「『組織』に入ったわたしは、ホントはもう……。大事な人に会わせる顔なんてないんです。
【GM/九頭竜】『ならば贖うが良い! そのちっぽけな誇りが、我等の糧となるまで!』
【泡禰】(何人も何人も男の人を誘惑したわ。この胸で、この身体で。――私なんて汚いの。これで当然なの。これくらいにしか使い道のない廃棄物で……全部全部汚いよ……)
【GM】あなたは左胸に、焼けるような痛みを感じます。
【泡禰】そのまま、湖に入ります。
【泡禰】「――あなたにも誇りの意味が、きっとわかります。それは……」
【泡禰】「それは、ただ命を永らえるために、他人を傷つけてきた、この村の人にはないこと」
【泡禰】(私もこの村と同じ――自分の都合を満たすために他人の《因子》を刈る薄汚い狩人。自分の身で知った、きっと《彼ら》にも、夢とか希望とか……愛とか、あったのにって)
【泡禰】「その日がくるまでは……」(優しく微笑んで)「竜のそばの泡でいますよ……」
【GM】竜の巨体が、あなたを受け入れるように解けます。
【泡禰PL】(泡に。なりたいな)
【泡禰PL】(あの湖の泡になって、秋の紅葉を映していたいな)
【泡禰PL】(今度生まれる時は、ひとつの泡になって、村を守って、好きな人と出会って)
【泡禰PL】(奥さんになるんだ。そうしたら旦那様を甘やかして)
【泡禰PL】(世界で一番幸せな人にしてあげたい)
【泡禰PL】(子供も可愛がるんだ。賢くて勇気がある子に育てたいな)
【泡禰PL】(そうして一生を終えて……)
【泡禰PL】(且つ消え、且つ結びて……)
【泡禰】「ほんとは一緒に居たかったよぅ……ふみくん……」
【泡禰PL】こっちはOKで
【GM】その思いの全てを飲み込んで、竜体は再び虚無へと沈んで行きます。
【GM】後にはただ、幽かな蛍火が揺らめくのみ。




















【槇PL】違うTRPGになったー(w
【巳湖PL】あわわわわ……どうするんだよ〜
【槇PL】よしココは助っ人として……(w<人のEDです。












【巳湖PL】泡禰たん……
【槇PL】(゜дÅ)ホロリ ……












【槇PL】これ本当に台本無しなのか?(w






【槇PL】…………












【巳湖PL】この後でEDできるのか……ほんとにボクはEDなんてできるのか!?
【見学みす太】アドリブ能力、無しだとできんのぅ……
【槇PL】それは此方も同じ気持ちだ……(w
【泡禰PL】えー、終りでいい?
【巳湖PL】いや、アドリブ能力は多少あるつもりだけど……これで終らせたい気分だよ
【泡禰PL】「完全発動」に欠けた部分を、無理やりに埋めに行き過ぎた(涙






【見学APろん。】……うわぁぁぁぁぁぁぁん!!
【槇PL】……よしっ、raopu氏! 御主の見事なまでに細綱渡りきった挑戦状。確かに受け取ったっ!

目次へ

■ 幕間 ■


【巳湖PL】お疲れ様です……(涙
【槇PL】お疲れ様です……がくがく(泣崩
【GM】お疲れです
【GM】お次は、巳湖たんですね
【巳湖PL】よし。シーンいきます。
【GM】ほい。
【巳湖PL】泡禰たんが行った後、史人が覚醒してください。
【GM】覚醒とな?
【巳湖PL】槇たんはいそうだけど、無視して話し進める方向で。
【巳湖PL】はいな。覚醒……してほしいなって
【GM】どんな感じ?
【巳湖PL】巳湖の質問が答えられる程度ならどんなでも。
【GM】了解。
【巳湖PL】タイトルは「選択肢」で
【GM】身体は動かないレベルで行きます。
【巳湖PL】了解。それでいいです。
【GM】では、始めましょうか。
【巳湖PL】お願いします。


【見学みす太】お疲れ様〜
【見学APろん。】おつかれさまです。
【泡禰PL】おお! たのむ! 任せられる後ろに想いをたくして泡になるっ!
【槇PL】いや、させね。






