文責:MMG

CSTセッション#Q11
「 雪、静かに降り積む 」

キャラクターレコードシート

紫藤 里奈(しどう りな)
袖ヶ浦 朱里(そでがうら あかり)
南風 鈴音(みなみかぜ すずね)





紫藤 里奈(しどう りな)
 年齢: 17歳    体型: ロングヘアの黒い髪。身長は女性にしては高い方。  PL: vier氏
 義兄の呼び方: おにぃ、もしくは適当につけたあだ名  一人称: ウチ
 所属組織: 恋愛赤軍萌々派
 特殊ルール: 「お祭り宣言」
        「お祭り宣言」は自分がシーンPLのシーン直前の幕間に宣言を行うことが出来る。
        この宣言を行うと、次のシーンは乱入自由のシーンとなり、他のPCも自由に参加できるようになる。
        PL、GMはそのようにシーンを演出することが求められる。
        さらに、宣言した恋愛赤軍萌々派は以下の効果を得る。
        1)即座にきゅんかるまが1回復する。
        2)次のシーンにおいて、「さらに追加攻撃」を宣言できる。
        「さらに追加攻撃」は4回目の攻撃であり、きゅんかるま1の消費を必要とする。
クラス 正義/委員長 節制/関西 恋人/リリカル
【技術】
【感情】
【肉体】
【天与】
秘蹟
名称 効果
 《不純なのは許しません!》  1シーンの間、自分以外のすべてのPCの「恋愛」属性の
 妹術のダメージは2低下してしまう。
 低下したダメージからさらに兄の恋愛防御が引かれることに注意。
 [幕間に使用]
 《そんなのずるいで!》  PCもしくはNPCの天与ロールのダイスすべてを1にする。
 [ロールの結果を見て使用を判断できる]
 《秘蹟:見える、聞こえる》と打ち消しあう。
 《甘い雰囲気》  1シーンの間、[恋愛]属性の萌え攻撃ダメージを全て+2出来る。
 (コンボであっても全体で+2)
 しかし兄の側からの[恋愛]属性の萌え攻撃ダメージを全てにも
 +1が追加される。[幕間に使用]
妹術
名称 技能 使用回数 属性・ダメージ修正 備考
 〈貧乳〉 肉体 好奇+1  
 〈頑固〉 感情 好奇+3  
 〈さらりとほら吹き〉 技術 好奇+3  
 〈涙もろい〉 感情 好奇+3 ※2
 〈演説or説得〉 技術 好奇+4  
 〈Hな好奇心〉 感情 恋愛+2 ※2
 〈はじめてのキス〉 肉体 恋愛+3  
 〈突然の羞恥心〉 肉体 恋愛+3  
 〈一途な想い〉 感情 恋愛+3 FL前使用不可
※2 [拡張データ]この妹術は「協力攻撃」時にはダメージに+1のボーナスを得ることが出来ます。
設定
  つい最近他のアルバイトをクビになったため、
 生活費を稼ぐために現在バイトを探している……
 というフリをしているが、家計が苦しいのは事実のよう。
 そのため「因子」取得任務の一環として居候として侵入する。
  ちなみに話す言葉は「偽」関西弁であることが注意事項(謎
 
 
 【想定セリフ】
 「寒い……この季節は気候も世間も寒いんやぁぁ……」
 「アンタのこと、おにぃって呼んでええか?」
 「ウチ、まだ純情可憐な乙女なんやで? だからな、色々知りたいこと……あるねん」
 





袖ヶ浦 朱里(そでがうら あかり)
 年齢: 18歳    体型: セミロングの黒髪。背が低く、よく中学生に間違われる。  PL: selene05氏
 義兄の呼び方: お義兄ちゃん  一人称: わたし
 所属組織: S型因子保持者
 特殊ルール: 「Eエフェクト」
        幕間に使用を宣言する。
        『S型因子』のエンハンス効果により、1シーンの間、すべてのきゅんかるまを使う判定に、
        あたかもきゅんかるまをつかったかのように+1個のダイスを振ることができる。
        さらに通常のきゅんかるまを使用してもかまわないが、合計で3つまでの使用制限はまもらなければならない。
        この効果は本人にしか影響がないが、他の存在には以下の効果が適用される。
        兄:即座に兄かるま2点をえる。
        他PC:シーンに出る場合には何の効果も得ないが、出ない場合は通常の2に加え、
        さらに1点のきゅんかるまを回復する。
        
