文責: MMG

CSTセッション
「 エールよ、君に届け! 」

キャラクターレコードシート

明石柚
大沼 きなこ
ぺティ





明石柚(あかし ゆず)
 体型: 身長:150cm 体重:40kg  PL: YUKI氏
 義兄の呼び方: 昇はん  一人称: うち
 所属組織: エメラルドピース
 特殊ルール: 登場判定の達成度に常に+2できる。
クラス 魔術師/技術者 節制/関西 皇帝/高貴
【技術】
【感情】
【肉体】
【天与】
秘蹟
名称 効果
 《任せて!》  自分の技術ロール時[ロール前に使用を宣言]、
 ダイスの目を2つまで自由に変更できる。
 《秘蹟:うにゃにゃにゃぁ》と打ち消しあう。
 《そんなのずるいで!》  PCもしくはNPCの天与ロールのダイスすべてを1にする。
 [ロールの結果を見て使用を判断できる]
 《秘蹟:見える、聞こえる》と打ち消しあう。
 《遠慮していただきます》  指名した該当PCは、2シーンの間登場判定に−3修正をうける。
 [幕間に使用]
妹術
名称 技能 使用回数 属性・ダメージ修正 備考
 〈高慢な態度〉 感情 好奇+1  
 〈威勢がいい〉 感情 好奇+1  
 〈さらりとほら吹き〉 技術 好奇+2  
 〈理路整然〉 感情 好奇+2  
 〈こんな事もあろうかと〉 技術 好奇+3  
 〈器用な手先〉 技術 恋愛+1  
 〈身体のコンプレックス〉 肉体 恋愛+2  
 〈天才〉 技術 恋愛+3  
 〈一途な想い〉 感情 恋愛+3 FL前使用不可
設定
 学校の同級生。
 マッドサイエンティストとして少々名が通っているが
 多少それを気にしていて、しかも幼児体型なことをも恥ずかしく思っている。
 
 【想定セリフ】
 「昇はん。ここは違うやろ(勉強を教えている)」
 「あんまりうちの身体みんといてや」
 





大沼 きなこ(おおぬま −−)
 年齢: 乙女の秘密(Ultra-Violet) 体型: 肉感的なカラダツキ、髪はロング  PL: 雀屋氏
 義兄の呼び方: 昇ちゃん/アンタ  一人称: アタシ
 所属組織: 修道会・月の智慧派
 特殊ルール: 自分の属する三つ以外のクラスからひとつの妹術を習得してよい。
       ただし、妹術の制限数9には従う。 判定は通常通りに行う事。
クラス 悪魔/ギャル 星/無邪気 女帝/癒し系
【技術】
【感情】
【肉体】
【天与】
秘蹟
名称 効果
 《気持ちいいよ?》  自分の肉体ロール時[ロール前に使用を宣言]、
 ダイスの目を2つまで自由に変更できる。
 《秘蹟:それはダメです!》と打ち消しあう。
 《あのね、あのねっ!》  1シーンの間、[好奇]属性の萌え攻撃ダメージを全て+1できる。
 (コンボであっても全体で+1)
 [幕間に使用]
 《甘えてください》  1シーンの間、自分が行うすべての肉体ロールの達成度に+2できる。
 [幕間に使用]
妹術
名称 技能 使用回数 属性・ダメージ修正 備考
 〈イジワル〉 感情 好奇+2  
 〈甘い香り〉 肉体or天与 好奇+3  
 〈おおきなむね〉 肉体 好奇+3  
 〈大好き!!〉 感情 好奇+5 FL後使用不可
 〈自堕落三昧〉 天与 好奇+5 FL後使用不可 組織能力
 〈経験済みの告白〉 肉体 好奇+6 FL後使用不可
 〈スキンシップ〉 感情or肉体 恋愛+1  
 〈抱擁〉 肉体 恋愛+1  
 〈添い寝〉 肉体 恋愛+4 FL前使用不可
設定
 学園の保険医
 
 
 
 
 
 





        
ぺティ
 体型: 兄の目線に頭がくるぐらいの背の高さ。
     アーモンド状のくりくりした瞳で肌は褐色で髪は漆黒のロング。
     あまり出る部分がでてはいないがキュッとシッカリしまった身体付き。
     胸はあまりないが最近お尻が安産型に大きくなってきてるのが自慢。
 PL: R695氏
 義兄の呼び方: ノボーる。
     (文の途中でも兄の名前の後に。付けるような喋り)
 一人称: アタシ
 所属組織: 
 特殊ルール: セッション中それまでに出てきたお兄ちゃんを除くNPCの誰でも
       「実はシャンタオ・コープの関係者だった」と宣言することが出来る。
       この宣言は[幕間]に行われる。
       GMは難易度の高い要求は却下、または天与ロールを要求してもよい。
クラス 愚者・ドジっ子 恋人・リリカル 太陽・外人
【技術】
【感情】
【肉体】
【天与】
秘蹟
名称 効果
 《ホントの気持ち》  自分の感情ロール時[ロール前に使用を宣言]、
 ダイスの目を2つまで自由に変更できる。
 《秘蹟:ゆうこときけって》と打ち消しあう。
 《甘い雰囲気》  1シーンの間、[恋愛]属性の萌え攻撃ダメージを全て+2出来る。
 (コンボであっても全体で+2)
 しかし兄の側からの[恋愛]属性の萌え攻撃ダメージを全てにも
 +1が追加される。[幕間に使用]
 《身振り手振り》  1シーンの間、自分が行うすべての感情ロールの達成度に+2できる。
 [幕間に使用]
妹術
名称 技能 使用回数 属性・ダメージ修正 備考
 〈いんちき外国語〉 技術 好奇+1  
 〈手をつなごう〉 技術 好奇+1  
 〈ラブコメ体質〉 肉体 好奇+3  
 〈不可抗力〉 感情 好奇+4  
 〈破滅的失敗〉 天与 好奇+4  
 〈ばんそうこう〉 肉体 恋愛+1  
 〈あきらめない心〉 感情 恋愛+2  
 〈はじめてのキス〉 肉体 恋愛+3  
 〈別離の悲しみ〉 感情 恋愛+4 FL前使用不可
設定
 東南アジアのとある小国から来た留学生。
 来日から日が浅く今だに日本語はたどたどしく突拍子のない行動を取ったりする。
 本人は頑張りやさんなのだがそれが結果に伴ってない。ある意味お荷物さんなのである。
 …だが、そんな彼女は幸か不幸か。鯉村 昇と同じクラスに転入してくるのであった。
 
 【想定セリフ】
 「アタシ、イパイイパイ頑張Ruヨ♪」
 「ニポンノ人ッテドウシテホントノ気持チ隠スノカナァ…?」
 「好Kiだョ…ホントに好キナンダDaカラ…」