【槇PL】無視さレター(w
【見学みす太】(w
【槇PL】まぁ、だったら私は覚醒待たずにすぐさま外に出ていった事にしておこう(w

目次へ

■ エピローグ2:巳湖『選択肢』 ■


【巳湖PL】時刻は既に真夜中。泡禰がここから出て行った大分時間がたっていた。
【GM】史人が目覚めて最初に見たものは、心配そうに覗き込む巳湖の姿だった。
【巳湖】「……史様……、大丈夫ですの?」
【GM/史人】「……たぶん。生きてはいるみたい」(無理やり笑顔を作って)
【巳湖】「そうみたですの……でも、史様……全部綺麗には終らないみたいですの……」
【巳湖PL】こちらも無理に笑顔を作る。
【GM/史人】「なにが……起こったの?」
【GM/史人】「何が残ってる?」
【巳湖】「それは、わかりませんの……でも史様には……一つ、決めてもらないといけないことが、ありますの……」
【巳湖PL】一度言葉を切ると史人の顔を覗き込む
【GM】史人は起き上がろうとしますが、四肢に力が入らない様子です
【巳湖】「まだ、たぶん起きられませんの……そのままでいいですの、話を聞いてくださいの」
【GM/史人】「僕に? 何を?」
【GM】耳を傾けます。
【巳湖】「史様……率直に言いますの……」
【GM/史人】「…………」
【巳湖】「わたくしと、あの世界にいくか、ここで、史様が生きるか……どちらかを」
【巳湖】「決めてくださいの……」
【GM/史人】「……ここで、みんなと暮らすのはいけないの?」
【巳湖】「……それは無理ですの……わたくしが撒いた種の、後始末をつけないと……いけませんの」
【巳湖PL】哀しそうな笑顔で、史人に心配かけないように笑う。
【GM/史人】「なら、一緒に行こう」
【巳湖】「……それでいいのですの? ……だって、あの世界、わたくしだけですの……」
【GM/史人】「僕を支えてくれた君のために、今度は僕が頑張る番だ」
【巳湖PL】巳湖はそれを聞いて、小さく頷く。
【巳湖PL】そして息をゆっくり吐くと……
【巳湖】「わたくしの世界、あそこに……残りの怨霊……あのモノを連れますの……」
【巳湖】「あのニンゲンの意志を……無駄にしないためにも……」
【GM/史人】「……行こう」
【巳湖】「……はいですの……行って、終らせますの……」
【GM】むりやり体を起こそうとする。
【巳湖PL】それを手で制して、
【巳湖】「空間はどこでもひらきますの……」
【巳湖PL】二人のすぐ、10cmもしないところで空間の歪みを作る。
【GM】制した手を握り締め、
【巳湖】「史様……いきますの……」
【GM/史人】「行こう、君の世界へ」
【巳湖PL】そして、二人の姿は、時空の狭間、この世とあの世の中間点へ
【巳湖PL】その身を沈めていったのだった。
【巳湖PL】おしまいです。
【巳湖PL】全て……おしまいですの……
【巳湖PL】因果を絶ち切ったニンゲンと……これからのわたくしたち……
【GM】では、接点を潜り抜ける直前、一度だけ振り返り、そして狭間へと消えていきます。
【巳湖PL】切ってくださいなw


























【槇PL】二択ぅーっ!?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)
























【槇PL】なんだちくしょう! 最後の儂にどうすれというんだっ!
【泡禰PL】幸せに(w
【見学みす太】悔いを残さぬよう、がんがれ(w
【泡禰PL】幸せになる(w
【槇PL】心得た。(・ω・)bグッ
【見学みす太】(>▽<)b
【見学APろん。】史人……。

目次へ

■ 幕間 ■


【槇PL】おつー。
【GM】おつかれさまです。
【巳湖PL】おつでした
【泡禰PL】おつかれさまです
【泡禰PL】この後が、このあとがっ
【槇PL】つか、ED1でさえ終り気味だったのにED2でより終りに加速かけますかっ!(w
【GM】それでは最後、槇たんですね
【槇PL】しかも一人残され島〜(w
【泡禰PL】赤い最強ですねっ!
【泡禰PL】終末を終末させる勢いでっ!
【槇PL】……く。儂のイキザマ見せつけててやらぁっ!
【槇PL】では。
【GM】では、シーン定義をどうぞ。
【槇PL】シーンは史人が覚醒する前に不完全ながらも因子の力を得て元凶の元へと向かいます。
【槇PL】ですが。すでに泡禰たんがやってくれたので(w)その後から
【GM】ほむほむ
【槇PL】泡になりつつある泡禰たんと会話するトコロから始めたい所存。
【GM】げふっ
【GM】OKOK
【泡禰PL】あはははは(w) よしきた
【槇PL】やってやるぜぇ(w
【GM】では、シーンを始めましょうか。
【GM】あ、タイトルは?
【槇PL】あぃ。
【槇PL】故郷の紅さ で(w
【GM】はいなー
【GM】では、改めて始めます。
【槇PL】はい。