        また、PCのDPが20を超えた場合、PCは不思議な胸の疼きと共に、
        このまま恋が進行すると兄も自分も高い確率で死亡することを知る。
        実際の知る内容、展開、結末はGMに一任する。
クラス 愚者/ドジっ娘 塔/病弱 恋人/リリカル
【技術】
【感情】
【肉体】
【天与】
秘蹟
名称 効果
 《ホントの気持ち》  自分の感情ロール時[ロール前に使用を宣言]、
 ダイスの目を2つまで自由に変更できる。
 《秘蹟:ゆうこときけって》と打ち消しあう。
 《今だけは私のもの》  自分以外のPCは、1シーンの間登場判定に−3修正をうける。
 この秘蹟はクライマックスでは使用できない。
 [幕間に使用]
 《甘い雰囲気》  1シーンの間、[恋愛]属性の萌え攻撃ダメージを全て+2出来る。
 (コンボであっても全体で+2)
 しかし兄の側からの[恋愛]属性の萌え攻撃ダメージを全てにも
 +1が追加される。[幕間に使用]
妹術
名称 技能 使用回数 属性・ダメージ修正 備考
 〈恥じらい〉 感情 好奇+1  
 〈発作〉 天与 好奇+3  
 〈ラブコメ体質〉 肉体 好奇+3  
 〈不可抗力〉 感情 好奇+4  
 〈ハミング〉 技術 恋愛+1  
 〈健気〉 感情 恋愛+1  
 〈はじめてのキス〉 肉体 恋愛+3  
 〈せいいっぱいのプレゼント〉 感情or技術 恋愛+3 FL前使用不可
 〈焦がれる希望〉 感情 恋愛+3 FL前使用不可
設定
  義兄、木更津幸一郎の妻の妹で、正真正銘の義妹。
 生まれつき体が弱く病院生活が続いていたが、現在は退院し、快方に向かってきている。
  もう自分の中では姉のことは整理がついているが、幸一郎のことが気がかり。
 自分がなんとか元気付けられたらなぁ、と思っている。
 初めて見た、あの時の思いを胸に秘めて。
 
 
 【想定セリフ】
 「……久しぶりだね、お義兄ちゃん。えと……今、バイトさん募集してるの?」
 「けほっ……けほっ……ごめんなさい…………。……お義兄ちゃんの体、あったかいね……」
 「……わたしね、ずっと前から、こうしていたいって思ってたんだよ……」
 
 





南風 鈴音(みなみかぜ すずね)
 年齢: 22歳    体型: ぽちゃっとした感じ(太っているわけではない)  PL: makoto氏
 義兄の呼び方: マスター  一人称: 私
 所属組織: World Woman War 略称:3W
 特殊ルール: 「偽りの横顔」
        三つのクラスのうち、二つを「表の顔」とし、もうひとつを「真の顔」とする。
        「真の顔」に属する妹術は「真の顔」がばれてしまうまで使うことは出来ないが、
        「表の顔」がもつ妹術2つを選んで、使用回数を+1する。
        PCのDPが20を超えた場合、何らかのドジをふんだイベントが発生し、
        「表の顔」がばれてしまう。(マスター主導イベント)
        このせいで義兄のLPが最大で−2d6される。(GM裁量)
クラス 運命の輪/来訪者 女祭/メイド 女帝/癒し系
【技術】
【感情】
【肉体】
【天与】
秘蹟
名称 効果
 《お行儀よくして!》  1シーンの間、自分以外のPCはすべての萌え攻撃のロールの
 達成値に−2ペナルティ。
 [幕間に使用]
 《私の役目ですね》  1シーンの間、自分が行うすべての技術ロールの達成度に+2できる。
 [幕間に使用]
 《甘えてください》  1シーンの間、自分が行うすべての肉体ロールの達成度に+2できる。
 [幕間に使用]
妹術
名称 技能 使用回数 属性・ダメージ修正 備考
 〈お茶の用意〉 技術 好奇+2  
 〈魔法or超能力〉 技術 好奇+3 「真の顔」発覚前使用不可
 〈甘い香り〉 肉体or天与 好奇+3 特殊ルール適用済み
 〈おおきなむね〉 肉体 好奇+3 特殊ルール適用済み
 〈耳掃除〉 技術 好奇+4  
 〈天然ボケ〉 感情 恋愛+1  
 〈癒しの笑顔〉 技術 恋愛+1  
 〈添い寝〉 肉体 恋愛+4 FL前使用不可
 〈第二種接近遭遇〉 肉体 恋愛+4 FL(発覚)前使用不可
設定
 魔法使いの修行中にマスター夫婦に助けられた。
 奥さんをなくして元気が無いマスターを元気づけるために、今回の争奪戦に参加。
 (もちろん因子のことなど気にもかけていない)
 
 
 【想定セリフ】
 「あの〜バイトに雇ってもらえないでしょうか〜?」
 「昔、マスターに助けてもらったんですよ〜 だからそのお礼です」
 「実は、私魔女なんですよ〜」