【見学APろん。】おつかれさまです。
【見学みす太】お疲れ様
【泡禰PL】おちゅかれなのです
【巳湖PL】おつかれちゃま


















【巳湖PL】泡禰たんご指名w

目次へ

■ 最後のエピローグ:槇『故郷の紅さ』 ■


【泡禰】「ほんとは一緒に居たかったよぅ……ふみくん……」


【GM】かくて竜神は身を退きました。
【槇PL】次第に泡禰の意識が消えて逝く。
【槇PL】そのかすかに残る意識にナニカ光る影が入りこんでくる。
【泡禰】「……あ」
【槇PL】その光は大きな九つの尻尾のようなものをはためかせ泡禰の泡をそっと優しく包み込む。
【泡禰】(……なんだろう、優しい……)
【槇】「全く……先走りおって……オヌシが泡になってどうするというのじゃ……」
【泡禰】(……でも……)哀しみの気配
【槇PL】かすかに残る泡禰の心の縁をそっとなぞる。
【槇】「何を哀しんでおる。どうしてそこまでのことをした」
【泡禰】(……悲しい……何も出来なかった自分……汚れてる自分……村の人を責められない自分……龍……誇りを知らない飢えた龍……哀しい)
【槇】「……なるほどな。オヌシは自分とあの竜を重ねてしまったというわけか」
【槇】「だが、それでオヌシはいいのか? このまま史人に会えなくてもいいというのか」光はより一層優しく強く包み込む。
【泡禰】(……悲しい。哀しい。かなしい……でも会いたい。焦げ付くほど会いたい……)
【槇】「汚れてる? ならば磨けばよい。何もできない? ならば今からすればいい」
【槇】「私が聞きたいのは今、泡禰が本当に望んでいるものはなにか。ということじゃ!」
【泡禰】(……希み? 望む……望んでいいのかな?)
【槇】「もっと……昔のように素直になれぃ……泡禰……」光からホロホロと温かい水を感じる
【泡禰】「私、間違えちゃったんだ……。史ちゃんと二人を見て、これでいいと思っちゃったんだ」
【槇】「あぁ、望むといい。望んでその思いの通りに動けばいい……今までどれだけ心を押し潰してきたというのに。これ以上押し潰す気か?」
【泡禰】「私、まだ、史ちゃんの前で、本当に泣いたことないんだよ。史ちゃんに笑顔覚えてほしかったから……でも、きっとそれ、間違いだったんだよね」
【槇】「そうじゃ……行って昔の……本当の泡禰を見せてこい。泡になるのもその後でよかろう……?」優しく優しく微笑みの匂いで包み込む。
【泡禰】「なりふりかまわず、大好きだって。わがままでもいいから幸せになりたいって、言えばよかったのにね……だから……」
【槇】「今ならまだ巳湖が開いた異界への通路に私の境内の跡地から行けるはずじゃ……行っておいで……」
【泡禰】「史ちゃんに、会いに行こう。――きっと、全部を正しく、優しく、幸せに出来る道があるよ。狐様も、御崎神さまも、一緒にいこうよ。龍さんもちょっと大きいけど、一緒に行こうよ」
【槇】「あ、あぁ……私は後から行くよ。あの竜を起こして連れてかないと行けないしな」
【泡禰】「――うん(逡巡) きっとだよ?」
【槇】「あぁ……必ず……」泡禰の存在しない頬に口付けし、泡を水面へと送り出す。
【泡禰】「――こなかったら、もどってくるよ。私、執念深いんだよ? たとえ、12年の12乗の12乗かかっても、全部私の思い通りに、幸せにならないと、本当は私(格好悪い涙顔で)わがままで、欲張りなんだから」
【泡禰】「――これで終わりなんてないよ。絶対に一緒になるまで、ずるしたって(止まらない涙) このお話を何度繰り返したって、わたし、絶対諦めないよ?」
【槇】「-----(苦笑) 安心せい。私が1度でもオヌシ達との約束を破ったか? うん?」コメカミク゛リク゛リ
【槇】「現に…迎えに来たじゃろうが…(微笑)」
【泡禰】「――うんうん」(光に惹かれる魂)
【槇】「ほらおいき……私は平気でも泡禰はまだニンゲンなんだから……余り長くココには居られないよ…」
【泡禰】「――あとでねっ。ほんとだよっ」(遠くなる姿)
【槇】「さきにいって皆と待っておいで……」(見えなくなるまで優しく見守る)
【泡禰】「――――・・・・・・も・・・なん・・ど・でも」(見えなくなるほどかすむ)
【槇】「――――さて……と。そんなわけでオヌシの久しぶりの御飯様を返してしもうたがすまなかったな」
【GM/九頭竜】『久しいな、九尾の』
【槇PL】水底の暗き闇に居るであろうモノに話しかける。
【槇】「この姿でおぬしと会うのもどれくらいぶりだろうね……」
【GM/九頭竜】『時を問うは無意味ぞ?』
【槇】「で、話を聞いていたと思うが……あの業を絶ち切ってもらえぬか?」
【槇】「このままだとあの怨霊……いや村人達をも連れてあの三人。異界に閉じこもっちゃうみたいなんでな」
【GM/九頭竜】『なれば、代価を払うが良い』
【GM/九頭竜】『それがあのものとの約定』
【槇】「代償……じゃな」
【槇】「オヌシが自らを維持するために必要な『力』それに値せしモノをよこせというのじゃな」
【GM/九頭竜】『返答や、如何に?』
【槇】「そうじゃな……もう住む場所も無くなって久しいしのぅ……」
【槇PL】九頭竜に近付き頭の一つを撫で上げ
【槇】「代償は『私』でどうじゃ」
【槇】「もともと、オヌシと私は同じモノの表と裏。長き時によって別のモノになってしまったが今は因子の力で同じぐらいにはなっておろう」
【GM/九頭竜】『……丸ごとは胸が焼けるわい』
【GM】言って、しっぽの一つに喰いつきます。
【槇】「おや。食い意地が昔より減ったんだねぇ」
【GM/九頭竜】『力なぞ、いかようにでもなろう。むしろ、《物語》を貢がせるが甘露』
【槇】「そうか……じゃがな」」
【槇】(九頭龍の尻尾の一つを抱きしめつつ)「私にはもう一つ約束したことあってな」
【GM/九頭竜】『何ぞ?』
【槇】「オヌシも私達と一緒に暮らしてもらうぞ?(ニヤリ)」
【GM/九頭竜】『…………』
【槇】「いやとは言わせぬからな。オヌシを目の届く所においておけば安心じゃし……それに」
【GM/九頭竜】『…………』
【槇】「さっきの代償は『私』自身をお前に授けると言う事。つまり今日から私はオヌシの『嫁』じゃ♪」
【GM/九頭竜】『く、くふ、くふふははははは! 言うに事欠いて、《嫁》とな!』
【GM/九頭竜】『よかろう、その与太、一枚噛んでやろうではないか』
【槇】「私が『嫁』になったからには今まで通りに行くと思わぬことじゃv」
【GM/九頭竜】『……ふん』黒い光に包まれ、収束。
【槇】「それにな……旦那殿」
【GM/九頭竜】「いきなり旦那殿とは、気味の悪い」
【槇】「人間たちと一緒に暮すのはそれはもう甘露な《物語》じゃぞ?」と満面の笑みで微笑み
【槇PL】その苦笑した顔に自らの顔を近づけ唇を逢わす……
【GM/九頭竜】「ふむ、なれば確かめてくれよう。そろそろ、ここに篭るのも飽いておったところよ」
【GM】槇の腰に手を回し、より深く唇を貪る。
【槇PL】水面は黒と金の淡い光が反射して静かに輝いていた……
【槇PL】終りますか?
【GM】うい


【泡禰PL】しかし、指名されたということは、本気で斬りあっちゃっていいのかにゃー?
【槇PL】こいやー!
【巳湖PL】いいんでないかな?
【槇PL】どうなるかよそうつかんがな(w
【GM】やれ、やれ、やれ、やっちまえー(w


















【GM】ひょっとして、GMはお邪魔な風味?
【槇PL】もういつでも入ってきて良いぞ(w
【槇PL】いやGMさんもよろしくするかもよw
【GM】うーふーふーふーふー






【巳湖PL】連れてっちゃったよ……後で知られて悲しまれるぞ






【巳湖PL】どうしよう……本気で恨まれるぞ






【巳湖PL】行けるんだ……これはこれで、幸せ、なのかな?












【見学APろん。】身代わりになっちゃうつもりじゃ……?
【巳湖】「狐……まさかですの……?」
【GM】……どうなんだろ
【泡禰PL】退場?
【泡禰PL】でよい?
【槇PL】ありがとんv
【泡禰PL】はい






【見学APろん。】あら、お知り合い?
【巳湖PL】どうやらそのようですわよ?
【泡禰PL】ああ、ちょっと救われた。
【見学APろん。】ですね。












【巳湖PL】なんか、何時の間にか円満解決しとらんか?
【見学APろん。】さあ、竜ちゃんどうしますっ(笑)
【泡禰PL】根負けさせた(w


















【見学APろん。】およめさん〜!

目次へ

■ 星と蛍の夜祭 SIDE S 終劇 ■


■ 祭りのあと ■

■ おつかれさまでした ■


【槇PL】本当は一人消えるつもりが先に二人消えるんだもん。どーしよと思ったよ(w
【泡禰PL】おつかれさまでしたなりー。なでなで。
【GM】つか、なんで竜神が嫁取りしとるですか?(w
【槇PL】むりやりセッション中の約束したこと。因子への願いを全て実現させてみた0(w
【巳湖PL】でも、あのままさらっと終らせるより、よっぽどいいよ〜
【GM】禿げ上がるほど同意。
【見学APろん。】ですです。堪能させて頂きました。
【GM】いや、しかし平日のこんな時間までお付き合いいただいて、もうなんと言ってよいやら……>ALL
【巳湖PL】いえいえこちらこそ、かなり堪能させていただきましたわ
【泡禰PL】おつかれさまでしたー(w
【見学APろん。】おつかれさま〜。
【GM】おつかれさまですたー
【見学みす太】御疲れ様でした〜
【槇PL】うぃ〜〜。すまぬー(w
【巳湖PL】お疲れです〜
【見学torazou】お疲れ様でした

■ 物語の結末の話 ■


【巳湖PL】巳湖の選択にあまり意味なしw
【泡禰PL】シナリオ的なストーリーの解決と、萌え演出と、ルール的な意味での勝敗を同時に満たすって至難の業なんだよ
【泡禰PL】普通。一番最初に「シナリオ的なストーリーの解決」を切り捨てるのが、CSTの常道なわけであって
【槇PL】無理矢理うごいてみた(w
【巳湖PL】至難どころのさわぎでないな
【泡禰PL】そういう意味で、老朽区GMも今回のPLも、反逆者もいいところだ。
【巳湖PL】ZAPZAPZAPされちゃいますなw
【泡禰PL】されちゃうよ(w
【泡禰PL】でも、デザイナとしてみると、胸が詰まるほど嬉しいけどね。
【見学みす太】ふみみ
【巳湖PL】でも、あまりにシナリオ優先だと、息が詰まっちゃうし、今回のってかなりいい感じなのかな?
【泡禰PL】あんまり優先じゃなかったんだろうけど(GMの言葉からの推測)、割合、僕とかが「真相」とか「解決」にこだわっちゃったんだよね。
【泡禰PL】逆に槇たんを嫁にやって心苦しい(涙
【巳湖PL】EDは皆でそっち方面にいっちゃったっぽいしね〜
【泡禰PL】あれも、CST的に言えば「因子が出たくっついた、なぜかわからんけど騒ぎはおしまい」でも、べつに問題ないわけだけど
【泡禰PL】それ以上のところを追っかけちゃったってのが実情だと思う
【泡禰PL】老朽区さんには判りそうだけど、別路線で進行させるために、プレイ中がんばって呪い歌沢山作ってたよー(爆
【巳湖PL】ごめん……たぶん、一番何も考えてなかったのは漏れだ
【GM】呪い歌(・∀・)イイ!
【槇PL】呪い歌ー。……そこまで頭回してるとは……恐るべし……
【槇PL】作ってた時は昔助けてもらった子狐のはずが……終ってみると九頭竜を旦那にした金色九尾狐に8w
【見学APろん。】化けましたね〜、文字通り(笑)

■ 「お姉さん」の話 ■


【泡禰PL】今回は「幼馴染と自己嫌悪の癒し系巨乳」でしたー(w
【槇PL】泡禰たんくれー。持ち帰り−。( ・∀・)つ〃∩ モエーモエー
【巳湖PL】今回はなんだったんだろう……「わけわからんモノノケ」?
【GM】GMやってるときは『お姉さんもいいかも』と素直に思える(w
【見学APろん。】普段は、お姉さん駄目なの?
【泡禰PL】ぽむぽむ。
【GM】基本的に『お兄ちゃん属性』ですから(w
【巳湖PL】GMでお姉さんキャラ投入されたときあったけど……ただひたすらどうしようってだけだったなぁ(汗
【槇PL】いやぁ、設定がないとどんなものに化けても対応出来て楽だな。おい(w<ダメな事いってます
【見学APろん。】お兄ちゃん属性……。
【槇PL】お姉さん、サイコ−(w
【泡禰】】「もちろん。マイ耳掻きまでもってきたんだからっ」
【GM】あ、『お兄ちゃん属性』は、『お兄ちゃんと呼ばれたい属性』ですよっ。念のため(w
【槇PL】当初、この二人相手にどうやって戦えば良いんだ……と悩む事次第でしたよ(w
【見学APろん。】てっきり「や ら な い か ?」とか言い出すのかと(汗)
【巳湖PL】『お兄様と呼ばせたい属性』でないのかえ?w
【泡禰PL】おにーたま?(w
【GM】『お父様』でも可(w
【槇PL】なんだ。ショタ属性でなく兄貴属性を持ってる人かとおもた(w
【GM】『アニキぃ!』はOKですよ。ネタとして(w
【巳湖PL】一度でいい……めっさかわええおにゃのこに『ご主人様ぁ』って呼ばせたいなぁ(w
【槇PL】未んなコワれてルナぁw

■ 老朽区GM=?の話 ■


【泡禰PL】なんか、今回はエンディングでちょっと救われた(w
【GM】みんなGJ!
【見学APろん。】ぐっじょぶ!
【槇PL】今回は老朽区氏がいつもいってたので、一人も殺させませんでちた(w
【巳湖PL】うん救われた。ずっと二人で戦っていくとか思ってたからw
【泡禰PL】ダメだったら「もっかい最初からやらせろ」って、作中のはずの泡禰がいうからさ(w
【槇PL】言うのか(w
【見学APろん。】ほんっと、よかったです。色々な意味で。
【GM】おや。今回は死亡者も行方不明者も出てない(w
【泡禰PL】最後のシーンで言ってたじゃない(w
【泡禰】「――これで終わりなんてないよ。絶対に一緒になるまで、ずるしたって(止まらない涙) このお話を何度繰り返したって、わたし、絶対諦めないよ?」
【槇PL】あ、いってたね(w
【巳湖PL】変だな〜? 漏れの作ったキャラはたいがい消滅とか、行方不明とかなのに
【泡禰PL】運動会と同じ消滅路線だったから(w
【槇PL】GMや他のPLがそういう事多いと言うので流れ見てヤベェまただ!(w と思い無理矢理強引グハッピーエンドに。げらげら(w
【泡禰PL】そうなのよ、救われたわ(w
【GM】ええ、本当に。おつかれさまですた。
【巳湖PL】うんうん。救われた。たぶんこれって初はっぴぃだわ。
【槇PL】今回、人も死んでないしも孕みも無いよ(w
【泡禰PL】逆に槇たんを嫁にやって心苦しい(涙
【GM】孕みはいっつもかっつもある物じゃないやい!(w
【見学APろん。】槇たん、持って帰っていいです?
【泡禰PL】何で龍の嫁。うちにこい。
【槇PL】いやぁ。組織に忠誠誓っちゃってたし(w
【GM/九頭竜】「なれば、代価を払うがいい」
【嘘巳湖】「なんだぁ〜? 代価? そんなにわたくしの身体がほしいってかぁ〜?」いちゃもんw
【GM/九頭竜】「とりあえずもろとく」>身体
【泡禰PL】いやー陰陽師路線に切り替えて、それこそ送り雛式に切り抜けようかとOPで悩んだよ(w
【槇PL】本当の愛情は多分無い(w
【槇PL】今から作ってくと思うけど、今現在はオモシロ半分義務半分かと(w<愛? うまい?
【泡禰PL】いや、龍はいいやつなので、泡禰も、半分は納得してたっぽいんだけどね(w
【見学APろん。】でも、九頭竜も九尾狐も、暫くは退屈しなさそうなのは確かですよね(笑)。
【GM】しないだろうね(w
【見学APろん。】ずーっと籠もってるよりは健全的ですよ、きっと。
【槇PL】あぁ、あれだ。尻尾一本もらってうどん出汁入ったドンブリにつけて
【槇PL】三日三晩あっためればミニ槇たんが生えてくるかもしれぬ(w
【GM】なぜうどん出汁?(w
【見学APろん。】ミニ槇たん、お持ち帰り希望〜。
【槇PL】九尾なんて竜が九頭だったからむりやりだい(w
【泡禰PL】やはり、いいな。きあいのはいったGMとPLは(
【見学APろん。】いいセッションでした。ほんっと、最初から見られなかったのが悔やまれます。
【槇PL】楽しんで頂けて幸い(w

■ やりのこしたこと?の話 ■


【槇PL】ただ一つ名残惜しいのは
【見学APろん。】名残惜しいのは?
【GM】惜しいのは?
【槇PL】首輪つけるのととクライマックスで裸になるの逃したことか(w
【GM】ゲラゲラ
【見学APろん。】あ〜の〜ね〜!(笑)
【槇PL】うわー。おこられたー(w
【見学APろん。】何を言うかと思ったら……(笑)。
【GM】今度、Side-HとかXとか(w
【槇PL】いやね。
【槇PL】儀式とかでね
【槇PL】きてる服がほどけて狐が混じった神の裸身を露にして発動させるほうが
【槇PL】絵的に(・∀・)イイ!!じゃんー(w
【見学APろん。】儀式にかこつけて剥きたかったのね?(笑)
【GM】そいや巳湖たんは脱いでたなぁ。
【槇PL】エロだからなぁ!(w
【槇PL】せっかく和風ミニスカはいてそこから尻尾フリフリしてたのに……あんな兄だからお色気作戦を発動させる事もできやしねぇ(w

■ simpleの感想の話 ■


【見学APろん。】で、実際に動かしてみて、どうでした?<しんぷる。
【槇PL】まぁシンプル実際に動かしてみては楽(w
【槇PL】計算が非情に楽。
【GM】判定が楽
【槇PL】で、個人的には
【槇PL】妹術は使い切りなので色々考えて動くキッカケになってオモロカッタ。
【GM】多分、事前に素振りしないタイプの人には、違和感があったんじゃないかなぁ。
【見学APろん。】素振りって、過去に役立ったことが皆無……。
【見学APろん。】そんなわたしでも、大丈夫?
【槇PL】今までだと使えそうなシーンをだいたいで動かして色々組み合わせてコンボ発動とかだけど
【槇PL】今回のは先にそのコンボ使うシーンを考えると言う逆算のような気がする。
【GM】逆に、GMはまだまだ練習の余地があるなぁ。
【槇PL】ベーシックではやりたいシーン考えてそこに妹術をこじつける
【GM】強固にシーン定義を行う必要があるかもね。
【槇PL】シンプルではもってる妹術から浮かぶやりたいシーンをチョイスする。
【槇PL】こんな気がする。
【GM】キャラ作成時にシーンを想定しとけば無問題よ(w
【槇PL】……何も想定して無かったよ?(w
【GM】ぎにゃー(w
【槇PL】想定する時間もなかったにゃー\\\\\\\\(w
【GM】ま、個人的には、Simpleは好感触。
【槇PL】でもそれっぽいのとって
【GM】ふに
【槇PL】その妹術からこういうしーんがいける! とかかんがえるのも面白い(w
【GM】そーだね。
【槇PL】アレですアレ。
【見学APろん。】わたしの場合、ベーシックでも、そんな感じかも(汗)
【GM】なら、Simpleでも無問題かと(w
【槇PL】他の人のがちゃんと考えて作ったデッキなら今回の自分のはシールドデッキ8w
【GM】(゜∀゜)アヒャ
【見学APろん。】前述通り、素振りが役立ったことないので、いつも泥縄で回してます(苦笑)
【見学APろん。】セッションって、どれくらい時間かかりました?
【見学SIN】けどシンプルはsys的に物足りぬw
【見学SIN】7時間くらいで終わってたぽ?
【GM】8時前に終わったから、7時間ぐらい?
【見学APろん。】ベーシックを基準に考えると、随分短くなってますね。
【GM】もうちょっと圧縮できないかなぁ……
【見学APろん。】ですね。あくまで「比較したら」というだけであって、7時間は、決して短い時間ではありませんし。
【見学SIN】けど物足りないといえばそーなんだよなぁ……。
【GM】5時間ぐらいになれば、21時開始26時解散が可能(w
【GM】物足りないと言うか、兄の運用が少し面倒
【GM】正味、兄術は全部同じスペックでもOK。
【GM】コンボ用に、少しひねるぐらいかも。
【見学APろん。】兄術に関しては、完全に面倒になってますもんね。
【見学APろん。】検討の余地はあると思います。
【見学SIN】ベーシックで防御を7が出たことにするでもできなくはないw
【GM】でも、コンボの作成で悩む必要がなくなるよ。
【見学SIN】というか単品が物足りないw
【槇PL】単品が物足りなくなってるのか(w
【GM】ありったけコンボを組むとか(w
【GM】そういう問題じゃないか。

■ キャラの話 ■


【槇PL】頭に浮かんだのが狐で巫女。ツインテール
【槇PL】これだけの情報で作ったジェー(w
【見学APろん。】シールドデッキ、いい!
【GM】それで回せたなら、プレイングの勝利か?(w
【見学APろん。】穂積姉さんなんて、最初だけあって、特に酷かったかも。
【槇PL】もう最初の見てる人ならわかると思うけど……ヒィヒィ言って作ってたもんね(w
【GM】それで伝説を打ち立てるか(w
【見学APろん。】使用できた想定セリフ「おかえりなさい、史ちゃん」
【槇PL】嘘つきー。ぶーぶー(w<穂積姉さん最高
【見学APろん。】以上!
【槇PL】想定台詞? ないぽ。設定? 近所の稲荷。以上!
【見学APろん。】想定セリフも、やっぱり使えないことが殆どですね。
【槇PL】使いたいけどネー。
【槇PL】でも楽しませてもらえまちた。(;´Д`)ハァハァ
【見学APろん。】見てる方も、堪能させて頂きました。
【槇PL】シンプルでなく田舎じゃなければシルク投入して老朽区氏を痛めつけようと思ってたのに……ち(w
【GM】楽しみにしてるのに(w>シルクたん
【槇PL】あぁ。シルクたん少し変わったポ(w
【見学APろん。】ベス姉さんは出ないのですか?(笑)
【槇PL】あの二人は……使うことあるまい(w
【GM】あー、ラジオでベス姉さんの中の人、やります(w
【槇PL】ベス姉さんの中の人はそこの人(w
【見学APろん。】ああっ、ベスねーさんがいるよっ!
【見学APろん。】ところで、あの二人組といい、レポーターといい、
【槇PL】先日、老朽区氏が落ちた後、ベス姉さん皆にいいよられ……よよy(w
【見学APろん。】どうして皆さん、義妹データ化しちゃいますか?(笑)
【GM/ベス】「あら、なんでしょう?」
【槇PL】ふに? 儂のほうはあれじゃよ。
【槇PL】Uind氏がなぜなにページ作りたいのでキャラ貸してくれとおっしゃたので
【槇PL】貸すと同時に性格教えて欲しいという事だった為にその場でデータ作ってこんな感じ。と(w
【見学APろん。】なるほど〜。
【見学APろん。】データ化する課程で、キャラの中身も出来てきますよね。
【GM】データ化すると、キャラの挙動を掴みやすいんですよね。
【見学APろん。】ですね。瑞葉(ラジオ三日目の人)もそうでした。
【槇PL】その時にドラ焼き好きとかでっちあげたわけだ。
【槇PL】おかげでドラ焼きでraopu氏と身体捧げてましたが(w
【GM】なんだってー!(AA略

■ ふたたび「お姉さん」の話 ■


【見学APろん。】TCGも萌え属性も地味目(笑)
【GM】地味だけど痛いの組みますよね(ボソーリ
【槇PL】APろん氏はエプロン属性?(w
【見学APろん。】名前通りです(笑)
【槇PL】あれじゃよ。派手さなくても堅実な強さがあるのじゃヨーw
【槇PL】じわじわ聞いてくる基本技じゃヨーw
【見学APろん。】TCGと同じですか、そういうところも(笑)
【槇PL】でも実はエプロンとか首輪では
【GM】例えるなら関節技?(w
【見学APろん。】……サブミッションも好き。
【槇PL】好みというか義妹の方向性わからぬ罠(w
【槇PL】何らかの作品でこれの中でならどれが好き?というのを数個やるとだいたいその人のっ方向性ってわかるよな(w
【見学APろん。】あ、面白そうですね、それ。
【GM】お姉さん属性なのは確実(w
【見学APろん。】げふん(笑)
【槇PL】いやお姉さん属性も結構奥深くてよ?(w
【GM】ぼくわかんなーい(w
【槇PL】あれじゃよ。
【槇PL】穂積さんと椎奈さんと弥生さんと泡禰さん。ほら全部違う−(w
【GM】おおっ!(ぽん
【槇PL】妹でも色々いるでしょ。あんな感じ(w
【GM】_| ̄|○ でも義妹ほど細かく認識できない罠
【槇PL】義妹も実は妹属性以外のものまじってるから(w
【見学APろん。】取り敢えず、老朽区さん。
【見学APろん。】「お姉さん」と「お姉様」と「ねーちゃん」くらいは区別つきますよね?
【見学APろん。】これを一緒くたにされると……泣きますよ?
【見学APろん。】妹が12人なんて言うのはあるのに、その逆はないですよね……。
【GM】……はい(正座中
【槇PL】「ぽわぽわ」「おほほほ」「よっしゃ」でつかな?
【見学APろん。】あと、年上だから「お姉さん系」ってわけでもありませんよね。
【槇PL】うむ。
【見学APろん。】最低限、まずこの辺りから入りましょう!
【見学APろん。】超基本です。試験に出ますので、赤ペンでチェック入れておくように。
【GM】(なんか、教育中?)
【見学APろん。】妹だって、年下だからと言うだけじゃ妹系ではないですよね?
【GM】……うぃす
【見学APろん。】それと同じなんですよ。姉系も。
【見学APろん。】なのになのになのにっ!
【GM】(……穂積姉さんに絡まれてる気分だ)
【見学APろん。】案外、一緒くたにされがち!(血涙)
【見学ALC】|電柱|´Д`) ジー…
【GM】ま、まーまー落ち着いて。
【見学APろん。】どうして、そこで穂積姉さんが出てくるんですか(汗)
【見学APろん。】ああっ、影から覗かれてるっ。
【見学ALC】|電柱|´Д`) おはようございます……
【GM】だって、お相手したのあっしですよ?
【見学APろん。】おはようございます。
【GM】おはようございます。
【見学APろん。】いえ、それはそうですけれど、穂積姉さんはまた別じゃないですか〜。
【見学ALC】|電柱|´Д`) 穂積姉さんの、『義姉論』中ですか?
【見学APろん。】穂積姉さん、こんな事言ってませんし(笑)
【GM】いえ、『匂い』がおんなじです(きっぱり
【見学APろん。】……それは、否定できないかも。
【見学APろん。】中の人の色が出ちゃいますからねぇ、どうしても。。
【GM】反射的に正座してしまう『何か』があるんですよ(真面目な顔で
【見学APろん。】擦り込まれてるんじゃないです、穂積姉さんが?
【見学ALC】刷り込まれてません(笑
【見学APろん。】いえ、老朽区さんが(笑)
【見学ALC】で、老朽区さんが穂積姉さんに躾られているという噂は本当ですか……?(どきどき
【見学APろん。】その噂は、歪んで伝わっていると言ってみる風味。
【GM】エプロンドレスのたくし上げもいいなぁ(ほわんほわん
【槇PL】穂積姉さん……ハァハァ
【見学APろん。】弥生姉さんハァハァ……。
【槇PL】Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)
【見学APろん。】もはや、エロがデフォですか?>老朽区さん
【槇PL】同じ姉属性持ちなのに同じような趣味なのにやると似ていて全然違う物体が出来あがりまちた。てへ(w
【見学SIN】……妹な攻撃は食らったけど姉な攻撃食らったっけ?
【見学APろん。】中の人の違いなんでしょうね、きっと。
【見学APろん。】わたしがやっても、あんなにエロエロ出来ないですよ、きっと。
【見学ALC】エプロンドレスをたくし上げると、ガーターストッキングに何かが固定されていて…(ぼそ>老朽区さん
【槇PL】Σ(゜口゜; ……エロエロ言われたぁ(w
【見学APろん。】誉め言葉っ。
【見学ALC】弥生さんはいいですねぇ……えろえろ(笑
【GM】否! エプロンドレスは白タイツ! ガーターベルトなぞ言語道断!
【槇】「白タイツだと尻尾が困るんじゃよなぁ」
【見学APろん。】エロセッションも、一度やってみたい気はするんですけれど……。
【槇/萱】「そうですねぇ……ガーターだとそのまま出せますしね」
【槇PL】いやぁエロ分あるよ−。普通の作ってもエロにいく自身あるもん(w
【見学APろん。】普通にやっててもエロ分が漏れるなんて人もいらっしゃるみたいですけれど。
【見学APろん。】わたしは普段の芸風が、むしろ青臭いくらいなので……。
【槇PL】だからこそ穂積姉さんが萌えるのじゃよ(w<青臭いくらい

■ 最後に兄の話 ■


【見学ALC】兄は豪快に攻めてきてくれないと…(笑
【見学SIN】てーか責め兄の方が得意ぽw
【槇PL】責め兄(w
【GM】責め(w
【見学ALC】ではこちらは受けで…(ゑ
【槇PL】攻めじゃなくて責めですってよ。奥様。( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
【見学SasamiT】精神的にいくのデスカw
【見学SIN】言葉でね(ぉ
【GM】いつかゲリラで九頭竜使おうかなぁ。責め兄で(w
【見学SIN】んじゃ義妹黙示録カイジを(ぉ
【見学SasamiT】限定じゃんけんとCSTの萌え戦闘は似てるような気がなんとなくw
【見学ALC】うわー、言葉で責めるSinさんの攻め兄…(ごろごろ
【槇PL】責め兄かよ(w<九頭竜
【見学SIN】それやるとレーティングが確実に18禁なる罠w
【見学ALC】むしろ歓迎(爆
【見学SIN】つーか、あくちぶのが得意よ俺?
【見学ALC】海賊兄並にガンガンアクティブで…(笑>Sinさん
【見学SIN】海賊兄は強かったw

【GM】うむ、限界が近い……。
【ALL】おやすみなさい〜、お疲れ様でした〜
【GM】あ、セッションに参加された方々&見学の皆さん、ありがとうございました〜

目次へ

■ 読者および参加者の皆様へ ■


長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。